”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

知多半島の恵みが詰まった佃煮

2018-09-06 00:03:49 | 食・レシピ

愛知県知多半島ににある活魚の美舟の佃煮をいただきました。

   

お食事も景色も素晴らしい旅館の佃煮です。

  

  

左が「生炊きえび」。

右が「しいたけあさり」。

 

こんなおいしい佃煮は食べたことがない!!

・・・というくらいおいしいんです。・・・ヽ(^o^)丿

   

生炊きえびの「生炊き」とは水揚げされて、すぐに炊き上げること。

鮮度を保ったまま炊き上げるので、えびのうまみがぎっしり詰まっています。

  

しいたけあさりは、「どうしたらこんなにふっくらと炊けるんだろう。」

と言うくらいあさりもしいたけもやわらか。

でも、弾力は残っており、噛むほどにうまみがじゅわ~っと

口の中に広がっていきます。

 

佃煮ですから、味付けは濃い目ですが、

きりっとした味で、飽きることがありません。

   

白いご飯にのせて、おにぎりの具にして、お茶漬けに・・・

これは、もうおいしいに決まっています!!

   

私の悪い癖で、ついつい老舗の味で遊んでしまいました。

   

 

しいたけあさりの佃煮は、奄美の郷土料理 鶏飯(けいはん)の具に。

これにスープをかけていただくのですが、

スープは鶏でだしをとって作りました。

  

  

生炊きえびは、パエリアに調味料として使いました。

具は、あさり、乾しいたけ、パプリカ、ズッキーニ、トマト、玉ねぎ。

できるだけ、今の時期に知多半島でとれるものと同様のものを

産地は異なりますが、使うように努力しました。

  

 

佃煮ってこんなに深い味わいのものだったのですね。

自分ではなかなか買わないものなので、

こんな素晴らしい佃煮に出逢わせていただき、感謝申し上げます。

 

 

コメント (4)

ゴーヤの炒めピクルス 応用編

2018-08-31 11:15:01 | 食・レシピ

前回のブログで、ゴーヤの炒めピクルスの作り方を

ご紹介させていただきました。

  

では、そのアレンジをご覧ください。(#^.^#)

 

●チヂミ

中身は、ピクルスとかつお節だけですが、

ピクルスにしっかり味がついているので、物足りなさは感じませんよ。

  

  

●すべてのお料理にゴーヤの炒めピクルスが使われています

・ガパオライス

・冬瓜ときくらげと乾しいたけの酸辣湯 仕上げにピクルスを加えました。

・パッタイ風

・野菜スティック ソースに刻んだピクルスが入っています。

  

  

●ゴーヤの炒めピクルスのロールカツ

  

作り方は、もうお分かりですね。

こんな感じで作ります。

  

  

ピクルスと言っても炒めてあり、

生姜の香り、酸味と甘みもあるので、そのまま加えるだけで

お料理に深みが出ますよ。(^_-)-☆

 

たくさん作って、アレンジを考えてみてくださいね。(^O^)/

 

コメント

ゴーヤの炒めピクルス

2018-08-31 10:31:03 | 食・レシピ

8月26日のブログにも書いたゴーヤの炒めピクルス。

良い写真がないので、同じ写真を使いますが・・・。

  

  

作り方をご紹介しますね。

材料】作りやすい分量

 ゴーヤ  300gほど、  生姜  1片、  ごま油  大さじ1

〈甘酢の材料〉

 ・酢  大さじ3  ・砂糖  大さじ3

 ・醤油  小さじ1  ・塩  小さじ1

 

【作り方】

〈下準備〉

 ・ゴーヤは種とワタを取って薄切りにし、塩(分量外)をふって20分ほど置く。

  水気が出たら、水洗いする。

 ・生姜は千切りにする。

 ・甘酢の材料を合わせておく。

 

〈仕上げ〉

 1.フライパンにごま油を熱し、生姜の千切りを炒める。

  香りが立ったら、ゴーヤを炒める。

 2.甘酢をかけて火を止め、冷ます。


 

ゴーヤの下処理ですが、苦みがお好きな方は

塩をふっておく時間を短縮してくださいね。

 

下処理をすることで苦みは流れ出ますし、

油を使うことにより、苦みがマスキングされます。

ぜひ、お試しくださいね。

  

そして、このピクルスはそのまま食べてもおいしいのですが、

色々なお料理に活用できます。

アレンジ料理は、次のブログでご紹介させていただきますね。(^_-)-☆

 

コメント

パニールのカレー

2018-08-08 14:31:29 | 食・レシピ

これ、何かわかりますか?

  

  

こんなふうにして作ります。

そう、これは手作りのカッテージチーズです。

写真のものは、いただいたものですが、

近くに牧場があるので、牛の初乳が手に入ると作ります。

  

  

インドではパニールと言います。

ベジタリアンにとっては、貴重なたんぱく源となっています。

  

そこで、インド料理の本を見ながら、

パニールのカレーを2種類作ってみました。

トマトやほうれん草と合わせることが多いみたいなので・・・。

  

トマトとマッシュルームとパニールのカレー

 

  

  

ほうれん草とパニールのカレー

  

  

両方ともお肉はひとかけらも入っていませんが、

あの肉大好きな夫が「おいしい!おいしい!」と言って食べていたので、

十分満足できる味だったと思います。(^_-)-☆

  

うちは、本当によくカレーを作りますが、

じゃがいもやにんじんがゴロゴロした

おばあちゃんが作るようなカレーって、全く作らないなぁ・・・。(^-^;

 

 

コメント

我が家のゴーヤ料理

2018-08-02 13:47:16 | 食・レシピ

毎年、庭でゴーヤを育てています。

次々に採れる上に、ご近所さんからもいただいたりするので、

普通にゴーヤチャンプルーなど作っても追いつかないのですよ。

  

そこで、苦肉の策で生まれた我が家のゴーヤ料理を

ご覧ください。ヽ(^o^)丿

  

●ゴーヤカレー

ゴーヤのカレーピクルスも添えてあります。

このカレーは、味噌が隠し味です。

  

  

●ゴーヤのドライカレー

トマトやトマトケチャップも入れます。

  

  

●ゴーヤのちらし寿司

みょうがや大葉も入るので、香りを楽しめます。

大人のちたし寿司ですね。

  

  

●ゴーヤの水餃子

  

具はこんな感じです。

大きめに切ったゴーヤが、ちょっとホクっとした食感になります。

  

  

●ゴーヤとえびのかき揚げ

広島のお友達に教えていただいた食べ方です。

なぜもっと早く作らなかったんだろう・・・と

悔やまれるくらいおいしい組み合わせです。

  

   

●ゴーヤコロッケ

具はゴーヤと挽き肉と玉ねぎを炒めて、甘辛く味付けしたもの。

じゃがいもに混ぜると、ゴーヤの苦みがマイルドになる気がします。

  

  

こんなふうに食べています。

もし、ゴーヤチャンプルーに飽きたら、お試しくださいね。ヽ(^o^)丿

 

 

コメント