オチャサイズ部屋

お茶の効能を運動に取り入れた 「エクササイズ」 です。

野沢のザワざわ その2

2015年08月31日 | キモト日記

信濃町でトウモロコシを食べ、野沢温泉に立ち寄りました。
そう言えばここは彼も愛した場所でしたね・・・ 一度は泊まってみたいお宿の玄関に大きな の文字が書かれていました。

せっかく来たので、役場まで足を伸ばしてみますか。(キモト)

野沢温泉 噂の生クリームソフト

2015年08月29日 | 毎苦労ソフト

野沢の熱々の温泉に入った後、麻釜(おがま)に来たけど真夏の日差しが強くて汗が一向に引かない (ダブルパンチ?) 
うむっ、温泉はやっぱ寒い時期にかぎるなぁ・・・

な~んてことを思っていた時、見つけたこの看板! 野沢温泉 噂の生クリームソフト  暑くて汗だくなので迷うことなく買っていました。


これが噂のソフトです・・・ 店の人も絶賛していましたが、一般的なソフトクリームよりもめらかで確かに美味しい。 
食べた感じは生クリームに近く、噂になるのもわかる気がします。

果たして どこで、どう噂なのか知りまりませんが、このお店は麻釜のすぐ側にあるので訪れた際はぜひご食べてみてください。 オススメですよ。

風情ある温泉街とソフト・・・ なかなか乙なものです。(キモト)

癖 あきら ?

2015年08月27日 | キモト日記
箸や鉛筆の持ち方など、特に体に染み付いた「癖」を直すのは難しいですが、
それと同時に、絵や文字などの 特徴 も変えるのもナカナカのもんです。

特に変えなくてもその人の個性(オリジナル)なんだから別にイイじゃない?
なんて自分に言い聞かせてみたり・・・ 今日もフラフラしながらカキカキしています。(キモト)

野沢温泉 麻釜

2015年08月26日 | グルメと旅行

温泉に入った後は温泉街を散歩しました。
ここ野沢のシンボルと言えばやっぱり 麻釜(おがま) ですね。
温泉好きなら覘いておかないといけません。(キッパリ)


生活用品だった麻(あさ)をここで煮て、皮を剝 きやすくしたことが名前の由来だそうですが、
今は毎朝、村人が野沢菜や玉子を茹でたりしながら世間話をする姿が街の風物詩となっています。

この日はお昼過ぎだったので地元の人は誰もいませんでしたが、
一度は茹でたての野沢菜を食べてみたいなぁ・・・ やっぱ泊まらないと無理か?


泉質は弱アルカリ性硫黄泉、90度以上の熱湯(毎分500リットル)なので、観光客は(当然)立ち入り禁止ですが、
13ヵ所の外湯のうち、麻釜の湯・中尾の湯・新田の湯・秋葉の湯・十王堂の湯・松葉の湯・松葉の湯・上寺湯にお湯を供給しているので 麻釜 の湯はここで堪能することができます。


ここに来ると硫黄の匂いが漂い、目と鼻で温泉地に来たことが実感できます。
この奇勝は国の天然記念物にも指定されているので、野沢に訪れた際は外せないスポットですよ・・・(キモト)

おやっ! 近くに気になるお店(看板)を発見! 風呂上りには丁度いいね。 (つづく)
よく見ると見えるかな?

お盆明け!

2015年08月24日 | オチャサイズnews
皆さんにご迷惑をおかけしましたが、「オチャ」もようやくお盆明け・・・ 今日は2週間ぶりのレッスンでした。

連休中は子供の病気が私にうつって大変な目に合いましたが、今はすっかり元気になりました。 
これから遅れ分を取り返すつもりで、みっちり体を動かしていきますので 宜しくおねがいします。(くみコ)


そ、そこにいるのは誰だぁぁぁぁ・・・(つづく)  ボクは至って元気! (キモト)

ハァ・・・ 頭が悪い人は風邪ひかない って言うけど、あんたを見てるとホントそう思うわ。(くみコ)

第41回厳選・源泉温泉 野沢温泉 河原湯

2015年08月21日 | 厳選・源泉温泉
信州にトウモロコシを食べに来たついでに 野沢温泉 に立ち寄りました。
今日は温泉が目的ではなかったのですが、足湯があまりにも気持ち良かったので我慢できず入ることにします。(やっぱりね)

汗拭き用の小さいタオル1枚しかなくても気にしない (≧∇≦)b OK


ここ 野沢温泉 には13ヶ所の共同浴場がありますが、その中でも特に有名なのが中心にある 大湯 です。
大湯は以前に入ったことがあるし、混雑している様なので少し下ったところにある 河原湯 に向かいました。


昔は渓流の河原にあったところから名付けられたそうで、その面影を残した造りになっています。
野沢温泉の共同浴場はどこも寸志で入浴できるので、お気持ちを賽銭箱に入れてさっそく中に入るとしましょう。


ガバーァ 扉を開けるともうすぐそこが湯船です。 
当然、この側で服を脱ぐのですが、ありがたいことに他に誰もおらず貸切状態でした。 

大湯の前にある あくとの足湯 と同じ緑色のお湯で硫黄の匂いがプンプン! 眺めているだけで気持ちよくなっちゃいそうです。


泉質:含石膏-食塩・硫黄泉 源泉温度:64.1度 PH:8.4。

河原湯は自家源泉(自然湧出)を利用し、加温・塩素消毒薬剤もない源泉100%の温泉が注がれていますが、
かなり熱め(45度以上?)なので、しばらく加水しないと とても入れたもんじゃありません。
野沢って基本どこも熱いんだよねぇ・・・


少し水を加え冷めた? ところで入ってみたものの、やっぱ熱い!
でも、この熱さが温泉好きにはたまらなくイイんだよねぇ・・・ 体に沁みるって感じで気持ち良い。 

無数の湯花が舞っている温泉は、明らかに家庭のお風呂と肌触り(重み)が違います。(素敵!)


今回、久しぶりに 野沢の温泉 に入ったけど、源泉の良さは最高に良かったです。 (熱いけど折り紙付き)
こうして街ぐるみで温泉を守っている所って、期待を絶対に裏切らないんだよね・・・

この地に一度どうしても泊まってみたい宿があるので、ますます期待が高まりました。


そんな野沢温泉・・・ 温泉の他にも本場の野沢菜(野沢菜漬け)や おやき などもあるので、機会があれば足をのばしてみてはいかがですか。
美味しいモノと、イイ温泉・・・ これ以上の組み合わせはありません。(キモト)

ALPINE F#1 Status

2015年08月19日 | くるまいじり

ALPINE F#1 Status 2000年に発売されたカーオーディオ(CD)システムです。 定価66万円(税別)
総額200万オーバー! 一切の妥協をせすに作られたこのシステム・・・ 12年ぶりにメンテナンスでお預かりしました。

某コンテストで日本一になった車! 自分が作った中でも一番ではなかろうか。 

灰皿を加工してリモコンを埋め込んだ部分は問題ナシ! 大事に使ってくれて感謝です。
ただ、さすがに年数も経っているので、交換可能な箇所は今のうちに修理(オーバーホール)いたしました。
これで、あと10年は使えますぞ。 

・・・それにしてもホントいい音を奏でていますわ。 一度この音を聴くと忘れられない ってのも頷けますね。 ←(ココんとこ後日わかります)意味フ?

あれから随分と音楽を聴く環境が変わったけど、CD だけを言えば(いろんな意味で)15年くらい前がピークだったんじゃないかな。
新しいものが良いとされる工業製品・・・ 感性に訴えかけるモノに年式は関係ないと再確認した1日でした・・・(キモト)

野沢のザワざわ

2015年08月18日 | キモト日記

信濃町でトウモロコシを食べた後、せっかくなので 野沢温泉 まで足を伸ばしてみました。

大湯前の足湯でホっこりしていると、あまりにも気持ち良過ぎて全身で浸かりたくなった! (ざわざわ)
足の感覚だけでお湯の素晴らしさが実感できるなんて・・・ 野沢のお湯はやっぱ好いわ。 
(Kumi)も横で驚いてた様子・・・ おっ 言うようになったね。

野沢温泉には13ヵ所の共同浴場があり、その全てが寸志(気持ちのお金)で入浴できます。
・・・が、入るとなると、それぞれお湯の感じが微妙に違うのでどこにしようか決めるのが難しい。

まぁ、足湯で感動したので ココに似た緑色で、かき玉子汁のような湯花が舞っている浴場にしようかな・・・
と言うことで、「厳選・源泉温泉」 まもなく開湯です。 カポーン

あれ? 風呂の準備してきたっけなぁ?(つづく)

明日の「オチャ」

2015年08月16日 | オチャサイズnews
急で申し訳ございませんがメールでもお知らせした通り、明日(16日)のレッスンは都合により お休みします。
21日(金)より再開しますので、宜しくお願いします。(くみコ)


・・・レッスンはお休みでも、「オチャブロ」の北信州の旅はまだ続きます。
久しぶりのコーナーもあるので、今週も目が離せません・・・よ。 (キモト)

第19回オチャバケ もろこし街道

2015年08月14日 | 「オチャバケ」

日本には、「××街道」と名の付く道が数多く存在しますが、この道路もその一つです・・・
今回の 「オチャバケ」 は、この 街道 を紹介します。

上信越自動車道 信濃町ICから戸隠に抜ける県道36号線沿には、とうもろこし畑が広がり直売店が軒を連ねています。
ここを もろこし街道 と呼び、旬の時期(7月下旬~8月下旬)には多くの方が訪れる(知る人ぞ知る)人気の観光スポットになっています。


その もろこし街道 の中でも人気が高い 小林農園 に行ってみましたがお昼前、軒先はすでに家族連れで賑わっていました。


生のトウモロコシは 大きさによって値段は違いますが、1本100円~150円。
お土産に10本単位で買い求める方が多くいらっしゃいました。 (皆 、結構買うねぇ)


もちろん その場で焼いた 焼きとうもろこし も販売しているのでさっそく注文です。
こっちがお目当てですから・・・

来た人は、ほとんど食べていくんじゃないかなぁ・・・ 次々と焼かれ奥に運ばれて行きます。
それにしても、香ばしい匂いがたまりません。


店の奥は自然を満喫できるような場所になっています。
早く食べたくて落ち着かなくても、ここに座るだけでも 何だかホっとしますね。 


お待ちかね 焼きとうもろこし が着ました。  2本買って、小さいのはサービスです。

砂糖醤油タレをかけて焼き上げていますが、一口食べると ち 超甘~い  その辺で売っているのとは全く別物なのがわかります。
太陽の光を目一杯吸い込んだかのような瑞々しい甘さ! こんな美味しいトウモロコシを食べるは初めてです。(感動!)

子供に戻ったかのように、久しぶりに1本丸かじりしました。(旨い!)
わざわざ、トウモロコシだけ のために長野まで出向いた甲斐が十分にあります。


その他にもトマトや白菜の漬物がサービスで付くのでトウモロコシ意外にも大満足でした。
やっぱ長野の野菜は美味しい。


2015年夏の「オチャバケ」は、長野県の信濃町にある もろこし街道 を紹介しました。
夏休みも後2週間ちょっと、お盆に人混みの中で過ごした方は、大自然の恵みをゆっくりと堪能してみてはいかがですか?
ミッキーとの写真もイイですが、トウモロコシをかじっている姿もきっと画になると思いますよ。

「オチャブロ」は、これからも家族で楽しめる場所を紹介して行きます・・・(キモト)

おっ 街道!

2015年08月12日 | キモト日記
お盆休みも本格的に突入したので、ここらで連休の定番? 「オチャバケ」 (オチャサイズ・バケーション)を紹介しようと思います。
「オチャバケ」は、親子で楽しめる場所 を紹介するコーナーですが、「見て行ってきた」 っと、これまでに何度か声をかけられました。(アリガトー)

ちなみに これまでの一番人気はココ せんべい王国 です。


さて、日本にはいろんな ××街道 と呼ばれている道がありますが、この道路もその一本です。
今回は が「オチャバケ」か・・・?(つづく)

HANABI

2015年08月10日 | キモト日記

いよいよ、お盆の連休に突入! って感じですが、週末に時間が空いたので母のお里がある鳥越村の 一向一揆まつり に行ってきました。

そのフィナーレで久しぶりに間近で花火を見たけど、夏らしくてとてもイイ気分になりました。

そんな夏の風物詩 花火・・・ 散った瞬間の美しさよりも、消えていく様の方がどこか儚くて好きだなぁ。
空をじっと眺めていると、心に訴えかけているモノがあるね・・・(キモト)

お盆休み!

2015年08月08日 | オチャサイズnews
早い方は今日からお盆休みに入ったんじゃないでしょうか。

そんなお盆の「オチャ」の予定ですが、14日(金) 15日(土) のレッスンはお休みいたします。
17日(月)からは通常通り開催しますので、宜しくお願いします。(くみコ)

飛騨高山 国八食堂

2015年08月06日 | グルメと旅行

今日は高山市に用事があったので、お昼に 国八食堂 に行ってきました。(久々)
ここは国道41号線沿いにあって、地元の方や観光客らで行列(順番待ち!)ができるお店です。 

この日も時間をズラして行ったのに、次々とお客さんが入っていきます・・・ 相変わらず人気がありますわ。


席にはメニューがないので、入ってすぐの表札を見て注文します。
もちろん定番の とうふ定食ホルモン定食 をオーダーしまいた。
店の人気の二品です。 


しばらくして、ジュージューと音を立てて定食が運ばれてきました。
ここ国八食堂の看板メニューの とうふ定食 は、冷奴や湯豆腐でもなく鉄板で焼かれて出てくる 豆腐ステーキ なのです。


焦げた濃口の醤油ダレと、アツアツ豆腐と合わさってとっても美味しい。
たぶん醤油も普通じゃないんだろうなぁ・・・ コクがあってご飯にもよく合います。

初めて食べる(Kumi)も、感動! 思わず箸がすすんで完食してました。


ご飯に合う! と言ったら、こちら ホルモン定食 も負けていません。
味噌ダレで焼かれた肉は、臭みも少なくパクパク食べれます。 玉葱もサイコーに旨い! こりゃご飯が何杯でも行けそうですわ。


そしてもうひとつ特徴的なのは定食セットで付いてくるお味噌汁です。
思いのほか薄味で、普段食べ慣れている味噌汁と風味が違うので、これは好みが分かれるそうです。
地元の赤味噌を使用しているのかね?


そんな国八食堂・・・ お値段も手頃ですので、遊びに出かけた際はぜひ寄ってみてください。
オススメですよ。

帰路は何キロ? 乗り切ろう!

2015年08月04日 | ヤマノボリ

ある山 の頂上付近にある有名な標識。 
風化して読むことはできませんが、これを見るとホッとするなぁ・・・ ふぅ、 あともう少し。

逆に帰路にコレ見ると、これから先の道のりが恐ろしく感じる。

今回も前回と同じ生憎の雨模様・・・ って言うか、ジャジャ降りで写真すら撮る気にもならない。
まぁ、こんな日に 日帰りで登る山 ではないんだけどね。

人生は積み重ね、山のように登っても戻ることはできないので、
自分の頂はどこなのか? 見果てぬ山頂を目指して今 登っています・・・ 

15年前に標識には会ったんだけどなぁ。
えっ、もう とっくに杉ちゃったかい?(キモト)