KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

吟行句会・薔薇園

2016年05月26日 | 俳句
昨日の話です。
最近は、何だか気力が失せてその日のうちにブログを・・が出来なくなってしまった。

2ヶ月休んだ、私にはメインの吟行句会、5月は恒例の生田緑地の薔薇園へ行くことになっている。今年はどこへも花を見に行けなかったので、日を開けておいた。曇天でしかも風が強くて、薔薇も大分傷んでいるのが目だったけれど、ともかく花は満喫。いつもの年よりも早く開花してしまったようだ。
スマホで適当に撮ってみた。案外写真になっていてびっくり。











散った花びらもまた、風情のあるもの。


薔薇園を下りて駅近くの句会場へ行く途中の遊歩道も、よく手入れされた薔薇を楽しめる。


実はこの薔薇園、春と秋の期間限定の開園。元々は駅名だけ残っている向ヶ丘遊園、という大きな遊園地の奥にあった。でも、首都圏に色々なテーマパークが出来て、遊園地は廃園になってしまった。薔薇園だけは、もったいないので地元の人たちの力で残されて、ボランティアの方々が世話をしている。それにしても見事な薔薇園。
一度カメラだけで訪れたい、と思いながら、まだ実現していない。
昔、実家が小田急線沿線だったので、遊園地にはよく行ったけれど・・

さて、午後の句会。
薔薇の句は本当に難しい。
かなり前、こんな句を作って、主宰にも認められて、この薔薇園での私の最高傑作?
  薔薇の棘ほどのこだはりかと思へ  KUMI

句数はいくつ出してもよい句会、でも、私はいつものように10句しか出せなかった。
平均すると一人13句くらいだった。いつものことながら、15句以上も出す人が居る訳で。
句会の結果は、2月以来、なかなか俳句の頭にならない日々が続くことを思えば、まあまあの成績だったかな?
とはいえ、またもや薔薇の棘、を句にするとは・・ 

びつしりと棘ある薔薇の真くれなゐ  KUMI
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

金魚草

2016年05月24日 | 暮らしのつぶやき
天気 薄曇

ベランダに金魚草が咲いた。
去年の秋に昭和記念公園へコスモスを見に行ったとき、出口のところでアンケートに答えポピーと金魚草の種を貰った。説明書のように秋の終わりに蒔いたら、プランターに蒔いたポピーは芽が出なかった。公園にはあんなにたくさん咲くのに、何で??という感じでがっかり。
金魚草の方は、忘れた頃に芽が出た。半信半疑で水を遣っていたら、今日になってようやく咲いてきた。今年の春は近くの昭和記念公園にすら行けない悲惨な毎日だったから、本当はポピーを期待していたのに。

一日出かけると、翌日は疲れが出て、家を出たくなくなる。今日はそんな一日でどこへも出なかった。掃除洗濯で半日が終わってしまう。書かねば、という手紙も書かずに終わりそう。
何をするにも時間がかかるようになってしまった。暇が出来ても、以前のようにカメラを持って出かける、なんて出来るような元気が出るかしらん?

金魚草咲かせつつましき暮らし  KUMI
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白い露草

2016年05月23日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

白い露草が、わが家の(マンションの)敷地で十薬(ドクダミ)と花を競っている場所がある。珍しい、と言う人も居るけれど、この花、露草とは全く違うようだ。
トキワツユクサ、と言って外来植物なのだ。小さな花で、スマホでは捉えきれなかった写真。でも、可愛いので十薬と同じく私は好き。

今日は突然のような夏日で、しかも蒸し暑くて、さすがに私も暑い、と思った。
姉の病院〜姉の自宅〜と、トライアングルで回り、JR・京王・小田急線と色々な電車に乗って、多摩川を何回渡ったっけ?
疲れたけれど、多摩川の河原に押し寄せる緑を眩しむことが出来た。
昨日のTVで、多摩川の鮎の遡上の話を見た。また、奥多摩の天然鮎を食べたいけれど・・今年は無理なこと。

万緑の中一筋の大河かな  KUMI
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

句会・大久保

2016年05月21日 | 俳句
天気 晴

写真の、茅花(ツバナ)とは関係のない一日ではあるけれど、写真がないので。
「茅花流し」という季語がある。今頃の、ツバナの穂をなびかせる湿った風のことを言う。公園のツバナを見て何とか句にしようと思いながら出来なかったので写真のみ。

大久保の俳句会館での勉強&持ちよりの句会。
今週は、申し訳ないが姉のことは忘れることにして、自分の暮らしに精を出すことにしたので、2回も句会に出ることが出来た。数少ない句の中から何とか5句を推敲して出句した。結果はたいしたことなかったけれど、句会に出られるのは幸せ。
でも、動悸息切れの体調は今ひとつ。来週循環器の検査があるので、それまで我慢我慢、だ。

今日は6人出席、遠隔地からの郵便の参加が2人。5句×8人分はちょうど良い数の句会で、突っ込んだ批判も出来て、刺激になった。
今日の得点句に出た季語・ 若葉 黒揚羽 竹皮を脱ぐ 涼し 卯の花 薔薇 麦の秋 薄暑 などなど。若葉の句が幾つかあって、この時期ならでは、だった。
 

その前に、昼食は、いつものように大久保駅に近いカフェで。
月1回しか行かないのに、先月もその前もカフェで出会ったオバアサンが居る。私もオバアサンではあるけれど、そちらはもっとオバアサン・・に見える。
そのオバアサンになぜ目が向いてしまうかというと、テーブルにスポーツ紙と競馬予報紙らしきものを広げ、鉛筆で何やら書き込んでいるのだ。う〜ん、凄い。私も若い頃にちょっと競馬に興味を持った。でも、このオバアサンは競馬が趣味のようで。
人生色々。来月も会うかもしれない。
と思いつつ作った句、句会には出さなかった。でも、この句の方がボツになった句よりも良かったかしらん?

鉛筆と競馬新聞アイスティー  KUMI
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

富士山とヒトツバタゴ

2016年05月20日 | お散歩写真
天気 曇一時晴

ようやく時間を作り、我が家の墓参りに。4月と5月に義父母の命日が続くので、連休の前後には必ず行くのが、今年は・・ともかく2月以後は自分のことは後回しの暮らしが続き、遠出するのも今年初めてになってしまった。

晴天のはずが何だか空は雲がいっぱいのような天気、富士山は見えないかも?と思ったら、中央道からはぼんやりと(上の写真)見えてきた。

で、御殿場からの富士山。


墓参を終わって帰ろうとしたら、車から、霊園の入り口付近に真っ白な大樹が2本見えた。??と思い、引き返してみるとヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ、とも言う)の木だった。何十年と墓参していて、ここに木のあるのを知らなかった。いつもの年よりも遅く来たので、ツツジが終わり、新緑だけの中にこの花が咲いていたのだ。




ズームレンズでは木が入りきれないので、全体はスマホで撮ってみた。
こんな大きなヒトツバタゴの木は初めて。しかも、こんな満開状態も初めて見た。


どこかへ寄ることも出来たけれど、私の体調も良くないし気分的にも楽しめないので、帰路はいつも行く日帰り温泉に寄ってお終いに。
行楽の時期をちょっと外れた温泉は、ガラガラだった。温泉の隣りにある道の駅からの富士山。露天湯からも同じように見える。


富士山に真向かふヒトツバタゴの花  KUMI
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ユリの木

2016年05月19日 | お散歩写真
天気 晴

午前の早い時間に太極拳で、その会場が公園のそばなので終わったあと、久しぶりに公園へ。
そして久しぶりにカメラを持参した。目的は何本かあるユリの木の花。
でも、大分咲き終わった花もあり、しかも目線に咲いているものがなくて写真にはならなかった。何しろ大きな木だ。カメラレンズは広角を持っていかなかったのでスマホで。


ヤマボウシも、この公園には目線で見えるところに咲く木がある。我が家の前は、花を上から見下ろすばかりで。


今年は、紫陽花が早く咲くのだろうか。もう額紫陽花が咲き始めている。


あれこれと忙しない毎日を送っている間に、すっかり初夏もすすんでしまった。

首痛くなるゆりの木の花見上げ  KUMI
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業検査

2016年05月18日 | 病気のこと
天気 晴

写真のように、からりと晴れてお出かけするには申し分のないお天気。でも。写真は病院です。

せめて散歩に行きたいところを、今日は乳がんの10年目の「卒業検査」の日。
他のがんは、3年とか5年で再発転移がなければ卒業・・でも、乳がんだけは10年かかる。もう10年になるの?と思ったり、やっと10年になった、と思ったり、フクザツだ。再発転移しやすい細胞だったので、何度も疑われ、あれこれと検査して、何とか今日に至った。
とはいえ、放射線治療と強い抗がん剤の影響で(と言ったのは、循環器のドクター)心臓が壊れたみたいだから、卒業してもあまり嬉しい訳でもない。

朝の9時から採血・CT・エコー検査、採血は、細い血管になかなか針が命中せず、やり直し。いつものこととはいえ、痛いです。
で、フルコースの卒業検査も、今日はレントゲン(マンモグラフィー)はパス出来た。ペースメーカーがあるから、手術した右しか検査出来ないし、今日はCTが加わっているのでいいだろう、という主治医の判断になったのだ。
しめしめ、何がいちばん厭かといって、マンモ検査のあの痛さは、毎年していても慣れることがない。

という検査を終えて、朝食抜きだったので病院内のカフェで食事をして、帰宅したらもう昼になっていた。
歩いて10分の病院だから恵まれている。遠かったら一日仕事になってしまう。
検査結果は来週になる。卒業出来るかな??

病院の窓かがやかす新樹かな  KUMI
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

若葉雨

2016年05月17日 | 暮らしのつぶやき
天気 雨のち曇

今は止んだようだが、朝から雨で陰鬱な一日。何もする気になれず家に籠ってしまった。

写真は、昨日の整形外科への通院の途中にある公営住宅の前庭の薔薇。
ここは、小さな薔薇園のようになっていて、手入れをしているのは元有名薔薇園の庭師だったというご老人。私が通院し始めた30年近く前から咲かせているので、ご老人もかなり高齢なのに、元気で手入れをしている。薔薇園へ行く余裕のない今年は、楽しみにしていた。
金網越しなので、写真もなかなか難しい。スマホの方が旨く撮れる。

整形外科へ行くといっても、治療はしてもらえない。貼り薬を貰うだけ。
ペースメーカーを入れたら、電磁波が器械の敵なので、リハビリ室への出入りは禁止された。電気治療ではない、頸椎の牽引だけをしたいのだけれど部屋には電磁波が飛び交っている。
一応、一級障害者になったけれど「元気に暮らせるのだからその必要はないのでは?」と言う人も居る。
けれど、今の世の中、電磁波が飛び交っていて油断が出来ない。電車へ乗ればスマホ見て居る人ばかり。器械にくっつけなければ問題はないけれど、満員電車ではそんな人を避けられる保証もないから、ラッシュ時の電車には怖くて乗れない。
自動車の開閉キイの電波も受けないように気をつけねばならない。
大型電器店や書店などの万引き防止のゲートを通るときは「真ん中を通り、立ち止まらないこと」と言われている。空港の搭乗検査ゲートを通るのはご法度。
左腕に過度の負担をかけてはならない。先日、本気でラジオ体操のマネをしたら、器械のまわりに痛みが走ってぞっとした。
お風呂は、器械を長時間湯に漬けてはならない・・つまり、首までどっぷりと入るのも禁止。
などなど、制限が結構あって不自由だ。
壊れてしまった心臓に付けた「補装具」みたいなものだから、規模は小さくても、下肢障害者にとっての車椅子と変わらない訳で。

おまけに、最近はすぐに息切れ・動悸がして疲れやすくなった。普通に運動はしても良い、と言われていても、以前のようには早足で歩けない・・トシの割には歩く速さには自信があったのに。これは、ペースメーカーのせいではないかもしれない。

下校児の声の明るし若葉雨  KUMI
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

吟行句会・向島百花園

2016年05月16日 | 俳句
昨日の話。昨夜は疲れてブログを書く余裕がなかった。ダメですねえ、最近は、すぐに疲れが出てしまう。

本当に久しぶりの吟行句会。句会は隔月なので、その句会の3月が最後だったかも・・ともかく、行けることになったので9時に家を出て、10時半には到着の予定。いそいそと出かけた。
ところが・・中央線、三鷹まで到着したら「ナントカカントカで快速電車は上下線で運転を取りやめました」 ご冗談でしょう、楽しみにしていた吟行句会に行けなくなるの〜〜
でも救われる方法が。並行して走る各駅停車の方は正常運転という。三鷹駅始発なので、パッと下り隣りのホームに移動した。結局、その電車が新宿を過ぎてから運転再開したというので、私の行動は正しかった。
けれど・・快速よりも時間、かかります。到着したら11時近かった。
新緑の溢れる園内は、とこかく眩しくて、気分だけはうきうきと。

そんな訳で、午後1時半からの句会までに10句を作るのには至難のわざ、しかもこのところ俳句なんて一日一句をブログ書きながら作る・・みたいな暮らしだった。頭が俳句になるかなあ??
と思い、亀戸でバスに乗る前に駅ビルで適当にお弁当を買った。このお天気、食べながらでも作れる。
これが大正解だった。弁当はこんな箱に入っていて・・


開くと具の多い小さなおにぎり.つくねや卵焼き、などなど。しかも、器が深いので食べこぼすこともない。


少食の私にはちょうど良い量の行楽弁当だった。緑陰のベンチで、新緑の庭の向こうにスカイツリーを眺めながらいただいた。満足満足。ちなみに、税込900円近くとお安い贅沢だった。

何とか10句は作れそう、と思い、ちょっと写真も。
桜の実と、ユスラウメの実と、卯の花と。卯の花が園内のあちこちに咲いていた。






久しぶりだったけれど、句会もまあまあで、まだ俳句の作り方は忘れていなかったようだ。

草々を抜きん出てゐる小判草  KUMI
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

阿吽

2016年05月14日 | お散歩写真
天気 晴

昨日の続き。上の写真、塔の前は、大木の花楝(おうち=栴檀の花)が満開で良い匂いを放っていた。

時間的にはあまりゆっくり出来なかったけれど、境内だけ一周した高幡山金剛寺(高幡不動尊)、不動尊は国の重要文化財、不動堂の中は撮影禁止・・でも境内は自由だ。
山門の仁王様がいつも気になっていて、一度カメラを向けたものの、細かい目の網に囲まれていて一眼では捉えられない。邪魔な網、でも鳩除けだから仕方がない。
昨日は、スマホしか持っていないので、試しに網目にスマホのレンズをくっつけたら写真になった。




なかなか良く撮れていてしめしめ。
家のそばの、武蔵国分寺の薬師堂にある仁王門の仁王様も、この方法なら撮れるかもしれない。今度挑戦しよう。

紫陽花と紅葉で有名なお寺、今は新緑真っ盛り、今年は紫陽花が1週間早く咲きそう、と境内の張り紙に書いてあった。
山紫陽花がみごとな境内、原種に近い小さな花の紫陽花がたくさん植えてある。
もう、咲き始めたものもあった。


茶室の入り口には鉄線花。


境内には虚子の句碑その他、句碑が色々ある。その中でいちばん目立つのが鍵和田ゆう子さんの有名なこの句碑だ。(ゆう、の字が変換に出てきません)


結社「未来図」の元になった句。わが師に劣らない大俳人です。
姉は、鍵和田さんの大学の同じ学部の2年後輩になる。私が俳句を始めたとき「紹介するわよ」と言われて慌てて断ったことがあったっけ、と思い出した。

夏つばめ仏足石を掠めけり  KUMI
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加