”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

池田交流センターで干し野菜講座

2022-01-23 00:04:37 | 干し野菜

磐田市 池田交流センターで、

「手作りチャレンジ!! 太陽の恵み 干し野菜」講座を開催いたしました。

 

  

ありがたいことに、申し込み受付開始10分で満席となり、

特別に2名様だけ増員させていただきました。

    

県が新型コロナウィルスの感染拡大を受け、「まん延防止」を要請したので

開催できるのか、ぎりぎりまで心配しましたが、

皆さん、元気に出席!!

   

    

 

【きゅうりも干す日数によって、こんなに様子が変わります】

 

    

干し野菜の基本を説明した後、

私が実際に干した野菜を使って、調理実習を行いました。

  

受講生さんたちが密にならないように、配置を考え、

合わせ調味料などもすべて合わせた状態でご用意させていただきました。

  

【干したけのこを使ったちらし寿司を作っています】

  

  

【干し大根と豚肉のオイスターソース煮、干しみょうが入り鶏つくねを作っています】

  

  

館内での飲食は禁止されているので、作ったお料理はお持ち帰りいただきました。

  

  

皆さん、意外な野菜が干せることに驚かれたり、

切り方によって干した時の食感が変わることに驚かれたり…。

「へぇ~」の連続でした。

   

 

「春になったら、たけのこを干すのが楽しみ!!」

と言いながら帰って行かれた方の笑顔に、春の日差しの温かさを感じました。

  

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

まだまだ不安な日々は続きますが、

野菜を干すこと、それを料理し、食べることで、

毎日が楽しくなりますように!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

干しヤーコンができました!

2021-12-21 01:00:36 | 干し野菜

この日の記事に、干しヤーコンに挑戦していることを書きました。

 

あれから1週間、乾燥した天気も手伝って、

結構パリンパリンに干せました。

   

左は、スライスして酢水に浸けたものを生のまま干しました。

右は、丸のまま蒸してから皮をむいてスライスし、干しました。

  

両方とも甘みが強いのですが、

やはり蒸してから干したものの方が食べやすいです。

生のまま干したものは、ちょっと土っぽい味がします。

       

しかし、すべてがきれいに仕上がるかというとそうでもなく、

蒸したものの一部は、こんなに黒っぽくなりました。

さつまいもで作る干しいもでも、こうなるものがありますから、

仕方ないのかな?

  

蒸してから干したものは、見た目も味もさつまいもそっくり。

さつまいもよりかは硬いけど…。

  

 

お天気が良かったので、こんな写真も撮りました。

青空に干しヤーコンが映えます。(^-^)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

干しヤーコンに挑戦しています

2021-12-11 00:56:31 | 干し野菜

これまでヤーコンを干す時は、ただ切って、ザルに並べ、

天日干ししていましたが、

干し芋みたいに、作ってみようと思いました。

  

 

まず、40分ほど蒸してみました。

  

 

40分経っても硬いヤーコンは半分に切って、更に20分以上蒸してみました。

それでも、芯は残ります。

どうしても軟らかくなりません。

  

 

軟らかく蒸せたものだけスライスして、天日干ししています。

1週間くらいは干してみようと思います。

  

 

どうしても軟らかくならなかった芯の部分は、細かく刻んで

パエリアの具にしました。

根菜と塩麹のパエリアです。

これ、今日(正確には昨日)のインスタに投稿した写真です。

 

インスタを始めて1年経ちました。

変なところに真面目なので、三日坊主になることもなく、

インスタも毎日投稿しています。(^-^;

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドライトマト、こんなに苦労するなんて!

2021-03-19 00:06:32 | 干し野菜

ドライトマトは、私にとって乾しいたけやかつお節と同じくらい

なくてはならない食材です。

「だし」感覚で使うことが多く、

イタリアンだけでなく、和食にも使います。

  

普通にスーパーで売っていたのに、

ある時、値引きされてワゴンで売られていたのを最後に、

見かけなくなりました。(T_T)

  

スーパーの店員さんに聞いても、

「もう、扱わなくなりました。」

 

自然食品店に行っても、

「うちには置いてないですね。」

  

ららぽーと磐田のKALDIに行けば買えることはわかっていますが、

あそこはかなり「密」な状態になるので、今は行きたくない・・・。

 

ネットで購入するとなると、配送料の方が高くつく!!

 

どうして、普通にスーパーに置いてくれないのか?

どうも、使い方のわからない人が多いらしい・・・。

  

で、お墓参りに静岡へ行った際、成城石井で探しましたよ。

ありました~!!

あ~、これが手に入らないばかりに、

いくつの料理を諦めたことか!!

うれしい!!

  

 

早速作ったお料理はこちら。

 

高野豆腐のブルスケッタです。

ドライトマト、グリーンオリーブ、くるみ、オリーブオイルを混ぜたものと、

ミニトマト、大葉、おからパウダー、塩麹、おからパウダーを混ぜたもの。

この2種類の具をのせてあります。

  

  

こちらは、肉じゃがにドライトマト。

ドライトマトはだし感覚で一緒に煮ています。

味付けは塩麹とに日本酒。

さっぱりとした肉じゃがです。

  

 

やっと、そばに来てくれたドライトマト。

大切に使いたい。

でも、うれしくて、ついついたくさん使いたくなる。(^_-)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大根でカツ!?

2021-01-17 11:39:37 | 干し野菜

年末にたくさんいただいた大根。

新聞紙に包んで常温保存していても、

やっぱり鮮度は落ちてきます。

 

そこで、ちょっと厚め(1.5cmくらい)の輪切りにして、

2~3日干してみました。

適度に水分は抜けて、表面にしわが出ています。

  

 

これを昆布だしで2分くらい蒸し煮にして、

そのままだしを染み込ませます。

  

で、これに衣をつけて揚げます。

私は、米粉を水で溶いたものにくぐらせた後、

おからパウダーをまぶすようにしています。

こうすると、溶き卵が要らないんですよ。

   

で、出来上がった大根フライをカットして、

カレーに添えると、カツカレーもどき!!

 

  

  

こちらは、同じように揚げた大根で、カツ丼風。

卵でとじている様子を、どうやったら表現できるか?

あれこれ考えた挙句、とろみをつけた湯葉あんをかけてみました。

 

卵とじには程遠い・・・。(>_<)

湯葉をケチらなければよかったかなぁ・・・。

 

何が何でも動物性のものを食べないわけではありませんが、

野菜ならたくさんあるので、買い物に行く回数を減らすためにも、

野菜で再現できたらおもしろいなと思って、試しています。

実験は続く・・・。(^^)v

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする