”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

最後の栗おこわから栗の追熟を学ぶ

2022-11-14 00:26:02 | 果物

お野菜の先生が、「今年最後です。」と言って、

栗おこわを届けてくださいました。

  

  

冷蔵庫に保管してあった栗が痩せてしまったけど、

皮を剥いてみたら甘みが強くなっていた・・・

そうおっしゃっていました。

 

たしかに、まるで甘露煮のような甘さで、ホクホク。

以前にいただいたものよりも甘みが強くなっています。

  

栗もさつまいもやかぼちゃのように追熟するのか?

考えたこともありませんでしたが、調べてみましょう。

   

そもそも栗は、秋に実を落として春に芽を出す種子です。

そのため、栗は冬の時期にでんぷんを糖に変えることで栄養を蓄え、

春の発芽に備えます。

  

そこで、糖を蓄える準備を始める冬と同じ環境に栗を置くことで、

栗は糖を蓄えようとする・・・つまり追熟させることができるというわけです。

栗に「今は冬だ!」と思い込ませる温度と言ったら、

冷蔵庫のチルドルーム、0℃前後が望ましいでしょう。

  

お野菜の先生が冷蔵庫で栗を保存していたため、

栗は「冬だ!」と思い込んで、せっせと糖を蓄えてくれました。

  

おいしい栗おこわは栗の勘違いの賜物ですね。

   

ちなみに、0℃前後で栗を保管すると、

3日の保存で糖度は2倍に増え、30日の保存で約4倍に増えるそうです。

ところが一方、常温で保存すると、呼吸などで糖を消費してしまうため、

糖はどんどん減ってしまいます。

  

栗に冬だと思い込ませる保存温度、大切ですね。

来年の栗のシーズンに備えて忘れないようにしなければ!!(^-^)

 

おいしい栗おこわから、また学ばせていただきました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

柿はサラダで

2022-11-13 00:28:16 | 果物

今年は次郎柿が大豊作とのことで、よくいただきます。

サイズも大き目で甘みも強いです。

  

このまま果物としていただくのも良いのですが、

我が家ではサラダに使うことが多いです。

柿は酸味がない果物なので、酸味を加えると食事に合います。

  

それでは、最近お気に入りの柿を使ったサラダをご覧ください。

 

  

柿のバルサミコサラダ

柿をバルサミコ酢とはちみつで和えるだけです。

  

  

柿と白菜の芯のレモンペッパーサラダ

白菜は、松島交配新六号の芯を使いました。

芯は白菜の中で一番甘みが強い部分ですが、

これが松島交配新六号だと最高においしい!!

レモン汁を入れたドレッシングで和え、黒コショウをふります。

  

  

柿の入ったキャロットラぺ

おなじみのキャロットラぺに柿の千切りを加えました。

  

 

すべてオレンジ色、いえ、柿色のサラダですね。

サラダにした方がモリモリ食べられるような気がします。

 

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

葉付きみかん、最後まで

2022-01-17 00:09:18 | 果物

昨年のクリスマスに、広島県呉市産の葉付きみかんをいただきました。

小ぶりで色鮮やか、甘みが強く、味が濃いみかんです。

    

そのまま、おやつやデザートでいただいたり、

ちょうど良いサイズなので鏡餅に飾ったり…。

 

    

果汁をしぼって、煮込み料理にも使いました。

大根、鶏、ミックスビーンズの煮込み。

みかん果汁の爽やかさと酸味で、さっぱりと食べられます。

  

  

皮も無駄にはしませんよ。

干したものを刻んで、クッキーに混ぜました。

これが、すっごくおいしい!!

噛むほどに、口の中にみかんの爽やかな香りが広がります。

スプーンでぽとぽと落とすタイプの簡単な作り方のクッキーなので、

食べたくなったら、いつでも作れます。

また、作ろうっと!!

 

    

最後までおいしくいただきました。

ぷ~ちゃん、ごちそうさまでした。(^-^)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キウイ食べ比べ

2021-11-12 00:09:35 | 果物

先日、かけがわ女性農業者の集いに参加した時、

最後にお茶のクイズに挑戦したら、賞品をいただきました。

 

その中にキウイフルーツカントリーJapanのキウイ3種が入っていました。

左から、ハッピーグリーン、ティアドロップ、ファーストエンペラーです。

  

 

カットしてみます。

ハッピーグリーン・・・ハウスで作られたキウイで甘みが強い。

ティアドロップ・・・涙の雫のような形 表面は無毛 

          かなり甘い品種ということだが、まだ酸味が強かった。

ファーストエンペラー・・・透明感のある黄色い果肉 ゼリーのような食感

             こちらもまだ酸味が感じられる。

  

 

ひと口ずつ食べ比べをした後は、3種のキウイと掛川産次郎柿を

甘酒と塩麹で和え、1時間ほど冷やしてみました。

3種のキウイと次郎柿の甘酒マチェドニアの出来上がり~♪

マチェドニアは、汁なしフルーツポンチのようなものです。

  

 

こちらは、ちょっと前にファーストエンペラーで

ドレッシングを作った時の写真です。

本当はもっと甘いはずなのに、まだ酸味があったので

細かく叩いてドレッシングを作りました。

 

  

これをしめ鯖にかけたら、なかなかおいしかったですよ。

   

キウイの食べ比べは楽しかった。

果物をお料理に使うことを考えるのは、もっと楽しい。(^-^)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

磐田産秋麗をいただきました

2021-08-26 14:51:17 | 果物

秋麗という梨をいただきました。

熊本が秋麗の産地としては有名なのですが、

これは静岡県磐田産ですよ。(^-^)

   

前に3個並んでいる青梨が秋麗です。

後ろに控えている赤梨は、豊水で600gほどありました。

秋麗は、250g~300gです。

  

秋麗(しゅうれい)は農研機構果樹研究所において

1982年に幸水と筑水を交雑させて生まれた青梨の品種で、

2003年3月に品種登録されたまだ新しい梨です。

  

幸水も筑水も赤梨なのに、その子供は青梨なんですね。

  

現在、青梨といえば「二十世紀」しか市場に出回っていないような状況下で、

美味しい青梨を開発すべく農研機構果樹研究所で研究が進められた成果です。

以前、講座で梨を取り上げた際、二十世紀と秋麗を並べて撮った写真があります。

こちらです。

よろしかったら、ご覧ください。

   

 

この秋麗をいただいて驚いたことは、酸味がほとんどないということ。

でも、柿のように食べ飽きることがありません。

甘みは濃いのですが、シャキシャキとした食感とみずみずしさから

爽やかさを感じます。

  

秋麗を磐田で作っている人がいるなんて!!

くまモンに代わって、

しっぺい太郎のシールが貼られた秋麗が並ぶようになるといいなぁ。

 

ごちそうさまでした。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする