オチャサイズ部屋

お茶の効能を運動に取り入れた 「エクササイズ」 です。

3月の予定です

2013年02月28日 | オチャサイズnews
今日は天気も良く暖かく春を感じる陽気でした。
秋から今までの期間は、寒さから体を守る為に脂肪を蓄積させる信号が発信されていましたが、
この時期からは、その危険な信号が解除され、秋まで体脂肪リセットに最適な期間に入ります。
レッスンメニューも薄着に向けて対応出来る体作りで行なっていきます。

【舘畑公民館(月金曜10、11時)】
特にお休みありません
‼ 1日:10時クラスのみです !!
【鶴来公民館(土曜13:31)】
特にお休みありません
【安原スポーツ広場(火曜11時)】
特にお休みありません
【津幡体育館(木曜11時)】
特にお休みありません

また緊急でお休み、変更がありましたら、お知らせします。

絶景!「東京スカイツリー」

2013年02月27日 | 東京スカイツリー


今、「東京」に行ったからには、見とかないと損かな? っと思って立ち寄った「東京スカイツリー」
東京タワーに変わる電波塔として、平成22年5月に開業した、高さ634mを誇る世界一高いタワーです。

あの高さなので、郊外からもよく目に付きましたが、実際に真下まで来ると やっぱ かなり高い・・・
精巧な骨組みで、冬の澄んだ空とのコントラストがとても美しいです。 


「iPhone5」で撮影
さすが、開業して一年も経ってないのでチケットカウンターは観光客でいっぱいです。
当日券の順番待ち(展望デッキ 350mまで)は約50分待ち(今日は少ないほう)でしたが、
予約券だったので5分ほどでエレベーターに乗れました・・・



展望シャトル(エレベーター)で地上350mにある展望デッキまで上がります。
このエレベーターの中にも思考が凝らしてあり、日本らしい おもてなしと美しさを見ることができます・・・
それよりも驚いたのは、不快な振動も感じさせず、静かで速いことです。 (350mまで50秒で到着)



展望デッキに到着すると、歓喜のあまり外の景色を眺めたくなりますが、(ここでも十分高いね) ここはグッと我慢。
この手の観光地は、惜しむ間もなく一気に上まであがるのがポイントです。
展望デッキから、エレベーターを乗り継いでさらに上にある展望回廊(地上450m)を目指します。
ここも運よく、10分待ちで行けました・・・



下から約15分ほどで、「展望回廊」に到着・・・ 
「天望回廊」は、チューブ型でガラス張りの回廊が続き、ゆっくりと歩きながら
まるで空中を散歩しているような感覚を味わえます。

 

そのフロア450には、東京スカイツリーの展望施設の最高到達点「ソラカラポイント」があります。
「ソラカラポイント」では、光とガラス面による不思議な広がり感や浮遊感、地球の円み
などが体感できるそうです・・・ が、何の事か今一つハッキリしません・・・???



それにしても高い・・・ 超高い。 リアルな街がジオラマ(模型)の様に見えます。
東京都内はもちろん、千葉・埼玉・神奈川を一望し、西には富士山を拝むことができました。

よく、神社仏閣にも出かけますが、あの法隆寺や東大寺、平等院などの精巧な造りを見ていると、
「昔に人は、たいした道具も無いのに よくこんな正確で大きいものを作ったよなぁ」 と関心しますが、
この「東京スカイツリー」も、平成の日本人が「もの」を造るとこうなるんだ、
と、それらに匹敵するくらいのスッゴイ感動がありました・・・ ちょいハマリぎみ。

次は夜に行ってイルミネーションと夜景でも眺めてみたいなぁ・・・(キモト)

【顔本】

2013年02月25日 | キモト日記
前回の【タイトル】と類似しているような・・・???
最近、「Facebook」 などの SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が流行ってマス。
そんな時、SNS をやっている友達から「オチャブロ」を見て 「毎回よくネタがあるよなぁ」 って言われました。

「オチャサイズ」の情報発信が主な目的ですが、カテゴリーを見てもらうと ほとんどが趣味の話題です・・・(笑)
そんな「オチャブロ」も、3月で まる5年が経ちます。
まだまだ伝えたいことが沢山ありますので、「オチャサイズ」同様、
この「オチャブロ」も(趣味ネタですが)末永くお願いします・・・(キモト)

まだ続きます・・・ 東京ネタ

【頭本】

2013年02月24日 | キモト日記


今 流行りの【ヘッドホン】が欲しいなぁと思って、大型量販店に行って視聴会・・・

長い時間、イロロ聴き比べて見ても あまり違いが解らなかったので、
最終的に「オチャサイズ」でもお世話になっているテクニカを選択しました。
本命は コレ だったんですがね・・・ お値段が高かったのでNG  重箱の隅を突っつくような聴き方をしなければ十分な音質です。
それにしても、高級機種で言われている 音の【奥行き感】なんて、ヘッドホンで実感できるものなんですかね・・・ 疑問?

【打ち合わせ】の日

2013年02月22日 | オチャサイズnews


今月の月初めに、ある施設から「オチャサイズ」の依頼を受けたので、午後から説明と打ち合わせをしに行って来ました。
夕方は店舗の「ある物」の打ち合わせを済まし、夜は安原公民館で来期の使用についての説明会に参加、
その後、工務店に移動して建築士さんと打ち合わせ・・・

何だかんだとバタバタした一日でした。

施設での「オチャサイズ」は、新たな試みでもあるし、
今後、発展して行く可能性があるので、積極的にチャレンジしてみます。

東京 「日本茶カフェ」 紀行 No3

2013年02月20日 | 「お茶」紀行


東京「日本茶カフェ」巡りも3件目・・・ 場所を日本橋に移して 「ZEN茶fe」 に立ち寄りました。
雑誌なとでもよく紹介されている 前回とは世界が180度変わった 今時(?)のお店です・・・

「ZEN茶fe」は、1Fを「地」、2Fが「空」 そして3Fを「天」と呼ばれる3階建ての造りになっていて、
それぞれコンセプトの違った空間でお茶を楽しむことができます。
ただ、この日も他にお客さんが居て、あまり撮影はできませんでした。



軽食も兼ねて、サンドイッチと一緒に前から気になっていた 抹茶オレンジ を注文しました。
オリジナルの抹茶に、オレンジジュースがミックスされています。  世界初!! だとか・・・
スッキリした味わいで、抹茶にオレンジもなかなか合います。  子供向けにいいかもね・・・

「ZEN茶fe」は、コンセプト別に分けた空間で、食事もおいしく
お茶に興味が無い方でも気軽に立ち寄ることができるお店でした。

空間にコンセプトをつくる・・・いいね。 計画中の店にも一応あるんだけどなぁ・・・(キモト)

潜入!【岡本太郎記念館】

2013年02月18日 | TARO

渋谷駅からメトロ銀座線に乗り換えて、一つ目の駅「表参道」で下車。
青山にある「岡本太郎記念館」を目指します。
「岡本太郎記念館」は、84歳で亡くなるまでアトリエ兼住居だった場所に建てられた記念館です。

実際に50年近く生活した空間で、あらゆる作品の構想を練り制作した場所でもあります。


まず敷地内に入って真っ先に目に入るのは、庭先に飾られた沢山のオブジェです。
庭だけ見ていても不思議な感じがします。


入口のドアノブにも「岡本太郎」らしさが出てますねぇ。
手が触れる場所が足の裏って失礼な気がしますがこれも愛嬌。


一階フロアーには、作品に囲まれた本物そっくりの岡本太郎(人形)が居ます。

原色かつ奇妙な独特な造形・・・ 大きな影響を与えたという 縄文土器 や、メキシコのマヤ・アステカ文明。
こうやって見ると彼の世界観がよく見えます。 (ティーセットなんかも素敵でした)

 
さらに奥に進むと、アトリエが今もそのままの形で残されています。

机の上には実際に使用していた画材道具が並び、無数のキャンバスが所狭しと置いてありました。
ここで多くの作品が生まれたんだと考えるだけで感無量・・・ 言葉になりませんね。

 
2階のギャラリーには絵画が飾られています。
この日も次々と訪れる方いて、彼の作品を無言で鑑賞していました。

皆、「岡本太郎」を慕う理由は同じでしょう・・・

 
もちろん、「太陽の塔」や、「坐ることを拒絶する椅子」も展示してありました。

題名の由来も普通(凡人)には思いつかないね・・・ 名前から想像するのも面白い。


小さい頃から憧れていた「岡本太郎」の世界。
彼の情熱が満ち溢れているアトリエで何だかパワーを貰えた気がします。

自分も型にハマることなく、彼のような自由な発想でありたい・・・(キモト)

「才能があるから絵を描いているんだとか、
情熱があるから行動できるんだとか人はいうが、そうじゃない逆だ。
何かをやろうと決意するから 意志もエネルギーも噴き出してくる。
何も行動しないでいては 意志なんてものありゃしない」 【岡本太郎の名言】より

スゴ技才能!!!

2013年02月16日 | Kumiコミ
前回、「春の気配」・・・ 何て書いたのに この寒さ・・・
そんな冬の天候にも左右される中、いつもと変わらぬご愛好ありがとうございます。

先日、レッスンが始まる前に、皆さんが名前の記入をしている時に
発見 「スゴ~い  かわいい
じっくり見せてもらいました



両手の爪に「アンパンマンのキャラクター」 その繊細な筆さばきに感激です・・・



なんと自分で描いたそうです・・・
しかも、利き手でない方の爪も変わらぬ上手さで書いてありました・・・
小さいお子さんがおられる方なので、もちろん子供にも大人気
すごくかわいいネイルでした。

Uさんの隠れた才能に素晴らしい物が見れて、楽しい時間でした・・・(Kumi)

【春】の便りを感じます。

2013年02月15日 | オチャサイズnews
もう、冬も終わりかけ・・・ そろそろ春の便りが届く頃です。
この時期は「オチャサイズ」でも、旦那の転勤で県外に行かれる方の話しもよく耳にします。
この間、転勤した先でもレッスンが出来るように ビテオカメラで撮影していく方もいました・・・
また、県外に行った方からも、「こっちには オチャサイズ みたいなレッスンが無いので残念です」と、心温まるコメントも頂きます。

う~ん・・・ やっぱり「オチャサイズ」の動画も必要ですかねぇ・・・
ネットよりも、DVDとお茶をセットにして提供するのがいいも・・・ 将来 実現できるように今から考えとこ。
自分で撮るとシロートぽいので、やるなら本格的にやりたいよなぁ・・・(キモト)

東京 「日本茶カフェ」 紀行 No2

2013年02月13日 | 「お茶」紀行


東京の「日本茶カフェ」を巡って、「銀座」に到着・・・
「大人の街・「銀座」・・・  何だか落ちつかないねぇ・・・ 
特に「銀座」は、歩いている人 みんながお金持ちに見えちゃって、自分だけ浮いている気がするのはボンビーだからですかね。

来た感想は置いておいて、今回は その「銀座」にある 茶遊処 佐人 を訪れます。
佐人さんは、日本茶カフェの草分け的な存在で、多くの日本茶関係者からもその名を知られた有名なお店です。



iPhone の地図を見ながら向かうもナカナカ辿り着けず、場違いな大人の街をさ迷うハメに・・・
そして、ようやく見つけた それらしき暖簾・・・ これですね。 解りにくくて 隠れ家のようなお店です。

 

しかも、ビルの地下なので、銀座だけに 何だか高級クラブに行くようです。(小心者なんで ちょいドキ)
この雰囲気だけで、さすが「銀座」のお茶屋だなぁ と思ってしまいます。 
それでも、恐る恐る(?)お店の門をくぐると沢山のお客さんで賑わっていました・・・



しかも、全員 着物やん WWW や、や、やっぱり「銀座」だ。 チョー セレブ WWW
会話(話題)を聞いてもやっぱ品が違うよなぁ・・・ 格が違い過ぎて、カメラ向けるのも小物ぽく 失礼過ぎる・・・
後ろの席にいたのは、日本人が大好きなブランド(LV)の関係者だとか・・・ となりの奥さまが教えてくれました。



店内は北海道のタモ材をまるごと1本用いた無垢のテーブルや椅子、聚楽の珪藻土で作られた壁、和紙の天井など
「現代の茶室」をイメージしたというお店は、大人の街「銀座」にピッタリです。
外人さんにも好まれそう・・・

そんな「佐人さん」には、ご主人の人柄が愛されて多くの人(著名人)が集まって来ます。
初めてお目にかかりましたが、まるで「お茶」の仙人のような方です。
初対面にもかかわらず 第一印象とは違って、気さくでジョーク混じりの話しも上手い・・・
多くの方に親しまれている理由が、会話してすぐに気づきました。 ホントよくしゃべっています。

 

雰囲気だけで圧倒された感がありましたが、ちゃんと「お茶」も頂きました・・・
そのご主人 自ら淹れた「お茶」は、まさに正統の中の正統・・・ ふくよかで至高とも言える旨味。
これぞ「日本茶」 まさに王道とも言うべき「お茶」でした。 圧巻です。

味も雰囲気も人柄も、「銀座」の街でしか味わえないお店だったなぁ・・・
「茶茶の間」さん と同じく、主人の個性(コダワリ)が随所に溢れている素敵なお店でした・・・ ③に続く

※ 「佐人」さんは、惜しまれつつも今年3月31日で閉店します。 
このような、偉大なお店に今回行けたことに感謝・・・(キモト)

「遺伝子スイッチ」

2013年02月12日 | オチャサイズnews
今日、TBSの「最新遺伝子ミステリー・人間とは何だ !?」 の番組内で、ガン細胞(胃ガン)を抑制する(錆びついた遺伝子を再び蘇らせる)食品として、日本茶(緑茶)が紹介されていました。
「オチャブロ 」でも何度か書いてますが、やっぱり緑茶を飲んでいる人は胃ガンが少なく、ガンにもなりにくいそうです。

今の若い方は、コンビニでお茶は買っても 葉っぱから「お茶」を淹れる機会って少なくありませんか・・・?
葉っぱから淹れた方が成分も豊富で美味しいのに、後始末など面倒臭いですからね。

運動も「良い」と解っていても一人ではナカナカ続け難いものです。

「オチャサイズ」は、「お茶」と「運動」 その両方の煩わしさを払拭し、将来を考えたエクササイズを目指しています。

「オチャサイズ」で、ダイエット(体つくり)と ガン予防を・・・(^_^)v

圧巻!【明日の神話】

2013年02月11日 | TARO
東京「日本茶カフェ」巡りに出かけた時の宿泊は「渋谷」でした。
その「渋谷駅」と言えば、一般的には忠犬ハチ公(ハチ公前)が有名ですが、
「岡本太郎」好きにとっては、「太陽の塔」と並ぶ超大作 「明日の神話」 の壁画が飾られていることで知られてます。
東京(関東)に住んでないと、目にする機会も少ないのでフツーは知らないかぁ・・・


「iPhone5」で撮影

岡本太郎 最大の壁画  【明日の神話】
メキシコのホテルのオーナーに依頼され、ホテルのロビーに設置するために製作した壁画です。
(1968年 「太陽の塔」と並行して製作していた、縦5.5m 横30mの巨大な壁画)
結局ホテルは開業できずに終わり、この作品もそのままメキシコで行方不明になっていましたが、
時を越え2003年にメキシコの郊外で発見されました。
発見された時はひどく傷んでいましたが、帰国後(2005年)修復され、今は京王井の頭線「渋谷駅」とJR「渋谷駅」を結ぶ連絡通路に飾られています。

ドキュメンタリーでは見たことがありますが、現物を生で見たのは 実は今回が初めて・・・  超感激・・・
滞在していた期間は、毎朝 まずはここに立ち寄って 眺めてから出かけていました。

その出かけた先は もちろん「お茶屋」ですが、もう一つ・・・ せっかく「渋谷」に居るんだし行かないとね。

「僕は流れるって感じが好きなんだ。 固定したものは全然つまらない。
人生だってそうだろう? いつも流動的で、何が起こるかわからない。 だから面白いんだ」 【岡本太郎の名言】より

祝 回帰!!

2013年02月10日 | Kumiコミ
7日から通常のクラスを行なえるようになりました。
10日程お休みしていたので、体力的に心配でしたが、木曜~金曜~土曜日と日に日に体力も回復しているのが実感できます。
すでにお尻と太ももの筋肉痛で、昨日の土曜日のクラスは汗が流れるほど動けました!
参加されたメンバーさんも、気持ちいい汗をかいていただき、私も嬉しく思います。(^-^)/

レッスンが出来ない間、皆さんに大変迷惑をかけてしまいましたが、皆さん口をそろえて「大丈夫でしたか?」「wで大変でしたね(^^;;」 と声をかけていただき、皆さんの愛を感じた瞬間でした。(*^^*)
今回、レッスンしていて1番体力の衰えを感じたのが、張りのある声が継続して出せなかった事です。
さすがに動きながらの声だしには体力の低下を感じました。(ーー;)
でも、日に日にその体力も戻ってきたので、そんな些細な私の変化に気付いたメンバーさんが暖かいお言葉をくれました。(*^^*)
レッスンのない間もオチャの事を考えてくれたり、今こうやって元気になってレッスンが出来て幸せ。\(^o^)/
いつもいつも私とオチャへの愛情たっぷりなお言葉に またまた元気をもらいました。(=´∀`)人(´∀`=)ありがとうございます。(^-^)/

これからも皆さんの納得のいくレッスンメニューで楽しく体の基礎を作っていきますので、よろしくお願いします。(^-^)/

【SHOCK・WAVE】

2013年02月08日 | TARO
これまで、何かを見て【衝撃】を受けた経験はありますか・・・?



子供の頃、大阪を旅行中に観光バスの窓からあるものが目に飛び込んできました・・・
それは、故 岡本太郎の作品である「太陽の塔」です。
まさにこれが 【衝撃】 とでも言うんですかね・・・ 
心臓がバクバクして、感動というよりも「恐怖感」の方が強く、
「何でそんなとこにいるんだろう」 と思ったのを今でも記憶しています。
あの衝撃以来、すっかりハマちゃって、書籍や作品集など読みあさりました・・・

中学の卒業旅行も、高卒後マイカーでの初の県外も、初デートも 何度も大阪万博公園の「太陽の塔」を訪れています。
当然(?) (Kumi)も連れて行ってますが、 ← 良さ(意味)が解んないので強制的に
その時は興奮のあまり「立入禁止」区域まで入ってしまい 放送で注意されました・・・  
実は放送にも気づかず、管理人さんが注意しに来たんですがね

 

自宅の部屋にも、パソコンの横にも、車の鍵にも、 いつも側に「太陽の塔」がいます。
見ての通り、鍵のストラップはだいぶ年季が入ってきたので(10年使用) 今回 新しいものに交換ました。
今回・・・???

「人間にとって成功とはいったいなんだろう。
結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。
夢がたとえ成就しなかったとしても、精一杯挑戦した、それで爽やかだ」 【岡本太郎の名言】より。

お待たせしました

2013年02月07日 | オチャサイズnews
体調不良で一週間お休みしましたが、今日から「オチャサイズ」を再開しました。
休み明けにもかかわらず、いつもと変わらない参加をいただき ありがとうございました。
待っていた方もいて 本当に嬉しかったです。

もう、すかり元気になりました。
これからも また宜しくお願いします・・・(Kumi)