”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

変化を恐れない中国茶

2021-01-19 14:03:49 | お勉強

昨日のかけがわ女性農業者のつどいの続きです。

  

この研修会の中で、中国茶セミナーも開催されました。

講師は、Tea Time Createrの後藤暢先生です。

  

  

凍頂烏龍茶を淹れていただきました。

器は2つ用意されていますが、先に長い方にお茶が注がれます。

そのお茶を平たい方に移したら、

長い方に残った香りを楽しみます。

 

そう、長い方は香りを楽しむための器で聞香杯(もんこうはい)と呼ばれます。

平たい方は、お茶を飲むための器で飲杯(いんはい)と呼ばれます。

   

【右:乾燥した凍頂烏龍茶の茶葉   左:淹れた後の茶葉】

  

 

中国茶は、その時々のニーズに合ったものが作られます。

同じ品種のお茶でも、色や香りが大きく変わることもあります。

14憶の人が暮らす中国では、今、求められているものを作っていきます。

変化を恐れないのが中国茶。

そこが、味と香りを守り伝えていく日本のお茶と違うところだというお話、

とても興味深く拝聴しました。

 

二つの器で香りと味を確かめながらいただいていくと、

一煎目、二煎目、三煎目と変化していくのがわかります。

私は、ちょっと渋みが加わった二煎目の味わいが好きです。

  

 

後藤先生のセミナーの様子を、

田辺エミさんがグラフィックレコーディングで表現すると…。

  

  

製菓衛生士の資格もお持ちの後藤先生が作られた塩パウンドケーキ、

絶品でした!ヽ(^o^)丿

  

 

コロナ禍の中、久々にゆったりとお茶をいただきました。

この時間が大切なんですね。

今度は、中国茶の歴史的背景なども含めて、じっくりお話を伺ってみたいです。

 

後藤先生、ありがとうございました。(^-^)

 

コメント

七草粥からのSDGs

2021-01-18 16:47:20 | お勉強

「かけがわ女性農業者のつどい」が、とうもんの里で開催されました。

講師はとうもんの里の前理事でいらした名倉光子さん。

「農業×SDGs」というテーマでお話しされるということを伺い、

すぐに申し込みました。

 

私は、以前、SDGsについての研修会で講師を務めたことがありましたが、

農業に対する掘り下げ方が足りなかったことを反省していました。

ここは、しっかり学ばせていただかないと!!

  

    

何と言っても驚いたのは、SDGsの切り口!!

七草粥なんですよ。

七草粥を作る時に、七草を叩きながら歌う歌があります。

「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」

 

この「唐土の鳥」とは何を示しているのか?

中国からの渡り鳥という意味ですが、これは疫病を指しています。

野山の草からパワーをいただいて

病に負けない体を作ろうという願いが込められています。

  

また、昨年はウンカが早い時期にやって来て、

稲の芽が被害を受け、お米が不作でした。

この原因な何なのか?

 

これらの身近な話題から、世界がつながっていることを説明してくださいました。

  

さあ、ここからは自分がSDGsの目標達成のために出来そうなことを

付箋に書いて、それが17の目標のどれに当たるのか各自で貼っていきました。

  

文字で表すことで、自分の目標や行動も明白になりますね。

「気候変動に具体的な対策を」を目標にする人が多かったように思います。

  

この研修会の内容は、田辺エミさんがグラフィックレコーディングという手法で

表現してくださいました。

 

これを見れば、お話の内容を文字とイラスト両方から理解することができます。

  

 

お昼は、掛川市横須賀の割烹旅館「かねきや」のお弁当をいただきました。

地産地消のお弁当。

これも大切なSDGsですね。

  

名倉さんのお話を伺って、

私も個人レベルでできるSDGsから一歩進んだ活動ができるように、

努力していこうと思いました。

  

名倉光子さん、楽しく、深いお話をありがとうございました。

また、掛川市民でもなく、農業者でもない私を参加させてくださった

「かけがわ女性農業者のつどい」実行委員の皆さま、

心から感謝申し上げます。

 

 

コメント

大根でカツ!?

2021-01-17 11:39:37 | 干し野菜

年末にたくさんいただいた大根。

新聞紙に包んで常温保存していても、

やっぱり鮮度は落ちてきます。

 

そこで、ちょっと厚め(1.5cmくらい)の輪切りにして、

2~3日干してみました。

適度に水分は抜けて、表面にしわが出ています。

  

 

これを昆布だしで2分くらい蒸し煮にして、

そのままだしを染み込ませます。

  

で、これに衣をつけて揚げます。

私は、米粉を水で溶いたものにくぐらせた後、

おからパウダーをまぶすようにしています。

こうすると、溶き卵が要らないんですよ。

   

で、出来上がった大根フライをカットして、

カレーに添えると、カツカレーもどき!!

 

  

  

こちらは、同じように揚げた大根で、カツ丼風。

卵でとじている様子を、どうやったら表現できるか?

あれこれ考えた挙句、とろみをつけた湯葉あんをかけてみました。

 

卵とじには程遠い・・・。(>_<)

湯葉をケチらなければよかったかなぁ・・・。

 

何が何でも動物性のものを食べないわけではありませんが、

野菜ならたくさんあるので、買い物に行く回数を減らすためにも、

野菜で再現できたらおもしろいなと思って、試しています。

実験は続く・・・。(^^)v

 

コメント

なつかしい場所でふくろい健康保健室

2021-01-16 21:07:37 | 食育

今日は、高南コミュニティセンターで、

「ふくろい健康保健室」を開催いたしました。

 

高南地区というのは、私が袋井で最初に住んだ地域です。

このコミュニティセンターがまだ公民館だった頃、

何回か来たことがあるとってもなつかしい場所です。

  

満席というのもうれしかったのですが、

浜松からご参加くださった方がいらして、感激いたしました。

 

  

  

  

  

12月9日から始まったこのお教室も、8会場目となりました。

最初の頃は、「この冬はお野菜が本当にお安いですよね。」とお話ししていましたが、

今回は、「寒波の影響で、お野菜が急に値上がりしましたよね。」

1ヶ月で、気温も、野菜の育ちも、価格も変わっていきます。

  

その時々に合ったお話をするように心掛けています。

  

冬野菜のお話の中で、大根を丸ごと1本使う方法をお伝えしていますが、

どの会場にも「切り干し大根を作っています。」という方がいらっしゃるので、

今日は、切り干し大根以外の干し大根の作り方と料理の仕方を

紹介させていただきました。

  

 

冬のお野菜しゃぶしゃぶと野菜ソムリエ秘伝のタレは

今日も気に入っていただけました。

  

  

試食中は、マスクを外しますが、おしゃべりは禁止です。

黙々と食べます。

  

袋井のマスコット、ふっぴーも見守っています。

  

しゃぶしゃぶのおかわりをしてくださる方もいて、うれしかった!!

 

  

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

次回は、1月19日(火) 豊沢ふれあい会館に伺います。

温かくしてお出かけくださいね。

 

コメント

もりあざみの漬物

2021-01-15 13:41:34 | 野菜

ご近所のお野菜の先生が、手作りの山ごぼうの漬物を

届けてくださいました。

  

 

カットすると、こうなります。

  

 

山ごぼうの漬物というのは、旅先の土産物店で売られているもので、

個人が手作りできるとは、今日まで知りませんでした・・・。(^-^;

 

先生がおしゃるには、

「この山ごぼうは、もりあざみという品種で静岡では栽培できません。

 八百屋さんで見つけたので、楽しみに漬けてみました。」

 

山ごぼうが、八百屋さんで「野菜」として売られていることも、

品種名があることも知りませんでした。

 

  

そこで、もりあざみについて調べてみると・・・。

こんなかわいい花を咲かせます。


【Wikipediaより画像お借りしました】

  

 

そして、食用とする根の部分はこんな感じです。

   【日光種苗株式会社様のHP より画像お借りしました】

  

 

このようなものが八百屋さんに並ぶことがあるのですね。

今度から気をつけて見るようにします。

 

もりあざみは、本州、四国、九州の山地の

日当たりの良い草原に多く見られると言います。

信州で広く栽培されていることからも、

温暖な静岡県では、栽培が難しいのかもしれませんね。

 

貴重なもりあざみの漬物、ありがとうございました。(^-^)

 

コメント