”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

バチ当たりなスムージー

2019-08-14 09:52:01 | 果物

岡山県の農芸品、清水白桃をいただいたという記事を書きました。

こちらです。

そして、清水白桃を使ったスープはこちらで紹介しています。

   

今日は、最後の清水白桃で作ったバチ当たりなスムージーを紹介します。

 

     

清水白桃の甘酒スムージー

【材料】グラス2杯分

 ・清水白桃 1個

 ・麹甘酒 100ml

 ・水 100ml

 ・プレーンヨーグルト 50ml

 ・レモン汁 大さじ1

 

【作り方】

 1.清水白桃は適当な大きさに切り、その他の材料と一緒にミキサーにかける。

 2.氷を入れたグラスに注ぎ、ミントを添える。

    

暑さが厳しい日の午後に飲むと、疲れがすーっと引きますよ。

   

夫は、このスムージーを飲んだら、

「もっと桃が食べたくなった!」と言って、

スーパーのカートの中に、清水白桃とは対照的な山梨の赤い桃を

そっとしのばせていました。

  

美人で美味な清水白桃、堪能いたしました。

ごちそうさまでした。(*^^*)

 

コメント

バチ当たりなスープ

2019-08-05 10:39:22 | 果物

先日、桃の女王、清水白桃をいただいたという記事を書きました。

こちらです。

  

普通にカットしていただいていたのですが、

ちょっと遊びたくなってしまいました。

  

で、作ったのが「清水白桃の冷製スープ」です。

  

 

【材料】2人分

 ・清水白桃  1個(300gくらい)

 ・生クリームとプレーンヨーグルト 合わせて120g

  (私は生クリーム70g、プレーンヨーグルト50gで作りました。)

 ・ハム  少量

 ・ミントの葉  少量

 ・オリーブオイル  適量

 

【作り方】

 1.清水白桃は、適当な大きさにカットする。

 2.清水白桃、生クリーム、プレーンヨーグルトをミキサーにかける。

 3.器に盛りつけ、刻んだハムとミントの葉を飾り、

   オリーブオイルを回しかける。

 

好みでブラックペッパーをかけてもおいしいです。

2の状態で、冷蔵庫で冷やしてもいいのですが、

桃は長時間置いておくと変色しますので、

材料を全部冷やしておいて、家族の顔を見てから、

が~っと作るのが良いかと思います。

  

贅沢にも清水白桃で作ってしまいました。

バチが当たりますね・・・(^-^;

 

とてもおいしいので、お安い桃が手に入ったら

お試しください。 (^_-)-☆

 

  

コメント

美・清水白桃

2019-07-31 09:19:40 | 果物

昨夜、岡山のハーブ研究家さんから、

とっても貴重な桃が届きました。

   

まず、この白さに驚きました!!

清水白桃という品種です。

  

岡山県が果物大国だということは知っていましたが、

静岡で見かける高級な桃と言ったら山梨県産のものがほとんど。

「岡山の桃は絶品!」と言われていますが、

こんなに間近で見たのは初めて!!

 

 

清水白桃は岡山県が発祥の果皮が白い桃です。

誕生したのは1932年(昭和7年)。

岡山県の育種家である西岡仲一氏によって、

「白桃」と「岡山3号」が植えられている桃園で

成熟の早い偶発実生として発見されました。

清水白桃という名前は、桃園があった当時の地名「芳賀清水」が由来だそうです。

  

私、何気に「果皮が白い桃」と書いてしまいましたが、

そのまま育てれば白い桃になるというわけではなく、

これは、熟練農家の技によるものです。

ひとつひとつの果実に袋がけをします。

この袋があるおかげで直接太陽の光を浴びないため、白いまま熟します。

日があたると皮が赤く、厚くなってしまうため、

この絹のような触感は生まれてきません。

  

私も最初、見た時は「まだ熟していないのかな?」と思ってしまいましたが、

白くてもちゃんと熟しています。

  

ひとつの重さは300gくらい。

果汁が豊富で、口当たりはとってもなめらかです。

まるでクリームを食べているかのよう。

酸味はなく、甘みに気品を感じます。

普通、酸味がなくて甘い果物って、食べ飽きてしまうのですが、

清水白桃は、甘みに品があり、香りが豊かなので、

手が止まらぬおいしさです。

  

この繊細な清水白桃は、収穫から選果、箱詰めまで

すべて人の手で行われます。

こちらが、桃の女王が入っていた箱です。

   

この箱の青い色、2年前に訪れた岡山の青い空と

ガラス温室にいるようなキラキラと刺す日差しを思い出しました。

  

農産物と呼ぶのは申し訳ないくらい、美しい清水白桃。

これは、岡山が生んだ芸術作品だと感じました。

 

ごちそうさまでした。(^-^)


 

コメント (2)

桃のシロップ煮をいただきました

2019-06-21 13:37:00 | 果物

全国的な桃の出荷時期は、7月が最盛期ですが、

静岡ではそれよりも1~2ヶ月早く出荷が始まります。

今回いただいたのは、ご近所さんのお庭の桃。

それをシロップ煮にしたものをいただきました。

 

     

 

私が、ちょっとお邪魔したら、

「昨夜、作ってみたんだけど。」とおっしゃって、

空いた瓶に詰めてくださいました。

  

桃自体が甘いので、シロップは甘さ控えめ。

そのバランスが絶妙で、市販の缶詰よりもずっとおいしい。

何よりも上品な甘さだと思います。

  

しかも、これを作ったのが男性って、すごくないですか!?

私は、こういう細やかな作業はできません・・・。

 

    

このままいただいてしまうのは、もったいない気がして、

杏仁豆腐を作り、この桃を添えました。

 

この杏仁豆腐もひと工夫してあります。

甘酒を入れて作ったので、ほんのり糀の味がします。

   

桃のシロップ煮、大切にいただきますね。

ごちそうさまでした。(*^^*)

 

   

 

コメント

可憐な花が

2019-04-25 07:31:45 | 果物

ソメイヨシノも八重桜も散ってしまいましたが、

ご近所の畑では、今、こんな可憐な花が見頃を迎えています。

 

  

   

この花の正体は、こちらです。

こんな温かい地域でもりんごが育つのですよ。

  

 

りんごも桜と同じバラ科の花だということがわかりますよね。(^-^)

  

  

昨年は9月末の台風で、実の大半が落ちてしまいましたが、

今年はたくさんの赤い実を付けてほしいと願っています。

  

今日は、気温が27℃まで上がる予報。

暖地りんご、ガンバレ!!ヽ(^o^)丿

 

コメント