オチャサイズ部屋

お茶の効能を運動に取り入れた 「エクササイズ」 です。

repeat!

2015年06月28日 | オチャサイズnews
久々に雨の日が続きますが、これが今年の梅雨なんでしょうかね・・・

そんな足元の悪い中、昨日のレッスンに「津幡」「千代野」と以前に開催していたクラスの方が来てくださいました。(ビックリ!)
いろんな施設や教室がある中で、こうして再び来てくれるなんてスゴイことだと思います。

久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
距離があるので不便をおかけしますが、都合が合えばいつでも気軽に参加してください。
また、お待ちしております。

もともと予備日として始めたこの土曜日も、今ではしっかりと認知され一番驚き(変化)を感じるクラスに成長しました。
これも皆さんのおかげです、ありがとうございます。(くみコ)

おつカレー様

2015年06月26日 | キモト日記

週に4日でもOKなくらい大のカレー好きなので、暑くなると一層カレーが恋しくなります。

その昔、ある女性を口説くため半年間 毎日カレーを買い(食べ)続けたこともあったけなぁ・・・ 
あん時から変わった人やったちゃ。(くみコ)・・・ Σ(゜д゜;) えっ! 

・・・と、余談はそれくらいにして、レトルトカレーの中で一番好きな LEE の辛そうなヤツを見つけました。
う~ん。 旨そう!


中身(ルー)はご覧の通り 真っ赤  もうカレーの色じゃありませんね。

ワクワクしながら食べてみましたが、やっぱ 辛っ! 市販じゃ一番辛いんじゃない?
当然? 口の中はピリピリで、進むに連れ飲み込むのが痛い(ツライ)ほどの刺激を覚えます。 ヒーヒー
辛すぎてカレーの味はあまりしないけど旨いね!

パッケージにも書いてあるように期待を裏切らない辛さなので、辛党の方にぜひオススメしたい一品です。
暑い夏に食べるカレーは最高に美味しいですねぇ(キモト)

ナノブロック 東京スカイツリー DXE Ver.2.0 scene6

2015年06月24日 | 東京スカイツリー

スカイツリータウンが完成して達成感(満足感)があるのか、すっかり進行が遅くなってしまった ナノブロック 東京スカイツリー ・・・
実を言うと本体が難し過ぎて、匙(さじ)を投げていたんです。 トホホ・・・

本体は下のタウンとは比べ物にならないほど超難儀・・・
組み立て自体はさほど難しくはないのですが、組んだ後の崩れがハンパないのです! 

ちょっと力を入れただけで ポロっ といっちゃって、仕舞いには全体が崩れて アーッ もう ってのの繰り返し、
一向に進む気配(ヤル気)がありません。 うっ キー 

大人の指じゃ無理じゃない? モロ過ぎで、イライラ度MAXです。

・・・てな訳で、しばらく 破棄 放置してあったんですが、昨日再チャレンジしてようやく組み上がりました。(まだ最下部ですが)
この様子じゃ、この先も苦戦しそうなのでどのくらいのペースで進むかねぇ・・・? そもそも完成するのかすら危ういゾ。

最難易度のナノブロックだけあって、本当に 災難 い度だわ・・・(キモト)

手取川の濁り

2015年06月23日 | 水紀行

先月に発生した手取川上流域の大規模土砂崩のせいか、近くの川の濁りが今だ続いているので宮竹用水の沈砂池に来て見ました。
う~ん・・・ どうやらまだスッキリとしてないようです・・・

この間 登った白山の雪解けもここに集まっていると思うと不思議な感じがしますが、
農作物や生態系にも影響がないよう、一刻も早く回復するよう願いたいものです。


「石川県HPより」
発生当時、市内を流れる伏見川もコーヒー牛乳のように酷く濁っていました。(支流は高橋川)
遠い山奥の出来事が金沢市まで影響を及ぼしています。

こうして用水の仕組みを見ると、人が手を加えた(水路を整備した)せいで被害が広範囲に広がったんじゃない? って思ってしまいます・・・
良い時は忘れがちですが、メリット(恩恵)もあれば逆にデメリット(損失)もあるって事です・・・ 何でもそうだけど 複雑だね。(キモト)

イマドキの「オチャ」

2015年06月21日 | キモト日記
先日、久々に土曜日のレッスンを見る機会があったんだけど、
平日見かけないメンバーさんも多く来てくださっていて、とても新鮮な感じを受けました。

もともと土曜日は都合で平日に来れなくなった方や、働いている方を対象にしたクラスなので当然なんだけど、
こうして、いろいろな方が来てくださるってことは本当に嬉しいことです。(感謝)

そんな皆さんに支えてもらいながら「オチャ」は生きています。
どうか今週も宜しくお願いします。 (キモト)

Z- LIGHT は、イイぜ っと!

2015年06月19日 | 東京スカイツリー

夜な夜な書き物をすることが多くなったので、デスクライトを新しいZ- LIGHT に取り替えました。
初のLED照明ですが、明るくて目にも優しく細かい作業には最適です!

ライトは昔から 山田照明 のものを好んで使っていますが、やっぱデザインが無骨(ぶこつ)でカッコイイです。
そんな夜の机の上は無骨なもの同士、共演の場と化しています・・・ 今日の気分は 「雅」 で。(キモト)

理に適う!

2015年06月17日 | 「白山登拝」

6月初旬の白山の登山道には、まだ雪が残っているので歩くのに注意が必要です。

朝方はツルツルに凍っていると思いきや、陽が上がるに連れ融けてシャーベット状に変わります。

このシャーベット状ってのもやっかいで、重心がつま先に架かる下りでは気を抜くと思ってもみない場所で転んでしまいます。

こんな急登で滑って落ちたら大変なので、安全に歩くにはちゃんとした装備が必要ですね。
ランニングシューズだとハッキリ言って歩き難いです。


足元ばかりに気を取られていると、ゴム長靴 で登っている人がいました。
雪山なんで間違いではないんだけど、何か違和感を感じちゃうなぁ・・・

そう言えば以前 こんな人 がいたのを思い出した。(キモト)

水無月 白山

2015年06月15日 | 「白山登拝」

毎月一日の日に、白山比神社に 一日詣り に訪れているので、白山の山頂にある奥宮に行けるのを楽しみに待っているのですが、
今年は雪解けが早いと聞いたので、夏まで待ち切れず登拝に出かけてきました。
登拝 とは、山そのものが御神体となっている場所へ 信仰心を持って謙虚に登ること を言います。

初夏の当出合(登山口)には雪は無く、新緑に満ち溢れていました。 キモチーィ

・・・ところが。


雪が少ないとは言え、まだ6月初旬・・・ 別当覗(標高1750M)付近から残雪が現れ登山道を覆い始めました。
去年 転びまくったのを思い出すなぁ・・・
ってことは、今回もトレランシューズで来ました。


1Mほど積もっているでしょうかね・・・ カチカチに凍った雪の上を慎重に歩を進めます。
ちょっと気を緩めると、あっ!と言う間にスッテンコロリン。


本来の登山道がハッキリと解らないまま、単純に上を目指して登ってきましたが、ココに来て一気に雪の量が増えました。
うひゃー ツルツルで氷の坂です。 ちゃんと登れるのか心配になってきたゾ。


甚之助小屋に向かう付近もこの通り・・・ まるでスキー場ですね。
早朝なんで雪がバリバリツルツル。


去年も思ったけど、雪道を歩くことに慣れているはずなんだけど都会人みたいに滑って上手く歩けない。
こんな急登は靴底にローラーが付いてるんじゃない? って思えるほど辛い・・・


振り返って見るとこんな感じ!
夏の登山道は甚之助小屋を経由するルートですが、この時期は積雪があるのでそのまま直登できます。
まさにこの時期しか歩けない道ですね。


十二曲付近をトラバースする時は再三の注意が必要です。
さすがにアイゼン(雪の上を歩く際に滑り止めとして靴底に装着する金属製の爪) を着ける人が多かったなぁ・・・


滑り落ちると簡単には止まんないだろうから慎重に慎重に。(ヒヨコ歩きです)


なんとか弥陀ヶ原に到着しましたが、ここも一面銀世界。
目の前には御前峰が聳え、夏では見れない光景にちょっと感動しています。
雪山もイイもんだ!


出発して2時間40分で室堂に到着。(雪があったのでこんなもんかぁ)
山開き前で小屋は静まり返っていましたが、ちょっと休憩して山頂を目指します。

上は雪は無さそうなので一安心。


9時16分、今年初 2702Mの御前峰の山頂に来ました。(イェーイ)
頂きの風はまだ冷たいけど、ここに来れた思いで体はいつまでも暖かかった・・・ 
今年も来れたことに感謝感謝です。

この後、大汝峰方面に向かう予定でしたが、雪が多そうなので断念!
山頂でしっかりとお祈りして今日は下山します。

今年はあと何回来れるかな? と考えながら、あのツルツルの斜面を 転びながら チビチビと下りました。
靴は当然ビショ濡れです。

6月初頭の白山登拝・・・ 夏では見られない景色や登れないルートがあったりして、いつもよりも楽しく? 登ることができましたが、
安全に登るならアイゼンが必要かもしれません。

最後に 日本の名峰絶景探訪 の名セリフから・・・ 「いいもんだろう日本。 陽いずる国の美しさをもっと見せようじゃないか」

雪原の彼方

2015年06月13日 | キモト日記

6月の初旬ですが去年よりも雪解けが早いって聞いていたので、本格的な登山シーズンが始まる前に白山に登拝に行ってきました。
少ないって言ったって、やっぱ雪あるよね・・・ 下界から見ても白いもん!

得意?の軽装で行ったので歩くのに苦労しましたが、夏では登れないルートで楽しかったです。 その様子はのちほど。(つづく)

メカメカしい・・・

2015年06月12日 | キモト日記

相変わらず「オチャ」とは何ら関係のないネタが続きますが( いつものことか )、ボクの あそび の師匠?とも言える方のガレージにお邪魔してきました。
・・・すると、さすが自由人! もう60歳を超えると言うのに金髪姿で自分のバイクを製作していました。

これに乗って走ると言う・・・ カッコいいなぁ。

このオイルとガソリンの混じった匂い・・・ これこそ男臭いと言うもんです!
そんな匂いを嗅ぎながら、自由パワーをしっかりと充電です。(キモト)

奏でるものたち・・・

2015年06月10日 | くるまいじり

度々紹介してきたAピラーに、スピーカーをハメ込んで車に取り付けるとこんな感じになりました。
元の形よりだいぶ大きくなったので不恰好になるかと思いきや、意外にイイ感じに収まっています。
重さはハンパないけど・・・

・・・ちなみにこの左右4つのスピーカーで100円マックが 2500個 以上買えると言う代物。
そんな超弩級モノなのでデザイン(見た目)もそれなりに気を使いますね。

あと少しで、フランスとデンマークのコラボ演奏が聴けそうです。(キモト)

文山包種茶

2015年06月08日 | 「お茶」めな話し

台湾に行ってきて4ヶ月が過ぎましたが、買ってきた(紹介していない)お茶がまだあるんです・・・

それは、凍頂烏龍茶・正宗木柵鉄観音・東方美人茶とならんで、台湾四大銘茶 に数えられている 文山包種茶 です。
昔、四方紙に包んで売られていたことから「包種」と名がついたこのお茶の特徴は発酵度が15%と低く、緑茶に近い烏龍茶(青茶)で、
渋みもなく清々しい香りがするところから 清茶 とも呼ばれています。

緑茶(不発酵:発酵度0%)
青茶(半発酵:発酵度15~75%)
紅茶(完全発酵:発酵度100%)

以前に紹介した 東方美人茶 は、紅茶よりの烏龍茶です。
つまり烏龍茶(青茶)は発酵の度合いによっていろんな楽しみ方ができると言うわけです。
ボクが烏龍茶にハマったのもココでした。


気高く爽やかな香りが立ち込めるのと同時に、ものすごく甘みを感じます。 美味しいなぁ。 
日本人にはペットボトルの烏龍茶のイメージがあるので、これが烏龍茶だと思わないだろうなぁ・・・

そんな「お茶の世界」・・・ 知らなければどうってことない事かもしれませんが、
体にも良く、いろんな魅力がたくさん詰まっているので、多くの方に知ってもらいたいと思っています。
「オチャサイズ」はその方法の一つです。(キモト)

This is a pen知る!

2015年06月07日 | キモト日記

大人になるに連れグッっと握る機会が減ったシャーペンですが、最近は毎日 カキカキ しているせいでものすごく愛しく感じます。
今は箸よりも握っていたいかも・・・?

昔から主に愛用しているのは下の3本! 「オチャ」のロゴやHPをデザインした時もこれでした。
・・・どれも一緒だろ って思っている方。 違うんです。


もちろん握った感触も大事ですが、あるペンだといつもと違って字が上手く感じる時があるのと同じで、
自分の性格に合ったペンを見つけるとイメージした線が書け上手く見えるのです。
えっ! ボクだけ?  イメージしたものを形する時は大切なことなんじゃないかな・・・ と。

そんなペンだけに限らず、お気に入りがある ってことは自分と感覚が合っているんだと思う。
「オチャ」も、より多くの方に楽しんでもらえるよう精進せねば。(キモト)

「オチャブロ」もブックマーク(お気に入り)に登録してね。(爆)

今日の「オチャ」

2015年06月05日 | オチャサイズnews

今日のレッスンもたくさんの参加があり、ありがとうございました。
駐車場も満車で、向かいの空き地まで停めることになって申し訳ございませんでした。


準備したお茶も無くなって、気持ちよく後片付けしています。 
「お茶」を飲んで「エクササイズ」が「オチャサイズ」のアイデンティティなので嬉しいです。

※ お茶は都合により毎回用意できませんが、出来る限り努力しますのでご理解のほど宜しくお願いします。

そんなレッスン・・・ 最近は二人目や三人目を産んで久しぶりに来られる方が多く、
忘れずにいてくれていることに感謝するのと同時に、続けていて良かったと思う瞬間です。

これからも時間が空けばいつでも気軽に参加してください。 お待ちしています。(くみコ)

努努鶏

2015年06月03日 | グルメと旅行

一度お土産で頂いて以来、すっかりハマってしまった 努努鶏 ・・・
食べたくなって、時々お取り寄せしてしています。 人気があり過ぎて順番待ちでした。

知っている方もいると思いますが、努努鶏とは福岡の からあげ で普通のカラアゲとは違った食べ方をします。


箱にも記載されているように、何と! 冷やして(凍ったまま)食べるカラアゲなんです。
簡単に言うと、冷凍食品をそのままかじる感じ・・・


開封すると当然カチカチ。 一塊に固まっています。
初めて食べる時はちょっと躊躇しちゃいますが、この ちょっと引く・・・ って言うのがイイんだろうね。(きっと)


う~ん・・・ やっぱ美味しい。
冷たいカラアゲのナック?を食べているようで、ヤミつきになっちゃいます。
蒸し暑い日が続くのでビールのお供にもピッタリ! 問題があるとすればすぐに無くなってしまうことですかね。

人と同じことをするのが嫌で生まれたこの商品。
一見冒険(挑戦)のように思えますが、そういった精神は見習いたいものです。

冷たいカラアゲを噛みしめながらそう思う・・・(キモト)