日々適当
hibitekitou

映画鑑賞記録

movie/anime |2020-09-18

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』本予告第2弾 2020年9月18日(金)公開

あの事件のせいで上映が延期されていたこちらの映画がついに公開されました。ってことで、イオンシネマ 幕張新都心の方に観に行ってきましたですよ。

小説(原作)は読んだことないもので知らなかったのだけど、結末の方向性としては原作の下巻の最後に向かっている感じなのでしょうか?。テレビシリーズの完全な続編であり、それゆえの嬉しい(結構刺さる)内容が散りばめられており、それもあってテレビシリーズは完走してから観にいく必要がある作品であると言えそうです。

逆に言えば、テレビシリーズを完走した人は等しく劇場に足を運ぶべきだと思いました。

素晴らしいドラマを素晴らしい映像で見せてもらったと思います。

TVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』公式サイト

こちらはテレビシリーズのダイジェストに新作映像を加えて一本にまとめた映画ということになりますけど、ダイジェストゆえにテレビシリーズを見ていない人には「この人誰?どーしてこーなってんの?」って部分がとっても多いのではないかと思うわけです。

そんな意味で、テレビシリーズを完走しないとストーリーは楽しめないかもしれないと思いました。

いざ戦闘が始まると、イオンシネマ 幕張新都心の、劇場曰く
「スクリーン8では音響調整を行い、
【#コトブキサウンド9.1】で上映!」
Twitter
という宣伝文句に恥じない素敵なサウンドが響き渡ります。このサウンドで椅子が動いたら(MX4D)最高なんだけどなぁって感じでしたよ。

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』本予告 2020年9月11日公開決定!

イオンシネマ 幕張新都心

コメント ( 0 )|Trackback ( )

映画鑑賞記録

movie/anime |2020-09-05

来週から新作を観に行かねば週間に突入するような気がするのですけど、今日まで観た映画は旧作ばかりです。

4本観に行きましたけど、うち3本はキネマ旬報シアターでしたですよ。
まずは8月20日にちびまる子ちゃん 私の好きな歌 でございます。フィルム上映。なかなか観れる機会がないですから、やってて行けるなら迷わず観る感じですな。
そして今敏没後10年ということで週替わりでこの監督の作品を上映する企画が始まりまして、でもパーフェクトブルには行けず、先週、千年女優を観に行ったわけです。これが2002年の作品ですけど、公開当時大変に衝撃を受けたものです。その当時はまだブログを始めていなかったから記録は残ってないのだけど、当時の流行に乗って開いていたホームページで感想を書いてました。大絶賛していました。そこから18年。もしかしたら今現在の僕が初見でこれを観たら当時の大フィーバーには至らなかったかもしれないと思いつつ、やはり名作だなと思いました。なかなかのお客の入りだったんじゃないでしょうか。

千年女優を見に行った前日、会社の後に川崎に行きまして劇場版『SHIROBAKO』の再上映版を見てきました。来場者特典が2月から上映が始まって週替わりで入れ替わった特典の全部入りという太っ腹な内容なのだけど、それ以上に太っ腹なのが、大幅に手が加わった映像になっているってことでして、たぶんディスクとかの販売を見据えての修正を加える作業をしていたのだろうけど、その成果をまさかチネチッタの音が売りの劇場で見ることができるとは、って感じでした。さらにおまけとして特別映像ってのがありましたがキャストによるトークっすね。ファン以外には長く感じるかもとは思いましたが、まぁ楽しめました。こちら上映劇場が非常に限られているわけですけど、まだ上映期間中だしなんなら立川シネマシティでは9/25からだしで、観ていない人は本当に観に行くと良いと思うわけです。

そいで今日。東京ゴッドファーザーズですよ。キネマ旬報シアターにて。結構な客の入りだったのだと思います。
2003年の作品ですね。これも当時の日記を見ると絶賛しているのだけど、今の僕が初見で見たとしても絶賛してそうです。そんな感じでとても良い気分で観ていることができました。こいつはキネ旬シアターで9/11までやってますから、是非とも行くといいと思うです。
ちなみに来週からはパプリカが始まりまして、こっちは9/13に音感上映ってのを企画している模様(音に拘った上映ってことでしょう)。

来週からは11日にクレしんの映画の公開がようやく始まり、同時に荒野のコトブキ飛行隊 完全版も4DXかMX4Dで見なければってことになります。そして本当に「ようやく」って感想にふさわしいヴァイオレット・エヴァーガーデンが18日に始まりますね。とはいえこの三本を抑えればいいだけなら、パプリカを13日に突っ込むのも難しくはないか、な?

ってことで近い将来のスケジュールを調べていると10/2に機動戦士ガンダムF91 完全版ってのが上映されるそうです。完全版?って感じっすね。4DXみたいです。

ちなみに、これの前に書いたのがパトレイバーの4DX版だったけど、そこからちびまる子ちゃんの間にナウシカを観に行っておりました。何気に初大画面。テレビ放送を観て育ってきたもので、ここからCM的な感覚になってしまってちょっと残念な気分になりましたが、やはり素晴らしい作品でした。劇場で観れてよかったです。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

昔の映画の4DX化

movie/anime |2020-07-19

先週、機動戦士ガンダム 逆襲のシャアの4DXを観てきました。逆シャアは1988年の公開年っすね。去年4DX化されたそうです。そこまで感心はしませんでしたが…

そしてまるで梅雨明けのような空となった今日、機動警察パトレイバー the Movieの4DXを観てきたですよ。もともと4/17公開の予定だったのが三ヶ月延期され。7/17から始まったもの。
うちの近場だと松戸ってことになるのですが、松戸の道を走りたくないという理由で水戸まで行ってきましたw。 ユナイテッド・シネマ 水戸でございます。水戸駅前。公開3日目に既にパンフレットが売り切れておりました。サウンドリニューアル版のパンフレットいうことになるそうですけど、現状、公開劇場が少ないので、劇場に足を運んで手に入れるのは大変かもなぁと思ったりしております。どうしたもんか。
ということでパトレイバーは1989年に公開された映画で98年にサウンドリニューアル版が作られたそうです。で、今回の4DXではリニューアルした方の音声を使用しているそうで、声だけじゃなく、サウンドトラックも作り直されていたのか、へぇ(ネットの情報を見ながら)。

30年以上前の映像が4DX化されたわけですけど、大画面にアトラクション要素が加わることで、とても良いものに仕上がっていたと思うですよ。あまり無駄な動きはつけられておらず必要なところにしっかりと動きがついていたって感じでした。
元々の作品が素晴らしいものだからプラスアルファの要素が邪魔をしない形で加わっているのが嬉しい配慮だなとね。

席は市松模様の形でしかとれないようになっている昨今の状況なので、隣の席に特典のクリアホルダーを置いて観ていたのだけど、上映終了後、上記写真のように表面結構濡れてました。最後は台風だしね。そりゃ派手に水も散布されるよね。ちょっと寒かったかもしれません。でも満足です。

映画泥棒の映像もリニューアルされてアクション要素満載なんだから、4DX化すりゃいいのにね。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

映画観てきた

movie/anime |2020-07-06

といってもまだ観たい映画の新作が封切られているわけじゃなく旧作になるのだけど、ジブリ作品4作が劇場で流されているじゃないですか。ナウシカともののけ姫と千と千尋とゲド戦記。実はナウシカは劇場で観たことがないのだけど、とりあえず大画面で観るべしって個人的に思っているもののけ姫を観に行きました。

言わずと知れた作品だけど、これの映像が初めて公開された当時(金曜ロードショーのジブリ作品放映後に初公開的な煽りで流れたんじゃなかったかな※)、宮崎駿作品を絶対視していた私は、それはもぉ大変に衝撃を受けて感動し、いまだそれを超える期待感で劇場に足を運んだことは無いぞってぐらいのテンションで映画館に行ったものでした。

※その日はクレしんのエンディングが変わって、しかも奥井亜紀の楽曲じゃん(Boys Be Brave〜少年よ勇気を持て〜)ってなんだかエキサイトしていた記憶があります。ネットでググると96年10月11日に金曜ロードショーは耳をすませばでその日クレしんは10月に入っての初放送(つまり番組改編期の初回)でおそらくエンディングが新作に入れ替えられたはずなので、たぶんこの日で間違いないと思う。

単純に大満足って気分で劇場を後にできるような作品ではなかったわけですが、映像で鳥肌が立ったはじめての体験がこちらの映画でした。残念ながら今回観に行ってそこまでの衝撃はもはや受けることは叶わないわけですが、あらためてこれは自宅のテレビで見る作品じゃ無いなって思いましたですよ。

別の日に、ってか今日、半休とって池袋のTOHOシネマズに行って観てきたのがガールズ&パンツァー劇場版です。もう何回目だよって感じですけど、以前劇場で見た時から軽く一年以上は間があいているし、また新鮮な気持ちで見れるんじゃないかなと期待しての鑑賞です。

池袋のTOHOシネマズって7/3にオープンしたばっかりなんすね。音を売りにした劇場を3つ備え、そのうち二つは315席の大きなスクリーンってことです。で、今回のガルパンはその大きくて音がいい劇場での上映となってます。7/9までらしい。

劇場公開版ではなくブルーレイ版での上映でした。いや素晴らしかったですよ。絵はクリアで音もいい。これはガルパンおじさんは見にいっておくといいんじゃないかなって思うです。満足度が高いです。

ちなみにこちらの劇場では7/9まで日替わりでアニメ作品をかけていて、その中でも京都アニメーション作品率が高いのですけど、どうももう一つの音のいいスクリーンで流しているみたいなんですよね。明日は境界の彼方、明後日はたまこと聲の形、最終日はヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝だそうです。一昨日はユーフォやってて、観に行きたかった。またやってくれませんかね。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

劇場版 SHIROBAKO

movie/anime |2020-02-29

劇場版『SHIROBAKO』 [公式]

テレビシリーズが非常に高い評判で大団円を迎えた物語のその後、4年後の物語。

4年です。武蔵野アニメーションの状況が大きく変わってしまっている(悪い方に)、けれどもそこから持ち込まれた一本の企画書を、口の悪い人なら尻拭いって言うだろう案件を、形にするために動いていく物語はテレビシリーズのファンへのサービスもたっぷりでとてもとても素晴らしかったです。

テレビシリーズを見てから行くのがもちろんベストなんだけど、見たことない人も制作系にいる人は行くといいんじゃないかな、ってありきたりのことを言ってみます。(仕事をしている人は、と言ってもいいかもしれないか?)

来場者特典は4週間にわたり用意されているようで、いやぁ、困ったねぇ(^^)。しかも5種類ランダム、6種類ランダム、1種類、5セットランダムとか、コレクターは大変そうです。

このコロナ騒ぎで人が集まる劇場に足を運ぶのを躊躇しちゃうところですけど、観に行けるなら行っとけって思うですよ。個人的にも、立川に是非とも足を運びたい、のだけど……

劇場版「SHIROBAKO」本予告【2020年2月29日(土)公開】

コメント ( 0 )|Trackback ( )

映画鑑賞記録

movie/anime |2020-01-19

この世界の(さらにいくつもの)片隅にの前後の記録を残して無かった。っていうか、とはいえ洋画方面の本命連中を観に行ってないんですよね。ヒックとドラゴンやアナ雪とか。

観に行ったのは、えーと、フラグタイム[公式サイト] がまずあるかな。観に行った翌日ぐらいに制作会社が経営破綻で制作者への支払いが滞っているなんてニュースが流れていて、そっち方面で一部話題になっておりましたが、OVAとして制作されたものが期間限定公開扱いで劇場で流されていた模様。2013年から2014年に連載されていた漫画原作ということです。
ちょっとエロくて面白かったっすよ。

劇場版 ガンダム GのレコンギスタⅠ 行け!コア・ファイター[公式サイト]

こちらも公開劇場は少なめですね。テレビ放送されたのを劇場用に修正を加えて三部作として公開するその一作目。11/29から二週間公開されていたのだけど、その時は行くことができず、1/10からのまた一部劇場での短期間の公開が始まって、1/18にようやく観に行くことができたものです。
富野ガンダムだなぁ、って観ておりました。パンフレットが売っていなぁって思っていたのですけど、公式ページを見る感じだと2200えんのものしかない模様。

劇場版 ハイスクール・フリート [公式サイト]

ハイフリの劇場版。テレビシリーズ12話とOVA2話を経ての劇場版で、昨年12月までOVA含めての再放送を行なっていたことからも、なかなか力が入ってますか。

「劇場版 ハイスクール・フリート」本予告

楽しめました。テレビシリーズも結構好きだった作品で、それを楽しんだファン向けに非常によろしい逸品に仕上がっていたかと思います。
ガルパンもそうだけど、登場人物が多くて大変です。新キャラも加わり彼女らを全員把握して観ている人はどれだけいるだろうか(^^)

そんなわけでヒックとドラゴンとアナ雪を観に行かねばならないといいつつ、前者はもうすぐ終わってしまいそうで(1/23あたりまでが多い?)さてさて、どうしたものか。

近日公開系では、既に公開が始まっているメイドインアビス -深き魂の黎明- や2/1公開のゴブリンスレイヤーはテレビシリーズを観ていないからまずはそちらをクリアせねばならず、なかなか大変です。2/21に劇場版 Gのレコンギスタ II ベルリ 撃進がきますね。そして2月の大本命劇場版SHIROBAKOです。まだ絶賛制作中でしょうか?

劇場版「SHIROBAKO」予告【2020年2月29日(土)公開】

3月になったらPixarの新作もあるようで、映画の楽しみがあるというのはありがたいことですなぁ。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

movie/anime |2019-12-22

12/20から公開が始まったのだけど、うまい具合に20日に代休を取れたので立川で観てきました。

「この世界の片隅に」はNHKでも放送されたし土浦では公開から今年の12/19まで上映されていたりとロングランをしていたところもあったから、観た人も多いかもしれず、だから観なくてもいいと思う人も多いかもしれないが、これは「この世界の片隅に」を観た人こそ観に行くべき映画だなと思いました。
物語の流れは大きく変わりません。始まりも終わりも同じです。けれども途中に挟まるエピソードの尺が半端じゃなく、それにはりんさんのエピソードがたくさん加わっているってのもあるのだけど、それ以外にもチョコチョコ加わってて、結果として

というように滑らかさが追加されています。結果として非常に長尺なのだけど、もしかすると「この世界の片隅に」よりも長さを感じなかったかもしれません。素晴らしい作品に昇華していたと思いました。

と言うことなので、「この世界の片隅に」を未見の人にとってもより観やすい映画になっているので、是非とも足を運ぶといいと思いましたですよ。

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編

コメント ( 0 )|Trackback ( )

映画鑑賞記録

movie/anime |2019-10-16

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-の後に見に行ったのは

でございます。
順番に書いていきますが、まずはHELLO WORLD。
こちら、伊藤智彦監督作品ってことで、ネットのとかコンピュータのデータのとかそんなイメージがですね、ソードアート・オンラインのせいでつきまとうわけですが、幸いこちらの作品はそのイメージからはみ出すことなくデータの中の人のお話だったわけです。見始めてすぐにほぅと思ったのが、主人公がすぐに自分がデータの中の人間であると認識したことで、その前提で話が進んでいくのだけど、データ構造部分が重なって、ほほぅそうなりますかって展開で面白かったです。一回観ただけじゃ理解することは無理だと思われ、だからまたいきたいのだけどまだ叶えられておりません。
ところでこちらの作品は基本3DCGでそれがいい感じに画面が作られているのはさすがでした。

映画『HELLO WORLD(ハロー・ワールド)』予告【2019年9月20日(金)公開】

続いて銀河英雄伝説 Die Neue These ですけど、アムリッツァ直前までテレビシリーズで描かれて、その続編という形だけど、テレビのフォーマットで作られていたのだと思います。オープニング・エンディングは前後に一本ずつだけど、その中味は3話に分かれていたなと。アムリッツァからリップシュタット戦役、救国軍事会議クーデター突入ってところまで描かれたかなって感じっすかね。個人的にはアムリッツァでの第13艦隊がどう戦域を離脱したかという作戦部分に不満がありますけど、よろしかったかなと思います。
この映画は第3章までやるわけですけど、どこまで描かれますかね。普通に考えるとあそこまでかなとは思うけど、さて。
戦艦・戦闘の描写は美しくかっこよかったっすね。

『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』第一章 ロングPV

でもって、ガールズ&パンツァー 最終章を4DXで見てきました。第一話と第二話を一本にしたものですな。まさに4Dのために作られた構成といっても過言ではないって演出をしているから文句なく楽しめます。第二章の最後、追撃に移り急速に物語が動く感がいつ見ても気持ちいいですね。

『ガールズ&パンツァー 最終章 4D ~第1話+第2話~』上映中PV(フルバージョン)

最後に 空の青さを知る人よ 。綺麗な映像だったのはもちろんなのだけど、姉・妹、姉のかつての恋人の今と昔の4人が織り成す物語なわけですが、とりあえず最初の妹がベースを弾いている顔が妙に男らしかったのは眉毛の効果なんだろうな(^^) 物語のオチがどうつくのかそれが全く想像つかない状態で見ておりましたが、非常に良い感じに物語は閉まり、エピローグとなるエンディングの静止画の連なりも余韻としてとても良かったと思いました。また見にいきたいなと思います。

あいみょん –空の青さを知る人よ【movie ver.】

そんなわけで、満足度の高い劇場体験が続いております。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

映画鑑賞記録

movie/anime |2019-09-16

8月31日にこの素晴らしい世界に祝福を!紅伝説を観に行ったのですけど、もう一度9月12日に川崎のチネチッタに見に行きました。

映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説 [公式サイト]

原作小説は読んでなくてテレビシリーズだけ観ています。それを押さえた上で見たほうがいいと思う作品なのですけど、なので観客みんな世界観がわかった上で見ていると思われ、笑いが絶えなかったように思います。でまぁこの作品は爆発がとっても大事な要素なのですけどね。その音が川崎で見ると実に素晴らしかったのですね。だから川崎行けるならそこで見たらいいと思いますよと思いました。

「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」本予告第2弾

んで9月14日にヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-を観に行きました。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 - [公式サイト]

不幸な出来事の結果世間の注目を集めているかもしれません。あるいはそれで足を運んだという人もいるのかもしれません。
本来はテレビシリーズの外伝なので、テレビシリーズを押さえてから観た方がいいと思いますけど、それをすっ飛ばした人もいるかもしれません。 でもそんな人も感じるものがある映画になっているんじゃないでしょうか。
満足度が非常に高い映画として、例えばぴあ映画初日満足度ランキングでトップになっていたりしますね。
本来はテレビシリーズのファンのための映画って位置づけだろうと思われ、サイドストーリーに近い内容ですよね。テレビシリーズに連続する物語としての劇場版は、あの事件がなければ来年早々にも公開される予定だった 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ということになるはずです。劇場予告も鋭意制作中となってていつ公開かわからない状況となっていますが、じっと待ちたいと思いますです、はい。

そいえばこの映画のパンフレット、観に行った劇場では売り切れで買えなかったんですけどね、昨日新宿行った時に新宿ピカデリーに寄ったら手に入れることができました。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』予告

ところで是非とも観に行きたい映画が一つできております。

ロング・ウェイ・ノース - Long Way North - 地球のてっぺん [公式サイト]

観に行った人の評判が軒並みよろしい。2015年の映画で当時まだ存命だった高畑勲監督も大絶賛していたという作品ということで、しかして上映は非常に限られた劇場でしかやってないのですよね。個人的には東京都写真美術館が一番観に行きやすい場所ということになるわけで、とりあえず今月中は上映しているみたいなんでなんとか行きたいけど、劇場の混雑具合はどうなんだろうか。

コメント ( 0 )|Trackback ( )

映画鑑賞記録

movie/anime |2019-08-26

8月になって何本か映画を見たかといえばそんなこともなく、新規としては唯一、トイ・ストーリー 4を観に行ったぐらいだったりします。

トイ・ストーリー4 [ディズニー公式]

素晴らしかったです。物語的には3で完結したんじゃって思いきや、そう来るかという感じでよろしかったし、映像の美しさ自然さが本当に凄いなぁ、と。

でまぁ、天気の子をグランドシネマサンシャインのIMAXでついに観ることが叶いました。初4KレーザーIMAXです。正直なところ、(デジタルシアターなIMAXと比較して)期待したほどじゃなかったのですけど、これはIMAXをフルに楽しめる映像ソースではなかったんだろうなぁってのが大きいとは思っています。だからまた次回行く時の上映作品に期待するわけですけど、個人的に、この劇場のロビーから上映部屋に入るまでが、正直気分がよろしくなかったので、よほどIMAXの高画質を楽しみたいって作品じゃなかぎり行かないかもと思いました。

初めて行ったからなんでしょうけどね、動線が分かりにくいと感じたのですね。空間を薄暗く保っているのは高級感の演出なのだろうけど、加えて装飾の色使いがモノトーンなため視認性が悪く、また薄暗い壁面全面に鏡があしらわれて日に何度かそこに人がぶつかってないか?って思うようなところがあったり、そんなストレスがたまる空間だったなぁ、と。チケットのQRコードをピッってして劇場内に入るのはちょっと戸惑ったけど、それはまぁいいかな。

もし同じクラスのスクリーン(ちょっと小さい)を備えた成田のIMAXが池袋と同じ上映設備を整えたなら、池袋に足を運ぶことはもう無いでしょう、と個人的には思っています。まぁ成田にIMAXの最新設備が来ることはあるのだろうか?って気分もありますが…

そんな意味で、(天気の子を観るためには行ってないけど)立川のシネマシティーの極上音声とか、川崎のLIVE ZOUNDに行った方がよい映画体験が出来そうだなぁって思いました。

よい映画体験といえば、8/16からガルパン 最終章 第2話のドルビーアトモスとDTS-X対応版の公開が始まっているそうで、でも8/26現在DTS-Xは東京近郊では調布でしかやっていないようだから観に行くのは難しいかなってことでATMOS上映で幕張新都心に行こうかなと、8月最後の土曜日を目標に考えていたりします。ちなみに幕張新都心のイオンシネマは8/30からプロメアが始まるので、それとハシゴかなって目論んでいたり。
ガルパンについては10/11から4DX, MX4Dでの第1話、第2話の上映が始まって、間をおかずに観に行くということになるのだけど、まぁそれは今更か。

今後控えている映画としては

  • この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説 8/30
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 - 9/6
  • HELLO WORLD 9/20
  • 銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章 9/27
  • ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ! 10/4
  • 空の青さを知る人よ 10/11
  • ガールズ&パンツァー 最終章 4D上映 ~第1話+第2話~ 10/11
  • 銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章 10/25
  • 冴えない彼女の育てかた Fine 10/26

観そうなアニメ映画だけでも毎週何かしらありそうですなぁw

コメント ( 0 )|Trackback ( )
« 前ページ・