中野みどりの紬きもの塾

染織家中野みどりの「紬きもの塾」。その記録を中心に紬織り、着物、工芸、自然を綴ります。

着物は体を包むもの

2022年01月05日 | こぼれ話(着物)
今年度の紬塾は開催は未定で、開催有無は3月1日にHP、ブログでお知らせします。1/7追記

新春のお慶びを申し上げます。
本年も宜しくお願いいたします。

年末の慌ただしさから一転、お正月はゆっくり朝酒、手作りお節で過ごしました。
初詣も済ませました(クリスマスに初詣忙しい(^_^;))。
神社の境内の梅林もまだまだ硬い蕾でしたが、八重咲の紅梅が少しほころび始めてました(上にかざして撮ったので手振れしてますが、、)。
今日は小寒。まだ寒さはこれからが本番ですが、青空に春の光を感じます。
このひと月は本を読んだり、展覧会を見に行ったり、自分の外にある世界に触れ、充電をしてこれからの仕事に生かしたいと思います。

去年の3月1日に107歳で他界された美術家の篠田桃紅さんの著書で、亡くなられた直後に発刊された『これでおしまい』を去年読みましたが、メモ書きがそのままでしたので、改めて読み返しました。

ずっと以前、個展を拝見したことはありますが、墨を使った抽象の作品を手掛けられた方です。そして着物で生涯通された方でもあります。

私は若いころに週末アルバイトしていた青山の伝統工芸品センターに篠田さんが、和紙と筆を買いにいらした時に接客をしたことがあります。
30年近く前のことでしょうか。篠田さんも80歳近かったと思いますが、とても素敵なお姿でした。
着物から作られたと思うシックな織物の長コートの裾から縮緬地の着物が覗いていました。
共に上質なものであることはすぐにわかりました。
女がまだ職業を持つことが難しかった時代に、桃紅さんの生き方への一番の理解者でもあったお母さまの物だったかもしれません。見惚れてしまいました。センスが素晴らしかったです。

もちろん私はスタッフとして、会計をし、包装をしてお渡ししただけのことですが、佇まいをはっきり記憶しています。その後もテレビや新聞で着物姿を拝見するたびになんてカッコいいのだろうと思ってきました。

本には着物について触れている箇所があります。
「着物と洋服、人の体を包むということでは同じ。非常に違うのは着物は包むのよ。洋服は入れるのよ。かたちの決まったものの中に人間が入っていくのよ。それは大変な違い。物と人との間柄の違いね。着物は人間に対して非常に謙虚。洋服は人間を規制している。私の中に入りなさい。私はこれ以上大きくも小さくもなりません。着物はどんなに太っても痩せても、同じ一枚で済むじゃない。私は人間が主人である着物の方が好きなの。洋服は従わなければならない。それがイヤなの。イヤというより情けないのね。」
何事からも拘束を嫌った篠田さんらしい見解です。

着物を拘束されている窮屈なものとして見る方も多いと思います。活動的ではない不自由なものとして。篠田さんにはそうではなく、むしろ自由なものなのだと。

私は着物は自由なものであるとも思いますが、人によっては洋服のような着方や扱いをすれば着物も不自由なものになると思っています。

以前のブログで「体格の大きい人も小さな人も縫い方次第で受け入れてくれる和裁の知恵はすごいリベラルなことです」と書きましたが、一枚の決められた小幅の布を繋ぎ、合理性を以て仕立てられている着物――。
このことを意識して着ている人と、単なる着る物として、洋服と同じような意識しかなければ、着物と言えども不自由なものだと思います。

例えば衣紋を抜いた着物の襟のカーブを丸くしないといけないと思い込んで、衿芯をプラスチックの差し込み式を使っていたり、洋服のように腕の長さに合わせ裄を長くしたり、皺を残さない着付けとか風情、侘びというものが無い。
直線を生かしつつ丸い体を包む。それこそが粋というものでしょう。

着物だけでなく、もう一度暮らし方含め、原点に思いを馳せものごとを見つめ直したいと思います。





コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 個展の感想ー堅牢の美とは精... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

こぼれ話(着物)」カテゴリの最新記事