たけじいの気まぐれブログ

記憶力減退爺さんの日記風備忘雑記録&フォト

背泳ぎのストローク

2019年06月15日 21時55分20秒 | スイミング

当地 今日は 1日中 かなり酷い雨だった。
骨休めを決め込み閉じ籠り状態、
全然 歩いていないし・・・、
やっぱり 泳いでくるべし・・・、
ということで、
19時~20時のスイミングクラブ成人クラスレッスンに出席、
先程 帰ってきたところだ。

今日は O指導員による背泳ぎ中心のレッスン、
いつものように、基本、基本の繰り返しだったが
特に ストローク、手の方向、効率的なかき方、タイミング等を
チェックされた。

背泳ぎのストローク、

レッスン終了後、例によって居残り 
疲れを知らないベテラン女性陣のうしろにくっついて、
5秒間隔スタート、
クロール 50m×10本、4種目 25m×4本、
なんとか 泳ぎ切って 引き上げてきた。

家で座っていると寒いと 
寒がりの妻はひざ掛けをしていた位の夜だが
泳いで帰ってきた爺さんは 身体カッカ、
遅い夕食、 
程好い疲労感、すっきり感と
1杯のビールで いい気分になっているところだ。

 

コメント

雨読 「伊豆の踊り子」

2019年06月15日 13時08分04秒 | 読書記

天気予報通り 今日の当地 かなりまとまった雨降りになっている。
午前中 ちょこっと車で買い物に出掛けただけで、
帰ってきてからは 特に予定無し。
外は雨、
廃棄処分するつもりで 未だに積み上げてある古い本類の中から
先日 ふっと目に付いた1冊、「川端康成集」。 
また 取り出して机の上に置いて有り、改めて開いてみることにした。

「伊豆の踊り子」、「雪国」、「千羽鶴」、「虹いくたび」、「山の音」、「眠れる美女」の6編が収録されているが、
先ずは 「伊豆の踊り子」、
言わずと知れた 川端康成の初期の代表作である。

記憶になかったが 文中の随所に 赤ラインが引かれている。
本書の裏表紙の隅に 万年筆で 「40.10.23」(多分 買った日)と書かれており 50年以上前の本、
若い頃から 読書の習慣等無かったはずだが、一時的に 熱中し 何回も読み直していたのかも知れない。

「伊豆の踊り子」は 1926年(大正15年)に 雑誌「文藝時代」に掲載され、1927年(昭和2年)に 単行本が刊行された短編小説。
数え年20歳の旧制一高生だった川端康成が 孤独と憂鬱な精神状態から逃れるために 伊豆を 一人旅した際の実体験を元に描かれている旅情と哀歓の物語である。
なによりも冒頭の一節は 後年にいたるまで 「伊豆」のイメージを膨らませてくれるものだったと思っている。

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃 
雨脚が杉の密林を白く染めながら すさまじい早さで麓から私を追って来た。

「私」とは 川端康成自身のことに他ならない。

私は 20歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんがすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。
一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り 湯ヶ島温泉に二夜泊り 
そして 朴歯(ほうば)の高下駄で天城峠を登ってきたのだった・・・・、

と 続いている。

その「私」が 旅の途中 下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり 17歳位に見えて実は14歳の一座の一員、踊り子の薫に淡い恋心を抱き、素朴で清純無垢な踊り子の心によって 孤児根性に歪んでいた「私」の心が 解きほぐされていくという過程が描かれている。
最後には 彼女との別れのシーンが有り、

頭が澄んだ水になってしまっていて それがぼろぼろ零れ その後には何も残らないような甘い快さだった。

で 物語が終わっている。

赤ラインが引かれている箇所の中で、特にずっと脳裏に焼き付いている一節が有る。
踊り子の兄栄吉の妻千代子と 踊り子の会話のシーンである。

「いい人はいいね。」
「それはそう、いい人らしい。」
「ほんとうにいい人ね。いい人はいいね。」
この物言いは単純で明け放しな響きを持っていた。感情の傾きをぽいと幼く投げ出して見せた声だった。私自身にも自分をいい人だと素直に感じることが出来た。

戦前、戦後、何回も映画化されたり、テレビドラマ化されている 「伊豆の踊り子」、
最初に原作を読んで抱いたイメージも 次第に演じた俳優や脚本に影響されて変化してきているようにも思うが、
やはり 原作から感じるものを大切にしたいものだ。

今年(2019年)2月16日、「河津七滝(かわづななだる)」を訪ね、
踊子コースの一部を歩いてきた。



三浦洸一の 「踊子」 (YouTubeから共有)

コメント

「太陽は燃えている」

2019年06月14日 18時47分47秒 | 懐かしいあの曲

当地 今日は 午前中晴れていたが 午後には次第に雲が広がり出した。
天気予報では 明日は 大荒れ、大雨になるようだ。
午前中に タマネギの収穫を終わらせて 正解だったと思う。
大荒れ、大雨に備えて タマネギを ベランダから 室内に移動したところだ。

ほとんどテレビを見ない生活になって久しい。
朝食時や夕食時には 天気予報をチラ見したりはするが 1時間、2時間のドラマやバラエティー番組を じっくり見ることは先ず無くなっている。「65歳以上の高齢者」の仲間に入った頃からだろうか、テレビ番組表を確認してまで 本当に見たい番組が少なくなってしまったのだ。難聴になり、すっきり理解が出来なくなったことも理由のひとつかも知れないし、何ごとにも興味関心意欲を持てなくなる危ない老人になりつつあるのかも知れない。
ただ 絶対テレビ見ない宣言している分けでは無い。
たまたま サッカー日本代表の国際試合等や巨人対阪神戦等が放送されていれば 成り行きで最後まで見ることも有る。
テレビも見ないで いったい何しとるんや?
気まぐれな性分、あれやこれや、自分流に時間を使い 自己満足しているんだと思う 。

今日も 夕食前の手持ち無沙汰な時間には 古いレコード盤やCDを引っ張り出して 懐かしい音楽を聴いたりし、
夕食後には 日記を付けるような調子で ブログ書き込みをしているところだ。
積極的にあちらこちらへ出掛けること少なく、ネタもそうそう有る分け無し、ブログ書き込みもなかなか厳しい。

若い頃聴いていた懐かしい曲を 錆び付いた老脳から炙り出して ブログに書き留めてようとしているが それも そろそろ限界に近づいている。
先程 ふっと思い浮かんだ曲が有る。
エンゲルベルト・フンパーディングの 「太陽は燃えている」だ。
原曲は 1957年に キューバのトリオ・ロス・エルマノス・リグアルが歌ったラテン・ナンバーなのだそうだが 英語訳し ラヴ・ソングとして エンゲルベルト・フンパーディングがカバーし 世界的に大ヒット、日本では 1971年頃に 大ヒット、尾崎紀世彦や松崎しげる等も 歌っていたような気がする。
多分 同年代の方であれば 「あっ!聴いたこと有る・・・」という曲だと思う。
エンゲルベルト・フンパーディング・・・・名前がなんとも変わっていて 妙に脳裏に焼き付いたような気もしている。

「太陽は燃えている」 エンゲルベルト・フンパーディング (YouTubeから共有)

コメント (6)

タマネギ収穫

2019年06月14日 15時41分46秒 | 野菜作り・畑日誌

当地 今日も 午前中は 良く晴れていました。
天気予報では 明日からまた 雨マーク、傘マークが付いており・・
今日やるっきゃないか・・、
すでに収穫時期が到来しているタマネギ
収穫は 晴れた日にするのがよろし、
やおら 重い腰を上げ 昨日に続き 2日連続の畑仕事と相成りました。

タマネギは ぶら下げて 乾燥、保存する方法が一般的ですが 
それが出来るような納屋や小屋等のスペース、我が家には有りません。
毎年 プラチック格子ケースに並べ 
面倒なことですが、ベランダで乾燥させたり、室内に運び入れたりを
繰り返します。

今年のタマネギ、超不作だった昨年とはダンチで、
玉も 大きく、重く、大玉、中玉が 揃っています。
体重計で おおよそ量ってみると 全部で約50kgも有り、
ど素人の野菜作りとしては 上出来!、上出来!

後手、後手の宿題?を 終わらせ ほっと一息、
コーヒーで寛いでいるところです。


コメント (2)

イノシシは忘れた頃にやって来る

2019年06月13日 16時31分01秒 | 野菜作り・畑日誌

当地 今日は 梅雨の合間の晴天です。
あれもこれも やることだらけですが、
先ずは 2階の屋根まで達してしまったハナモモの枝葉の剪定をしなくては・・・、

アルミ製梯子兼脚立、鋸、刈込鋏、
準備OK、
やおら 取り掛かりましたが 
先に畑に出掛けていた 野菜収穫係の妻から緊急連絡?が入りました。
「また イノシシがジャガイモの畑に侵入したようだ。一部被害有り」

大分前に イノシシ出没対策でやってきた市役所職員から
「こんなネットでは イノシシは防げませんよ。電気柵を施すのが一番です」等と
嘲笑された防獣ネットですが ネットを張って以後 イノシシが現れた形跡無く ひとまず安堵していました。
敵もさるもの、そう甘くは 有りませんでした。
イノシシは忘れた頃にやってくる・・・。
ハナモモの枝葉剪定は後回しにして 急遽畑に掛け付けました。

どうやら 昨日 現れたようです。
ここ数日 まとまった雨が降ったりして、土が軟弱になっていることを イノシシは知っていたのでしょうか。
強力な鼻で15cm以上掘り返し ネットを持ち上げ そのまま 猪突猛進、畑に侵入、
ネットを支えていた細い棒まで 倒されていました。
どういう分けか 1畝のジャガイモだけを掘り返し、しかも収穫時期間近い新ジャガにはまったく手をつけず 腐ったような種芋を食べて 退散したようです。
ラッキー、丁度いい・・ということで 
4~5株分を 試し掘り
ジャガイモ初収穫と 相成りました。
太い杭で補強し ネットをより深く地中に埋め固めましたが 
イノシシがやる気になれば 
こんなもの子供だまし・・・、と せせら笑われるかも知れません。
イノシシとの 智恵競べ、根競べ・・・、
夜行性のイノシシ、深夜トコトコお出ましになり 「?」、「?」、
その情景を想像すると なんだか滑稽に思えてきてしまいます。

インゲンマメ(隠元豆)、
今のところ 順調に育っているようです。

戻って ハナモモの枝葉剪定、
ど素人庭師とて 出鱈目な剪定ですが とりあえず 明るくなり 1件落着。

ベルガモットが あと何日かで開花しそうです。

コボウズオトギリ

チロリアンランプ

カシワバアジサイ




 

コメント (6)