”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

昆布をひき肉だと思う作戦

2021-12-09 01:16:53 | だし

先月、「昆布の魅力発見」という講座をやらせていただきました。

こちらです。

   

で、冷蔵庫の中には、だしをとった後の昆布がぎっしり!!

  

  

食材は絶対に無駄にしないのが私のポリシーです。

でも、冷蔵庫にものが詰まった状態って、ものすごいストレス…。

  

ストレスを減らすためには、せっせと料理するしかありません。

 

   

真昆布と利尻は、こんなふうに。

まず、にんじんとにんじん葉と昆布のかき揚げ。

  

 

こちらは、クープジューシー風ご飯と昆布餃子。

クープジューシー風と「風」を付けたのは、豚肉は使用せず、

油揚げを使っているからです。

  

餃子の中身は刻んだ昆布がぎっしり!!

お肉は使っていませんよ~♪

  

  

餃子用に昆布を刻んでいて、思ったのです。

フードプロセッサーにかければいいのでは…と。

今まで、フードプロセッサーにかけたら、

昆布の粘りが出てしまうのではないかと思い、やっていなかったけど

かけてみたら・・・。

粘っていない!!(^^)v

  

 

そこで、残りの羅臼と日高はフードプロセッサーにかけて使いました。

 

  

こちらは、フードプロセッサーにかけた羅臼を

「ひき肉だ~!!」と思って作ったドライカレー。

昆布とミックスビーンズのドライカレーです。

昆布の弾力ある食感も魅力的ですが、

噛むほどにうまみが出てくるのが良いですね!!

  

  

こちらは、日高をフードプロセッサーにかけて作りました。

ひき肉の代わりに、昆布を使った麻婆豆腐。

水溶き片栗粉も使っていますが、昆布の水溶性食物繊維も加わって、

お豆腐に昆布がうまく絡まってくれます。

食べやすいですよ。

  

 

こちらは、大根餅の具に昆布を混ぜました。

干しエビも刻んで混ぜていますが、

昆布と干しエビの相性も抜群です。

  

 

昆布をフードプロセッサーにかけた「昆布ひき肉」。(←勝手にそう呼んでいます。)

これは、ヴィーガン料理に色々と使えますね。

  

今回もだしをとった後の昆布、無駄なく使い切りました!!(^^)v

お疲れ様でした!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

だしをとった後のしいたけと煮干しも活用しています

2021-07-26 09:58:17 | だし

昨日の続きになりますが、

とにかくだし講座の後は、だしがらが冷蔵庫にたまります。

   

こちらは、戻した乾しいたけの焼きマリネです。

ズッキーニも一緒に焼きました。

  

  

そして、煮干しはフードプロセッサーにかけます。

煮干しは、元カタクチイワシなのですから、

お豆腐やネギと混ぜれば、豆腐イワシハンバーグになります。

  

  

こうやって、お皿に盛り付け、ミョウガソースをかければ

だしがら料理とは思えない!?(^-^;

    

あっ、かつお節だけは2番だしをとるのに利用しています。

最後までおいしくいただきますよ。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

だしをとった後の昆布も活用しています

2021-07-25 10:24:46 | だし

この日、ふるさと学級でだしのお話をしてきました。

ということは、だしがらがたくさん出ます。

だしがらと言えども、まだまだうまみは詰まっていますので、

必ず最後まで使い切ります。

   

 

今回も工夫しました。

 

まず、だしをとった後の昆布ときゅうりの和え物。

とろろ昆布も一緒に和えています。

  

 

そして、ゴーヤとトマトの卵炒めの中にも、昆布を忍ばせました。

  

  

こちらは、だしをとった後の昆布に片栗粉をまぶして揚げ、

酢豚の「豚」の代わりに加えました。

酢昆布? (笑)

野菜は、畑の夏野菜を使っています。

  

  

そして、こちらは、ゴーヤと昆布を炒めてコロッケの具に。

沖縄コロッケと名付けようかな?(^-^)

  

  

そして、クープジューシー風ご飯。

具には、乾しいたけのスライスと豚肉も加えました。

先に、お米と具を炒めてから炊飯器で炊くので、

コクがありますよ。

    

今回も、だしをとった後の昆布、全部食べ切りました!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ふるさと学級でだしのお話をしてきました!

2021-07-17 14:55:41 | だし

袋井市の山名コミュニティセンター ふるさと学級で

「世界無形文化遺産の和食を学ぶ」という講座が開催され、

小学校4年生~6年生 27名におだしのお話をしてきました。

 

 

  

子どもたちの前には、おだしの飲み比べ&ブレンドセットが置かれます。

本日のおだしは、かつお節、煮干し、昆布、乾しいたけ。

それぞれ、シールで色分けされたおだしが何なのか?

味、香り、色など感想を自由に書いてもらいます。

  

 

乾しいたけと昆布の匂いが苦手という子が多く、

一緒に並んでいるだけで、他のだしまで飲みたくなくなる子もいました。

そういう子の感想は「クソまずい!」「無理!」・・・。

もう、どうなることかと思いましたが・・・。

  

  

だしのブレンドに取り掛かったら、実に楽しそう!!

「かつお節と昆布を合わせただしが一番おいしい!!」との声が

一番多く聞かれました。

  

  

そして、2グループに分け、調理室でかつお昆布だしのデモを行いました。

温かいおだしに、お醤油をちょっと加えて飲んでもらったら、

おかわり続出!!  

  

  

そんな中、小学4年生で、それぞれのおだしの味を的確に表現し、

昆布や乾しいたけのおいしさまで理解する女の子がいました。

聞いてみると、彼女のお母さんは、市販の顆粒だしやだしパックは使わずに、

毎日おだしをきちんととって、お料理を作っていることがわかりました。

  

やはり、味覚は毎日の積み重ねによって形成されるのですね。

改めて、その重要性を認識しました。

 

【だし素材を熱心に眺める小学生】

  

  

最後にみんなで記念写真。

 

ふるさと学級の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

コロナが落ち着いたら、今度はおだしを使ったお料理を

一緒に作りましょうね!! (^-^)

 

  

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

だしがら料理と言わせない!?

2021-05-12 14:52:53 | だし

4月の末に、冷蔵庫で余りがちな煮干しを使って

水だしをとっているという記事を書きました。

こちらです。

  

昆布と煮干しを合わせて、水だしをとっておりますので、

当然、こういうものが残ります。

  

  

このだしをとった後の煮干しを私はこのように活用しています。

「元カタクチイワシだ!」と考えて、いわし料理を作るようにしています。

  

 

まず、フードプロセッサーにかけます。

  

 

こうなれば、いわしのつみれと大差ありません。

  

  

これに、ねぎ、生姜を加え、お豆腐でカサ増しして、

鶏挽き肉で脂分を足します。

そうすれば、いわし豆腐ハンバーグの出来上がり!!

和風のとろみのあるタレを添えました。

  

  

こちらは、上とほとんど同じなのですが、

ネギと生姜の代わりに、玉ねぎとローズマリーを加えたハンバーグを作り、

トマトソースで煮込みました。

これは、「すごくおいしい!」と喜ばれました。

  

  

だしをとった後の昆布は、切り干し大根やきゅうりと一緒にサラダ風和え物に。

  

 

だしがらも工夫次第でおいしくいただけます。

SDGsって、決して壮大な目標ではなく、

こういう小さなことの積み重ねではないかと思います。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする