”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

春と冬を一緒に楽しむ

2024-04-18 00:18:25 | 野菜

石井ファームさんの春キャベツ。

収穫が始まったことをインスタで拝見してから、直売所に通うこと5回。

やっと、やっと出会えました~♪ ヽ(^o^)丿

 

  

  

  

袋から出してみると

外葉の緑が濃い!!

葉はふわっと軟らかです。

  

  

 

春キャベツで作ったお料理は、ソースカツ丼?? (^_-)-☆

千切りにした春キャベツにさっとお湯をかけ、ご飯の上に敷きました。

その上に、載せたのはソースに絡めた車麩のフライ。

だから、車麩のソースカツ丼風ですね。(^O^)

  

お味噌汁は、春キャベツとスナップえんどうたっぷり。

まるでサラダのようなお味噌汁です。

  

少し熱が通った春キャベツは、甘みが強くなりますね。

  

  

 

さらに今の時期、ありがたいのは、

石井ファームさんの最後の冬キャベツ「龍渓」も同時に店頭に並ぶことです。

  

  

  

冬キャベツは、加熱調理に向いていますから、

キャベツたっぷり塩麹の肉豆腐を作りました。

暖かくなってきたので、甘辛ではなく塩麹でスッキリした味付けにしました。

 

よく煮えた冬キャベツは甘くて、うまみたっぷり。

一口食べた夫の感想が、「わっ、このキャベツ、甘っ!!」

  

  

 

最後に春キャベツと冬キャベツの断面の比較です。

     左 冬キャベツ 龍渓       右 春キャベツ

  

 

 

冬キャベツと春キャベツの食べ比べができるなんて幸せ。

しばらくは、一人野菜教室を楽しみます。

  

 

何度も何度も「今日、石井ファームさんの春キャベツ、ありますか?」と言う私に

やさしく接してくださったとれたて食楽部さん、ありがとうございます。

  

そして、石井ファームさん、

今年もおいしい春キャベツをありがとうございます。(*'▽')

 

  

  

※先ほど、愛媛、高知で震度6弱の地震が発生し、周辺の地域の震度も発表されました。

 大きな揺れのあった地域の皆さま、ご不安な夜をお過ごしのことと思いますが、

 大きな被害が出ませんようお祈り申し上げます。

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家庭菜園のじゃがいも

2024-04-13 14:33:23 | 野菜

忘れないうちに投稿させていただきますね。

  

家庭菜園のじゃがいもたちです。(^-^)

  

 

キタアカリ

  

  

  

ホッカイコガネ

  

  

  

インカのめざめ

  

  

  

シャドークイーン

 

  

ホッカイコガネは、初めて栽培しています。

フライドポテトに向いた品種(糖質が少ないので油で揚げた時に焦げない)

ということですが、楽しみです。(^O^)

  

 

シャドークイーンは、大好きな紫色のじゃがいも。

昨年、結構採れたのにも関わらず、保管中にかなり腐らせてしまいました。

乾燥のさせ方が足りなかったのか?

今年は、うまくいきますように。(祈)

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幻の菜花

2024-03-25 00:00:51 | 野菜

やっと、「幻の菜花」を購入することができました。

  

まんてんケールさんの「ケールなばな」です。

  

 

  

  

  

 

  

  

蕾が開く前の一瞬を狙って、一気に摘み取られる貴重なお野菜。

市場にはなかなか出回りません。

  

  

 

ケールの菜花は初めていただきます。

試しにひとつだけ茹でて食べてみると、その甘みと軟らかさにびっくり!!

  

見た目の大きさとは裏腹に、1分もあれば茹で上がるので、

プチベールよりも手間がかかりません。

  

  

まんてんケールさんの「ケールなばな」と

磐田産プチベールを使ってパエリアを作りました。

回りに並んでいるのがプチベール。

放射線状にど~んと並んでいるのが「ケールなばな」です。

 

野菜だけのパエリアですが、うまみたっぷり!!

  

  

ミネストローネにも、「ケールなばな」を最後に加えています。

  

  

 

新しい野菜との出会いに感謝です。

「ケールなばな」は収穫時期が限られているので、

しっかりと楽しみたいです。(^-^)

 

 

 

※今回から文字を大きくしました。

 よろしくお願いいたします。m(__)m

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すごい舞茸

2024-02-26 00:11:17 | 野菜

すごい舞茸をいただきました。

 

まず、その大きさ!!

私の頭が隠れるくらい巨大なのです。

袋ごと重さを量ったら960gありました。

 

  

 

新潟産 雪国まいたけ極 大株

手で割いている時から、弾力を感じます。

歯ごたえも味の濃さも、まさに「極」です。

 

  

※雪国まいたけの製造工程は、こちらをご覧ください。

 

  

  

今日、作ったお料理はこちら。

舞茸尽くしです。

 

  

  

●舞茸とサバ水煮缶の炊き込みご飯

サバ水煮缶の缶汁も使って炊いています、

  

  

 

●舞茸としいたけのマリネ

舞茸としいたけは白ワインで蒸し煮にしておき、

温かいうちにマリネ液に漬けました。

夫は、これが一番気に入ったようです。

  

  

  

●舞茸とこんにゃくのピリ辛炒め

たくさん作っておけば、お弁当のおかずにもなりますね。

  

  

 

●舞茸と絹揚げのチーズ焼き

  

  

絹揚げは、新潟県三条市の有限会社こなかわさんの「にがり絹揚げ」を使いました。

なめらかな食感で、味がよくしみ込みます。

 

  

  

ここまでの舞茸消費量500g!!

明日、晴れたら干そうかなぁ。

これだけおいしい舞茸を干したら、うまみがさらに凝縮されて、

シャキシャキ食感も、もっと強くなりそうな気がします。

 

すごい舞茸、ありがとうございました。(^-^)

  

 

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プチプチが楽しい!!アイスプラント

2024-02-21 00:03:02 | 野菜

田舎のいただきモノはハンパない!!

最近、こんなことばかり書いていますね。

  

今回も、それを実感することが起こりました。

なんと、磐田産アイスプラントが500g近く届いたのです。

あのふんわりしたアイスプラントが500gってすごいカサなんですよ。

(今回もお友達に協力していただきました。お世話になります。)

  

 

 

アイスプラントの葉っぱを拡大してみます。

この表面のキラキラしたプチプチが特徴で、ほんのり塩味と酸味を感じます。

この特徴から、アイスプラントは色々な呼び方で出回っています。

シオーナ、クリスタルリーフ、プッチーナ、ソルトリーフ、バラフなどなど…。

  

  

南アフリカ原産の植物ですが、

アイスプラントには土壌の塩化ナトリウムを吸収するという吸塩機能があります。

その機能を有明海の塩害対策に活用しようと、

佐賀大学農学部が1985年に持ち込みました。

ところが、その葉を食べてみたら、生食でき、しかも塩味がする!!

この特徴に目を付け、JAさがが地域の農産物にしようと栽培を始め、

2006年に市場出荷が始まりました。

  

 

私が住むJA遠州中央管内では2008年より、出荷が始まりました。

シオーナの名前で出ています。

  

 

さて、このアイスプラント。

やはり生で、あのプチプチ食感を楽しむのが一番だと思います。

そこで、こんなアイスプラント尽くしのお料理を作りました。

  

 

 

一番手前にあるのが、

●アイスプラントの洋風ちらし寿司

 オリーブオイル入りの酢飯に、刻んだアイスプラント、パプリカ、ソーセージを

 混ぜました。

 

 

 器に盛り付けてから、紅芯大根、ブラックオリーブ、からし菜を散らしました。

(花壇のからし菜、採れるようになりました。(^-^)

 

  

  

そして

●アイスプラントとトマトの塩昆布サラダ

アイスプラントとトマトを塩昆布で和え、食べる時にごま油をかけます。

簡単なのにすごくおいしいですよ。

  

  

  

もう一皿は、

●アイスプラント入りポテトサラダ

じゃがいもとゆで卵にアイスプラントを加え、マヨネーズで和えました。

ディルを散らしてあります。

  

 

  

アイスプラントの悲しい点は、飲食店でお料理に使われる場合、

ステーキの上に飾りとしてちょこんとのっているくらいで、

この野菜そのものをモリモリ食べるという機会が少ないのです。

だから、食べ方がわからないと言われることが多い・・・。

 

また、これまでの日本の野菜になかった食感なので、

「サボテンみたいで馴染めない。」「あの食感が苦手!!」

という人が結構いらっしゃいます。

 

 

一時期は物珍しさで購入されることも多かったのですが・・・。

色々な名前で出ていますが、もしこの子を見かけたら、

まず、刻んで納豆に混ぜて食べるところからお試しいただけませんか?

m(__)m

  

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする