晴れた休日は自転車に乗って! (akio)

古希爺の「気楽な自転車散歩」やチョット頑張った「サイクリング」の備忘録(ボケ防止かな?)

今日の昭和記念公園(2020/09.29)

2020-09-29 16:21:55 | ポタリング・サイクリング

今日は13時に例の「特定健診」の予約が入っている。

特に”ココに行かなければ”と言う予定もありません。

そうです、こんな時は「昭和記念公園」に行きます。


8時45分頃に出発します。

川沿いをのんびりと走って、「昭和記念公園砂川口」に到着すると9時45分頃だった。

先ず向かうは、直ぐそこの「花の丘北花畑」に咲く「コスモス」を見に行きます。

種類は下の写真の通り「日の丸あかつき」と言う種類とのことです。

4分咲き程度と思われます。

コチラには「青いドア」があります。

咲き揃った頃に、また来なくては・・・


何時もの「花の丘コスモス」は、まだまだですね。


こもれびの里」では「彼岸花」が咲いています。

そして「コスモス」も咲いています。


池の周りの「リコリスガーデン」は末期でした。


次に向います。


寄った所は「みんなの原っぱ」に来ました。

西花畑」に咲いていた「ヒマワリ」は化石の様になっています。

色とりどりの「ベンチ」が置かれています、良いアクセントとなっています。

ジニア」も咲いています。


では、次に向かいます。

着いた所は「花木園」の、「ふれあい橋」近くの「彼岸花」が咲くエリアです。

カモに餌を与える、たぶん夫婦。

紫陽花」の遅れ花が一輪、皆さん撮っていたから真似しました。


みんなの原っぱ」の「東花畑」の「レモンブライト」は遠目にはまだ見頃?


日本庭園」入口近くの傾斜地に咲く「ジニア」は復活した様な感じです。

時間は11時15分、退散しよう!!

砂川口」より退園しました。


野火止用水」沿いを走っていると、「東京都薬用植物園」の「彼岸花」が見えたので寄ってみます。

女郎花

スイレン

そして、「彼岸花」です。

11時40分ですが、帰ります!!


野火止用水」~「空堀川」沿いを本当にゆっくり走って、病院に来ると12時20分頃です。

特定健診」の予約は13時、あっちフラフラ、こっちフラフラと彷徨います(笑)

12時45に病院へ、早く受付してくれた。

血圧計、問診・触診、身長・体重、胸部レントゲン、採血、心電図

そして、13時35分には終了です。


そして帰ってきました。

スカッと晴れなかった。

コメント

大悲願寺の白萩~広徳寺の彼岸花(あきる野)

2020-09-28 22:22:00 | ポタリング・サイクリング

漸く、「」が止んだ!!

22日以来の「青空」が広がり、「サイクリング日和」となっています。

ここ何年か行っている、あきる野市の「大悲願寺の白萩」&「広徳寺の彼岸花」を観に行ってみよう!!


8時10分に出発する。

武蔵五日市界隈に行く前に、寄り道して行きます。

TVのニュースで、”今日は富士山が見える”って言っていた。

そんな訳で富士山が良く見える、「狭山湖」経由で向かいます。

着くと、チョット「冠雪した富士山」が見えました。

良く見えました。


もう一ヵ所、寄り道して行きます。

先日、行ったらまだ「彼岸花」が咲いていなかった「みずほエコパーク」に寄ってみます。

到着すると9時25分です。

チョット写真を撮るだけ、ココに駐輪です。

あらっ「満開」ですね。

ココで満足、帰ろうかな(笑)


そんなことは有りません、リスタートです。

羽村街道」~「奥多摩街道」で「羽村大橋」を渡って行く。

この先「永田橋通り」を走って行く。

暫し走って「左折」、クネクネと走って「大悲願寺」に10時40分に到着する。

この周辺は工事をしていて、「彼岸花&自転車」のセットの写真が撮れない。

お目当ての「白萩」は・・・

駐輪し見学です。

もう少し早く来た方が良かったかもですが、良しとします。

今年はボリューム感無いかも?

本堂

観音堂

彼岸花」はこんな感じです。

退散とします。


では、「武蔵五日市駅」方面へ、そして「檜原街道」に向かいます。

激坂の中腹から写真です。

そして「檜原街道」です。

広徳寺」に向かう道中にも「彼岸花」が咲いています。

広徳寺」の参道に入ります。

」が良く咲いています。

そして到着する。

山門」は立派です。

境内には、今年も「秋海棠」が咲いています。

本堂

もう少しすると、二本の「大銀杏」の「黄葉」が見事です。

光っちゃった。


では、早目に「昼食」とします。

何度か行っている「定食屋とんとん」です。

コロナ禍」で注文方法が変わった。

「座るテーブル番号と注文の品の札」を取って注文口に出すらしい。

注文は「生姜焼きセット」1080円也です。

「ボリューム」があります!!

そして、サイクリストには「おまけ」が付きます。

食べ終わって、直ぐに退散です。


時間はまだ12時15分ですが、帰路に向かいます。

睦橋通り」~「五日市街道」を走って行きます。

途中は「秋留台公園」に寄り道です。

コスモスの丘」は、まだ咲き始めたばかりでした。

彼岸花」はお見事でした。


暫し走って「多摩川」の「多摩橋」から上流を望む。

福生に出て、R16号線で「箱根ヶ崎」に来る。

青梅街道」で帰る予定でしたが、情報によると「航空記念公園」の「日本庭園の彼岸花」が見頃となっている様です。

高根通り~都県道179号線」を走って行きます。


暫し走って到着する。

こんな感じでした。


帰る道中にも「彼岸花」が目に留まります。


14時55分、帰ってきました。

巾着田」の様な、赤い絨毯を敷き詰めた様は見られなかったが、「彼岸花三昧」となりました。

以上、今日のお遊びでした。

コメント (2)

”う~ん マンダム”

2020-09-27 11:56:00 | 日記

ネタが無いので、

~ 懐かしいCMソングから ~

白馬に乗った「チャールズ・ブロンソン」が荒野を駆け抜けた後、水を頭から浴び、顎を撫で・・・

う~ん マンダム”、ご多分に洩れず「マンダム」も愛用したりしていました(笑)

当時は資生堂の「ギンガムチェック」の「MG 5」が全盛時代、丹頂と言うと、オヤジが使う「チック」のイメージだけだったような気がしました。(電車の中で臭くて(笑))

(ネットより)


1970年 マンダム (チャールズ・ブロンソン)


マンダム~男の世界; Jerry Wallace(ジェリー・ウォレス)


このCMを手掛けたのが、今年亡くなった「大林亘彦氏」、当時の「丹頂(株)」、今の「(株)マンダム」から、”1970 年、当時の丹頂株式会社は変化する生活者ウォンツへの対応が遅れ、経営危機に陥ろうとしていました。そのような状況下、社運を賭した「マンダム」ブランドが誕生しました。
大林監督にはその「マンダム」ブランドの TVCM の監督を務めていただき、当社の経営危機を救って頂いたと言っても過言ではありません・・・
。と追悼文が出されています。

ココをクリック!!


今朝の空、今の様子では晴れて来る気配はありませんが、予報をみると晴れ間があるらしい。

コメント

小雨の散歩道には彼岸花咲く

2020-09-26 15:08:54 | 散歩

9月23日からはず~っと「」、と言う事で一歩も家から出ておらず、完全巣篭もり状態。

また、明日も「」とのこと、少し動かないと・・・

雨は小降りだが、止むのか止まぬのか? 散歩に出掛けよう!!


散歩道には「彼岸花」が咲いているであろう。

暫し歩いて川沿いに来る。

草の間から顔(頭)を出しています。

高台からは遠くに我が街が見える。

何時もの公園に来る。

誰も居ません!!

雨が続いているから、こんなのも出現している。

こんなに「彼岸花」があったのか・・・

帰ります!!


久々に10,000歩超えの11,515歩だった。

コメント (2)

松田聖子、風に向かって歌い続けた40年(NHK)

2020-09-25 16:38:49 | 日記

松田聖子さんは、1970年代を代表するアイドル山口百恵さんが引退する年の1980年4月に、「裸足の季節」でレコードデビュー。その伸びのある歌声で注目され、その後のシングルも大ヒットし1980年代を代表するアイドルとして活躍した。

今年デビュー40周年を迎えた。

(NHKより)

特集番組「松田聖子スペシャル 風に向かって歌い続けた40年」が今月の22日夜、NHK総合で放送され、観ていました。


ひとりの少女アイドルとしてデビューし、果敢に挑んだアメリカ進出を経て、セルフ・プロデュースをこなすアーティストへ。デビュー当時からの秘蔵映像と、関係者が「今だから語る知られざる秘話」で、その40年の歩みを解き明かす特集番組。

番組には松田聖子さんのヒット曲を数多く手掛けた作詞家の松本隆氏、「チェリーブラッサム」、「白いパラソル」、「野ばらのエチュード」、「夏の扉」などを作曲した財津和夫氏「赤いスイートピー」、「渚のバルコニー」、「小麦色のマーメイド」、「時間の国のアリス」、「秘密の花園」、「瞳はダイヤモンド」、「制服」などを作曲した呉田軽穂こと松任谷由実氏、写真家の篠山紀信氏が出演。

松本氏のインタビューからスタジオの松田聖子さんにカメラが切り替わると、聖子さんの目は潤んでおり、涙をこらえているような表情。

素晴らしい方々に曲を書いていただいて…」と絶句すると、左手でハンカチを取り出して涙をぬぐい、「ホントに皆さんに感謝の気持ちでいっぱいですね。あの素晴らしい曲があったから、今の私がいることができる。もう胸がいっぱいですね」と、涙から笑顔になりつつ感慨を口にした。(Livedoor newsより一部引用


新曲、タイトルは『風に向かう一輪の花』。作詞松田聖子さん本人で、その作曲を直々に財津和夫氏に依頼したという。彼女の歌詞に財津氏が作曲するのは実に37年ぶりとのこと。「風に向かう一輪の花」というタイトルを見て、「いろんな逆風もあったんだろうな」と、彼女が辿ってきた道のりに想いを馳せたそう。さらにどんな曲にすべきか毎日考えていたところ、そのうち「これは聖子さんが40年間の思いと感謝の気持ちを客席に向かって書いたのでは」と推察。自然とワルツのメロディーが思い浮かんだという。

こうして出来上がった曲について松田聖子さんは、「40周年のすばらしい宝物を財津さんに頂けたような、そんな気持ちがする」と謝意を述べながら、スタジオで熱唱した。

風に向かう一輪の花(作詞;松田聖子 作曲;財津和夫)


赤いスイートピー(作詞;松本隆 作曲;呉田軽穂(松任谷由実))


白いパラソル(作詞:松本隆 作曲;財津和夫)


年齢もチョットだけ違うし(笑)、当時はあまり気にしていなかったが、改めて聴くと歌唱力ありますね。

今更ながらですが、好感持てます。

コメント (2)

東海道五十三次自転車旅(思い出)

2020-09-24 07:48:00 | ポタリング・サイクリング

昨日から台風12号の影響で雨、出掛けないので自転車ネタがない。

もう7年前になるのか、2013年9月の今頃は、旧東海道を観光しながら走っていました。

良い思い出となっています。

写真は三条大橋にゴ-ル!!

(その5)まであります、文末にリンクが貼ってありますから、興味とお時間があったらどうぞご覧ください‼️

コメント

ツ-ル・ド・フランス2020 総括

2020-09-23 08:05:00 | ツール・ド・フランス 2020
ツ-ル・ド・フランス2020 総括
新型コロナウイルスの感染拡大にともなって約2カ月遅れで開催されたツール・ド・フランス2020。9月20日に閉幕した今回だが、パンデミック下での大会であっただけでなく、勝負の面でも歴史に残るドラマが演じられた。




Jsportsより

コメント

巾着田の曼珠沙華は今年は咲きません(2020/09/22)

2020-09-22 16:17:13 | ポタリング・サイクリング

今年の「巾着田」の「曼珠沙華公園」では見頃を迎える前に刈り取るホームページに書いてあった。

刈り取るのは何時なのか、もう終わったのか? もしかしたらまだ刈り取る前なのかも?

明日からは台風の影響で雨となるらしいので、今日行ってみます。


では8時40分過ぎとなり出発します。

コース取りは所沢に出てから、R463号線~R299号線で「巾着田」へ、往路は武蔵高萩~狭山を通って帰って来る、要はぐるーっと一周します。

暫し走って、R463号線とR16号線との交差点で写真です。

入間川の「新豊水橋」より「入間川上流」を望む。

やがて、「高麗駅」付近です。

巾着田」に到着すると10時20分過ぎです。

日和田山」がクッキリと秋空に映えます。

曼珠沙華公園」を見ると、見事に刈り込まれています。

今日も作業をしていますね。

これは「コムラサキ」ですね。


では、「高麗神社」に向かってみます。

道中は写真を撮りながら向かいます。


到着です。

大勢集まっていますね。

なるほど、これがある様です。

丁度、時間となり始まりました。

では、退散とします。


武蔵高萩」方面に向かいますが、道中は写真を撮りながら走って行きます。


そして、着いた所は、「加藤牧場」です。

ジェラート」と思ったが行列が出来ています。


パスとします。


では、走って行きます。

女郎花」発見です。

そして、「日光街道杉並木」の看板前で記念写真です。

この先に「彼岸花」のスポットがあります。

」はまだ少ない。


暫し走って「智光山公園都市緑化植物園」に寄ります。

空が綺麗です。

コリウス」ならぬ「イポメア」と言うらしいです。(確かに「サツマイモ」の葉っぱと同じだ)

何気に綺麗です。

退散とします。


暫し走って行きます、と言うかもう直行で帰ろう!!

アドバルーン」だ。

この辺りの「」(笑)

狭山大橋」から「入間川下流」を見る。

彼岸花」発見!!

咲いていたのは、このお寺「安穏寺」ですね。

暫し走って行きます。

コンビニです。(パン・おにぎり等買う)

そして、13時21分に帰ってきました。

チョット蒸し暑かったが、ほゞ快適に走れ、良い運動にもなりました。

コメント

伊佐沼は「ヒマワリ」が満開だった

2020-09-21 17:10:00 | ポタリング・サイクリング

今朝の空はどんよりと曇っていた。

予報では晴れてくるらしいけれど・・・微妙です。

それにしても、めっきり涼しくなった昨今、朝晩は肌寒かったりします。

9時20分を回って、チョット自転車散歩とします。

適度な距離となる、「伊佐沼」まで行ってみます。

新河岸川」に出ます。

後ろ向きの「ダイサギ」、その横にもいます。

岸辺には「彼岸花」が咲いています。

「サイクリングロード」を走って行く。

刈り入れが終わった田圃には「ダイサギ」が沢山います。


そうこうしていると「伊佐沼」に10時33分に到着する。

遠くから、何やら黄色い物が飛び込んで来たが・・・

それは「ヒマワリ」でした。

第一弾は「東岸花畑」、8月中旬だったかな? 行ったら末期だった。

今年は向いの畑にも種を蒔いたのか・・・

丁度、満開となったばかりの様です。

何気にただ走って来たけれど、満開の「ヒマワリ」を観られるとはラッキーですね。

皆さん摘んでいました。

コスモス」はまだだった。

これは「セイタカシギ」の様です。


では、「川越八幡宮」に寄ってから帰ります。

流石に縁結びにご利益があるのか、カップル多し!!

手水舎」は「花手水」となっていました。


そして、暫し走って12時25分に帰ってきました。

今、爽やかに晴れ渡ってきましたね。

コメント (2)

ツ-ル・ド・フランス2020(第21ステージ)

2020-09-21 07:57:35 | ツール・ド・フランス 2020
ツ-ル・ド・フランス2020(第21ステージ)
 
最終日の第21ステージは、ポイント賞のサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)が今大会2勝目でグリーンジャージを確定。21歳のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)は戦後最年少で個人総合優勝に。
こうして、3週間の戦いは幕を閉じた。
(エトワール凱旋門の前を通過するプロトン)
(個人総合上位3選手の表彰。左から2位プリモシュ・ログリッチ、1位タデイ・ポガチャル、3位リッチー)
 
(Jsportsより)
 

【ハイライト】ツール・ド・フランス 第21ステージ

ツール・ド・フランス2021年大会は、フランス北西部のブルターニュ地方で開幕することが決まっている。会期は同年6月26日から7月18日まで。全体ルートは10月29日にパリで行われる発表会で明らかになる予定。
コメント