中野みどりの紬きもの塾

染織家中野みどりの「紬きもの塾」。その記録を中心に紬織り、着物、工芸、自然を綴ります。

第7回紬きもの塾――布を織る

2016年10月27日 | 紬塾 '15~'16
今期も4名の染織実習コースの方が4回目で紬の小さな布を織り上げました。
4回の実習の各回を振り返ってもらいました。
みなさんの素直な気持ちや感動が伝わってくるレポートです。
長文もありますが、ぜひお読み下さい。

初心者だからテキトーな素材や指導の仕方ではなく、私がしている同じレベルの道具や素材を使い、織物の基本である糸と向き合い、道具の扱い方から大事なことは何かを一人ひとりが気づきながら進められるようにしています。
それぞれデザインなど四人四様ですが、ふっくら風合いの良い、紬らしい布が生まれました。
紬といっても糸の味わいや堅牢さのことよりも中途半端な作為や自己表現系の気持ちの悪いものも多い中、糸や色と、また限られた時間内で真摯に向き合った、私が見てもそれぞれに美しく、ずうっと見ていたいような布が生まれました。みなさんはどう思われますでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[真綿から糸を紡ぎ、糸を草木で染め、糊を付けて設計し、手織りをする。
文字で書くと一行だけれども、その過程は発見と驚きの連続である。
行間にこそ味わいがある。
昔、くず繭と言われた真綿が高級品になり、手紡ぎの糸が最高級品となった
訳は糸をつむいでみて初めてわかる。
均一に糸を引きだし、つむぐのは至難の業。集中力と技術が必要である。
大変難しい。わずか真綿2枚、28mの糸を紡ぐのに2時間以上。私の
糸は細くなったり、太くなったり・・着物や帯の長さを紡ぐのには経験と技術
が不可欠である。
先生のお宅の庭の木を切って、細かく砕き植物から色をいただく。
まさに植物の命をいただく。春・夏・秋・冬と同じ木でも出る色が変わる。
自然の素晴らしさ、色の美しさを知るのは驚きであり、心が震える。
自分の手でつむいだ糸を自分で枝を切った植物で染める。
28mの柿の木で染めたベージュの糸を管に巻き、杼に入れた時に神聖な気持ち
になった。
先生が使っている機を使わせていただく贅沢な時間。
実際に織り始めると考えていた設計通りには行かなかったけれど、集中して機と向き合い、糸が布になっていく感覚、実感にこの時間がいつまでも続けばいいのに・・とさえ思った。
わずか3寸の味のある布。けれども、とっても愛おしい。
着物を愛する私にとってこの経験は大変貴重だった。
本物を知る、本物に触れる。
またひとつ違った視点を持って着物に向き合える気がしている。
貴重な時間と場所を提供してくださった先生に心から感謝して、これからも着物を着ていきたいと思っている。 K.A]

<講評>「私は不器用だから」とおっしゃられていましたが指示に従って進むにつれ、後半は私がそばで見ていなくても自分の力で織り進んでいきました。これだけできれば十分です。
コントラストのある色糸を選ばれ、スッキリしたモダンなデザインです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[『繭からひく糸と真綿からつむぐ糸。初めて真綿からつむぐ糸は、太くて立派な糸が出来ました。
桜の木、柿の木を煮出して、染色。優しい色に染まって感激です。
煮出す時間で、色が変わるのも、同じ色が出ないのも個性で楽しい。鉄とアルミで違う色に一瞬で変わるのも手品みたいでした。
設計図を書くのに単位が良く解らず、四苦八苦。
初めての機織りは、あっちを気にすると、ひとつ忘れる―と、中々頭と身体の動きが一致せず、大変でした。
出来上がりは、とっても優しく、ずっと見ていても飽きなく、嬉しかったです。見る角度で、表情が変わり、可愛く思えました。また、やってみたいです。
とても手間がかかる事、大切な物である事、実感しました。
持ってる着物大切に着ていこうと思います。素敵な時間をありがとうございました。』 S.Y ]




<講評>随分シンプルな設計で、色も自分の糸ともう1色のみ。どんな布になるのかしら?と楽しみに傍らで見ていましたが、ご覧のような柔らかな優しい雰囲気の布になりました。糸も確かに立派でした!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[実習では真綿から糸を紡ぎ染めて織る過程を大まかに経験することが出来ました。
実習全体を通して印象に残っていることは材料も水も媒染材も限りあるモノであり無駄にせずに必要な分を使うという先生の姿勢でした。
染める布や糸の分量に対して必要な分量の木の枝を準備して刻んだこと。
染めの作業で使う水もためすすぎで良いところとそうでないところの指示があったこと。
織りで糸を継ぎ足す際に糸を無駄にせず足すこと。
材料や資源に向き合う基本的な姿勢を学びました。
実際に素材に触れてその感触や色を見るという経験も貴重でした。
角真綿からの糸紡ぎは初めての経験で指が思うように動きませんでしたが糸が出来る様を感触で知るとこが出来ました。
染めでは直前に切った柿や桜の枝から仕上がりの色が出てくるまでの楽しみがありました。
織りでも糸の色の組み合わせや太さの違いで出てくる風合いは想像以上でした。この実習を通してどの工程もさらに深めていきたいという意欲を持つことが出来ました。先生の技術、また貴重な材料をふんだんに取り入れての学びに感謝しています。H.Y]

<講評>こちらもシンプルなデザインですが真ん中の濃いピンクが効いています。
一越一越細かく地糸と色糸を混ぜるデザインでしたが耳もとてもきれいです。

杼の置き方を意識すると耳糸がきちっと絡み合います。みなさんメジャー通りに織るだけで精一杯なのですが、私が傍について「はい上、はい今度は下」\(^o^)_と最初は指示を出していましたが、そのうち全員の方が自分でできるようになりました。着尺は特に耳が大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[4回の染織実習は、毎回、学びの多い有意義な時間だったと同時に、先生の着物が見る人の心をうつ理由を解き明かすドキュメントのようにも感じました。

1回目は糸をつむぎました。
それまで製糸した糸を見て好みの糸を選ぶ範疇に留まっていた私は、蚕が一心不乱に休むことなく首を振り糸を吐き続けて繭を作り、それが節のない生糸や節のある紬糸になるというお話を伺い、単なる糸ではなく生命が宿る糸として再認識することになりました。
そして、真綿から糸口を見つけてつむぐと次々と絡み合い、最後まで一本の糸に繋がっていくことを知り、蚕の営みに感嘆しました。
また、つむいだ糸が4人全く違う表情となりました。「糸の表情が景色をつくる」という先生の言葉を実感するのは最後の織り実習に託されました。
2回目は紡いだ糸と帯揚げの染色です。
庭の桜の小枝と柿の葉を全体を見ながら木の成長を促すようにあっち、こっちと切り、更に切り口を斜めにした細かいチップにし、持っている色を最大限生かすようにして煮出しました。
この染色で強く心に残ったことがあります。紡いだ糸を柿の無媒染で染めましたがとても淡い色合いでした。しみじみときれいだなと見入りましたが、ふと顧みると、いつもの私は、もう少しもう少しと濃く染めることを考えていたように思いました。この微妙な色を感じとれる感覚を胸に刻みたいと強く思いました。
また、帯揚げを桜の鉄媒染で染めましたが、鉄は吸収しやすくムラになりやすいからと先生は全身でのめり込むように布を動かし、その勢いに圧倒されました。
干す時もしっかり広げて空気酸化を促し自然光の中で色がさえわたっていくことを教えて下さいました。
草木染めへの畏敬の念を隅々に感じ、五感と身体全体で染める姿を見るにつけ、草木から色の命を頂くという本当の意味がわかったような気がしました。
3回目は糸の糊付けと織物設計です。糊は糸の状態によって固さを変えるということです。
経糸に節のある糸を使う難しさを糊付けの試行錯誤でのり越えてこられた先生のこだわりを垣間見た気がしました。
4回目はいよいよ織物実習です。
経糸に節のある糸を使って織るのは初めてで、途中で大きなかたまりの節が出るたびに先生に助けを求めました。
節を個性的な我が子をあやすように、上手に生かして織り進めていくように思え、難しいけど楽しいと感じました。
また、経糸がこすれてダメージを受けるのを防ぐ踏木の踏み方や杼の置く位置、緯糸の接ぎ方などを教わりました。一つひとつ無駄なく道理に適ったやり方に感心するばかりでした。
更に織物設計図に従って織りつつも本数や太さを変えたり、撚りの強弱で違う表情をつくったり、同系色の濃淡の違う糸をもう一本添わせることで奥行きを出したりしながら全体の景色をつくっていくという繊細な織り方も実際に教わりました。相当高度な技だと思うのですが、私ももっと深く掘り下げ、美しさに敏感になって織物に向き合っていきたいと強く思いました。

毎回、細やかに惜しみなく教えて下さることに胸が熱くなりました。
そして心をうつ作品は作家の感性に頼るところからは生まれない、なまやさしいものではないことを強く感じた染織実習でした。N.T]

<講評>この方は絹の染織経験のある方です。いろいろ悩みながら制作されているようですが、今回の経験から大事なことを掴んだように思います。最後の一行を肝に銘じてほしいです。
これからは創ること、着ることの両輪で確かなものにしていって下さい。







コメント

茶の湯の中の音と光

2016年10月19日 | かたち塾、アート鑑賞いろは塾

                                 雪後軒にて渡辺宗牛先生のお点前。

かたち塾「茶の湯の中の音と光」が終了しました。
おかげさまで充実したとても良い会となりました。余韻が今も残っています。


                               半東がお菓子を持って出られたところ。

まずはじめは、炭点前を宗牛先生がしてくださいました。私は耳を澄ませていました。茶の湯の音が始まっています。
そして「釜の湯がわくまでの間に一献差し上げます」ということで、お膳が運ばれ海のもの山のものを肴に3~4杯いただいてしまいました。茶席ということ、また初めてお会いする方もあり、緊張していたのですが、急にリラックス感が出てきました。(^^♪

昼間にちょこっと飲むのにいい感じの、やや甘口のお酒で、甘酢漬けのコハダと唐辛子入りの甘味噌をシソで包んで揚げたものと良く合っていました。
「お好きな方はたくさん召し上がって下さい」と先生はすすめてくださるのですが、いえいえ、これからお勉強ですから、、程々に、、自制しました。(#^.^#)

 障子越しの光で茶碗を拝見する。

先生のお手前を拝見しながら静寂な中に微かに聞こえる音。

袴の硬い生地の衣擦れの音、すり足で歩く時の畳の音、炭を扱う時のカサコソした音、羽箒をはたく音、茶筅通しの音、茶杓についた抹茶を茶碗の縁で叩く時の音、お茶を点てる茶筅の音、釜に湯を戻す音、湯の沸く音。
そして茶を戴く側では、最後に吸いきる音。
また時に合図としての少し大きな音もあります。言葉をかわさなくても最後に席入りする人が襖を少し音を立てて締める。もうみんなが席につきましたということを知らせる音、他にも入り口にある呼び鈴代わりの板木(ばんぎ)、あるいは席入りの合図のためのドラや鐘の音。
今までこんな風に集中して耳を澄ませたことはありませんでしたので、新鮮でした。ゆっくりの中に強弱や速度のリズムも感じました。


光に関しては時間の変化で当然ですが終わり頃にはだいぶ暗くなりました。
外はまだ明るかったのですが、和風の建築はひさしが深くみなさんの顔もわかりづらくなってきました。
そして普段はまだこのぐらいでは灯は点けないということですが、灯具も使ってくださいました。
短檠(たんけい)というい草の芯に菜種油を吸わせて火を灯す道具や行灯も火を灯してくださいました。
昼と夜ではお道具なども明かりを考慮して違えるということでした。

いい雰囲気になり、もっとこのまま時間を過ごしたい感じでした。

過剰に明るすぎる暮らしから、明かりをスポット的に使ったり、食事のときだけでもろうそくを灯すなど、気持ちを一点に集中させたり、くつろがせたり、明かりを意識して使いたいと思います。
日没前の30分、時には明かりをつけずにぼんやりと佇むのも良いなぁと思います。
室内の暗さは外の月明かりや街の灯りを気付かせてくれます。

今回の内容は奥が深すぎて、ここに書ききれませんが、利休の教えなども引用されたり、言葉少ない中に示唆に富んだ奥の深いお話を聞かせていただきました。参加者の皆さんからも質疑応答など、様々な話題に広がりました。

今回の数時間のために朝からお手伝いの方と準備をしてくださり、終わってからも片付けにもだいぶ時間がかかったと思います。私たちに見えない時間が、このような心のこもったおもてなしにつながっているのだと改めて思います。
宗牛先生に心からお礼を申し上げます。参加してくださった方々、雪後会社中のお手伝いの方々もありがとうございました。

かたち塾の会報にこの報告を掲載しますので、参加してくださった方は特に印象に残った点を手短にまとめた感想をかたち21のメールで笹山さんまでお願いします。

今回の学びを普段の暮らしにも活かしていきたいと思いました。






コメント

第9回かたち塾「茶の湯の中の光と音」のお知らせ

2016年10月15日 | かたち塾、アート鑑賞いろは塾

残席あと1名席です。10/15

知り合いが新宿区戸山にある雪後会でお茶を習っています。
時折、講師の渡辺宗牛さんの教えを聞かせてもらうことがあるのですが、
その教えに共感することも多く、かたち塾でも一度講師をお願いしたいと思っていました。
その教えというのは、たとえば点前の中で、柄杓に残った湯を釜に戻す時の音なども、「いい音ですね」などとおっしゃられ、また夕方になっても室内の灯かりをすぐつけないで仄暗い中で稽古を続けたりするそうです。
さらには稽古の後の水差しに残った水や釜の湯は、清いものから順に洗いながら湯水を無駄なく使い回すよう指導されているとのこと、お道具を大切に扱うように、水も湯も大切にする想いも伝わってきます。

お茶のお稽古というと私の中ではいいイメージばかりではないのですが、ぜひ宗牛さんのお点前を拝見しながら、その音や光、雰囲気に自分の五感を働かせてみたいと思います。
ようやく今月16日に下記のとおり塾を開催する運びになりました。

茶室にまだ入ったことのない方も、その幽玄な世界の一端を垣間見ませんか?
本格的なお茶を習いたいと思っている方も、見学を兼ねるのも良いかと思います。
作法など全く心配なさらずにいらして下さい。宗牛さんも初めての方を歓迎されています。
心得のある方ばかりだと案外面白みはないようです。^^

20年以上前に私もお茶を少々、不熱心に勉強してましたがさすがに身についておらず、、^^;、でも久しぶりに本格的茶室でお菓子とお薄をいただけることを楽しみにしています!! あっ、音と光に五感を開きながら、、、ですね。 0(*´∀`;)0
またとない贅沢なひと時となることでしょう。

服装は洋服でも大丈夫です。ゆったり目の服の方が足もしびれにくいです。香水などは避けて下さい。
男性はジャケット着用、ノーネクタイが良いと思います。
茶室の清潔を保つために、替えの靴下をご持参下さい。
塾形式の茶会ですので、落ち着いた感じであれば紬の着物で大丈夫です。

準備の都合がありますのでお申し込みは下記よりお早めにお願いいたします。

*************************************************************************
第9回かたち塾 ―――茶の湯の中の光と音

雪後軒は都心に在りながら、一軒家の本格的な茶室です。
軒主渡辺宗牛さんを講師に、薄茶をいただきながら、
茶の湯の中に生れてくる光や音に気を澄まします。 

企 画――――かたち21・かたち塾
講 師――――渡辺宗牛(雪後軒軒主 表千家講師)
日 時――――2016年10月16日(日)13:30~16:30(13:00開場)
会 場――――雪後軒[東京都新宿区戸山1-5-11]
    (最寄駅/都営大江戸線 若松河田駅 メトロ東西線 早稲田駅)
受講料――――6,000円(水屋料ふくむ)
受講者数―――10名(要予約)  ※茶道の未経験の方、男性も歓迎です。

お申し込みはこちらから。
折り返し受け付けの返信をいたします。
こちらの塾長のブログもご覧ください。


都心の一軒家の「雪後軒」の佇まい。
画像は「雪後軒」のHPより転載させて頂きました。

コメント

第6回紬きもの塾―― 織物設計

2016年10月03日 | 紬塾 '15~'16


染織コースの次の最終回の機織りに備えて織物設計をしました。
他には緯糸の糊付け、管巻きです。

まず糊付けからしました。
真綿の糸は毛羽立ちがあり、そのままでは使えません。布海苔と生麩を合わせた糊を工房では作っています。布海苔は乾いても柔らかく、正麩は固いです。程良い加減に合わせます。天気によっても濃度を変えたり、糸質でも分けたりしています。良い織物を織るにはとても重要な仕事です。
ただ、固くつければ良いのではなく、糸巻きができるぎりぎりに付けます。後で湯通しの時、糊が落としやすいからです。
また風合いを出す上でも糊付けした糸をテーブルなどで打ちつけ、ウェーブを
出してから乾燥させると風合い良く織ることができます。これも皆さんにもやってもらいました。

続いて、織物設計です。
私は普段の設計では糸の重さで必要量の計算をします。長さで設計することはよほどギリギリの糸量の時以外しないのですが、みなさんがつむいだ糸はほんの僅かですので綛周と回転数で全長を出し、織り幅で割り何越し分使えるかを割り出しました。
まずその計算からはじめ、次は自分の糸は使い切るデザインにして下さいという課題でデザインをしてもらいました。糸の制約をデザインの軸にするわけです。

今年の4人の方はみなさん呑み込みが早く、(ホントです~!^^)デザインも比較的すんなり決まっていきました。
上の画像は各自使う予定の他の糸を選び織りに備え確保したものです。
どんな布に織りあがるのでしょう。。

緯糸の管巻きの指導。固すぎず緩すぎない紡錘形に巻きます。
コメント