”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

黄金菜の正体は?

2016-03-21 13:53:23 | 野菜

直売所で、初めて見る野菜とか

初めて聞く名前の野菜は、とりあえず買ってみます。

  

これもそうでした。

 

 

黄金菜(こがねな)と書かれていました。

そして、生産者さんの手書きの説明によると

「ふだん菜の新品種」とのこと。

  

ふだん菜って何?

家に帰って調べてみると、フダンソウのことでした。

でも、フダンソウはアカザ科。

これは、どう見てもアブラナ科に見える。^_^;

  

そして、さらに調べていくと・・・。

この黄金菜というのは、山東菜の交配種であることが判明。

だから、アブラナ科ですね。

 

山東菜というと、苦い思い出があります。

結球していない白菜のようなものだから、

生でも食べられるだろうと思って、

山東菜を口に入れた時の、あのアクの強さ・・・。(>_<)

   

でも、この黄金菜はベビーリーフとしても

利用されているだけあって、

生でサラダにしていただくこともできるとか。

 

   

そこで、こんなふうにして、いただいてみました。

 

 

白い茎の部分は炒めて、

緑の葉の部分は、他の野菜と合わせて生のまま

ラーメンの具にしてみました。

  

生の葉は、食べているうちに、だんだん半煮え状態になります。

炒めた茎が一番甘かったけど、

生の葉も、ちょっと熱が通った葉も食べやすかったです。

  

黄金菜の正体は、食べやすくなった山東菜でした! (^_-)-☆

 

コメント