”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

日照不足です

2019-07-19 12:46:03 | 野菜

毎日、お友達のブログを拝見していると、

野菜が採れ過ぎて困っているといううらやましい内容・・・。

  

静岡のこの夏の日照時間は平年の30%ほど。

20時間ぐらいしかお日様を見ていません。

  

我が家の家庭菜園では、きゅうりだけは毎日2~3本は採れますので、

家族2人で食べる分には困らないのですが、

毎月開催している料理教室に使えるほどは採れません。

  

日照不足で野菜の成長が遅れ、

農家さんが困っていると言う話を聞きますから、

趣味の家庭菜園で野菜が採れないのは仕方がないことかもしれません。

  

日照不足が野菜にどんな影響を与えているかと言いますと、

●ピーマン、ししとう、なす

 曲がって成長してしまう。→ 売り物にならない。

 

●トマト

 ・赤く色付かない。

 ・花が咲かない。

 ・葉に白いかびが生える。

 ・果皮に縦の割れ目ができる。

 ※トマトは水分を抑えて育てられていますが、

  日照不足のために空気中の余分な水分を吸い込み、

  その結果、果皮に割れ目が入ってしまいます。

 

  

スーパーでも、例年なら大袋で売られるはずのきゅうりが、

バラで売られています。

  

  

ピーマンは袋売りもされていますが、

一袋あたりの個数が例年より少なく、バラでも売られています。

  

  

この間見たオクラは、あのネットの中に5本しか入っていなくて、

ネットがスカスカの状態でした。

 

   

日照不足の影響は、私の講座にも影響が・・・。

とても、外では干せないので、干し野菜講座用の野菜は室内干し。

でも、これもひとつの方法としてお話しますよ。

  

 

あ~、気象予報士さん、

梅雨明けはいつですか? (>_<)

 

コメント

umesan畑のにんじん

2019-07-18 10:22:11 | 野菜

最後にumesan畑のにんじんの様子を紹介したのは、

こちらですね。

  

全然大きくならないので諦めていたのですが、

先日掘ってみたら、こんな感じでした。

  

  

品種はベータリッチなのですが、

とてもそう思えないごつごつした見た目です。

まだまだ土が粘土質なんでしょうね。

  

  

このにんじん、見た目はいかにも昔のにんじん風で、

青臭い味がしそうですが、

とんでもない!!

甘くて、くせがないのですよ。

   

 

まず、葉っぱも丸ごと使って、にんじんと桜海老のかき揚げ。

  

   

それから、にんじんのグラッセスープ。

奥のドライカレーにもにんじんのみじん切りが入っています。

  

 

表面がゴツゴツしていて、なめらかではないので、

いくら冷蔵庫の野菜室に入れておいても、

傷みが早いように思えます。

だから、大胆な食べ方をしてしまいました。(^-^;

 

 

コメント

道の駅とよはしに行ってきました

2019-07-17 17:01:22 | ブログ

5月にオープンした道の駅とよはしに行ってきました。

写真だとわかりにくいのですが、

太陽を見たのは何日ぶりか・・・!!

  

  

ここは複合施設で、

あぐりパーク食採村という農産物直売所と

  

   

Tomate(トマッテ)という施設からなっています。

Tomateの入り口には、真っ赤な胡蝶蘭が!!

  

   

Tomateには、インフォメーションコーナーや

料理教室やセミナー等で使用できるプロジェクト室、

地元のこだわり食材を使った飲食店や特産品を扱うショップが入居しています。

   

ちょうど、プロジェクト室のキッチンを使って、

豊橋のカフェのオーナーシェフの方が、

ライブキッチンをなさっていました。

  

   

お昼は、Tomate内の「コッペとサンド オリーブの風」さんで、

4種の野菜とハムのサンドイッチをいただきました。

  

  

今日は、一応打ち合わせということで伺ったのですが、

静岡の私が、ここの施設で何かをやるというのは

かなり無理があるように思いました。

  

まあ、私は私のステージで頑張りたいと思います。

色々気づかされた一日でした。

 

 

コメント

非常食のこと

2019-07-16 14:15:06 | ブログ

7月15日の中日新聞に、

「最新の非常食事情」という記事が一面を使って

掲載されていました。

  

   

その中に、「おすすめ非常食ランキング」というものがありました。

  

 

「当然!!」と言いたくなるような結果でした。

尾西のアルファ米を使った非常食は、

我が家の物置小屋に常備してありますが、

賞味期限が近づくと、お昼ごはんにいただきます。

それが「楽しみ~!!」と思えるほど、おいしい!!

  

五目ご飯もドライカレーも、山菜おこわも海老ピラフも

本当においしい!!

補充する時の商品選びもワクワクします。ヽ(^o^)丿

  

 

ところが、先日、某社の非常食用白飯を食べたのですが、

死ぬほど不味かった!!

  

それは、近所のおじさんが粗品でもらったもので、

うちの郵便受けに入れていったのです。

お米農家が開発したものでした。

     

その日、私一人しかおらず、お腹がぺこぺこ。

ご飯を炊くのも待てないほどお腹が空いていました。

その非常食があるのを思い出し、作ってみることに。

  

尾西の商品と違って、

お湯またはお水を差せばいいと言うものではなく、

かなり手間がかかる。

「やっと食べられる!!」と思って、ひと口食べ、

思わず吐き出しました。

味も香りも全くない、白飯とは程遠いものでした。

  

申し訳ないと思いながら、捨てましたよ。(?_?)

  

私は、どんな食材でも必ず最後まで使い切ります。

無駄にはしません。

それでも、どう工夫しても無理だと思った・・・。

  

お米農家だから、古いお米を非常食用に加工しているのか、

真実はわからないけど・・・。

  

ご飯を捨ててしまったという後ろめたさを感じると同時に、

これからも尾西のおいしい非常食を常備しようと

堅く誓ったのでした。

 

コメント

がんす、アレンジしてみました!

2019-07-15 12:58:30 | 食・レシピ

広島の友人から、「がんす」を送っていただいたという

記事を書きました。 

こちらです。

  

色々とアレンジして楽しみました。

 

●がんすバーガー

噛んでいると、まさにフィレオフィッシュです!!

  

  

●ソースがんす丼、ゴーヤーチャンプルー

ソースカツ丼ならぬ、ソースがんす丼。

甘辛いソースと七味唐辛子の入ったがんすが、とてもよく合います。

奥に見えるゴーヤーチャンプルーですが、

スパムの代わりに、がんすを入れて作りました。

あっ、右奥に見えるきゅうりのからし漬けは、

広島の友人のお手製です。(プロの味です!!)

  

  

●がんすうどん

温かい稲庭うどんに、がんすを加えました。

がんすからも良いおだしが出ます。

  

 

がんすは、ゴーヤーチャンプルー以外は、

すべてオーブントースターでカリッとさせてから使っています。

(ゴーヤーチャンプルーは炒めてしまうので、直接入れました。)

  

最後まで、おいしく楽しくいただきました。

今度は、広島に買いに行かなくちゃ!!(^_-)-☆

 

 

コメント