日々適当
hibitekitou

今年もありがとうございました

与太話 |2008-12-31
なんのかんのと2008年もくれていきます。

来年も、何となく続けていけたらなと思っています。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

真右衛門

book |2008-12-29
この方、今、どこにも描かれていないのか?
え?
かなり大好きだったのに。

単行本の登場を心待ちにしていたのに。

とりあえずあとがきで単行本化されていないものを読むことができるみたいだけど、単行本化してほしいな。

ってかKOマウンテンで桃田とナターシャってそーいうことになっていたのかぁ。それは読んでて全然気づきませんでした(^^;
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

ショックなこと

cg |2008-12-26
うん、まぁ自分の無知さ加減というかAEへの興味の相対的な薄さの露呈というか、そんなんなんだけど。

今回の事例に限らないのだけど、機能を知らないがためにえらい手間をかけて制作することになり、納品後、その機能のことを知ったとき、とてもショックを受けることがあります。
今回の事例ってのは、AE上で線上を流れる破線を作る、という仕事です(もちろんそれはつくるものの要素の一つですよ)。

AEで線を引く古典的な方法としては、まずパスを引いて、エフェクトの「描画」→「線」を適用するってのがあります。これですと破線は造れない。そこで、AEを使っている人で見ていない人はいないんじゃないかってサイト、ayato@webをみると、ちょうどいい方法が乗っているじゃないですか。って事で、時間もないしベガスを適用して点線を作る事にしたのですよ。
しかしてこの方法、破線の微調整は非常に困難な手法となります。まぁ、それでもOKをもらえたんだからいいんだけどね。

しかして、AEの、いつからついた機能なのか、シェイプレイヤーを使えば簡単に解決です(いつからついたのか調べたら、シェイプレイヤー自体は5.5からあるんだそうな。クリティカルショック、って感じっすよ(苦笑))
シェイプレイヤーのパスを引き、



後はそのパスの属性に破線を追加すればOK。



実に基本的なことをずいぶんと長い間知らなかったわけですね。
まぁ自分にあきれるというものですよ(泣)

破線


コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

少し気になったので突っ込んでみる

mac |2008-12-25
はい、すみません。
いや、打ち返し待ちで暇なもので、ショーもないことを突っ込んでみます。

クリエイターに最適な外付けハードディスクを考える [マイコミジャーナル]
しかし、My Passport StudioほどデザインをMacBook Proにマッチさせている製品は見当たりません。
個人的には、質感的にG-DRIVE miniLaCie Little Big Diskの方があっていると思うんですよね。特に前者は3.5インチモデルも含め、兼ねに余裕があるのならぜひ手を出したい逸品です。

いや、きっとMy Passport Studioもいいんじゃないかと思うんですよ。3.5インチモデルのMy Book Studio Editionを持っているけど、結構いいですしね。ただ、My Book Studio Editionについては、筐体が樹脂ってのがやっぱり少し安っぽい。そこがとても残念だと思っているのです。それとMy Passport Studioが同じ質感だとするなら、やはりG-Driveの方がMacBook Proにはよりマッチするんじゃないかって思います。

ホント、G-Driveは欲しいんだけど、2発積みの1Tモデル(500G x 2)がAppleStoreで¥48,600だったり、250Gの2.5インチモデルが¥28,900だったりとお高いのです。もちろんインターフェースがとてもリッチなモデルだから、他社のものでも同じ構成にすると多少割高になるとは言え、たとえばFW800とUSB2.0搭載の2.5インチHDDケースが1万程で購入できて、250Gの2.5インチのハードディスクは500Gで1万円を切るような状況です。容量倍で2万円で組めちゃったりするわけですよ。
そう考えると、いいものであっても入手には躊躇せざる得ない。
宝くじ、あたらないかなぁ(^^)

追記
とか言いつつ、ポータブルHDにもFireWire 800を搭載! - ウエスタンデジタルが発売[マイコミジャーナル]を読んだりすると興味がわきますなぁ。500Gで24,800円。店頭ではさらに下がる可能性もあるでしょう。メーカー保証が5年ついて来ることを考えると、一番上で引用した部分で言われているよのもある程度納得かも。MacBook Proにベストな製品では無いけど限りなくベストに近い製品と言えるかもしれませんね。
あとは、速度がどれくらい出るか、かなー。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

都市を作る

cg |2008-12-25
そーいう物がシーグラフで発表されていて、製品にもなっているって知らなかったのだけど、 CityEngine ってのがあるんだそうです。
これがまぁ面白い。
Mac OS X 版も存在してるソフトウェアで興味があるんだけど、$4,950はちょっと出ないかな。
でも、それで作られた画像・映像はちょっとしたもんです。

そんな都市景観ジェネレータ的な物はたとえば Suicidator っていうBlenderのスクリプトがあるそうです。
フォーラムの画像を観る限り、CityEngineとは比較にはならないという印象とは言え、フリー?でこれだけのものがいけるんだからすごいですよね。Blenderは実に侮りがたいソフトです(使う気はあまりないけど)。

ちなみに、XSIにもそんなツールが存在していてCITY BUILDERっていうそのものずばりな名前をしております。こちらもPythonスクリプト。wxPythonがいる関係上まだ試していないのだけど、そのうち試してみたいと思っております。画像はXSI Baseなんかにありますね。
そいからCityGenerator。建物一つ一つの造形がクオリティ高そうです。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

Photoshop 画像読み込み時間の比較

mac |2008-12-25
Photoshop 画像読み込み時間の比較

Photoshop CS2からのアップグレードで買いましたよ。スタンダードだけどPhotoshop CS4を。

ということで、1920 x 1200のディスプレイに接続したMacBook Proにて、画像を開く速度をみてみたりしました。
動画キャプチャなんかしていて、だからパフォーマンスが落ちている事は考えられますが、その条件はCS3もCS4も同じはず。
結果はCS3の圧勝でした。あ、CS3はExtend, CS4はStandardです。

読み込み途中まではOpenGLを利用しての描画を行おうと処理を行っているのだろうけど、途中からGPUでは処理しきれない枚数になりその切り替えが発生したり、そもそも、OpenGLでの描画のために開くことがオーバヘッドになっているのかもしれないけど、とにかく、そんな結果となってしまっております。

まぁいったん読み込んでしまえば、僕が利用する範囲では快適に動作します(もちろん、普段こんなに大量の画像を開くことはありませんし、開いた画像は連番ファイルなのだけど、Extendでは動画ファイルとして開くことが可能なのでそっちで開くべきでしょう。って、Standardにその機能はないのですけどね)。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

SepiaCamera

iPhone |2008-12-25
SepiaCamera[iTunes Store]

無料のアプリの上位にいたのでダウンロードしてみました。
なかなか雰囲気のいい写真に変換してくれますね。





写真によって周辺光量が違ってくる感じなんだけど、どんなアルゴリズムなんでしょ。もうちょっと周辺が落ち込んでいればーって写真になることも多かったです。
でも人物を真正面からとらえた写真なんて、本当にいい雰囲気になりますね。

このソフトの制作者[iTunes Store]は、無料から有料のものまで同様のソフトをいくつか作っているようですが、これは無料でそれなりに楽しめるし、落としておいて損は無いものだなぁって思いました。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

クラスタから発生

xsi |2008-12-18
2chのXSI初心者質問スレの方に、
31 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2008/12/16(火) 18:50:07 ID: V2zjFNGI
ICEについて質問なんですけど、クラスタからパーティクルを放出させるにはどうすればいいんでしょうか?
って質問があったので考えてみました。

クラスタの位置を取得すれば、ポイントクラウドについては解決できそうな気がするけど、よくわからないので次善の策(と思われるもの)。

クラスタ付近以外から発生するパーティクルを消しちゃいます。そんな考え方。



「付近」ってのがミソで、ポイントクラウドの場合、ポイント位置の周辺から発生しちゃうことになるのです。
この辺は、Emit系コンパウンドの中味をいじれば何とかなるかな。



難点は、パーティクルの放出量を数字で把握しづらいことですね。サーフェースの面積中クラスタが占める割合がどれくらいか分かれば、数字を適切にいじれるのだろうけど。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

日本でのVue 7へのアップグレードも始まるらしい

vue |2008-12-18
Vue 7のアップグレードの通知がきたわけだが、高い。や、まだ日本語版の用意ができていないらしく、英語版となるようだけど、日本語版が出た暁にはそれを使えるようになるというのは前と同じ。でも、e onのサイトでは言語に日本語がなかったけ? 完成はしていないけどこれから出しますという意味かね?

ともあれ問題はそのアップグレード価格です。52290円。んー、つらい。
このバージョンから、追加でライセンスサーバーを買うことでフローティングライセンスで使えるわけですけど、それが61000円。合計して買うのは、僕には無理ですが。xStremeにあげられるのなら考えたいところです。

xStremeのアップグレード価格も同じなんだけど、xStremeへのアップグレードはやっぱないんだろうなぁー。

さて、そんなわけで、53000円、いかに工面するか…。日本語版の登場をまとうかどようか。まぁ過去、4から5、5から6の時は期間限定で安くアップグレードできたこともあったから、今回もそれに期待しましょうかね。
コメント ( 2 )|Trackback ( 0 )

メモ

iPhone |2008-12-17
いろいろなレビューを見てて、お、これいいじゃんと思っても、それがどんなものだったかDLしようとする段になって忘れてしまうことが多いので、このエントリにメモしていくこととします。なもんで、ちょくちょくこのエントリの内容はアップデートされます。


------その他
みくみくモバイル:…えーと

------画像
Pano :パノラマ写真

------読書
青空読書:縦書き青空文庫ビュアー(ルビにも対応450円)
Sky Book:縦書き青空文庫ビュアー(ルビにも対応450円)
soRa:縦書き青空文庫ビュアー(ルビにも対応450円)
i文庫:縦書き青空文庫ビュアー(ルビにも対応350円)。明朝体

------情報ツール
価格ポン! :価格.comの情報をみる
ITMedia:ITMediaリーダー
ToFU Editor :コピペが使えるテキストエディタ
FU Editor :コピペが使えるテキストエディタ。無料。ToFU Editorの機能限定版。ってか俺にはこれで十分だったよ。

------ゲーム
リバーシシスター :オセロ
SPACE DEADBEEF :横スクロールシューティング(無料)


------アクセサリ(AppStoreへのリンクじゃない)
Clarifi :マクロレンズ付きケース
iPhone 3G 可変式 USB クレードル :サンコーの。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
« 前ページ・