銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

後楽園死傷事件・・・・・川崎・多摩川・涼太君、リンチ殺害事件と比較してみよう

2019-02-18 23:30:22 | 政治

副題1、『私が本日書きたいことは、本当はこれではないのだが、しかし、あまりにも時間が足りないので、短く書けるものとして、是を選んだ』

 パソコン大クラッシュ以来、大忙しです。そのうち、到頭、また、大変な、義務が、襲ってきました。毎年、よくわからなくて、大変な思いをする税務申告が、今日、すでに、始まったそうです。何となく、三月だと、思っていたので、ちょっとドキッとしましたよ。まあ、基本的な記帳はしてあるので、後は、まとめるだけですが・・・・・

 ところで、地下鉄・後楽園駅そばで、男女二人が、切り付けられたというニュースが、報道をされました。それほど、大きなニュースではないと、私は、感じました。しかし、どことなくおかしいのです。

 そして、到頭、本日18日の夜に至って、これは、一般的な、恨みによる事件ではなくて、政治的な謀略ではないかと、思い始めました。

 そして、そういう文章を書こうと、思って、まず、日付を知りたくて、グーグル検索を掛けました。

 というのも、これは、政治とは関係がないはずだと、思ったので、看過したために、日付等を、確認する手段がなかったからです。世間一般が無視する様な小さな出来事でも、政治と関連があるものは、必ず、メモ程度の、文章を下書きボックスに入れる様にしています。

 数年前は、こうではなかったのですよ。私が、裏側にあるものを、気が付いたと、敵さんに知らせるわけですから、こちらが不利になるので、このパソコンの下書きボックスには、入れずに、紙のメモとして、落として置いたのです。しかし、それだと、結局紛失してしまうので、パソコンの特に、この下書き用ボックスに保存をして置くことにしました。

 それで、保存をして居ないので、事件が起きた日付を知りたいと、思って、ググってみると・・・・・やはり、自分の直感は正しい。この事件は、やまゆり園事件の、犯人とされて居る植松聖風の、精神異常者が、現代、日本には、たくさんいるのだと、言う方向で、国民を洗脳して行く事を目的として、作りあげられた事件なのだ・・・・・・と、確信をしました。

 既に、12時過ぎて居て、しかも、あす、大きな治療、を、受けないといけないのです。【フォッサマック】と言う骨そしょう症の薬を飲んでいる人は「危険な治療ですよ」と言われる、種類の、歯の治療を、しかも、歯科に、掛かるのは、まったく初めてのところ(関東労災病院と言う大病院・・・・・今、話題集中の武蔵小杉に在るのですよ)で、受けないといけないのです。関東労災病院は、立派なところです。ただ、歯の治療を、先生の顔も知らない所で、受けるのは、しんどいです。でも、いつもの親切な先生が「そうなさい」と、紹介状(すごく、りっぱなものです。関東労災側から、個人クリニックに配られるものだそうです。数頁あって、医療的、伝達事項が詳細です)を書いてくださったので、そちらで、受けないといけないのでした。で、早く寝ないといけないのでした。というのも、何事も、自分側の体力が、しっかりしていることが大切なので、寝不足はいけません・・・簡単にいえば、歯を2本抜くという事なのですが、この薬を飲んでいる人にとっては、危険な事なのだそうです。・・・それは、去年の秋から、薬局で、聞いていることなのでした。

 ところでね。これは、余談なのですが、一週間に、一回だけ飲むはずの、その薬を、間違えて、毎日、連続して、呑んでしまったのですよ。それは、数か月前のことでしたが・・・・・・劇薬給ですよと、注意を受けている薬を、7倍量、体に入れてしまったわけです。

 いや、先生も薬局も内心では、びっくりなさった模様です。それでも、私の方は、普通で、大丈夫でした。だから、私のからだって、弱いのだか、強いのだか、判らないところがあります(苦笑)。 が、私は、こう考えました。「普段、薬をほどんど飲んでいないから、体に空きがあったわけですね。薬を処理する能力が、各細胞、一つ一つにおいて、高かったのでしょう」と。ところで、それを、新しく処方をしていただいたら、またまた、盗まれてね。いつも、いつも、大変で、時間とお金が、普通の人の、倍は、かかる私なのでした。(苦笑再び)

 そちらは政治的部分ですが・・・・・明日は、医療的な意味で、節制をして置かないといけない日です。

 しかし、ここまでだけ書き、終わってしまうと、あまりにも無責任なので、先を続けます。老骨に鞭打つという言葉、そのものなのですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『政治的謀略として、行われた事件には、特徴的な、グーグル画面が、用意されている。18日、23:40の、グーグル画面は、まさにそれだったが、19日、0:05には、既に、一般的な形へと、変化していた』

  私はグーグル画面が、ブログで、埋め尽くされているのは、謀略として、作り上げられた、ニュース(または、事件)だと、思っています。私が、事件の起きた日付を知りたくて、グーグル検索画面を開いた時には、最初に、ニフティのニュースが三つ並び、その後は、すべて、ブログで、埋め尽くされていました。

  しかし、今、20分後に、もう一度、確認をしましたが、Yahoo news と、NHK news が増えていました。ほら、私が大物(苦笑)なので、瞬間的に変化させた模様です。(苦笑)

 特に、以前から、・・・・・こういう特徴がある。たとえばスタップ細胞疑惑の、ある時期の、グーグル検索画面など、ブログだけであったし・・・・・と、書いているので、なおさら急いで、直したのでしょう。

 が、本当に、真実の、事件なら、もっと、ニュース・原記事・紹介が多いのです。しかし、この後楽園駅前、刺傷・事件は、まだ、たった五日目なのにもかかわらず、原記事がすくなくて、ブログ類で、埋め尽くされています。で、そのうちのいくつかを開けてみると、その犯人の、名前、生い立ち、両親など、と、立派な、箱入りの、目次ができて居るのですが、サブ項目の中に入って、丁寧に、読むと、たいした、事が書いてあるわけでもないのです。しかし、それが、本当の事件(政治的・裏がない、事件)だと、詳細な、事実が、多数の投稿者から、寄せられるのです。

 たとえば、多摩川で、結索バンドで、手を縛られたまま、泳ぐことを強要をされて、溺死をした、小学五年生の、涼太君の事件とか、

 三鷹の自宅に、ストーカーが、襲撃して来て、殺された、鈴木沙彩ちゃん事件(三鷹ストーカー事件)などは、相当量の、情報が出てきたものです。

 しかし、です。これら二つの事件も、事件が起きた後で、鎌倉エージェント(=CIA)が、からんできて、隠す、方向へ動いて居ます。川崎の方は、現代日本、最大の、エージェントであろう、成岡庸司君の実家が、川崎に在るので、川崎と言う政令都市のイメージや、名誉を守るために、秘匿される様になり、

 三鷹ストーカー事件の方は鈴木沙彩ちゃんの母親・一ノ瀬智恵子さんが美術9条の会の会員だから、こちらも隠す方向へ、動いています。

 しかし、事件、3か月後ごろまでは、相当量の情報が出て来ていたものです。たとえば、涼太君の母親の方は離婚をしていて、しかも新しい男性と恋愛中であり、かつ、仕事は二重、三重に行っていて、忙しかった。だから、涼太君は、ほうったらかしだったとか、父親の方は、生きる手法の理想を、自然に求める人間であって、遠い島に、住んでいるとかね。

 しかし、今般の、後楽園駅前、刺傷事件についてのブログ群は、タイトルこそ、思わせぶりで、深刻ですが、中身は、ほとんどないのです。情報として読むべき価値のあるものがありません。NAVERまとめにしろ、同じです。

 したがって、これらのブログは、体裁だけを繕って、こう書いてくれと言う命令で、動いているプロの投稿者から、投稿を、されたものだと、思います。それらのプロの投稿者は、まるで、新興宗教の信者みたいに、簡単に、リクルートをされたのでしょうが、その後、強い洗脳教育を受けて、ブログの職業的投稿以外の、もっと、恐ろしい仕事を命令されても、簡単に、了承をして、実行をする様に成ると想像をしています。

 今回の犯人は、まさしくそういう人間のひとりでしょう。そして、過去のどこかの時点で、やめさせられたことに不満を漏らす様な、投稿を、ネット上にさらしていたか、または、ナイフを、インターネットで、買った方からか、謀略的事件に、最適な、犯人像を探している連中に、スパコンを、通じて、見つけられ、報酬を約束されて、その上司両人を襲ったと、私は、推察しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『二年間も、殺害する機会をねらっていたと、どこかに書いてあるが、その間、生活費は、どうしたのですか? そこにアイデアの、抜けた部分=瑕疵がありますよ。ばっかものと、起案した、連中に言っておきましょう』

 この犯人が、本当に二年間もの長い間、執念深く、上司を、狙っていたのだったら、すでに一か月目か、二か月目には、殺しを、完了させていると、思います。しかも、二年間も、何で、暮らしていたのでしょうね。食費は、親と、同居で、出してもらっていたのだろうか、どうなのか? それすらも、ブログの方では、出て居ませんでした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪選手が、コーチとの関係... | トップ | 大坂なおみ、初戦敗退・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事