”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

日本のごま塩と寒梅粉

2021-10-22 00:01:42 | 調味料

こんなごま塩をいただきました。

その名も「日本のごま塩」。

信州産のごまが使われている香り高いごま塩です。

  

 

なかなか、ごま塩を使うお料理が作れなくて、

(と言うのも、うちにはもち米がないので、お赤飯も作れません。)

秋になってやっと、このごま塩が似合うさつまいもご飯を作りました。

甘いさつまいもに香り高いごま塩の塩気がよく合います。

  

 

さて、ごま塩の原材料を見てみると、見慣れぬ文字が!

「寒梅粉」と書かれています。

  

 

寒梅粉というのは、

もち米を蒸して餅生地を作り、更に煎餅状に焼き上げて製粉したもので、

和菓子や豆菓子を作る時に使われる米粉です。

「梅」と書かれていますが、梅は入っていません。

ちょうど寒梅が咲く頃に新米を粉にしたことが、その名の由来とされています。

  

で、なぜ、その寒梅粉がごま塩に使われているのか?

 

それは、塩とごまの比重を合わせるため。

比重が違うと、振った時に塩とごまが二層に分かれてしまうため、

塩に寒梅粉を付着させることで、ごまと同じ比重にしているのです。

 

以前、自分でごま塩を作った時に、

ごまと塩がうまく混ざらなくて、不思議に思ったことがあったのですが、

それを防ぐために寒梅粉が使われているのですね。

 

勉強になりました。

そして、ごちそうさまでした。m(__)m

 


いりこみそ、これはイケる!!

2021-06-28 00:39:06 | 調味料

広島のぷ~ちゃんから、珍しいおみそをいただきました。

  

  

広島県呉市のますやみそさんの「いりこみそ」です。

調味みそなのですが、いりこが入っているものは初めていただきました。

  

 

開けてみると・・・

香りがすっごく良いのですよ。

なめてみると、お酒の味と香りを感じます。

瓶詰めのウニの味に似ています。

  

 

で、原材料を見てみると

「酒精」と書かれていました。

このエチルアルコールを感じていたのか???

  

 

ぷ~ちゃんは、ご飯にのせて食べるのがお好みとのことですが、

我が家は、庭のきゅうり 夏すずみに付けていただきました。

  

 

今日は、ご飯のおかずとしていただきましたが、

これは絶対、日本酒に合いますよ~♪ (´∀`*)ウフフ

 

珍しいものをありがとうございます。(^-^)

 


ぬかチューブ、使ってみました!

2021-05-08 00:15:14 | 調味料

手軽にぬか漬けができると話題のぬかチューブ、

お友達が使っているのを見て、私も買ってしまいました~♪ ヽ(^o^)丿

  

  

きゅうり1本の両端を切り落としたら、ラップの上にきゅうりを置き、

ぬかを12cmずつ2本絞り出します。

ラップの上で、ぬかがきゅうりを包み込むように広げていき、冷蔵庫へ。

  

  

漬け時間は8~32時間とありますが、

2晩くらい置いた味が我が家の好みです。

  

 

ぬか漬けは一度失敗したことがあるので、

食べたくなると、市販のものを購入していましたが、

これなら、いつでも気軽にぬか漬けが作れます。

便利、便利!! (^_-)-☆

 


お気に入り 燻製マヨネーズ

2021-03-25 00:08:04 | 調味料

ずっと探していて、最近やっと見つけたものがこちら。

キューピーの燻製マヨネーズです。

  

 

原材料の醸造酢中、スモークビネガーが70%配合されています。

スモークビネガーというのは、醸造酢を燻製したものです。

  

 

先日の写真と重なりますが、

こんなふうに、野菜に付けるだけで、燻製の深い香りが加わります。

マヨネーズの印象がガラッと変わり、大人の味になります。

  

 

こちらは、朝ごはんのトーストの味付けに使いました。

   

 

このマヨネーズは、お酒にも合う味です。

おつまみを作る時にも活躍しそう!!

と言っても、最近はオールフリーしか飲んでいないけど…。(^-^;

  

見つけたら、ぜひお試しくださいね。

 


酒粕、使っています

2021-02-04 14:28:22 | 調味料

この日、酒粕を使ったチーズケーキを2種類紹介させていただきました。

その後、このように酒粕を使っております。

  

湯豆腐のタレに。

左のタレが、酒粕を水で溶いたもの(ゆる粕)に薄口醤油を混ぜたものです。

  

  

こちらは、ヤンソンの誘惑のヴィーガン版です。

じゃがいも、ネギ、アンチョビ、生クリームで作るシンプルなグラタンが

ヤンソンの誘惑ですが、

こちらはアンチョビの代わりに乾しいたけを使い、

生クリームの代わりに、酒粕と豆乳と白味噌を混ぜたものを使っています。

 

  

こちらもヴィーガン春巻き。

春巻きの中身は、水切りした木綿豆腐、酒粕、ネギ、生姜です。

  

  

フランスパンが余るとよく作るパンプディングにも酒粕を混ぜています。

  

  

こちらは、夫のテレワーク弁当。

酒粕とお醤油に漬けた鶏胸肉を焼きました。

昼休みの時間が取れないようなスケジュールの日は、

こうしてお弁当を作って、テレワーク部屋に運びます。

(私は、下で一人、「バイキング モア」を見ながら適当に何か食べています。)

  

 

私は、そんなにお酒が弱いわけではありませんが、

酒粕料理ばかり作っていると、常にアルコールが入っているような気になります。

運転、気をつけます。(^-^;