KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

冬麗

2016年12月09日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

まさに、季語の冬麗を思わせる日だった。こんな小春日のような陽気が続いてくれると有難いけれど、明日からは西高東低になるらしい。
近所の欅も殆どが散り尽くして、歩きながら見る青空が広くなった感じ。
それでも、我がマンションの敷地の入り口にある、いろは紅葉が最後の色を見せていたのでスマホで名残の写真を撮ってみた。びっくり。写真の方が綺麗に映った。本当はこんなに綺麗な色ではない。日当たりがあまり良くないせいか、毎年綺麗に色づかない木なのだ。


もう、12月も中旬・・と思った途端に、結社誌の投句の締切が明日、と思い出した。あらまあ、毎月末に必ずしていたその月の句の整理もしていない。
メモ帳(句帳と呼ぶにはお粗末なもの)から、ノートへ、残したい句だけを推敲しながら書き写す。その中から、投句の5句を選ぶ。というか、5句しか投句に耐える句がなかった。
今年は、どの月も数が少なかったけれど、11月はことに少なくて呆れて笑いたくなった。普通に暮らしてそこそこ吟行句会に行っていた去年までの句数の、なんと三分の一も残らない。
仕方ないから、捨てるような句も残しておいた。
今月も・・メモ帳の1ページ目も空白があるくらい俳句が頭から抜けた日ばかりだ。
明日は格別の用もないから、一人吟行にでも行ってみなくては・・

(ちなみに、このブログに載せた句の8割は捨てています。作ったときはまあまあかな、と思う句も時間が経てば・・なのです)

裸木の梢鴉の揺すりけり  KUMI
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十二月八日

2016年12月08日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

寒い日には富士山のご褒美。
これを眺めながら洗濯物を干していると寒さも忘れることが出来る。

昨日は疲れることで出かけ(姉関連です)、さて、今日から今月いっぱいは何とか自分の暮らしが出来る日が増えそう・・と思い、午後にはようやくパソコンで年賀状を作った。
毎年、その年に出かけた先で撮った写真を四季に分けて葉書に入れている。でも、今年は遠出していないので写真の少ないこと。ということは、選ぶのに迷う必要もなく短時間で作れた。
作ったのは良いけれど年賀葉書をまだ買っていない。呑気なこと。

今の時期は太陽が富士山あたりに沈むので、4時を少し過ぎると晴天でも暗くなってしまう。洗濯物は完全には乾くはずがなくイライラする。と思っていたら、日没後にこんな空が見えた。


何とも・・富士山にバツ印、すぐに消えたものの何だか気になった。

十二月八日輝く富士の嶺  KUMI
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

黄落の終わり

2016年12月06日 | お散歩写真
天気 晴

昼前、時間を作って公園の紅葉の最後を見に行ってみた。
楓は殆ど終わって銀杏だけ、何本か残っていた。朝は暖かで静かだった陽気が、突然のように北風が吹いてきて、散るは散るは・・まさに黄落。
散る銀杏の葉を浴びながら、保育園の子供たちが落葉を集めて山を作ってていた。昔なら焚火が出来るのに・・





まだ残っている楓の紅葉、やはり紅葉は青空がないと。






林の中の山茱萸の実が、今年は鈴生りだった。


公園のあちこちにあるユリの木、すっかり葉っぱは落ちたのに、花だけが枯れて残っていた。


寒がりの私にはちょっと冷たい風が強くなったのでゆっくりせずに帰宅。
今年は行きたいところへ行けず、紅葉も見に行くことも出来ずに終わったけれど、散り続ける銀杏を見て満足出来た。

枯れてなほユリの木の花咲くかたち  KUMI
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

屋上の冬紅葉

2016年12月05日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴のち曇

暖かい日、午後、隣りの駅の駅ビルにある〇ニクロへ買い物に。
その合間、駅ビルの屋上庭園へ行ってみた。満天星ツツジの紅葉がきれいだった。紅葉の後ろの窓に私が写ってしまった・・と思ってさっき見たら、ぼんやりとしか写っていないので良かった。
駅の北側には高層マンションを建設中。我が家からは見えない北の風景が楽しめたのに、もう見えなくなってしまった。


ようやく実現した買い物。って、高級品のお店ではないから買うお金くらいはあります。時間がなかなかとれなかった。休日は混雑するお店、なので平日に、と思うと実現しない。目的は普段着のパンツ。裾上げがあるので仕上げを待たねばなないので通院の帰りに寄る、という訳にもいかない。裾上げくらいは自分でも出来るけれど、やっぱりプロの仕上げは安心。

普段着くらいは近所のスーパーにいっぱい売ってはいるのだけれど・・超痩身の私に合うサイズがないのだ。丈は詰めることが出来ても、ウェストまではちょっと・・
という悩みを口にすると、痩せたい人に羨ましがられる。でも、15年前の私も同じだった。チビなのに今よりも10㎏近くも体重があって、オバサン向けの普通サイズで何でも合う便利な体格だった。ただ、その10㎏の半分がお腹に付いていたような・・太極拳を始めたらお腹はかなりへこんだ。
そこまでは良かった。でもそれが、色々あって今の体重にまで徐々に痩せたのは7年ほど前のこと。今年は、また痩せてしまった。
太りたい悩みも深い。元々胃腸が弱いから、1㎏でも痩せたら元へ戻すのは大変なことなのだ。

ということで、やっと、普段着のパンツ二着を手に入れた。もう、膝に穴の開いたジーンズを着なくて済む。

空占むるビルの多さよ冬紅葉  KUMI 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

総持寺

2016年12月04日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴のち曇

写真は鶴見の曹洞宗大本山の総持寺の参道。昨日の写真。
この大寺院のそばに赤ちゃんが住んでいるので、会いに行った帰路にちょっと参道だけ、寄ってみた。大本山、というだけあって大き本堂だ。この山門の前で引き返した。少しだけ紅葉が残っていた。


境内に入れば紅葉がまだ綺麗なところもあったと思うけれど、日暮れまでには帰宅したいので諦めた。
このお寺、あまり歴史を感じない。というのも元々は総本山だった能登の総持寺が全焼したため、明治の終わり?に横浜へ越してきたのだという。能登の総持寺にも行ったことがある。そちらの方が歴史を感じた。

ちなみに、ちょうど1ヶ月の赤ちゃんは元気でした。風邪はすっきり治った訳ではないので、抱っこのときはマスクして・・情けなや。

という昨日は、夜、いよいよ最終回という「鬼平犯科帳」を2時間も見てしまった。年に12回の単発のドラマながら、随分と長く楽しませてもらった。江戸時代も好きなら池波正太郎の作品も好き、そして何よりも、このドラマの映像の美しさが好きだった。無論、吉右衛門初め俳優もなかなか見応えのある人たちばかりで。でも、みんなトシをとったなあ、と思った。
これ以上続けるとなると無理があるし、今は時代劇が人気ないのだそうだ。
毎回、エンディングに江戸時代の四季の風景が場面が流れる。ロケ先は京都や滋賀。美しい風景の中で人々が活き活きと暮らしている。あの映像だけでもまた見たい・・と思ってももうお終いになった。

と、昨日は楽しい時間を過ごした。そして今日は・・また現実に戻って。でも、急かされる用はだんだん減っているので、いつもの師走を取り戻せるかも。

禅寺の参道長し散り紅葉  KUMI


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月になっていた

2016年12月02日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

朝の富士山がみごとな冬の姿だった。
もう12月になっていた。いつもより寒さが早くて、何だか秋を冬に占拠されている気分だったのに、昨日から12月。ペラペラになったカレンダーに予定を入れながら、今日になってようやく「自覚」した。
今年は、自分の予定がまったく立てられなかった。いつもなら月3~4回は行っていた句会も、今年は半分も行けなかった。今月は、いつも行っていた句会が4回ある。行けるかな?いや、絶対に行こう!と思いつつ予定を書き入れた。これ以上、自分の暮らしを犠牲にするのは、わがままな私には我慢出来ないこと。
でも、体調が・・風邪は大分良くなったものの、この疲れやすさは?? である。

用足しに外へ出たら、空の蒼いこと。欅も、いつもの年よりも色づきが良い。


昨日だったら・・と残念だ。
今日も少しだけ用を片付ける。一気にやってしまおう、という気力がが出なくなっている。まだまだ気の重い「用事」が多い。

投函を忘れし封書日短し  KUMI
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終いの紅葉

2016年12月01日 | お散歩写真
天気 雨のち曇一時晴

紅葉を見ないうちに散ってしまう・・
と焦っていたら、午後になって雨が上がった。風邪の症状も大分良くなったし、寒さもあまり感じない雨上がり、何とか都立公園まで。久しぶりにカメラを持参した。

家を出たときは薄日が射していたのに、公園に到着した頃はすっかり曇天になってしまい・・
紅葉は晴れているといないとでは色がまったく違う。それでも、まだ散り残っているいろは紅葉を楽しめた。
楓は、公園のほんの一部にあるだけだけれど。












下のしゃしんは、我が家の裏にある植木畑?の満天星つつじの紅葉。公園のものはあまり綺麗ではなかったし、我が家の前はこんな赤い色にはならない。毎年、この色にはびっくりさせられる。日が照っていると眩しい。


ほんの1時間余りの散歩、なのに、何だかすごく疲れた。まだ風邪が体に残っているのだろう。

華やかや土となりゆく散り紅葉  KUMI
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬紅葉

2016年11月30日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴のち曇

今日も風邪を治すべく、おおむねおとなしくしていた。おおむね、というのは、あまり家に籠ってばかりでは体がおかしくなりそう。熱はないから本当なら紅葉の終いの見られる公園まで行きたいところを、用足しに出たついでに家の周りの紅葉をちょっとだけ。
家から見えるいろは紅葉は、ほぼ終わり。近くではあまり綺麗ではない。その替わり、家からはあまり綺麗に見えない黄葉の楓が、樹の下からは曇天を背景にして綺麗だった。
植え込みには万両の紅い実が目立った。

家籠りのご褒美に、編み物をちょっと。
訳あって予定よりも早く帰宅した産婦が、ベビーカーの膝掛にでも、と編みっ放しだったものを最後まで仕上げた。といっても、ほんの2時間ほどの作業だ。


編んだ作品、慣れていないから編み目が不ぞろい。もう、歪んでいてどうにも・・。縁を編み、ぼろ隠しに刺繍を入れ、アイロンで仕上げて何とかカタチにした。
でも今頃になって編み物したい、という気になったのは嬉しいこと。産休の間に少しは上達するかしらん?

私は視野狭窄があるので、膝の上での作業は、首を曲げて下を見なくてはならない。なので、元々傷めている頸椎がひどく疲れる(真っ直ぐを見るには何の不自由もない)。
首、痛くなりました。この程度の時間が限界かも。

街路樹の枝伐る木の葉降らせつつ   KUMI
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

木の葉降る

2016年11月29日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

人の世に苦楽木の葉の降りしきる  KUMI(2013)

木の葉降る、という季語は好きなのにあまり使った覚えがない。
と考えていたら上の句を思い出した。随分前の句、と思っていたが、さっき調べたら3年前だった。(結社誌に載った句は全部パソコンンに記録している)
今日は昨日よりも木枯しが強くて、山沿いには雪の降っている空気だった。風の冷たさは、木枯しというよりも空っ風と言いたいような。木枯しを写真に出来ないけれど、まだ散り残っている欅を見上げたら、まさに木の葉が降ってきた。

子供のころ、人の世には苦と楽が半分ずつある、と教えてくれたのは母だった。母はお寺さんへ御詠歌の集まりに行っていたので、そこで住職の説法で訊いたことかもしれない。そういえば、もっと小さなころには御詠歌に連れていかれて、ある日、地獄絵を見せられた。そのときの恐怖は今も忘れない。嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれるよ、と言われると、本当にそうだろうと思ったものだ。

鼻風邪でも治らないのは困るので、午前のうちに郵便局と銀行の用を済ませ、あとは家に籠った。今週は格別の用もないから、赤ちゃんに会いに行くつもりが・・
病気に倒れた去年と、姉に翻弄されている今年は私にとって「苦」の年。来年こそ「楽」がくるかもしれない。

枯葉一枚エレベーターに同乗す  KUMI
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

木枯し

2016年11月28日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

街はどこもかしこも落葉だらけ。気温は低くないのに木枯しが吹いて葉っぱをどんどん落としていく。
我が家に近いところにフレンチと和食の二軒の店を持つレストランがあって、その店に働く若者が、毎朝舗道を掃いている。自分の店だけではなく、駅へ通ずる道をずっと遠くまで。頭の下がる思いではあるけれど、この時期は掃除してもしても・・なのだ。舗道の並木は常緑樹、でも我が家の前には欅がある。

先週から歯科通院が始まってしまい、予約時間までがとてもユウウツ。歯科通院を好きな人が居るとは思えないが、ともかく歯科の予約はなるべく午前中にして厭なことは早く済ませたくなる。
そんなことで午前中を終わり、午後をなんとなく過ごしていると、もう日暮れ。
東京の日没は4時半前、日没が一年でいちばん早いのがこの時期なのだそうだ。それもそのはず、今、太陽は富士山あたりに沈むから、あっという間に日が暮れる仕組みなのだ。午後は晴れていても富士山のあたりは雲が出ていて、なおのこと日暮れが早い。

昨日は少し良くなったと思った風邪が、今日はまたクシャミ鼻水が復活してしまった。
昨日、姉のことで出かけたのが良くなかったかもしれない。トシとると治るのも遅くなる?
何しろ、あまり風邪をひかないので良く解らない。この程度では通院する気にもならないし。明日は何も予定がなからおとなしく家に籠るしかない・・そう思うと何だかユウウツ。

ひとひらの雲木枯しの吹き残す  KUMI
コメント
この記事をはてなブックマークに追加