”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

パピベジ、見つけた!!

2020-04-27 18:01:33 | お菓子

ずっと気になっていたアイス(氷菓)。

今日、やっと見つけました~!!

  

それは、こちらです。

グリコのパピコの「パピベジ」。

左がりんご&にんじん、右がキウイ&グリーンです。

   

なぜ探していたかというと、ここです!!

   

この1袋(2本入り)で、1日の不足分の野菜が補えるというアイスなのです。

1日に必要な野菜の量は、350g。

でも、私が野菜ソムリエになった時(2005年です)から、

ずっと290g前後を行ったり来たり・・・。

平均288gと言われています。

350g-288g=62g。

不足分の62gとは、こういう計算で出てきた数値です。

   

私の本心は、どうせならもう一皿 野菜料理を食べてよ!!

と、思いますが、

楽しく野菜不足が補えるなら、こんな食べ方もアリかな?

 

コメント

さつまいも餅

2020-03-06 14:58:08 | お菓子

先日、ご近所さんが

「さつまいも餅、作ったから食べてね!」

と、きなこがいっぱいついたお餅を置いて行ってくれました。

  

 

やわらか~~い!!

  

  

作り方は、炊き上がったもち米に、蒸してつぶしたさつまいもを加え、搗く

という手順のようです。

そして、手早く丸め、きなこをまぶします。

   

このお餅の写真をFacebookに投稿したところ、

九州の方から「長崎では、『どんだへ』と言います。」

と、コメントがありました。

長崎の島原地方の方言のようですね。

 

鹿児島にも同様のものがあり、「ねったぼ」と呼ばれています。

他にも、「いももち」「べたもち」など色々な呼び方がありました。

  

これも、さつまいもが戦後の食糧難の時代、

主食の代わりや飢えをしのぐための食糧として、

各地でいろいろと工夫して食べられてきた証拠でしょうね。

   

 

このお餅、お砂糖は使われておらず、

さつまいもの甘みだけなので、

あんことか添えて食べたい感じがしました。

我が家は「味変」で、はちみつをかけて食べました。

  

でも、甘くないということは、翌日硬くなったさつまいも餅で

こんなふうにお雑煮もできますから。

きなこが溶けたお汁もおいしかったです。

 

ごちそうさまでした。(*'▽')

 

コメント (2)

大麦入りベイクドポテト

2020-02-18 10:23:35 | お菓子

お友達が、今一番お気に入りのポテトスナック菓子と言って、

こちらを教えてくれました。

     

大麦入りベイクドポテト うましお味です。

ファミリーマートじゃないと買えないんですよ。

   

「ベイクド」とありますから、揚げていない。

これが、私たちの年代には胃にやさしいと喜ぶ友人。

 

    

中身は、こんな感じです。

じゃがいも入りクラッカーみたいな食感です。

「うましお」の「うま」の部分がくせもので、

よく、にんにくが使われていることが多いのですが、

これはビーフのうまみでした。

   

このビーフの味を好きかどうかで、好みが分かれる気がします。

これが、塩だけだったら、あるいは昆布パウダーだったら、

もっとお芋本来の味が楽しめるのに・・・。

と、じゃがいも好きの私は思いました。

  

 

この商品のもうひとつの特徴は、スーパー大麦を使っていること。

  

スーパー大麦 バーリーマックスについては、こちらに書いております。

お時間のある方は、ご覧ください。

 

 

コメント

こんなポテチを待っていた!

2020-02-13 14:05:52 | お菓子

市販のポテトチップスは、塩辛いなぁと思うことが多いので、

この商品名に惹かれて、つい買ってしまいました。

湖池屋 プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用 です。

  

 

  

 

パッケージにもありますように、

食塩は使わず、昆布のうまみによって、じゃがいも本来のおいしさを

最大限に引き出しています。

  

だから、全く味がしないわけではなく、

昆布のうまみと昆布が持つ塩分が良いアクセントになって、

よりいっそう、じゃがいもの甘みとか香りを感じることができます。

 

   

だから食塩相当量も0ではないのです。

   

 

じゃがいもの品種はわかりませんが、

うまみの濃いじゃがいもを選定しているとのこと。

そして、このカラリとした揚げ方も、プライドポテトならでは!!

 

これは、まさに「芋味」のポテトチップスですね。ヽ(^o^)丿

 

 

コメント (2)

マシュマロ事件?

2019-12-19 17:26:03 | お菓子

今年最後の仕事は、

放課後児童クラブの子供たちとのクッキングが

予定されています。

  

先日、試作会も兼ねた料理教室を開いたのですが、

マシュマロを使ったこのデザートが大変好評でした。

マシュマロと、それが浸るくらいのヨーグルトを混ぜて

半日くらいおくと、まるでムースのような食感に変わるのです。

これに、ハチミツやジャムをかけていただくと、

こんな簡単に作ったとは思えないデザートに!!

   

料理教室のメニューに加えようと思っていたら、

なんと子供たちの中に、ヨーグルトNGの子が数名いました。

でも、マシュマロは使いたいとのこと。

  

 

そこで、こんな実験を。

マシュマロをBBQ串に刺して焼き、軟らかくなったところを

クッキーやクラッカーに挟むのです。

  

 

  

  

でも、焼き加減がなかなか難しい。

焦げるのを気にして、焼き方が不十分だと軟らかくならないので、

挟む時に苦労します。(^-^;

  

 

友人が、「電子レンジを使ったら?」とアドバイスしてくれたので、

お皿にクッキーを並べ、その上にマシュマロを置いて、

600Wのレンジに30秒かけてみました。

良い加減に軟らかくなったので、もう一枚のクッキーでサンド。

お~!! 見た目はきれい!!

  

 

そこで、放課後児童クラブの先生と相談し、

高学年の子は、串を使って焼き、

低学年の子は、レンジを使って作ろうということになりました。

  

当日はBBQ串を忘れないように持って行かなきゃ!!

こんなアウトドアグッズも100円ショップで買えるんですね。

すごいな!! (@_@)

 

コメント