”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

輪、輪、輪

2010-06-30 16:40:36 | ブログ

今日で今年の前半も終わり。

夏越しの祓い(なごしのはらい)が各地で行われています。

●森町 小国神社

Cimg3257

●磐田市 見附天神

Cimg3258

●静岡市 小梳神社(親友が送ってくれました!)

P1110150

半年間の罪や穢れを払い、残り半年を無事に過ごせるように、

大きな茅の輪をくぐりました。

明日から始まる後半戦も頑張りましょう!

コメント

野菜の旬と感謝の心

2010-06-29 15:08:31 | “農”

我が家の小さな庭にもきゅうりが成り始めました。

Cimg3245

まさに今が旬の夏野菜です。

いろいろな場面で野菜のお話をさせていただいておりますが、

旬についてお話するのが、一番難しいと感じています。

ある方がこんなことをおっしゃいました。

「今、スーパーに行くと、いつでもトマトが買えたり、

 大根が買えたり、季節感がなくなっています。

 いつでも手に入る・・・これは便利なことですが、

 食べ物に感謝する心、モノを大切にする心が

 失われてしまうので、危険なことだと思います。」

確かに、1年を通じて同じような野菜が手に入るとなると、

誰よりも先に季節の野菜を食べることを粋とした「はしり」や、

過ぎて行く季節を惜しみながら食べる「名残り」といった

日本特有の食文化は消えかけているのかもしれません。

しかし、それと感謝の心は別のはずです。

だいたい、旬の露地栽培の野菜だけでは、

約1億3000万の日本の人口をまかなうことはできません。

施設栽培も、工業製品を作っているわけではありませんから、

その土地の気温、天候など環境に左右されます。

今年の春先の低温や日照不足で、施設栽培の野菜も

生育が遅れ、価格が値上がりしたこと、覚えていますよね。

大切なのは、施設栽培が必要であるという現状

(日本の耕地面積や農業人口の減少など)、

そして生産者のご苦労と工夫などを合わせて伝えていくこと。

そうすれば、食べ物に感謝する心は

決して失われることはないと思います。

コメント

マイクロトマト

2010-06-28 11:03:55 | 野菜

先月行ったトマトの料理教室の中で、

マイクロトマトを紹介したところ、

参加者のお一人、サナエさんが苗を三島のお花屋さんから

買ってきて下さいました。

Cimg3242

植えた時期が遅く、心配だったのですが、

今朝、赤い実をつけてくれました!

Cimg3240

がんばったね、マイクロ君!

コメント

やっとお会いできました!

2010-06-27 16:37:49 | 野菜

SBS学苑 イーラde沼津校で開催された

稲垣栄洋先生「ビックリ!野菜の色の秘密」

という講座に出席させていただきました。

先生の「キャベツにだって花が咲く」という本を

読ませていただいて以来、

ずっとお目にかかりたいと思っておりましたが、

タイミングが合わず、4度目の正直?で出席することができました。

私は、野菜の色が持つパワーに大変興味があるのですが、

一番おもしろかったのは、どうして野菜は体にいいの?」

というお話を、野菜と人間を比較して説明された所。

野菜(植物)は、病原菌がやってくると、

活性酸素を出して、病原菌をやっつけます。

しかし、病原菌退治に使われなかった残りの活性酸素が

植物をさびつかせてしまいます。

そこで、植物は抗酸化物質(色素、香り、苦味など)を作って

活性酸素を除去しようとします。

人間も、植物同様、病原菌に対抗するために、

活性酸素を出し、またそれを除去する能力を持っています。

しかし、植物に比べればその力は弱く、

また加齢とともにその力は弱まります。

そこで、野菜を食べることによって、

野菜の抗酸化力をいただこう・・・というわけです。

講座終了後、先生とお話をさせていただき、

本にサインまでしていただきました。

Cimg3235

稲垣先生の講座で学んだことを

今後の食育活動に活かして参ります。

ありがとうございました。

コメント

さつまいものつる挿し

2010-06-26 11:58:27 | みつかわキッズ

雨の降る中、公民館のキッズ畑で

さつまいものつる挿しが行われました。

●畝に肥料を入れていきます。

Cimg3219

●肥料に土をかぶせていきます。

 体の小さい女の子は、2人がかりで鍬を動かしていました。

Cimg3220

●マルチをかけます。

Cimg3227

●セーイチロー先生に「舟底植え」の指導を受け、

 つるを挿していきます。

Cimg3228

植えたお芋は、紅高系、はまこまち、ベニハルカ、

クイックスイート、パープルスイートロードの5種類。

秋の収穫が楽しみです。

雨の中、かっぱを着て、手を泥だらけにしての作業は、

不思議とワクワクするものでした! 

コメント