片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

アサ、コミュニティペーパー”こむ1会通信”打ち合わせ、ヒル、「朗読」新島 襄作”寒梅”

2013-02-04 10:08:39 | 災害天候

 降雨続きの月始め、きょうは二十四節気の立春です。関東から西は3月並みの気温の所が多いですが、全国的にすっきりしない天気でしょう。
 九州から東海にかけては、日中いっぱい、あちらこちらで雨が降る見込みです。
 雷を伴って雨脚の強まる所もあるでしょう。晴れ間が出ている関東も、夕方はにわか雨の所がありそうです。東北と北海道は、午後は日本海側を中心に雪が降りやすくなるでしょうと全国概況
 今日の兵庫県は、気圧の谷が通過するため、雨が降りやすいでしょうと天気予報。
久しぶりの早朝会議に備え、9:00「ぷらざこむ1」入館、傘を広げる余裕もなく、転倒しないよう足元に気をつけ雨降る北側障害者駐車場から北側入り口を経て、デスクに鞄を置く。
 (公益財団法人)プラザ・コム、NPO(こむの事業所)・PC修理「コムあいず」の皆さんが机上デスクトップPCの入れ替え作業中。
           

              
 ハードの移動作業は机下のコンセントからプラグを外し、新機種への差し込み作業等は身体障害者の私には不可能な工事ばかりで椅子に座って眺めるのみ。
           
           
 10:00 3/1「こむ1会」通信第3号発行に備え、広報小委員会の打ち合わせ会議を1階活動スペースにて開催、メンバー4人揃って、「ぷらざこむ1」の対外発信コミュニティ誌として奇数月に発刊する内容を検討する。
 第1号(24年11/1発刊)は「こむ1会」発足内容を中心とする記事、第2号(25年1/1発刊)は会員登録の呼びかけに呼応したVグループ数・登録人数・徴収会費集計の掲載記事、今回はイベントの紹介案内を編集の中心とする。
 三本柱として 1、5/26開催予定「宝塚福祉コミュニティプラザ 祭り」、2、5/23訓練予定「防災訓練」 3、3/17開催予定「V音楽グループコンサート」・・・それぞれの記事作成担当者の設定並びに写真(昨年度撮影済み)の手配担当者を決める。
           

            

 午後は14:00 安倉南身体障害者支援センター文化講座「発声術」朗読に出席、講師は明朗活発な元アナウンサーNさん、仲間は、詩吟を趣味とする90歳H氏・85歳Iさんを含む5人、初めは恒例の腹筋体操
 臍下丹田に意識を集め、腹圧を高めて「ハツハ ハッハ ハッハ」と腹の底から声を出しながら両手でお腹を叩く「腹筋強化体操」。

              

                   
 左半身不随の私は右手のみで肩の力を抜いて叩く、恥ずかしげもなく五人の声が揃ってくる頃には体がホカホカしてくる。結構「腸」への刺激となって便通促進に効果をもたらす、自宅では家族には嫌がられるのでこの機会を利用して盛大に努める。
 咽喉が滑らかになったところで、各自「1月の出来事」を皆さんに発表、独り住まい90歳H氏は、配食サービスで注文を依頼された2/3節分の特別食が届く時間を待ちながら詩吟の練習に取り組んでいた。
 気がつくと既に配食済みで、配達人に吟詠を聞かれていたと恥ずかしく且つ失礼な事したと率直なお言葉に礼儀正しい「生き方」に感心する。
 85歳Iさんは、趣味の「詩吟」は楽しみだけで続けてきたが昇段試験を奨められ困っていたが今回少人数で楽しく吟詠するサークルと出会いがあって喜んでいる。
 お二人共、頭の洗濯を生きがいに、良い趣味を持って人生を楽しんで居られる姿に感銘する。
 朗読は五言絶句 「寒梅」 新島襄、「庭上の 一 寒梅 笑って風雪を侵して開く 争わず 又 力(つと)めず 自ずから百花の魁(さきがけ)を占(し)む」、一人づつ起句⇒承句⇒転句⇒結句と朗読。

 N講師は生徒の良い点を褒め、この点はこのように改善すると良くなると模範を示される。
 この詩は謙虚な人の望ましい姿を歌っていると教えて頂く。
 NHK大河ドラマ「八重の桜」が好評裏にスタート、 新島襄の登場が待たれる今日、有名な「寒梅」をご紹介いただき良い勉強になった。
仕上げはユーモアな、A3用紙いっぱいに書かれた「ぼけたらあかん長生き死なはれ」、”年を取たら出しゃばらず 憎まれ口に泣き言に 人のかげ口いわず 他人のことは褒めなはれ・・・・”以下長々と続き、最後は”せいぜい長生きしなはれや”で終わる。
 作者不明の超高齢社会を、生き抜くコツを関西弁に乗せて上手く表現され、今や全国津路裏々に広がっている有名な散文詩。
文中で反省すべき言葉は「自慢話はしなはんな・・・・!」、つい日頃の会話で使っていることに気がつき、反省しきり。

 

コメント

今年も!参加出来た「総合防災訓練」、避難者想定「脳卒中友の会」仲間4人、訓練誘導に従う

2013-01-17 13:15:11 | 災害天候

 寒さもドン底、強い寒気が西回りで流れ込みます。今回の寒気の強さは昨年のクリスマス寒波や年末寒波と同じくらいの強さです。日本海側の各地は大雪に注意してください。
 特に北陸や山陰では、雷を伴って降り方が強まるでしょう。今夜からあすの朝にかけては九州北部の平地でも大雪になる恐れがあります。太平洋側の各地は広く晴れ間が出ますが、所々でにわか雪やにわか雨があるでしょうと全国概況
 今日の兵庫県は、冬型の気圧配置が強まるため、北部では雪が降り、雷を伴うところがある見込みです。南部でも雲が広がり、雪や雨の降るところがあるでしょうと天気予報。
 
連日厳寒続きの本日は、更に冷え込むとの予報通りに、早朝はキンキンに冷え込んだ7:00過ぎ、防災訓練本部経由にて災害ボランティアセンター立ち上げの連絡が会長O氏の自宅に入り、直ちに転送されてくる。

                        

                       

 宝塚市では、1.17を忘れない!後世に災害を伝えて行くべく、毎年この日に防災訓練を挙行、市民が災害時に備えていざというときに素早く安全に行動できるように必要な 情報を提供することを目的として、広くボランティアグループに参加を呼びかけて来た。
 今回も社会福祉協議会 安倉総合福祉センター 障害者支援センターから 宝塚「脳卒中」友の会O会長に誘導される側としての参加を要請され、厳しく冷え込む中4人参加する。
 末広防災公園到着時は9:15分、既に会場は関係者(行政・消防署・警察・自衛隊・Vグループ等)が勢揃い済み、「災害ボランティア本部」テントにて参加者名簿に4名分届ける。
 ボランティア活動センターのブルージャンパーを羽織り、冷たい北風に備える「ホッカイロ」をいただき防寒に対する備えを完璧なものとする。
                    

                            

9:30 1分間黙祷 本部長挨拶で訓練開始、災害想定・・・2013年1月17日(木)午前09時30 分、兵庫県南東部にマグニチュード7.2の直下型地震が発生した。
 このため、本市では市内全域で被害が発生しており、建物の倒壊・道路の損壊のほか、電気、ガス、電話、水道等の各ライフライン施設においても相当な被害が出ると同時に、火災が多発して、救助を求める者、負傷者、避難者が続出している、宝市の震度は震度6強である・・・会場に集まった各部署代表の活躍が始まる。
                        

                        
                                        

 10:00「避難勧告・誘導訓練」開始、誘導ボランティアが準備した折畳式キャリアカー2台に二人乗車、私は杖歩行で指定された場所へ移動、其処から消防署員・警察官・ボランティアに介助支援をいただきながら、本部席前を通って避難所へ誘導される。
 キャリアカーのお二人は腰・お尻が安定せず窮屈な思いをされるが、初めて救急用キャリアカーを組立て、引っ張ったボランティアさんも大変のご様子だった。
 介助する人・介助される人も初めての体験、何事も参加することで体験することは我々身障者には得難いことと三人の感想だった。
                                
                                              

                                                  

                               
                                                 

 10:45分 炊き出し班の「豚汁」・「アルフアー米”保存食”ご飯」が炊き上がったアナウンスに、参加仲間のD氏奥様が取りに行っていただき、寒さに縮んだ体に熱い味噌汁とご飯で精気を取り戻す。
 会場内に「水道施設復旧応急給水訓練」が始まったところで本日の訓練は八分余り完了、会長O氏の提案で旨いコーヒーが飲める小林五丁目のNPO法人 高次脳機能障害者「共生の会」へ立ち寄ることになる。
                                               

昨年設立された 「共生の会」は、市民のみなさまへ高次脳機能障害についての正しい知識の普及と 情報提供を行い、障害者本人の社会復帰、社会参加の 促進、就労支援及びに家族が抱える負担の軽減のために 活動しています。
 会長O氏・事務局長M氏に奨められた旨いコーヒーは文字通り美味しく、旨い秘訣は輸入業者から当所へコーヒー豆が持ち込まれ、会員の皆さんが選別されていると伺い、理解が出来た。
 以前は、ケーキ屋の店舗を最低限で改装された部屋は居心地が良く、事務局長M氏の応接態度・お言葉も素晴らしく、今春4/1からの通所をD氏と共に約束する。

コメント

久しぶりの京都は,冷雨に見舞われる、三条ロイヤルホテル新春交換会

2013-01-14 09:09:11 | 災害天候

 

強い低気圧東進、成人の日は、太平洋側で大荒れの天気になります。低気圧が発達しながら本州の南を進むため、急に風の強まる所があるでしょう。
 中国、四国から東海は昼過ぎまで雨か雪で、関東甲信や北陸、東北は夜にかけて雨か湿った雪が降るでしょう。内陸部や東北の太平洋側は大雪になる所があり、関東の平野部も雪の積もる所がある見込みです。
 暴風や大雪による交通障害に警戒してくださいと全国概況。
 今日の兵庫県は、低気圧が急速に発達しながら日本の南を東北東に進むため、雨や雪が降り、荒れた天気となるでしょうと天気予報。
 
 「成人の日」我が家の居候、今春から鹿児島下宿生活、故郷山形県鶴岡市成人式は昨1/13、フライト
鹿児島⇒羽田⇒庄内と二泊三日のとんぼ帰り。
 ネットで予約する格安フライトのお蔭で遠距離旅行が手軽になった若い人、高齢者はとても不可能なれど何時か実現の夢は持ち続けたい。
 本日は、大学クラブOB「新春交換会」、12:00京都河原町三条上る「ロイヤルホテル&スパ」で開催予定、昨年からの予約済みに関わらず、冷雨から雪が予想される京都行きは転倒の恐れが心配で、家族から中止を懇願されるも1年1回会合への夢を断ち刈り難く決行する。
 フード付きの防水コートの身を固め、阪急電車宝塚駅迄送って貰う。
       

 構内・乗降客には「成人の日」に着飾ったお嬢さんの姿が見受けられ、折角の晴れ着が雨に祟られる始末に同情心が沸き立つ。
 確か、祝いの式典は南口「宝塚ホテル」11時挙行と記憶しているが、小止みになりつつの雨が上がってくれることを願う。

 阪急電車 宝塚駅 急行⇒梅田・・・梅田発特急⇒四条河原町と順調に乗り継ぐ、広大な梅田駅は宝塚線から京都線迄の移動距離は結構あるが、交差する人も少なくゆっくり姿勢に留意しながら杖方向に励む。

 車中は持参の文庫本 角川文庫 池上永一「テンペスト」を楽しむ、到着時11:30分一番奥(東側)の改札を経て、案内表示”河原町通り”に従って階段を上がると丁度「高島屋」前タクシー乗り場に出会う。
 ”河原町通り”西行きはUターン禁止地域、少々無駄になるが右折可能交差点から西行に戻って、開会予定5分前に会場到着。
 幹事挨拶・会長挨拶前に2012年物故者への黙祷、読み上げられた氏名の中には、昨年暮れ驚愕した急逝の福岡F氏に、続いて京都T氏の名前があってビックリ。
 黙祷後、左隣の後輩K氏に聞くと、12/23元気な姿で稽古に立ち会うが2~3日後に急逝、家族も気がつかない不審死で司法解剖した結果「脳梗塞」が原因と警察から報告されたという。
 乾杯後の交歓会、我々のテーブル(古参OB連中)は生・老・病・死の話が中心、先輩・同期・後輩の消息に話が広がる。
 右隣のI先輩に、「脳梗塞お見舞いいただいてから10年経過しました」とお礼を申し上げると、時の過ぎる速さに改めて互いに嘆息する。
 I先輩も昨年「肺癌」を早期発見、命拾いした話を伺い、元気に新春交換会へ出席出来る喜びを噛み締める。
半身不随の体では、各テーブルへ献杯に廻れないが次ぎ次に皆さんが旧交を暖めに来てくれるので助かる。
 もっぱらビールを頂戴する、中には「脳梗塞」で手術したと頭部の傷跡を見せる人、「くも膜下出血」で倒れたが命拾いしたとか随分「脳卒中」患者が存在することに驚く。

コメント

快晴が戻った大晦日、1年のリハビリ振り返って「感謝いっぱい」末広公園歩行訓練

2012-12-31 08:50:59 | 災害天候

 嬉しい日差し、大晦日のきょうは、日本付近は冬型の気圧配置になり、強い寒気が流れ込みます。
 各地とも季節風が強く吹くでしょう。日本海側は広く雪が降り、北陸から北では大雪となるおそれがあります。 交通機関に影響がでる可能性もありますので、最新の交通情報を確認しましょう。
 また、東北と北海道ではふぶいて見通しの悪くなる所がある見込みです。
 車の運転などは十分にご注意下さいと全国概況。今日の兵庫県は、冬型の気圧配置が続くため、雲が広がりやすく、北部では雪が降るでしょうと天気予報
 気象庁は31日、冬型の気圧配置が強まるため、1月1日にかけて北海道から九州の日本海側を中心に大雪になると発表した。
1日午前6時までの24時間降雪量は多い所で、北陸60センチ、北海道と東北50センチ、関東甲信(長野県)と東海(岐阜県)30センチ、近畿北部と山陰、九州北部20センチと予想される。
         

 此処阪神間は北風も少なく日差しが差し込み過ごしやすい恵まれた大晦日に感謝、11:00 新年1/17(木)宝塚市総合防災訓練が予定される末広公園(防災公園)へ、今年の恵まれたリハビリ環境に感謝する歩行訓練へ出掛ける。
 風も少なく青空が広がる公園から、六甲連峰の雄大な峰々を遠望して「ヤル気」が横溢してくる
 大晦日の公園内は「凧」を上げる子ども達、親子でボール遊びの家族連れで賑わっている。
 昨日から鼻水が流れ落ちる風邪気味症状、ロングコートでスポッリ体を隠し、防寒用帽子で両耳を覆い 、マスクも付けて末広公園(防災公園)西側武庫川上流地点 No.1西~東へスタート
                

 幸い下流に沿って流れる北風が弱く、麻痺左足の膝を大きく踏み出し、右足を可能な限り大股に踏み込むことをイメージする。
リハビリ1年を振り返ると、一番大きなことは毎日「行ける場所」に恵まれ、適当な「お仕事」を与えていただいた事に尽きる。
 沢山な小さい親切と心配りを”いっぱい”いただいた周囲の方に感謝です。
                   

No.2北~南、この10月、3年目に新装した4足目の短肢装具、短くなった分、しゃがむ・中腰になる姿勢が楽になった。
 装具改善に繋がった「関西リハビリテーション」ボッマックス注射入院、2013年も3ケ月に一回の定期診療を続け、硬直筋肉を緩和する注射を通院で受診をしたい。
                

No.3 西~東 道路に沿って人工川の流れが循環している、夏の涼しさが逆に寒さを倍加している感じでステップを早める。
 ステップを早めたり遅くしたりと体力調節が可能となっているのは何と言ってもPDS「パワーリハビリテーション」のお陰、通院回数は週3回⇒2回・・・9月から1回に変更したがマシントレで筋肉が保持出来る喜びにある。

                 

最後のコース No.4北~東 「ケヤキの大樹」に廻して設けられたベンチは毎回休憩場所、本日は疲れ・筋肉硬直を感じず、停車した車を目指して一気に歩行する。
 麻痺足に硬直・疲れを感じる回数が減少してきたのは受診して1年の、整骨・鍼灸院「むくの木の森」の存在、筋肉疲労を取り去るだけでなく、ハリを打ちながら麻痺上肢・下肢のリハビリ施術は最高の出会いであった。

 

コメント

機能全廃麻痺左手に、ハリ打ったままの「リハビリ初体験」、年内納めの鍼灸医院

2012-12-29 12:37:26 | 災害天候

 昨日より10度温かい師走、きょうの日中は、全国的に晴れる所が多いでしょう。
 最高気温は九州から東北にかけてはきのうより高く、厳しい寒さも少し和らぎそうです。
 ただ、天気は西から下り坂へ向かいます。夜遅くなると沖縄や九州北部で雨が降り出してきそうです。
 あすは広い範囲で天気が崩れるでしょう。北海道は雪で、東北から九州、沖縄は雨となる見込みです。
 きょうの日差しを有効にお使いくださいと全国概況
 今日の兵庫県は、高気圧に覆われて、南部では概ね晴れますが、北部では湿った空気の影響で、雲が広がりやすいでしょうと天気予報
 一年の始まりを告げる「初日の出」が気になる29日、冷え込んだ明け方の空気の中、元旦に太陽光の暖かさを実感できる一瞬は、とても気持ちの良いものです。
 太平洋側は冬晴れの年越しとなり、初日の出が見られる場所が多くなりそうという嬉しい予報が流れる。
 今日は山形から家族が車で帰省の予定、関西地方で最も事故が起こりやすく、渋滞のメッカとして知られている中国自動車道宝塚付近は大きな渋滞は無く、スムーズに流れている様子に安堵する。

                 

 連日の厳寒と打って変わり、穏やかに晴れ上がった「ゆずり葉」アヴェルデマンション2階の整骨・鍼灸院「むくの木の森」受付へ、本年最終受診「診察券」を提出。
                      
 年内最終診察日 今朝の玄関先には3足の履物が既に並んでいる、待ち時間を覚悟して単行本を持参するが直ぐに呼ばれ、診察台の固いベッドに仰臥する。
 O先生麻痺左手に消毒を施してから手速くハリを7~8本打っていかれ、腹部と足首に体を温める電磁盤を乗せ、ハリに電気を流し「何かあったら呼んでください」と言われ、隣ベッド患者さんの治療に掛かれる。
           

 この後、10~15分が至福の時間、機能全廃の筋肉に打ったハリが小気味よく「トントン」と深層部に響き、腹部と足首で温められた血液が全身を巡り、気持ちの良さは最高!先月赴任されたN先生が入室され、ハリを抜いた後、麻痺左手「リハビリテーション」を行いますと言われ、当院へ来診してから初めて「リハビリ」という言葉を耳にして期待感が膨れ上がる。
 往診専門でハリを打ってこられたN先生は、自宅療養の「脳卒中」後遺症患者にハリ施術され、経験は豊富なご様子。
 ツボにハリを打って施術するので少々痛むが我慢するように断られ始まる、上腕二頭筋・上腕三頭筋の骨と筋肉の瀬戸際にハリを打ち、麻痺手を逆捻じ・引っ張ったり、回旋したりの猛烈なリハビリ。
 悲鳴を上げることはなかったが指と指の間にハリを打ち、指の付け根の掌を指圧されるとキツイ痛みが生ずる。
 N先生のリードで息を吸い、長く吐いていると疼痛が緩和されるのが不思議、複雑で巧緻な運動作業を行う指先、運動神経が遮断された小さくて細い筋肉が長期間硬直したままで放置されてきた。
 西洋医学のPT(理学療法)・OT(作業療法)でも経験しない初めての治療法、最終治療日に出会って、2013年からのリハビリが楽しみになる。
      
             

 60分に渡る治療で喉がカラカラ、帰宅途中の西山橋南詰の喫茶店「ワッフル・コーヒー」に立ち寄り、旨いコーヒーをいただく。
 コロンビア産コーヒー豆の豊かな香りとこく深さをストレートで数杯味わってからミルク・砂糖を入れ、気分が落ち着いて20分余り読書して過ごす。
            

コメント

ケアハウス「中山ちどり」訪問、Xマスプレゼント「花束」大喜び!

2012-12-05 08:31:56 | 災害天候

 キリットした冷え込み、関東から西は天気が下り坂です。沖縄は昼頃から雨や雷雨で、激しく降る所もあるでしょう。九州から近畿も夜は雨が降りだし、雷を伴う所がある見込みです。
 午前中は晴れる東海や関東も、夜は雨や雪の降る所があるでしょう。北陸から北の日本海側は雪や雨で、ふぶく所もある見込みです。
 東北から北の太平洋側は晴れ間が広がりますが、雨や雪の降る所もあるでしょうと全国概況。
 
今日の兵庫県は、北部では寒気の影響で雲が広がり、雨や雪の降るところがあるでしょう。
 南部でも気圧の谷の接近で次第に雲が広がり、夜遅くには雨や雷雨となるところがある見込みですと天気予報。

               
9:00 寒気が厳しく雲が広がる県道16号線を登り、整骨・鍼灸院「むくの木の森」ハリ治療受診、麻痺上肢 上腕二頭筋から手首・指の谷間に8本、O鍼灸師の言によれば5ミリ位の深さで筋肉へ刺激を与える。
 時々筋肉緊張・傷みが走るのは毛穴に入った時と筋肉硬直の場合で、ハリを打っている先生が感じられ「大丈夫ですか?」と声を掛けられる。

           
 8年前、精神的に不安定な時、頭痛に悩まされMクリニックにて頭頂のツボ「百會」にハリを打ってもらった話をするとストレス解消は頭部の血流を促進せしめる最適と聴き、当時の治療方法にガッテンする。
 8本のハリから5ワット前後の電気を流し筋肉の刺激後、「きゅう治療」筒型のもぐさを見せてもらい、燃え尽きても皮膚に達しない構造に安心。
 点火器で次々に着火、室内にモグサ(よもぎ)のいい匂いが立ち込める時分はいい気持ちでウトウト居眠りに誘われる。
 2回目の治療費は670円、師走営業28日まで何日通院しても支払いは300円というのが嬉しいシステム。
                
10:30分 ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、昨日の活動スペースに於ける寒い会議にこりて、25/1~25/3迄の「こむ1会」運営委員会の会議室予約をおこなうべく、(公益財団法人)プラザコム受付カウンターに腰を降ろす。
                      
 卓上予約パソコンを操作して、1/7(月)午前「会議室24」、2/12(火)午後「会議室21A」を確保、続いて3月の予約を行うも「3ケ月」先の予約は不可能とPC器械に拒否される。
 確か福祉関係は、「3ケ月」先の予約可能と聞いていたが「こむ1会」は対象にならないと諦め、2ケ月分のみで予約を終える。

             

 11:00中筋「スーパー万代」にてXマスプレゼントに花束を購入して、中山桜台に位置する社会福祉法人(晋栄福祉会)介護型ケアハウス「中山ちどり」訪問、1階事務所受付で、「入居者訪問用紙」に記入提出後3階居住区「有馬温泉」Yさん宅入口のドアーをノック。
 大きな声で「ハイ」の返事はあるが室内は暗く、ベッドに横になって居られたが起きだし、ニコニコ笑顔で迎えていただく。
             

 今朝は忙しく、1階~2階へ行ったり来たりで大変だったと言い訳に一生懸命のご様子が可愛い。
 クリスマスプレゼントに花束を差し上げると大喜び、ソワソワしながらベッド周辺から花瓶を探す様子、整理棚にあるガラス瓶を代用にされたらとお奨めするが椅子と花瓶を借りてくると職員を求めて食堂へ。
             

 ベッドの側に活けられたお花にご満足、”12月はXマスで楽しい季節ですね”と話しかけると此処に居ると月・日・曜日が分からずに過ぎていくと嬉しそうな表情。
 ベツドと椅子に座っての会話、「今日は何年何月何日ですか?」・・・???、「クリスマスは何日?」・・・「25日」、「クリスマスイブは何日?」・・・「23日」と答えは確り返ってくる。
 「お正月は何処かえお帰りになりますか?」・・・帰る所がないので此処に居ります、大阪の実家は樋之上町にあって、祖母・両親、6人兄弟の大世帯でした。
             
 セピア色に染まった9人集合の写真を取り出され、遠い遠い昔を懐かしく想い出されているご様子に心が打たれる。

コメント

花束・ブランデー持参”一回忌”詣で友人宅、故人偲んで2ケ月遅れのお参り

2012-12-01 15:54:28 | 災害天候

 寒波予想の師走入り、全国的に寒い師走の入りになっています。
 山陰から北の日本海側はこのあとも雪や雨でしょう。新潟や長野の山沿いでは、今朝から積もった雪が30センチを超えている所もあります。
 北陸では平地でも雪の積もる所がありますので、車の運転は十分注意して下さい。関東の一部で降っている雨や雪は、まもなく止むでしょう。
 東海から西は晴れ間がありますが、風が冷たいでしょうと全国概況。

 今日の兵庫県は、強い冬型の気圧配置で、北部では雨や雪が降り、雷を伴うところがあるでしょう。南部でも雲が広がりやすく、雨や雪の降るところがある見込みですと天気予報。

 昨年、糟糠の妻と面倒見ていた弟を相次いで亡くされた友人宅へ、一回忌の御参りに伊丹へ出掛ける。
 生前お花が大好きだった奥様には華やかな花束、お酒が好物だった弟にはヘネシーブランデーを準備。

              

 購入する花束はスーパー「万代」へ、9:00立ち寄る。
 早朝から開店しているスーパー「万代」、玄関正面レジーはカートに山積みした商品を持たれた顧客で満員盛況の状態。
 生鮮「果物売場」手前の活け花売り場は多種多様の綺麗な花束が飾られ、見事な華やかさに魅惑され選ぶのが難しい。

            

 298円~398円の束から三種類を選択、レジーに並んで精算、左手に杖・右手に商品を持ち、順番を待つのも、買い物リハビリテーションと心得る。

 阪急電車「伊丹駅」周辺マンション駐車場到着は9:45分、駐車場から携帯電話で連絡、8階から降りてきた友人に迎へられ居宅訪問。

                   

 8階から景観する駅周辺はマンション建築ラッシュの様子、南側は大手医療法人がお施主の有料老人ホームが建設工事中、大阪中心地へ通勤30分以内の便利な立地の有利性が際立っている。

                  
 昔、大手スーパーの激戦地と言われた当駅周辺も、全国的な巨大店舗衰退の波に逆らえず、次々に撤退が続き、マンションに変容しつつある。

 仏前にお花・お酒をお供えし、お参りさせていただく、法事の際に、何時も味わう両手を合わせての合掌が出来ない虚しさをお詫びしながら、鉦を鳴らして片手で頭を下げる。

                  

 居間の炬燵前に椅子を設けて貰い、一回忌法要の営みから最近の日常生活について互の近況を述べ合う。

 心配するのは一人住まいの日常生活、生前減塩食事奥様の料理はカロリー計算して、マメに調理をして主夫の勤めを果たしてきたが、予想通りに食生活が偏っている。
                             

 朝食はパン、昼は抜いて夕食は、4時頃から缶ビールで始まると聞く、コーヒーをたててくれた台所を見るとインスタントラーメンの函がみえる。

 奥様生前の日々は、血糖値と共にご自身の血圧をノートに記入、主治医に見せてアドバイスを受けて居られたことを想い出し、記録保存を聞くと全く記入がないとのこと。

 炬燵卓上のオムロン血圧計で図ると172ー78、心配通りの高血圧に驚く、押入れから取り出した錠剤は「降血圧剤」、朝飲むの忘れていたと笑っている。
 明石に住まわれる次女が心配して毎日電話を掛けてくると言われていた理由が判明、楽観的な父上の性格を見越され、「薬は飲んだか?」・「散歩はしたか?」と頻繁に電話されるお嬢さんの気持ちが理解できる。
 心配する私に元気なところを見せたい彼はベランダで竹刀を振って、直後の落ち着いた血圧値を見せるが逆に200に上がっていてビックリする。

 高い数値は簡易オムロン血圧計の原因にしたいようで敢えて逆らわず、明日からノートに数値を記入して次回の診療日には器具と共に主治医に見せるをことを約束する。
                

 昼食は国道筋の天然かつおと昆布の旨み出しで有名な「うどん」店舗で「とろろウドン」を美味しく頂戴する。帰途、宝塚市との境に立地するKS「ケーズデンキ」訪れ、年賀状作成のインクカートリッジを求める、エプソン802A 6色パック5,800円、ブラック2点2,036円をそれぞれ3%値引きで購入する。

                      

 

コメント

2ケ月ぶりの「英会話教室」、熱心な先生に、真面目なれど進歩がない受講生?

2012-11-16 10:18:00 | 災害天候

日中は小春日和、本州付近は移動性の高気圧に覆われ、太平洋側を中心に晴れている所が多くなっています。
新潟から北海道にかけての雨雲や雪雲も少なくなってきました。このあとは、関東から九州にかけては、すっきりと晴れて、日差しの暖かさが感じられそうです。東北も太平洋側を中心に晴れ間が広がるでしょう。
一方、北海道は気圧の谷の影響で雲が多く、雨や雪の降る所がありそうですと全国概況。
 今日の兵庫県は、移動性高気圧に覆われて概ね晴れますが、夜は気圧の谷が接近するため、雲が広がる見込みですと天気予報。
          
 福祉コミュニティプラザ ロータリーを東から一周、西北に位置する障害者専用駐車場周辺の街路樹は今秋最高の鮮やかな色どりに染まっている。
 今朝は冷たい風が収まり、日差しが指して小春日和、外出時寒暖の差の激しさに衣服の選択に戸惑う。

 9:00 入館したボランティアの広場「ぷらざこむ1」は早朝から来館者が多く、賑やかな様子、正面玄関左の「本日の予定」告知画面には、3階フリースペース「宝塚NPO法人IKゼミ」イベント開催表示が見られた。

 (公益財団法人)プラザコム事務所に於いては、ボランティア活動センター事務所との境ロッカーに折りたた机を設置、O理事長を交えた数人がパソコン数台を並べ解体修理に取り組んで居られる。

 眺めているとO理事長から「NPOこむの事業所」ボランティア氏を紹介いただき、今後此処のコーナーにてPC修理・組立を行うので協力を要請される。
 宝塚福祉コミュニティプラザ(フレミラ・こむの事業所・ぷらざこむ1・2)には、使用済みのPC、中古PCが持ち込まれたのが在庫、今後新設置コーナーにて再使用に取り組まれると伺う。 

 デスクに在ってPC電子メールを開き、担当書記から送信された11/7「こむ1会」第3回運営委員会議事録に一部記事追加を入力、「こむ1会」運営委員会 委員25名に電子メール・FAXにて送信を行い、第3回運営委員会に関する事務局担当業務を終える。

 引き続き、11/14「宝塚広域ボランティア連絡委員会」第19回運営委員会書記としての役割の議事録を完成して、「広V連」フオルダーに収め、宝塚広域ボランティア連絡委員会 委員18名に電子メール・FAxにて発信を行う。

 一昨日「PCーFAX」にて発信した日帰り旅行支援Vグループ「おでかけたい」の一部会員宛の中止案内が”話中の理由”で返却され、本日は、(公益財団法人)プラザコム事務所設置のFAX機器を使って再送信を行う。

 11:00 宝塚「脳卒中」友の会 文化講座「英会話教室」、2階会議室25Bの鍵を受付から受領、会議室をオープンして廊下据え置きのホワイトボードを搬入して準備完了。

 定刻集合は常時笑みを絶やさない熱烈指導の会員ボランティアH先生を含め7名、受講生には圧迫骨折にて入院治療され、約1年ぶり にこやかな笑顔が美しいMさんが出席され一段と賑やかに開講する。

 本日のテーマは「First Thing in the Moring 朝、最初にすること」、Dan's alarm clock ring's ・・・and he wake's upダンは時計が鳴ると目を覚ます。
 He get's out of bed・・・he goe's into the bathroomベッドから出て、バスルームは行きます。

 After using the toiret and flushing it・・・he washes his handsトイレを使い、流したあとで手を洗います。
 He brushes his teeth・・・sheves  and take a shower 歯をみがいて、ヒゲを剃ってシャワーを浴びます。
 He dries himself off with a towel・・・Then he brushes his hair HE gets dressedタオルで体を拭きます、それから髪をとかします、服をきます。
 HE makes breakfast  and eats it・・・ Then he leaves the apartment朝食を作って食べます そしてダンはアパートを出ます。
 
 H先生の発音を真似て全員が繰り返し、VERBS(動詞)・NOUNS(名詞)を覚えながらレッスンがすすむ。
 講師からは、時々鋭い質問、例えばHE makes breakfast をとりあげ否定文は?疑問文は?と質問されるので、気を抜かないで集中して取り組む。
 12:30分終了、全員でレストラン「パーチエ」にて昼食を楽しむ。

 

<noscript></noscript>
コメント

談話室で知る救急治療の幸運・不運、脳外科治療と一期一会

2012-11-05 06:50:04 | 災害天候

 汗ばむ病室、帰宅用の着衣に着替えるも暖房のせいで汗が流れる。
 1階喫茶室でお別れの談話、快活に話される「車椅子男性」は急性救急時の想い出話し、深夜に運ばれた M市民病院の当直先生は偶然「脳外科医」、即座に「脳梗塞」診断され、専門病院「循環器病院」と連絡を取って紹介状を貰い、同じ救急車で入院された。
 血栓が発症しやすい体質で血液をサラサラにする薬の調合に手間取り3ヶ月弱入院を体験される。
 現在入院中は、右麻痺の「車椅子生活」なれど装具は必要なく、右手はお箸の扱いが不自由なだけで、話し中もジエスチャーよろしく麻痺手を使って喋って居られる。
 自分を含め「脳卒中」後遺症患者さんに、救急時の体験を検証すると搬入された病院・医師との出会いが人生の「運」・「不運」を大きく左右することが多い。
 朝食後は退院に備え身の回り品整理に大童、9時送迎来院の家族が衣料品を片付けると結構な荷物、主治医M副委員長来室され診断書を頂戴し、今後のフオローと装具仮点検予定日を指示頂く。
 隣ベッドのひと周り上のI氏(86歳)とお別れの挨拶「私は86歳目指して頑張ります、Iさんは96歳目指して頑張って下さい」、律儀にエレベーター迄送って貰い恐縮する。
 1階受付で入院費精算、食費・テレビレンタル費含め支払いは77,420円、支払い証明書を持って、再度5階ナースステーションへ報告、担当看護師さんから最後のバイタルチエックを受け手続き全て完了。
 ナースステーション在室の看護師・医師・療法士全員がエレベーター前に並ばれ「退院おめでとうございます」と挨拶して送られ、晴れがましく家人と二人身を縮める。
帰宅後、二週間の郵便物の整理、保険会社への手続き等に忙殺されるが居間のデスクに座っていると首筋・背中が寒く、早速病院の恵まれた環境が懐かしい。
 主治医M先生からいただいた診断書(リハビリテーション総合実施計画書)には、
治療方針・・・2003/6/13脳梗塞で左片麻痺あり、上下肢の痙縮が増強して、左上肢の動きと歩行困難の悪化を認め、10/18上腕二頭筋25単位、大胸筋25単位、円回内筋40単位、手根屈筋50単位、深指屈筋35単位、長母子屈筋10単位、後脛骨筋60単位のボトックス投与。
 2週間後の診断・・・肘伸展 MAS 1+、手関節伸展 MAS 2、PIP伸展 MAS 2、DIP MAS 1+ 足関節屈 MAS 1+、外反 MAS 1レベルへ低下。
 母指と指指とでつまみ、離しが一定可能となった。
また下肢内反が軽減したことにより装具なしでも一定距離歩行可能となった。
装具の測定診断を11/2に行った

コメント

担当先生と昨夜お別れの挨拶、最終日リハビリ中止「リラクゼーション」お願いするOT・PT療法

2012-11-04 06:30:14 | 災害天候

                

明け方暑ぐるしく目覚めたのは5:45分、病室内に暖房が入って蒸し暑い。
 
昨夜、夕食後日曜日公休のPT M先生、OT Mさんがそれぞれ病室に訪ねられ、お別れの挨拶を頂き恐縮する。
 特にMさんは携帯で記念にツーショットを撮られ、別れの握手を求められたことには感動する。
 1階喫茶室へ行くも、日曜日のせいか常連患者さんは集まっていない。
 一人熱い「ほうじ茶」をいただきながら、明日からの日常生活を想い描く。
         

 食生活で留意することは間食・病院食での標準体重オーバー(63.5→66.5キロ)、健康は環境面で守られていたが帰宅後は自己チエック、特に空調完備病室から自宅へ戻って風邪を引かない様に気をつけたい。
 約3週間前の生活に戻るに当たっては、突然のリハビリ入院でご迷惑をお掛けした方々にお詫びと報告を電話と電子メールで行う。
 本日のPT(理学療法)・OT(作業療法)は、当該最終日に事寄せ、甘えさせてもらって歩行訓練・作業訓練を中止してストレッチ又はリラクゼーションをお願いする。
 8:00 「サンデーモーニング」を観ながらの朝食、今週のご意見番スポーツ「剣日本一」優勝者 木和田6段(大阪府警)の優勝インタビュー「人間的に修養を重ね、更に剣を極めたい」の言葉が印象的だった。
 本日はOT(作業療法)が2単位40分毎に午前・午後、PT(理学療法)が2単位40分午後1回の予定。

 11:00~11:40分作業療法、昨年担当先生休日に1回お世話になったN先生、病室ベッドにてリラクゼーション受診、後遺症患者の症状が各自異なるようにOT先生の手技も個性・経験が違うせいかストレッチ手技方法に変化を感じる。
 本日のN先生は、麻痺左腕を伸ばすときには反対筋肉表面を「トントン」叩きながら伸ばしていかれる。
 リズミカルに優しく叩かれると癒さられる気分に満たされ、硬直筋肉が伸びる心地になってくる。
 N先生から指の筋肉仕組みを教えて頂く、「人差し指」・「小指」を動かす筋肉は独立して存在、「親指」は手首の付け根から伸びる大きな筋肉でコントロールされている。
 麻痺中指・薬指が何時までも伸びない原因が判明、中指・薬指を動かすには4本の指を握って逆捻じが最適方法と伺う。
 PT・OT先生は共に国家試験に合格するまでは授業料の高い大学・専門学校で4年間の勉強と期間の長い実習を体験されるが先生は一般高校を経てから専門学校で学ばれたご様子、皆さん公認技術者として認定されるまでは随分苦労して居られる。
 16:00~16:40 2単位40分PT(理学療法)I先生、病床ベッドにて麻痺左足のストレッチ、仰臥姿勢で足を伸ばし、先生から力を抜いてと言われても親指が反り返って緊張する。
 指一本づつ揉みほぐし柔軟に、発症時に比べると鷲爪状に曲がることは無くなるが緊張はきつい、帰宅後も緩和に努めるようにアドバイス頂く。
 
足裏の三頭筋に凝り(シコリ)、丹念に指圧・揉みを続けられ、相当な筋肉疲労を認められ、深夜の「こむら返り」寸前になる元凶を知る。

 

 

 

コメント