片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

宣伝コピー通り、感動の渦に・・“魂が、震えるー”「沈まぬ太陽」観映・・・!

2009-11-30 16:13:51 | 「映画・演劇」


 気圧の通過と寒気の訪れで雲に覆われた灰色の週明け月末月曜日
 珍しくスケジュールの無い30日、朝刊の映画広告欄を見ていると大反響を呼んでいる山崎豊子 “不朽の名作”「沈まぬ太陽」が10:10分“市民映画館”シネ・ピピア上映と案内されていた。
 「ピピアめふ」屋上の駐車場に停車して5階の映画館に入ると既に16人のお客さんが開場を待って並んで居られた。
 全てがシニアの皆さんで男性は私を含めて3人、会話を聴いていると昨夜のテレビの話題、NHK “坂の上の雲”の内容から裏番組ボクシングの実況放送と実に広範囲に及び、女性の活発な、積極的な生き方を垣間見る思いです。

 冒頭から未曾有のジャンボ機墜落事故で始まり、当時会社の上司・高校時代の友人を亡くした辛い想い出が甦り、身体を固くしながら、やがて政界を巻き込んだ怒涛の展開に引きずり込まれる。
 発売当時700万部売れた書籍は第一巻、第二巻、第三巻と書店に並ぶのを待ち構えて購入、大組織の中で翻弄されながらも、不屈の精神を持ち戦い続ける主人公「恩地」に共感を覚えた鮮烈な想い出が観映中に甦ってくる。
 昨日もテレビ報道で航空行政が話題になっている今日、組合を含む組織の問題・会社と個人の問題がクローズアップされ、タイミングの良い年末を飾る問題作。
 3巻に及ぶ大作をシナリオに纏め上げた脚本家の手腕に瞠目すると同時に世界的俳優「渡辺謙」の熱演が素晴しかった。

コメント

“友の会 みんなの笑顔 楽しみに・・・ ”集ったのは20人の仲間・・・!

2009-11-29 17:33:35 | 「脳卒中」友の会


 頻繁に気圧の谷が接近、曇り空が広がる日曜日、夕方から時雨れる天気予報。
 平年並みの気温と報道されるが室内はゾクゾクして寒く、石油ストーブを燃やし、マヒ手は手袋を履き、膝から下はスッポリ毛布で覆い机に向かう。
 PCから「筆まめ」を選択して年賀状の宛先印刷に着手する。
 住所録の中から22年度の年賀状発送氏名にチエックを入れたリストだけ指名してプリントアウトを行う。
 午後は14:00「ぷらざこむ1」23会議室にみんなの笑顔を楽しみに“芦屋から車を運転して”、伊丹から車椅子を制御して、“介護タクシーをチャーターして”20人の仲間が三々五々集まり、談笑に120分余り過ごしました。
 話題のNO,1は一泊二日で元会社のOB会に熱海へ行かれたY氏のご報告、平日の為、指定席の予約なしで新幹線「のぞみ」に自由席乗車、名古屋にて「こだま」に乗り換え熱海で下車する。
 旅館の大広間で30数名の宴会は椅子に座り、料理を前にお酌に来てくれる方の杯を頂き、楽しい宴席を過ごす。
 大浴場の入り口はスロープの階段と手摺が付いていたので楽に湯に入り、徐々に肩までスッポリ浸かり、温泉を満喫する。
 大浴場を一人で入り、大きな自信が付いた感じがすると述懐されていました。
 NO,2は嵐山日帰り旅行A氏報告、一人“渡月橋”を対岸に渡り、揚げタテのコロッケを求め、大混雑の人混みの中で食べながら歩いていて尻餅をつき座り込んでしまう。
 行楽客が心配して引き起こしてくれる恥ずかしい状態でした。
 嵐山電車「嵐山駅」から200円の切符を購入して「四条大宮」へ行き、準急で帰途に着いた。
 NO,3は尼崎市のO氏からのお便り報告、今年になってからマヒ後遺症にて顔面と眼球が大変痛く、出席できずに申し訳ありません。21年度会費を同封致しますとありました。
 NO,4はハローワークの職業訓練学校の試験に合格したF氏の報告、明春に始まるグラフィックアートの職業訓練学校の試験(中学生程度の数学と国語テスト)に400人の中から30人が合格、訓練を受けながら手当ても支給されるので経済的に大助かり。
 入寮して頑張りますと威勢の良い報告でした。

コメント   トラックバック (1)

~翼を風にゆだねて~巡るいのちの歌コサート「親愛なる母上様」に感動・・・!

2009-11-28 17:47:01 | 「ぷらざこむ 1」

 

 第39回「こむの音楽会」が午後2:00~3:00 “ぷらざこむ1 ”1階活動スペースにて開催され、常連客に加え、多くの来館者が「巡るいのちのコンサート」に感動のひと時を過ごしました。
 「こむの音楽会」は音楽に造詣の深いボランテイアが中心になられ、京阪神一帯で活動される音楽グループに声を掛けられ、2ケ月に1回ボランテイア演奏会を開催され、今日で39回目です。
 
口コミでジワジワ評判が評判を呼び、固定愛好顧客が増加の傾向にあります。
 本日の出演者は~翼を風にゆだねて~巡るいのちのコンサートとして人柄・語り・ピアノ・歌が地域で評判が広がりつつある34歳「奥野勝利オクノマサトシ」氏。
 幼い頃に両親とシンガポールに渡り、その後アメリカ音楽大学院で学び、一人祖母の元に戻り、人情深い日本の姿と現実のギャップの差にショックを受けながら、懐かしい日本・感情を歌にしています。
 語り風なお喋りと得意な電子ピアノに歌を活動の糧にされ、各地でコンサートを開かれています。
 本日の演奏は純粋で素朴な奥野さんの人柄が数々のオリジナル曲を通して伝わってくるメッセージはどれも自然で、一つに溶け込み聴いている私の胸に深く染み込んでくる感じです。
 語りはテンポ良く、ユーモアと頓知に溢れ、観衆の笑いを誘い、一人二役でアメリカ人「ジョージ」に変身してのテンポの良いポップは素晴しいの一言。
 身振り、手振りで手拍子をリードしてお客さんをグイグイ引きずりこんでいくエンタテイメイントの才能に感激でした。
 最後に阪神淡路大震災でこの世を去った青年が母に書いた一通の手紙を歌にした曲「親愛なる母上様」、透き通るようなメッセージが一所懸命に生きる光となり、聴衆者の全身を包み込んでいく。
 アンコール曲終了後、CDが1,000円で販売され並んで購入する。

コメント

添削に際し、平仮名は「ゆっくり、おおらかに」“筆を浮かして抜く”とご指導頂く“書道教室”

2009-11-27 17:07:39 | 「趣味の集い」


 再び気圧の谷が接近して雲が広がり、気温は平年並みに戻る。
 暖かい温度に慣れた体は少し冷え込むと自律神経の調整が狂い、鼻腔を刺激して「クシャミ」が止まらなく、毎回辛い症状を伴う。
 昨日の曜日変更で通所したポラリスデイサービスセンター「小林」、準備体操の前にスタッフから小林独自の企画で「エコキャップ運動にご協力を!」という誰にでも簡単に始められるボランテイア参加を呼びかけられる。
 ペッボトルのキャップを集めてNPO法人「世界の子どもたちにワクチンを日本委員会」を通じて国連ユニセフより、世界の子どもたちにワクチンを送る運動に協力することになる。
 ★キャップ400個で10円★ポリオワクチンは一人分20円・・・キャップ800個集めると子どもの命が救えますのキャッチフレーズに思わず襟を正す気持ちに襲われました。
 第一陣の出席者6人は協力を誓い合いました。
 午後は家内と二人、「ぷらざこむ1」1階活動スペースにて行われる「米谷書道教室」に出席、2時間余りボランテイアで指導されるO先生のご指導を頂く。
 先週の課題を非常に分かりやすい言葉で丁寧に添削していただく。
具体的なご注意点は☆形を覚え、感じを自分で作る☆筆先をトーンと入れ、締める所に筆圧を☆入り具合に柔らか味を持たせる☆線は真っ直ぐに一気に書くほうがバランスが取れる☆スーッと力を入れて直ぐに抜いていく☆少し柔らかさを持たすにはホンノ少し曲げる等・・・技術的なことを筆先で教えて頂くと簡単のように思えるが悪癖のある金釘流が治らず悪戦苦闘する。
 ドッシリとした生き生きした字を書くコツは「ゆったり おおらかに」平仮名は筆を浮かしてから抜く、行書は浮いてから抜くのでは筆先が走らないと細かく教わる。

コメント

お昼はフルコース「忘年会昼食」、午後は視障協「反省会」に出席。

2009-11-26 16:38:59 | 「ボランテイア グループ」

 

 高気圧に覆われ、11月末には珍しい一日(イチニチ)小春日和のうららかな天候に恵まれる。
 9時早々、「ぷらざこむ1」に入館、午後に予定される“宝塚視覚障害者協会 ”11/23挙行の「よっといで 遊びに来ませんか!」反省会の資料に備え、イベントの記録写真を中心にして報告書をA4用紙3枚セット五部作製する。
 本日昼食は第一回目の忘年会、昨秋結成した東公民館を拠点に勉強する「PC研究会」“パソシエ”グループの昼食を兼ねた早い目の忘年会が予定される。
 11:30分、味で評判の山本丸橋2丁目のレストラン 「だんけ“ 嶽”」に9人のメンバーが集合する。
 乾杯は唯一男性の「長老に・・・」とご指名を受け、グラスワインで乾杯、久しぶりに旨い前菜・サラダ・スープ・サイコロステーキを堪能する。
 この1年を振り返っての楽しい想い出話は尽きず、気分のお若い女性皆さんの笑顔に引き込まれ、正に若返りのひと時です。
 デザート・コーヒーを頂戴した時刻は13:30分、皆さんから二次会カラオケにお誘いを受けるが先約があるのでお断りして「反省会」に出席する。

 「ぷらざこむ1」24会議室にてT会長が司会され、出席した会員、ボランティアグループの皆さんに11/23 イベントの反省点を丁寧に聞かれ、早くも来年の催しに備えて居られる真摯な態度に感服しました。
 反省点は①参加人数が減少した②子ども向きの演出に欠けた③2階の催しに人が集らなかった④時間配分が偏っていた⑤昼食におにぎりが欲しかった等・・・意見が開陳され、司会のT会長が几帳面に記録され、改善に努めようという積極的な態度に感銘を受けました。

コメント

映像終了と同時に感激の静かな拍手が沸き起こるドキュメンタリー映画「マイケルジャクソン」

2009-11-25 17:25:32 | 「映画・演劇」


 昨日の夕方からの雨は一晩降り続くも、早朝は上がり気温も高く、青空が広がり暖かい冬に逆戻りする。
 今月の映画は何にするか、仲間と楽しい相談をしていたところ口コミで6/25急逝されたキング・オブ・ポップのマイケルジャクソンのライブリハーサルを映像に収めたドキュメンタリー映画「This Is  It これで決まりだ」が大評判で27日終了と聞き、映画仲間と出掛ける。
 8:00、念の為、朝刊で調べると「西宮ガーデンズ」は9:00、「伊丹ダイアモンドシテイ」は9:20初回上映と掲載されていた。
 時間的に、仲間を積んでからの距離・時刻を考慮すると伊丹の方が至近距離と判断して国道2号線経由、入館したのは9:10分、TOHOシネマズのチケット売り場は若い女性が多い長蛇の列に驚く。
 流石に、効率良く7~8ケ所の販売窓口を設け、捌くのは早く、座りやすい前列端のシートに着席をした時は予告編が上映されていた。
 ダンサーのオーデイション風景から猛特訓の舞台上、プロモーター・振付師・ミュージシャンを含めて何百時間に及ぶリハーサルの模様がビートの効いたロック・ポップが豪華に流れ、マイケルジャクソンの存在感、奥深さを魅せつける。
 今夏、ロンドンアリーナにて完璧なショーを目指したカムバックツアー「This Is  It これで決まりだ」、舞台裏を追った貴重な映像が惜しみなく次から次へとスクリーンに現われ、最新アルバムのビートに全身が釘付けになったように震えてくる。
 最高のエンターテイメント、ポップの王様がダンサー・ミュージシャンに演技上でアドバイスする様子は目線は同列に、優しく語りかけるようにささやく様子にマイケルの人間性を観た感じがする。
 監督・スタッフが「これまでで最高のマイケルだった」と語り、映画が終了すると周囲から静かな拍手が沸き起こり、思わず我に帰る。

コメント

ご親切に感謝!阪急電車往復「西宮北口駅」、「桂駅」乗車に席を譲っていただき「嵐山」を楽しむ・・・!

2009-11-24 16:58:24 | 「リハビリ」


 兵庫県に濃霧注意報が発令され、昨日に続き、霞んだ早朝を迎える。
 気圧の谷の接近が伝えられ、夕方から降雨の天候予報
 集団リハビリを兼ねた脳卒中「友の会」11月の日帰り旅行、この季節には恒例となった京都「嵐山」へ出掛ける。
 10:00 阪急宝塚駅改札内ベンチに集ったメンバーはボランテイアさん、付き添いの奥さんを入れて8名のメンバー(内1名は車椅子使用)、宝塚駅⇒西宮北口駅⇒特急 梅田駅⇒特急 桂駅⇒嵐電 嵐山駅を目指す
 3連休は大混雑した“嵐山”と報道され、半身不随の杖歩行の我々は一般乗降者にはご迷惑かも知れないが平日の遅い時間帯を選んで二つのグループに纏まって慎重に行動する。
 西宮北口駅の乗降口は二つに分かれ、混んでいる特急に乗り込んだ5人は目の前の席から3人の方が別々に席を譲っていただき、私と二人は入り口の手摺を掴んで立ち見乗車を初体験する。
 京都行き特急は時間をずらせ、席を確保して、「桂駅」迄乗車を楽しむ。
 乗り換えた嵐山電車、例年より乗客が多く、1台見過ごし、席を確保して終点に到着は12:10分。
 駅から桂川までは砂利道で半身不随の杖歩行には頗る歩行困難、途中の橋から小倉山を展望するスポットは支流域の“もみじ”が「紅葉」、「黄葉」に映えて最高の絶景です。
 桂川を前にして飾り石に座り、対岸の天竜寺付近、渡月橋から保津川の眺めは何時来ても飽きない、深み行く嵐山の趣が目に焼きつきます。
 昼食は毎年お世話になる川原食堂の床几に腰を降ろして、「ホット」一息つく。
 缶ビールで“おにぎり定食”を頂く方、“ワンカップ大関”でおでん定食を注文する方等周辺の素晴しい景色をご馳走に美味しいお昼飯でした。
 13:30分、夕方の降雨を警戒して渡月橋を渡るグループ、即帰宅グループと分かれて解散する。
 3人組で帰途に着き、「桂駅」にて梅田行き特急に乗車すると満席で困惑していると3人の壮年男性が大きな声で「どうぞ・・・」と席を譲っていただき恐縮しながら座らせていただく。
 今日は行きも、帰りも満席の中で席を譲っていただくご親切に恵まれ、感謝の日帰り旅行でした。

コメント

ボランテイアで参加、セルフヘルプグループ視覚障害者協会の「寄っといで、遊び来ませんか・・・」

2009-11-23 16:17:05 | 「ボランテイア グループ」

 昨年に続いて、T会長から写真記録係りボランテイア参加を要請され、セルグヘルピグループ 第三回 “宝塚視覚障害協会”主催「よっといで 遊びに来ませんか・・・!」のイベントが総合福祉センターにて開催され、「利用者運営委員会」の広報係報道カメラマンのK氏と参加する。
 自身、視力障害のハンディを抱えながら、「視覚障害者」仲間の自立をめざし、先頭に立ってユーモアを忘れず、常に大きな声と笑顔を忘れず、リーダーシップを発揮する尊敬する方です。
 同氏は他のボランテイアグループ仲間とネットワークを組まれ、上手く力を引き出し、会の運営・イベント開催にセルフヘルプグループの特色を発揮されています。
 9:30分、2階の受付にはボランテイアさんに支援され、介助犬を連れたN副会長さんを始め、仲間の人が並び、、白杖を手にガイドヘルパーに支援され訪れる会員に笑顔で賑やかな受付案内が始まっています。
 受付から進行を含めてプロデュース的に支援されるMさん、舞台装置からマイク調整までを引き受け、黒子役的に支援されるN氏、事前打合せ・当日を含めてボランテイアお二人の活躍がイベントの成功に繋がっています。
 10:00 T会長の元気な歓迎の言葉で午前の部が開幕、会員の皆さんの日頃練習を積んでおられる音楽サークルの成果が披露される。
 毎回、メキメキ技量の上達が示される「マンドリン部」、腹の底から朗々と吟じられる「詩吟詠歌」、お馴染みの歌謡曲“道連れ”、“北国の春”等をハーモニー上手に、楽しく唄われるする「歌唱部」と舞台上で次々に発表され、会場内は最高潮に盛り上がっていきました。
 午後の部はボランテイア活動センターに登録するVグループが続々登場して会場の皆さんに卓越した技術を披露され、会場を沸かせました。
 「楽しい朗読会」は“テープライブラリー宝塚”、ウクレレ演奏とフラダンス体験は「ロミロミ」の皆さんでした。
コメント

武庫川沿い寒風の中、1周600㍍「末広公園」リハビリ“ウオーキング”

2009-11-22 13:44:07 | 「リハビリ」

 気圧の谷が接近、早朝から雲が広がり、9℃前後の寒さに震えあがる。
 セーターに厚手のベストを羽織り、暖房対策に足元へ湯タンポを置き、膝から毛布を掛け、PCに向かうも暖かい気分になれず、石油ストーブをつけてようやく落ち着く。
 一昨日の小春日和の暖かさに慣れた体には8℃~9℃の冷え込みは心身共に応えて来る。
 年賀状の宛先整理を行い、次に賀詞文面三通の再修正にフオントサイズ、文字形態、文字色の変更を行い、確定する。
 今週金曜日書道の課題、「明けまして おめでとうございます」のお手本を見ながら左半身不随、歪みのある姿勢で平仮名文字の清書に取組んでいる内に数時間を経過、座り直しの修正を試みつつも腰痛を感じ、中止して姿勢を矯正する運動に出掛ける。
 フード付きのベンチコートを着用して武庫川沿いの「末広公園」に出掛ける。
 市役所前、武庫川大橋を左折して駐車場へ向かうとゲートから5台の車が待機中、Uターン不可能な為、15分余り順番を待つ。
 幸い障害者専用駐車場に1台のスペースがあり助かる。
 川沿いは北風が厳しくフードをスッポリ被り、時計回りにリハビリ歩行をスタートする。
 「せんだん」の大樹に沿って南へ下がり、Xマス用の花が咲き乱れる花壇を右折、化粧舗装された200㍍余りの直線を、体重を左に意識して膝を高く上げてリハビリウオーキングに努める。
 寒さと久しぶりの歩行に麻痺側左足はバンバンに硬直して、油断すると爪先が地面に引っ掛かりそうで「氣」を集中して歩行する。
 正面大樹、紅葉の「ソメイヨシノ」、黄葉の「イチョウ」を右折して川に向かって杖歩行。
 右側の遊技場は親子連れで大賑わいの様子。
 最後の200㍍は武庫川沿いに下って元の駐車場にゴールインする。
コメント

「癒し」に包まれ、活力が湧いてくるポラリス「パワーリハビリテーション」

2009-11-21 14:59:32 | 「パワーリハビリ」


 寒気の影響で曇り空が広がる週末の土曜日、8:55分(財団法人)ポラリスデイサービスセンター「パワーリハリ」へ、今週二回目のマシントレーニングに出掛ける。
 トレーニング室入り口の右壁際に真っ赤なバラのリボンで飾られた「川柳」優秀者5名の作品が飾られ、通所者へ「サアーやるぞ」の意欲をかきたててくれる。
 全利用者から投稿された数十枚の作品から利用者が選び出した佳作五点は「パワーリハ」意欲を湧き起こし、「癒し」を与えてくれる。
 5名の中のお二人は何時も「生きる意欲」の刺激を与えて頂く、懇意の方だけに一層励みとなります。

 準備体操までのお喋りのひと時の話題は、Uさんの運転免許の更改手続きに尽きます。
 87歳の彼女は更新に悩んで居られたが一人決断、関係方面に問い合わせされ、期限一日前に更新センターに行かれ、1ケ月の仮免許に切り替えられた。
 この1ケ月の間に教習所で実習・実地を受験され、修了書を持って再度センターに行かれると本免許書を頂くことになる。
 実際の運転は別にして、高齢を重ねても何時までも運転免許書を持ちたいという意欲には敬服、大いに刺激を頂戴する。
 BGMのミュージックが流れ、マシンを使った筋トレ開始、ビートルズのロック・ポップスからクラシック「名曲の宝石箱」と揃えられた「癒し」音楽を聴きながらリラックスして取組む。
 9種類のマシンは1回終えるたび、入り口のお茶のみ場に移動してコップ3分の1の麦茶を補給する。
 装具無しの9往復歩行は歩行訓練に繋がり、水分補給と一石二鳥を兼ねる。

コメント