”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

芥子餅をいただきました!

2019-09-15 10:10:58 | お菓子

大変お世話になっているS氏が、

出張先の大阪から「銘菓 芥子餅」を送ってくださいました。

 

こんな箱に入っています。

本家小嶋さんの芥子餅です。

  

  

箱を開けてみると、

この芥子の実がびっしりとまぶされた外観にも驚きですが、

それ以上に、芥子の実の香ばしい香りに驚かされます。

  

 

そして、中にはなめらかでほど良い甘さのこしあん。

それを実にやさしく、やわらかなお餅が包んでいます。

  

   

口に運ぶと、上品な甘みに芥子の実の香ばしさにが加わり、

噛むほどに芥子の実のはじける食感と香りが

口いっぱいに広がっていきます。

 

本当は、もっとしっとりと味わっていただくべきお菓子なのでしょうが、

ついつい2個目に手が伸びてしまいます。

  

 

このお菓子は、こんな包装紙に包まれていました。

   

南蛮貿易により栄えた堺で、

外国から入ってきた芥子の実を使って作られた芥子餅は

千利休に愛されたことで広く有名になったそうです。



千利休が愛した銘菓、おいしくいただきました。(^-^)


コメント

映画のあと 9月の笠井珈琲店

2019-09-14 11:46:53 | ブログ

映画を観に静岡へ行くと、必ず笠井珈琲店に寄ります。

笠井珈琲店は7月16日~8月31日まで夏休みだったので、

休み明け、初めて伺うことになります。

  

 

私は、いつものガトーバスク。

今日は、1/2アイスコーヒーは付けずに、

大カップのコーヒーをいただきました。

 

  

   

奥に見えるのは、お友達が頼んだカスタードプディング。

これがいいんですよ!!

昔ながらの王道、硬いプディングです。

ここ数年流行りの、ふわとろプリンとは違って、

しっかり自立しており(笑)、濃厚なお味なんです。

  

  

で、映画なんですけどね。

「ロケットマン」の2回目を観てきました。

1回目の感想は、こちらに書いてありますが、

いやぁ・・・。

私、昔から映画やドラマの内容をかなり引きずるタチでして、

もう「ロケットマン」を観て以来、

重っ苦しい気持ちをずーーっと抱えて暮らしていました。

   

こんなことでは、この映画の良さどころか、

エルトン・ジョンの曲さえ理解できなくなってしまうのではないか?

  

そう思って、意を決して、親友と観に行ったのですよ。

観終わって、コーヒーとケーキをいただきながら、

感想を言い合っているうちに、気分は晴れ晴れ。

すべてのことが腑に落ちました。

   

やっぱり、私にはMy Best Friendと笠井珈琲店は必要!!

いつも、ありがとう。(^-^)

 

コメント

四国・瀬戸内フェアをやっていたので

2019-09-13 11:03:54 | ブログ

昨日は、友人と映画を観に行きました。

12時40分からの上映だったので、その前にランチ。

  

私も友人も、寄る年波には勝てず、

お昼は軽めにしないと、胃もたれします・・・。(^-^;

だから、外食する時はもっぱら麺類です。

  

 

シネコンの入っているショッピングモールのお蕎麦屋さんが

「四国・瀬戸内フェア」をやっていたので、

四国野菜が使ってあるメニューをいただきました。

  

 

室戸産金目鯛と四国野菜の天ざる

  

   

こちらが金目鯛と四国野菜の天ぷらです。

・室戸産金目鯛

・高知県産土佐米なす

・直島海苔(香川県)

・えびちくわ(愛媛県)

・高知県産極みえのき

・高知県産ししとう

・鳴門金時と高知県産黄金しょうがのかき揚げ

  

   

この天ぷらには天つゆとオリーブ塩が添えてありました。

こちらがオリーブ塩。

どんなお塩なんだろうとちょっとなめてみて、びっくり!!

にんにくが入っていました。

   

吐き出すわけにもいかず、水で飲み込みました。

あとで調べてみたら、オリーブ塩の正体は

 ・岩塩

 ・乾燥オニオン

 ・オリーブ粉末

 ・乾燥ガーリック

 ・オレガノ

 ・タイム

 ・セロリ

 ・ペッパー

  

わぁ、これは無理ですわ・・・。

乾燥オニオンまで入っている・・・。

玉ねぎは大好きですが、乾燥したものはにんにくと同じ匂いになるので、

Wパンチですね・・・(>_<)

  

 

こちらは小鉢に入っていた「ぞっこん生姜大根」。

高知県産生姜と国産大根の熟成しょうゆ漬けです。

  

 

四国・瀬戸内フェアというから、

岡山や広島のものもいただけるのかと思っていたのですが、

あくまでも四国の瀬戸内海沿岸という意味でした。

   

改めて、高知県は農業王国だということを実感しました。

このあと観た映画のことは、また後日書かせていただきますね。

 

 

コメント

冬瓜チヂミ

2019-09-12 08:52:30 | 食・レシピ

昨日に続き冬瓜のお料理です。

こちらは、冬瓜で作ったチヂミです。

左のナンみたいなのが冬瓜のチヂミ。

その横は、冬瓜の酸辣湯です。

  

   

作り方は、昨日の冬瓜のサラダと同じ下準備をします。

詳しくは、こちらをご覧ください。

  

 

このサラダと同じように、千切りにし、塩もみして、

水気を搾った冬瓜(150gくらいになりました)と白ネギ1/3本。

これに粉類を100g合わせました。

粉類と書いたのは、もちろん薄力粉だけでもよいのですが、

今回は薄力粉、おからパウダー、片栗粉を合わせたからです。

  

  

これに、卵1個、水200ml、昨日の残りの冬瓜サラダも加え、

さらにかつお節削り1袋(2g)を加えたものがこちら。

サラダの残りを加えたので、ハムの姿も見えますが、

別になくてもおいしいです。

  

 

これをごま油を熱したプライパンで焼きました。

この分量でチヂミ2枚分になりました。

    

中がふわっとして、外がカリッとした冬瓜チヂミは

とてもおいしかったけど、

私は冬瓜疲れ・・・。(>_<)

  

 

コメント

冬瓜のサラダ

2019-09-11 09:29:08 | 食・レシピ

時間の余裕があって、体力もある時じゃないと作れない。

でも、冬瓜の大量消費にはこれが一番では?

  

 

こちらは、皮をむき、種やワタを取った冬瓜を

千切りにしました。

436gあります。

  

  

これに塩をまぶし、20~30分置いておきます。

この間に、他の料理の準備をしたり、

洗濯物をたたんだりしています。

  

  

この塩をまぶした冬瓜をぎゅっと搾ります。

すると、こんなに水分が出ます。

 

  

 

搾った冬瓜は、こんな感じです。

286gになりました。

この後、もう一回搾れましたので、

重さはさらに減っているはずです。

  

  

これにハムなどを加え、マヨネーズで和え、

塩、こしょうで味を調えます。

右の黒いお皿にのっているのが、冬瓜サラダです。

手前のは、冬瓜と鮭缶のあんかけ丼。

  

  

「冬瓜って生で食べられるの?」って聞かれますが、

食べられますよ~♪

煮物のとろっとした食感と違って、

シャクシャクした冬瓜は、この手間なしでは得られません。

  

何かに無心になりたい時、

冬瓜を千切りにしてみてはいかがでしょうか?(^-^)

 

 

コメント