オチャサイズ部屋

お茶の効能を運動に取り入れた 「エクササイズ」 です。

第13回厳選・源泉温泉「庄川峡・湯谷温泉」【後編】

2009年06月30日 | 厳選・源泉温泉
「庄川峡・湯谷温泉」の【後編】です。・・・ まず先に【前編】からご覧下さい。



【前編】の最後に紹介しましたが、この「温泉」には体を洗う場所が無いのです。・・・



写真でも確認できますが、このように階段を下りるとすぐにお湯(湯船)に足が浸かります。・・・  と、ところが・・・



見てください。・・・湯船の壁に置かれたボディーシャンプーを・・・
「湯船の中で体を洗ってください・・・」 とでもいうのでしょうかね・・・?
源泉も豊富で、かけ流されているとはいえ、湯船の中で体を洗うのは抵抗があるものです・・・ 皆さんは、どう感じますか・・・?

このような、ミステリー(謎)は、温泉の魅力を一層高めてくれます。・・・



外から見た浴場の外観です。・・・ ドーム状のコンクリートで囲まれており男女で半々に分かれています。 外観や設備にお湯と、何一つとっても「味」のある建物ですね。・・・ (写真からダムの麓で、川沿いにあるのが解りますね・・・)
何と、「素晴らしい・・・」



そしてここは・・・ 落ち着いた雰囲気の「客室」です。・・・ ここでは、ゆったりとした時間が流れ、自然の「音」が静かな部屋に流れていました。・・・ 



もちろん、窓を開けると眼下に小牧ダムと庄川が広がっています。・・・
私が「物書き」 だったら、一日滞在して、ここで仕事をしてみたいですね・・・ そんな気持ちにさせられた、とても素晴らしい「温泉宿」でした。・・・

「深谷温泉」で好評だった?「湯船アート」を今回も披露したいと思います。・・・



この浴室には天窓があり、そこから陽の光が射し込んで室内を幻想的な空間に演出しています。・・・




湯面に当たった陽の光を「測光」を変えて撮影してみると、海底に沈んだ古代の神殿のようになりました。・・・ 建物も西洋風の風呂に見えなくもないかな。・・・



「ターミネーター2」のエンディングぽく・・・(溶鉱炉ではありませんが・・・


今回、2回に渡って紹介した「湯谷温泉」は、建物にも風情があり、立地や展望もすばらしく、そして、「源泉」もじっくりと堪能できる、大変「素晴らしい温泉」でした。・・・ 源泉も39度と低めにもかかわらず、加熱していないことにも好感がもてます。 源泉の重要さを認知している証拠ですね。・・・(もちろん、かけ流し) 金沢からも遠くないので、ぜひ行ってみてください・・・「オチャサイズ」超オススメ温泉です。・・・

【PS】 お湯の温度が低くめなので、子供にも優しく「源泉の砲台」があったりと、親子で一緒に楽しめる「温泉」ですよ。・・・ ちょっと「オチャバケ」・・・?
(但し、水深が1mと深めなので注意が必要です。)



この砲台?の形も・・・ 想像にまかせますが、よく見ると・・・ ちよっと、○やらし・い・・・???

第13回厳選・源泉温泉「庄川峡・湯谷温泉」【前編】

2009年06月26日 | 厳選・源泉温泉
「超オススメ温泉」の「庄川温泉郷・湯谷温泉」を紹介します。
場所は、お隣富山県は南砺市・・・国道156号線で白川→利賀方面に向かい、庄川を渡ったすぐの所にあります。・・・ 大きな看板や、温泉の名が入ったバス停がありますのですぐに気づきます。



空き地のような駐車場に停め車から降りると、真っ先に巨大な「小牧ダム」が目に入り、何とも言えない緊張感で胸が高まります。・・・ 何せ、この真下に「温泉」があるのですから・・・



逸る気持ちを抑え、側道を下って行きます。・・・気持ちが焦り、下り坂が余計早足に・・・



そして着きました。・・・ これが「湯谷温泉」です。・・・
一見、普通の民家・・・?(失礼) のように見えますが、ちゃんとした宿泊施設です。 (日帰り入浴料は500円です。)

今回は、この「温泉宿」の様子を、少しでも実感できるように紹介します。



建物の中に入り、真っ先に向かったのは「浴場」ではなく客室でした。・・・
期待通り、眼下には庄川の清流が流れ、奥には巨大な「ダム」がそびえていました。・・・ 「素晴らしい」  そして肝心の「温泉」に向かうには、さらに下ってダム方面に行かなければなりません・・・ (この雰囲気で、風呂に入る前から半分やられてました。・・・)



歴史のある佇まいの縁側を奥に進み・・・ そしてまた、この無意味と思えるような曲がり具合がオタク心を燻ります。



さらに階段を降りて・・・ 



途中、ビニールシートに囲まれた(秘湯へ向かうぽい?) 階段をさらに下って行きます。 益々いい感じになってきました。



すると、ようやく浴室が見えてきました。 ここまで来るだけで、満足感で一杯です。・・・ 風呂場に向かうだけで、ここまでワクワクする「温泉」はめったにありません。



そして「脱衣場」です。
階段の突き当たりに、左右男女別に設けてあるのですが、単にアコーディオンカーテンで仕切られているだけの簡単な物です。・・・



風呂場に向かう階段を下りてビックリ・・・ いきなり「湯船」なんです。・・・ そう・・・

この温泉は、体を洗う場所が無いんです。
「す・素晴らしい」



浴室は年季の入ったコンクリートで囲まれており、天窓からは日差しが射し幻想的な空間を演出していました。 

もう・・・「素晴らしすぎ・・・」・・・
泉質がナトリウム・カルシウム塩化物泉で、温度が39.5度と低めの源泉がそのまま注ぎ込まれています。 
公表では「塩化物泉」となっていますが、雰囲気を後押しするかのように「硫黄」の香りが漂っています。
お湯には若干のヌメリ感がりあり、肌に気持ち良くまとわり着きます。
そして何よりも、お湯の温度が39,5度と低めなので「長湯」をしてもほとんど疲労感を感じず、いつまでも、このまま浸かっていたい(出たくない)・・・ そんな気持ちになる「お湯」でした。・・・ 



写真でも解るように、水深が1mほどあるので立って入浴する事も可能なのです。
そして、写っている砲台?の先から源泉が注がれています。・・・

・・・で、何か気になりませんか・・・?
・・・砲台の奥です。・・・  ・・・んん・・・??? 
 
・・・壁の向こうは「女湯」です。・・・
・・・気づきました。・・・???

そう・・・



何と、源泉流出口から「女湯」が覗けてしまうのです。・・・

「す素晴ら・・・」 ・・・いえいえ・・・ ・・・ ですから、女性の方は注意が必要です。・・・

写真では、この「源泉流出砲台」は、おとなしく静かに噴出しているかに見えますが、実は・・・

               
               
               
               
               
               
               
               
         


 何と、とんでもない勢いで湯船に注がれているのです。
しかも、この砲台は「シーソー」のように上下に動くため、男湯と女湯でかけ合うのも楽しいかもしれませんね・・・ (良い子はマネをしてはいけません。・・・)

・・・と、まぁ~「お湯」も「雰囲気」も申し分なく素晴らしいのですが、こうした源泉砲台?のギミックもあって、魅力満載の浴室でした。・・・



源泉はもちろん「かけ流し」で浴槽の脇から、すぐ外に放出され・・・



このように、「お湯」は再利用することなく庄川に流されています。・・・
こうして見ると、源泉に人の手を加えることなく湯船に注がれ、その後、排出されていることが、確認できますね。・・・ この排出のプロセスを確認するのが本当に難しいことなんです。・・・ 浴槽の底や、排水口の向こうは確認できないですからね・・・ 

まだ、この「湯谷温泉」の不思議?・・・ 魅力は続きます。・・・
次回、【後編】で・・・

【予告】



覚えておいて下さい。・・・ 最初に紹介したように、この浴室には体を洗う場所が無い・・・って、ことを・・・(キモト)

続・「厳選・源泉温泉」・・・ついに

2009年06月23日 | キモト日記
いや~ 皆さんと意思が通じているのか、昨日のアクセス数が、過去最高でした。・・・(ありがとうございます)

ブログで「温泉」を紹介したきっかけは、雑誌やテレビに取り上げることのない、知られざる「魅力的な温泉」が多く存在することを知って欲しかったからです。
(半分は趣味ですが・・・) 
そして、もう一つ・・・近辺で常用できる「理想の温泉宿」を探し当てることです。・・・

その「理想の温泉宿」とは・・・  

① なるべく源泉に人の手を加えず、そのまま湯船に注がれていること。(生の源泉)
② 源泉の温度があまり高くなく、ゆっくり(長く)浸かって湯を堪能できる。 
③ ロケーションがよく、現実から逃避できるような立地。
④ 建物からも「温泉」の素晴らしさを感じ取れる。(屋台のラーメンみたいな感じかな・・・?)
⑤ 交通の便がよく、気軽に立ち寄れる。そして、1日いても飽きない「何か」を持っている。
⑥ できれば、あまり人が訪れずに、ひっそりとしている。

・・・と、まぁ~ わがままをズラズラと書きました。・・・
このような条件の温泉は県外に行くとあるのですが、北陸で探そうと思うと難しいものがあります。 みなさんも、思い浮かばないでしょ・・・?
これまで「厳選・源泉温泉」で紹介してきた中にも素晴らしい温泉がいくつかあるのですが、今ひとつ「何か」が足りないのです。・・・(あくまでも個人的な意見ですが・・・)

そして、今回訪れた(紹介する)温泉は、これらの条件に高次元で当てはまります。・・・ と、いうか、この辺では別格でしたね・・・ 写真だけでも100枚は撮りました。・・・

(キモト)のセンス?満載、全身全霊でお届けします。・・・ 




さぁ~・・・



パンドラの箱を・・・



パッ・・・ カーッ・・・

ドーン

開きましょう ・・・つづく


・・・えっ・・・(続くんかい・・・

「厳選・源泉温泉」・・・ついに・・・

2009年06月21日 | キモト日記
そろそろ、恒例の「厳選・源泉温泉」のコーナーをアップする時期です。・・・
その記事を編集している最中・・・「○○温泉」に行って感想を聞かせてよ・・・と、古くから交流のある長野に住む「温泉マニア」から、突然のメールが・・・

そして、その温泉は、私の求めていた「理想の温泉」に限りなく近く、とてつもない「温泉」でした。・・・近くに、こんな温泉があったのか・・・ 素晴らしいを何度口にしたでしょう・・・声を大にして言います。・・・

次回の「厳選・源泉温泉」は必見です。
次回の「厳選・源泉温泉」は必見です。

大事なことなので2度言いました。・・・(ある世界では常識のようですが・・・?)

予定を変更してそっちを先にアップします。
期待して待ってて下さい・・(キモト)





第5回オチャバケ「白樺湖リゾートファミリーランド・すくすくの森」

2009年06月19日 | 「オチャバケ」

今回紹介する場所は、長野県の 白樺湖リゾートファミリーランド にある すくすくの森 です。

白樺湖リゾートファミリーランド は名前の通り、白樺湖の湖畔にあるリゾート施設です。
このリゾート施設は、目的の異なった4つのゾーンに分かれています。
 
乗り物(遊園地)に乗って楽しめる 「くるくるの森」
次に、巨大アスレチックがある 「すくすくの森」 ・・・ 三つ目は、湖畔を散歩したり、ボートが体験できる 「ふるふるの森」 ・・・
最後の 「ゆるゆるの森」 は、森の中をウォーキングし森林浴が楽しめます・・・

そして、今回はその中の一つ すくすくの森 にスポットを当ててみます。


すくすくの森の巨大アスレチックです。  全体はこの4倍くらいの広さがあります。


少し高い所から見ると、アスレチックと迷路が組み合わさった感じなのが見えますか? 
比較的、簡単なアスレチックなので、小さい子供を対象にした施設なんだな、と思って子供と楽しんでいました。
何せ「すくすくの森」って言うぐらいだしー

・・・ところが・・・ 写真の右上を見てください
楽しそうな遊具が写ってますね。


このアスレチックの目玉とも言えるアルミの「土管型すべり台」です。
うひょ~楽しそう・・・ これは・・・大人でも楽しめるじゃあるじゃありませんか・・・

ではでは・・・


ズゴゴゴゴーゴロンゴロンーゴロゴロ・・・ 


ぐるんぐるん・・・ごろごろ・・・ひぇ~っ・・・ 

この 滑り台 、かなりエキサイティング!
下手すると土管の中で体が回転して下って行きます・・・ 軽い気持ちで飛び込むと、想像以上の動きをして かなり驚きましました。
こりゃ 小さいお子さんにはムリじゃない?

しかも、左右の2本は形状が異なっており、毎回滑るたびに動きが変るので予測不能!
いい意味で飽きずに何度も楽しめます。
(kumi)と子供は、慣れてくると大はしゃぎで何度も挑戦していました。

私は体が硬いせいか、首を痛めそうなので早めにギブアップです。


白樺湖周辺は、ドライブ(ツーリング)でも有名な「ビーナスライン」の途中にあるので、夏に訪れて見てはいかがですか・・・? 
「オチャバケ」こと、「オチャサイズ・バケーション」は親子が楽しめるスポットを紹介しています。(キモト)

子供とダンス

2009年06月17日 | オチャサイズnews


先日の写真にもあったように、小学校でOchacisEでした
「子供と親子で楽しくダンス」をテーマに、行ってきました。
主に子供を対象に、馴染みやすい曲と振り付けをチョイスしました 単純な動きは、子供には分かりやすく、沢山体を動かして楽しんでいましたよ。・・・



お母さん方の中に、定期のクラスに通ってる方が何人か居ましたが、普段しない動きに、少し「お疲れモード」でしたが、「いつもと違うけど、汗かけた~」と、大人も満足な様子でした。・・・



何曲か楽しんだ後、最後に「やった曲から、好きなのを一つ選んで・・・」と聞くと・・・ 「全部ー」 そして、子供達が私の回りに集って、「来年も来て」・・・ など、嬉しい言葉を沢山言ってくれました。 
結局最後は、私と子供達でキャーキャー走りまわって終わりました。・・・
来てくれた親子さんが、楽しく過ごせた事と、それが「思い出」として残ってくれたら嬉しく思います。・・・

まだまだ、今年は依頼レッスンがあるので、皆さんに楽しい時間を過ごせるよう頑張ります

だから・・・何・・・?

2009年06月15日 | キモト日記
またぁ~・・・?



だから・・・いったい何なんすか・・・?

次回の「オチャ○○」で・・・

おかげ様で活動してます・・・

2009年06月13日 | オチャサイズnews


今日の日中は小学校で「オチャサイズ」・・・ 夜は定例の「オチャサイズ」・・・ おかげ様でフル回転で活動しています。
(Kumi)もハッスルしてますね。・・・

そのパワー?が、子供達に乗り移ったのか「小学校」での「オチャサイズ」は、かなり盛り上がったようです。・・・ 
その様子は後日、次回紹介します。・・・で・・・

・・・



・・・はっ・・・なぬ・・・???
得意の「意味有」な写真・・・ ・・・つづく



今週の「オチャサイズ」

2009年06月11日 | オチャサイズnews
先週の「保育園」に引き続き、今週は金沢市の小学校で「オチャサイズ」を開催します。・・・
相変わらず忙しく(Kumi)は、選曲や振り付けの確認に一生懸命です。・・・
保育園児に小学生、一般(成人)の方やご年輩の方、曲のテンポも異なれば、運動内容(レベル)も異なります。・・・
「オチャサイズ」(Kumi)は、それぞれにの目的に合った内容のプログラムを構築しています。 
簡単にそのポイントを言いますと、小ささお子様には「体を動かす楽しさを」・・・ 成人の方には「脂肪燃焼とストレス発散を」・・・ご年輩の方には「足腰の強化と脳の活性を」・・・ それらを目的としたエクササイズが「オチャサイズ」です。・・・
もちろん「お茶」の効能を取り入れ、相乗効果を図ってますよ。・・・ お茶の魅力を伝えるのも「オチャサイズ」です。

このような、一つ一つの経験の積み重ねが、我々にとって財産です。・・・ 毎週参加されている方、イベントに声をかけてくれる方、いつも本当にありがとうございます。・・・

PS・・・最近のブログの内容が「まじめ」だね・・・って、言われます。・・・(オイっ
一応「オチャサイズ」がメインですからね。・・・ でも、もう少し待ってて下さい。(キモト)

よ~し 陸上(行くぞ)・・・???

2009年06月10日 | キモト日記
先週の日曜日は、走り仲間(知人)の「サワさん」と一緒に陸上競技(トラック)の「記録会」に挑みました。・・・
参加の目的は、現在の「体力測定」みたいなものです。・・・ 
学生時代、足は速い方でしたが、正確に測定したことがなかったので(当時は手動でした)それから約30年経ってどれほど衰退したかの確認です。・・・



もちろん水分補給には「オチャサイズティー」を持参です。・・・

参加者のほとんどは陸上経験者なので皆さん「速そう」に見え、未経験者は弱気な気持ちになりがちです。・・・  

「100m」と、調子にのって「走り幅跳び」に参加しました。・・・
結果は・・・ まぁ~年齢を考えたら納得できる内容でしたが、まだは狙えそうです。・・・

ジョギングを始めて2年が経ちます。・・・ 「オチャサイズ」で体を動かす事を促しておいて、本人が動かないっていうのは、歯医者が虫歯になるようなものです。(ちょっと違うか・・・?) 私は(Kumi)のようにリズム感が全く無く、体が氷柱のように硬いので「オチャサイズ」は無理でした。・・・ 
えーーーーっ (す・すいません・・・

最近、本当にジョギングしている人や、ウォーキングをしている方をよく見かけます。・・・ 空いている時間を利用して、自分のペースで気軽に体を動かせる・・・ ジョギングやウォーキングにはそんな利点があります。 「オチャサイズ」も、そんな気軽に参加できる「エクササイズ」を目指して、これからも頑張って行きます。 
適度な運動に悪い所はありません。・・・ぜひ、明日から体を動かす事を始めてみてはいかがですか・・・「オチャサイズ」がお手伝いさせていただきます。


祝「ワールドカップ出場」

2009年06月07日 | キモト日記
昨夜はテレビに釘付けでした。・・・ サッカー日本代表が、ウズベキスタンに1-0で勝利し、4大会連続「Wカップ」に出場が決定しました。・・・

後半は、相手の猛攻が激しく、何とか「1点を死守した」というエキサイティングな試合でしたね。・・・ 見ていて、こちらも久しぶりに声をあげ興奮しました。・・・

前回、「カズ」の話題を書きましたが、以外に反響があって(ビックリ)カズのファンなんですか・・・? と、よく聞かれました。・・・ ハイっ スポーツ選手の中で一番好きですね。・・・いやっ 大好きです。・・・  ですので「Wカップ出場」が決まった瞬間、今回も代表メンバーの中にカズの存在はなく、どんな気持ちで見ていたのか、真っ先に「それ」が頭の中を横切りました。・・・ 

ともあれ「Wカップ」出場おめでとう・・・

カズよ~  日本代表の監督になってでもいいから、悲願の「Wカップ」に行ってくれ~(2回目) 
そうなったら、きっと涙が止まらないだろう・・・(キモト) 

保育園で「オチャサイズ」

2009年06月06日 | オチャサイズnews


今週の3日は、白山市の「藤保育園」で「オチャサイズ」でした。
「藤保育園」では、今回で3回目の開催となります。(定例化・・・感激です。) いつも声をかけていただき、本当にありがとうございます。・・・




子供と参加されている方もいて、みなさん気持ちのいい汗を流していました。・・・
毎回のように言っていますが「オチャサイズ」は、子供と一緒に参加できるエクササイズ(運動)です。・・・ 
このようにイベントで一度「オチャサイズ」を体験し、その後、定期で行われているクラスに参加される方もいらっしゃいます。
少しづつではありますが「オチャサイズ」が、地域に浸透していっているのを実感している、今日この頃です。・・・

来週は「小学校」でも「オチャサイズ」です。・・・
その他にも、依頼問い合わせが多数よせられて、暑い夏になりそうです。・・・  よ~し 頑張るぞー

信長にたずねよ・・・①

2009年06月03日 | 信長にたずねよ
今日は、「独り言」を書いてみようと思います。・・・(今日も・・・の間違い?)



写真を見て「安土城」とわかる方は、かなりの「信長好き」か「城好き」です。
昨日、6月2日は、「織田信長」が家臣「明智光秀」の謀反によって自害した日です。・・・
世に言う「本能寺の変」と呼ばれる戦国時代最大のミステリアスな事件です。
何を隠そう、わたくし(キモト)は、大の信長ファンなので、毎年この日は、何とも言えない気持ちになります。・・・天下統一を目の前にして、さぞかし無念だったろうにと・・・
 
その後を継いで、もう一人の家臣だった「豊臣秀吉」が天下統一を果たし、その「豊臣家」を滅ぼし、200年にわたる「江戸幕府」を築いたのが「徳川家康」です。・・・(誰が、いつ敵になるか解らない時代です。) 
「秀吉」も「家康」も、もとは「信長」の家臣だったことを考えたら、天下取りの「おいしいところ」だけを持って行ったようにしか思えませんね・・・ 個人的には、今でも「信長」が天下統一を果たして欲しかった思っています。

「信長」を象徴する詩で有名なのが、「鳴かねば、殺してしまえホトトギス」 彼には残虐なイメージが定着してますが、武器・戦術、装飾にいたるまで、奇抜な発想(アイデア)に目を見張るものがあります。 
写真の安土城も豪華絢爛、色使いといい、一般の「お城」とはセンスが違います。

時代が違うので、彼の行動に対して何も言えませんが、歴史上で一番会って話しをしてみたい人物ですね。

「現代」にも似たような人(心境)がいるような気がします。・・・
サッカーの元日本代表三浦知良こと、カズとダブって見えてしかたがありません・・・

一生懸命に日本サッカーの発展(ワールドカップ出場)ために尽くしてきて、あの「ドーハの悲劇」・・・そして、まさかの予選での日本代表落ち・・・今では連続してワールドカップ出場しているのに「彼」の存在は全くありません。 

何か「織田信長」と「カズ」は似てと想いませんか。・・・? (カズは40歳を過ぎた今でも現役ですが。・・・

ともあれ、全ては歴史の上に成り立っているわけですから、「信長」や「カズ」がいてこそ今の社会が存在し、日本のサッカーがあるのです。



じゃ~ん「ヴェルディ時代」のユニホームです。 (ふ・古っー) もう20年も前のもの・・・
背番号「11」が一番似合うのは「カズ」以外いません。・・・

いつの日か、「日本代表」の監督として、悲願だったワールドカップのピッチに立って欲しいと願っています。・・・ 

今回は、長々と駄文失礼しました。・・・(キモト)

「アンパンマン・ミュージアム」のパン

2009年06月01日 | グルメと旅行

春に、関東の方へ旅行にいきました。・・・
ディズニーに行き、帰りに「アンパンマンミュージアム」に寄ってってきました。
ミュージアムの中には、色々なアンパンマンのお店があります、何せ、全てが「アンパンマン」一色なのですが、その中でも1番に感激したのは、アンパンマンの「パン屋さん」です。・・・
窓越しに並ぶ、キャラクターパンに「かわいぃ~」の連発
お店に入るにしても、ロープが貼られ人数制限があるのにはビックリでしたが・・・



いろいろ食べましたよ。・・・ 中には何が入っているかと言うと・・・
もちろん、アンパンパンには「あんこ」が、赤ちゃんマンには「レアチーズクリーム」が入っていて、かびるんるんは「チョココルネ」でした。・・・・(さすがにカビは・・・
カレーパンマンは甘口と辛口の「カレーソース」があり、名犬チーズの中には「チーズクリーム」が入っていて、メロンパンナは、そのまんま「メロンパン」でした。・・・(ここは想像通りの中身ですね・・・
私は、パン大好き人間なので、生地が美味しいかで評価をしますが、値段が高めだけあって、「実際の味はどうなん?」と疑いましたが、納得のいく美味しい生地でした。
ずっと見ていたくて、食べるのがもったいない「パン」でした。・・・
喫茶店の店内も可愛くアレンジされており、アンパンマン好きにはたまらない場所ですね。
う~ん・・・「ドキンチャン」のパンも食べてみたかったな。・・・(Kumi)


・・・話しは「オチャサイズ」に・・・
今週半ばには「保育園」からの依頼もあり、今月の「オチャサイズ」は、慌ただしくなりそうです。・・・
パソコンの前に座る時間も少なくなりがちですが、大勢の方が「ブログ」を愛読?されているので、サボらず更新します。・・・
・・・するよう・・・心がけます。・・・(キモト)