中野みどりの紬きもの塾

染織家中野みどりの「紬きもの塾」。その記録を中心に紬織り、着物、工芸、自然を綴ります。

特別展「女わざと自然とのかかわり」―農を支えた東北の布たち―

2015年11月24日 | 女わざの会


東京農業大学の食と農の博物館で開催されている、「女わざの会」の展示のお知らせです。

特別展「女わざと自然とのかかわり」―農を支えた東北の布たち―
「食と農」の博物館 1階企画展示室
~3月13日(日)まで。詳細はリンク先をご覧下さい。

森田珪子さんをリーダーとした女わざの会の展示を観てきました。
とても良い展示でしたので興味のある方はお出かけください。期間も3月までです。
入場は無料です。

撮影は禁止でしたが館の方に許可をいただいて少し写真を撮らせてもらいました。





















東北地方で使われてきた古い布団側や継ぎあてのある布や足袋などを捨てられず、森田さんのところへ持ってくる方が多く、そういうものを含めたコレクションです。
以前にも女わざの会のことはブログにも書きましたが、地に足をつけた活動に学ぶことが多いです。
この展示でも、裂き、織り、継ぎ、繕い、とことん使われた布たちは、その土地で苦労しながら生き抜いた女性たちの生きた証を見るようで胸に迫るものがあります。
ただ、そこにあるのは、貧しさや、苦しみだけではなく、生き生きと布と関わる女たちの喜びや愛情も感じられるのです。
前回のブログで靴下の繕いのことを書きましたが、繕いの喜び、家族への愛情、モノを慈しむ気持ちが私の中にも、誰にでもあるのだと実感するのです。買ったほうが早いとか、安いとか、それだけで片付けられない人に備わった精神だと思います。
こういうものを過去のものとしてだけ見るのではなく、大事にしたいことがあると思いました。
それから岩手の女わざの会のメンバーを中心にして織られた古い布団側などを裂いて製作した裂き織りタペストリー(トップの写真)も展示されています。以前、岩手でも見たことがあるのですが、今回もとても興味深く拝見しました。
農大の野良着のコレクションも展示されています。

11月28日(土)には岩手から80歳を過ぎた森田さんがまたいらしてくださり「バイアスの不思議」と題して、講演もあります。

日本の手織りの小幅をバイアス状に使って袋や腰紐を縫ったのです。一度縫い方を教わったことがあります。そんな話も聞けるのではないかと思います。
私ももう一度、是非伺いたいと思っています。







コメント

第7回紬きもの塾――取合せについて

2015年11月21日 | 紬塾 '15~'16
11月初旬に行われました紬塾の報告が遅くなりました。
いつものように取合せについての話とワークショップ、そして着物を着る以前の足袋や下着類の素材、選び方などについても話ました。

日本の取合せ文化は異なる素材や質感、形、色などを絶妙のバランス、ハーモニーで重ねていきます。よくある色の単純なコーディネートとは違います。ものの力を合わせる点も重要です。

手織りの紬にいわゆるファブリック類を合わせたりするのは、布についてよくわからない初心者がやることではないように思います。もちろん服地など上質の物なら帯として使うことも可能ですが、よくわかってやらないといけないですね。着物の世界は意外性だけではもたないです。

着物、帯、帯揚げ、帯締めをいつ、どこで、誰がなどシチュエーションを決めて実際にやってもらうワークショップでは、参加者から「つい無難な線でまとめて冒険はできない・・」という発言もあったのですが、「思い切って冒険しました!」と嬉しそうに帯揚げ帯締めを合わせられたのですが、なかなか良かったと思います。

「破調の美」にも触れたのですが、ぶち壊してしまう破壊ではなく、むしろ調子を破ることでものの部分と全体が生き生きと見えてくるような感じになると最高かな、、と思います。
難しくて私もあわてて着物を着るときなど無難な線になってしまうことがよくあります。(^_^;)

時間があるときによく取り合わせを考え、小物も少しずつでも吟味して帯締めや帯揚げを増やしていくことも大事ですね。取合せは奥が深いですから。でも、そのことが一枚の着物をとことん着こなすことになると思います。

下着類はよく素材を吟味して選ぶことで着やすさにもつながります。
襦袢こそいいものを選びたいです。

足袋の話の中では自分のサイズにあったものを選び、多少価格は高いですが国内産の縫製のものを繕いながら使っていくことも話しました。

私は普段から足袋や気に入った靴下を継ぎを当てながら履くのですが、それが楽しいのです。
今までの作品!?写真に撮っておけばよかったのですが、、家族が今履いているものの一例を画像でご紹介します。


これはウール素材が多く入っていて破れやすく何度も継ぎをしています。今回はかかとが大きくうすくなったので私が以前履いていたモミの木柄のソックスの一部分を切り取ってかかとに当てかがっているところです。私が履いていた方も継ぎを当てていたのですが、口ゴムがダメになり当て布用に使っています。靴下の中に白熱灯を入れてやるとやりやすいです。


5本指ソックスの指先は継ぐのも面倒なのですが、やはり指の中に筒状のものを入れておいて繕うとやりやすいです。どの指に力がかかっているのかチェックもできますね。


あまりに穴を開けるので今度は穴を生かして周りだけかがるカットワークの方法もしてます。もっと過激なのがあるのですが、ヒンシュクをかいそうなので画像はやめておきます。(^ヮ^;

 
母が編み物をした人で、たくさん残り毛糸がありそれを使っています。
色を楽しみながらカラフルにすることもあります。

足袋もそうですが、継ぎを当てることでそのものの価値が高まるようなこともあります。
継ぎあてをマイナスイメージに捉えるのではなく、ものを大切にし、深く関わっていきたいと思います。

このことは紬きもの塾の趣旨でもあります。


コメント

「紬の会ー自然を着る」ご来場ありがとうございました

2015年11月19日 | 紬の会
「紬の会―自然を着る」が終了しました。
ご来場くださいましたみなさまありがとうございました。

プレヴューと工房展示と両方に来てくださった方もあります。
遠くから、また時間を縫うように都合をつけてお越しくださる方もあり大変嬉しく思いました。

オールドのジャワ更紗の帯と取り合わせて。

今回ご覧くださった方々の言葉や、またメール、手紙などで改めていただいた感想、ブログに書いてくださった方の記事など、本当にありがたく励みになりました。
その中の一部を少しご紹介します。

お一人は気に入った着物で一人いそいそと出かけるのを楽しんでいる方です。
「和のおけいこ関連で柔らかものを着ることが増えたせいか、頂いた紬の着心地のよさが際立ちます。とっても体が軽くて楽に感じます。それもフワフワして楽というのではなく、守ってもらえているようで楽なのです。(中略)
私も自分なりに無理なく着物を慈しんでいきたいと思います。
そして自分もこなれて、着物もこなれて、ああなおのことよいものだなあと実感できる日を楽しみにしたいと思います。」
こういう心持ちで着てくださり本当に嬉しいです。
また一人いそいそお出かけするというのも素敵ですね!
着物を着て出かけるところがないとおっしゃる方が多いですが、一人で好きなものを選び、身につけて楽しめるというのは自分の精神が立ってないとできないですね。

もうお一方、私の紬でお越しいただいた60代後半の方ですが「もっとこういうものに早く出会いたかった・・・」とつぶやかれていたのですが、改めてお手紙も頂戴いたしました。
「身の丈を越えたものを求めてしまい、年令や資格を考えますと布に申し訳ない気もするのですが、私のところへ舞い込んだ、生活の張りの一つとして一生付き合っていければと、自らを納得させております。」とのことです。一枚の紬の着物が生きる張りとなっていただけるなら作り手冥利に尽きるというものです。こちらも気を引き締めて仕事をしなければと思います。

また、布を扱う仕事をされている男性が、自然光に布をかざして本当に慈しんで見ておられる姿が印象に残りました。崩し縞の糸味や、色の濃淡など、複雑な紬織りの表情を長いこと眺めておられました。
「いくら見ても飽きない、ずうっと見ていたい」と目を輝かせておっしゃっていました。

最後は若い方ですが、布や着物に関心はあるのですが、まだ着物は着ていません。
でも、布やものを見る力があります。毎回のように展示を見に来てくれますが、工芸、アート、自然、衣・食・住、話をしてとても楽しい方です。小さな布の額装や敷物などじっくり見て選んで買っていただいてもいます。見ること、使うこと、作ること、三位一体で歩みを進めています。
そしてそのことを自分で感じ、気付き、言葉化することで更に思考を深め確実なものにしているように思います。ブログも立ち上げたようで、この展示のことも澄んだ自分の言葉で書いてくれています。
まだ始めたばかりで整っていないので、リンクはしないでおいてくださいということですので一部ブログから抜粋させてもらいます。

[会場である山の上ホテルのお部屋にも暖かな日差しが射し込み、その光を窓辺の作品達が受け止め、仄かに発光しているかのように見えました。
よく見ると小さな光の粒がチラチラと、絹の繊維の上に遊んでいます。

作品としての完結ではなく、人に着られることを目的として、
人の手で一反の布に調和の世界を広げた絹の糸・草木の色。

素材の命が輝く布。
素材の声に耳を澄ませ、扱いを心得る人の元で織り上がった作品たち。

丁度、中野先生の紬の着物を着たお客さんがいらっしゃいました。

グレーの紬がスッキリと引き立っていて、帯揚げや帯締めの色合わせも気がきいていて…。お店でその紬と合わせて選んだという、秋の植物の模様が入った帯は、落ち着いた紬の色と響き合い、季節そのものを身に纏っているようでした。

着こなしとはこういうことなのだと、しみじみ思いました。
こうした出会いは、中野先生の展示に出かける際の楽しみでもあります。勉強になりました。]

毎回思うことですが、紬織りがもつ本来の強さや優しさ、深さ、また自然な色の輝きに、言葉は発されなくてもみなさん惹きつけられ、魅入られているのだと思います。

すぐには買えないけれどいつか欲しい!と言ってくださる方も・・・お待ちしておりま~す!(´∀`*)

絹糸や紬糸の特性をこわさないよう仕事をし、人が着るものであることをいつも頭において根源的な仕事をしていきたいと思います。

ミニ紬塾も作ること、着ること、今回は特にズバリ!核心に触れることを語りました。^^;
厳しいことも申し上げてしまいましたが、やはり本当のことを話したかったのです。


会期中、枇杷の花が濃密な甘い匂いを工房の庭に漂わせていました。
窓を開けるたびに胸一杯吸い込んでいました。癒されます。
地味な茶のうぶ毛に萼も茎も裏葉も覆われていて、やや黄味を含んだ乳白色の花もそろそろ終わりですが、来年の果実が楽しみです。葉は染にも使います。

植物は自然環境とともに静かに生きている。そして他の生き物との関わりの中で種を残し、他の者たちにもめぐみをもたらせてくれる。

自然と共に紬織りの種を残し、恵の布を織らなければと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


コメント

「紬の会―自然を着る」秋冬コレクションより④

2015年11月09日 | 紬の会
無事終了しました。ご来場くださいましたみなさまありがとうございました。

「紬の会―秋冬コレクション」が櫻工房にて始まりました。15日(日)までです。


好評をいただいております帯揚げも、サクラ、リンゴでダーク系、アイボリー系の追加染もいたしました。

帯締めも紬の帯に合う厳選したものがありますので取り合わせてご覧ください。

着物、帯以外にもショール、マフラー、ミニ額装や仕覆用の布、卓布もあります。

11日(水)2時からのミニ紬塾では上質の紬織りを観る上でポイントとなる話や、これからの時代に着物を着ることや手仕事をつないでいくことなどの意味も話してみたいと思います。

ただ着物を着ましょう!ではなく、美しい自然素材や、人の叡智、技と出会い「着る」ことはまさに生きる力になるものだと思います。
ミニ紬塾まだ受け付けています。


さて、工房の庭も秋から冬の景色にうつろい始めました。
ガラス越しに撮りましたのでピンボケですが、ジョウビタキのつがいも遊びに来ていました。


枯れ始めた芝の上の桜の落ち葉を家人が毎朝掃除をしてくれます。
掃除したそばからまた落ちてくるのですが、フレッシュな当日の桜紅葉でお迎えいたします。


南天の実も赤くなってきました。
野鳥も好物のようですが、「難を転じる」と言われる縁起物ですので私はお正月のおせちの盛りつけに「福」が訪れますように・・との願いを込めて葉を必ず添えています。

工房も初冬の装いでお待ちしております。
お気軽に初めての方もご来場ください。

ご予約はこちらから。

コメント