たけじいの気まぐれブログ

記憶力減退爺さんの日記風備忘雑記録&フォト

記憶補助ツールになってる爺ブログ

2022年05月29日 09時57分29秒 | ブログ考

「日残リテ 昏ルルニ 未ダ 遠シ・・・・」
(藤沢周平著「三屋清左衛門残日録」より)

ふるさと北陸の夕景
日本海水平線上に浮かんで見えるのは能登半島


◯開設してから11年目になるブログ

光陰矢の如し・・、初めて「ブログ」なるものを始めたのは、2011年5月29日だった。あれからもう、11年の歳月が流れたことになる。よくもまあ、11年も飽きずに続けてきたものだと我ながら感心してしまう。11年前はまだ、自営業を続けていた頃で、仕事柄、PC、インターネットは活用していたものの、プライベートでは、SNS等にはまるで無縁、IT音痴で、ブログについても、「ブログ?って なんのこっちゃ?」レベルの爺さんだったものだ。
「それが、なんで、ブログを・・」・・・。
ちょうどその頃、一時、朝日新聞に、「初めてのブログ」?等という記事が連載されていたことが有って、「PCさえ有れば、誰でも簡単に始められますよ・・・」等という、甘い?文句が並んでいた。ついその気になって、なんだか良く分からないまま、開設してしまったというブログだったのである。そのブログ、当時、仕事上で利用していたプロバイダーOCNが運営していた「ブログ人」で始めたものだったが、数年後にその「ブログ人」が廃止となり、丸ごと、「gooブログ」に引っ越してきたという経緯が有る。そんなことも、つい先日のことだったような気もするし、ずいぶん昔のことだったような気もしてくる。そのように何気なく始めたブログではあったが、紆余曲折、試行錯誤しながら、形を変え、次第に、長い老いの坂を下る爺さんには、欠かせない存在になってきたような気がしている。そういう意味では、「5月29日」は、そのスタートの日、爺さんの暮らし方を大きく変えた記念の日とも言える。今日が、その11周年記念日である。


振り返り記事 2011年5月29日・「ブログ人 始めました」
👇
こちら


「十年一昔」という言葉が有るが、11年前に、今の自分の暮らしを想像出来ていただろうか。ほとんど変わっていない部分もあれば、まるっきり変わってしまった部分も有り、さらに言えば、未だに生きていること自体、感慨無量となってしまう。


◯記憶補助ツールと決め込んでいるブログ

ブログを開設したきっかけ、目的みたいなことについては、ブログ・カテゴリー「ブログ考」で、これまでも何度も反芻してきたが、当初から、記憶力減退甚だしく、「昨日、今日のことを忘れない内に書き留めておこう」、「過去の記憶の欠片を炙り出して、これまで生きてきたあしあとを、出来る限り書き留めてみよう」等という思いが働いたような気がしている。とても「自分史」等という類のものを書く才等無しだが、ブログという媒体に、断片的に書き込んでいけば、「塵も積もれば山となる」で、なんとなく自分史的になるかも知れない・・・等と、かってに思い込んだものだった。
「他人様に発信し、他人様と交流する」という本来のブログの機能、性質を差し置いて、一貫して、自分自身のための「記憶補助ツール」、「備忘録的雑記録」の類と決め込んでいる「不常識なブログ」であることを自認している。あくまでも自分向けのもので、とても他人様にお見せするような代物ではないが、公開されてしまうものである以上、それなりに緊張感を伴い、出来る限り誤字脱字に注意したり、体裁を考えたりしているが、11年経っても一向に進化せず、開設当時から、ほとんど変わっていないなとつくづく思っている。

その日その日のことや過去のことを、日記や備忘録(懐古録)として、もしその気になって、旧来のように紙面に認め、保管したとしたら、年々膨大な量になり、大変なことになることは目に見えており、それは、いずれゴミと化し、遺された者の手を煩わすことになる。では、では、ということで、日記や日誌の類も、PCで・・・という手も有るが、自己管理出来ない人間、いい加減な性分には、なおざり、おざなり、三日坊主?になること必至。その点、ブログは他人様に公開する日記、備忘録(懐古録)のようなもの、緊張感が違うし、ある意味、励みにもなる。いい加減な性分でも、継続出来るのではないかと思い込んだものだったが どうやら、その点は当たっていると言える。
当初から、そんなに深く考えていた分けではないが、いつからか、そんな日記のような、日誌のような、雑記録のような、懐古録のような、単なるメモのような書き込み記事を、gooブログの「カテゴリー」に仕訳け、詰め込むようになった。gooブログの「カテゴリー」「自分が生きている間の「引き出し」「ほぼ無限に詰め込める引き出し」と決め込んでいるが、その「引き出し」は、いずれ残された者が、ブログ解約手続き等すれば、一瞬にして消去、片付いてしまう「引き出し」。今の時代、それでいいのではないか・・・等とも思っているところだ。
昨日のこと、1週間前のこと、1ケ月前のこと、1年前のこと・・・まったく記憶があてにならなくなっている老脳、「ブログ内検索」等で、過去記事を、瞬時に引き出せるgooブログは、いろいろ確認する時に大いに役立ち、今や、爺さんの「記憶補助ツール」として、有難い存在になっているのである。

              あと幾年ブログ道連れ老いの坂
              ボケぬ内あしあと辿る爺ブログ
              記憶補助ツールになってる爺ブログ、
              過去現在ブログで辿る最終章、

(ネットから拝借イラスト)

 

コメント (4)

5月29日

2022年05月29日 06時24分04秒 | 暮らしの記録

当地、今日の日の出時刻は、4時30分頃だったようだ。
因みに、日の入時刻は、18時51分頃のようで、
日長時間は、約14時間21分、1年で最も昼間が長い季節になってきている。
天気予報によると、当地、今日は、晴、最高気温 31℃、
もしかして、今年初めての?の、真夏日?、かな?

「咲いてるよー」
先日、開花寸前だった鉢植えのアマリリスが咲き出しているのに気が付いた「花と庭の係」の妻から声が掛かり、「花の写真を撮るだけ係」の爺さんの出番となった。
アマリリスの色合いは、暑さを倍増する感じもするが、今年もまた、雑草だらけの、入梅前の猫額庭で、一際目立つ存在になっている。


爺さんの備忘録的花図鑑「アマリリス」
👇
こちら


 

コメント

桑の実ジャム

2022年05月28日 21時59分38秒 | 暮らしの記録

二人の国民年金が頼りの老夫婦、出来る限り出費を抑え、全てに渡ってつつましく暮らしているが、ジャムの手づくり(自家製)も、そのひとつだと思う。
毎年、畑で採れるイチゴゴーヤ、猫額庭で採れるユスラウメの実、畑地の地主Fさんからごっそりいただくブルーベリーの実で、妻がジャムを作っているが、二人で、1年間、食するジャムの量には十分で、これまでのところ、ジャムを買ったためしが無い。いずれのジャムも、高価で有り、大いに家計に貢献していると思う。
ところが、今年は、イチゴが、超不作、ユスラウメの実は、ゼロ、
どうする?、どうする?・・・と言っていたところだったが、先日、散歩・ウオーキングの途中で、土手に植樹されている数本のクワ(桑)の実が熟し、落ち始めているのを見掛け、妻が目を付けたものだ。
その時も、試しに、少し採ってきて、初めて、桑の実ジャムを作っていたが、意外と上出来で、気を良くした妻、もっと採ってこようということになり、今朝、二人で出掛けた。
すでに、クワ(桑)の実は熟して、バラバラ落ち始めており、路面は、黒く汚れていたが、まだまだ沢山の実が付いており、採り放題。ほとんどが、かなりの大木であり、当然 手が届く範囲のほんの一部の実を、ほどほど採って帰ってきた。手首、手のひら、指先が、紫色、ピンク色になったが、水で洗えば、消える。
午後、早速、妻は ジャム作り開始、出来上がったようだ。
散歩・ウオーキングの途中で、何気なく見掛けた桑の実が、我が家のジャム助っ人?になったようだ。
というわけで、今日の散歩・ウオーキングのお目当ては、桑の実採り、
時間が掛かった割に、スマホの歩数計は、約6,000歩だった。

バイカウツギ

 

サクラの実

 

クルミの実

採ってきたクワ(桑)の実

 

出来上がった桑の実ジャム

熱湯消毒した空き瓶に詰めて、冷凍保存しておくようだ。


ブルーベリージャム作りの記事
👇
こちら


ゴーヤジャム作りの記事
👇
こちら


ユスラウメジャム作りの記事
👇
こちら


イチゴジャム作りの記事
👇
こちら


 

コメント (8)

ゼニアオイ(銭葵)

2022年05月27日 20時44分03秒 | 爺さんの備忘録的花図鑑

毎年この時期、散歩・ウオーキングの途中、あっちこっちで見かける花のひとつに「ゼニアオイ」が有る。草木に疎い爺さん、「ゼニアオイ」もまた、しっかり花名同定出来るようになったのは、ごく最近のことで、ブログ内検索してみると、初めて「ゼニアオイ」が出て来るのは、3年前、2019年5月13日だった。もしかしたら、それ以前にも、写真は撮っていたのかも知れないが、花名知らず分からずで、「君の名は?」・・・だったのではないかと思う。せっかく覚えても、何日かすると、「えーっと?、えーっと?」、花名がサッと出てこなくなってしまう爺さん、また思い出せなくなる前に、ブログ・カテゴリー「爺さんの備忘録的花図鑑」に、書き留め置くことにする。

2019年5月13日に撮っていた「ゼニアオイ」

 

2020年5月22日に撮っていた「ゼニアオイ」

 

先日 2022年5月25日に撮っていた「ゼニアオイ」

 

今日、撮ってきた「ゼニアオイ」


ゼニアオイ(銭葵)

アオイ科、ゼニアオイ属、多年草、
    別名 「ツリーマロウ」「モルチアナ」
    和名「銭葵」は、花の大きさ、形が、一文銭に見立てられたことに
    由来している。
原産地 南ヨーロッパ、
    日本へは、江戸時代に渡来、
草丈 60cm~1.5m
花色 赤紫色、淡紫色、紫色、ピンク色、白色、
開花時期 5月頃~7月頃
花言葉 「初恋」「恩恵」「温和」「温厚」「柔和」「母性愛」「古風な美人」


 

コメント (1)

豪雨のち晴、雨上がりの花散歩

2022年05月27日 18時36分02秒 | 散歩・ウオーキング

活発な雨雲を伴った低気圧の移動で、朝方から昼頃まで、激しい風雨にみまわれた当地、午後には、雨が上がり、青空が広がり出した。気温も、25℃前後まで上がり、ひとしお蒸し暑い日になっている。
体調イマイチ、午後、うつら、うつら、船を漕ぎ、1時間程寝入ってしまったが、夕方になって、やや、すっきり。いかん、いかん、歩け、歩け、
近くをちょこっと歩いてきた。
  君の名は?花に尋ねつ爺散歩
  足腰をだましだましの爺散歩
スマホの歩数計で、約8,000歩。
汗ダクになってしまい、着替えたところだ。

そろそろ、アジサイの季節

ゼニアオイ

君の名は?                 君の名は?

 

何の実?
(追記)
相互フォロワー登録しているglimiさんからコメントいただき、
「グミ(茱萸)の実」であることが分かりました。

マツバギク

 

君の名は?

クレマチス?

ハコネウツギ

君の名は?

 

ブラシノキ

 

 

コメント (4)