雲上の楽園通信

身近な【雲海・野鳥・野の花など】の撮影を楽しむ日々の生活情報です!

初めて出会った野鳥とネムノキ

2016年06月30日 | 野  鳥 

 木陰にて初めて出会えた野鳥を発見撮影が出来ました。
何とか木々の枝を避けながら撮影をしたものですが、帰宅して図鑑でその名前をチェック中ですが野鳥の名前は分かりません・・・後しばらく図鑑でチェックする予定ですが、アップの時期が遅れるとばかりに本日アップしますね。
 この野鳥の名前をご存じの方が居られましたらお教えくださいね!
この野鳥を撮影後にネムノキを撮影しましたから、お終いに追加です。

名前?の野鳥

 

コメント (2)

キヌガサタケもこれで3本目・ナワシロイチゴが熟して

2016年06月29日 | 野の花・果実

 朝一番に探し当てましたキヌガサタケです、ただしこの度は網目の部分が少なくてチョット残念でした、でも大きさは先のキヌガサタケよりも3cmほど大きかったです。そのキヌガサタケを撮影しての帰りにナワシロイチゴの熟している様子を撮影しました。
 このナワシロイチゴ【苗代苺】は、蔓性の落葉低木でバラ科キイチゴ属です、余りにも美味しそうに見えましたので撮影後に食して見ました。昔懐かしい味を思い出させてもらいましたよ、かなり前となりますがこのイチゴの花を撮影しており掲載をしております、ナワシロイチゴ【苗代苺】の花と果実です興味の有る方は、リンクしていますご覧くださいね!

キヌガサタケ(23cmあまり)

その近くのタケですが名前など分かりません

次は、ナワシロイチゴ【苗代苺】

 

コメント

メジロの動きから

2016年06月28日 | 野  鳥 

 久しぶりの晴れ間かなと思っていたら、午後から再び雨となりました。
当分の間梅雨が開けませんから、こんなお天気が続きそうですよね・・・我が家の周囲は、このお天気の影響で雑草が生い茂りました・・・早めに雑草を刈り取らないと草で我が家を覆われそうです。

 朝一番にウオーキングをしておりましたところ、久しぶりにメジロと出会えました。
とても活発に動き回ります、若葉の中から顔を出したら若葉の見える竹へと動きまわりました、その時のメジロの横顔です。

元気なメジロ

 

コメント

ヤブカンゾウ・クチナシ・キバナコスモスなど

2016年06月27日 | 風物詩 (4~6月) 

 本日はお天気となりましたからウオーキングをゆっくりと楽しめました。
本日も気になっていたキヌガサタケを朝一番に探しました、一本を発見しましたのでまた後日にアップをしますね。路傍で咲くヤブカンゾウ・キバナコスモス・コスモスなどです。
 電線に居ました野鳥ですが撮影をしたものの遠くであって上手く撮影ができませんでした、多分キビタキの仲間だとおもうのですけれどもね~!
ヤブカンゾウ【藪萱草】は藪に育つカンゾウという意味でカンゾウ(萓草)とは、この美しい草花を見ていると、物をも忘れるという故事からの漢名だそうです。ユリ科ワスレグサ属という分類も、これに由来しているとか・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

ネムノキの花

2016年06月27日 | 野の花・果実

 当地では、只今一箇所でのみネムノキに花が見られます。
他の場所では、全く花などは確認できません・・・雨上がりにそのネムノキの花の撮影に出掛けました、画像は少し多めです。 
 ネムノキ【合歓の木】は、マメ科ネムノキ属のネムノキ(合歓の木・合歓木)の落葉高木で葉は細かい羽状複葉。山野や河原に自生し、庭木ともされるております。ねぶ・ねむ・ねぶのき・ごうかん・ごうかんぼく・ごうかのき・合歓の木・ネムの木などと多くの呼び方があるのですね~~~。
 ネムノキは、夜になると小葉が閉じて垂れ下がり、眠っているように見えることからネムノキと呼ばれるよぅになったとか、花言葉は【歓喜・夢想・安らぎ】です。また、誕生花としては、8月17日、7月21日、8月10日生まれの方の誕生花となっておりました。

ネムノキ

 

コメント

茸の女王様と呼ばれるキヌガサタケ

2016年06月26日 | 野の花・果実

 キヌガサタケをやっと撮影出来ました。
 キヌガサタケ【衣笠茸】は、スッポンタケ目スッポンタケ科スッポンタケ属だそうでキノコの一種だそうです。この茸の網目模様が素晴らしいということから茸の女王様と呼ばれて愛好家が多いそうです。又この茸は乾燥させてスープなどに利用される高級な茸です。

その調理方法などは、きのこ図鑑へ詳しく説明が有りますので、興味のある方はご覧下さいね。
このタケの近くにて先日も発見できたのですよ、でも、粉々になってて・・・!

キヌガサタケ

ちなみにこのタケの全長は20cmでした。本日は雨も上がっててウオーキングで他の場所をもチェックしてみます!

 

コメント (4)

アザミの花へ集まる蝶たち

2016年06月25日 | チョウ・蛾など 

 相変わらず雨が降ります。
当地で梅雨時期でもこれほど雨の降ることは少ないです。何とか雨が降るのに合間が有りそうだと出掛けました。そこで発見できましたのは、数少ない薊の花へ居た蝶です。
 その薊の花にセセリチョウの姿も見えます、記録程度にと撮影をしておりましたところ、暫くして他の蝶たちも飛んできてくれました。
薊の花へ集まる蝶たちの風景です、蝶の名前など間違えそうなので記載をしておりませんがお許し下さいね!撮影を終えた頃から雨が落ち始めましたから慌てて帰宅です。雨の強くならない間に買い物をと出掛けました。
 買い物を終えてマイカーの所へ・・・雨が強くなって来ました。アッという間に土砂降りとなりました・・・ワイパーでも雨が避けられません・・・お昼までも前照灯を点灯して帰宅しました。途中対向車もライトを点灯しててくれましたので助かりました。
お隣さん方は、家の設備の変更のために大工さんたちが来られていましたが・・・強力な雨で一休みをされておられるようでした。 

 

 

コメント

ヤマガラ・ニワゼキショウ・我が家の紫陽花

2016年06月24日 | 風物詩 (4~6月) 

 やっと雨が上がった際に撮影をした当地の風景です。
筍からタケとなる前の小枝へヤマガラの姿が見えました、久しぶりだなと撮影を開始すると即飛び立ちました。先にアップが出来なかったニワゼキショウを足元で確認撮影です。
 そしてお終いは、我が家の紫陽花です・・・花がとても少ないです。

 

コメント

久しぶりに雨も上がりました 田舎の風景

2016年06月23日 | 風物詩 (4~6月) 

 昨夜も今朝も雨の音が大きく聞こえます。
本日も一日雨かとウオーキングをも諦めておりました・・・でも昼前になると南の空には青空が見えます。久しぶりの青い空です。その前は、霧が出ていて南部は、一時期全く何も見えなくなっていたのです。
 久しぶりだと、ウオーキングへと出掛けました・・・普段とは異なったコースです。
何故かと申しますと、この時期から竹やぶの近くにはタケの女王さまと呼ばれるキヌガサタケが発見できるのではと予想をしたからです。そのタケを発見できました・・・心ない方がこのタケの女王様を踏み潰しておりました・・・その方は想像ができますが、発見をする私が遅かったと諦めざるを得ませんよね!そのうちまた発見いたします。帰宅をしたところ南部では、大雨の影響で国道が通行止めとなっていたことが解りました。霧の向こうの地区となります。

今朝の霧の舞う風景から

出掛けて即溜池にて元気なカエルを発見です

出かける前に撮影をしました我が家の薔薇と紫陽花と咲き始めのクチナシです。

 

 

コメント

ムシトリナデシコのキアゲハなど

2016年06月23日 | チョウ・蛾など 

 このところほぼ毎日雨のために、ウオーキングをも出来ず我が家の周りのムシトリナデシコへ訪れる蝶を撮影する程度です。
でもやっと我が家のクチナシの花が咲き始めました。
未だ花がとても少なくて、後日にクチナシの花はアップをしますね。

 そこでムシトリナデシコの花を訪れたキアゲハなどの画像です。

 

コメント