日々適当
hibitekitou

Catalina リリースされちゃいました。

mac |2019-10-08

macOS Catalinaがリリースされました。

MojaveでNVIDIAのビデオカードを後付けで(PCIeスロットやeGPUとして)接続することがついに叶わなかったわけですけど、Catalinaでは内蔵のGPUとして搭載しているMacであってもSceneKitがサポートされないなんて報告が上がっているそうです。

macOS 10.15 Catalinaの初期リリースではNVIDIA製のdGPUを搭載したMacBook ProやiMacでSceneKitがサポートされず、Catalyst系アプリの機能が一部制限されるもよう。 [AAPL Ch.]

一応、com.apple.nvidia.driver で始まるIDを持つ機能拡張ファイルのバージョンはMojaveの12から14に上がっているようですけど、NVIDAへの冷たい感じはちょっと緩和してくれんものかと思います。

個人的に懸念していた、外付けドライブ内の共有フォルダへネットワーク越しにアクセスできないという問題は、プライバシー設定の管理する幅が広がったことによる弊害?だったようです。

macOS 10.15 Catalinaで画面収録やキーボード入力の監視を行うアプリが動かない場合はシステム設定の「プライバシー」設定でUser Consentの確認を。 [AAPL Ch.]

上記ページの記事では

サードパーティ製アプリがアクセスする場合はユーザーが承認する必要があります。

と書かれているわけですが、OS標準で搭載されるsmbdもサードパーティ製アプリなんか?と疑問に思いつつ、それをプライバシーのフルディスクアクセスに登録したらMojave以前と同様にアクセス可能となりました。

ちなみにsmbdは /usr/sbin にあります。ファイル共有の設定部分でこの辺の設定をさせてくれてもいいんじゃね?って思いますがね、現状ではそんな感じみたいです。

ベータ版の時にpython3でPython 3を実行しようとしたら "xcode-select: note: no developer tools were found at '/Applications/Xcode.app', requesting install. Choose an option in the dialog to download the command line developer tools." ってメッセージが出てダイアログが開き、そこからCommand Line Toolsのインストール後にPython 3が使えるようになったのだけど、正式版にあげたら動かなくなりました。"xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun" ってメッセージが出ます。ということでとりあえずAppleのデベロッパーサイトからCommand_Line_Tools_for_Xcode_11.2_betaをダウンロードしてインストールすることで再び動作するようになりました。

ベータ版からのアップデートによりこのようなエラーが出るようになってしまったのが気になりますが、macOS標準でもPython3への移行が進み始めたのだろうなと思った次第です。

ちなみにPython 2.7はデフォルトでインストールされていますが、これは過去バージョンとの互換性の維持のために入っているだけのようで、将来的には含まれなくなるそうです。で、僕が試したPython3のようにスクリプト言語のランタイムは後から追加パッケージとしてインストールする形式になっている、なっていくとのこと。

そんなこんなを行うためのターミナルのデフォルトシェルがzshに変更になっています。ライセンスがらみというお話ですが、macOSのbashは今後メンテナンスされない可能性もあることから、zshの作法を学ばないといけないのかもしれませんね。

AVFoundationの新機能として、HEVCでアルファチャンネルがサポートされたとあります。アルファチャンネル付きのProRes 4444ムービーをQuickTime Playerで開き、それのHEVCの書き出しオプションを見ると「透明度を保持」するオプションがついていました。

そして書き出したムービーをQuickLookすると背後のデスクトップが透けて見えることから、確かにHEVCで透明度が保持されている(アルファチャンネルを持っている)ことを確認できます。

Unityなんかでアルファチャンネル付きのムービーをテクスチャに使いたい時、アルファチャンネル付きのWebMが標準みたいですけど、2019.1でH.265をサポートしたなんてあるんで、選択肢としてHEVCを選べるようになるかもですね。(WebMよりよほど手軽に取り扱えるので…)

というわけで、以上は借り物環境にインストールしたCatalinaでのお試しでやってみたことで、自分の環境へのインストールはまだもうちょっと先にしようと思っております。このリリースと一緒にFCPXなんかのアップデートもきましたけど、幸いそれらはMojaveに入るようなので、Catalinaのバージョンがもうちょっと上がるまで(各種アプリや環境がある程度Catalinaでちゃんと動いているのを世間の人柱の人が確認してくれるまで)様子見しますですよ。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

iPhone 11 Pro ならではって何だろう

iPhone |2019-10-06

と思いました。
一番はカメラだと思われます。

  • 0.5倍、1倍、2倍の三つの画角の撮影ができる。
  • ナイトモードが使える(これはiPhone 11も同様)。0.5倍では動作しないらしい。
  • ポートレートモードで広角側のレンズ(1倍)でも利用できる。
  • 望遠時、ライブビューには画角の外の部分も表示される(1倍から表示される?)。
  • (将来)Deep Fusionが利用可能になる。
  • フラッシュが旧機種より明るくなっている模様。
  • スローフィーなる新機能。セルフィー側のカメラでスローモーション撮影ができるってことですね。
  • QuickTakeなる新機能。シャッターボタン長押しで録画が始まる。
  • シャッターボタンを右にスワイプで録画が始まる。左にスワイプでバーストモード。

一つ残念なのは0.5倍時には手ぶれ補正が効かないことですかね。ある程度明るい照明下では問題にはならないでしょうが。
ということで、まずは夜間撮影を試さないとです。
iPhone Xを除いた複数レンズがついているモデルは複数レンズでの映像の同時収録をサポートするそうです。Appleがイベントでデモをしたソフト(Filmic Pro お値段2000円弱)にまだ正式にその機能は載せていないので確認はできないけど、こちらも登場したら試したいです。
そんな感じでカメラ周りでは楽しげな内容になっております。遊びがいがありそうです。

カメラ以外の部分では筐体の表面材質が変わったとか(早速純正カバーをつけちゃったんで実感できないし、そもそもiPhone Xもカバーつけて運用していたので比較できない)、空間オーディオ再生に対応したとか(対応動画を見るにはどうすんだ? Youtube動画を見ている程度だとiPhone Xとの差は映像含めて感じない…)ってことで、正直実感する機会は少ないかもです。

U1チップを利用した空間認識ってので、とりあえずAirDropが便利になりそうってのはありますが、このチップを利用した便利さはその他アップル製品が登場して初めて明らかになるかもですね。とりあえず最有力は噂されるスマートトラッカーでしょうか。ってことはそれが出たら買わねばならないということか。

ってことでカメラに興味なければiPhone Xが壊れるまで(あるいは何か不満が溜まるまで)使っていても良かったんじゃないかって気分もありますが、でもDeep Fusionには期待しているし、超広角レンズも使いでありそうだし、暗所性能も上がっているしで、ぶらっと町歩きしている時のカメラとして持っておくにはとても良いものに進化したので、購入したことに後悔はないです。日本のシャッター音文化をAppleも守り続けているのはどうにかして欲しいですけどね。

ってことで結局カメラってことになりますか。

そいや防水性能も上がっているから、風呂に持ち込んでもいいのかね?

<追記>ナイトモードをちょっと試してみました。

IMG_4296IMG_4295

暗い方がこんな感じの見た目の印象の明るさの風景でしたってもので、それをナイトモードで撮ると明るい方な感じになりました。曇天の昼間って風景になっちゃいましたね。撮影時間は2秒になってたかな。手持ちだから当然微妙に揺れているのだと思うのだけど、最近の画像処理はほんとすごいです。</追記>

コメント ( 2 )|Trackback ( 0 )

新しいiPhoneが届きました。

iPhone |2019-10-05

Apple StoreでSIMフリー版を買ってもキャリアで購入したiPhoneからの移行は簡単だからというお話なので、ソフトバンクで予約を入れたものの発売日には届けられないというお返事があってからその予約をキャンセルしApple Storeに予約を入れました。つまりは9月19日に注文して10月4日に届きました。届いたものはiPhone 11 Proです。会社から帰って早速移行処理を行います。
移行手続きは個人的には以下のように行いました。

  1. iPhone XをMacのiTunesに同期(最新のバックアップを作成)
  2. (LineとかSuicaとか、旧機種に紐づいた情報を解除する必要があるものは解除するのだけど、僕にはそれ系のものは無い。)
  3. iPhone Xの電源を落としてSIMカードを取り出し、iPhone 11 Proに移植。
  4. iPhone 11 Pro起動。起動後画面の指示に従い設定を進めると、旧データをどこから持ってくるかって質問に達するので、そこでMacにバックアップしたものを書き戻す項目を選択し、MacにつないでiTunesから移行処理を行おうとするも、iPhone 11 Proに入っているiOSよりiPhone Xに入れていたiOSの方が新しいため書き戻せないとのメッセージが出る。ために、とりあえずデータの書き戻し処理をせずに先に進み、OSのアップデートを行う。OSのアップデートは当然ながらiPhoneの画面内で行う。
  5. iOSが最新まで上がると、(MacとはLightningケーブルで繋がったままのため)iTunesはこのiPhoneが新しいiPhoneであると認識するので、あとは普通に書き戻し処理。
  6. 処理が終了すると、(バックアップから書き戻されたデータにはアプリ本体は含まれずインストールされていたアプリの情報だけが戻るので)アプリのインストールが行われるが、その裏で、ソフトバンクのプロファイルを取得してインストールを行っておく。LTEでの接続がもしかしたらできないのではと懸念していたのだけど、Wi-Fiをオフにした状態でのネット接続に問題はなかったため、普通にソフトバンクで配布されている「一括設定」っていうプロファイルのインストールが行えた。
  7. 余計なアプリが色々と入れられたのに眉をひそめつつ、ウォレットアプリからApple Payに登録してあったクレジットカードのセキュリティーコードを入れてやってカードを有効化してやります(1枚しか登録していないので楽)。あとはアプリのインストールが終わるまで放置。
  8. アプリのインストールが完了したら、iTunesと同期を行なって最初のバックアップを取って一応移行処理は終了。

なを、これに先駆けて今まで使用していたiPhone XのSIMロック解除をソフトバンクに依頼しており、iPhone Xについては、SIMカードをiPhone 6s Plusで使っていたmineoのものに差し替えることで、mineoのサイトからプロファイルを取得してのインストールを行えネットに繋がるようになってます。SIM無しになったiPhone 6s PlusはAppleに下取りに出すことになっております。1万ちょっとのお値段になる模様(実機を送ってから本当の金額がどうなるかが決定)。

というわけで、普通に使えるようになりました。まぁあまりに変わらないもので、このまま触っていく分にはiPhone Xとの差はほとんど感じられないような気がします。ちょっとだけサクサク動いているような気がしないこともない、ぐらいな感じ。iPhone 11ならではを感じるためには相応のことをしないとダメなのではないかと思いましたw

その相応のことの一つが三つのレンズですね。とりあえず画角を調べてみましたよ。

こちらの画像のうち、ミリ数しか書いていないのは一眼レフカメラに15mmレンズと10mm-17mmズームレンズをつけて撮ったものです。APS-Cということで、35mm換算にするために画像に記録されているミリ数を1.5倍した数字を記入しています。(ズームレンズの設定がうっかりマニュアルだったために激しくピンぼけしてます)
iPhone 11 Proのレンズは35mm換算で13mm, 26mm, 52mmということですけど、特に0.5倍の13mmは歪み補正を行なっているせいでしょう、だいぶ狭くなっている印象があります(画像左右方向に入っている木の本数が換算15mmより明らかに少ない。16.5mmよりも狭く21mmよりも広いってところかな?)。それでもこの画角は圧巻です。
ちなみに1倍も25.5mmと比較するとだいぶ狭いのでやっぱり補正した結果そうなっちゃってんですかね。
とはいえ、iPhone Xは1倍のミリ数が換算28mmということなのでiPhone 11 Proの26mmは数字上それよりちょっと広くなっており、撮れた画像からもそれは感じられます。

ということで実際のミリ数といった数字上の情報との剥離があんじゃねってのはともかくとして三つの画角が撮れるのは嬉しいですね。

デジタルズームの最大だけ確認してみました。まぁ「撮ることができる」程度な画質ということで。

各レンズの間の倍率はそのうち確認してみたいところです。

幸手市 19.10

ということで、まぁまぁその他大きな感動をすることなく使っていくんだろうなぁと思うわけですが、大きな感動があったらまた書きたいと思います。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

アカウント名に数字だけって(とりあえず)ダメなのね

mac |2019-10-03

Sierra

High Sierra

Mojave

Catalina Beta

初めて認識したと言いますか。これはなんでなんですかね?
ただ、未確認ではあるけど、ActiveDirectoryに参加させた時、そこから引っ張ってくるアカウントのアカウント名が数字のみであっても大丈夫らしい。あるいはターミナルから作成とかしたら通るのかもしれませんがね。とりあえずホォと思ったのでメモとして。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

macOS Catalina のリリースが迫っているようです

mac |2019-10-02

macOS Catalinaのリリース日は10月4日かも? | [ギズモード・ジャパン]

10/4とか10/5とか言われています。
たぶん概ね安定して動作する状況にはなりつつあるのでしょう。GMはまだリリースされていませんが、

macOS MojaveはmacOS Mojave 10.14 beta 11 (18A389)がGM扱いで直後に正式リリースされたので、今回もmacOSにはGMが用意されないかもしれません。

Apple、開発者向けに「macOS Catalina 10.15 beta 10 Build 19A578c」などを公開。 [AAPL Ch.]

とかいう事例もあるので、本当に近日に出ちゃうかもしれません。新Mac ProがMojaveで出るんじゃないかって思うので、個人的にはまだまだじゃないかなぁって思ったりはしますが…

個人的に一点確認したいことがあったのでベータ版を借り物iMacに入れております。確認したいことは、WindowsからMac上の共有フォルダ内の検索がいい感じに動作するようになるらしい、って部分です。
まぁ、思ったように動いていない(Windowsのエクスプローラからの検索で共有フォルダ内のPDFファイルの内容はもとより、ファイル名で検索してもヒットしない)のだけど、それ以上に問題なのが、外付けドライブ内の共有された領域にアクセスできない、ってのがあります。なを、内蔵ドライブにある共有領域にはアクセス可能です。

MojaveのMacから接続すると、「〜のオリジナルの項目が見つからないため、操作を完了できません。」となって接続できず、

Windowsから接続すると内蔵ドライブ内の共有フォルダへの接続がクリアされた状態で(認証が済んでいる状態で)外付けドライブ内の共有ドライブに繋ぐと、アクセスが拒否されたと出て再び認証画面が現れます。その上でユーザ名・パスワードを入れても通りません。その時、Catalina側のコンソールには"Sandbox: smbd(1537) deny(1) file-read-data [共有フォルダへのパス]"と出ており、とりあえず拒否がされている様子が伺えます。
というわけでとても困る状況なのですけど、こんなの真っ先に出てきそうな問題のような気がするし、だからおま環のような気もするのだけど、Catalinaが正式リリースされたとして、ちょっと怖くてメイン環境にはインストールできないかもというのが正直なところです。

実際のとこ、ベータ版の評判はどうなんでしょうね?

なを、32bit環境が全廃されるためいろんなソフトに影響が出る可能性が高く、例えばFoundryのNukeはQuickTimeライブラリを使っていたのか、現状の最新版であっても起動しなくなると警告しています。著名周りが厳しくなったってことで、その他Foundryアプリも普通には起動しなくなる模様。移行は慎重に、って感じでしょうか。

<追記>あ、出ちゃうんだ。

Apple、macOS Catalinaをまもなくリリースするとして開発者に対しMacソフトウェアを「macOS Catalina 10.15 GM」でテストしAppleの認証を受けるように再度通知。[AAPL Ch.]

外付けストレージを共有する必要があるマシンでは正式リリースされても10.15.0は見送りだなぁ。</追記>

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
  ・