オチャサイズ部屋

お茶の効能を運動に取り入れた 「エクササイズ」 です。

みなさん、「看板」わ!

2013年07月31日 | キモト日記
 

お店のことばかり考えている 今日この頃ですが、今 一番楽しんでいるのが「看板」のデザインです。
性格上、業者に全部丸投げすることが出来ないので、一般にどんな方法があって、どんな感じがイメージにピッタリなのか、
まずは、自分で調べて勝手に妄想を膨らませている状態です。
それにしても、照明方法などイロイロあって奥が深い・・・ 

 この「オチャサイズ」のロゴを どんな風に光らせようか、考えてただけでワクワクする。
きっと あの壁に似合うだろうなぁ・・・(キモト)

「レジ」

2013年07月30日 | キモト日記


ちょっと前に、友人のD氏に薦められた片山津にあるカフェに見学がてら行ってきました。
辺りに何も無い草原(?)みたいな場所に一軒だけポッんとあるので、
知る人ぞ知る お店といった感じです。
目立った看板も無いシックな造りで、デザインした方のコダワリが随所に感じます。



店内も和と洋を上手く融合させたモダンな作りで、席からのビュー(眺め)も とても良かったです。
今回、目的は 店の外観や店内の様子でもなく、コレがお目当てでした・・・



「Ipad」でレジ・・・
レジカウンターの上には ipad だけが置いてあって、シンプル・イズ・ベスト。
店内の雰囲気に合っていて、オシャレでとてもイイ感じでした。(やっぱいいわコレ)

近所にある回転寿司の注文で、座席に ipad が組み込まれてるのを見て驚いたけど、
最近、メニューや紹介などに利用する店が増えているみたいですね。



ケーキもとても美味しかったので、また機会があれば ぜひ立ち寄ってみたい 自分好みのお店でした。

「大雨」

2013年07月29日 | Kumiコミ
昨晩から雨が降り続いて北陸地方には大雨注意報が出ています。
今朝になっても止む様子もなく、今日は「レッスンどうかなぁ」 と危ぶまれましたが、
そんな心配は他所に、普段通りの参加があって 本当に嬉しかったです。
雨足が強い中、足を運んでいて ありがとうございました・・・(Kumi)

GSIクレオス製 Mr.セメント・リモネン系(流し込みタイプ)

2013年07月28日 | キモト日記


「スカツリ」を製作するために久々に購入した接着剤ですが、めっちゃくちゃ使いやすく、イイことだらけの一品でした。
瞬間接着剤ではありませんが、水のようにサラサラの状態なので細い隙間に簡単に流し込むことができます。

使い始めは接着が少し弱いかなぁ? と思ってましたが、
どうやらプラスチック同士を溶かしながら接着させるタイプのようで、
硬化すると しっかり密着してくっつきます。
(塗り過ぎるとプラスチックがドロドロの状態になるので注意)
プラスチックにしか接着しないので、ビンの淵が固まってカパカパにないのも最高です。

その他にも、有機系特有の刺激臭が少なく オレンジの香り がするので、
うちみたいに、匂いうるさい方 がいるご家庭でも安心して使用できます・・・

プラモデル専用の接着剤なんて、何十年ぶり に買ってみたけど、
キット同様、昔と違ってかなりの進化ぶりに驚いています。(たぶん、知らないだけ?)



ボクらの時代は、上の写真のような一緒に梱包されているものがメインでしたからね・・・
「そうコレ、コレ、懐かしい」 って言っている大人も多いんじゃないかな・・・
昔、慣れ親しんだことを 久々にやってみると、意外に発見があるかもね・・・(キモト)

キッズ!「オチャサイズ」

2013年07月27日 | オチャサイズnews


ちょっと前にデザインしたキッズ用のロゴです・・・

夏休みに入ると、毎年小学生のお子さんと一緒に参加されるメンバーさんが増えます。
音楽が流れると、ママさんの横で一緒に体を動かしている姿を見るとホント微笑ましいです・・・
小さい時からダンスに慣れておくと、今後 学校の授業(カリキュラム)にダンスが組み込まれても自信が付きますし、
リズム感を養っておけば、将来イロイロな運動や生活に役立つはずです。
(リズム音痴なボクが言っているので間違いはありません) キッパリ!

今後、 キッズ!「オチャサイズ」 も予定しています。
ロゴが入ったTシャツを着ながら踊っていたら可愛いいだろうなぁ・・・ (キモト)

よく 【和】 からん・・・?

2013年07月26日 | キモト日記
場所が移動になって2ヶ月・・・ 先週、工務店さんと打ち合わせをして「箱」の外観が何とか完成しました。
今、一番重要な内装のデザインを考えていますが、アイディアが生まれては消える不安定な状態で まだ固まることはありません。
大筋はほぼ決まっているんですが・・・

「お茶」なんで和風なんでしょ? って思われる方も多いようですが、
「和」でも「洋」でもなく、これ があるんで やっぱ「POP」ですかね・・・

細部にこそ 【identity】 と言うべきか、こだわりと言うべきか、他にはマネができない付加価値あると思っていますから、手だけは抜きたくはありませんね・・・(キモト)   
細部にこそ神は宿るってか???

1/700 「東京スカイツリー」 scene13 ゲイン塔

2013年07月25日 | 東京スカイツリー
我が家の「スカツリ」も部品が残り少なくなってラストスパートに入っています。


本体の組み上げ作業からエントランスの製作と来て、最後に待ち構えているのが最上部にある ゲイン塔 です。
この部分は、最も目が向く所なので気が抜けません。

パーツ自体は3分割されているので組み立ては超簡単! 3つのパーツを合わせるだけで完成ですが、
色分けもされておらずプラスチック感が満載なので、まず 凹部分 に 墨入れ をして細部に奥行きを持たせます。


次に、円形の部分には淵にシールを貼って済ますよう指示がありますが、
コレも安っぽく見えるので、塗装による塗り分けをしてみました。


う~ん・・・ 狭いなぁ・・・
「塗り分ける」 と言ってもこの狭さ! て、手が震えるぅぅぅぅ・・・
ここも根気と愛情 あっ異常 が必要です。


ゲイン塔は、心棒を中心に3方向から合わせて終了ですが、
隙間が目立ったので、凸部分をカットして後ハメ(上からかぶせるように)加工を施します。


接着剤不要なキットですが、ここもしっかり接着して・・・ ゲイン塔の完成です・・・
手を加える前と比べても、プラっぽさが軽減して 少しはそれらしくなったかなぁ。


現在の高さ 634m・・・

きたーっ 634 もうこれ以上 高くなることはありません。
こうやって見ると、プラモデルに見えないくらいにリアルだわ。 カッコイイ-

あと残り部品3個(+おまけ)ってことは、ほぼ完成しちゃってますね・・・(キモト)

「千代野クラス」

2013年07月24日 | オチャサイズnews
昨日から新たに「千代野クラス」が始まりました。
実は先週、千代野近辺でチラシの手配りやポスティングを行ったり、
メンバーさんの協力もあって、かなりの枚数を捌くことができました。(ありがとうございます)
おかげさまで、幸先よく無事に開催することができたので、この場を借りて感謝申し上げます。

そう言えば、昔はこんな感じでイロイロ手配りしたのを思い出すなぁ・・・
ガラカラのホールでレッスンしてたのを・・・
今は、みなさんのおかげで ここまで来ることができました。(感謝)

始まったばかりで、まだ不慣れな部分がありますが、どうかこれからも「千代野クラス」を宜しくお願いします。
初心を忘れずに、新たなスタートを誓った。 そんな一日でした・・・

少年のキオク

2013年07月23日 | キモト日記
  

友達4人と食事をした後、何を思ったのか 突然「カブトムシ」をつかまえに行こう という話しになって、
山の中に潜入し、見事にオスのカブトをGETしました・・・

なんだか久しぶりにカブトムシに興奮してはしゃいだなぁ・・・
子供の頃の夏休みと言えば、毎日のように山に入って「ムシ採り」に明け暮れたもんですが、
大人になってからは忘れていた感情ですね。

となりに顔をしかめている方がいらっしゃいますが、「ムシ採り」は男のロマンであり、
もともと秘めている「潜在本能」みたいなもんですから・・・(キモト)

【Schedule】

2013年07月22日 | オチャサイズnews
遊びネタばかり続いていますが、本業である「オチャサイズ」に関するお知らせです。

これまで、7年間続けてきた「安原クラス」が先週をもって終了しました。
金沢市内での唯一のクラスでもあり、地元のイベントにもお声がかかったりと 振り返ってみても楽しい思い出が沢山あります。
決してネガティブな理由で終了するわけではなく、来年に向けてスケジュールなどを見直した上の決断です。

あっ、「終了」っていうのが、響きが悪かったかな・・・!
実は、場所が「変更」 になりました。 

報告! 明日、23日の火曜日から「千代野クラス」が始まります。 時間は11時からで、場所は千代野体育館で行います。 
「白山市千代野体育館」  安原近辺からは少し遠くなり、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

本格的な活動に向けてイロイロな事が固まりつつあります・・・
言いたくても言えないこともあってウズウズしてます。

いつどこで何が起きるかわからない・・・

2013年07月21日 | Kumiコミ
連日「オチャバケ」が続いてますが、
私も付けくわえて書き込みたいと思います。

何かと、すぐにどこでも出かけたくなる(キモト)・・・ 土日祝の休みが当たれば、
どこか遠出したくてウズウズするみたい・・・

まあ、いつもそんな乗りで目的地を告げられず出発するんです。

先日紹介した「ぱんだぱんだ」のパン屋さんは、
パン好きの私が富山に居る時によーく通った、大好きなお店です
富山インターから帰って多頃は、ぱんだぱんだに寄って金沢に帰っていたのですが
実家の近くにETC出入り口ができてから、寄れなくなり私は7年ぶりの来店でした。

今も変わらぬパンの種類に、心惹かれる品ばかり・・・
迷いに迷ってなかなか選べず、やっとの思いでレジについて初めて顔をあげたら、
なんと 短大の同級生が「高島さんだよね(旧姓)」と手を握られ
卒業以来の再開でした。
彼女とは短大の同級生ですが、高校時代によく練習試合をした
相手校のメンバーさんだったので、高校時代からの不思議な繋がりを感じます。
実家・富山に行ったからと、そう知り合いにはなかなか会えないですが、今回はホントに嬉しかったです。
また「ぱんだぱんだ」へ行くと会えると信じて、足を運びたいです


パンを食べて、気が向くままに目に入った「風の城」
460段の階段は、私にとって全く苦ではありませんでした。
レッスンで、ふくらはぎが鍛えられているのを実感しました。


目的地「がったんごー」
実は最後の最後にトラブル発生

快調に進んだ行きに比べ、帰りは当然登り・・・
電動アシストのわりには、結構きつくこいでる感があると(キモト)に言うと
「電源ついてないんじゃないか?」と二人同時に電源ボタンをON・・・したら「OFF」になり
一気にさらに重たくなって、もう1度押し直すと「エラー表示」・・・
一度止まらないと電源が付かないみたい・・・
後ろからも迫ってくるし止まれない
残り1キロ切っていたからよかったものの、私は800mはずっと立ちこぎで全力疾走状態
(キモト)は座りこぎで「これキッついなぁ」と言うが迫りくる後ろを思うと
「ペダル動かせ~」と、掛け声しながら、ゴールも一気に登りきった・・・
自転車から降りると久しぶりに足ガクガク・・・ レッスン並みに汗をかき
レッスンしてるだけあっての我が足の筋肉とスタミナだと実感
翌日よく翌日にも筋肉痛などもなく、鍛えてて良かったと思いました。

皆さんも、どこでどんなハプニングが起きるか解らないので、
体は鍛えておくといいですよ
レッスンの参加者は普段から足腰強化してますから大丈夫でしょう・・・(Kumi)


第12回 オチャバケ 飛騨 レールマウンテンバイク 「ガッタンゴー!」 後編

2013年07月20日 | 「オチャバケ」


レールマウンテンバイク 「ガッタンゴー!」とは、マウンテンバイクと旧神岡鉄道の廃線(鉄路)を組み合わせた新感覚の乗り物。
出発点となる「奥飛騨温泉口駅」から、終点「神岡鉱山前駅」の間を自転車で往復する 約5.8Km のアトラクションです。



今回、ボクらが乗った車輌は、ハイブリッド車と呼ばれる電動アシスト付き車なので、ペダルも気分も軽い軽い、
「余裕だね」って言いながら、 出だしは 飛騨の自然と景色を楽しみながら笑顔で進んでいます・・・



快調・快調・・・♪ 天気もいいのでとても気持ちいい・・・
レールの継ぎ目の「ガッタン・ゴットン」という振動音が響いて とても新鮮な気分です・・・♪



しばらくして、トンネルが見えてくると、思わず 「おーっ」 って、声を上げてしまいます。



鉄道のトンネルに入るのは初めてなので ワクワク・ドキドキですね。



一気に、「突入・・・!」 
外気よりもかなり気温が低く、クーラーが効いた部屋に入ったみたいにヒンヤリしています。



トンネルを抜けてからも、「ガッタン・ゴットン」と音を響かせながら快調にペダルをこいでいます。



レールは平坦だけではなく、鉄橋のように高台になっている場所からは神岡の街並みも望むことができます。
・・・そして、再び目の前にトンネルが現れます。



超暗いやん、今回のトンネルは前回と違って 出口 がまったく見えず、お先が真っ暗です・・・



「突入・・・!」 自転車にも一応ライトは点いていますが全く役に立たたず、 超真っ暗。
あたり一面 闇に包まれた中を、レール音と歓声が響きわたります。(冷気も一段と増してちょっと怖いくらい)



レールの上を自転車で「ガッタン・ゴットン」と音を響かせながら進むことじたい違和感があって面白いのに、
ポイントの切替えが何ヶ所もあるので、鉄道マニアも楽しめること間違いナシです。



約20分かけて終点の「神岡鉱山前駅」に到着・・・
ここから方向を変えて戻って行きます。

 

レール自体、1本しかないので参加者全員が到着するのを待ちます。

その間、地元で採れた新鮮な野菜と天然水で疲れた体を潤すことができるのでありがたい。
大勢の方が一斉に胡瓜をかじっている姿も圧巻です・・・



少し休憩したところで、復路の再開です。
と、ここで、最初に説明を受けた時の言葉を思い出す・・・



「行きは下りなので比較的楽ですが、当然帰りは上りになるので ちょっと大変です!」 その説明の言葉通り、
帰りは電動アシストが効いてないんじゃない、ってくらい ペダルが重くて しんどかった・・・
何が一番辛いか と言うと、ノロノロしていると後ろがどんどん迫ってくるので、途中で休めないことです。
一度乗ったら、最後までペダルをこぎ続けなければいけません。 



ゴール200m手前からは、大人2人が立ちこぎ状態・・・
「ふーっ」 行きと違って、息を切らしながらのゴールです。
これで、電動アシスト着きじゃなかったらどうなってただろ・・・?



疲れた体をレール上に設けられた「足水」で冷やすことができます。

飛騨神岡にあるレールマウンテンバイク 「ガッタンゴー!」は、自然あり・笑いあり・驚きあり・汗あり、家族みんなで楽しめるアトラクションです。
石川県からだと、2時間もあれば着くので、ぜひ夏休みの計画にいれてみてはいかがでしょうか? オススメです。 (※ 要予約)
今度は、「オチャブロ」の皆さんが体験する番ですよ・・・(キモト)

 

「ガッタンゴー!」には、こんな方も参加されていました・・・
温水さん、去年のボクの誕生日に来てるんですね。

第12回 オチャバケ 飛騨 レールマウンテンバイク 「ガッタンゴー!」 前編

2013年07月19日 | 「オチャバケ」
 

レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」は、岐阜県飛騨市で誕生した、
マウンテンバイクと廃線後の鉄路を組み合わせた、新感覚の乗り物です。
サイクリングでは体験できない「ガッタンゴットン」というレールの継ぎ目の振動と音を感じながら線路の上を駆け抜けます。

その出発点となるのが「奥飛騨温泉口駅」です。
国道41号線で飛騨方面に向かい、神岡町の 道の駅「宙ドーム・神岡」を過ぎた先にあります。
今は廃線になったということで静かな落ち着いた佇まいの駅です。



改札?をくぐり抜けると路線が現れ、これから走る線路がどこまでも続いています。



こんな感じの自転車?に乗ってレールを進みます。
これは、「ノーマルタイプ」、  レールマウンテンバイクの基本形で、ぜんぶ自力でこぐ電動アシストがないタイプです。
思いっきりペダルをこいで、汗だくになりたい方や、体力的にかなり自身のある方専用です・・・

 

他にも、ノーマル車以上に力いっぱいペダルをこぎたい4人組のためだけの「タンデム車」(全ラインナップ中、最もハードな車輌)や、
ベンチシートを牽引しながら走る人力車タイプ(電動アシスト付き)など、家族に合わせたタイプが選べます。



中にはトロッコに乗った乗客を、スタッフが後ろからバイクで押すという、面白い車輌もありました。
ここまでして「楽しみたい」何か があるんでしょうね・・・ (たのしみ)



そして今回、ボクらが乗った車輌は「ハイブリッド車」と言われる電動アシスト付きの自転車・・・
家族3人だと車種を選択できず コレになっちゃうみたいね・・・



最初に待合室に集まって注意事項などの説明を受けます。
普段、静かな駅もこの日ばかりはレールマウンテンバイクを楽しむ方で賑わっていました。



それでは、準備Ok・・・ さぁ- レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」 出発です・・・ (つづく)

恒例(?) 夏休み目前 企画

2013年07月18日 | キモト日記


来週から、「夏休みに入る」っていう お子さんを持つメンバーさんも多いのではないでしょうか・・・?
今回オススメする「オチャバケ」は、そんな夏休みにピタリなスポットを紹介します・・・

「オチャバケ」こと、「オチャサイズ・バケーション」は、親子で楽しめるスポットを紹介しています。
線路の温泉・・・???

第11回 オチャバケ 「風の城」

2013年07月17日 | 「オチャバケ」


富山から国道41号線で南下の途中、山の頂きに何やら建物らしきモノを発見・・・
2人とも、「何アレ・・・?」「今まで見たことないね」 ってことなので、
前回に引き続き、再び寄り道(散策)をしてきました・・・

謎の建物を目で追っかけながら国道を走っていると、それらしき「名前」の看板を発見、
どうやらそこは、大沢野の猿倉山山頂にある 「風の城」 と言う施設らしい・・・



標識に従って向かうと山頂付近までは車で上がれましたが、
ここから頂きにある「城」に向かうには歩かないといけません。



階段のリズムが不規則なのと、この炎天下なので正直階段は堪える・・・ 



駐車場から450段の階段を登った先に ありましたこれが 「風の城」 です。
「城」といっても、シンメトリーで美しい近代的な展望台ですね。
地域の風力エネルギー開発利用事業の一環として建設された建物らしいが、
今も起動しているのかは不明でした・・・?



そんなことよりも、展望台からの眺めは良かったなぁ・・・
富山市内全域を見渡すことができ、富山湾の奥には能登半島まで見えました。
さすが、「風の城」と言うだけあって山頂に吹く風は気持ち良く、ここまで登ってきた疲れを癒してくれます。

ここ猿倉山周辺は森林公園になっており、この日も多くの方がBQやハイキングを楽しんでおられました。
「PANDA・PANDA」で昼食を買って、ここでランチってのもアリかもね・・・
さぁ、寄り道はこのくらいにして、目的地に向かいますか・・・(キモト)