”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

日照不足です

2019-07-19 12:46:03 | 野菜

毎日、お友達のブログを拝見していると、

野菜が採れ過ぎて困っているといううらやましい内容・・・。

  

静岡のこの夏の日照時間は平年の30%ほど。

20時間ぐらいしかお日様を見ていません。

  

我が家の家庭菜園では、きゅうりだけは毎日2~3本は採れますので、

家族2人で食べる分には困らないのですが、

毎月開催している料理教室に使えるほどは採れません。

  

日照不足で野菜の成長が遅れ、

農家さんが困っていると言う話を聞きますから、

趣味の家庭菜園で野菜が採れないのは仕方がないことかもしれません。

  

日照不足が野菜にどんな影響を与えているかと言いますと、

●ピーマン、ししとう、なす

 曲がって成長してしまう。→ 売り物にならない。

 

●トマト

 ・赤く色付かない。

 ・花が咲かない。

 ・葉に白いかびが生える。

 ・果皮に縦の割れ目ができる。

 ※トマトは水分を抑えて育てられていますが、

  日照不足のために空気中の余分な水分を吸い込み、

  その結果、果皮に割れ目が入ってしまいます。

 

  

スーパーでも、例年なら大袋で売られるはずのきゅうりが、

バラで売られています。

  

  

ピーマンは袋売りもされていますが、

一袋あたりの個数が例年より少なく、バラでも売られています。

  

  

この間見たオクラは、あのネットの中に5本しか入っていなくて、

ネットがスカスカの状態でした。

 

   

日照不足の影響は、私の講座にも影響が・・・。

とても、外では干せないので、干し野菜講座用の野菜は室内干し。

でも、これもひとつの方法としてお話しますよ。

  

 

あ~、気象予報士さん、

梅雨明けはいつですか? (>_<)

 

コメント (2)

umesan畑のにんじん

2019-07-18 10:22:11 | 野菜

最後にumesan畑のにんじんの様子を紹介したのは、

こちらですね。

  

全然大きくならないので諦めていたのですが、

先日掘ってみたら、こんな感じでした。

  

  

品種はベータリッチなのですが、

とてもそう思えないごつごつした見た目です。

まだまだ土が粘土質なんでしょうね。

  

  

このにんじん、見た目はいかにも昔のにんじん風で、

青臭い味がしそうですが、

とんでもない!!

甘くて、くせがないのですよ。

   

 

まず、葉っぱも丸ごと使って、にんじんと桜海老のかき揚げ。

  

   

それから、にんじんのグラッセスープ。

奥のドライカレーにもにんじんのみじん切りが入っています。

  

 

表面がゴツゴツしていて、なめらかではないので、

いくら冷蔵庫の野菜室に入れておいても、

傷みが早いように思えます。

だから、大胆な食べ方をしてしまいました。(^-^;

 

 

コメント

ゴーヤではなかったが・・・

2019-07-09 09:10:58 | 野菜

先日のブログに、「うれしいことにゴーヤが!!」と

喜びの記事を書いてしまいました。

こちらです。

  

しかし、コメントで友人からの指摘が合った通り、

あのゴーヤと思ったものは、今はこんなふうに・・・。(^-^;

立派なきゅうりになってしまいました~♪ ヽ(^o^)丿

  

  

でも、今度こそ本当にゴーヤができたのですよ。

  

   

ゴーヤときゅうりの位置関係はこんな感じです。

  

  

もう、フェンスにつるが絡まって、

きゅうりとゴーヤがごちゃごちゃになっています。(>_<)

  

でも、うれしい!!

 

あとは、太陽さえ照りつけてくれれば、もっと元気になるのに。

野菜も、

私も・・・。

 

 

コメント (2)

イボなしもあるんだよ。(^_-)-☆

2019-07-07 09:40:30 | 野菜

昨日の、掛川市中区の保健講座での出来事。

 

夏野菜のお話が中心でしたので、

おいしいきゅうりの選び方についても触れました。

選び方・・・というよりも、

選び方にも変化が出てきているというお話をしました。

   

2本のきゅうりがあります。

  

これまで、きゅうりの選び方のポイントとして

イボがピンと尖っているもの

というのがありました。

 

それに従うと、上のきゅうりはイボがはっきりしています。

下のきゅうりはイボが目立ちませんね。

では、下のきゅうりが鮮度が落ちているのかというと

そうではありません。

  

下は、フリーダムというイボなしきゅうりなのです。

   

イボがピンと立っているきゅうりは、箱詰めされて出荷する際、

イボ同士がぶつかり合って、傷つき、

そこから雑菌が繁殖することがあります。

 

家庭用に使う分でしたら、調理前に洗うだけで十分なのですが、

困ったのはきゅうりを加工する業者さんです。

1日に何万本というきゅうりを扱います。

食の安全が厳しく言われる中、

きゅうりの殺菌、洗浄にかかる手間と時間が増えていきます。

  

そんな業者さんの負担を減らそうと開発されたのが

いぼなしきゅうり フリーダムです。

  

差別化を図るために、フリーダムには

「いぼなしきゅうり フリーダム」というシールを貼ってくださればいいのですが、

直売所ではただ「きゅうり」として販売されることが多いのです。

  

昨日も、参加者の方の中から

「そんな品種があるとは知りませんでした。

 てっきり古いきゅうりかと思って、買わないようにしていました。」

とのお声が上がり、会場から笑いが!!

   

長い時間をかけ、改良されて生まれた品種です。

ぜひ、出荷される時は「フリーダム」のシールをお願いいたします。

そして、「朝採り」「新鮮」が売りの直売所で、

イボのないきゅうりを見たら、「フリーダム」を思い出してください。

 

コメント

7月の花壇菜園

2019-07-05 14:05:03 | 野菜

昨日は午前中、大雨警報が出て、庭がプールのようになりました。

でも、花壇菜園の野菜は元気です。

   

ピーマン(京波)

  

   

そして、うれしいことにゴーヤが!!ヽ(^o^)丿

  

   

きゅうりは、順調ですが、追ってくるほどではなく、

できたものを順にいただいております。

こちらは、夏すずみ。

きゅうりの花に蜂が来ているの、わかりますか?

  

  

  

   

今日、収穫できたいんげん。

 

 

明日、野菜のお話をしに行くので、

その時の媒体として、庭の野菜も使おうかな?

 

 

コメント (2)