雲上の楽園通信

悔いのない人生活にとデジカメお伴にウオーキング【雲海・野鳥・野の花など】の撮影・・・!

雪解けの後は雲海となって

2017年01月18日 | 雲  海 

 久しぶりの降雪の後は、雪が溶けて・・・雲海が・・・でも水分が多いためか南部の稜線はほとんど見えなくなりました。
だから、本日は霧が晴れるまでにはかなりの時間がかかりそうです。暫く霧の晴れる様子を観察して後にウオーキングへと出発します。日の出の頃に太陽柱が見られるかと期待をしましたが、欲張りうな私で比較的赤い朝日が登りました。
 今朝の日の出前の風景をパノラマとして加工しました、ご覧くださいね!

 

今朝の霧の舞う田舎の風景です

 

 

 

 

 

コメント

幸せの青い鳥【ルリビタキオス】で酉年を発進して頑張りましょう !

2017年01月18日 | 野  鳥 

 やっと幸せの青い鳥が今年も当地へやって来てくれました。
そのルリビタキオスも何とか撮影できました。 その画像の中で、酉年の出発にと・・・この鳥のお陰としての発進を皆様方にお送りします。先ず飛び立つ前のルリビタキの姿から飛び立つ寸前の表情と姿が新年の贈り物に相応しい感じがいたしましたので大きめの写真と致しました。(印刷に耐えるようにと)
 カメラなどは、PENTAX K3 HD PENTAX DA 560mm F5.6 ED AW で一脚を使用しております。撮影のデータは、F8で1/640秒としました。【薄暗くてね】画像サイズの横幅は、1500ピクセルと縮小をしております。

 

ルリビタキのオスの動きで皆さんも【幸せの発進!】


 

 

 

 

 

コメント

降雪と前日のメジロの動き

2017年01月17日 | 風物詩 (1~3月) 

 久しぶりに当地でも降雪を迎えました。
この日は、マイカーの車検をして頂く予定となっておりました、スリップ防止を避けるために我が家からの出発を少し送らせることとして、到着時が少し遅くなることを車検場へと連絡をしました。
 凍結はありませんでしたが、流行りノーマルタイヤでは心配のこともありますよね!

その降雪の様子を撮影しました。
 勿論今季初めての雪景色です、ロウバイに付着をした雪の風景など我が家の様子です。

 その前日に撮影をしましたメジロの様子です、メジロの撮影をしてて気付いたのですがノイバラは、新しい芽が吹き始めておりましたね、雪景色の後へ掲載です。本日はマイカーの定期検査が終了ですから、頂に出掛けます。

 

我が家の雪景色から

 

 

 

 

 

 

メジロの動き【ノイバラも芽が膨らんで・・・】

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

ルリビタキオスが空き家へ

2017年01月16日 | 野  鳥 

 ウオーキングを終えてから、もしや時々訪れる空き家の敷地へと思い出かけました。
周囲を監査ついておりますと、何だか動くものが空き家の片隅へ・・・チェックをしましたらルリビタキのオスです。日陰であって薄暗いですが何とかそのルリビタキを撮影できました。

 

空き家のルリビタキオス 

 

 

 

 

 

 当地も今季初めての雪景色となりました。
今朝も暗い中でも屋外が明るい・・・窓を開けると薄っすらと降雪が見えます、未だ少し雪も落ちております。明るくなった時点で雪景色を撮影の予定です!

 

 

コメント

自然観察会【ドキドキ講座】続編 ミサゴの狩りの様子

2017年01月15日 | 日々是好日 

 昨日の赤磐市熊山公民館主催の自然観察会の続編として【ミサゴの狩り】の様子が重点です!
幾度となく溜池に魚を求めて移動をしました、不思議ですが空から池の獲物を発見すると急降下をして獲物をゲットします。ある程度決まった場所まで帰って魚を食べては、出動です。
 あまりの遠くさ故に持参したカメラとレンズでは撮影をも限界でした、更に撮影地点の目の前は多くの桜の木が有って撮影には苦労をしました。 カメラは普段ウオーキングに利用をしております PENTAX K3 です。 レンズも同様で HD PENTAX DFA 150-450  F4.5-5.6 でした。
 出来得る限りとミサゴのゲットした魚をも撮影しましたが、推測程度ですが外来魚の感じです、幾度となく餌をゲット最後は、魚も大きかった様でした。

 

自然観察会での記録画像 ミサゴの狩りの様子が主です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

赤磐市熊山公民館自然観察会【ドキドキ講座】へ参加して

2017年01月14日 | 日々是好日 

 雪の降るおそれとともに強風などが心配でしたが、何とか早朝は落ち着いておりました。
我が家を出発時の外気温は、0度cでした。
 現地には普段ですとかなりの方が到着と思っておりましたら私の到着時には・・・独りも姿がありません。それではと溜池などを少しばかり歩いてチェックをしました。当地と同様で野鳥の姿はとても少ないです、溜池の鴨なども少ないです。
遠くの鴨などを撮影をして居りますと、この会の指導者が到着となりました!

 参加者も冷え込んだ影響でしょうか少なかったです、普段ですととても多い参加地なのに・・・私が撮影をした身近な写真などを到着順に差し上げました。
何時もならば多い参加者のために沢山画像を印刷したのですが、少しばかり拍子抜けです。でも、皆さん方に喜んで頂きました。
溜池などの周辺の野鳥をチェックしました結果は、カイツブリ・カワウ・ダイサギ・アオサギ・ミサゴ・オオバン・キジバト・マガモ・コガモなどで平素よりもとても少ない数で19種類の野鳥が確認できました。

 参加者の皆さん方を楽しませてくれましたのは、空を舞うミサゴの姿を確認してからでした。
そのミサゴは、遠くの木の枝へ・・・観察を愉しみました。そのミサゴが溜池の魚を求めて水面へと移動です・・・その時の動きの一部を掲載しますね。
まず先に到着時の溜池の風景からです。(強風と気温の低下からこの会の終了時間を少し早めました  )

 

 

 

 

 

 

ここからがミサゴです!

 

 

餌を求めて溜池上空を移動中です!

 

ミサゴが溜池の魚をゲットする姿は、後刻アップをしますね・・・暫くお待ち下さい! (明日になりそうです・・・)

 

 

コメント

小さなカエデの果実を啄むシメの横顔

2017年01月14日 | 野  鳥 

 このところ急に冷え込む感じとなりましたね。
そこで種々の野鳥たちも当地で顔を見せてくれるのではないかと期待をして・・・超望遠レンズ・・・を持参してのウオーキングとしました。やはりレンズの重量が有るためにと手ブレを防ぐ意味も込めて一脚を取り付けての移動です。

 カメラとレンズへショルダーベルトを取り付けました・・・我が家の玄関を出てから、一脚の調整などを行いました。
出発間もなくは、カメラなどの重量が負担になるかと気にしましたが、少しばかり歩いて過去の使い勝手なども蘇り(解り)慣れてきた感じがいたしました。
 そして最初に出会ったのは、カエデの小枝のシメの姿でした。過去に幾度となく撮影をしている野鳥だと思いながら枝被りを避けて撮影を開始しました。いくらレンズが長くても手前などに小枝が多すぎます。少しずつ移動をし一点に集中としてピント合わせを行いました。

 何とシメが、カエデの僅かな果実を喋んでいることが解りました。
そこで、カエデの果実を啄むシメの横顔に限定をして撮影をしました・・・雰囲気も必要と少し周囲の様子を取り入れました、超望遠レンズの威力が蘇った気が致しました、データーはお終いに記載しますね。
 本日は、赤磐市熊山公民館主催の自然観察会【ドキドキ講座】では、野鳥たちの観察会となっています参加申込みをしましたので参加の結果は、又お知らせしますね!

 

カエデの実を啄むシメの横顔 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 撮影のカメラとレンズなど

 カメラ PENTAX K3  レンズ HD PENTAX DA 560mm F5.6 ED AW 
 撮影データは  一脚使用  絞り F11  1/1250秒  ピント合わせは中央部一点

です。

 

 

コメント

散策路脇の野鳥 ジョウビタキ♂・メジロ

2017年01月13日 | 野  鳥 

 昨日のウオーキングでは、今季初めて体験した冷たさでした。
薄手の手袋を着用しておりましたが、カメラに取り付けた一脚がとても冷たく思えました・・・今季初めての気温の低さを感じましたね。

 その中で散策中に野鳥を発見でき撮影をしました画像の一部です。
野鳥の種類も多くなって、路地には多くのヒヨドリの姿も見られましたが、足音を聞いて離れて行きました。何とか撮影を出来たのは、ジョウビタキオスが最初です。その次は、メジロです。
 次々とメジロは、飛んできては移動をして目を楽しませてくれました。寒さが厳しくなると野鳥たちが元気に見えるのが不思議な感じが致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

昨日の我が家で開花の花 シロバナタンポポ・ロウバイの花ほか

2017年01月12日 | 風物詩 (1~3月) 

 昨日の我が家では、ロウバイの花【素心蝋梅】がほぼ満開となり素敵な香りを楽しんでおります。
次は、シロバナタンポポも花は咲いております、その他庭で咲く花とメジロなどです。

 先ず、撮影順に掲載をいたしますね。
ロウバイのハナを撮影をと考えておりましたら白梅の小枝へメジロが二羽とんできましたので・・・メジロから

 

 

 

 次はキバナたんぽぽとシロバナタンポポです。
シロバナタンポポ【白花蒲公英】は、西日本には多くあると図鑑へは記載されておりますが、この花を確認したのは5年ほど前からです。
シロバナタンポポはキク科タンポポ属の多年草で花言葉もあり【私を探して、そして見つめて】です、キバナのタンポポの花言葉は【飾り気のなさ・真心の愛】でした。3月29日、2月18日、2月29日、5月3日生まれの方の誕生花でした。

 

 

 

 

 次はロウバイの花です。
 我が家のソシンロウバイの花もほぼ満開に近づいて参りました、野鳥の写真ばかりを撮影しておりましたらこんなにも時間が経って仕舞いました。 ソシンロウバイ【素心蝋梅】としての花言葉は有りませんが、ロウバイとしては【自愛心】です、また12月30日、1月21日生まれの方の誕生花ですした。

 

 

 

 

 

 

次はラベンダーです、香りが今も楽しめます!

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

今季初撮りの野鳥シロハラ

2017年01月11日 | 野  鳥 

 昨年度暮に、シロハラの泣き声を聞いてはおりましたがその姿を見ることも出来ずでした。
昨日の朝は、畑にいるシロハラを確認できました、アッという間に飛び立って駄目かなと思っていたら、畑のミカンの木の先端部へと移動をしてくれました。
少し場所が近くなるところへと移動をはじめましたが、無理な注文でした。
 なんとかシロハラを撮影できましたので、その横顔です。

 

シロハラ

 

 

 

 

 

 

 

コメント