今日が一番素敵

丁寧な暮らしを心がけながら、日々、折々のの心模様を素直に語ります。
今が一番素敵との思いを込めて。

やっぱり腹式呼吸は、本当に大切 

2016-08-25 07:12:23 | 日記

最近読んだある記事の事です。

新聞記事だったか、ネットのヤフーによる情報だったか、記憶が定かではありません。

いつもですと、新聞記事なら切り抜いたものを保管、ネットの情報なら、それをお気に入りに入れたりするのですが、今回は、その形跡が全くなくて。

記事を書くにあたって、うろ覚えの記憶をたどるしかありません。

 

その記事を読んだとき、その内容に心底納得し、今後、ますます私も実践に努めよう、と思ったことだったのです。

ブログ上で皆様にも、是非ご紹介したい、と私は思いました。

ところが、それが見当たらなくなってしまったので、仕方がありません。

思い出し思い出し、話を進めていきますね。

 

おおらかな景色そのものの海に相対すると、
私たちはきっと自然に腹式呼吸を行っているのではないでしょうか?

 

腹式呼吸。

雑誌、新聞などでよく目にするこの言葉。

ほとんどの方は、この呼吸法の大切さを、御存じでしょう。

私もその一人です。

副交感神経の働きを強め、自律神経を整えるのに、とても良いこの呼吸法。

 

記事によると、イチロー選手は、この呼吸法を日頃常に取り入れて、試合にも臨んでいるとのことでした。

打席に立った時、手を胸のあたりに当てる独特のポーズも、それが関係していると、確か書かれていました。

彼は実にゆっくりとした落ち着いた口調で話されますよね。

それも、腹式呼吸を実践しているから、といった内容でした。

うろ覚えなどで、正確ではありませんが。

それを読んだ時の私は、心から納得。

私も腹式呼吸を、日頃の暮らしにもっともっと取り入れた生活をしなければ、と真剣に思いました。

 

 

私は、かなり前の記事にも、この効用を綴った事があります。

床に就き、しばらく腹式呼吸をして休むと、中途覚醒がなく、よく眠れるようになったことを。

私は寝付くのは、あっという間なのですが、夜中に目が覚めるのが、悩みの種。

けれど大抵、又すぐ寝付けます。

とはいえ、一度ならともかく、二度、三度だと、起床時の気持ちは、熟睡感からは程遠く、悲しいものがあります。

 

或る日から思い立ち、床に就いて寝入るまで、この腹式呼吸をまめに心がけるようにした時期がありました。

すると、どうでしょう。

それをきっかけにして、睡眠の質が驚くほど改善されました。

一度、夜中に目が全く覚めず、夜明けまで、約七時間、ぐっすり熟睡できたことがありました。

その時の感激は、今でも忘れられません。

 

妹と出かけた尾道・倉敷旅行の時の写真です。
雄大な景色を前にして、思わず腹式呼吸を私はしたことでしょう。

 

でも私は、その後、毎日の雑事に追われ、腹式呼吸を特別気に留めない暮らしに戻ってしまいました。

恐らく慣れ切った、鼻先だけの浅い呼吸法で、日々を送っているのだと思います。

特別、その暮らしでも、差し支えはありませんから。

意識して努力しないといけないことは、なかなか持続は難しいものですね~

私のように意志が弱い人間は、特にそうです。

 

この呼吸法を、もっとまめに行えば、いろんな効用が期待できるのではないでしょうか。

睡眠の質が高まる意外に、どんなことが望めるのでしょう。

次にあげることは、私の勝手な思い込みで期待していることに過ぎませんが。

 

私の悩みの種の疲れやすい体質が、改善される。

疲労回復には、背伸びが良いと書かれていたものを、最近目にしました。

背伸びをすると腹式呼吸を自然に行っていますものね~

 

目を閉じて、この呼吸をすると、リフレッシュ効果も期待できます。

 

腹式呼吸は、酸素をいっぱい体に取り入れるので、健康維持にも役立つでしょう。

その酸素が脳にも行き渡れば、認知症の予防にも。

もしかすると、肌のコンディションも良くならないかしら。

チョッピリでも、体重の減量効果が期待できないかしら???

欲張りな私です。

 

ブロッコリーのポルペテイ・かぼちゃのアグロドルチェ・
ファッロと夏野菜のサラダ・チキンソテーマルゲリータ風・ジェノベーズソースのご馳走パスタ

 前菜から始まった本格的なイタリア料理です。

次女宅で、次女にも手伝ってもらい、私が振る舞ったご馳走です。
これに至る、素敵な経緯と思い出は、またいつか記事にしたいと思います。

 

時間も、場所も選ばず、思い立ったときが実行できる腹式呼吸。

こんなに安上がりで、便利な健康法は他にはありませんもの。

 

腹式呼吸の効用の見本がイチロー選手と思い、彼を頭に浮かべ、私も、もっともっと日々、腹式呼吸に努めたいと思いました。

そして、幾つ年を重ねても、背筋がすっと伸びた姿勢で、溌剌とした美しい身のこなしができる人でいたいもの、と。

これは、あくまで私の理想。

現実とは違います。

いつもは相変わらず浅い呼吸をし、集中するときは、私は息を止めているようです。

癖は、なかなかなおせないものですね~

有言不実行の情けない私。

有言実行の人になれるように、努力します。

 

追記

お断りする必要があるのかどうか、いつも迷うことですが、更新を期待してご訪問下さる方に申し訳ありませんから。

明日からまたしばらくお休みさせていただきます。

ランキングに参加しているときと変わらない、多くの方々のご訪問、応援、本当に有難うございました。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

 ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

  

 花のように泉のように

 


この記事をはてなブックマークに追加

ささやかなリフォームと家計

2016-08-24 07:09:25 | 住まい インテリア

最近、我が家のささやかなリフォームのために、預金を多少切り崩しました。

夫が逝ってしまった後、私は、涙ぐましい節約に心がけているつもりです。

少々節約疲れをしてしまっているほどなんですが。

その甲斐あって、遺族年金ながら、預金が少しずつ増えています。

純粋な遺族年金だけでは、貯蓄はとても無理でしょう。

私の場合は、夫のアメリカ年金が多くはありませんが、ほとんど全額、その他に被爆者の保険手当の収入があり、その点恵まれています。

でも、収入は、半額以下に激減しました。

 

このたびのリフォーム代は、この調子なら毎月の貯蓄額の合計で十分賄えそうですが・・・・・・。

月々の生活費の残金は、旅行など、娯楽のための準備金、と決めている私。

すべて、そのために使い果たしてよい、と思っています。

生活を愉しむための節約と思うと、絶対無駄なことはしないぞ~と一層頑張れます。(笑)

もう72歳の身。

余生は長くありません。

今更、守銭奴のようになって、貯蓄を増やそうとは思いません。

残りの人生は、思い切り楽しまなくては・・・・・・。

おうち大好きで、平凡な日々に至上の幸福を感じる私が、何を愉しむのでしょうね~ (笑)

 

ですから、リフォーム代は、頭の中の計算では、全額、毎月の残高以外の純粋な預金の予備費からの引き出しで充当することになります。

何だかややこしい説明で、皆様にはすぐにはご理解頂けないでしょう。

 

徹底した予算生活を送っているつもりでいる私ながら、お金の出どころはいつも同じ。

あくまでそれは、私の頭の中で描かれた見なし予算に過ぎません。

細かな予算項目費の収支の帳尻があっているかどうか、折々で点検し確認しないと、私でさえ、次第に頭が混乱してきます。

 

夫が元気な頃、よく言ったものでした。

「自分の家計簿なのに複雑すぎて、時々全体の把握がうまくできなくなるの。

家計簿を記帳しているとき、自分の頭の悪さを一番痛感するわ」と。

 

 

さて、久しぶりに貯金を切り崩しての、我が家のささやかなリフォーム。

夫が入退院を繰り返していた頃から、そのうち手がけなければ、と思っていたことです。

それは、二階の南向き部屋のカーテンの総入れ替え、その他でした。

実は、昨年の12月の初旬の頃には、システムキッチンの補修を除いて、すべて終わる予定だったのです。

ところが注文契約はとっくに完了済みでしたのに、全く作業が進んでいないといった、信じられないようなことがありました。

後で伺ったところによると、我が家担当のKさんがうつ病に罹られて、休職中だったとのこと。

そのような事情でしたら、止むを得ないことですね~

 

途中から、本社に配置替えになられたKさん、

その後も、担当は変わる事なく、お世話いただきましたが。

恐らく、営業所の優しい店長さんとは違い、厳しい上司にでも出会われたのでしょうか。

それが自信の喪失、うつ病へと進む原因だったのかもしれません。

私の勝手な憶測です。

 

   

  元子供部屋だった部屋のレースカーテンも新しく。
レースと言っても、私はいつもシンプルな無地を選んでいます。

 

私から見ても、いろいろ問題ありの営業マンとの印象を受けていました。

言葉遣いがときどきため語になり、学生気分が完全に抜けきれていない人でしたし、一度何の断りもなく約束を反故にされたことも。

さすがにその時は、我慢できなくて、その方の面前で、厳しく注意しました。

長い人生、多くの業者さんと接してきましたが、こんな事、初めてでしたから。

 

でもどこか憎めない人柄の人だったのですよね。

ですから、店長さんには、言いつけませんでした。

何か気が付いたことがあれば、私の気持ちを本人に直接伝え、注意していけばよい事。

このひとの成長を気長に見守って上げよう、と思いました。

 

ですからうつ病にかかられた、と聞いた時はとてもショックで、可哀想にさえなりました。

携帯に電話をかけると、幼いお子さんの声が聞えてきたりしていましたから。

 

出世し店長になられたWさんに代わり、この方が我が家担当になってから、まだ五年ぐらいしか経っていませんが。

その間に、外壁と屋根の塗装、雨樋の総入れ替え、屋根に取り付けた暖炉の煙突の修理など、いろいろお世話になりました。

外壁の塗装は思い切りよく、早く済ませておいて本当に良かったです。

住宅のリフォーム代金は高額になることが多いですから。

今後は、そのような出費は極力避けたいものです。

 

 

但し、我が家の場合、心強いお助けマンがいます。

住宅総合保険です。

年間で、15~6万支払わないといけませんが、こればかりは、夫が亡くなってからも、名義書き換えをして継続しました。

火災保険、地震保険で利用したことは一度もありませんが、自然災害などによる被害を補償する損害保険では、我が家は幾たびもお世話になってきました。

 

とはいえ、今回のリフォームは、経年劣化により傷んだものの取り換えですから、この適用は当然無理。

すべて自費です。

けれど、夫が存命中の時から、すでに予算に組み込まれていたことですから、さほどの負担感は感じないで済みましたが。

今後は、そうはいきません。

補修をしないで済むように、大好きな我が家をますます大切に扱っていこうと思います。

 

さて最後になりましたが、今回のリフォームでは、カーテンの取り換え以外に、もう三件行ったことがあります。

システムキッチンの収納引き出しと換気扇の補修、電気の傘の取り替えです。

 

収納引き出しは、キャスターその他が壊れ、引き出すとき腰を落として、持ち上げるなければ開けられないようなひどい状況でした。

その状態で、私は一年近くも我慢。

もう限界でした。

 

 

補修後の画像です。使い易くなりました♪

夫婦の寝室のカーテンも新しくしました。
電氣の傘も。
少々大きすぎで、目が慣れてくれません。
もう一回り小さいのに、取り替えてほしかったのだけれど、気兼ねしてしまってお願いできませんでした。
気兼ねの理由は、業者さんに頼むと人件費が高くつくからとおっしゃって、
営業の方が、わざわざ取り付けて下さったからです。

 

換気扇は、30年近く同じものを使用していたので、業者さんに依頼した時は、新しい換気扇に取り換える予定でした。

ところが、点検後、告げられた言葉は、

「十分機能しているので取り替えの必要はないいですよ」

でした。

嬉しい~!大助かりです。

結局、破れて見苦しい状態になっていた、金網の目隠しカバーを取り替えただけで済みました。

既成の物がなく、特注でしたので、十一万ほどかかりましたが、換気扇の取り換えとなると、三十万円以上かかります。

本当に良かった!

思いのほか、長い期間、働き続けてくれる我が家の換気扇。

ここまで働いてくれたのですから、私が死ぬまで私の炊事を見守ってね。

そう声をかけたい心境です。

 

 今から昼食です。

  

 夏バテで、食欲がない私ですが、おソーメンでしたら、美味しくいただけます。
具材は、実に適当。

筑前煮は、二日前の残り物です。

筑前煮を作った時の一人ご飯の献立です

五目ずし(冷凍した具材が一袋残っていたので、それを使用した雑な作りのちらし寿司です)
筑前煮・焼きナス・冷奴・ほうれん草のお浸し

奥の和菓子は、ご近所の仲良しの奥様から頂戴しました。
「たねや」の水ようかんです。
とても美味しかったです。

筑前煮
少しでも涼感を食卓に添えたくて、数少ないガラス食器を最近は良く使用します。

 

今のところ、リフォームは他には思い当たりませんが、来年はシロアリ駆除をしなければならない年になります。

毎月の残金は、娯楽のために使い果たすなんて、威勢のいいことを言いましたが・・・・・・。

シロアリ駆除の支払いを、住宅用の予備費で充当するか、毎月積み立てた娯楽費を削って、こちらに回すか、頭を悩ますことでしょう。

未だに、自分のこれからの暮らし方については、いろいろ迷いがありますから。

いずれにしても、今後は、極力無駄と思える出費は避けましょう。

本当に自分の日々の暮らしに必要なこと、あるいは心から愉しめることに、お金を賢く使いたい、と思っています。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

 ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

  

  花のように泉のように

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

北鎌倉へ 

2016-08-23 07:28:05 | 旅行

話が昨日の記事の内容と前後しますが・・・・・。

長谷町の観光を終え、七里ガ浜駅から数分の場所にある停車場に戻った私です。

ホテルの五時過ぎ発、最終送迎シャトルバスに間に合い、ほっとしました。

 

ホテルの最寄り駅に到着した最初の日は、駅の周辺にはバス停が見当たらず、安易に徒歩で宿泊先にに向かう選択をした私。

そのために、思わぬ苦行を味わうことに。

鎌倉プリンスホテルに向かう坂道の何ときつかったことでしょう。

途中で後ろに目を遣ると、水平線を望む、小雨で煙った海が広がっていました。

久し振りに見る海。

私の苦行は随分慰められましたが。

息切れ寸前の状態で、やっとホテルに到着。

まだチェックインするには時間が早すぎるため、荷物を預け、疲れた体を休めたのは束の間。

その足ですぐ、長谷寺に向かいました。

かなりの強行軍でしたが、昨日綴りましたように、一日目の観光は予定通り、無事に終了することができました。

 

ホテルに到着、しばしの休息の間に撮った、窓からの風景
このころはまだ雨模様で、視界も悪く、海は霞んでいました。

 

翌日の二日目の観光は、北鎌倉です。

江ノ電で鎌倉駅に向かい、そこからJRに乗り換え目的地へ。

鎌倉に着いた時点で、鶴岡八幡宮を先に訪ねる案が、一瞬心をよぎりましたが、

私はアジサイ寺の明月院訪問を先行させることにやはりしました。

鶴岡八幡宮の混雑は、広大な境内ゆえ、さほど気にならないでしょう。

けれど、明月院は、できるだけ静かな佇まいであってほしいと、私は願ったからです。

 

ホテルに宿泊してまで、鎌倉を観光しようと思った理由が、そこにあります。

まだ人気の少ないこの地の界隈を散策してこそ、鎌倉の本当の良さに浸れる、と思ったからでしたが。

のんびり屋の私のこと。

その計画は、あっけなく頓挫。

ホテルを後にしたのが九時過ぎでしたから、明月院に到着すると、すでに大勢の観光客で溢れていました。

 

 山門に通じる参道 アジサイは明月院ブルーと呼ばれているようです。

 

アジサイの咲き方は、長谷寺のようなスケールの大きなものではありませんでしたが。

やはり見ごたえは十分です。

 

 

この日は、雨もなく、幾分、色褪せしおれて見えたのは、私の気のせいかもしれません。

昨日のお天気の条件が、アジサイ鑑賞のために、あまりにでき過ぎでした。

このお寺は、姫アジサイが主流のようです。

 

本尊、方丈内の円窓は、悟りや真理、大宇宙などを円形で象徴的に表現したもので
「悟りの窓」と呼ばれています。

窓の向こうに、後園があるようですが、一時期を除いて非公開です。

 

本尊の前には枯山水の庭園がありました。

 

 明月院を後にして、次に向かったのが建長寺。

建長寺は、これまでに訪ねた所とは雰囲気が異なり、威風堂々とした趣。

鎌倉五山第一位のお寺と言われるだけの風格を、十分に備えていました。

 

三門 

このころからカメラが電池切れまじかのサインが出始め
撮影に集中できなくなってしまいました。

臨済宗建長寺派の総本山。北条時頼が宋の高僧を招いて建立。

 

境内の奥では、日々、僧侶たちが厳しい修業に励ででいると知り、なんだか心引き締まる思いがした私です。

余りに厳かな趣で、アジサイ寺の様な親しみは覚えられませんでしたが。

最近の京都旅行の際、寄った健仁寺も、とてもよく似た雰囲気でした。

 

方丈の裏側の美しい庭園
方丈は禅宗寺院の住持や長老の居室の事です。

 

この後、向かったのは、最初に通り過ぎた駅前の円覚寺です。

実は、鎌倉から戻り、日があまり経過しないうちに、メモ程度の感想を、私は書き留めていたのですが、それも建長寺の前まで。

前回の一連の投稿記事の手直しに入りました。

久し振りに、建長寺の続きを綴ろうと思いましたが、既に記憶もおぼろ。

書く勢いが全く出ません。

 

円覚寺の事もあまり覚えていなくて。

どうしましょう。

 

北条時宗が、宋より招いた無学祖元禅師により、開山された寺院です。
国家の鎮護、禅を広めたいという願いと共に、蒙古襲来による殉死者を、敵味方なく平等に弔うために、
円覚寺が建立されました。

画像の説明は、その都度、検索し、私が印象に残った史実を簡単にまとめたものです。
間違っていたら、ごめんなさい。

 

一番心に残っていることは、円覚寺のアジサイを一番美しいと私が感じたことでしょうか。

過ぎたるは猶及ばざるがごとし、と言いますけれど。

アジサイ寺の数には程遠く、境内に静かな佇まいでひっそりと咲いていた円覚寺のアジサイです。

その方が、一つ一つの美しさが際立って、私の心は一層惹きつけられました。

 

 高尚な雰囲気の僧侶のお姿も。

 

アジサイのみならず、私が一番気に入った寺院も、円覚寺です。

格調、気品、優美さ、すべての面で一番優れているように感じました。

けれど、カメラの電池切れが心配で、シャッターが押せず、いい写真がありません。

 

 舎利殿
奥の建物は神奈川県唯一の国宝建築物です。

 

この日も、何とか私の計画通り、予定の時間内で、私が訪れたいお寺を見て回れました。

お腹もそろそろ好き、私のお目当ての、お食事処「鉢の木」へと。

娘たちが大学生の頃、家族で鎌倉散策を愉しみ、その時に立ち寄った懐かしいお店です。

恐らく鎌倉では、一番名の知れたお食事処ではないでしょうか。

少々お値段も張りましたが、美味しい懐石弁当をいただきました。

 

 

この画像をカメラに収めたところ、そこで電池切れでした。

 

実は、このたびの旅行で、広島へ出かけたときと同様の失敗を繰り返してしまった私です。

何度同じ失敗を繰り返せば気が済むのでしょう。情けない!

けれど、旅行の内容は、ほぼ私のイメージ通りの満足度の高いものでしたから、良しとしましょう。

 

観光地を巡る経験を重ねる内に、次第に旅行慣れし、旅を心から愉しめるようになるのでしょうか。

そう願いたいものです。

ある友人に、

「司馬遼太郎の『街道をゆく』を読むと、旅をしたくなるよ」

と言われました。

実は、私も読みたいとかねがね思っていた書物です

書店に行った時には、何気に探している私ですが、数度、司馬遼太郎のコーナーをチェックしたときには見当たりませんでした。

 

充実した旅をするためには、ガイドブックのみでなく、文学の薫り高い、その地に触れた書物を読むと、奥の深い味わい方ができますね~

軽井沢に出かけたとき、万平ホテルの売店で求めたのが下の本です。

 

軽井沢は毎年でも行きたいほど、私のお気に入りの場所です

 

とても参考になり、軽井沢へのの思いが深まったものです。

郷里の菩提寺の墓参を兼ねた夏の旅行も、よい本との出逢いがいあるといのですが、今のところ、手元にあるのは、平凡なガイドブックのみ。

 

またきっと最初の内は、自信がなく、胸ドキドキのスタートになるのでしょう。

郷里の菩提寺のお盆供養の法要への参列と墓参、そしてその前の二泊の京都旅行がつつがなく無事に終わりますように、と今から祈っています。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

  ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

理想的なお天気に恵まれて

2016-08-22 07:15:34 | 旅行

オリンピックで世の中が沸き立ち、お盆も過ぎ、残暑が厳しいとはいえ、そろそろ秋風が立ちそうなこの頃ですのに・・・・・・。

私の更新記事の内容は,あまりに時季外れ。

恥ずかしいといったらありません。

マイペースで、とにかく書き上げていき、今のシーズンに追いついたなら、今後のブログへの臨み方について考え直しましょう。

真剣にそう思っているところです。

言い訳から始まった、久しぶりのブログ再開(?)ですが、まずは鎌倉旅行の続編から始めます。

 

私が観光で最初に訪れたのは、宿泊するホテルに一番近い目的地、長谷寺でした。

鎌倉のアジサイ三大名所の一つ。

梅雨シーズンをわざわざ選んだのも、アジサイが一番美しい時期に、これらのお寺を巡りたい、と思ったからです。

 

家を立つ時は、雲行きの怪しいお天気が不安でなりませんでしたが・・・・・・。

実際はどうだったでしょう?

まるで、演出されたかのような、理想的なお天気に、私は恵まれました。

家を出たときの小雨は、午前中は止むことがありませんでしたが、昼下がりには、突然空が明るくなり、一時的に、信じられないような青空が広がりました。

 

街と海を一望できる長谷寺の見晴らし台からの絶景です

こんなにきれいな青色の空では、実際はありませんでしたけれどね。
銀閣寺の画像と同様で、カメラのむけ方のトリックによるもののようです。
私は特別意識して撮ったわけではありません。

 

雨がふさわしいアジサイ。

しっとりと濡れ、色鮮やかとなった花々が、陽光を浴び、その優美な美しさを一層際立たせてくれました。

長谷寺では、アジサイ鑑賞にこれ以上のお天気は望めないというほどの好条件に恵まれた私です。

それにしても、その花で埋め尽くされた長谷寺の境内の斜面は、実に見ごたえのある光景でした。

余りに多すぎて(2500株)、一つ一つのお花を愛でる趣ではありませんでしたが、その美しさには圧倒されてしまいました。

 

幸運にも、その日の混み様は、さほどではなくて。

アジサイが群れ咲く丘陵の散策路を、スムーズに歩くことが、私はできました。

 

 

ホテルに戻って聞いた話では、前の週は、その散策路に入るには、なんと三時間待ちだったとのこと。

そういえば、入口のところに時間表示の看板が立てかけられていました。

今日は「待ち時間ゼロ」との。

そのあとに、1時間、2時間、3時間‥が続いていました。

お天気にしろ、込み具合にしろ、本当に運に恵まれた、このたびの旅行です。

ベストシーズンにお出かけになる方々は、くれぐれもこの点をお気を付けになってくださいね。

 

散策路は、こんな感じです。

アジサイに見とれ過ぎて、本堂の写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

 長谷寺を後にして、次に向かったのは大仏でよく知られた高徳院。

長谷寺から徒歩12~3分のところにあります。

久し振りに大仏様にお目にかかれるとあって、私の心は、結構弾んでいました。

恐らく夫を失った寂しさのせいもあったでしょう。

 

そのお姿は、私の期待通り。

柔らかな表情の大仏様の御顔を,慈悲にあふれてとても美しく、それを前にして、私の心は震えそうになるほど感動しました。

与謝野晶子が詠った短歌を思い出しもした私です。

何て良い表情をなさっておられるのでしょう。

お大仏様と向き合っていると、私の心の寂しさも不安もすべて受け入れ、浄化してくださるような感じがしました。

 

 

 かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は美男におわす夏木立かな 
与謝野晶子

この歌は夫の実家での思い出が、私にはあります。
またいつか語らせていただきますね。

 

そのお膝元で、遠足の小学生や、幼い子供たちが、たくさん群れて、お喋りに興じていましたが。

それを見守るか如くのお大仏様。

子供とお大仏様が一体となった光景は、幸福を絵に描いたようでした。

 

或るエッセイストが、「旅は天国に出逢うために行く」と言うような表現をされていたのを思い出した私です。

大仏様の周りの雰囲気は、天国といっても可笑しくない光景でしたから。

 

さてこの大仏様にお別れを告げ、次に向かったのが、鎌倉文学館。

入館料を払い、重厚な趣あるゲートをくぐると、別天地の様な緑陰のしっとりした通路が続きます。

まるで、心まで緑に染まってしまいそうな雰囲気。

 

 

この広大な敷地とレトロな格調高い建築物は、旧前田侯爵家の鎌倉別邸だったそうです。

その洋館が、いま鎌倉文学館となり、川端康成、大仏次郎、小林秀雄などの鎌倉文学士と称された文豪たちのの作品と活動を偲ぶ館に。

彼らの直筆原稿も見られ、予想だにしなかった思いがけない邂逅でした。

見ごたえ十分な趣ある瀟洒な洋館と共に、陳列品の数々に、私の心は十分すぎるくらい心満たされました。

それにしても、観光客の何と少ない事。

私は、今でも現代作家より、昭和の小説家の文章に惹かれる傾向があるけれど、多くの人にとっては、関心の薄い存在になりつつあるのでしょうね~

そう思わせる、寂しい光景でした。

鎌倉観光の際は、、この文学館の訪問を、私は皆様にも心からお薦めします。

 

由比が浜を臨む広い庭園の先にはバラ園もありました。

 

そのあと、訪ねたのが、川端康成の旧居です。

鎌倉最古のお寺と言われる甘縄新明神社と鎌倉景観重要建築物になっている瀟洒な建物、加賀谷邸のすぐそば。

道路から少し奥まった所に、ひっそりとし佇まいでありました。

 

 

 川端康成氏の旧居の門前です。右は加賀谷邸

川端康成氏にまつわる、個人的な思い出があります。

既に、ブログに書いたことがありますが。

 

大学二年生のころでしたでしょうか。

京都駅のホームを一人で歩いているとき、偶然、川端康成氏が、私の傍を通り過ぎました。

その時、あの大きな目が一瞬私に向けられ、視線がぴったり合いました。

それだけの事ですが、私は天にも上る心地でした。

しばらくその姿を追っていると、赤帽に荷物を持たせ、改札口に向かわれました。

 

そんな印象的な出来事をまた思い出し、自らの手で命を絶たれた文豪の想いに、心を馳せました。

この日の観光はこれで終わり。

駅に向かう途中にある、何気に惹かれた喫茶店に入り一服。

勘定のお支払いをするときの店員さんのお話で分ったことですが、
テレビ局の取材を幾度も受けた事があるお店のようでした。

 

 

ホテルに戻り、海の望めるレストランで、夕食に舌鼓。

 

 

 

右遠方に見えるのは江ノ島です。
良い条件のお天気に恵まれると富士山の眺望も可能のようでした。

 

無事に一日の旅程をこなせた自分に、ほっとし、明日の観光に思いを馳せました。

バッグに潜めている夫の写真にも、語りかけながら。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

 ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

 

  

  花のように泉のように

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今日が一番素敵の思いで、明日から心機一転です♪

2016-08-18 22:47:08 | 日記

既にお断りしていたことですので、15日投稿の記事は非表示にさせて頂きます。

もう、~さんの事実無根の執拗な中傷には、一切かかわりたくありません。

相手になっていると、自分の品位まで下げてしまいそうで、辛く悲しい事ですので。

~さんの中傷は、今後も続くのかもしれませんが・・・・・・。

一方的にしゃべられると、それを信じる方もいらっしゃるかもしれません。

怖い事ですが、いちいち真実を説明して否定するのに、もう疲れました。

 

今日は、新盆に当たり、供養のお品を届けてくださった会社の方などに少々肩の凝るお礼状を認め、夕方投函しました。

とてもほっとした気分です。。

ここ数日、何だか亡き夫に申し訳ない事をしてしまったような気持ちがしています。

「なんで、相手になるのだ、くだらない!」としかめっ面をして、思っていたことでしょう。

夫に詫び、明日から、心機一転、

「今日が一番素敵」の思いを大切に、良き日々を紡ぎたいと思います。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

  ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

清々しい気持ちでお盆を迎えるために・・・・・・

2016-08-13 07:19:37 | 日記

途中下車し、二泊の旅行も兼ね、郷里の菩提寺での夫の墓参を済ませてまいりました。

一昨夜遅く戻り、昨日はまた、両親の菩提寺の住職様を、朝、お迎えするといった多忙さでした。

強行軍でさすがに疲れたのでしょうか。

 読経が終わり、居間で住職様のお話を伺っているとき、頭が真っ白になるような目眩に、何度も襲われました。

 

 銀閣寺の境内より

 京都観光の写真の中で、お気に入りの一枚です。

 こんなに青い空ではありませんでしたが、カメラのむけ方で、鮮やかな色に変身。
カメラの取り扱いの妙味は、私には不可解なことばかりが多くて・・・・・・。
未熟者のカメラマンです。

 

今夜は、迎え火を焚いて、夫とご先祖様たちをお迎えするつもりです。
清々しい気持ちで迎えるためにも、嘘偽りのない事ですから、今回の~さんの中傷は、きっぱり否定して置きたいと思いました。

~さんも、こんな時期に、他人を中傷するのはやめて、御身内の方の供養を心静かに行っては如何でしょうか。
コメント欄でお願いしても、削除され、聞き入れて頂けませんでしたので、またブログ上に書くことにしました。

 

もうこれ以上、嘘を書くのはやめて下さい。
妄想病にかかられたのでは、と思ってしまうほどです。
私が、どうやってあなたの実名を知ることができるのですか。
知るすべなどありません。

私は今までひどい中傷をあなたから散々浴びてきました。
けれど実名を書いた投稿をした、と言われたのは初めてです。
なぜ突然、こんな中傷が、新たに飛び出すのでしょうか。

私にとってはもう遠い過去の事ですが、違うHNを使用したのは貴女への声掛けの時だけで、数回に過ぎません。
止むにやまれぬ思いで、そうしました。
貴女の言動で、理解に苦しむことがあったからです。
まともなHNでは、聞く耳など全く持ってくださいませんでしたから。

管理人さんには、HNを変えても、私が書いたことは、すぐわかります。
それを承知の上での事です。
どなたにも平等に接する、とても穏やかな人柄の管理人さんでした。
私は心から敬愛していました。
その方の面前で恥をかくような言動は絶対したくありませんでした。
HNを変えなければならなかった私の気持ちを理解していただけることを祈りながら、そうしました。
貴女を中傷するために、HNを変えたわけではありません。

それに比べ、貴女はいつも上から目線で、いかに私を傷つけるようなひどい言動を繰り返されてきたことか。
最近の数年間もそうでした。
多重HNを頻繁に使用されるのは、貴女の方ではありませんか。

自分の事はすべて棚に上げ、嘘までついて、私を一方的に非難するのは、もうやめて下さい。

私は、たとえ「馬鹿だ」「かすだ」「品が悪い」その他、如何なる悪口を言われても、それは受け止め方の主観の問題ですから、聞き流す度量はあると思っています。
但し、全く身に覚えのない事で、口汚い言葉を吐いたとか、しもしない行為をした、と書かれるのはあまりにつらく、耐えられませんでしたし、今もそうです。
そのような時だけ、反論してきました。
「いつそんなことを、私が言いましたか、しましたか?」と。
すると相手の方達は、いつもその指摘を無視されました。

途中から夫の菩提寺の法要と墓参に同伴してくれた長女に、帰りの新幹線の車中で、この度の~さんの中傷の件を話したところ、

「相手になるママも、愚かよ。どうして聞き流せないの?」と言われました。

私は応えました。
既に書いたことと重複しますが、

「どんなひどい悪口を書かれても平気だけれど、事実無根の虚言を吐かれるのは堪えられないの」と。

 

鎌倉旅行の続きは、もうしばらくお休み後とさせて頂きます。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

  ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉への一人旅

2016-08-06 07:15:22 | 旅行

昨日の記事もそうでしたが、今日の話題も一月半ほど前の事です。

遠い過去の思い出話でしたら、気にすることではないと思いますが。

私の場合、中途半端な感じで、なんだか気が引けます。

旬の記事でなくて申し訳ありません。

すっかりのんびりペースの綴り方になってしまい、この傾向を改める気は今のところなくて。

チョッピリ恥ずかしくもありますが、悪しからずご了承くださいませ。

 

今日は、天候が不安定だった梅雨の時期に出かけた一人旅のお話です。

行き先は、我が家からさほど遠くない鎌倉。

目的が他に何もなく、純粋な観光のみの一人旅は、生まれて初めての体験だった私です。

 

梅雨の最中に、それを決行(大袈裟!笑)しました。

無事に鎌倉の旅を終え、最寄駅からバスでわが家へ。

今までの私でしたら、タクシー利用は当たり前なことでしたが、今回はバスに乗車。

遺族年金になってから、私が心がけている節約の一つです。

タクシーはほとんど乗らなくなりました。

 

家に着くと、家側の路肩ははぬれ落ち葉で一杯。

留守の間の天候の悪さが、なんとなくうかがえる状況でした。

荒れ模様は天候だけでなく、世界中が悲鳴を上げるような事が現実に。

「悲鳴」は妹の表現を借りました。

恐らくニュースで使用されていたのでしょう。

けれど、思ったほどの影響はないのか、その後、英国も欧州も、その方面では割と落ち着いていますね。

どうなんでしょうか?

 

旅行の初日、湘南の海の近くで仰いだ梅雨空です。

 

帰路の途中で突然思い出したのが、イギリスのユーロー圏からの離脱か残留かの国民投票の結果。

駅の売店前を通る度に、新聞の見出しを何となく盗み見。

どうも離脱らしい雰囲気が読み取れました。

最寄り駅に戻り、バスターミナルでバスを待つ間、妹に電話し、気がかりなこの件を尋ねました。

そこで、先ほども触れた「悲鳴」の表現が。

「日本株は大暴落したわよ」と。

 

お天気は、旅立つ前は風も強く、荒れ模様気味の日々でした。

天候のみならず、世界まで荒れ模様に。

けれど、旅行から帰宅した翌日の私は疲れて体調はすぐれなかったものの、心は穏やかそのものでした。

 

旅行前と旅行中には、他愛ないストレスはいろいろありましたのに。

旅立つ前、持ち物をスーツケースに詰めているときは、何だか不安で、心が弾まない。

「私って、本当は旅行好きではないのでは?」と自問自答することもしばしば。

 

旅行中は、旅程をこなすのが精一杯。

心からリラックスして、非日常の時と空間を味わっているとは言い難いものがありました。

歩く!歩く!歩く!の動作は、私の体力には、かなりの負担。

それに帰宅後、この旅行記をブログを綴らないといけないと思うと、それがまた、ちょっぴりストレスにもなって。

まるで作文の宿題のよう。(笑)

 

木造の駅舎にレトロ感一杯の江ノ電の電車
一昔前の懐かしい風景に、出逢ったような心持になりました。

 

このような小さなストレスは、年齢的なものもあるでしょう。

年を重ねるたびに自信を失っているのに・・・・・・。

あこがれの一人旅に、この歳になって臨もうとしているのですから。

けれど、そのストレスも、旅行から帰宅した日まででした。

そういえば、すっかり準備が整い、いざ出発となった時にも、一瞬、何かが吹っ切れ、心がとても弾んだものです。

 

帰宅当日は疲労も濃く、旅行の思い出を振り返る心の余裕があまりなかった私だけれど・・・・・・。

その翌日になると、心模様はまるで変わっていました。

 

昨日までの二日間の出来事が夢のようで、心から楽しかった、と感じられるようになっていました。

乗り換えを二度も繰り返し、迷いながらやっと江ノ電に乗った時のホット感。

レトロなコトコト電車に揺られ、車窓から水平線の見える海を観たときの感動。

お天気は良くなかったため、紺碧の海とはいかなかったけれど、私の心を打つには、もう十分な海景色でした。

 

ホテルに到着した頃は梅雨空でしたが
その日の観光を終え、送迎のシャトルバスを待つほんの束の間、海岸に下りた時は
夏らしい光景でした。

 

アジサイも、まさに見頃で、心から愉しめた私です。

アジサイ寺として有名な長谷寺、明月院を訪ねました。

六つのお寺を巡ったけれど、私が一番心が落ち着けたのは、北鎌倉の円覚寺だったかもしれません。

いずれのお寺も敷地が広大で、とても全部を見て回る意欲も体力もなく、見落としてしまったところが幾つかあります。

後で気が付き少々残念ではありましたが、くまなく観光はできなくても、雰囲気に浸れれば、それで私は十分。

数々の想い出と共に、輝いた緑滴るお寺の境内の風情ある光景が、今も、私の目には焼き付いています。

そこに身を置けた幸せを、噛みしめ噛みしめ暮らしている自分が、今います。

 

 

このたびの一人旅で改めて実感したことは、旅行は、観光している最中は何となく夢中で過ごすうちに、数日が終わってしまう。

旅行を無事終え、帰宅して落ち着いた時にこそ、その楽しさと良さを理解できるものでは、と。

 

50代のころ、妹とイギリス旅行したときは、株式市場は荒れ模様で、投資顧問で運用してもらっている持ち株のゆくへが気になって仕方がなかった私だけれど。

今回の暴落は、私には他人事.

旅への影響は全くありませんでした。

 

夫が亡くなり、悲しい境遇には変わりないけれど、不安を抱くようなストレスは、あまりない暮らし。

旅行のストレスを愚痴るなんて、幸せすぎる悩みだと、悟りました。

明日からは旅行について、もう少し詳しく述べることに致します。

 

追記

まだ三度の連続投稿に過ぎませんが、いろいろな事情から、一週間ほど更新はお休みします。

訂正をお願いしましたが、聞き入れてもらえませんでしたので、一言、こちらに書かせていただきます。

私は、彼女が言うように、ネット上で彼女の実名をあらわにしたことなどありませんし、実名を知る術など全く持ち合わせていません。

なぜこのような嘘をつかれるのか?

 

その投稿者のIPが私と同じだったなど、と後で付け加えておられますが、あまりにひどいウソ。

許されない事です。

誹謗したことも、むろん私はありません。

誹謗され続けたのは、私です。

彼女は、掲示板のころから、吐いた言葉は、すべて削除するといった卑怯な行為をされてきました。

 

私が全く身に覚えがないような事をまたいろいろ書いて、私を誹謗中傷するのはもうよしてください。

「個人攻撃」の言葉は、文章の流れの中で、多少触れても自然なことに思えたので書きました。

そんなにご気分を害されたのであれば、お詫びします。

けれど、今また、嘘をついてまで脅しのような言葉を使用して、同様の個人攻撃をこりず、されていますよね。

 

私はネット上では、いつも私なりに誠実に対応してきたつもりです。

心に誓っていえます。

貴女の中傷は相変わらずで、とても辛いですが、応えても虚しいだけなので、もうこれ以上はよします。

お互いに心静かに、良きお盆を迎えましょう。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

  ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

非常識な意見と承知で、私の思いを・・・・・・

2016-08-05 07:32:07 | 政治

最近の世の中の雰囲気や風潮に、私は非情にぎすぎすした、異常なものを感じてしまうのですが・・・・・・。

これから書くことは、世間知らずの専業主婦の戯言と思って、どうか聞き流してくださいね。

(「世間知らずの専業主婦」はあくまで私に限っての表現です。以前、この言い回しが、差別用語と言われましたので、一応お断りしておきますね。)

でも、何か言わないではおられないような心境になってしまいました。

と、言いながら、話すのにはちょっと勇気が必要。

反響が、とても怖いです。

 

そのことに触れる前に、このたびの都知事の選挙について。

私は、妥当な結果と思っています。

小池氏が、都知事の風格と能力を備えた人か、多少疑問を感じていましたが、今では心から期待しています。

女性の視点も生かして、堂々と、都政の運営に臨んでほしいもの、と。

 

一方、選挙前の、鳥越氏への低次元の個人攻撃には呆れました。

私がこのブログでご紹介したことがある好きな言葉「諦めと覚悟」は、鳥越氏の記事の中で出合ったものです。

 

これからお話することは、時機遅れもいいところ。

既に過去の出来事になり、小池さんが注目されている現在、蒸し返すようで恥ずかしいですが。

既に、書き上げていたことですので、推敲して投稿させていただきますね。

 

 

これからお話する事は、かなり前から心に抱いて暮らしていた私ですが。

このもやもや感を、皆様に多少でも理解してもらえるように、うまく文章を綴る自信が全くなくて、諦めていました。

でも、やはり何か訴えたい、と。

書き始めると思いがけず、自分の気持ちをすらすら綴れることもたまにありますから、それに期待することにしましょう。

 

私はテレビは、ほとんど見ません。

新聞は大好きで、いろんな分野にわたって、時間をかけて熟読する方ですが、その新聞が、いつも山積みです。

でもどんなに遅れても、必ず目を通さないと気が済みません。

そのために、旬の話題からは、かなり遅れた状態で、いつも暮らしています。

 

そんな私が、皆様の厳しい批判を覚悟で、舛添氏の辞任について私の思いを語りたいと思います。

まず、舛添氏の辞任に追い込まれる経緯を観ていての私の感想です。

辞任は止むを得ないことと思う一方で、都知事として非常に期待できる能力の高い人を、失ってしまったのでは、との気持ちが私にはあります。

舛添氏が東京都を暮らしやすい、防災にも強い都市に作り替えたいとの意欲と情熱は、凄いものがある方のように私には見受けられました。

おそらくこれまでの経歴から推察しても、秀才であられるのはむろん、大変な勉強家、努力家で、いらしたのではないでしょうか。

 

事実、軌道に乗りつつあったやりかけの期待できる立件はいくつかあったようですね~

それらをやり遂げられなかった舛添氏の無念さは、如何ばかりだったことでしょう。

 

 

お金の使い方に公私混同があり、それを、週刊誌が指摘したことが、世間から集中砲火の非難を浴びるきっかけだったのでしょう。

法に触れるほどではなかったにしても、政治家として、あるまじきだらしない行為であったことは確かです。

そのために、恐ろしい個人攻撃となりました。

けれど、果たしで舛添氏一人の責任と断じて言えるのでしょうか。

彼が、悪い事と知りながら、無理やりにそれを要望して、悪徳に走ったとは、なんだか思えない私です。

 

都庁の体質に、それが慣習としてあったのでは。

猪瀬氏はむろん、石原氏、これまでのほとんどの都知事は、似たような公私を混同した税金の使い方を公然とやってきたのではないでしょうか。

どなたか、石原氏にでも、取材を申し入れて尋ねてほしいほどです。

 

慣習となっていたのであれば、おそらく舛添氏は、後ろめたさなどほとんど感じることなく、当たり前のこととして振る舞ったことになりますね。

側近で、注意を促す人もいなかったのでしょう。

元慶応の工学部の教授だった高校の同窓生は、「職員に飼いならされていたのかもしれない。でも少々やりすぎだよ」

と感想を述べていました。

「都庁の垂れ流しの放漫財政の基礎を築いたのは、美濃部都知事の時代から」とも。

 

ところがある日、突然週刊誌に、その記事が載り、激しく叩かれた。

舛添氏の驚きは如何ばかりだったでしょう。

彼が都政の体質そのものを批判しなかったところからして、彼一人の勝手な振る舞いと言えなくもありませんが・・・・・・。

余り言い訳はせず、矢面になった彼の態度に、幾分同情を禁じえなかった私です。

 

都の体質を厳しく指摘したり追及する人がほとんどおらず、もっぱら舛添氏への個人攻撃のみに徹してい社会現象、

それが私には不思議で、異常にさえ感じられました。

 

報酬を半額にするなど、彼なりに反省の態度を示す努力をして、再起の復活をできることなら遂げたい、と強く願っておられたようでした。

私でしたら、その反省を受け入れ、彼にこれまで以上の一心不乱の活躍を期待したかもしれません。

失敗したり、間違ったことを犯すと、絶対許さず、その人の人間性までも蹂躙する、今の社会の風潮が私は,悲しいです。

 

 

朝日新聞のコラムに、女性の新聞記者が、下記のような文章を載せていました。

政治家の顔の変化について述べたものでしたが。

「彼を批判するタレントや評論家の人相が日増しに悪くなったと感じる。時間が経過し、舛添さんの表情や声が憔悴していく中で人々の人相が批判からいじめモードに変わった」
それは、日本人ぜんたいかもしれない、と。」

 

私も以前ネット上で、特定の数人の女性から、酷い言葉を数年に亘って浴びせ続けられました。

その時は、息苦しさ、異常なのどの渇き、食欲不振などに見舞われました。

一例に過ぎませんが、こんなことを書かれました。

(具体的に書きましたが、もうすでに過去の事。削除しました。蒸し返してごめんなさい!)

 

ただ、自分の日々の暮らしの思いを素直な気持ちで綴っていただけの私でしたが。

心当たりの全くない、思いがけない非難に、本当に驚いたものです。

 

或る方のブログのコメント欄に私の思いを一言書かせていただいたのが、そのきっかけでした。

広島の被爆者として、福島の住民の方々の風評被害が身につまされるほど心配だったからにすぎなかったのですが。

 

ですから、個人攻撃を受けた方の、つらい心境は、痛いほどわかります。

もちろん今回の事は次元の違うお話ですが。

私は、ほとんど無視をしたつもりですが、事実無根のあまりにひどい事を言われると我慢できなくて応える事もありました。

すると益々攻撃がひどくなり、私の傷は深まっていきました。

 

 

舛添氏は、逃げ隠れせず、すべての質問に誠実に応える努力をされていましたね。

しかし、応えれば応えるほど、攻撃がエスカレートしていきました

政治家の常套手段と言ってもいいような、病気を理由に身を隠す。

そんな器用な事は、学者上がりの政治家には、思いつかなかったのでしょう。

 

私は、最近の社会は、ネット上の低い次元の誹謗中傷とさして変わらないような様相を呈しているところがある、と思っています。

都連の小池氏への八つ当たりも、本当に大人げないですね~

 

私は、考えが甘すぎて、若夫婦にも理解不能な物言いを時々することがあります。

今日の意見もそうです。

どうか笑って、聞き流してください。

 

堀江貴文氏が、恐ろしいほどの個人攻撃を浴びたときもそうでした。

私は、

「彼の目はとてもきれい。世間が非難するような悪い人には思えない。

会社を大きくしたい一心で頑張りすぎ、若気の至りで、軌道を踏み外してしまっただけなのでは、といったものです」

その当時は、人格蹂躙もいいところでしたね~

今は彼の事を悪く言う人はいないのでは。

 

人間はみんな弱い存在、といった視点で、周りを見回すと、謙虚に多少はなれて、他人を批判する言葉も、せめて感情的な雑言は吐かなくて済むようになるのではないでしょうか。

人を裁く、上から目線のきつい激しい言葉をブログ上でも目にする事が時々ありますが、私は読むと、なんだかとても後味が悪いです。。

将来不安を抱き、心に余裕がなくなってきている今の国民の物言いが、おのずと厳しく激しいものになっていくのは仕方がない事なのかもしれませんが。

 

 

大学の総長の経歴がある有馬朗人氏が書かれた文章に、

「人生で最大に悔やまれることは政治家になったこと」

との言葉がありました。

この方も、文部大臣の時、随分叩かれましたものね~

 

余談ですが、有馬氏は、娘が在学中のころの母校の総長でした。

舛添氏は、長女が大学三年から専攻した国際関係論学科の教授でいらした時期がある方のはずです。

有馬氏と違い、舛添氏は、早くから学界から抜け出し,他方面で活躍されていましたので、純粋な学者さんではありませんが・・・・・。

お二方共、天才的な頭脳の持ち主でいらっしゃる事は確かでしょう。

ずっと学問に打ち込む暮らしを一生続けておられたほうが、誇り高く良き人生を送ることがおできになったのかもしれません。

 

短歌にも造詣が深い有馬氏の、

「人生で最大に悔やまれることは、政治家になったこと」

の言葉に、改めて思いが至りました。

 

鳥越氏も、民進党に担がれ立候補したことを、今、悔やんでおられなければよいのですが・・・・・・。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

 ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

726歩しか歩行できなかった日

2016-08-04 07:02:50 | 暮らし

歳とると、腰痛や体の節々の痛みといった症状に悩まされることが多くなりますね。

でもこれは、老化による体の退化現象で、仕方のない事なのかもしれません。

ご近所には、私より一回り年上の方がお二人いらっしゃいますが、明らかに、その痛みに耐えてお暮らしの様子が、動作からよくわかります。

私は時に見かねて、声をかけ、生ごみ袋を収集場所に運ぶお手伝いを申し出たりしています。

 

一方、私は、関節痛や腰痛で悩むといったことは、これまでの長い人生には余りありませんでした。

全くなかったわけでは、もちろんありませんが。

運動不足の暮らしながら、不思議と、その方面では、私の体は、丈夫にできているようです。

 

それを証明するものに、私の骨密度があります。

一年半ほど前でしたでしょうか。

骨密度を、整形外科で測定してもらったところ、私の年齢の平均値よりは高く、骨粗鬆症の心配はまだないようでした。

ブログにも以前、その測定値が表示された診断書を載せたことがあります。

私にはとても意外なことだっただけに、嬉しさがひとしおだったのを、今でもよく覚えています。

 

しかし前述の内容に矛盾しますが、骨密度を測るきっかけになったのが、腰から背にかけての痛みでした。

お医者嫌いの私は、そのうち自然に治ると楽観視し、気になるものの、やり過ごす暮らしを続けていました。

一昨年の初夏のころの事です。

小学校の同窓会の日が迫っていました。

懐かしい友人達と再会する特別な日。

腰の痛みをこらえて出席などしたくありません。

颯爽と歩き、多少でも若々しい姿で、と願うのは、女性として当然の思いですよね。

 

最近写真を全く撮っていません。
この度載せる画像は、ひと月以上前のものばかりです。

 

ところが実際は、腰痛に耐えて、同窓会に参加するといった嘆かわしい事態となってしまいました。

その私の痛々しい姿を見ての、友人Iさんの言葉を、少し前の記事に載せました。

夫に感謝しながら、今もなお、心に温め噛みしめている言葉です。

ゆえに、もう一度、載せることに致します。

 

「腰の痛みにかかわらず貴女が、どんなに幸せな人生だったか、すぐわかりました」

 

痛みをこらえながらでしたが、無事に小学校恩師の墓参を豊橋で済ませ、船で鳥羽に渡った私たち。

その後、お伊勢参りをし、無事に何とか帰宅できました。

この時は、次女家族が泊まり込み、夫の世話をしてくれたものです

 

ところが、それが祟ったのか、何かの拍子に、恐ろしい激痛が全身を突き抜ける症状に見舞われるようになりました。

その後、夫の入院先の病院で診察を受けたところ、その診断結果は、何と背骨の第四関節の骨折。

大変なショックを受けましたが、意外に早く完治しました。

 

 

このたびの原因不明の大腿部の痛みは、それ以来初めての症状です。

ベッドや椅子から立ち上がろうとすると、激痛が襲います。

一番ひどい日は、身動きがほとんどとれなくなりました。

連休中でしたので、診察も受けられず、ただ動かないでじっとしているほかなかった私。

 

でも動かないわけにもいかず、その日の歩数は、726歩。

私は家の中でも、いつもは4~5千歩、歩いています

暑さも厳しく、つらさは募る一方で、本当に情けない思いをしました。

 

歳を取ると、病気のリスクが高まりますが、病気と同じくらい、足腰の痛みや衰えのリスクも増していきますね。

その危険性を軽んじてはいけない、と今回の大腿部の痛みで痛感しました。

生活の質の低下が甚だしくなりますから。

ところが、このたびの痛みも、数年前に整形外科で診察を受けたときに貰った漢方薬を服用し、湿布を張ったところ、翌日にはたちまち、嘘のように回復しました。

原因は、不明のままです。

 

正しい姿勢で軽やかに行動できる人で、できるだけいたい、と願いますが・・・・・・。

背骨の骨折にしても、今回の大腿部の激痛にしても、原因が全く分からないのが、なんとも心もとなくて不安です。

理由が、老化現象だけでは、納得できませんものね~

 

 

心当たりが一つだけあります。

どなたかのブログに、年寄りは重いものを持たないように、医師から注意を受けたとの記事が載っていました。

骨折に見舞われる危険性が高くなる、との理由のようでした。

 

最近、私、毎日、結構重いものを持ち運んでいます。

倹約の涙ぐましい努力のお話に、またなりますが。

流しで、食器類を洗うとき、私はバケツをいつもそばに置いています。

洗っているとき、お皿を籠に移す際などに、水道を流しっぱなしにしませんか。

私はその放水がもったいないと感じ、バケツで受け止めるようにしています。

それがいっぱいになると、洗濯機まで運んで、その水を洗濯するとき再利用しています。

満杯のバケツは、結構重いです。

肢の痛みの症状が出てからは、満杯にせずに二分の一に溜めて持ち運ぶようになりましたけれど。

 

他にもいろいろ心がけていることがあるので、水道代は、驚くように安くなりました。

お風呂の残り湯をホースで洗濯機に移せば、もっと簡単ですのににね~

私は何をしているのでしょう。

ダイエット効果も期待してかしら。

クーラを運転するのも極力控えているのですが、体が幾分不調なのはそのため?

 

年金の一部を、多少でも貯金して娯楽費の充当に当てたい。

遺族年金になっても、貯金を切り崩す生活はできるだけ避けたい、との思いから、節約に努めている私です。

でも無理をしてまで頑張り、体を痛めては、本末転倒ですよね~。

 

愉しく暮らすための、前向きの節約精神のつもりですが。

少々節約疲れしている私です。

また途中から話が脱線。

節約の話に話題が変わってしまいましたが。

 

病気にならないように、予防に心がけるとともに、足腰を鍛え、いつまでも良い姿勢で、颯爽と優雅に振る舞える人でありたい、と強く願っています。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

 ランキングには参加していませんが、ポイントはマイページに反映されています。
宜しければ、ポチッをお願い致します。

 

  

 花のように泉のように

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

その後の私の暮らし~目先に小さな目標を立て、達成感を味わう日々

2016-07-17 07:26:36 | 暮らし

夫が逝ってしまい、私の暮らしのリズムは、すっかり変わってしまうかに思えましたが・・・・・・。

実際は、それほどでもありません。

夫が元気な頃と余り変わりないリズムで、生活を送っているといっていいでしょう。

大きな変化は、食事の回数を二回にしたことでしょうか。

もともと小食でしたから、二回にしても、差し障りは全くありません。

その代り、朝食は、かなりの量にして、お野菜たっぷり、卵料理、肉料理、ヨーグルトなど、バラエティー豊かにしています。

お洒落には程遠い平凡な朝食。
いつも、こんな感じです。

 

私は大変な早起きのため、起床後すぐ目覚めの効用も期待して、トースト半切れとコーヒーを飲んでいます。

ですから本格的な朝食は9時から10時の間に摂ります。

朝は、1日の活動の始まりゆえ、栄養価高いものを多彩に食するのは、理に適っていると思っています。

けれど、この調子で、昼も夜も同様の量の食事をすると、カロリー過多で太るのは目に見えています。

ですから、お昼は抜いて、夕食は5時前あたりにして、早めに済ませます。

かなり横着をしていますが、1日三十品目以上は食べるように心がけていますよ。

 

最近の一人ご飯

 五目ずし・じゃがいもとちくわの煮物・きんぴらごぼう・冷奴・・ほうれん草のお浸し

 

夕食を早めに済ませるのも、理に適っていませんか。

夜が更けるにつれて活動は少なくなっていくのが自然な暮らし方です。

食事を早く終えれば、消化器官の休息を助けることになるのではないでしょうか。

夜に多少お腹がすくので、腸に優しいヨーグルトをたっぷり摂るようにしています。

目に良い、シロップ漬けのブルーベリーを沢山のせて。

 

こちらも、最近の一人ご飯の夕食です。

鮭ずし・なす煮・かぼちゃの含め煮・冷奴

 

二食生活の私の暮らしになってから、体重の増減はほとんどありません。

夫が亡くなった直後は、二キロ程度やせたでしょうか。

体調は上々と言いたいところですが・・・・・・。

年を重ねるごとに、暑さが応える度合いが大きくなっていくようです。

まだ序の口ですのにね~。

くわばらくわばらといった感じ。

気力で何とか乗り切らなくては。

夫の遺影に向かって、時々、暑気の泣き言を言って、ストレスを発散しています。

多少は力になってほしいものです。

 

一昨日の朝食

 

 遺族年金になってからも、夫のお蔭で、予算の費目は、前とさほど変わらず、当面は不安は抱かないでいい暮らしです。

食費と光熱費は、随分減額しました。

一人暮らしになると、外食とお弁当の回数が増えると思いましたが、あにはからんや。

お弁当は、京樽のちらしずしの折詰を一回買っただけ。

外食も、デパートの階上での和食定食と中村屋のカレーライスを二度頂いただけです。

 

京樽のちらしずしの折詰・豚汁・ほうれん草のお浸し 

 

調理は、私の暮らしの生きがいの一つですから。

とは言っても、栄養さえあれば、見映えは悪くても、あまり気にしない日が、最近は多くて。

 

涙ぐましい倹約の一方で、六月の中頃、鎌倉プリンスホテルに一泊して、アジサイ寺を中心に、いくつかの古刹名刹を訪ねる一人旅を愉しんできました。

また何時か、この思い出話はさせていただきますね

 

長谷寺の境内より望んだ相模湾
梅雨時ゆえ、小雨模様と曇り空の日が多かったのですが、束の間ながら青空となり、
理想的なお天気に恵まれた旅行でした。

 

最近また、JTBでお盆の広島行きの新幹線往復切符と、ホテル予約の諸手続きを済ませ、ほっとしています。

広島に行く前に途中下車して、二泊三日の旅行も愉しむ予定です。

昨日、JTBに八万円ほど振り込みました。

前回のお彼岸の墓参は、5万円の支払いで済みましたが、今回は途中下車するので、パック旅行が適用できないうえ、

旅行シーズンのため、割高になるのだそうです。

遠方の墓参は、経費もかかり大変ですが。

旦那さまの喜ぶ顔を思い浮かべると、今から楽しみです。

 

穏やかな瀬戸内の海の朝焼けの光景です。
広島のホテルより

 

旅行好きの妹(世界でただ一つの姥花日記)に、

「出不精だと思っていたお姉さまだけれど、結構意欲的にお出かけしているじゃない。

鎌倉観光も、上出来よ」

と言って、感心されました。

 

確かにそういわれればその通りですが、鎌倉への一人旅の前は、言い知れぬ緊張感で精神的に疲れ、

「私は旅行好きではやはりないのでは」

と心から思ったものです。

ところが帰宅し、振り返ると、良き想い出が輝いていました。

出かけてよかった、と心から思えた私です。

一方体調だけは、悲しい哉、思い通りに行かず、数日間疲れが消えなくて、不良続きでしたけれど。

 

お料理ばかりの画像も、時には良いかしら。

 

わが家での、その後の私の暮らし方についても、少しお話させてください。

タイマーを片身離さず、計画的に生活する私の暮らし方のスタンスは、以前と全く変わりありません。

目先に小さな目標を立て、一つ一つそれをこなして達成感を味わいながら時を紡ぐ。

この暮らし方のお蔭で、私は夫を失った寂しさを乗り越えて前向きに生きていくことができています。

夫が存命中の頃以上に、計画が細かくなってしまって。

心に隙間を作ると、悲しみと寂しさのるつぼにはまってしまいそうで怖いから。

小さな目標をできるだけたくさん作って、成し遂げる充実感に浸るように心がけています。

 

旅行以外にも、わが家でイベント的な出来事がありました。

二階の南側の部屋のレースカーテンの総入れ替え。

システムキッチンのキャビネット、換気扇のの一部補修などです。

 

次女宅に週三回通い、下校したK君を迎え塾に送り出す、代理ママのお役目も、せっせとこなしています。

土曜日は、ほとんど次女宅で夕食を共に。

私も孫たちの口に合いそうなものをこしらえた時には、そのお料理を運んだり、と。

 

次女宅の或る日の夕食

 

業者さんの出入りが幾度もあり、その合間を縫っての娘宅通いでした。

のんびりマイペースが、本来ならば一番好きな私ですが・・・・・。

孫に喜んでもらえる事に励むのは、多少の犠牲を払っても、心の張りとなり、私を元気づけてくれます。

50代のころの自分を思い出し、若返った気分になって、今後も、当分頑張り続けましょう。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

 ランキングには参加していません。

 

  

 

花のように泉のように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

初夏の庭 

2016-07-16 07:11:58 | ガーデニング

わが家の花壇のその後について、そろそろ語りたいところですが、草花の入れ替えをほとんどしていません。

ですから、話題に乏しくて、つい延び延びになってしまいました。

1日に数回は庭に出て、水を遣ったり、花柄を摘んだりの作業は変わらず続けています。

夫が逝った後の一人身の寂しさを、庭の植物たちが、いかに慰めてくれていることでしょう。

ガーデニングを趣味にしていて良かった、と改めて思うこの頃です。

このフレーズは、幾度も記事で繰り返してきた気がします。

これから書くことも、同様です。

同じ気持ちをかみしめて暮らしているので止むを得ないこととはいえ・・・・・。

ガーデニングの話題は、なかなかうまく広げられなくて・・・・・・。

何とか工夫して、もう少し気の利いた記事が、次回からかけるように努めますね。

 

かれんじゅら

 

 初夏のわが家の花壇は、花が乏しくて、緑ばかりです。

そのカラーリーフの一部は、夫の入院先の小さなお花屋さんで求めたもの。

やはり同じお店で求めた可憐な黄色の小花をたくさん付ける「かれんじゅら」も、半日陰の場所ながら、とても長い期間、私の目を楽しませてくれました。

大すきなお花になりました。

けれど、早まった無慈悲な対応をしてしまった私。

梅雨前に萎れたので、抜いてしまったのです。

説明では、種がこぼれて世代交代を繰り返しながら周年花が付くと書かれていましたのに。

周年はあり得ない、と勝手に思い込んでしまい、早々に諦めてしまいました。

 

園芸が趣味で大変研究熱心だった父とは大違いです。

「父は育てる人、母は観る人」と私たち姉妹は、よく言っていました。

これからの時期、父丹精の盆栽仕立ての朝顔が、目覚めるとお茶の間にいつも飾られていました。

その父とは、大違いの私。

いい加減な手入れしかできなくて・・・・・。

根を詰めすぎると、疲労困憊してしまう私の体質ですから、何事も適当を旨としています。(笑)

 

けれど、葉物はいずれもとても元気ですよ。

生き生きしています。

 

春ごろの花壇の様子です。今も、似た光景です。

 

 夫が入院中、よく訪ねた不愛想な中年の男の店主さんが経営する小さなお花屋さん。

センスが素晴らしく良くて、店頭に並ぶ草花には私の目を引くものばかり。

よく電車に乗る前に、束の間の時間訪ね、買い求めたものが結構あります。

元気のいい苗だったのでしょう。

いずれも期待を裏切らず、すくすく成長してくれました。

夫が闘病中の切ない思い出とも重なり、愛着もひとしおです。

 

 

一方、最近、近所の花屋さんで購入した草花は、一週間もたたずして萎れてしまい、がっかり。

数千円も支払いましたのに。

とても感じの良い母娘が経営なさっておられます。

久しぶりに立ち寄り、店先に並ぶセンスの良い草花を見て、今後ひいきにして差しあげたい、と心から思ったのですが。

苗の余りの元気のなさを見て、すっかり信用が置けなくなってしまいました

夫の入院先の最寄り駅前の花屋さんの苗は、いずれもとても元気でしたから。

 

遺族年金暮らしになってからは、数千円の無駄は、結構な痛手です。

以前のような、万以上の大人買いは全くしなくなりました。

草花を求める時、心から楽しめない自分がいるようで・・・・・・。

悲しい事だけれど、無駄な出費のように感じたりするのですよね。

せこくなってしまった、そんな自分の心模様が、なんだか悲しい。

今でも、時には大人買いだって、できないわけではむろん全くないのですが・・・・・・。

自分にとって絶対必要な出費とまで思えないのですよね。

今後のガーデニングへの予算の配分は難しい課題となりそうです。

 

 雨樋を入れ替えた時、色を緑にして大正解でした。
庭の風景に溶け込んで、樋が目障りでなくなりました。

 

今は、ほとんど緑中心の花壇になっていますが、この現状に、私は結構満足しています。

派手さはないけれど、しっとりとした落ち着いた風情で、色合いとテクスチャーの変化だけでも、十分私を愉しませてくれます。

一層の事、緑の花壇にしてしまいましょうかしら。

費用も掛からないうえ、手入れも簡単ですもの。

花物は、テラコッタの植木鉢のみにすれば、日当たりのよい所に、移動でき、草花にとっても幸せなことでしょう。

花壇に植えては、我が家の場合、半日陰のところが多いため、条件が厳しすぎて、草花が可哀想。

 

サルビアの深い鮮やかなブルーに魅せられて、毎年買うのだけれど。
この場所も、ムクゲとシャラの木に陽を遮られ日照不足なのでしょう
花が鑑賞できたのは最初だけ。今は待てど暮らせど、花が咲いてくれません。

 

私の理想のイメージで植えつけるのでなく、植物は適材適所の精神で配置することが大切ですね~。

色々な思いを,徐々に生かして、少しでも良いガーデナーになれるように頑張りたいものです。

 

草花にとり、日当たりがよく一番好条件の場所です。
春の頃の光景です。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

ランキングには参加していません。

  

花のように泉のように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

続 私の心の支えとなった友人の言葉

2016-07-15 07:16:53 | 想い出

中高時代は、まだ自我が確立されておらず、悩み多き、ひ弱な学生に過ぎなかった私。

そんな私を心配されたのでしょう。

高校時代の恩師、H先生が私に贈って下さった卒業時の言葉は、「大地を踏みしめて歩いていこう」という、特別なものでした。

友、Iさんは、おそらく私のその印象が、完全には拭い切れておられなかったのかもしれません。

 

その友人のお父さまに当たられる小学校の恩師、I先生のお墓参りを兼ねた同窓会が、伊勢で開かれた時、数十年ぶりに彼女に会いました。

昔と変わらない、楚々とした慎ましい雰囲気のIさん。

今は茶道の先生をなさっておられるようでした。

私が前々回の記事で綴った、日本古来から伝承されてきたお稽古事を、マスターの域まで極められたお手本のような人。

清楚な凛とした佇まいでいらっしゃいます。

その時久し振りに、いろいろ語り合うことができた私達。

 

その半年後の年明け、私は久しぶりでしたが、彼女に、夫が亡くなったことを知らせる喪中葉書を出しました。

このたび、ご紹介させていただいた彼女の言葉は、そのお返事に書き留められていたものです。

 

「腰の痛みにかかわらず貴女が、どんなに幸せな人生だったか、すぐわかりました」

 

素直に嬉しく、この言葉を幾度もかみしめた私です。

 

 

もしかすると、彼女は、中高時代との私の変わりように、驚かれたのかもしれません。

多少趣が違いますが、40代後半の頃でしたでしょうか。

妹に、「過去のお姉さまと、今のお姉さまは別人のよう」などと言われたことがありました。

 

確かに私自身も、青春時代を含めた若かりし時の自分より、厳密にいうなら、30代後半頃からのの自分の方が遥かに好きです。

夫の海外赴任で、米国に在住した頃に重なります。

一皮むけられたのは、この時代に出逢えた、良き友人達の薫陶のお蔭だと思っています。

とはいえ、相変わらず、妻として母親として試行錯誤の連続でしたが、大地を踏みしめて、私なりの人生をしっかり歩めるようになっていました。

理想は高いながら、自分の弱さには勝てず、矛盾を一杯抱えながら、それを乗り越え乗り越えの暮らしでしたが。

努力が一つ一つ成果となり順調に実る、幸運な人生だったように思います

その私の人生を陰になり日向になり、ずっと見守り続けてくれたのが、夫です。

 

 

結婚当初は、世間知らずで、何事に臨んでも要領が悪く、未熟そのものな女性に過ぎなかった私。

そんな私にもかかわらず、全幅の信頼を寄せ(?)、家事全般、子育てに至るまで、すべての事を私にまかせてくれた旦那さまでした。

時には、その重荷に耐え切れず、「もっと手伝ってよ」との愚痴を述べたことも再々ありましたが。

夫のこの姿勢のお蔭で、娘時代とは見違える程、私は逞しくなり、恩師の言葉通り、大地をしっかり踏む締めて歩けるようになりました。

 

寡黙な旦那さまで、優しい言葉などかけてもらった覚えはほとんどないけれど・・・・・・。

夫が私に寄せてくれたこの信頼こそが、何よりの優しさだったと思うこの頃です。

 

文句や愚痴を述べたことがほとんどない人。

投資で、ひと財産を失うといった愚行を私が犯した時でさえ、咎め立ての言葉一つ言わなかった人でした。

娘たちを叱ったことも一度もありません。

子供たちを叱る憎まれ役は、私と決まっていました。(笑)

 

 

おおらかな気持ちで私たち家族を常に見守り、経済的にも何不自由のない暮らしをさせてくれた旦那さま。

私はその庇護のもと、伸び伸びと、自分が立てた夢多き人生設計の道を、幾度も脱線しながらも、幸せに歩むことができました。

 

私の友人の「貴女がどんなに幸せな人生を・・・・・・」の言葉は、すべて夫のお蔭によるものです。

 

命日になるとお花屋さんから、花束が届きます。
Mちゃん!ありがとう

 

がんが骨に転移し、激痛に苦しんでいる頃の旦那さまは、弱音も幾度か吐きました。

とても強い人だっただけに、最後の変わりように、私は驚きもしましたが。

「傍にずっといてほしい」とつぶやいたその当時の旦那さまへの愛しさが、今は切なさと共に、一層募って仕方がない私です。

今なお、「ありがとう」の言葉しか浮かんでこない暮らしの日々を、私は送っています。

 

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

ランキングには参加していません。

  

花のように泉のように

 


この記事をはてなブックマークに追加

私の心の支えとなった友人の言葉

2016-07-14 07:17:54 | 想い出
夫の葬儀後に頂いたお手紙やメールにおける、とても印象的な言葉。
 
今も深く心に刻まれ、折々で私を励まし、慰め、支えてくれていることについて、少しずつ書き留めていこうと思います。
 
 
「豊橋でなん十年ぶりでお会いしたとき、腰の痛みにかかわらず貴女が、どんなに幸せな人生だったか、すぐわかりました」
 
 
 
 
 
私はこの一言を目にした時、友人の優しい気遣いを有難く思うとともに、改めて夫への感謝の気持ちが溢れ、涙しました。
 
 
 
 
 
 
私が秘かに慕い尊敬して止まなかった中学の同級生、Iさんからのお手紙に書かれていた文章です。
 
Iさんは、私が小学生の時、六年間にわたってお世話になった担任の先生のご長女でした。
 
とても優しくて、お姉さんぽい雰囲気。
 
学業も、とても優秀な人でした。
 
 
彼女とは親しくなりたかったのだけれど、結束の固い仲良しさん達がすでにもういて、そのグループに入れてもらえなかった辛さは、今でも思い出します。 
 
その頃の私は、主体性などまるでなく、どこかお嬢様気取りのおとなしいに女子学生に過ぎませんでした。
 
お嬢様気取りなぁ~んて言っても、一介のサラリーマン家庭の娘に過ぎなかったのですけれどね。(笑)。
 
 世間知らずもいいところでしたし、花にたとえれば、「白百合」なんていわれて、清純派ぶっていました。(笑)
 
そんなひ弱な雰囲気の私に、彼女は魅力を感じなかったのでしょう。
 
 
そのクラスは、個性的な学生が多く、学校行事にも前向きでとても良いクラスでした。
 
中学の難関試験を合格した優秀な学生が大半を占めていました。
 
私は、小学校からの持ち上がりで、受験は経験しなかったも同然。
 
そのためか、中学入学後は、最初からコンプレックスが結構大きかったように思います。
 
 
 
 
小学校高学年になるまでは、勉強なんて一生懸命した覚えはほとんどなかったけれど、オール5が当たり前のような生徒でした。
 
小学校レベルの内容なら、何をしなくても十分ついていけていた私です。
 
 
 ところが、中学に入学した途端、委縮してしまって、成績はみるみる下り坂。
 
(ネットで調べたところ、私が小学生当時の成績表は、かなりアバウトなものだったようです。
頑張っている子には、オール5の成績を先生がよく付けた、と書かれていました。笑)
 
 
けれど、中学の学習内容は、そんな生易しいものではありませんでした。
 
無力体質との診断を受けたほど、疲れやすかった私。
 
勉強に取り組み、やる気は十分あっても、すぐぐったりしてしまって、集中力が続きませんでした、
 
それも原因の一つだったかもしれないけれど、要領も悪くて勉強のコツがよくわかっていなかった私です。
 
 
前のお宅にお住いだった大学講師のK先生が週一回、ご指導下さったお蔭で、英語だけは、よくできましたけれど。
 
高校時代は、数か月、登校拒否もしたりして・・・・・・。
 
ですから中高時代の自分が、今思い出しても一番好きになれません。
 
 
 
 
 
そのため、大学は、恩師のF先生の推薦で、或る中堅のミッション系の女子大に入学でき 英文学を専攻しました。
 
最初の二年間は能力別クラスになっていて、私は英語だけは比較的優秀だったらしく、一番良いクラスへ。
 
大学時代も、後悔することはいろいろあるけれど、心から信頼できる友人二人に恵まれ、充実した学生生活を過ごせました。
 
そのうちの友一人は、亡くなって二十年以上が経ちます。
 
めったに会えないもう一方の名古屋在住の親友は、今でも、私の心の友であることに変わりありません。
 
電話でたまにお話すると、身内のような親近感を覚えます。
 
 
冒頭でご紹介した今日の記事のテーマらしき言葉から、随分外れた内容になってしましました。
 
いかに私が、か弱くて存在感の薄い人間であったかを説明したくて、前置きが長くなりました。
 
それが、中学時代の友人、Iさんの
 
「腰の痛みにもかかわらず、貴女がどんなに幸せな人生だったか、すぐわかりました。」
 
に繋がるのでしょう。
 
この続きは、明日にさせて頂きますね。
 
 
追記
 
拙いブログにもかかわらず、たくさんの方達に応援いただき、ありがとうございました。
思うところがあって、しばらくランキングを外れようと思います。
 
結構気が小さい私。(笑)
半年ほど前でしたでしょうか。
マイページのポイントが操作を受け、大きく変動したことがありました。
夫が亡くなり、しばらくお休み後、復帰した頃の事です。
 
1000以上あったインポイントが、突然800くらい削られ、260ほどになり、動かなくなりました。
数日不自然な動きが続きました。
数度ブログ村に、その原因を問いあわせましたが、無回答でした。
それ以来、不信感が拭えなくなってしまっている私です。
 
それとは別に、インポイントがいつもに比べ、異常に少ない日があると、自分では正直に書いているに過ぎなくても、自慢話に聞こえて、皆様の心証を悪くしてしまったのでは、などとくよくよ、ドキドキする自分がいます。
そんな自分が情けなくて嫌でたまりません。
過去、数年に亘って中傷を受けたトラウマから、完全に立ち直れていないのかもしれません。
 
煩うことなく、伸び伸びと記述するために、ランキングを外れる方がよいのでは、と思い始めました。
単なる気まぐれにすぎないかもしれません。
またすぐ戻ってくるかもしれません。
その時は、今まで同様、お付き合いの程、宜しくお願い致します。
 
お休みの間に、今後どのようなスタイルでブログ綴りに臨めばよいのか、試行錯誤してみようと思っています。
知識もボキャブラリーも乏しく、文章力に全く自信がない私。
ブログ綴りは、結構苦労を要する作業です。
でも辞めることはできません。
止めると、ボケが一気に進んでしまいそう。
認知症になるのが怖いから。(笑)
予防に、ブログ綴りほど効果があるものを、私は他では見つけられません。
 
皆様の温かな励ましの応援に、心より感謝申し上げます。
ランキングは外れますが、ブログ村には今のまま在籍させていただくつもりでいます。
新着記事が目に留まりました時には、宜しければ、お立ち寄り下さいませ。
 
バナーを一旦外しましたが、取り付けたままにすることに致しました。
 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

ランキングには参加していません。

  

花のように泉のように

 

 

  

 花のように泉のように

 
 
 

 

 
 

 

 
 

この記事をはてなブックマークに追加

続 お稽古の話

2016-07-13 07:23:39 | 想い出

私が娘時代の頃の事です。

母に勧められ、あるいは自分で興味を抱き、始めた習い事に、下記のようなものがあります。

茶道(表千家)、華道(小笠原流)、お習字、日本舞踊(花柳流)、洋裁、料理等。

 

そういえば就学前から、小学生の低学年の間、絵画教室にも週一回通っていました。

その頃、妹はバレーのレッスンに励み、そのバレー団の子供のプリマドンナ的存在として活躍していました。

母の話では、私は体が弱かったので、お絵描きの教室が向いていると感じたようです。

私の絵画教室の先生のお名前は、今でも覚えています。

下村先生。

細身で背が高く、優しい雰囲気の方でした。

家から、かなり遠く離れたところにお教室があったため、いつも母が付き添ってくれたものです。

 

 

もしかすると、母は、その子の興味の対象と、潜在的な才能を見抜く能力にたけた人だったのかもしれません。

妹同様、私の才能が、短期間でしたが花開いた時期がありました。

朝日新聞主催の全国コンクールに入賞したり、学校の宿題となった夏休み帳のドリルの裏表紙に、私の絵が載ったりしました。

図工の先生が、私に一目置いていらっしゃる、との意識もありました。

二名だけ図工室に呼ばれ、放課後、絵を描かされたりしたこともあります。

 

でも数年間ほど習ったのみで、その絵画教室に通うのを止めてしまった私です。

母に連れられ、デパートで催された印象派の絵画展を鑑賞後、帰宅するとすぐ、絵筆を握って絵を描きだすような子供でしたのに。

続けていれば、私の人生のどこかで、その才能が花開いたかも知れませんね~

なぁ~んて、私の勝手な想像です。

孫のR君とK君は、お絵描きが大好きで、才能も感じられます。

もしや、私の遺伝かなあ~なんて、またまた。(笑)

 

 

今春、わが家の庭に咲いたバラのアイスバーク

 

絵画と同じくらい、多少長く続いたお稽古事に、茶道があります。

中学生時代、ご近所のお宅で習いました。

わが家から数軒先のお宅で、広いお庭の隅に本格的なお茶室がありました。

 

私は若いというだけの理由で、年明けの初釜の日に、お点前をするように仰せつかった事があります。

周りはみんな年配の貫禄あるおばさまたち。

緊張のあまり、柄杓を持つ手が小刻みに震え、炭火で熱くなった鉄の茶釜に、掬ったお湯が滴ってしまいました。

確か、お茶室のお湯が煮えたぎる音を、「松風の音」と言いませんでしたかしら?

風雅なたとえですね~。

ところが私は、そのお茶室の静謐さに水を差すような音を、そのせいで立ててしまいました。

恥ずかしさから、ますます緊張して、お点前を続けたものです。

 

母の遺品のお茶道具
和室には、炉が切られていました。

 

わが家から近かったのは、茶道の先生のお宅のみならず、華道の先生も同様です。

何とお隣でした。

お庭は、手入れが行き届いた実に立派な日本庭園。

起伏があり、鯉が泳ぐ池には石橋までかかっていました

それを臨む広いお縁側で、お稽古を受けました。

権威ある有名な先生でいらしたようで、とても活躍しておいででした。

 

今なら、いくら出好きでない私でも、地理的な利便性がこんなに良ければ、熱心に通って、自分のものにしたでしょうに。

臆手で精神的に幼かった私には、そんな意欲がなかったのでしょう。

何をお稽古しても長く続けられなかった私。

それにもかかわらず、お月謝を払い続けてくれた両親のことを思うと、改めて感謝の気持ちが湧いてきます。

 

妹は(ブログ名 ただ一つだけの姥花日記)、私と違い、茶道はお免状を頂いているはずです。

バレーも、そのバレー団の子役として大活躍しました。

森下洋子さんとは、一時、そのバレー団で、一緒にレッスンを受けたことがある妹です。

私とは大違いですね~。

 

ドリームラベンダー

 

他で思い出深いのは、日本舞踊。

郷里では母のお師匠さんからご指導を受けました。

父の転勤先でも、お稽古に週一回通いました

お稽古用の浴衣を着て、扇子を手にすると、おのずから背筋が伸びて、心が凛としたものです。

夫とお付き合いを始めた頃も、まだ続けていました。

辞めてからも扇子は、長い間、身近において大切にしていたのですが、その内に見当たらなくなってしまいました。

 

同じお稽古場でお習字も習っていました。

花嫁修業として、お料理学校にも、もちろん通いましたが・・・・・・。

 

けれど結局、何一つ、ものにできなくて・・・・・・。

お月謝を無駄払いさせてしまった両親に申し訳ない気持ちがします。

けれど、短期間でもいろいろなことを体験できた私は、本当に恵まれていました。

きっとわずかでも、その経験が、私の心の糧となり、成長の助けになってくれたに違いない、と思うこの頃です。

 

 

 ご覧下さいまして有難うございました。

 

 花のように泉のように

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

お稽古の話

2016-07-12 07:14:42 | 想い出

お稽古。

何となく古風な響きがし、奥床しさが感じられる言葉ですね~。

ブログを拝読していますと、いろんなお稽古に励まれた方の記事を目にすることがあります。

私はそれだけで、その方に一目置いて、あこがれの眼差しさえ抱いてしまいます。

 

何故なら、私も娘時代、母に導かれ、或は自発的に、随分いろいろなお稽古に手を付けました。

でも長くて、続いて2~3年。

その道を究めるほどに至ったことは、一つとしてありません。

何か一つくらい免許皆伝のものがあれば、ブログ記事で話題にでき、私の格をチョッピリ上げることができたかもしれませんのに。

格を上げるという言い方は語弊があり、抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、お稽古の表現がふさわしいものと言えば、日本古来から伝わる習い事が多いですものね~。

一概に日本的なものばかり、とは言えないかもしれませんけれど。

西洋・東洋の伝統を偲ぶような習い事もありますから。

 

 鎌倉へ一人旅した時に撮った長谷寺のアジサイです。

 

私が常に愛読している書物に、次のような記事が載っています。

「稽古」の「稽」は「考える」と言う意味です。ですから「稽古」は昔の物事を考える、古書を読んで学問をする、ということになるわけです。この意味が、時代の移り変わりとともに広く使われるようになり、「学習すること」や「練習すること」も稽古といわれるようになった。でもね、「練習する」といっても、「バスケットボールの稽古」とか「スキーの稽古』とはいわないでしょう。やはり「生け花」「茶の湯」「書道」「琴」などの場合に「稽古」を使う。何故か。これらの伝統技芸には、古くから伝えられた型があって、その型から入ってゆくからです。だから「練習」ではなくて稽古なのです。

中略

古くから伝えられた「型」は生きている。生き続けてきた、と言えるのです。今日の型になるまではに、余分なことは削られ、必要なことは付け加えられてきた。つまり、「定型」と言うのは実は無いのであって、型は常に生成発展をしている、いわば歴史上の生き物なのです。

 

これを読んで、私も古来から伝授され、生成発展してきたような奥の深い習い事を一つくらい極めるべきであったと。

今更反省しても、もう遅い。

いえいえ、スポーツのように体力を余り要しないので、これからお稽古に励んでもいいのかもしれない。

けれど、私はまたきっと、三日坊主とはならなくても、そのうち辞めてしまいそう。

マイペース人間ゆえ、日が決められ、週に一回でも必ず拘束されてしまう事を好まない性格です。

習い事は向いていないのかもしれません。

 

 

 

自分にはそういった情けない面があるので、一つの事を極める人に、私は頭が下がります。

芯がスッと通り、ぶれない凛とした人を心に描いてしまうのは私だけでしょうか。

茶道でも、華道でも、日本舞踊でも、師匠となられるような方々は、皆さんそのような雰囲気をたたえておられませんか。

私にはその様に思えてなりません。

 

そういえば、身近に、伝統的なお稽古ごとに励み、一つ一つものにした人がいました。

私の母です。

お琴、茶道、華道、お習字、日本舞踊、短歌等。

お琴のお稽古に励む母の姿を見たことはありませんでしたが、八畳の和室の床の間には、長い間、お琴が立てかけてありました。

娘時代に精進した和楽器のようで、想い出のアルバムにその姿が見られます。

その他のお稽古事にも励む母の暮らし方が、私の胸に印象深く焼き付いています。

 

母は、努力のみでなく、天性の器用さに恵まれた人でした。

上に挙げたようなお稽古事は、ことごとく自分のものとして、マスターの域に到達していました。

お習字や短歌は入選作品もあり、母が嬉しそうに私に、よく報告してくれたものです。

日本舞踊もかなり上達し、花柳流のお師匠様と発表会の舞台で連獅子を舞った時の母の姿が忘れられません。

 

 

このように何事にも一生懸命臨み、途中でいい加減な挫折を良しとしなかった母。

それゆえ、如何なる時でも姿勢を崩さない凛とした人で、振る舞いも美しい人でした。

恐らく、日本古来から伝わるお稽古ごとに精を出したことにより、自然に身についた所作だったのでしょう。

他に、お料理、編み物なども得意とした母です。

 

 

母に比べ、私の習い事、お稽古ごとの何と浅く、いい加減なものであったことか。

もっとひとつひとつ努力を重ねていれば、それが私の人格を多少でも薫り高いものにしてくれたでしょうに。

今更、後悔しても始まりませんが、束の間の期間でも体験できた事を喜ぶことにしましょう。

何か目に見えない形で、私の成長の糧になっていると思うからです。

 

明日は、私がこれまで習ってきたお稽古事や習い事について、お話させていただきますね。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村

 ご覧下さいまして有難うございました。
ブログランキングに参加しています。
足跡変わりに、バナーにポチッ!を頂けると嬉しいです。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加