”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

キウイ食べ比べ

2021-11-12 00:09:35 | 果物

先日、かけがわ女性農業者の集いに参加した時、

最後にお茶のクイズに挑戦したら、賞品をいただきました。

 

その中にキウイフルーツカントリーJapanのキウイ3種が入っていました。

左から、ハッピーグリーン、ティアドロップ、ファーストエンペラーです。

  

 

カットしてみます。

ハッピーグリーン・・・ハウスで作られたキウイで甘みが強い。

ティアドロップ・・・涙の雫のような形 表面は無毛 

          かなり甘い品種ということだが、まだ酸味が強かった。

ファーストエンペラー・・・透明感のある黄色い果肉 ゼリーのような食感

             こちらもまだ酸味が感じられる。

  

 

ひと口ずつ食べ比べをした後は、3種のキウイと掛川産次郎柿を

甘酒と塩麹で和え、1時間ほど冷やしてみました。

3種のキウイと次郎柿の甘酒マチェドニアの出来上がり~♪

マチェドニアは、汁なしフルーツポンチのようなものです。

  

 

こちらは、ちょっと前にファーストエンペラーで

ドレッシングを作った時の写真です。

本当はもっと甘いはずなのに、まだ酸味があったので

細かく叩いてドレッシングを作りました。

 

  

これをしめ鯖にかけたら、なかなかおいしかったですよ。

   

キウイの食べ比べは楽しかった。

果物をお料理に使うことを考えるのは、もっと楽しい。(^-^)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

磐田産秋麗をいただきました

2021-08-26 14:51:17 | 果物

秋麗という梨をいただきました。

熊本が秋麗の産地としては有名なのですが、

これは静岡県磐田産ですよ。(^-^)

   

前に3個並んでいる青梨が秋麗です。

後ろに控えている赤梨は、豊水で600gほどありました。

秋麗は、250g~300gです。

  

秋麗(しゅうれい)は農研機構果樹研究所において

1982年に幸水と筑水を交雑させて生まれた青梨の品種で、

2003年3月に品種登録されたまだ新しい梨です。

  

幸水も筑水も赤梨なのに、その子供は青梨なんですね。

  

現在、青梨といえば「二十世紀」しか市場に出回っていないような状況下で、

美味しい青梨を開発すべく農研機構果樹研究所で研究が進められた成果です。

以前、講座で梨を取り上げた際、二十世紀と秋麗を並べて撮った写真があります。

こちらです。

よろしかったら、ご覧ください。

   

 

この秋麗をいただいて驚いたことは、酸味がほとんどないということ。

でも、柿のように食べ飽きることがありません。

甘みは濃いのですが、シャキシャキとした食感とみずみずしさから

爽やかさを感じます。

  

秋麗を磐田で作っている人がいるなんて!!

くまモンに代わって、

しっぺい太郎のシールが貼られた秋麗が並ぶようになるといいなぁ。

 

ごちそうさまでした。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

びわマフィン

2021-06-09 10:15:26 | 果物

ご近所さんから相次いでびわをいただきました。

夫の大好物なので、テレワークの合間にパクパク。

一度に5個も食べたとか・・・。(^-^;

  

  

私は、これまでの人生でびわを食べたことはたぶん5回もないと思います。

両親がほとんど果物を食べなかったので、

私は、いまだに果物を食べるタイミングがわからず・・・。

 

だから、果物をいただいた時だけが、貴重な食べるタイミングになります。

   

残り少なくなったびわを丸ごと使って、マフィンを焼いてみました。

皮を剥いて、種を取ったびわが一つずつ入っています。

  

焼き上がりはこんな感じです。

  

  

マフィンを割ったところです。

生地の色とびわの色が似ているので、大きな写真でご覧ください。

  

  

「買えば高いのに、こんなに贅沢な使い方をして!」

と、おっしゃる方もいますが、こんな焼き菓子も季節を感じる味ですね。

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9.5kg、漬けました!

2021-05-27 15:03:25 | 果物

昨日の続きです。

  

9.5kgの梅のヘタをひとつひとつ取り除きます。

これだけの量があると、竹串や爪楊枝ではすぐに先が曲がってしまいます。

だから、金串を使います。

  

  

塩は1.9kg用意しました。

塩分は20%で漬けています。

よく「そんなに塩を使うの?」と言われますが、

私の持っている保存食の本にはこの作り方が紹介されており、

一度作ってみたら、昔よく食べていた懐かしい梅干しの味がして…。

それ以来、ずっとこの塩分濃度を守っています。

 

   

今年もおいしくできますように!

 

それにしてもすごい雨・・・。

梅雨はもっとしとしと降ってくれないと・・・。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年梅仕事始まる!

2021-05-26 15:28:14 | 果物

昨年、ストレス解消のために梅の枝を切り始めたら止まらなくなり、

こんな状態になりました。

 

ですから、今年は梅の実は1個も付かず・・・。(>_<)

ご近所さんのお言葉に甘えて、梅の実を採らせていただくことに。

 

南高梅です。

  

  

バケツ3杯分収穫できました。

私は、バケツ2杯分いただきました。

手前のブルーのバケツとグレーのバケツは、

朝、100円ショップで急きょ購入したものです。

  

 

帰宅して重さを量ったら9.5kgありました。

 

今、ボウルに移してお水に浸けているところです。

 

今年も楽しい梅仕事が始まりました。

ご近所さん、ありがとうございます。m(__)m

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする