片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

夏日フエスティバル、ステージ詩吟初体験!

2018-05-27 16:04:24 | 「ぷらざこむ 1」

前線が大陸から東シナ海、九州の南へと延びる見込みです。
本州付近を覆っていた高気圧は東へ移動し、広い範囲に湿った空気が入りやすくなるでしょう。日中も日差しは少ないですがムシムシするでしょう。(tenki・jp)

大阪の南港に新しく登場した大型カーフェリー「さんふらわあ さつま」。建造費は、何と約100億円です!(関西テレビ) 

8:45分 青空広がる夏日を想わせる絶好コンディションの中 ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、本日はおもいっきり食べて、聞いて、見て、体験して楽しむ「こむ1会」第4回フエスティバル開催日

正面入り口の受付カウンターに座って受付業務に就く、来館者に配布プログラムは
①黄色A3用紙裏表の会場案内(1階~3階)・フードコートメニュー・ステージプログラム
②白色A4用紙5枚セット ”こむ1会登録70グループ”「ボランティアグループの紹介」
③アンケート
④手話教室案内
⑤ミニ自然観察会「植物のふしぎ戦略」。

9時開館と同時にドンドン入来、大半は登録グループの今回イベント参加ボランティアさん。
予め、本部からボランティアさんとその家族は大切なお客さんと伺っていたので「いらっしゃい」「おはようございます」と大きな声を掛けてお渡しする。

10時開会挨拶 第4回フエスティバル実行委員長 
プログラム№1演奏「こむの音楽会」♪ミュージックベル №2 劇「おあや座」バス停 №3 演奏「信天翁あほうどり」三味線と歌とお話「桃太郎」等出し物が続く。

2階23会議室では絵手紙Vグループ「みそか」子ども絵手紙教室開催、画材に準備した「こむの市場」販売・もっちゃんだんご・甘イカメンタイ味・ココアシガレット・きゃべつ太郎等が喜ばれ、開店からお客さん詰めかけ応援会員は多忙を極める。

3階ステージ左側にセットした宝塚「脳卒中」友の会コーナーには7人の仲間、フードコートメニュー・カレー200円・おむすび100円・焼き菓子100円・コーヒー50円から各自好みの品選んで舞台演奏を楽しみながら嬉しい時間を過ごす。

午後のステージ №11 宝塚視力障害者協会 文化講座「詩吟教室」に初出演。男性T・S氏3人トリオで西郷南洲作「♪月照墓前の作」連歌、先輩お2人にリードいただき、確り謡えて大満足。お客さんを前に詩吟を吟詠できる喜びに浸る。

 

コメント

大型連休控え「原稿」受領、5月館内放送分

2018-04-27 14:44:17 | 「ぷらざこむ 1」

東北の太平洋側や関東から東海にかけては雲が広がっていますが、そのほかは日差しが出ています。関東甲信は気圧の谷の影響で大気の状態がやや不安定になりそうです。一方、大型連休初日のあすは全国で晴れて、急な雨を心配せずに屋外のレジャーを楽しめそうです。(tenki・jp)

去年は、スルメイカの漁獲量が過去最低となったほか、サンマやサケ類も半世紀ぶりの不漁だったことが明らかになりました。(TBS系(JNN)) 

8:30分 片麻痺患者 杖を突いて32階段上れる幸せを感謝しながら整骨・鍼灸院「ぬくの木の森」硬直筋緩和治療に訪れる。
「仰臥姿勢」「うつ伏せ姿勢」にてストレッチ・マッサージ治療受診、硬直筋伸展後は起き上がり動作が辛く、特にうつ伏せから元の姿勢に戻るには相当の体力を要する。

右肘をついて半身体勢にしてから仰向きスタイルに、伸びきった全身を屈曲させながら戻すので「こむら返り」寸前に追い込まれる。

鍼灸治療開始、今日の「鍼」打った後の感触は、筋肉を刺激したあと、刺激起点を中心に電気のように四方八方に心地よい刺激が伝わる。特に麻痺側筋肉は大きく異状反応してビックリ、鍼灸師W院長から「痛みますか?」と声が掛かるもチクリとした疼痛のみ。

W院長「打ち方を変えた」と、鍼治療は奥行きが深く、未だマダ勉強ですと謙遜されていた。

先生の説明、鍼灸東洋医学というと非常に神秘的で、何か宗教がかったものさえも感じる方もいらっしゃいます。

私自身、東洋医学の「陰陽五行論」を勉強しておりましても、なにか分かったような、分からないような不可解さを拭いきれませんし、ツボの通り道といわれる「経絡」(けいらく)も、解剖して「これがそうです」とお見せできるものではないのです。

10:30分 明日28日(土)~5月6日(日)迄大型連休に入るボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、「ひまわり座」座長Y氏に作成した4/22金舞会”日本のおどり”写真をボランティア活動センター(社協は暦通り)に託ける。

大型連休に入る前に「5月館内放送」原稿を(公財)プラザコ・コム理事長O氏から頂戴するべく飲食コーナーにて待機する。

聴覚に障害のある方に可視化の方法として(公財)プラザコ・コム ブログ「ぷらざこむのアルバム」に文章入力を行う。

受領館内イベント案内放送は4件、
①5月13日(日)みんなで軽スポーツを楽しむ第10回「ぷらざこむ2交流会」
②5月27日(日)つながる ひろがる 「第4回こむ1会フエスティバル」
③6月6日(水)「ぷらざこむ1」消防避難訓練 
④6月17日(日)「災害ボランティアセンター立ち上げ運営訓練」。

帰途、東洋町ローヤルホームセンター 付属喫茶店 珈琲「春秋」立ち寄り大休止、初めて利用のカフエ、雰囲気も良く、淹れたてのコーヒーは美味しく値段「380円」の格安が気に入る。

1時間余り読書、持ち込んだ書籍はダイヤモンド社 野中郁次郎含む6人執筆の日本軍の組織的研究「失敗の本質」、1984.05.31第1刷発行、2008.05.02第62刷発行の経営者必読の本。

 

 

コメント

”萌え出づる季節”館内放送、可視化はブログ!

2018-03-02 15:21:22 | 「ぷらざこむ 1」

きょうは発達した低気圧の影響で北日本では大荒れの天気が続き、風が強く吹いています。また晴れている東日本、西日本も所々で風が強く、花粉が非常に多く飛びやすい状況です。また、週末は九州から関東の広い範囲で花粉が非常に多く飛ぶ予想になっています。(tenki・jp)

生ビール」が高くなるかも-。アサヒビールは1日から、飲食店に卸す業務用ビールなどを値上げした。本格的な値上げは10年ぶり。2014年4月の消費税増税、酒の安売りが規制された昨年6月の酒税法改正と、近年は飲食店などにとって厳しい状況が続く。「他店の状況を見て」という居酒屋がある一方、酒と料理のセットを値上げする飲食店も。。(上杉順子、綱嶋葉名、坂山真里緒)(神戸新聞NEXT)

 

 8:30 一日いちにちと暖かくなり、今朝は甲山をくっきり遠望しながら、気持ち良くアヴェルデマンション32階段を右手に杖で、リズムをつけて上り、整骨・鍼灸院「むくの木の森」片麻痺硬直治療に訪れる。

受付に「後期高齢者医療被保険者証」を提出して、月替わり医療申請書3枚に署名を行う。予約制二人目患者として即青ベッドに仰臥姿勢、担当は院長W氏、直ちに激痛伴う麻痺左上肢の伸展ストレッチから始まる。

麻痺左下肢は、日々の外出のお陰で痛みは感じられないがマヒ左手はダラリと垂れたまま、左手は内へと湾曲の硬直状態。
意識的に伸ばす治療は、ディケアのマシンと鍼灸院のみ、硬直状態に伴う睡眠時の疼痛は治療のお陰で収まる。

ストレッチ手技は固く結んだ拳の開きから、指一本づつ伸ばしては曲げで5本開き、全体を強制的に逆に広げる。
手首筋も硬直しているので強引に外側へ、次に肘から伸ばした左腕をこれも強引に数回屈曲していく。

痛みもあるが辛抱出来る範囲、これからが本番のマヒ左腕全体のストレッチ、硬直した左肩関節を緩ませる荒療治、上部に掲げた左腕をグイグイ力いっぱい倒すように伸ばしていく。

邪魔する麻痺左肩関節筋、激痛が伴うが回数は5回と限られているので顔を歪めて辛抱する。

帰途、宮の町理髪店「エアー」にて散髪、4台の理髪台フル回転の上に3人待ち、スポーツ新聞を開くと早くも阪神タィガース、リーグ優勝記念にハワイ旅行の予約が始まったと景気のいいニュースが一面に賑やかに掲載されていた。

11:00 ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、(公財)プラザ・コム 理事長O氏から3月館内放送の原稿を頂戴する。♫”日増しに暖かくなり草や木の萌え出づる季節になりました” 全館に限られた時間に放送されるイベント案内は、Vグループ「テープライブラリー」の皆さんががお得意の声で録音放送されるが会議室使用のVグループ「ろうあ協会」の皆さんから聾唖者にも理解できる方法を求められ、(公財)プラザ・コム のブログ「ぷらざこむのアルバム」に掲載されることになった。

午後は、13:00から1階活動スペースにて、平成30年度宝塚市ボランティア活動センター グループ登録申込書「おでかけたい」の書類作成に取り掛かる。

登録には、グループの目的が第6次地域福祉推進計画にある「社会的・制度的」背景が求められ、社会的孤立や貧困、地域からの排除など支援困難なケースが望ましい。

社協の基本方針「安全で安心な楽しいまちをみんなでつくろう」に基ずくのがベター。

 

コメント

収支簿仮決算、二つのVグループ

2018-01-20 15:33:23 | 「ぷらざこむ 1」

大寒のきょうは暦とは違い、多くの所で最高気温は平年を上回るでしょう。穏やかな週末から一転、22日月曜日は関東の沿岸部では荒れた天気に。平野部でも積雪の可能性が高くなっています。通勤通学の時間帯は問題なくても、帰りの時間帯は交通機関に大きな影響が出る恐れも。 (tenki・jp)

大手菓子メーカー「カルビー」と長野県が共同で開発した「キムたくごはん」味の新たなポテトチップスがお披露目されました。(SBC信越放送) 

8:30分 予約済み整骨・鍼灸院「むくの木の森」左片麻痺硬直緩和治療受診。手技による院長W氏ストレッチから始まる。
麻痺左下肢の機能を失った足首を左右に旋回、踵を固定しての強制湾曲、踵・爪先いずれも装具を装着して何とか股関節歩行に役立ってくれている。

旋回・湾曲共に硬直緩和に有効的な理学療法。
W先生、麻痺左足を抱え上げ、膝を胸に押し付ける強制膝曲げ運動5回、仰向き姿勢で、健常右足は膝曲げ単独運動は可能なれど左足は院長W氏ストレッチによってお陰様で歩行最低線を維持している。
仕上げは真っ直ぐ上に上げ胸に押し付ける豪快なストレッチ、膝を曲げて右側に倒し、股関節の伸展を図っていただく。

マッサージは仰臥姿勢からうつぶせ姿勢、特に背中全面への強烈指圧は最高、起き上がった際は息も出来ないぐらいに「ハーハー」と心地よさに酔ってしまう。

鍼灸は初めの問診で、右手人指し指が早朝から真っ白で感覚を失い、温め揉んで血行が良くなるのに時間を要する症状を訴える。
麻痺左上肢・下肢への鍼灸以外に「人差し指」への温灸を加えていただく。

 

10:

10:30分 ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、先週(公財)プラザ・コムから依頼された「ぷらざこむ1」館内放送1月分の可視化(”ぷらざこむのアルバム”ブログに掲載)原稿を、理事長O氏に返却する。

(公財)プラザ・コムは、築後年数を経て、建て替えが必要になった「ぷらざこむ2」の新施設についてのプロジエクトが稼働中。

コンセプト
①あるがままを認め合い人と人とのつながりを作る場
②スポーツ活動、文化活動を通じて、利用者のあるがままのの力を発揮できる場
③宝塚福祉コミュニティプラザ内、各施設 のつながりが出来る場
④働く喜び、生きる喜びを追及する場
⑤施設の運用を利用者自身で行う場 に基づいて出来たタイトルは<あるがまま交流活動センター>”あるでこむ”。

2月25日開催予定の「宝塚広域ボランティア連絡会」主催(ワンコインコンサート)のチラシ各30枚を「脳卒中友の会」「まねき猫クラブ」の連絡ボックスに収納、定例会当日に配布を依頼する。

階活動スペース飲食コーナーにて持参した「おでかけたい」「みそか」の収支簿の記帳並びに計算に取り掛かる。
それぞれ支出項目に従って収支残高を確認、1/20現在仮決算を仕上げる。

 

コメント

仲間と総務仕事始め、12月議事録校正

2018-01-13 16:24:41 | 「ぷらざこむ 1」

日本付近は冬型の気圧配置が続き、上空には強い寒気が居座っています。きのうに続き、今朝も各地で冷え込みが厳しく、全国にあるアメダスのおよそ9割の地点で氷点下となりました。(tenki・jp)

マクドナルドの業績回復でハンバーガー業界が再び賑わいを取り戻しているが、巨大チェーンのマクドナルドが低迷している間に人気を博していたのは、低価格のファストフードの上をいく高級バーガー。その代表格が2015年に日本に初上陸した米バーガーチェーンの「SHAKE SHACK(シェイク・シャック)」だ。(NEWS ポストセブン)

10:30分 ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、「こむ1会」運営委員の中で同じく総務を担当するY氏と事務所で落ち合って、29年12月第5回運営委員会議事録の最終校正を約束する。

ボランティア活動センターカウンターの朱書きポスターに引き付けられ「本日1月13日(土)NHKテレビ「ブラタモリ」は”宝塚”」と大きく墨書されていた。
”ブラタモリ”は歩きの達人・タモリさんが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らし に迫る。
偶々、カウンター付近で佇まれていた受付ボランティア土曜日当番のT氏に教えてあげるとブラタモリはご存知なかったがニコニコ顔で今晩観ますと返事を返して貰った。

飲食コーナーからコーヒーを運んでいただいたY氏と共に「こむ1会」事務机設置のパソコンを開き、昨年12回校正作業を行った手順で電子メールを開く。第5回運営委員会議事録に対する修整希望メールは1件も無し、唯一<全体報告事項>に(公財)プラザ・コムから要望された受付ボタンティア不足の事項が抜けているので追加文章を挿入するとする。

他に、E代表から文章に日付が入った場合は必ず”曜日”を記入するように指示されていたので確認を行う。
Word文書日付の次に、( )曜日を文字変換で打ち込むが(月がつ)➡(gが)となって正確に打ち込めない。IME言語バーを開いてチェックするも原因不明、心ならず多忙中のO理事長に席に来て貰い、基本から確認頂くがWord文書は元に戻らない。
O理事長 Excelは問題ないからコピー貼り付けで作業の展開をアドバイス頂戴する。

相談の結果、議事録を小生のパソコンへ送信して、文章の追加並びに「曜日」を入れて、Y氏パソコンへ返信後、E代表に送信することになる。

午後は13:00 宝塚介護者家族連絡会4団体の一つ男性介護者の会「ほっこり庵」認知症カフエに出席、12月尼崎のサ・高・住に入居されたYさんの消息伺う。「ほっこり庵」代表N氏が電話されたところ、新しい仲間が増え共同生活を楽しんで居られ、ほっこり庵へ戻りたい気持ちは全く無かったと代表N氏は淋しいご様子だった。

唯、当方企画の映画会があれば妹に相談して参加したいと言われていたのは嬉しいニュース。
昨年、毎回参加されていたSさんは昨年から風邪をこじらせ体調を崩して居られるのが心配。同じく、西宮から自転車で通所して「ほっこり庵」スタッフの如く活躍されていたD氏(81歳)も体調を崩され、昨年暮れから大好きな麻雀にも来られず、新年明けてからも来所されないと聞き心配する。14:00 NHKテレビ ラ
グビー日本選手権・決勝「サントリー×パナソニック」を観戦しながら、介護をしている家族と想いを共有したい、介護される側になって「終の棲家」を何処に求めるか等話が尽きない。

コメント

干支の取り換え、絵手紙「戌」飾り

2018-01-04 13:54:18 | 「ぷらざこむ 1」

あす(5日)は前線を伴った低気圧が本州の南の海上を東へ進むでしょう。きのうまでは多くの所で天気が崩れる予想でしたが、最新の予報では西日本が中心になりそうです。関東は雪や雨ではなく、曇り空となる見込みです。(tenki・jp)

多くの百貨店で1~3日、正月の初売りが行われた。 首都圏では好天に恵まれたこともあり、売り場は「福袋」を求める買い物客でにぎわった。売上高が前年を超えた店舗も目立っている。3日に初売りを行った伊勢丹新宿本店では、福袋のほか、コートなどの衣料品の販売も好調だった。(読売新聞)

事始め4日 9:30、宝塚福祉コミュニティプラザ ボランティアの広場「ぷらざこむ1」訪れると正面玄関に9日(火)から開業の案内を見て勘違いに気が付く。北側非常口へ廻ると社会福祉協議会「ボランティア活動センター」の張り紙で10時半迄、留守と掲示されていた。
2018年ノートをチェックすると「ぷらざこむ1」は1/1~/8(祝)迄連休、「ボランティア活動センター」「ぷらざこむ1」事務所入り口の壁「飾りコーナー」に絵手紙Vグループ「みそか」が担当して毎年干支の入れ替え展示を行ってきた。

車に戻って読書しながら待機、10数年継続してきた干支展示を振り返ると初めは宝塚「脳卒中」友の会所属プロ級の中国墨彩画の腕を持つU氏の作品を色紙で掲示、当時取り換え後の作品を所望する人が現れるぐらい人気があった。
絵手紙に切り替わって3年目、本日は取敢えず3枚掲示、絵手紙教室事初めの9日(火)に追加飾りつけをするとする。

11:00 年末から新春にかけて九州鹿児島県留学生二人を山形鶴岡から尋ねた家族夫婦が新年の挨拶に来宅、お昼祝膳を終えてから、4人夕食は篠山市「ぼたん鍋処 如月庵」へ移動する。

中国道~舞鶴道~丹南ICを降りて底冷えのする篠山町の元家老屋敷という豪壮な建物に入り、飾られている鎧兜・太刀・短筒・木彫り彫刻等の見事さ魅せられる。日本間を活かした4人掛けテーブルにて「デカンショうどん」を注文。熱燗で乾杯、ぐずぐず煮える味噌だしを口に含むと出汁が浸透した野菜や豚肉・うどんをいただくとその旨さに驚く。

コメント

年末・年始休業、ボランティアの広場ぷらざこむ1

2017-12-22 15:18:04 | 「ぷらざこむ 1」

穏やかな冬至を迎えています。午後も晴れる所が多く、日差しが暖かいでしょう。東北の日本海側と北陸は天気が崩れますが、気温は高めで、平地は雪ではなく雨となりそうです。あす土曜日の日中は全国的に穏やかに晴れて、大掃除などに良さそうです。(tenki・jp)

国産鶏ムネ肉相場が前年より2割近く高い水準で推移している。
蒸し鶏の「サラダチキン」向けなど、業務需要が堅調なことに加え、スーパーが家庭向け鍋物商材でモモ肉からムネ肉に切り替える動きが出ている。流通業者は「他の肉類より値頃で健康性を訴求できる商材として引き合いが強い。年明け以降も強もちあいの展開」と見込む。(日本農業新聞) 

8:30分 左片麻痺筋肉硬直治療に整骨・鍼灸院「むくの木の森」訪れる。金曜日は唯一の一般診察日、物理療法「ウオーターベッド」・麻痺左上肢・下肢のストレッチ・全身裏表指圧マッサージ受診後、院長W氏の鍼灸受診。

本日手技手順は、逆となって上部(頭部)から鍼灸開始、 頭部: 頭痛、頭脳の 疲労、パソコンの操作による頭の疲れ、 肩凝り等解消に役立つ。

頭部の経穴(ツボ)➡百会ひゃくえ、顔面のツボ➡太陽に「打ち」「据える」と立ちどころに心地良さが回復するから不思議。
麻痺上肢・下肢への鍼灸が後になったので猶更様々な症状の改善を実体験。W先生「鍼」「灸」を全て取り外しされ、更に体の深部を温める電磁盤を腹部・足首に当てがい10分間の安静タイムを取っていただく。
昨夜の「こむら返り」「麻痺上肢・下肢の硬直」症状が嘘のように消滅し、心地良く眠気を催しながらウトウトする。

10:00 2軒北隣「広石医院」受診、先週の高血圧診断にて服用薬処方、一週間後の診断を指示いただく。
先生 最近の血圧症状聞かれ、12/20ディケア「グリーン」最高血圧145・12/21ディケア「ポラリス」最高血圧129を報告。
院長先生 水銀血圧測定器で測られ「130-67」、薬の効果を認められ、3週間分を処方いただく。帰途、逆瀬台郵便局に年賀状届け、今年も平穏に新年祝詞に参画出来た喜びに感謝する。

11:30宝塚福祉コミュニティプラザ ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、ぷらざこむ1の年末・年始営業は、12/23~1/7迄休館、年始は平成30年1月8日(月)開館。
受付ボランテァ金曜日午前中当番N氏に伺うと今週は3日間受付業務ボラティア勤務して大変疲れ、明日からはゆっくり静養して体調回復に努めると笑って居られた。

「こむ1会」受付「業務連絡ボックス」から、「こむ1会通信」第32号2018年1月1日発行分頂戴する。
掲載記事「平成30年度ボランティア活動助成金説明会」、
日時:2月24日(土)13時~16時 
場所:ぷらざこむ1 3階フリールーム 
方針内容:助成金の算定基準や活動活性費助成も対象事業、審査における配分などのメリハリが変更されます。

コメント

肢体不自由者・記録係参加の”避難訓練”

2017-11-29 15:41:53 | 「ぷらざこむ 1」

前線や湿った空気の影響で、天気が崩れる所が多いでしょう。
東北の日本海側や北陸は、雨が降る見込みです。東北の太平洋側と関東は大体晴れますが、東海から九州にかけては雲に覆われて、所々で雨が降るでしょう。(tenki・jp)

アース製薬は10月末から、「殺虫剤」と呼んできたカテゴリーを「虫ケア用品」に変更し、公式Webサイトで使い始めた。「殺虫剤」は「人体に有害なイメージがあり、使うのが怖い」と考える消費者が全体の5%程度存在するといい、「マイナスイメージを払拭(ふっしょく)する狙いがある」という。(ITmedia ビジネスオンライン) 

10:30 ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、1階活動スペースギャラリーに於いては、11/30~12/10展示の第4回ご近所の底力”防災・減災取り組み展”準備に、各まちづくり協議会・自治会防災部の皆さんが取り付け準備作業に励んで居られる。

飲食コーナーにて、コーヒー飲みながら毎日新聞広げているとボランティア顔馴染み「でえくさんず」T氏、「ひまわり座」Y氏来られ、賑やかに歓談。

市民討論会では子供の教育問題に熱心な蘊蓄うんちくを披露されるT氏は、次世代を担う若者の成育に励んで居られる。
常に笑顔のY氏は腹話術プロ級、昭和の歌謡曲もノンプロ級の芸達者な方、この人の周囲では笑い声が絶えない。

毎日新聞「街角から」モスクワ支局 思い出胸に”ロシア極東サハリン島片田舎”訪れた記者は1932年サハリン生まれ、1945年残留生存70人の最高齢吉本キヨ(89歳)と面談。36年前に62歳で亡くなった北朝鮮国民「優しい旦那さんの思い出」を胸に生きている記事に感銘する。

午後は、13:30 宝塚福祉コミュニティプラザ「ぷらざこむ1」訓練火災発生消防避難訓練に肢体不自由者・記録写真係として参加。
避難訓練は、「こむ1会」防災小委員会が主体者として、米谷消防署の指導の元に行われる。説明会を前に、防災小委員会メンバーは、(公財)プラザ・コム 防火管理者理事長岡本氏と打ち合わせ、避難後避難者人数確認もメンバーが代行する。

館内放送で”2階調理室にて火災発生、訓練火災です 訓練火災です 誘導係の案内に従ってガーデニング広場に避難をお願いします。
1階~3階担当の各ボランティアグループ参加者が看板・ポスターを持って誘導に努める。

ガーデニング広場集合避難者は各階毎に整列、1階~3階担当者が人数を防火管理者(代行)に報告。
米谷消防署責任者から総合講評、消火器を使っての消火訓練を行って終了。

 

コメント

愛犬と6時間勤務、受付ボランティア

2017-11-25 16:20:57 | 「ぷらざこむ 1」

きのう(24日)から北日本を中心に真冬並みの強い寒気が流れ込んでおり、北海道や東北の日本海側、北陸の山沿いなどでは断続的に雪が降っています。特に東北や北海道で雪の量が多くなっており、福島県の猪苗代町ではきょう(25日)午前5時に積雪の深さが60センチに到達。(tenki・jp)

来年2月めどに自動レジと組み合わせ実証試験。ローソンは弁当や総菜といった電子レンジで温める商品に、商品管理を自動化できる無線識別(RFID)タグを適用するめどを付けた。2018年2―3月に、袋詰めまでできる自動レジと組み合わせた次世代コンビニエンスストアの実証試験に取り組む。(ニュースイッチ)

8:00分 整骨・鍼灸院「ぬくの木の森」鍼灸師W院長整骨治療として指圧手技受診、一週間で凝り固まった背筋に強烈刺激の指圧。
私の場合は肩甲骨の左下の斜め部分(片麻痺側)が、ガチガチに凝っていて、胸が締め付けられるような痛みと、息苦しさ、頭痛に悩む。
「うつ伏せ姿勢」指示され、先生馬乗り姿勢で脊椎、椎骨と呼ばれる骨が連結した頭の方から七つの頸椎、十二の胸椎、五つの腰椎に両指先に全体重を負荷し、順番に強烈な指圧を受診。
一回の指圧は30秒余り、その度に滞留していた血液がドット流れ出すのがイメージされる。

帰途、小林 西図書館立ち寄り、ジャンルを問わずに無差別に3冊借用。①文芸春秋 新版③「向田邦子全集」②ダイヤモンド社 堀江貴文著「ゼロ」③小学館 星野真里訳「ステイーブ・ジョブス」

10:00 ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、本日は(公財)プラザ・コム受付ボランティアを努める。
身障者専用駐車場(身障者駐車禁止除外票提示)から事務所に入り「お早うございます」挨拶ともに「ワンワン」大きな鳴き声で「Tina」ちゃん飛び出してきて歓迎してくれる。「Tina」は理事長O氏のビアデット コリー娘愛犬、顔は出してくれたがすぐにパパの机足許に寝転んで居睡り。受付ボランティアと言ってもカウンターに来館者が来られても直ぐに応対も不可能、有り難いことに駐車場料金徴収係の「こむの事業所」Kさんとは永いお付き合い、会議室のカギの授受お手伝いをお願いする。

卓上パソコンのパスワード教えて貰い、PC立ち上げインターネット接続完了、(公財)プラザ・コムホームページ開き、ブログ「ぷらざこむのアルバム」を更新。
卓上電話受信、切り替え方法教わって、理事長O氏へ送信、その後、待ち構えていても受信ベルはならない。
1階活動スペースは来館者も少なく静寂、社協ボランティア活動センター事務所勤務はお一人、(公財)プラザ・コム事務所は三人、静かな雰囲気で時が過ぎていく。
受付来館者は、3階フリールーム使用「シニアマジック」、「夢ふうせん」借用ご婦人、2階調理室使用「専心会」の4~6名余り。

午後は、土曜日午後から受付ボランティア勤務Sさんにバトンタッチ、机位置を変更する。
電気関係受付ボランティア勤務H氏来館、3人で12/1開館予定「中央公民館」の内装、オープンセレモニー等の情報交換。
3時「おやつ」はコーヒー・ケーキ頂戴、4時にはお先に失礼する。

コメント

”初冬”陽光浴びる武庫川土手、足漕ぎ車椅子

2017-11-12 16:43:29 | 「ぷらざこむ 1」

冬型の気圧配置は緩み、北海道から東北の日本海側や信越地方で降っている弱い雨や雪も次第にやむでしょう。日の差す所もある見込みです。北海道から東北の太平洋側、関東から九州は晴れるでしょう。紅葉が見頃の所は日差しを受けた葉が綺麗に見られそうです。(tenki・jp)

宮崎駿監督が10月28日、イベントに登壇し、製作中の新作の長編アニメのタイトルが「君たちはどう生きるか」になることを明らかにした。このタイトルは1937年に吉野源三郎が発表した小説から取ったといい、「その本が主人公にとって大きな意味を持つという話です」と話している。(弁護士ドットコム)

9:00安倉「宝塚総合福祉センター」入館、3階大ホール集合、NPOぽっかぽかランナーズ「宝塚練習会」に参加する。
朝の冷え込みは薄れ、ホールロビー南側の休憩所に座って集合の合図を待つ。南側窓から差し込む日光は温かく、一枚カーディガウンを脱いで車椅子運動に備える。

ぽっかぽかランナーズ代表Hさんの挨拶で開始、恒例の参加者全員の近況報告が時計周りで始まる。
2番目に当たり"ぽっかぽかランナーズHP"で紹介されていた代表Hさんユーチューブ投稿「きよ君 間寛平」のツーショットに感動、パワーをいただいた体験を語る。

続いて体操指導は、NPOパラオチームリーダーS氏、本日の練習は「インターバル走法」、耐久力を養うには100㍍ダッシュを繰り返すことが脚力を付け、スタミナをつける一石二鳥の効果あると言われ、20回ダッシュを発表され、皆さん意気込みを示される。

足漕ぎ車椅子組とランナーズ組と分かれて、福祉センター南側の武庫川土手道路に向かう。快晴に恵まれ、雲間から照らす陽光に顔が火照るのを感じながら仲間と出発点に勢揃い。
足漕ぎ車椅子はEさんと2台、それぞれのペースで楽しみながら練習を開始する。約50㍍の走行コースを設定、往きは前進、復は後進と定めゆっくりペースでスタートする。


過去、懸命に漕いだ翌日は、大腿四頭筋がバンバンに腫れあがって1ケ月余り筋肉痛に悩まされた経験を活かし無理しない範囲で雰囲気を謳歌する。六甲山脈の晩秋風景に見惚れ、雄大な武庫川の流れに癒され、恵まれたボランティア仲間と雄大な秋空の下で運動を存分楽しめる「今」の環境に感謝する。

午後は13:00「ぷらざこむ1」入館、2階会議室23に於ける「宝塚広域ボランティア連絡委員会」主催10/21挙行 ”難聴者・聾唖者参加”誰もが安心して過ごせる避難所をめざして”の反省会に出席。

始めに当日撮影された動画の放映、カメラが導入されていたことは聞いていたが良く撮られた活動場面に見入る。反省会の要点
♦進め方はスタッフのみが独占、参加者は理解できなかった
♦もっと自分もアピールが必要
♦受付担当するがアップアップ、非常に落ち込んだが一歩踏み出したことを評価したい
♦どうしても筆談が多くなる
♦避難所運営協議会に障碍者が入った事は良かった
♦本当の避難所では難聴者・ろうあ者は後回しになるだろうと感じた
♦伝わらない大変さを知る

コメント