”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

今年もお世話になりました

2018-12-31 13:36:07 | ブログ

平成最後の大晦日・・・という言葉を朝から何度も聞いています。

もっと感慨深く過ごさなければいけないのでしょうが、

相変わらずバタバタしています。

   

今年は、前半と後半で大きく生活が変わりました。

10月から夫が仕事復帰し、それをきっかけに

私の毎日も張り合いのあるものになりました。

  

その10月は、台風24号の残した爪痕からのスタート。

私の住んでいるところは、停電や断水の被害には合いませんでしたが、

すぐ近所では4日も停電していました。

  

その時、停電の不便な暮らしを楽しむ人とそうでない人の

違いを感じました。

「電気が使えないから、お鍋でご飯を炊いたけど、

 おこげってあんなにおいしいのね。」

「夜空ってあんなにきれいなんだね。」

「太陽が昇ることがこんなにありがたいなんて!」

 

どんな時でも、その状況を楽しめる人(悪く言えば、能天気な人)が

一番強くて幸せだということを感じました。

そして、その考え方を真似したいと思うようになりました。

 

  

 

私自身のことを言えば、

「挑戦する」なんて気はさらさらないのに、

結果、今までやったことのない(自分にはできないと思っていた)

企画・運営のようなことに2回も挑戦することに・・・。

 

もちろん、多くの方に支えていただいたからこそ、

できたことだと感謝しております。

  

それでは、今年も私の拙いブログにお立ち寄りいただき、

ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。(^O^)

 

コメント (2)

お餅つき

2018-12-30 21:31:41 | ブログ

今日は、ご近所さんのお餅つきに呼んでいただきました。

 

かまどに薪をくべて、もち米を蒸します。

【この写真、向きが変わりません。(^-^; そのうち回転するかな?】

  

   

蒸したもち米を餅つき機に入れて、こんなふうになったら取り出します。

  

   

急いで専用の袋に入れ、伸ばします。

  

   

全部で8うす分。

丸いお供え用のお餅も作りました。

  

   

お昼は、つきたてのお餅に好きなものをつけて

みんなでいただきました。

  

私は大根おろしをかけたものが一番好き!!

寒かったけど、とてもゆったりとした時間を過ごすことができました。

  

ついたお餅はいただいて帰りました。

ご近所さんのおかげで、お正月が迎えられます。

ありがとうございます!!

 

コメント (2)

年末年始くらい休業しても・・・

2018-12-29 16:03:12 | ブログ

いつ頃からなのかしら?

スーパー、ショッピングモール、飲食店が

年末年始も営業するようになったのは?

 

昔は、お正月の三が日はお店が閉まっているのは当たり前だったから、

年末にたくさんの食料品を両親と買いに行きました。

お餅に飽きるかもしれないから、食パンも買ったり、

牛乳も紙パック3本(3リットルか!)も買ったり・・・。

あまり好きではなかったすき焼きの材料も・・・。

  

今は、元日からスーパーがやっていると思うと、

買いだめはしなくなりましたね。

元日も営業するようになったのは、1990年代からのようです。

コンビニが年中無休で営業するようになったので、

「他が休んでいる間に働け~!!」という傾向が強くなったとか・・・。

   

そんな中、昨年末に発表された大戸屋さんの取り組みは

注目されましたね。

大晦日と元日に、直営店146店のうち、80店を休みにするというものです。

【画像お借りしました】

   

理由は「従業員の心と体の健康のため」。

休める時にしっかり休んで、従業員の士気を高めるのだそうです。

  

実際、人手が足りない年末年始に、無理して人を雇って営業しても、

特別手当として高いお給料を支払うのなら

さほど儲からない。

それなら、休みにした方がいい・・・ということなのでしょう。

  

今年は、大戸屋さんだけでなく、

ファミレスやスーパーでも年末年始に休むところが増えるようです。

  

昭和の頃のような、年末年始が戻ってくるのでしょうか?

それもいいと思います。

 

コメント (2)

うつではなかった?

2018-12-28 20:32:51 | ブログ

先日、「ホンマでっか!?TV」を見ていたら、

「衣食住など実用的なものにばかりお金を使い、

 趣味や楽しみのためにお金を使わない人はうつの傾向がある。」

と、評論家の先生がおっしゃっていました。

  

私、もともと実用的なものにしか興味がなかったのですが、

ここ数年その傾向が強くなってきました。

  

というのは、こういう仕事をしていると、

資料を集めるのにもお金がかかる、

料理の試作にもお金がかかります。

だから、自分の楽しみのためにお金を使うなんてもってのほか!!

と思っていました。

  

コンサートにも、映画にも行かず、CDも買いませんでした。

洋服もおしゃれのためには買っていません。

破れたから買う・・・それだけでした。

  

それでもいいと思っていたのですが、

先ほどのテレビを見た時、このままこんな暮らしを続けていていいのか!?

と不安になりました。

  

でも、12月に入ってから生活はがらりと変わりました。

映画 ボヘミアンラプソディは3回観ました。

普通の上映、臨場感体験上映、熱烈応援上映の3回です。

 

自分の楽しみのためだけにお金を使うのって何年ぶりでしょう!!ヽ(^o^)丿

  

そして、今日はもう何年ぶりかにCDを買いましたよ!!

   

お金を使う対象が、QUEENで本当に良かった!!

平成最後の年が、こんなに輝くとは思わなかった!!

私は、うつではなかった!?

 

 

 

コメント (4)

三川スマイルクラブ 年忘れクッキング

2018-12-27 17:54:43 | 食育

今日は、三川スマイルクラブ(放課後児童クラブ)の皆さんと

年忘れクッキングと言う名のお料理教室。

リクエストをいただいたミートローフを中心に

地元のお野菜をたっぷり使ったメニューを考えました。

  

調理台に背が届かない子もいる中で、

子供たちが協力しあってお料理に挑戦しています。

 

 

野菜を切るのが大好きな子たち。

  

   

男の子はお肉こねこねをやりたがります。(^O^)

  

   

真剣なまなざしでスープのアクを取っている子。

  

   

カップにお寿司を詰めて、可愛く盛り付けるのは

1人1人やってもらいました。

  

   

お料理が完成しました。

 

●ミートローフ

  

   

●プチプチカップ寿司

プチプチの秘密は、ご飯に混ぜてあるもち麦。

  

  

こちらは、事前に作っておいた

「ふるふるグレープサイダーゼリー なぞのお野菜のせ」。

なぞのお野菜は、何か? クイズにしました。

「パイナップル!」「マンゴー!」「梨!!」などの答えが出ましたが、

正解は「ヤーコン」です。

    

 

そして、根菜と豆のスープも加わり、1人分の食事はこんな感じ。

「レストランのご飯みたい!!」と、みんな大喜び!!

  

 

この楽しそうな表情をご覧ください。

  

  

子供たちとの料理教室は、事前の準備がかなり大変です。

野菜もある程度カットしておいたり、茹でておいたり・・・。

  

サポートしてくださった指導員の先生、

チームリコピンの皆さん、

本当にありがとうございました。

  

これで今年の仕事も全部終了しました。

無事に走り抜けられて、本当によかった!!ヽ(^o^)丿

 

 

コメント