夢逢人かりそめ草紙          

定年退職後、身過ぎ世過ぎの年金生活。
過ぎし年の心の宝物、或いは日常生活のあふれる思いを
真摯に、ときには楽しく投稿

『都心』は、遠くなりにけり・・♪ ①

2007-04-30 14:20:00 | 定年後の思い
サ荀マナ・?、ホケルウー、ホトエノロサヤ、ヌタク、??ア、ニ。「
キ・ァ、キ、ソサ?、ホ」オヌッエヨチーク螟?・ュ。「
、ウ、・゛、ヌ、ホツ酳セ、マ、ウ、ホテマ、ヌイ皃エ、キ、ニ、、、・」

、ス、キ、ソテ貔ョカネ、ホフアエヨイ?メ、ホ・オ・鬣遙シ・゛・?ネ、キ、ニ」ウ」オヌッフウ、皃ソク蝪「
ト・ッツ狒ヲク螟ホサーヌッタク、ホソネ、ヌ、「、・」

サ荀マケ篁ササ?ツ螟ォ、鯒ヤソエ、?ワサリ、キ、ニ。「トフ、テ、ソ、熙キ、ソ。」

、ス、・゛、ヌ、マヘトヌッエ・ヒハ・ヒマ「、・鬢・「ソキスノ、ホーヒタェテー(・ヌ・ム。シ・ネ)、ヒケヤ、テ、ソ、熙キ、ニ。「
ウャテハ、ホヘル、・・「テマイシ、ホトフ、・サ、ハ、ノ、ヌ。「
ノヤケャ、ヒ、キ、ニタ・隍ヌソネツホ、ホー・??コ、ッ、オ、・「キウイホ、ホイサソァ、ネ、筍「、ス、ホヘニサム、?ォ、・ホ、ャカイ、ォ、テ、ソ。」

セョウリケサ、ホケ箋リヌッ、ヒ、ハ、・ネ。「テマクオ、ホアヌイ雍ロ、マ、メ、ネ、熙ヌ、隍ットフ、テ、ソ、熙キ、ニ、、、ソ。」
、「、・・「シ。キサ、ォ、鯒ヤソエ、ホニ・貪ォ、ヒ、「、・ヌイ隍?ム、隍ヲ、ネ。「
ソキスノ、ォ、鯏ロテマケヤ、ュ、ホナヤナナ、?隍テ、ソ、ャ。「セ隍・ェソ・、、ヌサ荀マ、キ、遉イ、ソ。ヲ。ヲ。」

ウホ、ォナヤナナ、ホアソトツ、マカムー・ア」ウア゜、ヌ、「、テ、ソ、ャ。「
イシシヨ、キ、ソ、鯒?ウ、筅ヲー・ルサルハァ、ヲノャヘラ、ャ、「、テ、ソ、ホ、ヌ。「
ニ・貪ォ、゛、ヌエ霪・、・「、ネシ。キサ、ヒホ螟゛、オ、・「
タト、カ、皃ソエ鬢ヌニ・貪ォ、ヌケ゜、熙ソオュイア、ャサト、テ、ニ、、、・」

ケ篁サ、マテ賣?隍ヒス・゜、キ、ニ、、、ソ、ャ。「ソキスノ、?ミヘウ、キトフウリ、キ、ソ、ホ、ヌ。「
イョキヲケヤ、ュ、ホナヤナナ、??ム、キ、ソ、遙「ーソ、、、マテ豎??、ヌテ賣?リ、ォ、鯒ミケサ、キ、ソ、熙キ、ソ。」
イシケサ、マヒリ、ノソキスノ、ホネヒイレウケ、?フ、遙「ソゥ、ルタケ、熙ヌ、「、テ、ソ、ホ、ヌ。「
ウケテ讀ホソゥニイ、ヌ・ォ・トミァ。「ソニサメミァ。「・鬘シ・皈??盧螟ホ」ウサ?イ皃ョ、ヒソゥ、ル、・ウ、ネ、ャツソ、ォ、テ、ソ。」

、ス、キ、ニ。「、メ、ネ、熙ヌアヌイ雍ロ、ヒホゥ、チエ?テ、ソ、熙キ、ニ、、、ソ。」
、ウ、ホコ「、ヒ。「。リセョナトオ゛・ヌ・ム。シ・ネ。ル、ス、キ、ニ。リオ?イヲ・ヌ・ム。シ・ネ。ル、ャウォカネ、オ、・ソ、熙キ。「
ニテ、ヒソキスノ、ホタセク?、マキ网キ、ッハムヒニ、キ、ニ、ソ。」

サ荀マニノス?篁・、ュ、タ、テ、ソ、熙ヌ。「ソタハントョ、ホクナヒワウケ、ヒケヤ、テ、ソ、遙「
、ネ、ュ、ヒ、マアヌイ隍ホノ?レ、?皃皃ニ。「ニ・貪ォ、ホアヌイ雉ケ、籠フ、テ、ソ、熙キ、ニ、、、ソ。」

ナ・?・ェ・・?ヤ・テ・ッ、ホソ?ッチー、ホスミヘ霆?ヌ、「、・」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ヤ、ト、ナ、ッ。ユ



コメント

私なりの『和暦』と『西暦』・・♪

2007-04-30 10:47:00 | 定年後の思い
私は昭和19年生まれの身であるが、
日常の年度名称は和暦を使うことが多い。

例えば、亡くなった母は大正9年生まれ、
大正15年の生まれの人は、多くの方達が戦争に行かれた苦闘された人達、
昭和一桁の人達は、昭和20年の敗戦を境に教育方針が変換された戸惑われた人達・・
と何気なし言葉に出たりすることが出来る。

日常生活でも、昭和26年に小学校に入学して、
ある時は昭和45年に中途入社した、
とか時代の空気が響くのである。

昭和天皇が逝去された時、昭和は終わってしまった、
というのが実感でもあり、平成と云われても中々馴染めなかった。

この頃、西暦で表示される風潮が高まったのかしら、
と思ったりしている。

その後は『2000問題』、『2007問題』があり、
西暦表示が加速化されている。

ここ10数年、アメリカの『黄金の60年代』、
音楽の世界では『70年代』、『80年代』などと多用されたりしている。

私はこうした折は、昭和だと、平成にすれば、と脳裏の隅で数えたりしている。

しかし、ここ数年は退職後の生活を過ごしているので、
銀行、郵便局で年月日を記入する時、
確か2007年、或いは平成19年の記入欄に戸惑ってしまうのである。

月日は間違いなく記入できるが、今年は何年だったかしら、と思ってしまうことが多い。
少しボケてきたか、と恥らいながらも行員、局員のお方達に、
『今年・・平成19年ですよね・・』と訊ねたりして、確認を求めているのが実態である。

年金生活を送る身となっているので、1日1日を大切にし、
季節の移ろいを享受できれば、私の心は何年でもよい、
と思ったりしているのが本音である。


コメント

知らなかった『昭和の日』・・♪

2007-04-30 02:28:00 | 定年後の思い
私は昨日の朝にこのサイトで、【されど、『みどりの日』・・♪】と題して、投稿した。

そして、夜になり私の『お友達リスト』のお一人の日記を拝読していたら、
『みどりの日』から今年から『昭和の日』に変わった、と知ったのである。

私はあわてて、読売新聞の朝刊を見直し、『社説』欄の中に於いて、『昭和の日』を読んだりした。

私は定年退職後の三年生の身であるが、
4月29日は『天皇誕生日』と昭和天皇を敬(うやま)ってきていたが、
『みどりの日』に変って、何かしら心が落ち着かないのが本心であった。

そして、今年から『昭和の日』と云われ、その上、『みどりの日』は5月4日に改定されたらしい。

私は世の中の実情についてゆけず、
4月29日は『(昭和)天皇誕生日』から『みどりの日』、そして『昭和の日』と
呟(つぶや)いている。



コメント

されど、『みどりの日』・・♪

2007-04-29 20:30:00 | 定年後の思い
『自然に親しむと共にその恩恵に感謝し、豊かな心を育む日』と定められて折、
新緑がまぶしく、ごく自然に親しみを享受できる時節である。

私は旅をした時など、森林の針葉樹林、広葉樹林を眺め、里山、そして村里に人の住まれる情景を観ると、
しばしばため息が出たり、涙ぐんだりすることが多い。

少なくとも日本は、この森林の原点から全てがはじまり、生かされていると思っている。
遥かかなたの先人からたゆまない森林の手入れに感謝しているが、
昨今、手入れが出来ず森林の一部で荒廃していると視聴したりする。

林野庁は緑化を推進するために、色々と施策を実施しているが、
美しい日本の国土維持として消費税1パーセント前後は国民から徴収し、
豊かな森林保全と育成が必要なのかしら、と思ったりしている。

国民全般が森林より平等に恩恵を受けて折、
今後の日本に幾世代化へ引き継ぐ責務があると確信している。

朝の陽射しを受けた主庭の樹木を眺めながら、
このようなことを思考したりしている。

そして私は庭の手入れを玄関庭か、主庭のどちらから始めようか、
とぼんやりと考えたりしている。



コメント

小判草(コバンソウ)は、微風に揺れて・・♪

2007-04-29 20:27:00 | 定年後の思い
東京の郊外は、『みどりの日』に相応しく、快晴となって、
私は先程まで庭の手入れをしていた。

風呂に入った後、遅い昼食を家内と食べたりしたが、
ビールを呑みながら、主庭を眺めたりした。

微風が吹くと、小判草の群生が揺れて、私なりのこの時節を享受している。

この小判草は稲科と思われるが、25年前頃、家内がお茶の先生に師事いた頃に、
秋海棠、唐糸草と共に頂いた茶花に使われる草花である。

今の時節は、薄緑色から少し染め、先端が小判のような形をしている。
初秋の頃に、稲と同様に黄金色に染められ、実は庭に散乱させて後、
やがて枯れ、地上から消えていく。

春先に稲のような容姿を庭のあちらこちらで見せはじめる。
私は季節の移ろいを身近に見せてくれる小判草も好きな草花のひとつである。



コメント

夢のひととき・・♪

2007-04-28 22:29:00 | 定年後の思い
昼過ぎに食事を終えた後、歯の鎮痛剤の呑み痛みが退けた後、
少し疲れを覚え、ぼんやりと文庫本を読んだりしていた。

晴れ間が庭の樹木を照らしていたが、
少し空が暗くなったと思ったら、落雷の音が響き、雨が降り注いできた・・。

私は寝室に行き、布団にもぐり文庫本を数ページ読んでいるうちに、眠りに落ちた。

私が25歳の若い女性になって、大学で数学を専攻し、小中学生の先生を目指していたが、
先生の募集が少なく、就職浪人となった山里に旅をして、
低い山の登山をしていた・・。
春の雪に遇い、どうしたのかしら、と思案をしていた時、
突然、空から小説の習作時間などに費(つい)やすのは止めて、
初心の算数の先生になりなさい、と天上から不思議な声が響いた・・。

どうして、と思っているうちに目覚めた・・。

私には直接思い当たらない現(ううつ)と夢幻の世界であり、
余りにも不思議な夢であったので、どうしてあのような不可解な夢をみるのか、
と思いながら庭の樹木をぼんやりと眺めていた。

私はサラリーマンを定年退職後の三年生の身であるが、
昨今、想像力が衰えて、幻想を刺激させる脳裏の活性化なのかしら、
とも思ったりしている。

本降りの雨の後らしく、樹木の枝葉は雨粒をたたえて折、塀、地表は黒土でしっとりとしていた。




コメント

大型連休の想いで・・♪

2007-04-28 07:56:00 | 定年後の思い
本日からゴールデン・ウィークと称される大型連休を迎える方達がいる。
テレビのニュースなどで、本日の4月28日(土)から5月6日(日)とすると9連休となる、
と報じていた。

私が現役時代の時は、民間会社の中小企業であったので、
通常は5月1日から5月5日の5連休が固定で、
後は日曜と祭日が加味されていた。

私は1週間以上連休が採用されるのは、
大手の企業の開発と製造部門だろうと思ったりしていた。

最も現役時代の固定の5月1日から5日までの固定の5日間に於いても、
5日間連続して休めたのは数えるばかりである。
ある年の場合、システム開発のテストに最適となったり、
物流倉庫の再編成の最適な日々となったりしている。

いずれにしても大型連休に恵まれた方達は、
日常は業務に追わる多忙の身の方が多いと思われるので、
家族との心身のふれあいを大切にして頂きたい、
と思ったりしている。



コメント

私の休肝日・・♪

2007-04-27 22:52:00 | 定年後の思い
私は特に日本酒、ビールが好きであり、30歳を過ぎた頃から、
退職後の三年生の今日まで晩酌をしている。

家内からは、一生呑みたければ、休肝日を週に一回ぐらいしませんと、
肝臓が悪くなり、好きなお酒もそのうち呑めなくなっても、
と云われ続けている。

私が年に六回程度、休肝日としている。
風邪気味で風邪薬を服用した時、昨夜と本日の夜は歯の痛みで薬を飲み、
さすが自粛したりしている。

二十歳以来、一ヶ月近くアルコールを止めたことがある。
腰痛で救急車に運ばれ、入院生活をしていた時であった。

腰痛は整形外科に属するので、特に食事など制限はなく、
足を骨折した方は松葉杖(つえ)等で片側の半身を支えたり、
私のように入院1週間は車椅子となったりしている。

私は二週間過ぎると、不安げであったが、何とか歩けるようになった時、
ある夜、隣部屋の若い人から、
『消灯も過ぎましたので・・ビール・・買いに行きますが、
少し買って来ましょうか・・』
と云われたが、私は断った・・。

暗い廊下を松葉杖を付きながら紙袋を器用に持ち、
病院の横口から抜け出て、最寄の自動販売機で買い求めに行ったのである。

私は禁止されている病院のベットに座ってまで、
ビールを呑みことには意欲がなかったのである。

しかし、煙草に関しては、喫煙場所に車椅子に乗りながら、通ったりした。

20年前の病院の多くは、館内に喫煙場所があった。
私の入院した病院は、整形外科フロアーの中央階段の昇り降り近くにあり、
煙草をたしまない人達も集まり、ささやかな雑談の親睦会となったりした。

このような訳で煙草は止めることは出来ないが、
お酒は禁酒の条件となれば止められるが、
平素の日常生活に戻ると、不思議と殆ど毎晩呑んでいる。







コメント

ときには、映画批評を読んだりして・・♪

2007-04-27 13:04:00 | 定年後の思い
私は歯科医院に歯の治療で、ここ一ヶ月通っている。

ここ数日前から、治療している以外の虫歯が痛んだせいか、
少し腫れて痛みだしている。
先程、受付嬢に連絡した所、担当して下さっている医院長が夕方の6時半過ぎでないと、
と言われ、止む得ずこの時間に割り込ませて貰ったりした。

こんな状況なので散歩に行けず、
昨日、駅前に外出した時、本屋で買い求めた本などを読んだりしている。

小池真理子・著の『恋愛映画館』(講談社文庫)、
司馬遼太郎とドナルド・キーンの両氏に寄る対談の『日本人と日本文化』(中公文庫)の2冊を買い求めたが、
歯の痛みを感じているので、こうした折は手軽なテーマの『恋愛映画館』を読んだりしている。

私は映画が好きな方であるので、
今回の恋愛小説家と称されている小池真理子・女史を読みながらも、
かって精読した塩野七生・女史の『人びとのかたち』の映画批評を思い浮かべたりしている。

私は映画批評の基本として、何年生まれで、何時鑑賞し、
何時に批評を書かれたかは最大の力点に於いている。

それぞれのお方なりに映画館に通って、
当時の映画を観たかは、社会の世相が当然加味されるから重要視している。

さしずめ私は1944年生まれであり、
小池真理子・女史の1952年生まれ、
そして塩野七生・女史の1937年生まれである。

こうした考えにたつと、例えば私が二十歳で封切館で鑑賞したとすれば、
塩野七生・女史は大人の風格があり、
小池真理子・女史は少し大人びた中学生となる。

例えば、1964年の時代、
『かくも長き不在は』に関し、塩野七生・女史でしたら、明確な輪郭を持った筆力で表現でき、
私は背伸びしながらつたない表現が可能だが、
小池真理子・女史の年齢を配慮すれば無理なことがわかる。

そして1966年の時代になれば、
『ドクトル・ジバコ』の映画となれば、才気のある小池真理子・女史の批評が描き出されるかも知れない,
と思ったりしている。

この前提としては、当然それなりの素養があることは、言うまでもないことである。

私は単たる映画批評といっても、それなりの人生を歩まれた中、
それぞれ相違があるので、それなりに思想としての人生観の一部をかいわ見ることが出来る。


コメント

薫風が吹きながれ、若葉はきらめき・・♪

2007-04-27 09:06:00 | 定年後の思い
東京の郊外は、雲ひとつなく清々しい朝を迎えている。

常緑樹の新芽は伸び若葉となり、落葉樹も若葉となって、
朝の陽射しを受けて、きらめいている・・。

ときおり、風が吹き、樹木の枝葉から枝葉に流れ、揺らしながら流れて行く・・。

古人たちのこの情景を風光ると称しているが、
一年でひときわ爽やかなひとときと思ったりしている。

日中は20度前後の陽気となり、陽射しを受け、薫風に吹かれながら、どこに散策をしようか、
と思案したりしている。
コメント

されど、藤(フジ)の薄紫色の花・・♪

2007-04-26 19:29:00 | 定年後の思い
東京の郊外に於いても、この時節を迎えると公園、川沿いの藤棚で、
薄紫色の花が咲き、カーテンのように垂れ下がり、微風が吹くと微かに揺れている・・。

私は旅先で、道路沿いの丘陵などの常緑樹、若葉になった落葉樹の中で、
ひっそりと咲いている藤の花を観かけた時、
何かしら幸せな気持ちになれる。

人の手に余りかけない程度のこうした藤の花に巡り逢えると、
周囲の情景の中、藤の薄紫色の彩りが季節の移ろいを教示して貰い、
今年もこの時節が来た、と心の中で安堵したりするのである。

私は藤棚に咲く華麗な彩りより、
ここ30年前頃から、道路際にさりげなく咲く薄紫色の樹木に魅了されている。



コメント

ときには、男性の中年層は息き抜きを・・♪

2007-04-26 09:19:00 | 定年後の思い
昨夕の読売新聞を読んで、私なりに考えさせられた記事があった。

【 元気ない40~50代 】
  【 男性ホルモン 60代より少なく 】

という見出し記事であった。

私は定年退職後の3年生の身であるが、
民間会社に35年前後務めていたので、
何かしら中年のサラリーマンに哀歓を日頃から寄せている。

無断であるが、読売新聞の記事を転記させて頂きます。


一般に年齢と共に低下するとされる男性ホルモンの量について、
日本人サラリーマンを調べたところ、
働き盛りの40~50歳代のの中年層で最も低下していると意外な結果が出た。

男性ホルモンはストレスの影響を受けやすいと言われて折、
調査した帝京大病院・泌尿器科の安田講師は、
『仕事でのストレスが男性の活力を失わせているのではないか』と話す。
・・

20~30歳代、40~50歳代、60歳代以上の3世代に分けた健康な男性81人を対象に、
活性型男性ホルモンの指標になる唾液中のテストステロンの量を測定。
・・

最も高いのは20~30歳代だったが、
次いで高いはずの40~50歳代の中年層は、
半数以上が退職者の60歳代よりもむしろ低かった。
男性ホルモンが年齢と共に低下することは、
国内外の調査でむ確認されて折、
その《常識》を覆す結果となった。

テストステロンが低下すると、
性欲や性機能の減退のほか、不安や不眠、
認知能力の低下といった精神症状や、肩こりや腰痛といった身体症状として表れることが多い。

安田講師は、
『日本人男性は、勤勉で責任感が強く、
管理職である40~50歳代では仕事のストレスも増える。
疲労や抑うつ感といった心身の様々な病状に、
男性ホルモンの低下が関係している可能性がある』
と話している。

以上が記事のほぼ全文である。

日本のサラリーマンの中年層の多くは、
多忙に業務に打ち込み、睡眠時間を削りながら、務めているのが実態と思われる。
そして、家庭の主(あるじとして)収入の責務があり、住宅ローン、子供の教育費に負担があり、
息抜きが出来ないような状態が多いと想像している。

私は現役時代には多忙な身であり、40歳代の後半に、
腰痛で一ヶ月近く入院をしてしまったことがある。
この時感じたのは、自分が社会から離れていても、
会社の業務サイクルは多少の不便さがあっても回転している、という現実であった。

退院後、相変わらず業務に精勤したが、
ときには土曜日か日曜日の休みの時には、
それぞれ自分の心身にあった息抜きが必要と感じ、
実行して定年を迎えたりした。

家庭を守る奥様方は主人は想像以上に仕事に励み、家庭の責務を感じている、
ということを改めて考えて欲しい。

そして、お子様は父親が誰よりも君達を愛し、君達の為に命を削りながら日々を過ごしているのを、
知って欲しい・・。

このような父親を見たら、
少なくとも父の日の時には、プレゼント品が買えなくても、
『お父さんのお陰で・・』とひと言の感謝を述べるのは、
養育されている子供の責務と思ったりしている。



コメント

雨は上がり、そして・・♪

2007-04-25 17:19:00 | 定年後の思い
東京の郊外は、先程、雨が止んで、少し靄(もや)のような情景となっている。

私は日中は煎茶、コーヒーを淹れたりして、
過日、羽田空港の売店で買い求めた本を読んだりしていた。
中西輝政・著の『日本人としてこれだけは知っておきたいこと』(PHP新書)であるが、
【歪められた自画像】
【あの戦争をどう見るべきか】
【日本人にとっての天皇】
【日本文明とは何か】
の各章であるが、中々明言しにくい真摯なテーマである。

こうした豪速球のような提示に、
私のつたない歴史観が少し動揺しているのは、隠せない事実である。

雨に濡れた常緑樹は小奇麗な葉の色合いとなり、もみじの若葉が濡れ重そうに垂れている・・。

そして、鈴蘭水仙、チューリップの数々の色合いが咲いている。

東京の郊外は、明日より晴れマークがこの先1週間は続くので、
この時節に応じた庭の手入れのスケジュールを思案したりしている。

コメント

穀雨(こくう)の時節となれば・・♪

2007-04-25 06:38:00 | 定年後の思い
東京の郊外は、昨夜の6時過ぎに霧雨が降りだして、
10時過ぎに布団にもぐった時は雨脚の音を聴きながら眠りについた。

今朝は4時半に目覚め、歳を重ねると、早寝早起きかしら、
と苦笑しながら起きた。
先程、玄関の外れで煙草を喫いながら、雨を見詰めていた。

花梨(カリン)の若葉、ピンクの可愛い花、紫木蓮(シモクレン)の花、
そして藪椿(ヤブツバキ)の朱色の花を観たりした。
雨の降りしきる中、こうした彩りに慰めを頂いたりしている。

古人たちは、この時節に於いて、穀雨と称しているが、
農作物の穀物、野菜などが豊かに育ち、雑木、草花も雨の恵みとなる。

日中は雨の1日となり、平年より幾分低い15度前後となる。

私は雨の降りしきる主庭、玄関庭の樹木を眺めながら過ごせるが、
お勤めの方達、通学、外出なされる方達はお気の毒と思ったりしている。

コメント

旅の始まりは、始発電車・・♪ ~西九州シーサイド紀行~ ②

2007-04-25 05:35:00 | 定年後の思い
家内は旅行の当?E蓮浸眩瓩瓩傍④?E?br>
今回の旅行は、羽田空港で朝の7時10分の集合時間であったので、
家内は朝の2時半に起床し、私は30分遅?E裡鎧任△?E?br>
地元のタクシーに4時半に自宅に来て貰う前、
家内は台所と洗濯、そして朝食を食べたりす?E?br>何時もの旅行の当?E僚侏荵覆里如羹蠅叛呂笋瓩燭蕁?br>と私は家内に云ったりしてい?E♤△海械横或僂?E蕕覆い任い?E?br>そして、家内の性格は集合時間の?E崛阿謀紊掘?br>ゆっくりとコーヒーを飲むのが理想としてい?E里如?br>早めのスケジュー?E箸覆?E?br>

予?E屬縫織掘爾望茲?E漾∈粘鵑寮?E惘狒阿砲錬柑苅以♢謀紊掘?br>始発の4時55分には少し早く、改札口も閉鎖さ?E討い拭?br>
私共は団体観光ツアーに参加す?E?E悄⑺超舛僚弦膸屬瓩ぞ?E隋?br>自宅からタクシーで羽田空港、新宿駅まで利用したことがあ?E?br>2年前には、JRの新宿の始発に乗?E燭瓠∩當㎠凌圭姫悗紡垉,靴討い浸蓮?br>住?E堋蠅凌傭ジ離轡礇奪拭爾諒弔泙辰討い?E佞撚燭?E辰得沺?br>私なりに不安げになり、家内共々、交番の横で私は?E陲魑覆辰燭蠅靴討い拭?br>
羽田空港、?E悄⊂緻悄⊃圭姫悗旅銃發料當㎝技阿両襍覆蓮?br>私の?E?E験茲㎠虱召蠅砲發㎠盈イ?E討い?E里如?br>都心は休む時はなく、24時間動いてい?E里魘気┐討?E?E?E蠅任發△?E?br>
私が現役時代の多忙な時は、深?E烹音瓩㌔紡犲劼靴燭蝓?br>或いは徹?E砲覆蝓∨楴劼力史槎擇竜蔽稘垢覗當㎤癲璽縫鵐亜Ε機璽咼垢離魁璽辧爾肇函璽好箸鮨④戮燭蠅靴燭♤?br>あくまで会社周辺、帰宅のタクシーの経路の情景であったりした・・。

こうしたことを思い浮べ、成?E惘狒阿留愾阿捻?E陲魑覆い覆♢蕁垉,靴討い?E函?br>始発電車に備え、駅の改札口のシャッターは上がって行った・・。

成?E惘狒阿了枠甜屬蓮■柑毅喫鼎㎠貌阿Ⅶ呂瓩拭?br>
尚、私達の旅行の多くは、自宅の近くのバス停留所の始発6時過ぎが望ましく、
こうしたプランを立案してい?E♤?br>ときお?E賃隆儻張◆爾能弦膸屬料瓩せ蓮∈2鵑里茲Δ糞音屬箸覆辰燭蠅靴討い?E?br>

                《つづく》

コメント