今日が一番素敵

丁寧な暮らしを心がけながら、日々、折々のの心模様を素直に語ります。
今が一番素敵との思いを込めて。

今の私の思い

2017-02-23 07:06:21 | ブログ2

思い悩んだ末、過去の記事を載せることに致しました。

今も、このコメントが元凶だといわれ、私の中傷が延々と続いていますから。

当時、私はなぜ、このコメントで激しい批判をKさんから浴びなければならないのか、とても理解に苦しみました。

でも、人それぞれ、思いは違うでしょうから、お詫びの言葉をブログ上に書きました。

下記の言葉です。

2013年1月30日の記事です。

私は他意など全くなく、疑問を素直な気持ちで問いかけさせていただいただけだったのですが、お相手の方の逆鱗に触れ、今はとても反省しています。

翌日、シークレットの制度を利用して、お詫びもさせていただいたのですが・・・・・・・

今後、コメントの書き方には、細心の注意を払うように心がけたい、と思います。

ブログ村の皆様と共に今後も、気楽に楽しいブログ綴りが何時までも続けられますよう願って止みません。

 

このお詫びの言葉をブログに載せても、Kさんの批判(誹謗中傷のコメントを書かれた)は相変わらずで、見過ごすにはあまりに辛く、下の記事を書きました。

タイトルは、「私のコメントの内容」です。

 

私のコメントの内容

2013-02-02 16:55:50 | ブログ2

すみません。

私が今日これから書く記事は、ご覧下さる方にとってはお読み苦しいものかもしれません。

でも突然、今日思い立って書き始めたものではありません。

人生の戒めとして、ブログに載せて残すべきかどうか、ここ数日間、悩んでいました。

弁解めいた行為に映ってしまうのでは、と心配でもありましたから。

 

恐らく娘達も、多少は気にしているでしょう。

私も、将来、その頃の自分の記事を目にすることがあるやもしれません。

たとえわずか数行のさりげない文章に過ぎないにしても、薄れた記憶の中で、

私はどんなひどい事を相手の方にコメントしてしまったのであろうと、いやな思いに陥るかもしれません。

一番悲しいのは、孫達が万一目にして、そのような悪い想像を抱くことです。

 

思いがけず、お相手の怒りの感情を読みとり、翌日お詫びのコメントを入れさせていただきました。、

それからすでに12日間が経過しますのに、日々、そのことに触れ、私への非難、批判を繰り返しておられます。

さすがに呆れ、そのような行為を執拗になさることへの理解に苦しんでいます。

怒りの沸点は、人それぞれであることが、今回の事で身に染みました。

私には計り知れない心模様のご事情が、おありなのでしょう。

 

わたしは広島の被爆者として、風評の被害を身につまされる思いで心配しています。

多少声を落として、放射能の恐怖を訴えてほしいな~といった気持でおりました。

ですからその思いをお伝えし、ある疑問点があったので素直に問いかけさせて頂いたにすぎません。

 

お願いですから、今回の事はもう忘れて下さい。

非礼があったのなら、心から再度お詫びします。

 

上に挙げた理由から、その時の私のコメントを、そのままここに載せることに致します。

皆さまのお目が怖いですけれど、ご批判も覚悟の上です。

これ限り、もうお相手の方が何をおっしゃろうと、私は気に致しません。

他人から、変な詮索をされることもないでしょう。

今日の記事で、もやもやしていた心の整理をしたつもりでいます。

 

大層お読み苦しい記事を綴らせて頂きまししたことへのお詫びを、重ねて申し上げます。

 

最後に一言。

私の次女婿、一物理学者の話に過ぎませんが、放射能は基準値を超えていなければ心配はいらないとのことでした。

放射能は、宇宙や石のような物体からも出ていることで、西日本で被災地より高いところがあったり、ローマは基準値の十倍なんてこともあるようです。

いろんな説が飛び交う中、個々で冷静に判断するしかありませんね。

広島の原爆は放射能をまき散らしたわけだから、脅威がまるで違うよ、と言って笑っていました。

まき散らされた放射能を、三キロの地点で受けた私は、まだ乳児でした。

さすがに最近、ちょっとそれを意識するようになッてきましたが、父と同じくらいの寿命は全うしたいものです。(笑)

 

私のコメント

いつもお写真が素晴らしく、記事とともに参考にさせて頂いています。
放射能の恐怖に非常に敏感でいらっしゃるkさん。
色々なデータ―のご報告には、研究熱心なご姿勢が窺え、頭が下がります。
但し、多少矛盾も感じ、理解できないこともあります。

もしそれほどの恐怖を感じていらっしゃるのであれば、なぜ被災地に幾度もお出かけになられたのでしょうか。
放射能からいかに自分を守るか、その行動を取ってこそ、kさんのお話しに説得力が生まれてくると思うのですが・・・

私はできれば、汚染された地域の周辺に住む方々が、kさんの記事を読んで、希望がわくような前向きの内容であればいいのに、と思うことがあります

私は広島出身で、家族は三キロの地点で被爆しました。
しかし親は、運命として受け留めるしかなかったのでしょう。
被爆のことはほとんど口にせず、父は当日爆心地のすぐそばにある会社に赴きましたが、81歳まで、病気にかかることもほとんどなく命を全うしました。
最後はがんで亡くなりましたが。

今更放射能の怖さを再三訴え続けても、住み慣れた環境で暮らす事を幸せと思う人にとっては、不安を煽るだけに過ぎない記事になってしまいます。。

どのような厳しい状況下であれ、青空を仰いで懸命に生きていこうとする人がいることにも、心を留めて頂ければ、嬉しく思います。

差しでがましい事を申し上げます失礼ご容赦くださいませ。

| かれん桜 | 2013/01/23 07:23

 

このコメントのお返事に、大人への放射能の影響は微量だからです、と説明されていました。

そのお話しを伺い、私の疑問は晴れた思いがしていたのですが・・・・・・

 

最後の二行は、当時追記で書かれたものです。

kさんは、載せたコメントの文章の一部が修正されていると言われますが、そのようなことは一切していません。

 

私が、彼女のブログに関わったことも、ブログ上で触れたことも、この二つの記事以外、その後一切ありませんでした。

ところがコメントの内容を公表して確か数日後の事です。

「愚か者の戯言」と言うタイトルのブログが、Mさんによって立ち上げられました。

彼女の言葉では、「正義のために立ち上げた」とのことでした。

それから半年間、更新する記事も、コメントも、私の人間性や人格を批判するものばかりでした。

半年後に、そのブログは削除されましたが、その後も今に至るまで、延々と私の中傷が続いています。

 

私はできる限り無視を通してきたつもりでしたが、あまりに事実と異なる虚言でもって中傷された時は、堪えられなくなり、その方のコメント欄で反論させていただきました。

自分のブログ上で、能動的に彼女たちを批判したことは、私は一切ありません。

余りにひどい中傷が、長期にわたって続いた時だけ、私の思いを総括して述べたことは幾度かあります。

それは、ブログ2のカテゴリに載っています。

これがすべてです。

 

今も、私の原発のコメントが元凶だといわれ、私達姉妹への批判と中傷が延々と続いています。

私には、彼女たちの心模様と心の闇は、計り知れないもので、とても理解できません。

別世界に住む方との認識でいます。

彼女たちの言動に関心を持つこと事態、愚かでくだらない事との強い思いで、私たち姉妹は今います。

今後も事実とは全く異なる勝手なことばかり言われ、私たち姉妹の中傷が繰り返されるのかもしれませんが、閲覧者の方々の良識を信じるしかありません。

この度、のん子さま、えありすさまには、大変なご迷惑をかけ、心よりお詫び申し上げます。

本当に有難うございました。

 

記事の更新は、まだ当分先になりそうです。

春淡し、春浅しといった、今の気候。

春が待ち遠しくて仕方ありません。

 

何故かここ数日、割と体調がよく、家事とガーデニングがはかどり嬉しく思っています。

今日も、素敵な日が紡げるように、お互いに頑張ってまいりましょう、

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

墓参

2017-02-19 07:18:51 | 家族

夫が亡くなって、一年と二か月がほぼ経過しました。

振り返ると、必死で自分を支え、頑張り通してきた月日だったようにも感じられてきます。

半年間くらいは涙を拭ってばかりでしたが、さすがに最近は落ち着いた暮らしが送れるようになりました。

その間、夫への感謝の気持ちは、片時も忘れたことがありません。

遺族年金の身ながら、今までの暮らしのレベルをさほど落とさないで、心豊かに過ごせるのも、すべて旦那さまのお蔭と思っています。

 

私ができる御恩返しといえば、最初に思いつくのは、やはりお墓参りでしょうか。

春のお彼岸が、次第に近づいてきました。

菩提寺がある郷里まで足を運ぶには、新幹線で4時間少々。

結構大変な道程ですが、経費もかけ、この行程を辿ることにより、私の気持ちが、この上なく癒され、満たされるようです。

多少でも、御恩返しができたとの思いに浸れるからでしょう。

夫も、現役で仕事が多忙な時も、お盆の墓参は決して怠らない人でした。

 

感謝の思いを、何がしか行動に移さないと、今のところ気が済まない私です。

それが、墓参になっています。

 

 

去年は、そのために、三回帰広しました。

49日、一周忌の法要もいれれば、五回になりますが。

一度は長女が付き添ってくれました。

大のカープファンの次女家族は、夫が亡くなる前から、マツダスタジアムでカープを応援するのを毎年楽しみにしています。

去年は、墓参が第一の目的でしたが、お盆の頃、広島に行ってくれました。

仕事の都合で日程が私に合わせられず、別々の行動になりましたが。

 

次女家の孫息子K君が、胸迫る可愛い事を、ある日、言いました。

「僕は大きくなったら広島に住みたいなあ~

カープの応援もできるし、おじいちゃんのお墓参りもできるから」と。

 

夫にK君のこの言葉が届いたでしょうか。

さぞや喜んでくれたとことでしょう。

 

尾道
千光寺の近くからの眺望です。

倉敷

 

去年は、お墓参りの交通費を、有効活用したいとの思いから、帰京の際に、二泊三日で寄り道し、一人旅を愉しみました。

49日法要後の尾道、倉敷の旅は、妹との二人旅でしたが

春のお彼岸は、水中翼船で宮島の厳島に渡り、一日観光。

お盆の墓参の帰りは。京都へ。

秋のお彼岸は神戸へ。

一周忌の後は、姉妹でまた倉敷へ。

鎌倉にも、二泊三日の一人旅に出かけました。

 

宮島

 

振り返ると、旅慣れない私が一人でよく頑張ったものだと、感心させられます。

きっと、寂しさや不安な気持ちを少しでも拭いたくて、普段は考えられないような行動力が湧いたのでしょうか。

気候的には、ベストシーズンとは言えない時季でした。

お盆は炎天下の一人旅.

暑さで朦朧となりそうな老いた頭を必死で働かせたものです。

心配した割には、順調に運び、バッグに入れた遺影の夫への思いを深めた旅でとなりました。

 

京都 銀閣寺

 

さて今年はどうしましょう。

ひとり旅をしんどく感じて、敬遠したくなる自分がいます。

ツアー旅行の方が気楽でいいかな~、と。

気力と体力があれば、旅行は一人旅の方が絶対に楽しいとの確信はあるのですけれど。

気力は人並みかもしれないけれど、体力が劣る私。

特別、旅行好きというわけでもありません。

去年は、寂しい心を紛らわし、安らかにするために、必要な行動でした。

 

今は気持ちがすっかりい落ち着き、平常心で日々を迎えられるようになっています。

墓参は欠かさないつもりでいますが、一人旅をするかどうかは迷うところ。

一泊のホテルライフを愉しめれば、それで十分。

新幹線に乗車し、車窓を流れる風景を眺めるだけで、旅情に心行くまで浸れる私です。

 

日帰りバス旅行を幾度か楽しむのも、気楽でいいかなあ~、と。

それでも十分、心のリフレッシュはできそうです。

昨年の初秋、妹と愉しんだ某デパートの日帰り箱根旅。

今年もと思い、その旅行社のお花見日帰りバスツアーに妹を誘ったところ、

「高すぎる、観光がスローテンポすぎて物足りない」とのこと。

呆気なく、断わられてしまいました。(笑)

 

鎌倉 明月院

七里ガ浜

 

 姉妹ながら体力の差が大きすぎ、老後の楽しみ方が違ってくるのは、当然の成り行きでしょう。

私らしい余生の愉しみ方は、いまだに迷いが多くて・・・・・・。

年間の娯楽費のかなりの部分を、墓参のための旅費に当てるつもりでいます。

残りの限られた予算で、如何に余生を愉しみましょう。

数日前、妹と出かけたお花屋さんで、草花の苗を、Aちゃんよりはるかにたくさん支払って、大人買いをしてしまった私。

もしかすると、こんなささやかな趣味に、惜しみなく予算を当てる方が、日々の暮らしが潤い、私らしい余生を愉しめるのかもしれません。

 

暮らしの愉しみ方は、百人百様。

違って当然ですね。

姉妹の私たちでさえ、まるで異なりますもの。

またガーデニングに目覚めた妹。

ガーデニングと言う共通の趣味が持てるだけでも、とても心強く嬉しい私です。。

 

 神戸 六甲山牧場

 

夫の三度の食事を用意し、家事に勤しむことだけの毎日に特別不満も抱かなかった私が、一人暮らしになってしまった今。

一年少々が経過しましたが、未だにこの点の戸惑いが多くて、困りものです。

 

まずは春のお彼岸のお墓参りをつつがなく済ませましょう。

とても楽しみにしています。

 

           

 

またしばらくお休みさせていただきます。

私の本当の思いは、毎日連続投稿して、ブロガーライフを愉しめたらいいのに、何ですけれど・・・・・・。

話題も乏しく、体力も文章力にも自信がない私には、やはり重い課題です。

 

時々休憩をはさみながら、今のスタンスで、細く長く続けることを、やはり目標にしたく思います。。

今後とも、こんな私ですが、宜しくお願い致します。

 

たくさんの励ましの応援、本当に有難うございました。

 

 
にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

  

 花のように泉のように

私の料理ブログ 幸せは食卓から 心を込めてお料理

http://blog.goo.ne.jp/karensakura0403

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

紐靴の有難さ

2017-02-18 07:14:34 | おしゃれ

私は若い時から、お出かけの靴と言えば、ヒールのみ。

フラットの靴は、ほとんど履かない人でした。

特別なこだわりがあっての事ではなく、なんとなく自然の成り行き。

 

そういえば、私の母も高齢になってからも、結構高いヒールの靴を履き、良い姿勢でさっそうと歩いていました。

それを常に見ていた私には、それが当たり前。

高齢者向きのひも付きフラット靴などは、なんとなく野暮たいイメージに感じられ、敬遠していた私です。

 

ところが今は、長い間避けてきた紐靴のウォーキングシューズが、大のお気に入り。

この心境の変化は、何に因るのでしょう。

とは言っても、街中に出かけるときは、まだ履く気にならないのですが。

我が家から私の足で徒歩20分の次女宅に赴くときは、この靴をもっぱら、今は愛用しています。

 

ヨシノヤの靴です。

気に入って購入しても、履き心地が悪くてがっかりすることが多い中、
ヨシノヤの靴で、期待を裏切られたことは一度もありません。

センスの点では、今一つのお店だけれど、高齢になると履き心地が第一ですものね。

 

この紐靴に関心を持つようになったのは、今の若い人達のトレンドの影響かもしれません。

一時、スニーカーが大変流行していましたよね。

今も、まだその流行は続いているのでしょうか?

 

いつか次女が、ドレシーなスカートの身なりなのに、白のスニーカーを履いていて、目が一瞬点になったことがありました。

その日は、入退院を繰り返す夫の病院で、主治医との家族面談の日だったのです。

その靴の違和感を後で愚痴ると、長女に、

「今はそれが流行してるんだから、いいじゃないの」

と言われたものです。

 

流行には割と疎い私ですが・・・・・・。

帰りの電車の中で、改めて乗車している若い女性の足元を見ると、なんと白のスニーカーを履いたお洒落な女性が数人いました。

長女の言葉に、幾分納得はしたものの、TPOの観点から、好ましい服装だったかは、今でも疑問ですけれどね。

 

それ以来の事です。

紐靴への私の関心が、急に高まったのは。

 

このフラットシューズも履き心地はいいです。
パンツスタイルの時しか履きませんが。

 

けれど、紐靴のウォーキングシューズとスニーカーは、まったくの別物のようですね。

本当のお洒落を目指すのであれば、スニーカーを素敵に履きこなしてこそ、センスの良いシニアー夫人として認めてもらえるのでしょう。

エルメスのスニーカーへの憧れは捨てがたいですけれどね。

なかなかそこまでの勇気も、履きこなす自信もなくて、一見似ているひも付きのウォーキングシューズで妥協。(笑)

ところが、この靴の履き心地が期待以上によくて、もっと早くから履けばよかった、と今更ながら後悔している私です。

 

紐靴を履き、青空を仰ぎながら歩む足どりの、何と軽やかなこと。

 

前述したように、徒歩20分の次女宅へ週、2~3回通うときは、この靴をもっぱら愛用しています。

履き始めてしばらくは、まだ足に馴染んでいなかったのか、今ほどの満足感には至りませんでしたが、ひと月もするとすっかり履き慣れました。

するとどうでしょう。

素足で歩いているような軽やかさ。

20分の歩行の疲れが、まるで以前と違って、足への負担はゼロと言った感じ。

足が軽やかだと、心まで軽やかになり、弾んできますね。

 

二月のカレンダーの柄です。
元気を貰える、いい言葉ですね。
暮らしにささやかでも、素敵な変化を求めて・・・・・・。
日々新たな気持ちで、迎えたいものです。

 

この靴を履くまでは、バス利用する方が多かったのですが、今はほとんど徒歩で出かけるようになりました。

もう一、二足欲しいですね~。

 

ところが、衣類費がいまだに赤字状態。トホホ

一月の衣類費の予算は(クリニング代も含まれています)は、いまなお、その赤字を埋めることに充当。

夫が亡くなって数か月後に、悲しい気持ちをお洒落でもして引き立てなくてはと思い、大出費で、ブランド物を二枚買ったのが、未だに響いている私の暮らし。

靴一足買うのも、ためらってしまいます。

 

早くこの赤字を埋め尽くして、もっとおしゃれをしたいもの、と

その暁には、ウォーキングシューズも、もう一足買いましょう。

 


にほんブログ村

  ご訪問有難うございました。

  ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

  

  花のように泉のように

 


この記事をはてなブックマークに追加

夫の遺影

2017-02-17 08:07:45 | 家族

遺影

人が亡くなった時には、必ず必要なものですが・・・・・・。

この言葉には切なく悲しいものがありますね。

葬儀で使用した祖先の遺影を、和室の欄間辺りに並べて飾っている光景を、娘時代、目にした記憶があります。

造り酒屋である母の実家がそうでした。

当主の名前は代々変わらないため、祖先を大切に思う気持ちは、一層強いのかもしれません。

普通のお宅でも、時に、見かける光景なのでしょう。

 

わが家では、お葬式で使用した両親の遺影などは、仏壇の下の小収納の中に納めたまま。

スナップ写真を葬儀屋さんに急遽依頼し、遺影写真用に作成してもらったものでしたが。

雰囲気が、元気な時の父母に似て非なるもの

髪形など、一部加工もされている感じで、愛着が全く持てず、長い期間、飾る気にはなれませんでした。

 

 

一方、夫の遺影はどうでしょう。

名の良く知れた大きなチェーン店の葬儀屋さんのお世話になりました。

長女の孫娘、さっちゃんの七五三の時に写真館で撮ってもらった記念写真の夫の顔を拡大し、それに当てました。

その遺影は、割と自然な写真に仕上がり、今では愛着が持て、大好きなものになっています。

 

けれど、出来上がった遺影を初めて見たときは、ちょっとがっかりしたのですよ。

あら、私がイメージしていたのとは違うって・・・・・・。

旦那さまがよく撮れている写真のように感じ、それを選んだのですが、少々選定を、私は間違えたようでしでした。

Yさんは、もっと美男子で、風格ある顔立ちだったのに、と。

迷った、もう一枚の方にすればよかった、と、その時はチョッピリ後悔したものです。

もう一枚の写真とは、下の画像です。

 

 

仕事にも脂がのり、一番元気なころでした。

9・11のテロ事件で崩れ去ったニューヨークの高層ビル上階のニューヨーク支店の職場で、半年の出張勤務を終え、5キロくらい太て帰国後に撮った写真でした。

写真からも、夫の暮らしの充実振りが伝わってくるようで、私が大好きな一枚です。

いつもお財布の中に、お守りのようにして、母の写真と一緒に入れています。

 

もう一枚、お気に入りの写真が。

けれど,これは葬儀後、次女が見せてくれたものなので、遺影にすることは不可能でした。

もし、知っていれば、おそらくこれを使用したに違いありません。

遺影にできなかったことを、返す返す残念に思ったものでした。

 

 

けれど、もしこの二枚のいずれかを遺影にしてたなら、今の写真のように親しみが持てたかどうかは疑問です。

余りに若すぎて、亡くなる前の数年の夫とは雰囲気が違いすぎますもの。

夫はもっと美男子だったな~と思い、チョッピリだけ不満な遺影ながら、次第に大好きになっていった訳は。

よそ行きのかしこまった顔ではなく、生活のにおいがする多少ゆるんだ顔のせいか、百面相をしてくれるのです。

 

私の心がとても充実し、生き生きしているときに、その遺影の前に立つと、夫まで笑っているように見えるのです。

一方、沈んだ心持で見ると、なんだか旦那様も心配そうな顔つきをしているように感じられて・・・・・・。

 

 

この大好きな遺影を、今は仏間の和室から、私が1日の大半を過ごすファミリールームに移動しています。

毎日、夫に見つめられているようで、とても心強い気持ちになれます。

この部屋に移されて大満足なのか、その夫の顔までが、一層御機嫌に見えてしまうのですよね。

小さな額に入った同様の写真も、いつもテーブルの上に置いています。

 

数年前あたりから、元気なうちに、自分が亡くなった際の遺影の写真を自らで選んで用意しておきたい、と常々思ってはいるのですが。

なかなか実行に移せなくて。

そういえば、母の姉に当たる伯母は、60代のころから、額縁におさめた自分の遺影を用意して、お部屋に飾っていました。

 

葬儀に出かけた際の思い出として、祭壇の中央に飾られた写真の印象は心深く刻まれるものですね。

ここ5~6年の間に、大切な友を、二人も失った私ですが。

Uさんの遺影は、彼女らしい笑顔で、それはそれは素敵なものでした。

一方、高校時代の親友だったKさんの遺影は、とても優雅で美しかったKさんとは、随分イメージが掛け離れたものでした。

 

 

もしかすると、夫の遺影にも、チョッピリ違和感を抱かれた弔問客の方達が、いらしたかもしれません。

けれど、普段の顔をして、私の心模様で色々表情を変えてくれる、この写真が今、私は大好きです。

 

           

相変わらずのようですので、下の記事をまた載せることにしました。
妹とは、共通の思いを確認し合いました。
亡き夫にも、よくそう注意されたものでした。

 私たち姉妹のことについて、あまりに事実と異なる事が、一部の方によって書かれています。
抗議したいことは、山ほどあります。けれども、言い返しても虚しいだけ。
双方とも、理解し合うことは、無理です。
姉妹ともに辛いことですが、何を言われてもスルーを通し、
これからも一切反論しないことにしました。
前を向いて、余生を大切に過ごしてまいります。
今後とも、私どものブログを、どうぞ宜しくお願い致します。

過去の経緯の記事は、カテゴリー、ブログ2にまとめて、十数記事に過ぎませんがすべて載せました。
一両日、迷い悩み抜きましたが、当時の記述に目を通していただくのが、
一番わかりやすいと思いましたので。
Mさんのお言葉を拝借するなら、「経緯を間違いなく把握」していただくためにも。
いずれの文章もほとんど、生々しい状況の時に書いたものです。

 


hanaさんの件は、今見たところ、妹だと断定したKさんの文章は取り消されているようです。
そのため、表現を少し変えます。
未明のhanaさんが、妹だと思われている節がありますが、妹ではないことを断言します。

 

 
にほんブログ村

  ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

  

  花のように泉のように

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

不安な世界情勢

2017-02-16 07:01:54 | 社会 政治

今年の世界情勢は如何に。

専業主婦の私と言えども、不安で一杯です。

自分なりの強い関心はあるのだけれど、頭の中は新聞の受け売りの知識が漠然と詰め込まれているだけ。

ブログの記事として、うまくその思いをまとめて綴る自信などまるでありません。

ですから、具体的には書けないけれど、なんとなく不安に感じることを、主婦の感覚で、かいつまんで語らせて頂きますね。

間違った捉え方だったり、表現が不自然でも、大目に見て下さい。

 

 

オバマ大統領が就任したときは、録画だったかもしれないけれど、テレビの前にくぎ付けとなり、感動しながら観続けたものでした。

このたびのトランプ氏の就任式は、私は観る気にもなれなくて。

この余りの気持ちの落差が、本当に悲しいだけでした。

 

 

オバマ前大統領は、すべてがうまくいったわけでは、むろんないでしょうけれど、バランス感覚に秀でた、実に立派な大統領として歴史に鮮やかな記憶を留めることでしょう。

プラハのスピーチを筆頭に、折々の世界的行事における演説も素晴らしかったですね~

私は大好きな大統領でした。

 

 

けれど彼の努力の賜物と言うべきレガシーである、医療皆保険、温暖化対策などが、ことごとくつぶされそうな、今の状況を知るにつけ、ほんとに悲しくて、他国の一庶民に過ぎない私でも、虚しさいっぱいになります。

オバマ氏の悔しさは、想像を絶するものでしょう。

 

 

自国中心主義を掲げ、差別的な過激発言を繰り返す新大統領のトランプ氏により、今後のアメリカはどのようになってしまうのでしょうか。

懐深く、多様性を尊重し、自由を愛する米国が、一夜にして、違う色に染まってしまったかのようで、本当に悲しいです。

 

第40代大統領だったレーガン氏も、就任する前の選挙戦では、過激発言が多かったようです。

けれど、大統領になると、国際協調路線を重視した政策に転換したとのこと。

それを知り、トランプ氏も、就任後は態度を変えてくるのでは、と期待しましたが、その願いは見事に裏切られてしまいました。

メキシコ国境の壁の建設、イスラム教徒の入国禁止(これは司法によって阻止されたようですね)など。

本当に実行しようとする姿に、やるせなさと憤りすら覚えます。

 

メキシコの国境周辺の街、ティファナに、アメリカ在住時、出かけたことがありました。

その暮らし振りの貧しさが、今なお私の心に焼き付いています。

あの辺りに壁ができるのかしら、などと、漠然と想像していますが。

メキシコは、八割方はアメリカの輸入で経済を支えている国のようです。

その様な国は、他にもあるでしょう。

 

 

アメリカが自国さえよければよいといった利己主義な政策に陥れば、どうなる事でしょう。

世界中の国々の底上げを図り、貧しさを失くし、世界平和を目指すと言った崇高な人類の願いは、完全に頓挫してしまいますね。

グローバル化により、富の集中の偏りが生じ、格差を広げたことは確かでしょうが。

だからと言って、トランプ氏の政策が、その問題を解決するとは、とても思えません。

 

私にとってのアメリカは、滞在期間5年に過ぎなかったけれど、良き想い出のみの大好きな国です。

それだけに、今の状況が残念でなりません。

 

このたびの日米首脳会談は実に良い雰囲気で、両首脳の今後の親密ぶりが窺えるものでした。

相性がいいのでしょうが・・・・・・。

安倍総理は、なかなかしたたかに振る舞っているとの印象を、私は受けました。

むやみに反対するのではなく、表面上は静観の構えでいらっしゃいますが・・・・・・。

 

内心はどうなのでしょう。

大統領に就任するまでは、政治家としては、全くの素人だった、トランプ氏です。

安倍総理は今後、懐柔策を図り、徐々に国際協調路線へと、トランプ氏の政策を転換させる企みがおありなのでは。

そんな感じがしないでもありません。

 

懐深く、多様性を尊重する自由な国、アメリカに戻りますように。

 

日本がとても重要な立場となり、世界平和と経済発展のために、貢献するのでは。

安倍総理の今後のアメリカへの対応には、非常に関心がある私です。

少々期待し過ぎかしら。

 

日本頑張れ!

そんな声援をかけたくなるような、今の世界情勢と我が国です。

 


にほんブログ村

  ご訪問有難うございました。

  ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

  

 花のように泉のように

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

K君は今のおばあちゃんの元気の素

2017-02-15 07:19:34 | 家族

退屈な暮らしではないのだけれど、平凡そのものな穏やかな日々。

最近は、穏やかとは言えなかったかなあ~

心身ともに、少々疲れることがあったから。

 

そんな時でも、週2~3回、孫宅に出かける祖母のお務めは、つつがなくこなしてきた。

とても良い気晴らしになる。

昼下がりに出かけ、帰宅はいつも大体、五時半過ぎ。

行きはてくてく歩き、帰りはバス。

私の足では20分かかる。

 

先週の中頃、次女宅に出かけた日の事。

K君は、私がそろそろ家路に就こうと、身支度を整え、バッグを抱えた時に戻ってきた。

この日は塾がない上、下校時間が早いと聞いていたので、行く必要はなかったのだけれど、何となく来てしまった私。

家に上がると、下校後いかにも大慌てで外に飛び出した様子がうかがえる、K君のお部屋の散乱振り。

ランドセルも厚手のコートも投げ捨ててあった。

 

 

友達の家にでも出かけたのかな、と思っていたが、公園で友人たちと遊んできたようだ。

帰宅したときのK君は、頬を紅潮させ、輝いた元気いっぱいの表情。

持参のおやつは次回来ると時にまた、と思い、バッグに収めたばかりだった。

和菓子だったので、口に合うかちょっと心配しながら、「食べる?」と訊くと、嬉しそうな笑顔で目を輝かせて、大きくうなずくK君。

和菓子の草餅にかぶりついた。

 

K君の純な優しい笑顔に接すると、私は元気をいっぱいもらった気分になれ、この上なく幸せ。

K君、いつもありがとう。

今のおばあちゃんの、一番の元気の素かもしれません。

K君が大好きだったおじいちゃまも、天国でいつも見守ってくれていることでしょう。

 

行く途中の沿道の風景
空を仰ぐと、冬空が凛として真っ青。

 

話題をちょっと変えて・・・・・。

先日のある日、娘は週明けから海外出張で、パパと子供たちの三人暮らし。

パパは、学者さんなので、サラリーマンに比べると、帰宅も早く、時間の融通も利く人。

料理も得意、子育ても実に上手。

娘は、協力的な優しい旦那さまに恵まれ、仕事にも専念できるようだ。

私の夫とも、長女のお婿さんともタイプが違う。

夫婦げんかも一度もしたことがないらしい。

だから、私は安心しきって、Mちゃんが出張時も、孫たちの事はお婿さんに任せ、あまり気を遣わないで済む。

 

マンション住まいの次女家族だけれど、お庭が広い。
かれんちゃんは、時々自転車を乗り回して遊んでいるようだ

 

もし、彼が残業をこなす普通のサラリーマンだったなら、Mちゃんは、、転職でもしなければ、仕事の継続は無理だったかもしれない。

今の仕事は、余りに忙しくて。

或は私が、五十代のころのように、母親代わりとなり、孫たちの夕食の準備をしたりと、献身的に尽くしていたのだろうか。

今の年齢では、恐らくもう無理かもしれないけれど。

 

どちらかと言えば、心配なのは長女宅の方。

長女のお婿さんはサラリーマンで、帰りも遅く、家事には余り協力的でない。

終末は、ゴルフにお出かけのことが多いらしい。

とは言っても、家事子育て、他の諸々の事、すべて私任せだった夫よりは、はるかに手助けしてくれているようだ。

 

次女宅

 

長女は、ある会社の部長職で、責任ある仕事に携わる身。

次女も、それに似た要職で働く身だけれど、責任の重圧は、長女の方がはるかに大きそう。

次女同様、海外出張も時々こなす。

細身の体で頑張るMちゃんが、親の目には少々痛々しく映るのだが。

 

但し長女は通勤が次女に比べるとかなり楽。

都心に住んでいて、自転車通勤も、しようと思えば可能な域に住まいがある。

実際は、バスによる通勤のようだけれど。

 

 

日も暮れた七時半ころ、時々、私に電話をかけてくれる。

「ご無沙汰してるけど、元気にしてる?」と。

つい最近もあった。

帰宅途中のバスを待つ間の束の間の時間。

恐らく家に着くのは八時ごろ。

それから家族の夕食に取り掛かるのだろう。

想像するだけで、その暮らし振りの多忙さが、我がことのように伝わってくる。

 

けれど、声が、とても弾んでいて明るくて安心。

声で、親の私には、その時の娘達の心身の健康度が計れてしまう。

 

二人とも、私とは大違いで、聡明な頭脳と逞しい精神力と体力に恵まれているようだ。

だから、私は時に心配になるものの、どこか安心し切っているところがあり、気ままな余生を送らせてもらっている。

 

人生、健康が、第一です。

お仕事はほどほどに、体を何よりも大切にして、心豊かな日々を送ってくださいね。

そう願って止みません

 

書きたい話題が浮かばず、なんとなく綴り始めた今日の記事でした。

こんなことを書くつもりでは、またくなかったのだけれど、それなりにまとまったようですので、今日はこれで終わりにします。

文体も、ちょっと変えてみました。(笑)

 

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

 

  花のように泉のように

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

デトロイト美術館展

2017-02-14 06:50:22 | 文化

先日、上野の森美術館で催されていた「デトロイト美術館展」に出かけ、ゴッホ、ピカソ、ルノワールその他の名画を鑑賞してきました。

名画鑑賞は、日帰りの箱根バス旅行で妹と一緒に訪れたポーラー美術館以来、数か月振りの事です。

何と、それも最終日。

酷い混雑が予想されましたが、非日常の空間に浸って、現実から少々逃避したくて仕方なかった、そのころの私。

名画鑑賞は、その目的には、絶好の場所です。

そのため、身を刺すような冷たい木枯らしが吹く日でしたが、思い切って一人で出かけてきました。

 

わが家からは、結構遠い上野です。

家事を済ませて、軽い昼食をとってから美術館へと、少々遅い出発でした。

四時半閉館とあって、少し気が焦り、足早に。

それにしても、閉じるのが早いですね。

最終日だからと言うわけではなさそうでした。

 

 

二時前に到着した私でしたが、入場券売り場の行列は思ったほどの混み様でなく一安心。

ところが、その行列に身を置いた時、思いがけないご親切に出逢いました。

 

私と年齢がさほど変わらない素敵なご婦人が、突然声をかけて下さり、次のようにおっしゃたのです。

「お写真を撮っていらっしゃるとき、お一人のようにお見かけしました。

宜しければ、この券を差し上げます。

今日は最終日で、余ると無駄になりますから」と。

 

突然のご親切に、私は一瞬戸惑いましたが・・・・・・。

素直に喜び感激した面持ちで、「本当に宜しいのですか?」と言いながら、そのお言葉に甘えてしまいました。

するとさらに、「ご一緒に愉しみませんか?」とおっしゃて下さったのです。

 

嬉しいお言葉でしたけれど、本心は、美術鑑賞は一人で気ままにが一番望ましい、との思いでいつもいる私です。

それに、結構長い道中でしたから、化粧室に行きたくてたまらなかった私。

その前は、それなりの行列でした。

お待たせするわけにはいかず、丁寧にお礼を申し上げ、そこでお別れすることとなりました。

 

後で思ったことは、半額でもお支払いするべきではなかったかと、いうこと

咄嗟の事で、その様に気が回らなくて。

今でも、清々しい上品なシニアー夫人の笑顔が、感謝の気持ちと共に、瞼に浮かんできます。

 

上野公園の片隅の花壇に咲いていた水仙。
このお花がぴったりの雰囲気のお方でした。

 

館内の名画鑑賞で、一番印象的且つ感動したのは、ゴッホの自画像。

デトロイト美術館展では、一番注目の名画でした。

他では、やはり私が好きなルノワールをはじめとする印象画の画家たちの作品です。

私が割と好きな、モディリアーニの絵画も、数点ありました。

 

ピカソの作品もたくさん展示されていましたが、私はどうも苦手。

鑑賞力が乏し過ぎます。

 

 

実は、その美術館展の全作品が載った図録を、2000円も払って売店で購入したのに、どこかに置き忘れてしまった間抜けな私。

ですからいつものように、その画像を写して、ブログ上にアップすることができません。

そのため、少々寂しい記事になり、とても残念です。

皆様のご期待にも添えなくて、申し訳ありません。

 

アメリカの公共美術館で、世界的な名画を最初に購入したのがデトロイト美術館との事。

その後、市が財政破綻し、一時は運営費が賄えず、閉鎖の危機に追い込まれたこともあったようです。

けれど、市民や各方面からの支援で、立ち直り、今ではデトロイトの街で、市民の憩いの場所として繁栄しているとの事でした。

 

この絵画の写真の言われが解らなくなってしまいました。
確かデトロイト美術館の壁面に飾られた絵画ではなかったでしょうか?

 

美術鑑賞で、私が一番惹かれるのは、もしかすると、名画に囲まれた空間の非日常性と静謐な雰囲気かもしれません。

何だか、心が洗われるような気持ちになりますものね~

名画を見ても、正直言って深く味わう鑑賞力は私には備わっていませんから。

画集に載っていた名画を観られた、といった自己満足に酔っているだけかもしれません。

それで十分嬉しい私です。

 

その点では、今回はチョッピリ不満足。

最終日だったため、混雑が甚だしくて、名画の前にたどり着くまでにも時間がかかり過ぎ。

のびのびと、いろんな角度からゆったり鑑賞することなど許されませんでした。

人の気配の方が強すぎて、美術館の展示場に漂う非日常性の雰囲気にも少々欠けていました。

 

 帰りに、公園内にある老舗のレストラン、来々軒で一服。
味も評判のお店、
夕食も摂りたいところでしたけれど、次女宅でご馳走になる日でしたのでパス。

 

私がこれまで出かけた美術館で、一番印象に残っているのは、渋谷に所在する松涛美術館のような気がしています。

小林秀雄展を催していた時のことです。

とても小さな美術館でしたが。

人も少なかったせいか、落ち着いた空間に身を置いてゆっくり鑑賞できました。

その思い出は今も鮮明です。

 

 

展示場の片隅に、カフェがあったのも、実にユニーク。

小林秀雄が収集した骨とう品などを遠目に観ながら、コーヒーとケーキで一服できた夢のような至福のひと時でした。

その感動は、今も忘れられません。

また何時か訪ねてみたいものです。

 

美術鑑賞は、作品だけでなく、美術館そのものが必見の価値ありの芸術的建築物の場合が多いですね。

私は、いつもそれを鑑賞する醍醐味を味わうのも、楽しみに出かけます。

そのもっともなるものが、世界遺産になった、建築家ル・コルビュジエ設計の国立西洋博物館でしょう。

何度か訪れたことがある場所ですが、世界遺産となった今、また訪問の機会があれば、改めてじっくり見直したいもの、と今から楽しみにしています。

 

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

  

 

  花のように泉のように

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

冬のガーデニング

2017-02-13 07:08:51 | ガーデニング

厳しい寒さが続く冬の間は、ガーデニングは敬遠しがちな私です。

私に限らず、多くの方々がそうなのかもしれませんが。

その間も、春に向けて、地上でも地下でも、植物の命の鼓動と息拭きは続いているのですよね。

そのような想像力を働かせて、ガーデニングに臨むことが大切なのでしょう。

 

草花は人間と変わらず、命を灯し、生の営みをしている生き物そのもの。

冬の間、庭の作業を余り疎かにし過ぎると、その命を殺してしまうことになりかねません。

そうなっては、大変ですが。

その状況にも、多少鈍感な所なところももある、無慈悲な庭主のわたしです。

 

ガーデニングを語る資格なんて、私にはないな~

そう思うことがよくあるほど、実に気まぐれで気ままな草花の世話の仕方をしています。

 

冬の間は、水遣りと花柄摘みぐらいしかやっていませんでした。

何だかとても寂しいわが家の、今の庭の光景です。

こんなにうら寂しい花壇は、ここ5~6年なかったことかもしれません。

 

 

花が少ない冬の時期でも、毎年、可憐なパンジーが、花壇や寄せ植えの鉢を色鮮やかに彩ってくれるのですが。

どうしたことでしょう。

今年は、花が咲いてくれません。

毎年良く咲く場所に植え付けたのですけれど。

去年は、日照不足のせいと思っていましたが、今年に入ってからは、晴天続きの日々。

その理由ではなさそうです。

何故なのか解りません。

ハンギングと門扉前の日当たり絶好の場所にある寄せ植えのパンジーのみが花を付け、私の目を愉しませてくれています

 

平凡といえば平凡だけれど、こんなにありがたく好ましい花は,そうありませんものね。

この花が欠けると、一番大切な物をどこかに置き忘れしてきたかのように、心もとない私です。

 

 

そういえば、パンジー以上に好きなマーガレットも、まだ購入していない始末。

本来なら宿根草ですから、買い付けなくても毎年わが家の花壇に咲いてくれるはずなのですけれど。

私にとっては、恥ずかしいお話ながら、いつも1年草扱いです。

節約志向が強い今の暮らしでは,なんとしても、今年は宿根草として育て上げたいものですが。

 

私が頚椎症を患い、首が回らないほどひどい状況になった時は、数年間ガーデナーさんのお世話になりました。

年に四回着て下さり、季節の草花を植えこんでいただいたものです。

その時は庭作業が楽で、本当に助かりましたが、そんな贅沢はもうできません。

 

お世話になったのは、某デパートの草花売り場の若い素敵なガーデナーさんでした。

彼女のおかげで、植え方やアレンジのコツなどのノウハウも、学ぶことができました

それを十分生かした庭とは、今はとても言い難く、少々恥ずかしいです。

 

 冬の花と言えば、クリスマスローズ。
今回の記事では触れていませんが、私の一番好きな花。
またいつか話題にさせて頂きますね。

 

 夫が亡くなってからは、以前のように草花の苗を、季節毎に大人買い何て、できなくなってしまいました。

そのせいか、花壇への意気込みも何だか減退。

 

奥行きのない狭い庭のように一見見えますが、横幅が広い我が家。

勝手口に通じる北東向きの通路、和室の前の坪庭、玄関の門扉までのポーチ。

それをすべて含めると、結構な面積になり、いたるところに寄せ植えのテラコッタが配置されています。

常緑のプランツでも植えて、その空いたスペースをできるだけ埋めませんと、植えこむための費用だけで大きな金額になってしまいそう。

 

細々と、でも頭を使い、精いっぱい美しい庭を作り上げられないものかと、春に向けて、今は思案中の私です。

そろそろ、春の草花を買いに出かけましょう。

 

 

昨年の秋頃から、ブログのカテゴリーにガーデニングをまた付け加えた妹。(ブログ名 世界に一つだけの姥花日記)

その妹から、つい先日の事、一緒に春の草花の苗を買いにゆかない、とのお誘いの声がかかりました。

妹は、私よりはるかに研究熱心なところがあります。

今後は頼りになるアドバイザーになってくれることでしょう。

心強い限りです。

 

種から私は育てたりするから、苗が大きくなったら譲って上げるわね、と。

その代りではないけれど、海外旅行で長期間家を留守にするときは、私が草花を預かることになりました。

今後は、姉妹仲良く、協力しあって、ガーデニングを愉しめそうです。

 

また、イングリッシュガーデンの夢が膨らんできました。

体力勝負のところもあるガーデニングですが、高齢の私は、適当に気楽に。

でも精一杯の愛情は注ぎたいと。

なんだか矛盾する思いを抱えて、いいよ春の庭作業の開始です。

 

      

 

私たち姉妹のことについて、あまりに事実と異なる事が、一部の方によって書かれています。
抗議したいことは、山ほどあります。けれども、言い返しても虚しいだけ。
双方とも、理解し合うことは、無理です。
姉妹ともに辛いことですが、何を言われてもスルーを通し、
これからも一切反論しないことにしました。
前を向いて、余生を大切に過ごしてまいります。
今後とも、私どものブログを、どうぞ宜しくお願い致します。

過去の経緯の記事は、カテゴリー、ブログ2にまとめて、十数記事に過ぎませんががすべて載せました。
一両日、迷い悩みぬきましたが、当時の記述に目を通していただくのが、
一番わかりやすいと思いましたので。
Mさんのお言葉を拝借するなら、「経緯を間違いなく把握」していただくためにも。
いずれの文章もほとんど、生々しい状況の時に書いたものです。
一月間だけの対処です。
そのあとは、元のカテゴリーに戻すつもりでいます。

 


にほんブログ村

  ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

  

  花のように泉のように

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

昨年末の娘達からの贈り物と私のお買い物

2017-01-29 07:03:48 | 買い物

年が明け、早くも暦は次ページを伺う頃となりました。

今年も、一日一日をおろそかにすることなく、大切に丁寧な暮らしを心がけたいものと、今改めてまた思っています。

今日は、昨年末から、我が家の備品となった数点の品物をご紹介させていただきますね。

いずれもささやかな買い物。

お見せするほどのものではなくて、恥ずかしいのですけれど。

新品の物は、いかにとるに足らない小さなものでも、手にする一瞬、心が、ときめきませんか。

素直に嬉しいですよね。

 

遺族年金となり、蓄えはほとんどできなくなりましたが、貯金に手を出さなくて済んだ私の努力へのご褒美。

そんな感じです。

お買い物は、金額にすると数万に過ぎません。

 

今年のカレンダー

乙女チックでちょっと恥ずかしいけれど、色彩のどぎつい写真カレンダーが多い中、
やっと見つけ出したものです。
ページをめくるのが楽しみ♪

 

ささやかと言いましたけれど、それは、私が自分で購入したもの。

娘達からの贈り物は、そうとばかりは言えません。

 

長女から貰ったクリスマスプレゼントは、予算を訊いて、自らで買い物をさせてもらいました。

次女からは、最高級のブランド品ながら、破格で手に入れてくれたカーデガンです。

その他に、私が長年愛用している家計簿、迷いに迷って購入した今年のカレンダー、それにキッチン用品、といったところでしょうか。

 

手帳は随分悩み、結局、買わずじまい。

時間が30分刻みののスケジュール表が編集された手帳が、書店や文具店にあふれ、心惹かれはしたけれど・・・・・・。

大きな手帳は購入しても、いつもあまり使用しない私です。

毎日の計画は、大学ノートに自由に書き込むのが一番好き。

去年、そのノートを何十冊も書きつぶしました。

日程表は、家計簿と同じく、羽仁もと子案の主婦日記についているスケジュール表で間に合いそうです。

 

この家計簿を30数年間使用し、1日も欠かさず記帳してきました。

 

何からご紹介しましょうかしら。

まずは、プレゼントの中で一番高価な、白のカーデガン。

次女からのクリスマスプレゼントですが、正価ではとても手が出せないもののようです。

春になったら、グレーのワンピースに羽織り、幾分派手目のネックレスをかけてお出かけしようかしら。

そんなイメージを描いて、今から着るのを楽しみにしています。

 

平凡なデザインが、着回しの応用ができて一番嬉しい私です。

 

長女のプレゼントはすべて、私が自分で商品を選びました。

まずはトースター。

昨年の年初に近所の量販店で購入したものが、我が家にありました。

けれど、半年も使用しないうちに、調子が悪くなり、パンがこんがりと美味しく焼けなくなってしまったのです。

まだ買ったばかりでしたから、ひたすら我慢して使用していましたが。

お正月を迎えるにあたり、新しくしませんと、お餅が美味しく焼けてくれません。

私は焦っていました。

 

数年前から、小ぶりで応用範囲の広い、よいトースターがないかと、ずっと探し求めていた私です。

店頭に並んでいる、機能がよさそうなものは、図体が大きすぎて、窓辺に置くには今一つ合わないものばかりでした。

仕方なく妥協して買ったのが、昨年まで使用していたトースターだったのですが。

一方、娘からプレゼントしてもらったものは、一目見て気に入り、即購入でした。

 

 

渋谷の東急本店のキッチン用品売り場に陳列されていたものです。

デパートの商品は、なぜか量販店のものより、信頼がおける気がしてしまって。

品物が多すぎると目移りしてしまいますよね。

その点、デパートの電化製品は、数が少ないので、厳選されたものではないでしょうか。

その安心感がありました。

まだトースターとお餅を焼くときしか使用していないけれど、カタログを見ると、用途がいろいろありそう。

そのうち試そうと思っています。

 

 

他に長女のプレゼントとして、普段用の急須と、木製の小さなスプーンを購入。

この三点で、Mちゃんの予算にぴったりのお買い物でした。

Mちゃんたち、本当に有難う。

 

わたしから孫たちへのクリスマスプレゼントは、高二のR君にはお財布。

さっちゃんには通学用のマフラー。

次女のところは、K君には、朝日の小学生新聞の半年分の購読料を。

かれんちゃんには、色々なレターセットでした。

 

買い物は愉しいけれど、いつもとても疲れる私。

優柔不断なところがあり、なかなか決められません。

あぁ~でもない、こうでもなぁ~い、と迷うだけで、神経をすり減らします。

 

それに夫が元気だったころのように、のびやかな気持ちでは、ショッピングに臨めなくなってしまったことが、ちょっと悲しい。

私は買い物は慎重派です。

ですから。衝動買いはほとんどしませんが、めったにない一目惚れ商品に出逢った時は、少々高価でも買う勇気が以前はありました。

 

私の買い物です。

 

けれど、遺族年金の身になってからは、その伸びやかな対応は許されなくなってしまって。

買わなくても、買えないわけではない、と言う気持ちと、買いたくても買えないでは、全然気分が違いますものね~。

蓄えを下ろせばもちろん買えますけれど、今の収入で、身の丈に合った暮らしをする、を今のところ、私の暮らしの原則にしています。

その緊張感が、快くもあるのだけれど、暮らしの落差を実感して、気分が一番重くなるのは、デパートに出かけたとき。

妹にも、よくそう話しています。

チョッと惨めな思いを妹に語って、ストレスを発散しているのかもしれません。

 

 

でも愚痴るほどの事ではありませんけれどね。

境遇への順応は、早い私ですから。(笑)

今後は断捨離も心掛けていくつもりですが,数少なく、良質のものを揃えるといったこれまでのスタンスは、何とか維持したいものと願っています。

 

      

今日で一週間分の投稿が終わりました。

今後もお休みすることなく更新ができれば、それが一番私が望むところなのですが、私の体力と気力ではもう無理そうです。

しばらくのんびり、気ままに綴って、数週間後から、また更新させていただきますね。

妹から昨日、「お姉さまには、丁寧な暮らしのカテゴリーがぴったり」との嬉しい言葉がありました。

(妹のブログ 世界に一つだけの姥花日記)

娘世代のブロガーさんが多い印象ですが、若い方々の爽やかなセンスの良い暮らしを幾分でも見習えるように、私も心がけ、

素敵な日々を紡ぎたいと願っています。

今後とも変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い致します。

温かなたくさんの応援、本当に有難うございました。

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

  ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

    

 花のように泉のように

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

友に時間を捧げる心がけを、もっと大切にした暮らしを 

2017-01-28 07:13:11 | 

昨日の記事に、自己中心的な生活を改め、友のためにもっと時間を捧げられるようになりたい、と書きました。

もちろん家族のためにも。

きれいごとの文章みたいで、なんだかちょっと、気恥ずかしいのですけれどね。

 

今年の一年間も、孫息子、K君のお相手で次女宅には、せっせと通い続けるつもりでいます。

おやつを一緒に頂き、次女宅のお洗濯物をたたんだり、お部屋の整理整頓をしながらK君を見守る。

塾に出かけるとき、マンションの外まで出て、交差点を渡り切ったあたりで手を振って引き返す。

それだけの事なのですが。

 

中学へ入学すれば、この祖母の務めは終わりでしょうか。

いえいえ年齢に関係なく、孫のために、私が役立つことがあれば、何なりとしましょう。

 

けれど、疲れやすい私の体。

年を重ね高齢になっていく身には。疑問符が付く、理想論でもあります。

自分の暮らしで精一杯のところもあって・・・・・・。

 

或る日の一人ごはん

鶏肉の野菜巻きオレンジ風味・かぶのすり流し・ほうれん草としめじのお浸し・きゅうりと椎茸のごま酢和え

 

最近孫宅から夕方帰宅すると、なんだかぐったり。

疲労が濃いのですよね。

ですから、一人ご飯の夕食は朝から準備を始めて、帰宅したときには、すぐ食事が始められるように、できるだけしています。

疲れた体を無理してまで、自分一人のためにご馳走を作る気には、なかなかなれませんから。

出来上がったお料理の一部を、次女宅の冷蔵庫に置いて帰ることが多いです。

 

 

前置きが長くなりました。

これからが本題です。

 

周りの人達にもっと気配りのできる生活を心掛けたい、と思った一番の理由を記します。

その訳は、親友と言っていいようなTさんについての思いがけない知らせでした。

友人のMさんから、ご自分が所属するコーラス部の音楽会へのお誘い電話があった時の事です。

私は喜んで行かせていただく旨、お返事しましたが、「Tさんもお誘いしてみようかしら」と言いました。

すると、「Tさんは、お具合が悪いみたいよ。Iさんから伺ったの」とのMさんの応答。

 

度肝を抜かれるような驚きでした。

とても溌剌として明るく、ママ友達の定期的なお食事会では、その場を盛り上げて下さる中心的存在の方です。

そのうえ、とても細やかな気配りのできる心優しい人。

 

私は、Tさんの車に便乗し、重いパーキンソウ病を煩っておられたUさんのもとに、一昨年まで幾度も通いましt。

ご主人を失くされてからは、介護施設に入居されていたUさんです。

素晴らしいお人柄だったそのUさんも、今は帰らぬ人です。

介護施設の狭いながら素敵なお部屋で、ひざを突き合わせるようにして三人で語らった、ほのぼのとした和やかなひと時。

今なお、良き思い出として、深く私の心に刻まれています。

ブログでも、幾度か記事にしました。

 

 

それなのに、今度はそのTさんが病に侵されていらっしゃるらしいお知らせ。

もちろんすぐ、心配の余り、電話をかけた私です。

意外にも声は以前と全く変わりなく、明るくて優しいトーンでした。

私の耳に、心地よく響いてきましたが、お話の内容は結構深刻。

私はそのことを全く知らず、ご無沙汰を重ねていました。

とても申し訳なく、深くお詫びしました。

 

Tさんの病は乳がんで、年末に切除されたとのこと。

彼女らしい潔い覚悟のようなものが、お話から伝わってきて、彼女の心情が我が事のように理解できました。

その落ち着いた物言いに、感銘を受けた私です。

 

「何故知らせてくれなかったの」と言うと、

「心配をかけたくなかったの。Iさんは虫の知らせだったのか、私が入院している時、電話を度々かけてくれたようなの。

留守電が数回入っていたから、折り返しの電話をしたとき、伝えたのよ」と。

 

この電話を切って後、しみじみと私は思いました。

今後は、友人のためにもっと自分の時間を捧げられる、気配りのよく利く人にならなければ、と。

私の友人は、ほとんど同世代の方達。

年齢的に、いつ病が襲ってもおかしくない年頃です。

実際に、突然の友人の死に、ここ数年の間に三度も私は見舞われました。

そのうち二人の方は、掛け替えのない親友でした。

再会ごとに、まさに一期一会の気持ちが必要とされる年齢になってしまったのですね~。

 

澄んだ深い青空を仰ぐと、夫や友人の声が聴こえてきそうです。

 

私も自分が重い病気にかかったなら、Tさん同様に、友人に自らの電話で、それを知らせるような事は慎むでしょう。

心配をかけるだけですから。

自分の事はともかく、友人の不遇を見過ごさないですむ方法は、もっと友人への気配りを大切にすることだと思いました。

 

電話、メール、絵葉書などで御機嫌伺いをすること位でしたら、さほどの時間は必要としませんよね。

それさえも、少々疎かにして受け身の暮らしが過ぎた自分だった、と今更ながら反省しています。

 

わが家のリビングは、ホームパーティーが開きやすい設計といえるかもしれませんが。

そんな大それたことをしなくても、友人をもっと気楽にお招きできないものかと。

私はそういう時、変に力が入り、自分自身に負荷をかけすぎるきらいがあります。

すると支出も思いのほか多額となり、体力の消耗も激しくて・・・・・・。

度々お招きする気持ちが薄れてしまい、かえって負担になってしまう。

それでは、招かれた友人も恐縮して、同様の思いにさせてしまうかもしれません。

 

用意はお茶菓子だけでも、気軽に声をかけてお越しいただき、楽しい会話が何よりのご馳走、との思いで振る舞えればいいですね。

気楽で愉しくをモットーに、気配り上手な人に、今年はなりたいものです。

そして、折々の情報交換を大切にし、友人が元気であることを確認し合いたいもの、と願っています。

 

この思いは、ここ数年ずっと抱き続けてきたことでした。

けれど、願うだけで、思うように実現できていません。

単なる理想論をきれいごとで語っているに過ぎない私なのかもしれない、と思うと、とても恥ずかしくなります。

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

  ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

    

 花のように泉のように

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

自分の時間の使い方の再考

2017-01-27 07:21:46 | 暮らし

松の内が明け、成人式による三連休も終わった時、サラリーマンの方々は、いよいよお仕事が開始。

気持ちを引き締めてのスタートでいらしたことでしょう。

若夫婦も同様です。

(書き出しの文が、少々時期外れですね。私の記事は綴った時と投稿時にかなりの時差があります。
そのため、このような文章になってしまいます事、ご了解くださいませ。)

 

専業主婦の暮らしは、そのような方々に比べると、実に呑気な日々との印象を抱く方がが多いのかもしれません。

高齢者の暮らし、あるいは私のように未亡人になると、その生活は一層、そのイメージが強くなるのでしょうか。

 

長女の婿に、私が忙しいなどと時に言おうものなら、ちょっと呆れたような顔で言い返してきます。

苦笑いしながら、「忙しいはずがないじゃないですか。時間がたっぷりあって」と。

いつも口の悪いHさんですから、私は聞き流して終わりなんですけれどね。(笑)

 

 

実を言うと、私は日々暇だと思ったことは一度もない、といった半生でした。

退屈といった言葉は、私にとっては、死語です。

今でさえ、そう。

のんびりしようと思えば、いくらでもだらり~んと過ごすことが可能な、現在の境遇なのですけれどね。

旦那さまが逝ってしまい、時間を縛られることが一切なくなりましたから。

 

でも私は毎日多忙です。

やりたいことが、いっぱいあり過ぎて。

とは言っても、日々臨む日課はほとんど変わりなく、それをこなしているだけの単調な暮らしなんですが。

それでもやり切れず、常に時間不足を感じながら過ごしています。

要領が悪く、体力がない事も、そのゆえんかもしれません。

この悩みの種は、年を重ねるにつれ、益々大きくなる一方でしょうね~

 

手紙を書くひと時、読書をする時間がもっと欲しい、と。

(読書の時間は、暮らしのリズムに最近うまく乗せられるようになってきました。

今年は二十冊以上くらいは、完読できるかしら?)

 

今、村上春樹氏の書物にすっかりはまっている私です。
今のところ、小説ではなく、エッセイばかり読んでいますが。
文章の巧さとお人柄に魅了され、大ファンになってしまいました。
緑のブックカバーは友人に頂いたもので、愛用しています。

 

ガーデニングにも、もっと精を出したいものですが・・・・・・

外出する時間も多くして、今の社会の風を、直接肌に感じ、心身に刺激を与えられたらいいな~

ご近所の奥様で80代の方ですが、土曜日はおめかしをして必ずお出かけになる方がいらっしゃるのですよ。

 

私の計画が思い通りに順調に運ばない理由の一つに、住まいが、私の身には少々広すぎることが挙げられるかもしれません。

けれど、これが私の運動不足を補い、健康維持のとても良い理由であることも確かです。

運動嫌いな私は、マンション暮らしをしていたなら、病気になっていても可笑しくありませんもの。

 

こんな訳で、忙しい暮らしを自認して、日々を送っています。

今までは、家事とその他の日課をこなすのが精いっぱい、我が家中心の暮らしだった私。

ですから今までは、なかなか外に目が向かなくて、井の中の蛙同然だったかな~。

大好きな新聞だけが、社会の窓でした。

 

でも今年は、その態度を幾分でも改めようと思っています。

今一番心がけたいと思っていることは、もっと、他の人達に、自分の時間を積極的に捧げることです。

だからと言ってボランティア活動に励むといったことではありません。

それが一番の理想ですが、体力が無くいつも時間不足を感じている私には、自信がありません。

 

例えば、ご無沙汰している友人にお手紙を書くのも、自分の時間を捧げることになるでしょう。

そうしたいとの思いは常にあるのですが。

頚椎症を患ってからは、手紙書きは、ますます難儀なことになってしまいました。

でも最近、この症状は随分快方に向かっています。

ですから、まめに手紙を書くことに、今年は努めたいなぁ~、と。

 

親友のKさんへ

皆様にも、この絵葉書で、一足早い春をお届けしますね。

 

最近も、Kさんへ、春を一足早くお届けしたくて、きれいな花柄の葉書をポストに投函したばかりです。

ときには便せんで、お手紙も。

気持ちばかりの贈り物も添えたりできればいいですね~

小さな栞とか・・・・・・・。

 

まずはお電話を、と思い、年が明けてからは、数名の友人に、こちらから積極的に声をかけるようにしました。

いつもは割と受け身の私で、ご無沙汰ばかりしていますから。

お年賀状に、親友のAさんが、幾度も電話をかけましたが、いつも留守のようでした、との文章がありました。

その様に気にかけて下さるAさんのお気持ちが嬉しくて、感謝の気持ちで一杯になりました。

 

最近、私から電話をかけ、1時間近く語り合いましたが、日ごろ会う機会はなくても、何と心がスムーズに通い合うことでしょう。

価値観が似たもの同士ですから、一年以上逢っていなくても、阿吽の呼吸で判りあえてしまいます。

その共感の心地よさは、たとえようがありません。

その友も、私より一年早く、ご主人様を肝臓がんで失くされていますが、とても気丈な心優しい方

品性が匂い漂うような美しい女性です。

表現が古いけれど、新珠美千代さんそっくり。

他の親友たち同様に、いつも私は励まされ啓発を受けることばかりの、敬愛して止まない友です。

暖かくなったら逢いましょうねと、堅い約束を交わしました。

 

自分から積極的に御機嫌伺いのお電話をかけたり、お手紙を差し上げなければ、と思った訳が、最近ありました。

一昨年の頃、このブログにも、幾度か登場いただいた友人のTさんの思いがけないお知らせが、その理由です。

この詳しいお話は明日に回すことに致します。

 

 
にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

  

  花のように泉のように

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

続 次女のセンター試験における大失敗の想い出

2017-01-26 06:51:08 | 日記

今日は、昨日の続編です。

センター試験が終わり帰宅するまでの時間、私は針の筵に座っているような、つらい心境だったと思います。

姉の数倍時間をかけて、ひたすらT大を目指し、頑張ってきたMちゃんでした。

ケアレスミスといった思いがけないハプニングに見舞われてしまって・・・・・・。

それも、小さなミスではありません。

自らの落ち度ゆえ、その惨めさと情けなさは、相当なものだったことでしょう。

 

難問で、解き方がわからなくて、失点するのとはわけが違いますもの。

例えば、後半の問題辺りで、回答枠を間違えたのであれば、その後の問題が、最悪の場合、全滅と言ってもいいような事でした。

悪い想像はいくらでもできましたが、私はできるだけ元気な明るい態度で、Mちゃんを迎えようと思いました。

 

Mちゃんが帰宅後、合否の通知が来るまでの数週間、私はかってない程の優しい母親になり切りました。

その限りない優しさを、私は、無事T大合格後、思い出しては笑い、よく語り草にしたものです。

 

寒い時期でしたから、美味しい豪華な鍋物をご馳走し、励ましたこともあったでしょう。
この画像は、最近の一人ごはんの献立です。

 

帰宅した時のMちゃんの態度は、どうだったでしょう。

戻るなり、自分の部屋に駆け上がり、半狂乱のようになって、慟哭しづづけました。

私は慰める言葉も見つけられず、背中をさすったり、抱きしめたりして、心を少しでも鎮めててもらうと、必死で努力しました。

その後、当分暗かったと思いますが、少しずつ元気を取り戻していったMちゃんです。

 

1教科のテストの問題が半分全滅だったとしても、他の教科の成績がずば抜けて良ければ、目標の大学を受ける資格は取得できるのではないでしょうか。

Mちゃんには、それだけの実力は備わっていました。

けれど、その時は最悪の事態を覚悟するしかなかった私達です。

 

Mちゃん宅の次女かれんちゃんの子供部屋です。

 

そのため、勉強法をガラッと変えました。

当時、T大の受験問題は良問で知られていました。

私は中学受験はかなり協力した覚えはありますが、大学受験は、勉強の内容にはノータッチ。

本人任せであまり関心を示しませんでした。

T大の受験問題が、思考力を問う記述式傾向があるのに対し、受験予定だった私大、K大やW大の試験問題は、重箱の隅をつつくような記憶力を問う問題が多い。

その程度の事は、理解していたと思います。

けれど、センター試験までは、T大向きの勉強しかしていなかったMちゃんです。

そのため、センター試験後は、私大の過去問のみに集中しました。

半ばT大は諦めたような雰囲気でしたから、合否の判定が来るまでの勉強はさぞかし、Mちゃんは辛かったことでしょう。

 

そして数週間後に届いた合否の判定は?

思いがけず、合格!!!

センター試験の合否の基準や、その大学受験との関連性など、その当時も今も全く無知な私です。

知識が乏しすぎて、合格と言う表現が、適切かどうかもわかりません。

とにかく、T大を受験する資格は、無事取得できたMちゃんでした。

どんなに嬉しかったことでしょう。

親子して涙を浮かべ、抱き合って喜んだのかもしれませんが・・・・・・。

センター試験直後のショックな出来事の思い出があまりに鮮烈なため、この時の事は、何も覚えていない私です。

 

丁寧な暮らしのカテゴリーでは、インテリア関連の記事や画像が多いようです。
それで、また次女宅の写真を。
同世代のブロガーさんが多いようですから。

 

我が子たちは、見た目の雰囲気は、とてもよく似ていて、私に通じるところがありますが。

次女の不注意による失敗は、彼女独特の個性、とその頃は言えるほどでした。

いえいえ、私にもよく似たところがあります。(笑)

他にも、そのような失敗がいろいろあり、私は多分に苦労させらたものです。

一方長女には、そのような失敗談は、全くと言っていいほどありません。

 

忘れ物が多くて、登校前、駅まで行き手渡したり・・・・・・。

ある時は、国際空港行きのバスの発着乗り場まで地下鉄を乗り継いで、忘れ物を届けたこともあります。

何と海外出張に出かけるMちゃんを送り出し、しばらく経過後のこと。

化粧ポーチ一式を忘れていることに気が付いた私です。

私はびっくり仰天!

 

引き返してもらうには、時間が足りなかったのでしょう。

慌てて着替えをし、長い時間電車に揺られ、成田空港行きのバスターミナルのある駅まで、地下鉄を乗り継いで届けたものでした。

 

他にもありますよ。

確か世界史の期末テストだったと思います。

時間を間違え、教室に着くと既に終わっていたなんてことも。

 

 

失敗ではありませんが、中学受験当日の朝、39度以上の熱が出たりと・・・・・・。

その日、面接もある日でしたのに、革靴でなく、履き古した運動靴を履いているのに、電車の中で気が付いたり、と。

この時は親子して、思わず笑ってしまい、朝のドタバタの緊張感が解けて、かえって良かったのですが。

センター試験以外でも、いろいろ心配をかけてくれたMちゃんです。

 

けれど、努力家のMちゃんの事。

今では、四か国語が、流暢に喋れるキャリアウーマンとして活躍中。

もうすぐトンボ返りの海外出張も控えています。

幸せな家庭も築いています。

もしかすると、Mちゃんのおっちょこちょいミスは相変わらずで、私に代わって今は、旦那様がフォローしてくれているのかもしれません。(笑)

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

  ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

 

  花のように泉のように

 


この記事をはてなブックマークに追加

次女のセンター試験における大失敗の想い出

2017-01-25 06:26:33 | 家族

前回の記事に、身近な出来事で関心がある事を二つ紹介しました。

今日は、そのもう一つの話題、センター試験についてです。

私のブログはセンター試験間近になると、この言葉で検索し、訪れる方がそれなりの数いらっしゃいました。

その理由は、おそらく数年前の記事のせいだと思います。

その記事では、次女がセンター試験において、一時的に大打撃を被った思い出を、私は綴りました。

それを読んで、同じ轍を踏まないように、受験生が注意してくれたのであれば、幾らかでもお役に立てたようで、嬉しい限りです。

 

過去に遡り、その記事を見つけ出して記すのが、記述が楽でよいのですが、探すだけでも大変。

それに、前の記事を読むのは、少々苦手とする私です。

文の余りの拙さで、恥ずかしさいっぱいになってしまいます。

今も、然して変わりありませんのにね~

ブログの文章は、その人らしさが出た素直な文に、私は一番惹かれるのですが。

少々、自意識過剰のようです。(笑)

そのため、新たに書くつもりで、また記しますね。

 

とは言っても、あまりに遠い過去の出来事ゆえ、自分の記憶が正確かどうか、自信はありませんが。

大変ショックな出来事でしたから、昔の思い出にしては、割と鮮明です。

 

クリスマスでしたかしら。
娘時代の次女がプレゼントしてくれたものです。
ショックを受けて、合否の結果を待つまでのMちゃんって、こんな雰囲気だったかもしれません。

 

次女は、長女と違い大変な努力家。

一方、長女は短期集中型、と言いましょうか。

努力をしているように見えなくても、入試の難関を軽々と突破するような子でした。

そのように見えただけで、影の努力は、相当なものだったのかもしれませんが。

 

大学生活も日々クラブ活動で明け暮れていましたが、三年からは国際関係論学科という、T大で文系のトップクラスの学生しか入れない少人数制の学部で学ぶことができました。

外交官の道が用意されていたのかもしれないけれど、私の子ゆえ、そんな選択は考えもしなかったようです。

高校生になるあたりまで、私は専業主婦になって、幸せな家庭を築いてくれることを、ひたすら祈りながらの子育てでしたから。

お洒落にも余念がない、普通の心優しい女性です。

頭脳は全くの別物でも、雰囲気は母親の私にとてもよく似ています。

 

「自慢話」の言葉に敏感になってしまって・・・・・・。

そんなつもりではありません。

次女との対比をはっきりさせた方が面白いのでは、と思い、具体的に書いてしまいました。

村上春樹氏の近著の書物に度々出てきた言葉を真似をして、「すみません」と申し上げます。

 

その長女の学校を常に目標にして、ひたすら健気な努力を積み重ねたのが次女です。

恐らく姉の数倍の勉強量だったことでしょう。

その努力は幸いにも実り、中学からは、姉と同様のコースをたどり、順調に、私立の中高校生活を愉しむことができました。

 

そしていよいよ大学受験。

もちろん姉と同じ大学を目指し、センター試験に臨みました。

門の前で、「頑張ってね」と、思い切りの笑顔で送り出した私です。

Mちゃんも、「人事を尽くして天命を待つ」の心境だったに違いありません。

 

私は、ひたすら祈るような気持ちで、試験が終わるのを待っていました。

本番のテストではありませんでしたから、割と気楽に構えていたと思います。

ところがです。

 

 

前半の試験が終わり、昼食をとる時間帯に入った時の事。

わが家の電話が鳴りました。

受話器を取ると、次女からです。

嗚咽に近い悲壮な声が耳に響き渡りました。

「ママ、大変な失敗をしてしまったの。国語のマークシートの枠が、解答を終えたと思ったのに、数枠、残ってしまったの。

私はどこかで、解答の記入欄を間違えてしまったみたい。」

そう言って、しくしく泣き続けるMちゃんでした。

 

私も大層驚き、大きなショックを受けましたが、親までが狼狽した態度でいては、あまりにMちゃんが可哀想です。

ひたすら冷静さを装って、Mちゃんの泣き崩れてしまいそうな気持ちを立て直すことを必死で心がけました。

精一杯穏やかな口調で、前の失敗は忘れて、午後からの数学と理科の試験にベストを尽くして臨むように、言いました。

 

さてその後、どうなったでしょう。

長くなりますので、この続きは明日に回すことに致します。

 

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

  

 花のように泉のように

 


この記事をはてなブックマークに追加

私が抱く想い~電通新入社員の痛ましい死について 

2017-01-24 14:19:20 | 社会 政治

今日は何を話題にしましょう。

すぐには浮かばなくなってきた、チョッピリ心もとないブロガーの私です。

そう言えば、最近の出来事で、想い出と共にとても身近に感じられた事が二つありました。

 

1つは、電通の新入社員の痛ましい報道。

もう一つは、先日実施されたセンター試験です。

亡くなった電通の新入社員の方も、娘たち同様にこの試験に臨み、最高学府の国立大学を目指されたのでしょう。

夢多き、純粋で賢明な高校生時代の彼女の溌剌とした姿が、私の目には、ありありと浮かんでくるようです。

 

お父さまがいらっしゃらない境遇は、娘たちとは違いますが・・・・・・。

顔立ちまで次女に少し似ています。

お母さまにとっては子育てが、願い以上に実った、大切な愛しい娘さんだったに違いありません。

 

 

 

T大学は、とてものびやかで自由な学風。

学業は、学生の自主性に任せている。

そんな風に見えました。。

娘達は、いつ勉強していたのでしょう。

そう思えるくらい、大学生活を愉しんでいました。

電通社員だった方も、青春をその恵まれた環境で、学業と共に謳歌されたに違いありません。

 

夫は、自分と娘達の母校でもあるこの大学の附属病院で、2年間ほど入退院を繰り返しました。

そのため、いみじくも私も、連日のように、この大学の構内を散策する機会に恵まれました。

病院に近い門は利用せず、いつも赤門を潜り抜けて夫の許へと通った私です。

 

 

樹齢を感じさせる大木の緑が茂り、レンガ風のレトロな建物が広大な敷地に点在しています。

おそらく、伝統の重みと共に、日本一美しい大学でしょう。

この大学構内を目を遊ばせながら歩く度に、その目的は不安極まりないものながら、随分私の心は癒されました。

電通社員だった彼女も、この恵まれた環境で学友たちと4年間の大学生活を愉しみ、就職活動にも励まれたのでしょう。

 

電通と言えば,トップ企業でT大生といえども、簡単に入社できる会社ではないはずです。

職種的にも個性も強い会社ですから、学業が優秀なだけでなく、いろんな才能に恵まれた社員が多いのではないでしょうか。

そういえば、長女が所属していたテニスクラブの同期に、電通社員の方がいらっしゃいます。

とても才能豊かな明るい方との印象を受けていましたが、次女のお婿さんの話では、かけ事におぼれ大損をし、その窮地をクラブの友人達が支え、救った、との話を聞きました。

何となく私が受けるイメージは、男社会の粗削りな所も多少あるる企業、といった感じです。

どうなんでしょう。

間違っているかもしれません。

 

正門に通じる歩道

 

その会社に希望に燃えて、周りの羨望を浴びながら入社した結果が、この悲劇。

どんなに忙しい職場だったとはいえ、なぜ知性溢れる彼女が、入社間もなくして自殺にまで追い込まれてしまったのか。

理解に苦しみます。

夢であってほしいとひたすら願いながら、現場にに向かわれた時のお母様の気持ちが、今この文章を綴っていても、胸が詰まるほどに察せられ、本当に痛ましいです。

 

お正月、この話題に私が触れたときの事です。

長女のお婿さんが、

「本当に馬鹿だよ。会社を辞めてしまえばいいだけのことじゃあないか。転職すればよいものを」

そんな意味の事を吐き出すように言いました。

 

確かに、そうかもしれませんが・・・・・・。

私の娘たちも、卒業後、男社会と言える大企業に総合職の立場で入社しました。

毎晩帰りは遅く、とても大変そうでした。

頑張り屋の娘たちの事。

愚痴はほとんど聞いたことはありませんでしたが、一生勤めあげられる会社ではない、と判断したのでしょう。

二人とも、7~8年勤務後、割と社風が自由な外資系の会社に転職しました。

 

 

なぜ彼女は、転職するといった、考えが思い付かなかったのでしょう。

この疑問に立ち向かった時、私が思ったことはうつ病の恐ろしさです。

重いうつ病が、急激に彼女を襲い、心身をぼろぼろにしてしまったのかもしれない、と。

 

その病気のきっかけが、もしかすると、「君の残業代は、会社の無駄だ」といった罵りに近い上司の酷い言葉だったのかもしれません。

うつ病のかかり方の過程は、根っから楽観的性分の私には、理解できないところがありますが・・・・・・。

きっと想像以上に恐ろしい病気なのだろう、と今回の痛ましい報道で思いました。

 

親の目が行き届く、自宅からの通勤でしたら、母親の精神的なフォローもあり、避けられたことかもしれませんね。

次女も、入社し5年目くらいでしたでしょうか。

仕事があまりに大変で、会社近くの賃貸マンションへの転居を希望したことがありました。

けれど、その時、私は猛反対した話を、反省を込めて述懐しながら、友人に、最近話したばかりです。

一人暮らしをさせてあげればよかった、と

 

 

恐ろしいうつ病が彼女を襲ったに違いない、との私の勝手な想像ですが・・・・・・。

一番の問題は、日本のサービス過剰な企業体質からから起きる、残業の多い勤務体制でしょう。

転職したとはいえ、今の娘達を見ていても、その印象は否めません。

同じ職種で働いている次女は、広報や広告の仕事量は、時代の風潮で年々多くなる一方。

本当に大変、と言っています。

けれど、次女の場合は、のべつ忙しいわけではなく、最終電車に間に合わないような多忙さが二週間くらいあっても、大きなイベントが終了すると、息をしばらく抜けたりするようです。

それでも、最近うつ病にかかり会社を辞めた社員がいるようでした。

 

けれど、日本の広告産業をすべて担っているような電通ほどの会社になると、その息抜きも出来ないほどの厳しい勤務状況なのかもしれません。

根本的に、日本企業の体質を変えない限り、今後もこのような悲劇は繰り返されることでしょう。

娘がよく応対することがある電通社員の方が、

「残業ができなくなったので、今まで通りに、要望に応えることが難しくなりました」

と言われたそうです。

良い変化の兆しなのでしょうが、一時的なことで終わらないでほしいですね。

 

いま日本の会社は、過渡期にあるのかもしれません。

残業問題、正規と非正規の社員の問題、その他にも多くの課題を抱えて、今後を展望しなければならない難しい時。

良い方向性を見いだして、日本企業が、社員の本当の幸福を目指す、健全な姿になってほしい、と切に願うばかりです。

 

今日のような記事を書き画像を載せますと、自慢話と受け止める方がいらっしゃるのでは、と少々心配になります。
事実、T大卒を自慢する貴女の人格の浅はかさ、といったような中傷の言葉を、最近も過去にも度々目にしてきました。
私のブログは、個人日記に過ぎません。
ですから、家族の事、日々の暮らし、喜怒哀楽の想い、すべてをできるだけ具体的に正直に綴ることをモットーにしてきました。
文章の成り行きで、その話題に自然に触れただけの事に過ぎません。
どうかご理解の程、宜しくお願い致します。

孫たちは、それなりにみんな勉強では、苦労しています。(笑)

 


にほんブログ村

 ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

  花のように泉のように

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

安堵~妹の白内障の手術

2017-01-23 06:44:26 | 家族

妹の白内障の手術が無事に終わり、心から安堵しています。

(妹のブログ 世界に一つだけのの姥花日記)

終わるまでは、念頭に常にそのことがあり、気になって仕方がありませんでしたから。

良好な経過を確認するまでは、まだしばらく同様の気持ちですが。

今の妹の雰囲気では、大丈夫でしょう。

声が元気一杯、喜びで、はち切れそうですもの。

 

清々しく、明るく、クリヤーな新世界が、妹の前に夢のように開けたのですね。

私も嬉しくて、幸せ。

少々羨ましくもありますが・・・・・・。

本当におめでとう(^^♪

私からのささやかなお祝いの気持ちの真っ赤なチューリップの花束。

Aちゃんの今の心境にぴったり、との思いからです。

 

次女宅の居間の窓際に飾られていたチューリップです。
同様の色のチューリップのブーケにしました。

 

「何か私が力になれることなあ~い?」

と尋ねると、

「ないわよ~そんな大それた手術じゃないし、Aさんがいるから大丈夫」

「お見舞いでも、何か届けるわよ」

と言うと、

「そんなこと止めて。簡単な手術なんだから」

といった具合で、実に落ち着いた、いつもと変わらない態度でした。

内心は、とても心配で不安でたまらないのに、強がっているだけじゃないかしら、と。

私は幾分、そう思っていましたけれどね。

 

姉妹ながら、性格は正反対。

実にさばさばしていて、物事も合理的な考え方ができる妹です。

情緒に浸るより、現実をしっかり見つめて行動するタイプ。

 

手術にも冷静に臨み、終わった今は、療養の身です。

回復後には、益々視界がくっきり、夢のような世界が待っていると思いきや、

既にもう非常ににクリヤーとのこと。

術後の速やかな快方に、私はびっくりしています。

 

このメガネ、使用目的は何でしょう?
パソコン用のメガネです。
PCが発するブルーライトから目を保護してくれます。
レンズが曇っていますね。磨いてから撮影すればいいのに、恥ずかしい。

 

ハードコンタクトの煩わしさを、よく私に語っていた妹。

白内障による症状の悩みを聞いたことは、一度もありませんでした。

コンタクトの煩わしさを解消するために、手術に臨んだのではないかしら、とさえ思うほどだったのですが。

 

一方私は、妹より二つ年上ながら、今のところ、目の症状で悩ましい事は余りありません

私もハードを装着していたころは、その苦労は相当なものでした。

いつもその不快感によるストレスが付きまとっていた、と言っていいでしょう。

 

ところがソフトに替え、まるで地から天に昇った程に、その違和感から解放されました。

更に二年ほど前になるでしょうか。

遠近両用のレンズを勧められ、それを装着したところ、見事に私の目に合いました。

このレンズは、だれもが利用できるものではなく、合う人、合わない人、と様々のようです。

妹は、色々試したものの、強度の乱視のため、普通のソフト装着さえ無理。

私は可哀想で、何とかならないものか、と心配していました。

 

私が使用している遠近両用レンズ

 

その点、私はとても恵まれています。

体調に因るのか、霞目になって、見えづらい事はときどきありますが、それがストレスになるほどではありません。。

でも裸眼で暮らせたら、もっと快適な余生を送ることができるのでしょうね~

白内障手術は検討課題ではありますが、まだ当分先の事であってほしいものです。

 

最後に、目の視力回復と健康維持のために、私が日々愛用している商品を一つ、ご紹介しますね。

下記の画像の食料品です。

保存料、着色料は一切含まれていないようです。

私は、ここ数か月、利用していませんでした。

決して高い価格の物ではないのですけれど、倹約倹約の言葉が染みついている最近の私です。

なくてはならない必需品とも言えず、買うのを控えていました。

 

近所のスーパ₋では、確か価格は980円だったと思います。

 

ところが、ここ二か月ほど、目の調子があまり良くなくて、気になっていました。

霞目と言いましょうか。

視界がもう一つクリヤーでなくて、年寄りゆえ仕方ない事とあきらめているところがあったのですが。

久しぶりに、オレゴンのブルーベリーシロップ漬けをプレーンヨーグルトに入れて、朝夕、食べ始めたところ、驚くほど目の調子がよくなりました。

今は視界がクッキリとして、実にクリヤーです。

 

 

恐らく、しばらくぶりに口にしたので、効果てき面だったのでしょう。

長い間食べ続けると、その効能が弱くなるような気が、私はしています。

適度の間隔をあけて食べるようにしたほうがいいのかもしれません。

眼の調子が悪い方は、騙されたと思って、一度試してみて下さいね。

 

目は心の窓。

活字中毒のところがあり、そのうえパソコンに向かうことが多い日々。

眼の酷使は、想像以上でしょう。

暮らしの工夫をいろいろして、もっといたわり、大切にしなければ、とこのブログを綴りながら、改めて思いました。

 


にほんブログ村

  ご訪問有難うございました。

 ランンキングに参加しています。
応援のクリックを頂けると、励みになり嬉しいです。

 

   

 花のように泉のように

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加