”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

気になる黄ニラ醤油

2016-03-27 13:43:52 | 調味料

岡山のハーブ研究家のMさんが、ご自身のログ

地元の有名な卵かけご飯のお店のことを書いていたのを見て、

とても興味を惹かれたものがあります。

  

それは、卵かけご飯にかけた岡山名物「黄ニラ醤油」。

 

   

この黄ニラ醤油は、製品として存在するものか?

それとも、

岡山の各家庭で手作りされている伝統的な調味料なのか?

  

 

で、調べてみましたら・・・。

ありました~!! ヽ(^o^)丿

 

【とら醤油さんのHPより画像お借りしました】

  

岡山県倉敷市のとら醤油さんが製造されていました。

   

この黄ニラ醤油は、本醸造醤油と岡山県産の黄ニラに

鯛・昆布・椎茸エキスをほどよくブレンドしたものということですので、

正確に言うと「醤油加工品」になります。

 ※醤油加工品とは、醤油をベースに作られた液体調味料のこと

 

 

岡山県は、黄ニラの栽培面積、生産量ともに全国1位。

全国の生産量の約7割を岡山県が占めています。

黄ニラは、芽が出る前のニラの根株に何重にも覆いを被せ、

太陽光線を遮断して栽培し、軟白化させて育てています。

周年栽培されていますので、このような加工品もできるのですね。

 

【岡山県農政企画課さんのHPより画像お借りしました】

 

  

実は、私が住んでいる地域のJA遠州中央さんも

黄ニラの栽培に力を入れています。

しかし、一般のスーパーで見かけることはありません。

 

それもそのはず。

黄ニラは、収穫した後も、光に当てておくと緑色になり

普通のニラになってしまうので、収穫後も注意が必要です。

この変色を防ぐため、収穫後すぐに箱詰めされて、

高級食材として首都圏などに出荷されてしまうのです。

 

  

黄ニラは、香りがマイルドなため、

ニラが苦手な人でも食べることができると言われています。

(実は、去年の夏、高級中国料理店でいただいたのですが、

ど緊張の中、味を全く覚えていないのです。^_^;)

そんな箱入り娘を使ったお醤油なら、

ニラが苦手な私でも大丈夫かな?

 

コメント