”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

畑の「緑の卵」を食べた!!

2024-06-18 00:01:52 | 食・レシピ

家庭菜園のズッキーニ、グリーンエッグ。

直径が10cmほどになったので、収穫しました。

  

  

  

採れたてだからこそできる、超シンプルなお料理でいただきました。

 

 

まず、薄切りにしてお皿に並べます。

上から、ヒマラヤ岩塩をパラパラ。

 

  

  

その上に、ピーマン、パプリカ、ミニトマトのみじん切り、ケイパーなどを散らし、

オリーブオイルとレモスコを回しかけます。

これで、ズッキーニのカルパッチョの出来上がり~♪

丸ズッキーニでなくても、お好きなズッキーニでお試しください。

  

  

  

キタアカリのコロッケと一緒にいただきました。

  

  

  

このキタアカリのコロッケ、

中身は玉ねぎ、ドライトマト、ブラックオリーブ。

小麦粉を水で溶いたものにくぐらせ、パン粉をまぶして揚げましたので、

動物性のものは一切使ってありません。

  

  

  

そんなわけで、ヴィーガンコロッケにヴィーガンカルパッチョ。

期せずしてヴィーガン料理ができるとうれしくなります。(*'▽')

たとえ、名前に「エッグ」が入っていようとも・・・。

  

  

  

最後に、畑で転がっている「緑の卵」をご覧くださいね。(^^♪

  

  

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちゃちゃっと食べられるご飯って?

2024-06-16 00:03:26 | 食・レシピ

釣りの前日、夫は必ずこう言います。

「早く寝るから、夕ご飯もちゃちゃっと食べられるものがいい。」

  

ちゃちゃっと・・・。

つまり、ワンプレートのお昼ご飯みたいなものがいいみたいです。

 

  

  

そこで、トマトを丸ごと1個炊き込んだご飯を作ります。

トマト以外は、水とお塩だけです。

これを潰しながら混ぜると、トマトご飯になります。

  

  

  

デミグラスソースを使ったシチューにもトマトを入れました。

トマトは、他の具材が軟らかく煮えてから加えます。

  

  

 

これを一皿に盛り付け、トマトたっぷりプレート!!

  

 

  

  

付け合わせは、家庭菜園のおかわりブロッコリー。

暑さのせいで、蕾が開いてしまいました。

虫さんもたくさんいます。(T_T)

 

で、めざましテレビの占いでラッキーメニューがチーズハンバーグだったので、

慌ててお皿にのせています。

イオンの・・・。(^-^;

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生で食べてもおいしい!!

2024-06-15 00:07:56 | 食・レシピ

先日、超やわらかなすのことを書いた時

「今度は2本採れるかな?」と期待を込めて記事を〆させていただきましたが、

はい!!

2本採れました!! ヽ(^o^)丿

  

  

  

超やわらかなすは、その肉質のきめ細やかさに驚かされます。

包丁を入れた時のサクッサクッとした感覚からひと味違う気がします。

そして、果物のような甘み!!

 

 

  

「生で食べてみたい!」と思い、オリーブオイル和えを作りました。

薄切りにしたなすを塩水に10分ほど浸けました。

水気をよく絞り、同量のオリーブオイルと粒マスタードで和えました。

 

 

  

これだけでも、浅漬け風サラダと言った感じでおいしいのですが、

トマト、さば水煮缶と一緒に冷たいお蕎麦にのせてみました。

  

  

暑い日のお昼にぴったりのお蕎麦です。

普通の蕎麦つゆでいただきましたが、いつもと雰囲気が変わっておいしかったですよ。

これも、生でもおいしく食べられるなすのおかげですね。(^O^)

 

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なすも混ぜご飯になります

2024-06-13 00:00:32 | 食・レシピ

家庭菜園の「超やわらかなす」。

相変わらず1本ずつしか採れません・・・。

  

  

  

この1本のなすを有効に使うことを考えました。

  

 

みじん切りにして、さば水煮缶と一緒にごま油で炒めます。

お醤油とみりんで甘辛く味付けします。

  

  

 

炊き立てのご飯に、大葉と一緒に加えて混ぜます。

  

 

  

  

なすとさば水煮缶の混ぜご飯の出来上がり~♪

  

  

以前は、挽き肉(豚でも、合い挽きでも、鶏でもOK)で作っていましたが、

さば水煮缶でもおいしくできました。

大葉の香りも良い仕事をしてくれています。

  

  

 

畑では次の「超やわらかなす」が待っています。

今度は2本採れるかな? (^-^)

 

 

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

米粉のピザは冷めるとおせんべいになる

2024-06-12 00:02:06 | 食・レシピ

2個目のサボイキャベツを収穫しました。

虫食いだらけです。

サボイキャベツは2個しか育てていないので、これで最後です。

  

  

  

お昼にあんかけ焼きそばを作りました。

普通のキャベツと同じように炒めてしまうと、やはり少し硬いですね。

サボイキャベツは、炒め物よりも

煮る、茹でる、蒸すなどの調理法が向いているように思えます。

  

  

 

そこで、サボイキャベツを茹でてツナとマヨネーズで和え、

それをピザの具にしてみようと思いました。

ちょうど、米粉でピザ生地を作る必要があったので、その試作も兼ねて。

 

  

  

米粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、オリーブオイル、ぬるま湯で

生地を捏ねるのですが、

粉っぽさがなくなるまで捏ねるのも、水加減も大変で、

途中から夫が参戦する有様・・・。(^-^;

  

 

  

  

延ばした生地の上にサボイキャベツとツナをのせていきます。

生地が硬くて変な形です。

  

  

  

チーズを散らします。

  

 

  

  

180℃のオーブンで15分焼きました。

お皿に盛り付けたところです。

サボイキャベツの軟らかさは保つことができました。

しかし、米粉のピザは冷めると、縁の部分がおせんべいのようにパリパリに。

もちろん、霧吹きで水をかけてレンジにかければ、元に戻りますが…。

なかなか気難しいピザ生地です。(>_<)

  

  

 

虫食いだらけのサボイキャベツですが、残りわずか。

大切に使います。

そして、米粉のピザ生地はまた挑戦します。(^^ゞ

  

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする