中野みどりの紬きもの塾

染織家中野みどりの「紬きもの塾」。その記録を中心に紬織り、着物、工芸、自然を綴ります。

2つの現代美術展――西村陽平展、井田照一展を観て

2012年05月24日 | 工芸・アート
中野みどりHP

2つの現代美術の展覧会を観てきました。

まず、5月27日までですが、愛知県陶磁資料館で行われている西村陽平展はお奨めしたい展覧会です。
2時半ごろ会場に着いたのですが、観る時間が足りませんでした。。。
作品点数が多いということもあるのですが、その場にずうっといたい感じで、午前中から1日いても大丈夫な感じでした。
目の見えない子供たちに造形の指導もされていて、そのビデオも全部は見れなかったのですが、よかったです。
人はものの本質を見失いがちになるけれど、目の前にある1冊の本を焼いてみると見えてくるもの、
気付かされるものがあるのだと思います。
いろいろなものを焼いた作品があるのですが、最後の部屋で見た文庫本、新書本200冊を焼いた作品は圧巻で、
本とは何か、本の本質に迫るように思えました。1点1点が尊い存在として浮かび上がっているようでした。

織物も着物もそうですが、すり込まれた観念から解放されなければ自由な仕事はできないと思います。

もう一つは作品集『樹の滴』でも触れられている井田照一さんの回顧展です。
私は京都市美術館を観てきましたが、22日からは京都国立近代美術館でも始まっています。

モノを見る目がフラットで、鋭い方でした。決して現代美術だ着物だというくくりを持たない方でした。
生前、井田さんの展覧会場に作品集の表紙カバー裏に出ている藍の着物で伺った時に、
その着物を見ながら「中野さんのこういう仕事を見ると僕らの仕事は何なんだろう?と思ってしまう。僕らのはスクラップだから…」
しんみりとつぶやかれたのす。その気持ちが私にはよく理解できるのです。
先入観を持たない方だからこそできる発言だと思います。

でも私は井田さんの仕事に尊敬の念を持っています。気品と、そして深い優しさに溢れているからです。
観終わって、井田作品に「ありがとうございました」と一礼をして会場をあとにしました。

そういえば、先日5月4日のブログでご紹介しましたが、染色家の仁平幸春さんが私の作品について言及した
仁平さんのブログのコメントのところで「静かに、破壊的」という表現をされていて、その意味をご本人にうかがったところ、
「破壊がそのまま創造であるのが自然界。花の蕾が殻を破って花を咲かせるように」というお話でした。

「破壊がそのまま創造」といえば、西村さんの創作にも井田さんの創作にも通じているように思います。
ものの遷り変りを静かに見逃さずにいたいです。

是非ご覧いただきたい展覧会です。
コメント

作品集『樹の滴――染め、織り、着る』が岐阜・郡上八幡へ

2012年05月19日 | 作品集『樹の滴』
岐阜の郡上八幡で「愚浄山房展」が(5月24日~28日)昨年に引き続き行われます。
私も着尺、帯、そして作品集『樹の滴』(染織と生活社刊)も展示販売されますので是非ご覧ください。
作品集の中にある作品も1点出品します。

作品集『樹の滴』は少部数なので限られた書店にしか配本されないかもしれません。
この機会に是非お手に取ってご覧ください。
お陰様で、着物は着ていない一般の読者の方からもたくさんのコメントをいただきました。
「一気に読んでしまった」「繰り返し読みたい」「紬を着てみたくなった…」という声もいただいております。
書店にない場合も注文していただけば書店で取り寄せは出来ます。
楽天ブックスまたは染織と生活社かたち21でもご注文いただけます。




この展覧会の詳細は東京・新宿の呉服店「なか志まや」さんへお願いします。

今回は染織以外の工芸作品なども展示され、お客様に楽しんでもらえるような趣向がいろいろとあるようです。
サービス精神旺盛な方々による贅沢な企画展です。

空気もおいしく、新緑の「気」に満ちた郡上八幡の光の中で、作品と対話し、なにか良いものと出会っていただけますように。

コメント

第2回紬きもの塾 糸のかたち 

2012年05月13日 | 紬塾 '9~'12
中野みどりHP

当紬塾の最も重要な話である紬で使う糸の説明を中心に行いました。

まずは1粒の繭から蚕が吐き出した1本の糸の形を見てもらいました。
なんだか人の頭ばかり写っているようですが・・・



アップにすると・・黒い紙に蚕が吐き出した1本の糸を巻き取っています。とてもきれいです。



また真綿からも糸をずり出してもらいました。



座繰りの節糸のかたちや蛹の脱皮殻を見てもらいました。




またテキストの幸田文「きもの」を読んでの気付きなどの発表もしてもらいました。
これは毎回一人ずつ順番にしてもらいます。
今回のNさんの発表では震災時における木綿の着物の底力について書かれたところ、主人公るつこはセルの着物が好きではなかったところなどでした。
日常に着物があった時代の話から学ぶ点もあると思います。

1度読んだだけではピンと来ないところもあるかもしれませんが、着始めてから読み返すたびに新たな発見もあり、深読みのできる本だと思います。

今期の方は特に質問も多く、とても熱心です。時間いっぱい話をしました。

次回は実際に織るための糸をつむいでもらいます。


コメント

『樹の滴――染め、織り、着る』仁平幸春さんの感想

2012年05月04日 | 作品集『樹の滴』

染色家の仁平幸春さんが5月3日のブログに私の作品集を読んでの感想を書いてくださってます。
他の読者の方からも感想がメールで届いてますが、この仁平さんの書かれた内容に重なる点も多く、言い回しや言葉数は違っても、仁平さんの感じられたことは特殊なものではないと思います。

そして個人的なことだけではなく、普遍性をもって大事なことを指摘してくれています。
是非お読みいただきたいです。

私も特別なことをしているわけではなく、いかに無駄なエネルギーは使わずに、やるべきことに時間を使って楽に生きていけるかを考えています。暮らしも染織の仕事も。
着物も無駄なエネルギーは使わず、数は少なくても良いものをもち、楽~に着たいだけです。しかも素敵に!

もちろんそんな暮らしや仕事も努力も手間ひまもかかりますし、35年間苦労もし続けております。_ 
しかしそのどこに努力をし、どこに手間暇をかけどんな苦労はよしとするかを自分の中に持つているかだと思います。

自然の神様は私たちに一度だけ現世にいのちを与えてくださいました。
命ある限りは人間らしく健康に文化的にヘンに無駄なエネルギーは使わず生きたいです。
また本の感想などありましたら遠慮なくかたち21のお問い合わせからお聞かせください。

本のご予約もまだ受け付けています。こちらからどうぞ。

それから12日(土)のアート鑑賞塾、まだ少し余裕がありますのでお申込みお待ちしています。お茶とお菓子の用意がありますのでマイカップご持参ください。
気楽にご参加ください。

コメント

作品集『樹の滴ー染め、織り、着る』発送しました!

2012年05月01日 | 作品集『樹の滴』
中野みどりHP



作品集「樹の滴」の前売りご予約をいただきましたみなさまありがとうございました。地方の方も今日には届くと思います。
早速メールで感想をいただいておりますが、また先でご紹介できたらと思っています。

本を開くとこんな感じです。








文章のページもありますので是非手にとってご覧いただきたいと思います。

本のお申し込みはこちらからもできます。書店では15日発売予定です。
コメント