”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

ロケットマンを観てきました

2019-08-30 11:46:22 | 映画

なかなかぼーっとした時間を過ごすことができないでいます。

無理やりでも現実から離れる時間を作ろうと、

昨日は映画を観に行ってきました。

こんな時、田舎でも家の近くにシネコンがあると、本当に便利です。

  

  

ずっと楽しみにしていた「ロケットマン」。

エルトン・ジョンの半生を描いた作品。

高校生の頃、ラジオから流れる彼の音楽を聴いて、

「なんて美しい曲なんだろう。」と思ったものです。

  

 

映画は、ステージ衣装を着て走っているところから始まります。

コンサートのバックヤードなのかと思って見ていると、

彼がたどり着いたのはステージではなく、グループセラピーの部屋。

  

ここで彼の幼少期からの半生が語られ、

ミュージカル仕立てでストーリーは進んでいきます。

    

この映画を観て、彼のあの美しい音楽の背景に、

ここまで壮絶な孤独と悲しみが存在していたなんて・・・

と、胸が痛みます。

   

ただ、これはドキュメンタリー映画なの?と思わせるくらい、

ドラッグやゲイの描写が生々しく、

見終わったあと、重苦しい気分になりました。

     

 

「ボヘミアン・ラプソディ」は、時系列など事実と異なる点はあっても、

エンターテイメントとして楽しめる作品でした。

観るたびに、「明日も頑張ろう!」という気分になりました。

だから10回も映画館に通ったのだと思います。

   

しかし、「ロケットマン」は、結構考えこんでしまった。

今度は、友人がどんな感想を持つのか、

もう一度勇気を出して?、一緒に観に行こうかと思っています。

 

    

最後に、「ボヘミアン・ラプソディ」にも登場した

音楽マネージャーのジョン・リードがこの作品にも登場します。

描かれ方があまりに違うのでびっくり!

まだ、ご存命の方なのに、いいんですかねぇ・・・。

 

 

コメント

うれしい!!ヽ(^o^)丿

2019-02-25 14:42:56 | 映画

『ボヘミアン・ラプソディ』が、第91回アカデミー賞で、

最多4部門を受賞しました。

主演男優賞(ラミ・マレック)、音響編集賞、録音賞、編集賞です。

  

本当にうれしい!!

  

映画を観るたびに、ラミさんの親戚のおばさんのような気分になって、

今日の日を待っていました。

【授賞式の画像 お借りしました。】

 

おめでとう!! ヽ(^o^)丿

おばさんに輝ける日々を与えてくれて、本当にありがとう!!

 

 

コメント

Young Man at Clinic

2019-02-18 16:38:13 | 映画

日本時間で来週の今日、アカデミー賞が発表になりますね。

「ボヘミアンラプソディ」も5部門にノミネートされています。

 

作品賞、主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞ですが・・・。

私が審査員だったら、助演男優賞を差し上げたい俳優さんがいます。

  

そのシーンは、最後のLiveシーンと同じくらい好きです。

エイズの診断を受けたフレディがクリニックの廊下で、

若いエイズ患者の男の子と静かなコール&レスポンスを交わす、

あのシーンです。

  

あの時の男の子のうれしそうな静かな微笑み。

そして、廊下に差すやわらかな光の中で、

じっと前を見て座っています。

彼のあの演技、素晴らしいと思います。

  

どこのどなたかは知りませんでしたが、

エンドロールをじっと見ていたら、

「Young Man at Clinic」という役名で、

俳優さんのお名前は、Matt Greenwoodさんという方でした。

 

この方です。

  

 

「私が審査員なら、この子に助演男優賞をあげたい!!」と言うと、

友人は「セリフが、 Ay-oh? だけじゃ助演男優賞は無理!」と言います。

夫は、「君が審査員じゃないことはわかっているから!」と言います。(^-^;

  

それはともかく、来週の発表、楽しみですね。

(ここだけの話ですけど、私、今日で7回目、観てきました。)


コメント (2)

仕掛けばかりが気になった・・・

2015-06-18 13:36:08 | 映画

もう7~8年前になりますが、この本を読もうと思ったのは、

単純に舞台が静岡だったから・・・。

  

  

乾くるみさんの「イニシエーション・ラブ」。

新静岡センター、柚木自動車学校、カネボウ通りなど

静岡の地名がそのまま出てくるのがおもしろくて、

どんどん読み進んでいく。

そして、最後の2行で、「えっ、ウソ!!」と大どんでん返しがあり、

思わず2度読みしてしまう・・・という本でした。

  

あまりのおもしろさと衝撃から、

当時の私はこの本を静岡出身の友人たちに

買って送ったほど・・・。

イニシエーション・ラブ推進委員長にでもなったつもりでいました。

  

 

だから、この作品が映画化されると聞いた時、

大変驚きました。

ストーリー展開から考えて、

絶対に映画化は難しいだろうと思っていたからです。

  

 

で、先週、ついに観に行ってきたのですよ。(*^_^*)

 

  

  

原作を知っている者としては、

「どうやって表現するのか?」という「仕掛け」ばかりが気になって、

「あっ、なるほどね。」

「おっ、そう来たか!」

と独り言が多くなります・・・。 ^_^;

  

  

映画、そのものを楽しみたければ、

原作を読まずに行った方が

ラスト5分の驚きが新鮮だと思いますよ。

  

 

ところで、主人公たっくんの同僚である海藤君、

わたしら、あんな静岡弁はしゃべらねーずら!!

 

コメント

美味しいの「美」

2015-05-26 08:45:12 | 映画

昨日しか空いている日がなかったので、

浜松で上映されている

「千年の一滴 だし しょうゆ」を見てきました。

  

これは、日仏合作のドキュメンタリーで、

第1章が「だし:大自然のエッセンス」、

第2章が「しょうゆ:ミクロの世界との対話」

の2章から成り立っています。

  

  

  

私は、ずっと疑問に思っていたことがありました。

それは、「なぜ、だしを『引く』と言うんだろう?」

ということ・・・。

  

でも、その答えはこの作品が教えてくれました。

北と南の海、山林など四季の変化を見せる

大自然の恵みを『引き』出し、生まれたものがだしなのです。

 

  

  

そして、 アスペルギルスオリザという1種類の麹カビが

しょうゆ、酒、みりん、味噌といった

日本の伝統調味料を生み出します。

  

  

 

「枯れ木に花を咲かせましょう」と声を掛けながら、

職人さんは大豆や米や麦に

アスペルギルスオリザをふりかけます。

そのカビの様子を特撮を駆使した映像で見ていると、

本当に生き生きと動き、穀物の上に花を咲かせるのです。

  

米麹を表す漢字に、「糀」という文字がありますが、

ここに「花」という字が使われている意味が

よくわかります。

  

アスペルギルスオリザの美しい動き・・・。

美味しいの「美」という字もここから来ているのでしょうか?

 

 

美味しいものの「美しさ」、日本人の叡智を強く感じます。

食に関する仕事や研究をされている方だけでなく、

子供たちにもぜひ見てほしい作品です。

 

コメント