晴れた休日は自転車に乗って! (akio)

古希も過ぎた爺の「気楽な自転車散歩」やチョット頑張った「サイクリング」の備忘録(ボケ防止かな?)

鴻巣のポピー~行田でマンホールカード

2022-05-19 22:05:06 | ポタリング・サイクリング・自転車

今日こそ出掛けよう!!

気になっていた、鴻巣市の「ポピー」を見に行ってみます。

先日、NHKのニュースでも紹介していたから、見頃となっているでしょう。


8時に出発です。

暫し走って「伊佐沼」に到着する。

先を急ぎます。

入間大橋で「荒川CR」右岸にINします。

吉見さくら堤公園」を通過する。

暫し走って「大芦橋」手前の「水管橋」で写真です。

1,101mあるんだ。



大芦橋」を渡って、左岸の「ポピーまつりの吹上会場」に到着する。

土手に上がります!!

NHKは「馬室会場」ですね、帰りに寄ります。

 



では、「忍城」に向かいます。

埼玉県道307号(福田鴻巣線)を走って行く。

そして「忍城」に到着する。



三パターン(笑)

そして「行田市郷土博物館」へ。

マンホールカード」をいただきます。

こんなに立派な「マンホールカード」は初めて、往復はがきサイズのパンフレットになっています。

では、市役所で「マンホール」を撮る。

水城公園」でもパチリ。

二子山古墳」です。



時間も昼時です、目の前にあった「磯料理一寸一」に入店とします。

注文は「おまかせ海鮮丼」1370円です。

ボリュームあります。

1370円はお得です、美味しくいただきました。



続いて「薔薇まつり」が開催されている、川里の「花久の里」に向かいます。

走っていると「ブラシノキ」があった。



そして到着する。

見事な「ローズガーデン」でした。



暫し走って「荒川CR」左岸の「ポピーまつりの馬室会場」に来ました。

見慣れたせいか、例年より感動が無い(笑)

規模も縮小された?

退散とします。



南風は強くなってきました。

向い風となります!!


暫し走って「榎本牧場」です。

今日のジェラートは「黒ゴマ」です!!


幾何学模様的な、田んぼの畔模様です。

何時も休憩する公園に来る。


そして帰って来ました、115.15㎞だった。

最近は短距離ばかり、久々に100㎞超えた。

満足感あります(笑)

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

柳絮を見る~野バラ咲く路/市川染五郎

2022-05-18 18:18:35 | 音楽

今日は久々の「サイクリング日和」ですね。

しかし、出掛けられません!! 

カミさんはサッサと卓球に出掛けた(午前中)し、工事業者が来るので対応しなければならないから・・・

良い天気、勿体ないので14時を回ってご近所を「自転車散歩」としました。

早々に「トケイソウ」が咲き出しています。

川沿いへ。

何時もの公園に来る

これは「アカメヤナギ」の花が咲いた後の「綿毛」、「柳絮りゅうじょ)」とも言う。

また、この「綿毛」が飛び散る様も「柳絮りゅうじょ)」と言う。

ハラハラと舞い落ちる「」の様に飛び散って、水面は白くなっています。

コチドリ」さんは撮れるか?

駄目でした。

ぐる~っと回って帰還、です。

良い天気が続くようだ、明日こそ出掛けたいものだ・・・



野バラ咲く路」は、1967年発表の楽曲。作詞 作曲 歌唱は、六代目市川染五郎(九代目 松本幸四郎、二代目 松本 白鸚)である。
 
野バラ咲いてる 山路を 二人で歩いてた
夏の太陽 輝いて 二つの影 うつしてた
今はない 君の面影 求めひとり ぼくは行く
野バラ咲いてる 山路を ただひとり行く
 
野バラ咲く路/市川染五郎(松本幸四郎~ 松本 白鸚)
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

狭山丘陵(’22.5.17)

2022-05-17 18:57:21 | ポタリング・サイクリング・自転車

今日も曇天(所に寄り雨)模様、梅雨の走りかスッキリしません。

自転車には4日間満足に乗っていません。(15日に軽く乗ったが・・)

そんなことなので少し走ってみよう。

9時45分となり出発、先ずは「コチドリ親子」を見に行ってみる。


到着、居ますが・・・

遠過ぎ&チョロチョロと動き回るので良く撮れない。



近くの「ジャガイモ畑」では花が咲いているが、花の色品種によって異なるらしい。

因みに花言葉は、「恩恵」・「慈愛」・「慈善」・「情け深い」等らしい。


電線に止まっているのは「ツバメ」のようだ。



航空記念公園」に来る。

薔薇が咲いています。


写真上段は「シャリンバイ車輪梅)」、下段は「スイレン」ですね。

退散とします。



帰ろうと思ったが「狭山湖」に来ました。

ここで、また帰ろうとしたが・・・



金仙寺」に来ました。

クレマチス・麦ナデシコ」等沢山の草花が咲いています。

下段右は「アジサイ」です。


こちらにも「カルミア」がありました。


ユーフォルビアトウダイグサ)」の仲間?、とても小さな花です。(「ユーフォルビア・ポリクロマ」らしい)

学名:Euphorbia
和名:トウダイグサ(灯台草)ほか  その他の名前:スパージ

科名 / 属名:トウダイグサ科 / トウダイグサ属(ユーフォルビア属)

杯状花序の花を咲かせる。色は黄色で花自体は小さく、つぼみをつつんでいた苞葉と呼ばれる部分が大きい。


メマツヨイグサ雌待宵草)」です。

学名: Oenothera biennis、アカバナ科マツヨイグサ属の2年草。道端や荒れ地などに生える雑草。)

退散です。



またまた帰ろうとしたが・・・

電線では「ガビチョウ画眉鳥)」が囀りと言うより喚いている。



暫し走って瑞穂町の「耕心館」へ来ました。

色々と咲いています。


これは、「エノモトチドリ

学名:Amitostigma 'Enomotochidori ラン科ヒナラン属


瑞穂町では、広島県福山市にある「ホロコースト記念館」から苗木を譲り受け、平成18年3月に公共施設に植樹したとのこと。

こちらは瑞穂町庁舎です。



暫し走って「多摩湖」に来ました。



帰って来ました、先日との合わせ技で、71.76㎞

庭の「バイカウツギ」が完全に開いたのでパチリ。

明日は良い天気になりそうだが工事も再開、遊びに行けるか・・・

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠い世界に/五つの赤い風船

2022-05-16 16:12:27 | 音楽

 


遠い世界にとおいせかいに)」は、五つの赤い風船のシングル。作詞・作曲・編曲は五つの赤い風船のリーダー西岡たかし。1968年5月8日にデビュー曲「恋は風に乗って」のB面として発表されたが、翌年にAB面を入れ替えて同じ品番で再発された。

 

遠い世界に/五つの赤い風船



今日は朝から「」、ガレージの工事が再開予定であったが「中止」です!!

 

庭に咲く花の名は「ヘンルーダ」です。

学名 Ruta graveolens

英名Rue 和名芸香(うんこう)

はヘンルーダの葉の匂いを嫌うため「猫よらず」とも呼ばれている。

原産地:南ヨーロッパ

地中海沿岸地方の原産で、樹高は50センチメートルから1メートル位。葉は、青灰色を帯びたものと黄色みの強いもの、斑入り葉のものなどがある。丸みを帯びたなめらかな葉がレース状に茂り「優雅なハーブ」と呼ばれる。花は夏咲きで、黄色の4-5弁の花で、あまり観賞価値はない。

江戸時代に渡来し、葉に含まれるシオネールという精油成分が通経剤・鎮痙剤・駆虫剤などに利用され、料理の香りづけにも使われていたが、ウルシのように接触するとかぶれるなど毒性があるとされ、今はほとんどその目的には使われていない。精油として採取されたルー油はクラッパなどの香り付けに使われている

漢字では芸香うんこう)と書き、しおりに使うと本の虫食いを防ぐと言われた。古くは書斎を芸室(うんしつ)ともいった。

花言葉は、「悔恨」・「軽蔑」・「安らぎ」・「あなたを軽蔑する」など。

小花をアップで。

花色は黄色、個々の小花は花弁が4~5個(4数花)あり雄蕊は8本、中央に雌蕊と膨らんだ子房(蜜腺があり精油が出る)があり、花序は散房花序に咲きます。

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

金平糖から傘へ/沖縄復帰50年

2022-05-15 18:25:11 | 日記

曇天模様な日曜日。

何ら予定もありません!!

午前中は義兄宅へ、「カルミア」が咲いています。(背丈は2m程あり、結構大きい方です。)

カルミア属とはツツジ科に属する植物の属。約7種があり、常緑の低木で高さは0.2-5 m 。北アメリカおよびキューバ原産。酸性の土壌で生育する。北アメリカの植物を収集したスウェーデンの植物学者ペール・カルムにちなみ命名された。

和名は、セイヨウシャクナゲ、アメリカシャクナゲ。

葉は披針形で長さ2-12 cmであり、茎に螺旋状につく。つぼみは突起があり金平糖状。は白、ピンク、紫などで、10から50個の散房花序である。ツツジ属に似るがより平らで、星型の萼(がく)とつながった5枚の花弁がある。直径は1-3 cm 。果実は5つの丸い突出部のある蒴果で、開裂して多数の小さな種子を出す。

はグラヤノトキシンを含み有毒。特に羊が中毒しやすく、一部の種はLambkill(「羊殺し」)と呼ばれている。

確かに「」は「金平糖」、開花すると開いた「」の様に見えます。

とても美しいです。

カルミアの花言葉には、「優美な女性」・「大きな希望」・「爽やかな笑顔」・「にぎやかな家庭」。

また、葉には有毒成分が含まれていることから、別名「Lambkill(羊殺し)」とも呼ばれていて、「裏切り」や「野心」といった花言葉がある。


これは我が家の「オダマキ」、そろそろ終わります。

シラユキゲシ」は抜いても、毎年何処かで咲いている。

ムラサキツユクサ

雑草の「カタバミ」をアップで、綺麗だった(笑)


15時過ぎ、「コチドリ」の親子が居るとの情報・・・

行ってみたが、撮れたのはピンボケの一枚のみ。

ついでに撮ったのは・・・

タンポポより何回りも大きい「キバナムギナデシコ」の「痩果そうか)」。

右が「タンポポ」の「痩果そうか)」です。

以上、今日はこれと言ったものは特になし!!



大事なことがありました。

沖縄県は本日(令和4年5月15日)本土復帰50周年を迎えた。

沖縄のより一層の発展を願います。

沖縄での反基地運動の現場で歌われる「沖縄を返せ」という歌がある。沖縄が米国統治下にあった1950年代に九州で作られ、沖縄でも本土復帰を求める集会などで歌われたが、今は歌詞の一部を「沖縄へ返せ」と替えて歌い継がれる。(毎日新聞)

 

歌い継がれる歌「沖縄を返せ」

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭の花~あなたの心に/中山千夏

2022-05-14 18:26:11 | 音楽

朝は「」が残っていた。

庭の「ヤマボウシ」も花が咲いています。


そして芝刈り(軽く揃える程度)

バイカウツギ」も咲き出しました。

シャクヤク」です。


午後はお酒の仕入れ。

帰り道、変わった「」が目に留まります。「クロタネソウニゲラ)」ですね。

小さい「トケイソウ」のようにも見えます。とても不思議な形の花です。

「クロタネソウ」は、キンポウゲ科の属の1つである。学名の「ニゲラ」としても知られる。学名は黒いという意味のラテン語Nigerが語源となっている。南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草で、花の色は白、青、黄、ピンク色、薄紫など。原種の花弁の数は5〜10枚。葉は細裂する。その名の通り、花後に結実して黒い種子ができる。果実は裂開果で、熟すと膨らむ。

英名では、「devil in a bush(茂みの中の悪魔)」や「Love in a mist(霧の中の恋)」と言うらしい。

因みに花言葉は、『深い愛』・『困惑』・『当惑』・『不屈の精神』・『ひそかな喜び』・『夢の中の恋』・『夢の中で会いましょう』


八重咲ドクダミ」が咲いているか見に行ったらまだでした。

アジサイ」の時期も近そうだ。



あなたの心に」は、1969年9月1日に発売された中山千夏のデビューシングル。

作詞は中山自身、作曲は都倉俊一による。都倉にとって作曲家としてのデビュー曲となった。

岩崎宏美などがカバーしている。

中山千夏と言うと、1960年代に放送されたNHK総合テレビ『ひょっこりひょうたん島』声を思い出します。

そう、「博士」の声ですね。

ひょっこりひょうたん島テーマソング



あなたの心に 風があるなら
そしてそれが 春の風なら
私ひとりで 吹かれてみたいな
いつまでも いつまでも

あなたの心に/中山千夏

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

道端に咲く雑草(’22.5.13)

2022-05-13 17:02:54 | 散歩

起きた時は「小雨」が降っていた。

雨に濡れる「薔薇」。


今日は2ヶ月毎の通院日、これまで「」の日は無かったような気がします。

何時もは自転車だが、徒歩で向かいます。

9時過ぎに病院へ到着、診察・薬局が終わって9時40分です。



時間も早いし、「」も止んでいるので「散歩」しながら帰ります。

暫し歩くと「保全緑地」がある。

カタクリ」も咲きます!!


これは「ベニバナトチノキ」です。


ユウゲショウ」です。


池では「ミドリカメ」かな・・


ムラサキ&シロ ツメクサ


タンポポオニタビラコ


クレソンヨウシュイボタオオハナウドカザグルマ


黄色は「ブタナ」かも?

下、「オオキンケイギクマーガレット


ヘビイチゴ


紫は「イモカタバミ」、白・ピンクは凄く小さい花「コヨメナ」?


スマホ情報では、10709歩、7.2㎞だった。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋ヶ瀬公園へ(’22.5.12)

2022-05-12 17:46:19 | ポタリング・サイクリング・自転車


今日は午後から「」らしい。

少し前の情報ですが、秋ヶ瀬公園では「コマドリ」や「キビタキ」が見られるらしい。

見られないと思うが、チョッと行ってみます。



10時過ぎとなり出発します。

到着しました。

何も居ません!!

左上:スイレン、右上:タンポポ、左下:ユリノキ、右下:オオハナウド

幼稚園の遠足らしい。

「スズメ」さん。

足元を見ると・・・

小さな花ですが綺麗ニワゼキショウ庭石菖)」です。

アヤメ科 ニワゼキショウ属 の 一年草 。 芝生 や草地などに群生する。 花期は5月から6月で、直径5mmから6mm程度の小さな花を咲かせる。

こちらも小さい「ユウゲショウ夕化粧)」。

アカバナ科マツヨイグサ属の多年草。 和名の由来は、午後遅くに開花して、艶っぽい花色を持つことからとされるが、実際には昼間でも開花した花を見られる。

これは「ゼニアオイ銭葵)」。

アオイ科ゼニアオイ属の多年草。ウスベニアオイの変種とされることもある 。ともにコモン・マロウ(英:Common Mallow)とも呼ばれている。

収穫はなしです、帰ります!!



羽根倉橋」。

下流を望む。

幾何学模様に見える「田んぼ」です。


田んぼ道を走って行く。

探したら「レンゲ(蓮華草)・ゲンゲ」があった。


何と直ぐ傍には「キジ」が居ます!!

近くにはメスも・・「ペア」でしょうね。

トラクターにも微動だにしません。


途中の病院のガーデンに咲く「薔薇」です。

オオキンケイギク大金鶏菊)」。

キク科の植物の一種で、黄色い花を咲かせる。 北アメリカ 原産の 宿根草 で、 日本 では ドライフラワー に利用されていたが、 外来種 として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている。



帰って来ました、単純に往復のみ、距離は伸びず30.50㎞だった。

本日収穫はありません!!

そうか、最後に大物(大きい鳥)が見られた(笑)

庭では「マツバギク松葉菊)」が咲き出しました。

明日は一日中「」、その後も「☔マーク」が続いていますね。



れんげ草/ビリーバンバン(1972.8.10)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

智光山公園へ花ポタ(2022.5.11)

2022-05-11 16:46:34 | ポタリング・サイクリング・自転車


今日は何処に行ってみるか?

適当な距離で「薔薇」が見られるところ・・

智光山公園」の「バラ園」とします。

5月3日に行った時は、まだ咲いていなかったが、急に咲き出して見頃となっているようです。



9時30分を回って出発です。

何時ものコースを走って行く。

到着すると10時30分だった。

今日は「薬草園」から・・・

ハマナス」です。

カワラナデシコ」です。

ウマノアシガタ馬の脚形)」、キンポウゲ科キンポウゲ属の野草。別名キンポウゲ(金鳳花、毛茛)はウマノアシガタの八重咲のものを指す。

アヤメ

 は「アカバナサンザシ」、  は「ツユクサ

シャクヤク」です。

タニウツギ

ユリノキ」のが咲いていました。(お初です!!

確かに「チューリップ」に似ている。


では「バラ園」へ。

智光山公園のバラ園(2022.5.11)

堪能しました。



近くの「サイボクハム」に行って「ソフトクリーム」でも・・・

着くと空いています!!

定休日でした(笑)

ゲートは閉めないようだ。

日付は明日(5/12)になっていますね。



では帰ります!!

また、寄ってみた。

ムクドリ」が沢山居ます。

これは何だ? 「ジシバリ地縛り)」、別名「イワニガナ岩苦菜)」。

綺麗な花です。



ついでに「多聞院」に寄ってみた。

シャクヤク」が咲いています。

 「ミヤコワスレ」、 「ハッカクレン」です。



コンビニで昼飯調達、13時を回って帰還、44.06kmだった。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

薔薇やポピー等を愛でるポタ

2022-05-10 20:06:08 | ポタリング・サイクリング・自転車


今日は暖かく「ポタ日和」となるようだ。

何処の「薔薇」を見に行くか・・・

取り敢えずは「与野公園」に行ってみよう!!

9時30分過ぎとなり出発する。

何気に「北風」が強し・・・



暫し走って「与野公園」に到着する。

駐輪して、観賞タイム!!

纏めてしまえば、これだけ・・・

実に美しいかった。



これで帰っては・・・

花の丘農林公苑」に行ってみよう!!

暫しR17号バイパスを走って行く。



そして到着する。

ムルチコーレ

薔薇」も咲いているが、変わった薔薇のみを撮る。

ナデシコ」です。

ネモフィラ

チューリップも終わり、今は大した花は咲いていないだろうと思いきや、「ポピー」が咲いていました。

スイレン

退散とします。



伊佐沼」経由で帰ります!!

空いていたら寄ろうと思ったが・・・パスです。

開平橋=入間大橋」から、霞んではいるが「富士山」が見えた。



伊佐沼」に到着する。

ゴイサギ」が居る。

こちらは「オオバン」です。

カメ」が甲羅干し。



田植えも終わったね。

ヘラブナ」釣りの人々。


帰って来ました、本日58.18kmでした。

今日はどうなることやらと思っていたが、そこそこ楽しめました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする