”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

おかわかめにムカゴが!!

2023-09-06 18:32:45 | 本と雑誌

現在の庭のおかわかめです。

隣りに枯れたアイコが写っています。

おかわかめは、葉が少し黄色くなり、

上の方の葉は小さくなってきましたが、まあまあ元気です。

  

  

毎年、秋になって枯れても、また翌年になると自然と生えてきて、

何の手もかけていないのです。

だから、お恥ずかしいことに、野菜として葉を摘む時以外は、

ほとんど気にしていないような状態です。

 

  

ブログのお友達がおかわかめの栽培にご苦労されているのを知って、

私も少しは勉強しなきゃ!!と思い、

おかわかめに関する記事を読み始めたのが最近のこと。

  

そうしたら、やたら「ムカゴ」という言葉が出てくる・・・。

私は、ムカゴと言ったらヤマノイモのムカゴしか知らなかったので、

「えっ!! おかわかめにもムカゴ!?」

と、驚いてしまいました。

  

 

で、よくよく見てみると、

(@_@)

ムカゴが付いている!! (@_@)

 

  

  

  

 

改めてムカゴについて調べてみました。

「ムカゴ」というのは、果実でも種でもなく、植物の栄養繁殖器官の1つです。

脇芽が養分を蓄えて太った部分のことで、

「ムカゴ」を付ける植物は、他にもオニユリ、ノビル、ニンニクなど結構あります。

  

おかわかめの栽培について調べていくと、

「おかわかめは、種から育てるのは難しいので苗から育てましょう。」

と書いたものばかり。

植物だから、種はあるはずなのに・・・。

  

きっと、おかわかめにとっては、

軽くて小さな種で時間をかけて生長するよりは、

栄養たっぷりのムカゴを付けて、それを地面に落とすことにより、

子孫を残す方が効率が良いと判断したのでしょう。

 

  

改めて、その植物にはその植物にあった繁殖の方法があることを実感。

植物が生き、子孫を残すための戦略を見た気がします。

  

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

百年ごはん こんな本が欲しかった!

2019-08-16 14:52:16 | 本と雑誌

静岡新聞社から、こんな宝物のような本が出ました。

   

しずおかのおかあさん ふるさとの百年ごはん

    

この本には、静岡県内の西から東まで

主な郷土料理や行事食が、月ごとに収められています。

そして、月の初めのページには、

その月の行事や風習について楽しい説明が書かれています。

    

この本を読んでいると、

年中行事→地のものを使った行事食→郷土食

と、ひとつの線で結ばれていく様子がわかります。

      

これまで、どなたにお聞きしても、

だいたいの手順は教えていただいても、

あとは「そんなの目分量で作るだよ!!」と言われてきた

鯖だしの芋汁(山芋とろろご飯)とか、

  

   

なかなかうまく作れない鬼まんじゅうのレシピも載っています。

  

  

年を重ねるごとに、地域の風習に興味が沸いてきます。

月ごとに、作っていきたいお料理がいっぱい。

こんな宝物を残してくれた静岡のおかあさんたちに感謝!!

  

静岡を離れて都会で暮らしている人にも贈りたい一冊です。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

笑い過ぎて泣いたこの一冊

2019-03-28 15:49:07 | 本と雑誌

一気に読んだ・・・

と言いたいのだけれど、そうもいかなかった。

  

もう、可笑し過ぎて、いちいち「そうそう!!」と頷き、

大笑いをする。

そのたびに、本を閉じるからなかなか読み進めることができなかった。

    

それは、こちら。

   

本多理恵子さんの「料理が苦痛だ」。

   

新聞の書評を読んで、今の自分の心情に近いものを感じ、

すぐさま本屋さんへ。(ネットで買おうとしないのが、「昭和」ですね。)

     

私は、料理は好きだと思う。

家事の中では一番好きだ。

よほど体調の悪い時を除いては、毎日ご飯を作っている。

  

でも、正直、SNSには疲れている。

Facebookを始めたきっかけは、

「盛り付けがヘタ!」とか「料理の写真がまずそう!」と言われたから・・・。

 

毎日、自分の家の夕ご飯を投稿して、

多くの人の目にさらされれば、盛り付けにも気を使うようになるだろし、

写真の撮り方も工夫するようになるのでは・・・と考えた。

いわば、Facebookは修行の場だった。

  

しかし、SNSにはおしゃれな家庭料理だけでなく、

豪華なフレンチやイタリアンのフルコースがこれでもかと登場する。

いまだに「修行」を続けている私は、

そんなウソかホントかわからない自慢料理の数々と

きらびやかな世界を見るのに、ほとほと疲れてしまった・・・。

  

だから、SNSは夢の世界!!

現実は、「突撃!隣の晩ごはん」状態。

買ってきたお刺身に昨日の煮物の残りがテーブルにのっている。

それが日常。

というくだりに大変救われた。

  

「ちゃんとした料理」を「毎日作り続ける」ことに

疲れてしまった人は、読んでみることをお勧めします。

 

ただし、笑いをこらえるのが大変なので、

電車の中、病院の待合室では読まない方がいいかも・・・。

顔が涙でぐちゃぐちゃになります。(*'▽')

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっと読書

2018-08-13 16:35:16 | 本と雑誌

夫が釣りに出掛けたので、まとまった時間が取れました。

そんなわけで、やっと読書。(^-^)

 

この2冊を読みました。

  

右の「医者が教える食事術 最強の教科書」は、

文字も大きいし、大切な個所はカラーで線が引かれているので

読みやすいはずなんだけど・・・。

 

ひとつの項目を読むたびに、本を置いて休憩したくなる。

読み進めることが難しい本でした・・・。(?_?)

まるでテレビの健康情報番組を見ているみたいで、

「で、何をどう食べると何に効くんだっけ?」

と、情報ばかり多くて何も残らないと言う・・・。

 

   

もう一冊の「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」は、

先の一冊に比べると、文字は小さいのだけれど、

目が疲れても、どんどん先を読みたくなる!!

 

一言一言が、するすると頭に入ってくる。

エビデンスに基づいた内容だから、よどみがない。

野菜ソムリエの勉強をしている時、「青果物と健康」という授業がありましたが、

そう、まさにその授業を受けた時のような満足感があります。

  

数多くの信頼できる研究によって、

本当に健康に良いと現在考えられている食品は、次の5つだそうですよ。

 1魚

 2野菜と果物(フルーツジュース、じゃがいも含まない)

 3茶色い炭水化物

 4オリーブオイル

 5ナッツ

 

大切なのは、食品に含まれる「成分」ではなく、食品や食生活全般。

ものすごく納得した一冊でした。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

易経 読んでみて!!

2018-01-31 20:26:18 | 本と雑誌

実は、野菜ソムリエになってからというもの、

一般書はほとんど読んでいません。

12年間、食、野菜、栄養に関する本ばかり読んできました。

  

そんな私が、お世話になっているお医者様に勧められて、

この冬、夢中になって読んだ本がこちら。

新泉社

竹村亞希子 築地佳つ良 共著

易経(陽の巻、陰の巻) 各1,800円

 

   

易経というのは、中国最古の哲学書で

陰陽論を元に教えを説いた書です。

中国の武将や王、日本の戦国時代の武将たちは、

苦境の立たされた時、易経を読んだと言われています。

 

この本は、その難しい易経を、

少年 乾太君の成長を通してわかりやすく解説したものです。

  

陽の巻

夢を持つってどういうこと?

夢をかなえるためには、何をしたらいいの?

この問題を乾太君が、夏休みの宿題という形で答えを見つけていきます。

  

  

陰の巻

こちらは、中学生になった乾太君に

何をやってもうまくいかず、

努力しても結果が出ないつらい日々がやってきます。

そんな辛い時を乗り切る方法を教えてくれます。

  

 

この本は、何歳の人が読んでも当てはまることがいっぱい。

子育て世代のお母さんにとっては、育児書になり、

学生にとっては、自己啓発本になり、

社会人が読めば、ビジネス書となります。

もちろん、未来ある子供たちにも読んでほしい。

 

もっと早くこの本に出逢いたかった。

でも、今という時期に出逢えたことに意味があるのでしょうね。(^-^)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする