夢逢人かりそめ草紙          

定年退職後、身過ぎ世過ぎの年金生活。
過ぎし年の心の宝物、或いは日常生活のあふれる思いを
真摯に、ときには楽しく投稿

救急車のサイレン止めて・・。'

2005-01-29 11:48:18 | 現役サラリーマン時代の想いで
私が45歳の時だった。
前日の夕方から腰が重く、明日の朝、病院に直行してから出勤すれば、と考えていた。
当日の朝、布団から這いずりだして、トイレを終え、何とか洗面所で歯を磨こうとした時、激痛がはしり、くずれ、床に寝転んでしまった・・。

家内に声をかけ、『みっともないけれど、救急車を呼んでくれないか・・』と言った。
家内は電話をしていました。
『近所の手前、近くにきたら、サイレンを止めて下さい!お願いしますね』と家内は言った。

まもなくサイレンの音を響かせ、自宅に来た。

タンカーを持ち、救急員のふたりが入ってきた。

家内を見ると、『奥さん、サイレンを止めると先程に言われましたが、サイレンを止めちゃ、救急車が走っていて、他の車は徐行してくれませんょ・・救急車の役割がしませんょ・・』
更に『奥さん、何をおしゃるんですか』と追い討ちをかけてきた。

家内は、ぼうぜんとしていた。

私は、『それより、俺を早く病院に連れてって下さい!!』

初めての体験でした。
家内は少し青ざめながらも、同乗しました。
救急車は、サイレンをけたたましく鳴り響き、他の車を徐行させ、病院に着きました。

家内が救急員の方に、寸志のつもりで、
『ほんのお気持ちですが・・』と手渡そうとしました。
『奥さん、何をおしゃるんですか・・』と家内は怒られました。

タンカーに乗せられ、病院に入りました。
ロビーの椅子に入院患者の方たちが、たむろっていました・・。
私を見詰めていました。
『あれは、ぎっくり腰だなぁ・・間違いがねぇ・・』とその中のひとりが言いました。
私の方は、腰は痛いが、頭のほうは正気でしたので、恥ずかしさでいっぱいでした。

病室に行く通路に電話が見えましたので、
救急員の方に私は言った。
『ちょうと待って下さい。会社に連絡するので、電話をしますから・・』

今度は私が怒られました。
『ご主人、何をおしゃるんですか・・診察を受けるのが最優先ですから・・常識ですょ・・まったく・・』

夫婦ともども、救急員の方に怒られた、と診察後、私は思い出しました・・。《苦笑い》
コメント (1)

美人の歯医者さんとの再会

2005-01-28 11:50:48 | 定年後の思い
今日の九時過ぎ、駅前のドトールでコーヒーを飲んでいました。

淡いピンクのワンピースを召した若い女性が入ってきました。

私は、どこかで見かけた人・・と思っていました。

『あらぁ・・』と私の方に寄ってきました。
『歯の方、痛みませんか?』と言った。

思い出しました。最初の清楚の美人の方でした。
『隣の席、空いてますかしら?』と言った。

私は甘い声で言われましたので、吸いかけのタバコが手から落ちそうになりました。

『空いてますよ』と少しうわづって返事をした。

『今日、大安だったかなぁ・・』と私は、小さな声で言いました。

『何か、おしゃいまして・・?』と首をちょつと傾げ、笑いかけられました。

『春日和の暖かい日ですねぇ』と私は馬鹿なことを言った。

十分後、歯科医院までの道のりは、私の帰路と同じだったので、店を出ました。

歯科医院までの五分は楽しかったです。


今、家内が『お買物、一緒に行きますか・・?』と私の方に来ましたので、これで綴るのは止めます・・。
コメント (1)

掲示板にIDを残して【依頼】

2005-01-28 10:37:00 | 定年後の思い
サ荀ホ・オ・、・ネ、ヒヒャフ荀キ、ニイシ、オ、・?、ホツソ、ッ、マ。「」ノ」ト、?ト、キ、ニ、ッ、タ、オ、テ、ニ、、、゛、ケ、ャ。「ー・?ホハ?、ヒフオ、ッ。「、エハヨサ?ャスミヘ隍ココ、、テ、ニ、、、゛、ケ。」

コ」イ?ホセ・遑「
atahuaipa-yupnqui-moctesuma

」逎・・ノ」ト、ホセ・遑「、ウ、ホ」ノ」ト、ホイシ、ヒトフセ・鬣、・?ャー?ォ、・「トセ、ー、ヒ、エハヨサ?ヌ、ュ、゛、ケ、ャ。ヲ。ヲオケ、キ、ッ、ェエ熙、テラ、キ、゛、ケ。」
コメント

雪の中のふくじゅうそう

2005-01-28 08:56:00 | 定年後の思い
サーヌッチー、ホー・?ホニ・タ、テ、ソ。」

チーニ・ホフ・「テク、、タ网ャノ?、ケ゜、熙ニ。「トォ、ヒ、ハ、・ネサ荀ホト?ヒ、篩?サ・?チタム、筅テ、ニ、、、ソ。」

カ皃ッ、ホツ遉ュ、ハク?爨ヒサカコ?ヒスミ、ォ、ア、ソ。」

サィフレホモ、?フ、・エ、ア。「タ网?ソ、ソ、ィ、ソマケヌ゜。「トリ、?ォ、ソク蝪「ウォ、ア、ソー・ム、ヒ、ホ、ユ、ッ、ク、螟ヲ、ス、ヲ、ャ。「タ网ホテ讀ヌイォソァ、ホテネ、ォ、、ソァ、キ、ソ、ホ、ャキイタク、キ、ニ、、、ソ。」

スユ、ホヒャ、・?スエカ、オ、サ、・ヨ、タ、テ、ソ。ヲ。ヲ。」

、ウ、ホ、隍ヲ、ヒシ?ニ、ヌ、ュ、・?。「サ荀ホソエ、マスシ、ソ、オ、・ソ。」
コメント

うちの奥さん・・。

2005-01-27 11:41:42 | 定年後の思い
私の家内の事を綴ります。

昭和50年に知り合い、翌年の春に結婚しました。

付き合いはじめた頃、お茶と料理を習っている、勤めはある民間会社の財務関係にいる、とのことでした。

茶事の帰りに逢う事にした。私が和服姿の家内を気に入ったので、ほめ言葉を二言、三言を言った。

この時、相手方を呼び際、『・・ちゃん』とよぴました。
この時がはじまりで、現在まで家内に声をかける時、・・ちゃん、です(笑う)。

友達に逢わせると、大原麗子、に似ているが、声は大原麗子と違って甘い
.と言った。

結婚前、家財道具が運び込まれ、お茶道具の多さには手こずりました。

結婚して、寝室のはずれに縫いぐるみのスヌーピーを置いたのには、私はびっくりしました。

和事の解かる人、と決め付けていましたので、『女って、解からない・・』と内心思いました。

そのうち、『ディズニーランドに行きたいわ』、と言い出しました。

『あれは子供を連れた若い家族の行く所か、中学か高校の女の子の行く所だ』と私は言った。

『・・』家内は、笑って答えずでした。


それから、この日記に綴ったとうり、後日に、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーにいくことになりました。

これに伴い、すこしずづ、ミッキー、ドナルドなどのキャラクターが居間の棚の上にちょこんと乗り、ふえていきました。
西行、芭蕉、の本棚の上にです(泣く・・)。

茶碗、掛け軸を買う、と言えば解かりますが、ねずねのようなミッキーには、解かりません。
コメント (1)

続・ブ前の将来・・。

2005-01-27 10:43:00 | 定年後の思い
昨?E紡海①▲屮阿両㌫茲砲弔い董屬蠅泙后?br>
現在、数多くの会社がブ前サービスをしていますが、今後ひとつのブ前が100?E宛紊陵兌圓鯤飮垢?E里続Δ隼廚辰討い泙后?br>
利用者の?E隋⊆♢離廛薀ぅ丱掘爾呂△?E戮妨㎠靴討癲△△?E⒁鵑鯏海ⅶ舛任后?br>
この点から、気軽に悩み、望み、心情・心の交流等を綴?E海箸侏茲?E任后?br>
更に私の?E腓蓮▲屮阿凌佑箸呂④い靴燭覆は世鮑里蠅泙后?br>
逢?E困飽Δ靴董Αμ瓦念④い泙靴腓ΑΑΑ?br>
私の?E①惷乏擇箸鵑棔戰轡蝓璽困裡脾?E?E稗弔?br>
    yuz水de-a?Ebr>
こんな意味を込めたつもりです。

コメント

続・美人の歯医者さん。

2005-01-26 18:05:46 | 定年後の思い
先日の美人ばかりいる歯医者さんのことが気になった。

どうしてかしら・・。

私が歯医者には、ここ二十年間で十数箇所の歯科医院に通ったことになる。

私の住む東京の郊外のA市だけで、150前後の歯科医院がある。

私が今回に於いて通院したところは、最近に開業した歯科医院だった。

今の時代、技術はよくてあたりまえ、その上に患者に対して、患者の気持ちを解かる医者は必要とされている。

後発の歯科医院として、この様な前提条件で開業するならば、何等の施策を考え、実行するのが経営者としての基本です。

たまたま、私が通院している歯科医院は、美女の歯科医を揃えた、と楽観的に考える次第です。

ともかく、私の場合、役得です(笑い・・)。

コメント

川柳からの哀歓・・。

2005-01-25 11:11:03 | 読書、小説・随筆
私は、サラリーマンを三十五年間をして来ましたので、色々な経験をしてきました。

時には、人様の書かれた川柳を読み、慰め、励み、笑い、哀歓を感じました・・。

ときたま、『「サラ川」傑作選』の単行本を購入したりしました。

忘れない川柳のひとつが有りますので、転記します。


平成三年の傑作選より、

うちのパパ おとなのくせに ママとねる 《作者 めだかの学校のせんせい》

この人の文才には、感服しました。
コメント (1)

美しい笑顔の歯医者さん!?

2005-01-24 11:40:16 | 定年後の思い
昨日の午後、一昨日に続き、清楚な美人に逢いに、歯医者に行った。

受付の窓口に「日別の担当医」が、貼ってあった。

あれ、昨日の女医さんはいませんねぇ、思い、受付の方に訊いた。

『先生方は、日別にシフトされているんですか・・?』

『そうです』と受付の方は言った。

今日の治療はやめようかなぁ、と思いました・・(嘘です・・)

診察室に通され、今日は違ったタイプの美人でした。
安心しました・・。

てきぱきと治療を進め、ハスキーな声で、
『痛みませんですか・・?』

この前の清楚な美人と違い、氷のような微笑を浮かべ、私に問いかけました。

治療が終り、受付で治療費を払っている時、先程の女医さんが、私の前に出てきました。

マスクをとった女医さんは、黒木瞳を若くしたような三十前後の人でした。

マスクをしていると、事務的に診察治療に専念していましたが・・。

『うちの父、貴方ぐらいですわ』と言った。

『何か趣味をお持ちですか・・うちの父、退職してから、時間を持て余していますから・・』
と更に言った。

『文章を書くのが、好きですから・・プログというのを知っていますか?』

『存じていますわ・・』と言った。

私は見惚れていました。笑顔がひときわ綺麗な人だ、と感じました・・。

それから、五、六分間、色々お話しました。

次の診察日は、差し歯が出来上がるのは、2月3日ですから、当分この女医さんはお逢いできません。

残念です・・。

松田聖子ちゃんの『あなたに逢いたくて』のメロディが脳裏に浮かんで来ました・・。

俺って、人生の後半戦もついている、と思いました。

人生ともかくプラス思考だと、私の信条ですから・・。

極楽とんぼの楽しい一日でした。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆


尚、うちの家内はパソコンは出来ませんので、私がブログに書き込んでいても、またパソコンに触れている位、と思っています。

インターネットの検索を教えたのですが、余り興味が無かったようです。

ひとつ有りました。

パソコンに興味を持ってもらおうと、ゲームを開らいたのです。

ブロック崩し、花札は一時凝りましたが、それっきり・・です(笑う・・)。

コメント (3)

冬の朝露が・・。

2005-01-24 10:09:00 | 定年後の思い
艇昔梅、紅葉、紫木蓮が朝陽を受けて、朝露がキラキラ光ってい?EΑΑ?br>
昨?E蓮?E旅抒阿任枠⑳┐∮畍紊了飴瓩㌔砲箸④Ⅳ?E磴☞颪す澆蝓㎠泙犬蠅琉?E?E世辰拭ΑΑ?br>
ひと雨が魚占、深?E砲六澆漾擇両紊料詫杣佑靴鮗韻討い泙后?br>
やがて春を迎え?E輯兇Ъ韻任④?E茲Δ福困笋㎠閉㎠両襍覆任靴拭ΑΑ?br>
コメント

年金の問題・・。

2005-01-23 16:08:00 | 定年後の思い
クスコ゜。「ニ・ワ、ホコヌツ醂萃熙ホ、メ、ネ、ト、ネ、キ、ニ。「シメイ?ンセ网ャ、「、遙「、ス、ホテ讀ヌヌッカ簑ゥナル、ャ、「、・」

コ」トォ、ホニノヌ荀ホトォエゥ、ヌ。「シメイ?ンクアト」、ホウニサ?ウカノトケ、ャスサオ・ネ、キ、ニ。「フアエヨシレ、・螟イスサツ?ヒ、ト、、、ニ。ヲ。ヲ、ホオュサ?ャコワ、テ、ニ、、、ソ。」

、ウ、ヲ、キ、ソエカウミ、ヒ、マ。「、ハ、ェ、カ、熙ヒ、キ、ソ、ッ、ハ、、、ホ、ヌ。「。リツウ。ヲカヒウレ、ネ、?ワ。ル、ヒトヨ、熙゛、キ、ソ。」

、ェニノ、゜トコ、ア、ソ、鬘「ケャ、、、ヌ、ケ。」
コメント

年金泥棒?!

2005-01-23 11:54:14 | 時事【社会】
今朝、読売新聞の朝刊に、

社会保険事務局長
年金保険料から家賃
民間借り上げ住宅 24局長、年2300万円

という見出し記事が載っていた。

社会保険庁が都道府県ごとに置く社会保険事務局の局長のうち、大阪、愛知、栃木など半数の24局長が民間の借り上げ住宅に入居し、2004年の1年間に、自己負担分を除く家賃計2322万円が年金保険料から支出されていることが22日、わかった。

税金で建てた国家公務員宿舎に空き室が目立つ中、月2万円足らずで家賃13万円を超えるマンションに入居するケースもある。

社会保険庁は「財務省からの指導もあり、借り上げ住宅は来年度から順次減らす」としている。

大阪の局長は、事務局まで電車と徒歩で30分ほどの3LDKマンションに、夫婦で暮らす。家賃12万円。
局長の自己負担額は2万2287円。差し引き月額9万7713円が、年金保険料で賄われている事務費から支出されている。

家賃が最も高いのは、愛知の局長。13万6250円(自己負担額1万6725円)の2DKマンションに単身赴任で入居。
京都の局長も13万円(同1万5293円)のマンションで暮らす。

読売新聞の集計では、借り上げ住宅の平均家賃は約9万6000円で、局長の自己負担分は平均1万6000円だった。

と記事の内容だった・・。

     ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

小学生でも解かる問題です。

今、国の最大問題として、社会保障がありますが、この中で年金問題が国民の注目があります。
こうした中で、社会保険庁の最高幹部の人は、どの様に理解されているか、私は想像できません。

勤労者が多くは、やむえず自分の将来のため、或いは年金の健全化の為に支払い続けている、と思います。
財源が不足する中、色々な総合施策がとられる中、社会保険庁の本体がこの様なズサンな管理体制では、国民はやりきれません。
まして、年金未加入者に対し、しめつけが出来なくなってしまいます。

提案として、
社会保険庁の総合的な業務の見直しです。
直接に保険庁で業務を実施する要素
間接業務は民間に全て委託する

この事を基本見直しが必要です。


今回の上記の局長の方たちは、民間借り上げについては全て自己負担にする。
過去の分は、退職金から差し引く。

こうしませんと、国民の多くは納得できない、と思います。


私は社会保険庁の職員の多くは、国家公務員として、一生懸命に業務に従事している方を目撃しています。
ある一部の方たちが、理解できず、特権を甘受している、と思います。
『衿(えり)を正しましょう』
コメント (1)

美人の歯医者さん!!

2005-01-22 12:00:29 | 定年後の思い
昨夜、差し歯が取れたので、本日に歯医者に行くことにした。
現役時代は、職場の近くだったので、今住んでいる近くの歯医者を見つける為、インターネットで検索した。

歩いて十分位の所にあったので、電話予約して出かけた。
電話した時、若い女性の声で、お待ちしております、とハスキーでけだるい声だったので、歯医者の選定は失敗したか、と思った。

病院に入ると、初診者だったので、アンケートを書いた後、診察室に通された。
男性の医師と女医さんらしい美人が二人いました。
清楚な女医が診てくれ、その後男性の医師に交代する、と思っていたが、そのまま診察してくれた。

『痛みますか・・?』
『大丈夫です』
『こちらの歯は・・?』
『ちょつと痛い・・』と女医さんの手を握りかったのですが(笑い・・)

目をうっすら開けると、女医さんの胸元が目の前で、ドキュンとしました。
いけない患者です。

会計を済ませる際、『次は何時になさいます・・?』と受付の女性は訊いたので、
『早目にして下さい』と私は言った(内心、笑う・・)
『明日の2時過ぎ、ご都合は・・?』
『そうして下さい』と私は言った。

明日もあの清楚な女医さんに逢える・・今日は大安だったかなぁ、と思いました。

小躍りして、家に戻った。
コメント (2)

中産階級は,元来・無!?

2005-01-22 09:03:22 | 時事【社会】
昨今、日本から中産階級は消える、という『消中現象』がマスコミで取り上げられている。

私見であるが、元来、日本に於いて、中産階級は無かった、と思います。

昔の通信簿で5、4、3、2、1といったのが有りました。

問題の中産階級『3』なのてすが、まぁ人様と比較すれば、世間並みか、という幻想を頭の良い人が考えた、と思います。

戦後の混乱期から池田内閣の時代までの高級官僚と超有力経済の人々が作成したと思います。
壮大な実験でした。
幻想の中産階級を人口の大半を占めたならば、経済の飛躍が望めますから・・。

現在、自由貿易のダムから視ますと、前提として政治・経済・軍事・宗教・外交・文化がいやおう無しにひとつの貯水池の中でひしきめあっているのですから、日本として自分だけはの選択は非常に困難になっています。

アメリカの唱える『世界標準規格』の中でかき回され、ヨーロッパのイギリス、フランス、ドイツ等はアメリカに対し、どのような総合施策をするのか興味をいだかせられます。
また、世界観の違うイスラム諸国、或いは中国は・・。

いずれにしても、日本の多くの人々は、元来なかった中産階級の現象は、具体的に『4』と『2』に加速されます。

憂慮すべきな事ですが、慰めはあります。
確か堺屋太一・氏がある高級住宅街を歩いていた時、広々とした庭と家が軒並みあったが、人の気配が無く・・といったのを思い出します。

私たち『団塊の世代』は悲観する必要な無いと感じています。
堺屋太一・氏の『高齢化大好機』の中で明示されていますので・・。

追記
朝、目覚めた時、書き込んだような事を思いつきました。
コメント

東京ディズニーは、女子の行く所?!

2005-01-21 16:58:45 | 時事【社会】
三年前の秋、甥っ子が結婚する事になり、会場が東京ディズニーランドの近くのホテルでした。

家内が、『この際ですから、ディズニーシーをゆっくり観たいわ』、と言い出したので、

『だつたら、泊まるしかないなぁ・・』と私は言ったので、

『そうしましょう、前から観たかったの・・』と家内は言った。

これが怖かった・・。
家内は、A型なので、何事もやるとなったら、きっちりとするタイプなので・・。
家内は早速、本を買い込んできました。



十五、六年前、ディズニーランドに、家内の妹の家族で行って、私は酷い目に遭った。
ビールを飲みたい、と思っても見つからない。人ごみは多い。

ディズニーランドは、小学生から高校生の女の子が最適な遊園地、と思っていました。
それ以外は、幼児に夢を与えようとして、若い家族連れで行く所、と決め付けていました。


大変だったなぁ・・。
大人がゆっくり出来る所が無く、夕刻になると更に込み合った上、ミッキー率いるオンパレードの行進みたいのが始まりでした(泣く・・)。

ディズニーシーは、食べ物とビールが於いてあるレストランが有るし、ディズニーランドより融通が効くので、日頃何かと家内には無理を言っているので、三泊四日で行く事にした。
但し、家内には念を押した。
『チャラチャラした所には、泊まりたくない』と言った。
結果として、シェラトン・グランド・トーキョベイ、とした。

甥の結婚式と披露宴を終ると、ホテルに着替えに戻ると、家内は気合が入っていました。
『なるべく遅くまで、いましょうね・・』と笑いながら、家内は言った。
『程々にね・・』(泣く・・)

翌日は、フルに廻りました。
家内は元気でした。(笑い・・)
私は疲れました。女って、好きな事は、人一倍元気になると、改めて思いました。

私は、レストランで、各国の料理、ビール、ウィスキーが口に出来たこと位かなぁ・・。

思い出しました。
一番良かったのは、ホテルのベランダから花火が綺麗だった・・。
風呂あがりでビールを片手に、煙草を喫い、家内と取り留めない話をしているのが、良かったです。
コメント (1)