日々適当
hibitekitou

アルキメデスの大戦

movie/anime |2019-07-28

アルキメデスの大戦 [公式サイト]

映画『アルキメデスの大戦』予告【7月26日(金)公開】

原作未読。ヤングマガジンは読んでないんですよねぇ。たまに立ち読みでみなみけを眺めるぐらい。

お話は、1933年(昭和8年)が舞台ということです。日露戦争が1904年(〜1905年)、満州事変が1931年、翌年満州国が建国され、舞台の1933年に国際連盟を日本が脱退した直後ぐらいみたいですね。
映画冒頭、大和が米軍により沈められるところが描かれます。ちなみにこれは1945年4月の出来事とのこと。それを冒頭に持ってきて耐えられる画面を日本の映画が作っていることが感慨深いですね(と、永遠の0のことを忘れて言っております)。男たちの大和の印象が強いんだろうなぁ。この映画、ちゃんと見たことないのだけど、この映画を題材に使ったメイキングセミナーあたりで実際の戦闘シーンは当時の映像を利用したと言っていたことがすごく印象に強かったのだと思う。だから大和が攻撃され沈む一連のシーケンスを描き切ることができたというのはすごいなぁ、って思いました。
映画の主な舞台は1933年ですから、そのつかみの戦闘シーンを除いてどんぱちは出てきません。しかしそこで示された大和の最後を描くことで、日米の国力の差からこの映画の終幕あたりの流れの驚きがより効果的になったと思います。

まぁつまりとても惹きこまれて観てしまったわけでして、戦争を間接的に取り扱った夏休み映画ということで原爆記念日とか終戦記念日とかそんなのと絡めて重く考えてしまいがちかもですけど、そんなこととは関係なく、エンターテイメントとしてオススメの映画かなと思いました。

コメント ( 3 )|Trackback ( 0 )

天気の子

movie/anime |2019-07-21

映画『天気の子』公式サイト

テレビや劇場で流れる特報や予告編以上の情報はできるだけシャットアウトするようにして暮らしてきました。
ただ、その物量がものすごかったために、予告編のこのシーンはここだったのかとか、この曲はここでかかるのかとか、そんな見方をしてしまったのはちょっと気が散ったという意味で勿体無いことをしたなぁと思ったりはしましたが、内容を全く把握していない状態から観たにほぼ等しい情況は作れたんで良かったかなと思いました。

かなり満足度高いです。

映画『天気の子』予報②

 

 

 

予告で「世界の形を決定的に変えてしまったんだ」ってモノローグが入るけど、そこまでの規模の話ではないのではないかってなんとなく思っていましたが、本当にそんな結末だったのがとても意表をつかれました。そしてそうなった展開に、いいね、って思ったわけですね。これはもう一回は観に行きますよ。IMAXでも公開されているみたいですし、開館したばかりのグランドシネマサンシャインに足を運ぶのもいいかもしれない。

僕が行った劇場は、上映終了時間が21時近くになる回だったこともあってか、結構空いていました。一番大きい箱だったてのもあるけど、劇場としてはそれがほとんど埋まる状況を期待したんだろうなぁ。
ちなみに別作品を観るために近くの劇場とハシゴをしたのだけど、その近くの劇場はチケットの残りが△と表示されるぐらいには混み合っていたみたいです。
けれども、君の名は。のような広がり方はしないかもしれないなぁ、とは漠然と思っていますが、さて、どうなりましょうか。

さて、次はいつ行こうかなぁ。

<追記>お客さんの入りは上々らしい。君の名は。を上回る動員を見せているそうで、すごいなぁ、と。東京近辺に住んでいるなら、池袋グランドシネマサンシャインのIMAXとシネマシティの極上音声で観ておきたいところ。ただ、グランドシネマサンシャインの方は8/5現在一日3回の上映となっているようで、早めに観にいかないとと思っております。</追記>

映画『天気の子』後報

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

きみと、波にのれたら

movie/anime |2019-06-30

映画『きみと、波にのれたら』予告【6月21日(金)公開】

きみと、波にのれたら [公式サイト]

湯浅政明監督最新作。脚本吉田玲子。絵とその動きのテイストがすごく好きなのです。お話もとても良かったと思うのです。でも21日に上映が始まったばかりなのに、上映回数が激減している印象の劇場があるのは悲しいところ。

オタク受けする感じじゃない。むしろ一般受けするお話だと思うのだけど、それこそカップルで劇場が埋まる系のお話だと思うのだけど。

何度も何度も主題歌が歌われます。主役の二人が歌っているのをバックに二人の関係が深まっていく様子が描かれていくのだけど、そこがなんだか妙に印象的でした。

まぁあれだな。将来出会えるかもしれないリア充な時間を夢見る若者、現在進行形でそんな時間を満喫してる人、そんな色々な一般の人たちが見にいくといいと思いました。

『きみと、波にのれたら』港&ひな子の歌シーン

それにしても舞台が「千葉県!」って感じでしたね。

館山市の施設で配布されているらしいロケ地マップについて館山市役所がツイートしていました。

物語の中心となる舞台の多くは九十九里浜なのだと思われますが(銚子含めた九十九里周辺の各所を組み合わせた架空の街なんでしょうか?)、館山、富津、千葉港あたりやいすみ鉄道と車での移動で1時間から2、3時間って範囲の千葉県の各地が画面に出てくるわけでね。それにしてもポートタワーはあんな感じなのか。なかなかな近寄りがたいなぁ(^^; そんなわけで千葉県民は見に行っとくといいんじゃないかとも思いましたですよ。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

movie/anime |2019-06-19

そうだ、青ブタを観に行ったことを書くの忘れてた。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 | 青春ブタ野郎シリーズ

これ、公開劇場がすごく少ないんですよね。これ系の映画は割とMOVIXあたりでやってるから油断していたけど、近場では上映しておらず、仕方ないのでちょっと遠出して観てきました。

驚いたのは観た上映回は満席だったってこと。観終わってロビーに出たら、次の上映回もその次のも満席売り切れってなってました。
次に驚いたのが客層が明らかに若いことで、高校生?大学生?あるいは中学生?ぐらいの若者たちで劇場が埋まってたのね。ガルパンの混み合った劇場とは全然違う雰囲気でした。ドラとかクレしんとかの混み合った劇場よりかはいこごちの悪さは感じなかっけどw、若者にそんなに人気なんですね、この作品。しかもテレビシリーズを経ての続編という扱いなのに、この観客の数。みんなテレビを観た上で来てんのか?

そんなわけで、公開日翌日に行ったのにパンフレットは売り切れてて、手に入れられませんでした。

さて、この映画ですけど、前述の通りテレビの続きかつテレビシリーズできっかけが描かれた話が締めくくる内容となってて、そいがちゃんと描かれてて、ちゃんとしていて惹きこまれまして、これは人気が持続するかなと思いました。余談だけど、原作の内容はこれで終わりってわけじゃなくて、主人公を中心とした物語は続きが描かれているらしい。

んでパンフレットについては、二日後に川崎に行った際にチネチッタで手に入れようと足を運んでみたけど、そちらも売り切れてて、でもその人気と映画の出来から、これは公開劇場の拡大あるかな、その時増版されて手に入りやすくなるかなと期待してます。

何の説明もなくテレビの続きだから、ちゃんと楽しめる人は限られてるかもしれんけど、公開劇場が増えていろんなところで見に行きやすくなるといいですね。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」本予告

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

海獣の子供

movie/anime |2019-06-19

アニメーション映画「海獣の子供」公式サイト

五十嵐大介原作の同名漫画の劇場か作品ということです。アフタヌーンを読んでいるから、この人の作品にも目を通すのだけど、結構苦手です。なもので、原作は全くの未読なのですけど、これは劇場で観なければならない作品であると聞いて行ってみました。

なるほど、超絶作画アニメーションです。映像の迫力が凄まじい。物語は正直理解できたとは思えないのだけど画面から目が離せませんでした。原作を読んだら物語への理解も深まるでしょうか。

スタジオ4℃の作品ですから、映像へのこだわりは間違いないものがあろうとは想像していました。まして作画のトップに小西賢一ってスーパーアニメーターがついていますしね。また渡辺歩監督作品ということで、その内容にも期待が持てるだろうと。音楽が久石譲ということでそれを盛り上げる音も万全に違いないと思いつつ、やはり苦手そうな空気が予告編を劇場で初めて見たときに感じてしまったもので、公開が始まっても優先順位が低かったこともあり、足を運んでいませんでした。しかし観に行ってよかったと思います。

米津玄師 MV「海の幽霊」Spirits of the Sea

余談ながら、男子高校生の集団(丸刈り)が後ろの席一列1/3ぐらいを占拠していたのだけど、上映終わった際にその一人が途中で寝てしまったことを話しておりました。理解できなくて寝てしまって、起きたらやっぱりわけわからず、また寝てしまってって感じで。なかなかに難解な作品だと思います。映像にひきこまれることがないタイプだと、そうなるだろうなぁ、と。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

movie/anime |2019-06-15

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 劇場本予告(60秒)

待ちに待った、って感じですよね。2017年12月に公開された最終章第一話の続き。最終章第二話です。

劇場での上映時間は予告含めても60分ちょっと超えるぐらい、だからお値段も1200円とお安めです。そんな映画の公開初日が今日6/15でして、劇場の埋まり具合がすごかった。たぶん、この映画の一番の劇場ってのは立川のシネマシティなのだと思いますが、キレーに席が埋まっていました。ていうかこれを書いている15日23時前の時間も、この時間で予約を取れる明日16日の状況は【極爆】の6回の上映回全て全席埋まっています。座席数384席の箱がキレーに埋まっている。

恐るべきことですな。それだけ劇場版のインパクトが凄まじかった、ということでしょう。あ、観に行った劇場はシネマシティじゃないです。

じゃぁこの第二話がその観客達の期待に応えられたか。たぶん、初見だとちょっと裏切られたって感じるかもしれません。ってか、僕がそうだった。前回の続きのBC自由学園戦の途中から第二話が始まるわけですけど、それで物語全部が埋まるわけもなく、それじゃどこまで話は進むのだろう、全6話中の2話だからまだまだ先は長いし…、その辺が気になってしまって話に集中できなかった。

で、まるで二回見たような書き方していますけど、二回観ました。チケット予約を入れる時、とりあえずその劇場の一番早い上映回をとったつもりだったのだけど、予約を入れたのとは別の箱でもう一本分早い時間にも上映が行われることになってて、かつその箱の方が大きいために、そっちも予約を入れたというね。まぁ1200円だし、ってことで。

ということで二回目を見るとですね、やっぱり楽しいわけですよ。展開がわかった上で安心して身をまかせることができた。逆に言えば、初見ではそこまでのパワーがなかったとも言えるわけですけど、これは僕の体調不良(眠い…)ってのも原因だったのだろうなと思います。ともあれ、この映画は二回以上観とけって強く思います。

幸い、これで2話まで溜まったことで、4DXやMX4Dでの上映が今後控えているということになります。この二話は一話以上にそれら劇場に適した内容になっていると感じましたんで、これはもぉ是非とも足を運ぶべきだと思いました。あとはやっぱり立川とか幕張とか川崎とか、そんな音を売りにしたところにも行きませんとね。

ところで今作ですけど、その戦闘中に大洗から見て敵側の様子が多く描かれます。結果として大洗側の描画が薄くなるのですけど、初見時の印象がそこまで上がらなかったのもそれが原因かもしれません。キャラが多くて大変ですわ、この作品w

<追記>という事で何度か観ましたけど、観ればみるほど面白さが増すような気がしますね。物語の展開は分かっているから、戦闘中、より正確に状況を把握しようと画面を集中してみるようになります。</追記>

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

映画鑑賞記録

movie/anime |2019-06-15

先週、観てきたんですけどね。
KOMと略されるらしいゴジラ キング・オブ・モンスターズ [公式サイト] は、観に行ったとこ、設備更新しないかなぁと思いつつIMAXの劇場で観てきました。

邦題「GODZILLA ゴジラ」として2014年に公開された映画の続編となります。怪獣(ムートー)が現れゴジラにより倒された後の世界。その作品の監督はギャレス・エドワーズだったのだけど、今作では降板し、代わりに立ったのがマイケル・ドハティって人でゴジラ愛溢れるインタビューがネットに上がって話題になっていたのを目にし、かつ北米で評論家と一般客の間で評価が分かれていることから、これは観に行かねばと足を運んだ次第です。

よく言われている通り、人間ドラマ部分は雑というか、そんな印象を否定することができないものだったと思いますけど、怪獣映画部分は本当に素晴らしかった。さすがインタビューで「どんな映画にだって、ゴジラを加えればより良くなると僕は思っている。想像してごらんよ、「スター・ウォーズ」にゴジラを足したら、やばいだろ? 「七人の侍」だってさらに良くなる。54年版の「ゴジラ」にゴジラを足したら、ゴジラがダブルで登場してさらにやばい。」[映画.com] と語った人の作品でした。

Godzilla: King of the Monsters - Final Trailer - Now Playing In Theaters

で、この映画を観た後、同じ劇場でちょうどよく始まったのが『プロメア』 [公式サイト] です。せっかくなのでこれも観ました。
こちらはグレンラガンのコアスタッフによる作品ですな。熱い物語でした。絵の表現が面白いってところにまず目が行きますけど、音楽も素敵だしね、楽しい映画でしたですよ。

映画『プロメア』ロングPV 制作:TRIGGER  5月24日〈金〉全国公開

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

movie/anime |2019-05-19

劇場中編アニメーション「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」公式サイト

甲鉄城のカバネリってタイトルをこのMacで初めて打ち込んだんだけど、普通に変換されることに驚いてみたり…

イベント上映という形で現在上映中のこの映画。尺が短めですけど、ギュッと詰まった面白い作品でした。

2016年にテレビ放送されたこちらの作品は数日前までまともにみたことがありませんでした。しかし映画の監督のインタビューを読むとなんだかとても良さげだったので観とかねばと思いまして、でもこの映画はテレビシリーズもしくは2016年末と2017年に劇場公開された総集編を押さえてから観ないといけないような気がしましてテレビシリーズ全12話鑑賞しました。これが大正解でしたですよ。たぶん本編観てないとわけがわからないと思うんで。

この作品がテレビ放送されている時、非常に評判が良いというか主に作画方面で語られているのを目にしていたのですけど、その番組タイトルから、まさかロードムービーとは露ほども思っておりませんでした。その帰路の途中というのがこの映画ってことなのですけど、そんな時系列の局所的なところで舞台や前提に関する説明がほとんどなく繰り広げられる作品でしたから、その前のテレビでの最終回までを押させておくのは必須と言えましょう。その上で劇場に観に行けて本当に良かったと思いました。

ところで映画エンディングの映像が随分とネットに出ているような印象があったのですけど、これは劇場公開と同時にAmazon Prime Videoとかでネット配信をされているのですね。Prime会員だとどうも無料で観れるようなので、またあとで楽しみたいと思います。

劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』咲かせや咲かせPV

ちなみにこれを観に行くきっかけになったインタビューってのが

『甲鉄城のカバネリ』のヒロインはなぜこんなに可愛い? 大ヒット作・渾身の続編、荒木哲郎監督が模索する“理想のアニメの鍛え方” [【es】エンタメステーション]

でして、この冒頭で、テレビシリーズを楽しめたのなら安心して楽しめる内容になっていうることを匂わせています(「東映まんがまつり」って発言とかね)。その上で、Twitter上でいろいろと超絶動画が流れてきましてね。テレビシリーズ12話をこの映画を観に行くために観るというモチベーションになりました。と言っても1話を観はじめたらあとはもう一気にだった印象で、頑張って観るという意識は全く必要なかったです。まぁ頑張って観なければならないって作品だったら、途中で放り出して映画も観に行ってなかった可能性は高いでしょう。

ってなわけで、大変に気に入りました。

 

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

バースデー・ワンダーランド

movie/anime |2019-04-29

映画『バースデー・ワンダーランド』オフィシャルサイト

映画『バースデー・ワンダーランド』90秒予告【HD】2019年4月26日(金)公開

原恵一監督の新作映画ですな。4/26から公開されているわけですが、昨日観てきました。

原作がある作品で、柏葉幸子さんの「地下室からのふしぎな旅」って小説がそれにあたるそうで、児童文学という事になるようですね。講談社青い鳥文庫から出版されています。そのうち読んでみましょう。

エンターテインメント映画として作ったと監督はおっしゃっているようです。

さて、そんなわけでこちらの作品。 美しい映像で紡がれたエンターテインメント作品の良作だったと思います。って書き方からわかるとりあまり褒めていないかな。

主人公の女の子は12歳という事です。ランドセルを背負っている姿が描かれることから小学生であることがわかります。って書き方か分かる通り、映画で最初に登場した時、高校生?って思ったりしました。この辺はアニメはキャラクターがデフォルメされる事により声もデフォルメされないと年齢を掴みにくいってことがありましょう。まぁそれは直後にランドセルを背負っているしまだ子供っぽい仕草を見せることから、小学校高学年だろうということで自分の中で納得することはできまして、それで物語が動いていきますがね。

言ってみれば御伽の国の物語という事になりますね。そちらに現代の小学生がある使命を果たすことを求められて行く事になった。当然ながらその使命に後ろ向きというか嫌々行ったわけですね。

でです。この女の子の気持ちの変化がわかりにくかったと思うのです。ここがね、原監督らしくないなって思っちゃったりしまして。

あるいは敵役として登場するキャラクターがいるわけですが、それがどうしてあーなる?って思っちゃったり。 あの儀式の説明がもうちょっと欲しいぞ、とか思っちゃったり。

期待が大きすぎたのかもしれませんが、あるいは二回三回見たら印象は変わるでしょうか。

絵は綺麗だったので、『バースデー・ワンダ―ランド』公式設定資料集とか出ていますが、ちょっと欲しいです。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

映画鑑賞記録

movie/anime |2019-04-20

去年11月にGODZILLAを見にいって以降、新作映画鑑賞について特に記録していなかったので記録として。旧作というかはちびまる子ちゃん/オトナ帝国を観たりゴティックメードを観たりしていた昨年年末ですけど、新作はANMEMONEだけだったわ、記録見ると。
年が明けて、何気に忙しかったのか、観たい映画が特になかったのか、1月は何も行かなかったようなのだけど、2月になって幼女戦記を観てきました。

「劇場版 幼女戦記」アニメ公式サイト

テレビシリーズの後の話で、普通の劇場で観たのだけど、4DX向けの内容であったから観に行きたかった。
シアタス調布で4月25日まで上映してるらしいので、半休とって見にいくのはアリか? ってぐらいに楽しめた映画でした。

そして3月に入り、アリータ バトル・エンジェルを観てきましたですよ。

映画『アリータ:バトル・エンジェル』公式サイト 大ヒット上映中!

これはただもぉすごかった。
原作である銃夢の金をかけたファンムービーって言われているようですけど、実は原作に馴染みがなくてですね。基本も抑えていない人なんですけど、すげぇって楽しめました。IMAXで見たんですけどね、池袋にIMAXレーザーの劇場がオープンしたら是非ともかけていただきたい作品です。

そしてドラえもんです。

大ヒット上映中!『映画ドラえもん のび太の月面探査記』公式サイト

これもなかなか良かったですね。基本的にしずかちゃんが可愛ければそれでいいんですけど、こちらの映画のCGがSoftimage産であることがスタッフの方からTwitterで語られていたことでも(個人的な)注目を集めました。

そいでスパイダーマン:スパイダーバースを観てきたわけです。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

こちらは手放しで大絶賛ですよ。吹き替えで見ました。ペニー・パーカーが一部で話題になっていますけど、もちろんそれだけじゃなく、作品全体の表現の方向がとても好みでした。控えめにいっても最高な一作でした。

ということで、4月19日までに観た映画はこんな感じでしたね。
そして今日20日、響け!ユーフォニアムを観てきました。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』公式サイト

とりあえずとても素晴らしかったし、この作品を知らない人は劇場版1作目2作目、リズと青い鳥を見てから見に行くといいとおもいました。可能ならテレビシリーズに目を通しておくとなおいいけど。もちろん、これまでの流れを知らずに見ても楽しめるとは思うけどね。それぐらい完成度の高い作品だったと思うし、それゆえに、テレビで、あるは映画で2作ぐらいに分けてとかして描いて欲しかった、とも少し思いました。(この作品と、リズと青い鳥で、映画二本で描いているとも言えるかもだけど、…)

ただし、時間が足りなかった、急ぎ足だった、そんな印象はありません。テンポよく物語は進んでいき惹きこまれていきます。

そういえば、当然ながらリズと青い鳥で練習をしていた曲が今作の登場人物たちが演奏していた曲になるのだけど、リズと青い鳥のサントラに収録されている曲を今作用というかコンクール用に編曲されたものが演奏されたのだろうか?

あと、あれだよね。入場者特典のオリジナルコースターが全9種って、集められる人いるのか?って枚数だよね。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』本予告

んで、響け!ユーフォニアムとスケジュール的にいい感じにハシゴできたんで、今年のクレしん映画も見ましたが、そちらはまた別エントリに。

ともあれ、そんなわけで、気分良く劇場を後にして遅い昼飯食って帰るかと車を走らせていたら災難に巻き込まれて、ちょっと気分を害して今に至っております。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
« 前ページ・