”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

アイスプラントの花

2011-05-31 10:09:48 | 野菜

キャットガーデンさんからいただいた

アイスプラントの鉢植え君が花を咲かせました。

Img_1521

直径1㎝ほどの可愛い花です。

周りの葉は、ほとんど枯れてしまっているし、

残っている葉も小さくて厚みがあり、野性的です。

葉を増やして大きく育ことから、

子孫を残ことにシフトして行く

植物の生涯を見ることができました。

キャットガーデンさん、ありがとうございます。

コメント (4)

ご注意くださいませ

2011-05-30 12:32:03 | 野菜

5月26日のブログにも書きましたように、

先週「もやし」をテーマにした料理講座をやらせていただきました。

広い意味の「もやし」でしたので、

食べ比べや説明用に数種類のスプラウトも用意しました。

 

スプラウトって、発芽したての新芽ですから、

とっても軽いです。 (^^)

大根や白菜の講座をやった時には、

1個の段ボールを持ち上げるのも大変でしたが、

今回は~くらく!!

2個の段ボールを重ねて運んでも、どーってことありません!!

 

ところが!!

スプラウトって1つずつケースに入っていますよね。

これが場所をとるんですわ。

公民館の冷蔵庫の野菜室に入りきらず、

一部は自宅の冷蔵庫で当日朝まで保管。

Img_1501

豆苗などは、とても野菜室に8パックも入りませんから、

段ボールに入れて、上からタオルをかけ、

余分な冷気から守る工夫をした上で、冷蔵室に保管しました。

Img_1502

 

今後、スプラウトの講座を企画している野菜ソムリエさん、

業務用冷蔵庫、お米やお茶の冷蔵庫をお持ちならともかく、

一般家庭用の冷蔵庫では、保管に苦労されると思います。

ご注意くださいませ~♪

 

はかなげに見えるスプラウトですが、

発芽パワーのせいか?庫内で存在感を放っていました。

コメント (2)

今日のランチ

2011-05-29 20:22:40 | ブログ

今日は台風2号の影響で大雨の一日でした。

私は、10時から1時間だけ写真洗浄ボランティアに参加し、

そのあとJRで静岡に向かいました。

午後1時から開かれる野菜ソムリエコミュニティ静岡

役員会に出席するためです。

そんな私の今日のランチはこちら!

Img_1518

電車を待つ間に、袋井駅のホームでいただきました。

鉄分とカルシウムが強化されているせいか、

4時間にわたる会議もボーっとすることなく、

キレることもなく、話し合いに集中することができました。 (^^)v

 

今、夜の8時20分。

さすがに疲れが出てきました・・・。

コメント (2)

食育の難しさ

2011-05-28 15:10:23 | 食育

昨夜は、農山漁村ときめき女性による食育イベントの

会議があり、帰宅したのは10時半を回っていました。

今日は、肩こりと頭痛がひどいです・・・(T_T)

 

当然のことですが、食育というのは誰を対象にするかによって、

内容も開催時期も異なってきます。

 

例年は、親子対象に夏休みに行ってきたということですが、

母親対象、男性対象の食育もアリなのでは?

 

また、収穫体験と料理体験を併せて行いたいのであれば、

農産物が安定して採れる秋以降に親子対象で行えばいいのでは?

 

しかし、秋以降はときめき女性としての視察研修や勉強会など

他の活動も入ってくるし、地域の行事も忙しいし、

結局、例年どおり夏休みを利用して親子対象・・・となってしまった。

 

こう言ってはナンだが、お話を聞いていると、

本当に食と農の大切さを伝えたいのか?

単にひとつの事業を片付けたいだけなのか?

よくわからない。

 

とりあえず、6月1日は、場所取り、いや会場を押さえるために

開館前から並んでいないと・・・!

「あなたに任せるから・・・」と言うのなら、

私は、どんちゃん騒ぎなイベントにだけはしたくないと考えますが、

何か文句ありますかねぇ~???

コメント

5月26日静岡新聞

2011-05-27 11:46:25 | ニュース

5月26日静岡新聞朝刊5面に、

「奮闘“洗浄”カメラマン 被災者の思い出救え」というタイトルで

被災写真の洗浄ボランティアの様子が

大きく取り上げられました。

Img_1515

「ハウスミカン 色づき鮮やか」という記事の隣りです。

 

すずやカメラ 店主で、デジカメ講座の先生である鈴木靖宏氏の

活動にかける熱い思いと、

この記事を書いた記者さんの情熱が伝わってきます。

 

お手元に静岡新聞をお持ちの方、ぜひお読みになって下さい。

そして、一人でも多くの方がこの活動に

興味を持って下さったら・・・と思います。

 

尚、この記事の中にウメさんも写っています。

「ウメさんを探せ!」ゲームも同時にお楽しみ下さい。 (^_-)-☆

コメント (2)