片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

観映後、心爽やかに!東宝「神様のカルテⅡ」、4月の”シニアシネマ”映画会 №6

2014-03-31 16:18:19 | 「映画・演劇」

青空がクッキリ広がる、今週は雲が広がりやすく、サクラが見頃の所では「花曇り」の日が多いでしょう。
先週のような季節先取りの暖かさはなく、この時期らしい気温の日が多い見込みです。
満開となったサクラは長持ちしそうです。週末は全国的に寒の戻りとなるでしょう。
先週は季節の進みが一気に加速しました。今週は金曜日にかけて、この時期らしい気温になるでしょう。
季節の進みは先週よりペースダウン、サクラが散り急いだり、咲き急いだりすることはないでしょう。 (チーム森田)

4月1日から消費税率が8%に引き上げられるのを前に、都内の百貨店は最後の駆け込みで買い物をする客でにぎわっている。(日本テレビ系(NNN))

本日はシニア映画の会 9:00野上4丁目に仲間のS氏宅へ、南北バス通りの桜並木は満開の花盛り。中津浜線を南へ降ると高司からの広大な阪神競馬場西側の桜も咲き誇り、素晴らしい桜を愛でながらのドライブ。

選抜高校野球第10日は、準々決勝第1試合は福知山成美ー履正社戦は8:00試合開始、毎年慣例春の風物詩、桜満開と甲子園の熱闘が重なってラジオを聞きながらウキウキした気分に浸る。

            
            

阪急西宮ガーデンズ付近まで来ると乗用車が多くなり、大半は西宮ガーデンズ地下駐車場入り口に吸い込まれて行く。
量販店・百貨店・専門店が出店している阪急西宮ガーデンズ、4月1日から消費税率が8%に引き上げられるのを前に行楽を兼ねてのショッピング客に見受けられる。
中央棟4階TOHOシネマズ入口、身体障害者専用駐車場に車を停め、4階の吹き抜け空間から1階まで見下ろすと各階共に顧客に埋っているのが散見される。
            
            

特にTOHOシネマズロービーは、幼児・児童の歓声とハシャギ廻る姿で大混雑、祖父・祖母に連れられた子どもさん、ママと幼児のグループ、高学年児童のグループが一際目立っている。
春休み児童向き映画の上映予告を見ると、1、平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦スーパー戦隊 2、 映画ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人探検隊~ 3、アナと雪の女王 4、劇場版しまじろうのわお!しまじろうとくじらのうた ・・・・と幼児・児童好みの映画がズラリと勢揃い。
           

                  

この時期は、成人向き映画大作は洋画・邦画には少なく、唯一東宝作品評判の高い、心と向き合う・心で支え合う・そして愛はつながっていく3組の夫婦がつなぐ命と希望の物語「神様のカルテⅡ」10:20開場に決めてチケット購入。
              

                       

あらすじ: 妻・榛名(宮崎あおい)の出産を間近に控えた内科医の一止(櫻井翔)は、一層仕事に励んでいた。そんな折、大学時代の同期で親友のエリート医師辰也(藤原竜也)が本庄病院に赴任してきて一止を喜ばせる。だが、彼は勤務時間が終了するとすぐに帰宅し、時間外の呼び出しにも全く応じない辰也の医師としての態度が理解できず……。
嵐の櫻井翔と宮崎あおいが夫婦を演じ、ヒットを記録したヒューマンドラマ『神様のカルテ』の続編となる感動作。
勿論「シニア映画の会」では鑑賞済みながら、S氏は全く記憶が無いと言われ、少々解説を施す。

今回はそれぞれの事情を抱えた3組の夫婦の関係を軸に、悩んだり傷ついたりしながらも命に対して真摯(しんし)に向き合う人々の姿を紡ぎ出す。
前回同様櫻井と宮崎が夫婦にふんし、藤原竜也と吹石一恵が主人公の親友夫婦として登場。さまざまな苦難をくぐり抜け、一層成長する登場人物たちの姿に勇気をもらう。

          

          
食事中3人の感想は
1、前作に続き、医師不足が大きな問題になっている 
2、年間3日しか休んでいないという過酷さ 
3、転勤してきたのが、かつての同僚進藤辰也(藤原)は5時には帰宅してしまい、夜は連絡が取れないという 
4、栗原の妻、榛名(宮崎)は妊娠中であるけど、一止は病院から連絡があれば行かねばならない、榛名もその事は理解している 
5、栗原の上司、貫田(柄本)が倒れ、余命数か月と診断を下す。医者の不養生とつぶやく貫田(柄本)
6、余命数か月を認める貫田(柄本)は病室の妻の前で号泣 
7、最後に貫田夫妻にサプライズプレゼントしたのが、思い出の星空を見せる事、病院の明かりを消したのだ 
8、貫田先生は世を去り、栗原夫妻には新しい家族が増えた。考えなければいけないのは、医師も一人の人間、良い医療を続けるには休養も大事だという事。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜満開降雨の中、集まった仲間19人、第106回「脳卒中」友の会交流会

2014-03-30 16:39:35 | 「脳卒中」

深夜からの雨降り続く、東京都心では春の嵐の中、ソメイヨシノが満開に。関東はこれから夕方にかけてが強風のピーク。沿岸部を中心に立っていられないほどの強い風が吹き荒れる所もあり、交通機関への影響もありそうです。局地的に雷を伴って激しい雨の降る所もあるでしょう。 低気圧が急速に発達しながら本州付近を通過中。東北は夕方から風が強まり、明日にかけて太平洋側を中心に暴風が吹き荒れるでしょう(チーム森田)

消費税率引き上げ前の最後の週末となった29日、首都圏のスーパーなどは多くの客でにぎわった。
飲料や即席麺などをケース単位で購入、カートで車に運び込む姿が目についた。
しかし前回の増税直前に比べると、購入品を厳選する消費者の“賢い選択”も浸透。それでも、売り場からは「かえって4月以降の反動減は前回より軽微かも」との楽観的な声も出ている。(産経新聞) 

           
           

8:00MBSテレビ「サンデーモーニング」、「8億円の使途は?渡辺代表の釈明」・「袴田事件48年後開いた再審の扉」・・・・アメリカ出張帰りコメンテーターのひとことは「米国政界ではウクライナ情報が飛び交う中、日本では腐敗を暴く権力闘争にガッカリ、袴田事件では、ゲスト解説者が近くでは村木事件の検察庁証拠「ねつ造」があった事から真実は推察できるし、48年前の密室取り調べの一方的な調書作りは肯ける。

9:30分 家人の要望で激しく雨が降る中、阪急逆瀬川駅アピア 食品スーパー「光洋」へ車を運転、京阪神地区において「SUPERMARKET KOHYO」を展開する株式 会社光洋はアピア館人気生鮮食品スーパー、こだわりの「お魚」塩干、「野菜」果物、「お肉」ハムソーセージが顧客に支持され、大売出しチラシ投入日は店内大盛況を呈する。
毎朝9時前後、逆瀬台5丁目バス停から乗り込む高齢者の大半は「SUPERMARKET KOHYO」を目標とする人気店舗。

12:30分 予報通りに雨が上がり、空が広がる山本丸橋に「友の会」仲間A氏を拾ってぷらざこむ1」を目指す。
宝塚「脳卒中」友の会第106回定例会に出席、13:00理学療法士K先生指導の「言語教室」開講。
受講生5人、誤嚥下防止並びに発声術の練習に励む。
            
            
                   

初めは座った状態で体操、片麻痺の片手を挙げたり、伸ばしたり、腰を捻って左右へ、首の回転運動等笑顔が素敵なK先生、活発なジエスチャーと大きな声にリードされ、皆さんニコニコ顔で真面目に取り組む。
巧みなご指導で心身がリラックスしてから、顔面体操は口の開閉、頬の膨らませ、舌の出し入れ、恥ずかしい気分もご婦人の先生が真面目にリードされるので真剣に顔を動かす。
発声術は基礎会話の練習、母音・子音が混じることで口の開け方、舌の動き、顎の動きが変化する事が勉強になると教わる。◆2連単語の発声・・・・・母音~あい、あか、あう 「か」行~かい、かう、かこ 「さ」行~さお、さい、さか」、濁音練習・3連音の練習・4連音の練習と続く。
仕上げは、全員で合唱、◆ふるさと◆リンゴの唄と懐かしい唱歌を音痴で腹の底から歌い上げ、ストレスを吹き飛ばす。
                      
           
                    
13:00交流会、新会員も加わってて19人の出席者、元気な会長O氏の挨拶で開会、
1、宝塚市市民憲章唱和・・・・会長のリードにて”お互いに理解しあい 助け合い 訪れる人たちを親切に迎えましょう”と唱和。
2、欠席連絡者の発表・・・・毎回継続していると欠席の人は連絡をいただき友の会に規律が生まれてくる。
3、初参加者紹介・・・・「脳内出血」後遺症を持たれるS17年生まれ、御殿山在住M氏、奥様と担当ケアマネージャーNさんと初参加。
4、片麻痺患者に「こんなものがあったらいいなー」・・・・一人づつ順番に発言 ①ステッキチエア②手押し車③ドーナツ型クッション④片手傘⑤体に負担を掛けないリフト
5、25年度会計報告・・・・会計担当のK氏から報告レジュメ配布、繰越金73568円含む、収入・支出122841円 6、「ぷらざこむ1」利用登録の確認・・・・・「ぷらざこむ1」は”全ての人に暮らしやすい街や社会をボランティアの力で作ること”にあることを会員皆さんに確認。
7、26年度役員・・・・・会長O氏・副会長Y氏・会計K氏・事務局Y氏~拍手で承認される。
           
           

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

午前、「ぷらざこむ1」26年度”利用登録”説明会、5/25「祭り」参加”物品販売”打合せ 出席

2014-03-29 08:28:49 | 「ぷらざこむ 1」

曇りがちの薄寒さ、関東地方、暖かいのは土曜日だけです。日曜日からは薄着ではヒンヤリ
特に4月2日は昼間も15度以下の所がほとんどです。 日曜日は朝から雨で、次第に本降りに。
雨のピークは昼前後となりそうです。気温はあまり上がらず、昼間も20度に届かない所がほとんどでしょう。日差しがなく、薄着ではヒンヤリと感じられそうです。ただ、咲いたばかりのサクラが散ってしまうことはないでしょう。 (チーム森田)

菅義偉官房長官は28日午後の記者会見で、2月の生鮮食品を除く全国消費者物価指数(CPI)総合指数が前年同月比1.3%上昇、9カ月連続のプラスとなったことについて「デフレではなくなってきていることが確認される内容だ」と評価した。その上で、4月の消費増税を見据え「これからもデフレ脱却へしっかりと取り組むとともに、今後の物価動向を注視していく」と述べた。 (時事通信)
              
              
9:30分 宝塚福祉コミュニティプラザ ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、正面北側の老樹「ソメイヨシノ」は満開状態、訪れる人々・散歩途中の方々は一晩でパット見事に咲いたサクラを愛でながら写真撮影に夢中のご様子。

              
              

社会福祉協議会ボランティア活動センター受付にて、「おでかけたい」26年度4月イベント堺市「大仙公園」行きボランティア行事用保険の申請手続きを行う。
前期2回目の日帰り旅行は、古墳時代から栄えた歴史豊かな堺市の市庁舎展望台から古墳群を一望し、「大仙公園」日本庭園を4/25見学する予定。
保険加入依頼書の行事予定表(名称、開催場所)に記入、一人当たり保険料28円、20人分560円を書き込みを終える。
3/31郵便局から振込み、振込み表を依頼書に添付して、全国社会福祉協議会へ郵送する。
             
             

               

11:00 2階会議室21Aにて「ぷらざこむ1」利用登録第1回説明会に出席、2回に及ぶ説明会に出席しないと会議室利用が不可となるためにか定刻時は広い部屋もビッシリ満員となる。
(公財)プラザ・コム O理事長から登録の確認事項の説明から始まる。
「ぷらざこむ1」の願いと目的:◆全ての人にとって暮らしやすい街や社会をボランティアによって作る事。
「ぷらざこむ1」の運営について:◆願いを実現するために設立されたのが(公益財団法人)プラザ・コム 、運営は「こむ1会」によって担っています。
「ぷらざこむ1」の利用料について:◆街や社会へのボランティア活動で支払っていただきます。
「ぷらざこむ1」利用登録の申請が出来る条件:①ボラセンに登録されている事 ②1年間以上、ボランティア活動の実績があること③社会的課題に取り組んでいるVグループ ④自立・独立したグループであること ⑤「こむ1会」の会員であること・・・従来にない厳しい姿勢で臨まれ、明確に教養を養う講座や教室的な使い方は断ると言われた。
明言された言葉に、「ぷらざこむ1」はボランティア活動グループの支援設備ではなく且つボランティア活動者の為に存在するものでない。

             

             
質疑応答は、核心に触れる内容が多く、出席者の襟を正す質問・応答があって丁度60分で終了。
戴いた登録申請書提出は、第1回7/6~7/12、第2回7/13~7/19、面接提出となる。

             
             
             

午後は13:30分 5/25予定の第12回宝塚福祉コミュニティプラザ祭り 「物品販売」部会に「宝塚広域ボランンティア連絡委員会」代表として出席。
「物品販売」小委員長から当日の販売時間、10:20~14:50分厳守、準備した段階で商品にはシートで覆う事等が説明され、当日雨天の場合は3階フリールームが会場となる。

祭り前日(5/24 13:00)当番は広場テント設営に「広V連」から2名、祭り当日受付当番(パンフレット配布)9:30~11:30に「広V連」から2名の応援が決定。

             
                          
帰途、宝塚阪急にて神戸「風月堂」ゴーフルをお見舞いに購入、阪急逆瀬川駅付近「宝塚病院」整形外科入院中のVグループ「おでかけたい」Sさんを見舞う。
買い物歩行中「点字ブロック」に足を取られ転倒、「大腿骨頚部骨折」されたが手術を終えて、只今リハビリテーションに励んで居られる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝祭ダイニング「シャンデリアルーム」にて昔の仲間再会、実業団長居駅伝・篠山走った往時を振り返る

2014-03-28 07:00:44 | 小・中・高・大学・職場時代

早朝から青空広がる、今週末の土曜日は全国的に晴れて、関東から近畿地方にかけては、汗ばむ陽気になる所もありそうです。一方、日曜日は雨の降る所が多くなるでしょう。
気温はぐんと上がり、関東から中国地方にかけては、25度前後まで上がる所もあるでしょう。
朝晩はヒンヤリしますので長袖の上着が必要ですが、日中はTシャツで過ごせる所もありそうです。
西日本は下り坂です。九州北部は昼前から雨が降りだすかもしれません。九州南部も夜は雨。中国や四国地方も朝から雲に覆われ、午後は次第に雨が降りだすでしょう。(チーム森田)

労働者派遣法改正で派遣労働はどう変わる? 身分固定化のおそれも・・・・・人を変えれば、すべての業種で3年を超えて派遣労働者を受け入れることも可能になります。つまり人さえ3年ごとに交代すれば、派遣労働者の受け入れをずっと続けることが可能となるわけです。(The page)
         

         
         
9:00 朝のヒンヤリ続き、ハーフスプリングコートに身を包み、宮の町「川面神社」前、理髪店「エアー」指定駐車場に車を停め、旧道176号線を杖歩行して三回目の調髪に訪れる。
3セットの調髪台、空いていた手前の調髪台(マスター専用)に案内され、マスターの調髪を受ける。
隣が鶏卵菓子製造店舗、良い匂いが吹き抜ける風と共に流れ、「川面神社」境内の七分咲きの桜と相俟って春の雰囲気が漂う。

10:00阪急電車「宝塚駅」北側上り一方通行に駐停車、宝塚線梅田行き急行に乗車、阪急うめだ本店へ向かう。
本日12:00うめだ本店13Fレストラン街「祝祭ダイニング」”シャンデリアテーブル”にて昔、大阪実業団駅伝・篠山マラソンを走ったランナーズの仲間との昼食会を企画する。

          

          

          

梅田駅3階改札口を抜け、七番街のエレベーターにて、1階「動くエスカレーター」前にピッタリ降り立つ。
乗り合わせた「動くエスカレーター」の利用者はベルトのスピード以上の早さで歩行されるが片麻痺歩行の体では負担がキツイので右側に立ち止まって到着を待つ。

          

          
阪急うめだ本店正面に降り立ち、コンコースを地下鉄の乗車に流れる客さん、右側(西方面)JR大阪駅へ急がれる方々と二つに分かれ、買い物顧客はインフオメーションセンターからドンドン吸い込まるうように入店される。
定刻迄に余裕があるので、久しぶりにB1食品(和・洋菓子、パン、惣菜・弁当)へエスカレーターにて降り立つ、流石に食品売り場は顧客が多く、特に人気の和・洋菓子コーナーには買物の列が出来ている。
ベーカリーイベント・スイーツイベント・キムラフルーツジュースバー等には若い顧客が集って買物に夢中な様子が見受けられる。
           

           

           

           

13F レストラン街へは、各階売り場が見渡されるエスカレーターを乗り継いで達する。
12:00予約済みのグランドカフエ&レストラン”シャンデリアテーブル”着、先着済み幹事役のO氏と落ち合って定例会進行の段取りを打合せ。
           
           
           

出席申し込み者13人揃ったところで O氏の開会案内とビール乾杯で幕開け、初めにマネージャーO氏から、2014.01「大阪実業団駅伝」大阪長居競技場周回コース第2部に出場した阪急阪神Aチームが優勝した嬉しいニュースが発表され大いに盛り上がる。

持ち込まれた資料を見ると、1988.01.17第41回大阪実業団駅伝では第2部でAチームが1.21.52秒4位が唯一の好成績として記録されていた。
一人三分の近況報告が楽しく、話し始めると止まらない人が多く、後ろへズリコミ全員に廻るのに時間が掛かる。
皆さん団塊の世代も多く、体調を崩し、散歩に切り替えた人も多く、中にはドクターストップでお酒を止めたと嘆く人もあった。
一際大きな拍手が寄せられた方は幹事のO氏(64歳)、今年の篠山マラソンを3時間35分で走破、目標は100回のマラソン完走を目指すというロマンを伺い、感嘆する。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜冷え、"体幹強化マシントレ"に汗流す、腹筋・大腿四頭筋にイメージ!体力強化。

2014-03-27 08:30:27 | 「リハビリ」

セーター1枚では未だ寒い、今日は全国的に気温が高め。天気が回復する東海から西は20度を超える所が多く、日中は上着なしで過ごせるでしょう。高知や鹿児島は初夏を思わせる陽気です。
一方、関東から北は昨日ほど気温が上がらず、ヒンヤリしそうです。
今朝は東海から西では雨はほぼやみ、日中は広く晴れそうです。関東は大気の状態が不安定で、変わりやすい空模様となるでしょう。沿岸部を中心に雷雨となるおそれもあります。 (チーム森田)

中国によるレアアース(希土類)の輸出規制が世界貿易機関(WTO)の協定違反に当たるなどとして日本と米国、欧州連合(EU)が共同で提訴していた問題で、WTOの紛争処理小委員会は26日、日米欧の主張を全面的に認める報告書を発表した。(読売新聞)

8:50分ハーフコートを着用してPDS送迎車乗車、同乗者N氏と大相撲春場所大活躍「鶴竜」の気迫いっぱいの一番を振り返る。
真面目な人柄が取り口に現れ、真っ向勝負を喜ぶフアンを惹きつける大関が「横綱」昇進したことを喜び合う。
         
         

9:00ディサービスセンター小林到着、定席のテーブルから長老T氏が両手を上げて歓迎のジエスチャー、今週の日曜日は、年間皆勤者招待の宝塚ホテルへ出席すると大張りきりのご様子。
         

コーヒータイムの話題は、神戸新聞第一面掲載の「特養全国52万待機」に注目、超高齢者時代に生きる後期高齢者は「終いのすみか」をどこにするのか家族任せに出来ない現実を直視する。
                   
卓上の、衣・食・住の工夫とアイデア満載「暮らしの手帳」に目を通す、注目記事は「わたしの暮らしのヒント」◆玄関にはいつも花を飾ります◆うそをつかないことを大切にしています◆指針になる師をもつ・・・・昔「花森安治編集長」時代読んだ愛読書を想い出し懐かしく振り返る。
                   

看護師Mさんバイタルチェック(血圧127-62 脈拍70 体温36.4℃)、手元の「暮らしの手帳」を見られ、わたくしが「小林文庫」に寄贈したと伺い、流石のインテリジエンスと読書眼の高さに感心する。
               

9:15分オリエンテーション リーダーHさん発表は 「お花見と外出歩行訓練のご案内」、4/8・4/9・4/10の3日間「阪神競馬場」桜の美しさを愛でながらの屋外訓練の希望者は申込書に署名提出を求められました。

               

マシントレーニン開始、
№1、「ホリゾンタル レッグ エクステンション」・・・・・立ち上がり動作の強化に貢献する水平両足押しは体幹を強め、歩行動作に欠かせない膝の使い方を補助してくれる貴重な器械。
麻痺左足の位置を定め、麻痺踵がずれ落ちないように補助具をセット、イメージを左踵に集中して、丁寧に押し出し、戻してくる。体は水平に保っているので腰に負担が掛かることは無く、且つエネルギーを無駄に消費する事も無く楽に40回こなす。 

                

№2 「トレッドミル」・・・・・・免体重自動歩行器は、65㌔の体重が腰・膝・踵に直接負荷することないように天井から補助器具で支え、麻痺左足にベルトの最後まで体重の移動をイメージする。
その分右足を大きく前に出し、5分間姿勢を正し、「左」・「右」と歩行訓練に励む。
歩行訓練には最適の器械、難点は一人で装具の装着が不可能な事、その分スタッフの手を煩わす。 
                 

                 
№3「ローイングマルチフアンクション」・・・・・両手引きは肩甲骨筋を稼働せしめる唯一のパワーマシン、麻痺左指が上手くグリップを握れるかどうかが大きなポイント。スタッフの器械操作能力が試される、麻痺手にグリップを握らせる高さ加減の調節と器械を一旦停めて固定化も必要。

                 

                 

№4「トーソーエクステンション」・・・・・エネルギーをタップリ使って腹筋を強化、イメージは股関節から前に倒し、押し込む際の呼吸法が大切。
横隔膜を使って鼻から息を吸って「イチ ニー サン シー」で押し込み、「5 6 7 8」で戻ってくる運動動作を40回。

                  

№5、「レッグエクステンション」・・・・・・両足の大腿四頭筋を鍛え、足首の稼働と柔軟さを鍛える「両足伸ばし」、麻痺左足首が補助器具に接着するかが大きなポイント。
パワーリハ取り組み当初は、ダラリと垂れていた麻痺左足は少し角度を保ち、右足首と連動して、負荷装具を持ち上げる。両足を伸ばした最大地点でアキレス筋も伸ばすイメージで40回持ち上げて降ろしてくる。
                 
           

11:15分マシントレ終了、既に始まっている「誤嚥下防止言語強化体操」に参加、口・顎・舌・唇を使った体操と構音障害を防ぐ発声練習に取り組む。
昼食献立は、・牛肉のしぐれ煮・玉子焼き・法蓮草の煮物・味噌汁・ご飯を美味しく頂戴する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総会シーズンの幕開け、降雨の中、劇場型開かれた株主招待”経営統合”説明会

2014-03-26 07:10:22 | イベント

深夜から降り続く雨、25日は桜が都心で開花、高知で満開など、春の便りが続々と届きました。
3か月予報によりますと、この先も春の歩みは順調で、桜前線は去年のような長旅にはならずに、とどこおりなく北上する見込みです。
4月は暖かい空気と冷たい空気がぶつかりあって低気圧が発達しやすい気象条件となります。
寒の戻りも予想されますので、急な冷え込みも油断できません。
新年度を迎えて、忙しい時期でもあります。(チーム森田)

西友は25日、生鮮食品の強化策として、4月1日から品物に不満があれば返金する「生鮮食品100%返金保証」プログラムを始めると発表した。西友などグループ374店舗で実施する。(産経新聞)

8:00 降りしきる雨の中、フード付き防水コートを着込んで、野上4丁目にS氏を迎え、阪急宝塚駅北側登り一方通行道路に車を停め、宝塚線にて梅田駅を目指す。
本日は、株主総会シーズンに先駆け、「本株式交換契約」に伴う本経営統合の可否を問う臨時株主総会にS氏の介助支援を貰って出席する。
会場は、大阪市北区茶屋町 梅田芸術劇場 「シアター・ドラマシティ」、宝塚発梅田行き急行(池田迄各駅停車)に乗車、終着駅最後尾出口「茶屋町」を出て、雨の掛からない「三番街」~「カッパ横丁」を選んでひたすら杖歩行に励む。
麻痺左足に重心を残し、大きく右足を伸ばし大股歩行、降車後、恐らく300~400㍍の距離を、確り前方を見据えてリハビリ歩行に専念。
           

           

           

最終、梅田芸術劇場へ渡る信号手前でフードを被って降雨の中を渡り切り、降りエスカレーターに乗って「シアター・ドラマシティ」到着は10時。
受付で「召集通知」を呈示、後方通路から入場、スタッフの案内で身体障害者用席へ誘導いただき、腰を降ろした時点で議長の開会宣言を耳にする。
劇場の安楽椅子に座るといっぺんに汗が吹き出し、コートを脱ぎハンカチで汗を拭う。
落ち着いて会場を見渡すと6月定例総会の8割位出席者、議長の進行で第1号議案~第4号議案の説明が始まる。
          
          
                    
本経営統合に至った経緯は共通の理念を持つ両社が、関西という地域の中で多様な業種業態、取扱い商品群を揃えた総合小売りサービス業グループを構築する事を目的としたとあった。
両者グループの百貨店からGMS・スーパーマーケット・スーパーセンターにわたる店舗網、物流といった小売りインフラストラクチャーの再編成を行うと聞き、人口減少・超高齢社会に備えた5~10年後の経営の難しさを知る。
事業戦略の骨子として①カード事業②食品製造事業③商品調達④店舗競争力強化等を担当役員が優しい言葉で説明され、聴く方としてはすこぶる理解しやすくいい勉強になった。
第1号議案~第4号議案の説明後、株主質問が始まる、配布された「召集通知」を良く読んで来られた株主からは、・市場株価法・キャッシュフロー・評価法に基ずく交換比率等を捉えた核心に触れた質問を伺い、初めて聞く単語の意味が分かってくる。
「総会」に出席するメリットは、難しい経済用語に触れ、少しでも理解出来る機会が与えられる事にある。
又反面、高齢者・女性株主からの実生活に即した単純な質門が面白く、会場を和やかにしてくれ、開かれた劇場型総会らしく進んで行く。
         

          

12:00 議長が最後二人の質問に限定、各議案は拍手で議決され統合案は可決される。
終了後仲間4人で「かっぱ横丁」ラーメン屋に昼食、総会に於ける発言を振り返りながら、互いに勉強不足を反省しながら難解な経済用語の知識を披露し合う。食後のコーヒーは、三番街へ移動、セルフヘルプ喫茶店にて時間を気にせず久しぶりの談笑時間を過ごす。
         

         

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”京都御苑”枝垂れ桜は開花中、「おでかけたい」前期日程スタート⇒メルバルク京都⇒京都御所

2014-03-25 08:10:09 | 旅行

セーターにベストは欠かせない、きょうの東京の予想最高気温は21度で4月下旬並み。
このポカポカ陽気に誘われて、東京のサクラの開花も間近。花が開くのは今日か明日か明後日。
きのうまでに九州や四国、東海でサクラ(ソメイヨシノ)が開花しています。

この陽気に誘われて、東京都心のサクラ(ソメイヨシノ)も開花に向けて一気に進みそうです。
花が開くのは今日か明日か明後日か。まさに開花間近です。(チーム森田)

宅配大手のヤマトホールディングスが、日本の商品を中国全土に宅配するサービスを来月にも始めることが分かりました。(テレビ朝日系(ANN)) 

本日は、高齢者・身体障害者の皆さんと日帰り旅行を愉しむVグループ「おでかけたい」26年度前期イベントスタート日、少し早いかもしれないが京都御苑「枝垂れ桜」鑑賞へ出掛ける。
10:00逆瀬川アピア北集合は仲間19人、車椅子4台積み込んだ自家用車5台に分乗して、中国道宝塚IC~名神高速道路を走り、京都南ICを降りて国道1号線に合流。

            

            

            

天気予報通り、曇り空が広がる1号線を北上するも、合流地点から大渋滞、毎回京都行きで体験する交通難所ながら、火曜日の平日は流れているし、時間制約も無いのでのんびり流れに任せる。
カーナビへ、昼食を予約した京都駅前メルパル京都「レストラン円山」の電話番号を入れ、ナビゲーターの指示に従って11:50分到着。
            

            

            

            

メルパル京都は、古都に相応しい文化交流施設、研修室・カルチャールーム・スタジオに、宴会会議場を備えた様々なイベントに適応する8階建てのカルチャー施設。
「レストラン円山」予約席にそれぞれ席を占め、事前予約注文のメインデッシュ①茄子とローストビーフ②鯛かぶらの配膳を待つ。
当店はバイキング形式、メインデッシュに加え、各自多種多様なバイキング料理を取り寄せ、豪華で楽しいランチが始まる。

               

                          
バイキング料理コーナー周辺は通路も狭く、昼食時と重なりお客さんも多く、不自由な体で迷惑を掛けてもいけないので隣席U氏の料理調達申し出に甘えてお任せする。
注文の”鯛かぶら”は質のいい鯛が調理され美味しく、蕪も味付けが凄く旨く、質が良くて量は少ない好みの高齢者には最適のお料理だった。
バイキング料理は、生野菜を中心に、・唐揚げ・ウインナー・ポテトサラダ、味噌汁とご飯もいただき満足する。
デザートはケーキ類、コーヒーは別途料金(200円)、バイキング料理の制約時間70分迄談笑する。

談笑タイムには、来月の予定(4月25日)パンフレット配布、歴史豊かな町「堺」へ出掛け、「大仙公園日本庭園」の見学を案内する。

          

          

          

13:10分烏丸通を北上、中立売「間の町口」から京都御所パーキング(3時間500円)に車を停める。
御苑内砂利道を歩行するのは大変、積み込んできた車椅子に乗せていただく、車椅子を砂利道で押すのは大変な苦労、押していただいたY氏には「体重は昔と変わらないですか?」と聞かれ、65キロの体重に身が縮む。
御苑内は外国人が多く、流石に京都と感嘆、着物を来た外人3人に出会う。
         

お一人女性の着物は美しく「ベリービユティフル」と褒めると喜ばれ、嬉しい交流の一時を過ごす。
御所入門口は「皇居警察官」で固められ、許可書持参が必要、係員に尋ねると午前中に身分証明書を提出すると午後から入門は可能と聴く。
         
         

        

枝垂れ桜」は見事に咲き、周辺はスケッチに筆を走らす人、カメラを構える人で賑わっている。
御苑内には未だ蕾の樹木も見られ、開花時期は見事に調節されている様子が伺える。
今後2~3週間は、全国から上洛観光客に古都京都の美しさを示し、喜ばれる事と推察される。
「枝垂れ桜」前で集合写真、全員撮りたいと思っているとスケッチに筆を走らせているご婦人が親切にシャッターを押して貰い19人写真に収まる。
帰途はお土産購入に、烏丸通~百万遍まで走り、京菓子司「満月」にて「阿闍梨餅」買い求める。「阿闍梨餅」は大正11年創業、丹波大納言の粒餡を様々な素材を練り合わせ、焼き上げた半生菓子。

        

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”左片麻痺”肩関節回し「コックン コックン」鳴らす「柔道整復師」手技、痛みより開放感に包まれる。

2014-03-24 11:14:17 | 診察・治療・鍼灸

スプリングコート着用、お彼岸の中日(春分の日)は、冬型が強く北日本は大荒れになりました。
でも、お彼岸も終盤のきょうは春の暖かさを感じるようになりました。
また今週は全国的に気温が高くなるという「異常天候早期警戒情報」も発表されています。(チーム森田)

ゼネコン140社が加盟する日本建設業連合会(日建連)は20日、建設現場での人手不足対策として、一定の技術を身に付けた女性の技能労働者を5年以内に2倍の18万人に引き上げる目標を発表した。
日建連が女性の就労目標を掲げるのは初めて。(時事通信)
           

           
                     

 朝の冷え込みは少々緩和、外出時はハーフスプリングコートに衣替え
宝塚ゴルフ場沿いに広がる緑は、”活き生き”輝き始め、まさに「春」は直ぐそこまで来ている雰囲気が横溢している。県道114号線からアヴェルデマンション駐車場に入場、2階鍼灸院「もくの木の森」受付に診察券を提出。
N先生から、先週末2回目治療に来られなかったので院長W先生が心配されていたと聴き、1泊2日の高知県バスツアー報告してご安心頂く。

N先生、仰向きベッド、体が大の字姿勢になる様に腰の位置・臀部の中心を矯正、麻痺足の開き、足首の位置を訂正される。
伸び伸びした姿勢で治療開始、電磁盤使って、タップリ時間を要し、温熱刺激を加えて後、「仰臥姿勢」・「うつ伏せ姿勢」にて鍼・灸施術
片麻痺のマイナス面は、肩凝り・首筋筋の硬直に症状を呈し、睡眠時の熟睡程度に響いてくる。
鍼・灸施術の効果意識は、就寝時の「寝入り」・「深い、浅い」にイメージされるが月曜日の就寝は快く、明らかに体調アップが感じられる。
首筋の凝りは枕の高さに関連するが先生のアドバイスでは固定しないで、施術日の枕は薄く、凝りを意識する夜は高くしたりして調節を行っている。
うつ伏せマッサージ左右脊椎筋のコリは指圧を微妙に加えながら巧みにほぐし、イメージとしては、苦しいうつ伏せ姿勢が何時までも続くことを祈っている。

毎回の事ながら仕上げは「横根姿勢」、麻痺左肩関節を、上に伸ばし、左右へ倒し、関連筋肉を柔軟にしてから片関節を回し始め、その度に「カックン カックン」と10年間動かしたことが無い関節が稼働する。

           

           

10:30分「ぷらざこむ1」入館、北側の「ソメイヨシノ」老樹は2分咲の膨らみ、膨らみは赤実を帯び、1週間後の開花楽しみを想わせる。
平成26年度ボランティア活動センター登録申請書の作成に着手、事務局担当の三つ目「高齢者のボランティア活動を考える」シルバーボランティア研究会宝塚支部」の登録申し込み書を、社協ホームページからダウンロードして、各項目毎に文書入力を行う。
           
           

           
グループ名・代表者名の記入後は①活動目的②活動内容が③活動日の詳述が求められる。
①活動目的・・・・・後期高齢者同士、「互いに知り合い」・「互いに助け合い」・「互いに情報を交換し合う」社会の実現を目指す。高齢者のポテンシャルを可能な限り引き出し、自己を含み高齢者福祉に貢献できる領域の模索を目指す。
②活動内容・・・・・・2~3ケ月に1回大阪府立労働会館「エルおおさか」にて開催される研究会に参加、会員各自は所属するグループで活動。
③活動日・・・・・・
個々に異なる。例:閉じこもりの高齢者に手芸の指導、ケアハウスり在住者のお話し相手。傾聴ボランティアとして心のケア等。
          
          

          

午後は、第86回選抜高校野球大会第3日、第3試合地元近畿の代表、智弁和歌山対明徳義塾戦のテレビ観戦を自宅で愉しむ。
戦前の予想は、昨夏の甲子園8強で攻守にレベルの高い明徳義塾(高知)は伝統の強打を誇る智弁和歌山との1回戦が鍵を握ると報道されていた。
両チームとも投手が好投して譲らず、今大会2度目の延長戦に。
明徳義塾が十五回に1点を挙げ智弁和歌山に3-2でサヨナラ勝ちした。
残念ながらの敗退、延長戦まで有利に試合を進めた智弁和歌山、延長十二回、3番・山本の右越えソロ本塁打で再度2-1とリードしたがその裏、スクイズで同点とされ、あと一歩及ばなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”しんどかった"が元気になったとニコニコ顔、ケアハウス⇒医療療養病院転院Yさん

2014-03-23 12:09:31 | 「リハビリ」

放射冷却のせいかヒンヤリした早朝、例年、東京は春分の日までにスギ花粉飛散の7割程度が終了。今年はまだ4割程度で例年より10日前後遅れ。
今週は気温上昇で火曜と水曜は初夏の陽気。花粉飛散は最盛期に。 東京では例年だと3月10日頃にスギ花粉の全体の3割程度が飛散し、

今週は気温もグッと上がりスギ花粉の飛散が最盛期を迎えそうです。(チーム森田)

日銀の黒田東彦総裁は21日、ロンドン市内のシンポジウムで講演し、金融政策運営について、2%の物価上昇目標に向け「順調だ」としつつ、「できることは何でもやるという姿勢で臨んでいる」と述べ、目標実現へ改めて強い決意を示した。(時事通信)

放射冷却の影響か、早朝の空気は冷たくセーターはハイネックが欠かせない底冷えの日曜日。
先週頂戴した「手打ち蕎麦」を、「ぷらざこむ1」(公財)プラザ・コム冷蔵庫へ取りに立ち寄る。
           
           

正面玄関には、紙芝居Vグループ「ちょうちょ」の幟がはためき、3階への入場者呼び込み、館内には、歌津から獅子舞がやってきます東北の方々を”おもてなし”夕食被災地交流会(4/25 於:プラザ・コム)参加への呼びかけポスターが目立っている。
                          

             

             

             

             

「手打ち蕎麦」を冷蔵庫から戴き、ピピアめふ1階「大成文具店」にて「色紙」とホワイトボードマーカーを求める。
片麻痺患者には、スーパー等広い売り場で、不自由な体で目指す商品を求め、ゴンドラからゴンドラへ移動するのは苦痛の種、個人商店で欲しい品をお願いするのが最適な購入方法だ。

同年齢位の店主が、片麻痺後遺症を同情いただき、親切に対応いただくのも嬉しい。
勘定の際は、今後、片麻痺後遺症の前に進ま無い事を祈って送り出して貰う。
           

           

              

国道176号西行きが混雑する中、生瀬「北摂中央病院」3階へ2週間前に、中山五月台ケアハウスから転院されたYさんの個室を訪れる。
東西に病室が並ぶ当院は清潔感溢れ、オムツの臭いは全く感じられない、受付当番・ナース・清掃員皆さんは笑顔で挨拶されるのが他に見られない特色。
各室の扉は解放され、真ん中の通路を歩いていると南北の景色が眺望され、患者さんはベッドから自然の風景が目に入ってくる仕組みになっている。
Yさん「おつちゃんよく来てくれた」と大喜びのニコニコ顔。
先週は「しんどかったが・・・」、元気になったと言われ前回訪問時より少し記憶は蘇ったご様子、看護師さんが丸椅子を届けていただき、ギャッジベッドの操作をして身を起こしていただく。
ケアハウスからの転院様子を伺うが記憶は無く、唯此処の人は皆さん親切と嬉しく話しされ、ナースにゆっくりしていくようにしきり声掛けされている。
ベッド脇のテレビは放映されているが視線には入っていない、時々北側中国高速道路の車に目を移し、車を見ていると退屈しないとの言葉に当院の素晴らしい立地条件を垣間見る。

                      

           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快晴に恵まれた高知の街満喫、高知県立牧野植物園遊ぶ!

2014-03-22 07:49:58 | 旅行

 昨夜は居酒屋で豪華な皿端料理、新鮮な”かつおのタタキ”に土佐の海・山の幸がどっさり盛られ、どこから箸をつけたらいいのか戸惑う。
           

           

新鮮なお刺身には、土佐の日本酒「司牡丹」、熱燗で随分頂戴する。
夕食へ繰り出した”おもてなし追手筋”は、夜で不明確だったが高知城追手門から北通りには、山内容堂生誕地・武市半平太殉節の地・吉田東洋暗殺の地等近代史を飾る主要人物が紹介されている正に歴史街道。

本日は宿泊ホテルブライトパークホテル(高知市追手筋1-5-13)を9時出発高知観光の予定、牧野植物園(五大山)お花見⇒高知城⇒坂本竜馬生家跡⇒池公園のオーガニックマーケット昼食・・・・帰阪の予定。

7:00朝食でお会いした皆さんは居酒屋から二次会へ廻ってカラオケを愉しまれたと聴き、女性人の旺盛な意欲に圧倒される。
参加者の主力は福祉・看護女子大の準教授が多く、知識力の吸収と共に生活力の活発さがひと際輝いている。
高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、1958年(昭和33年)4月に高知市五台山に開園。
            

            

            

五台山へ登る一方通行急坂は幅が狭く、曲がったり、降ったり、起伏を利用した6haの園地には、博士ゆかりの野生植物など3000種が四季を通じて彩っているとチケット売り場に案内されていた。
牧野富太郎博士は佐川町に生まれ、土佐の豊かな自然に育まれ、幼少から植物に興味を持ち独学で植物学の研究を続け、22歳で上京、東大の教室で植物学の研究に打ち込んだ。
             

                       

                       

                       
広大な植物園入口で、皆さんに迷惑を掛けてはいけないし、一人の方が気が楽なので皆さんと分かれ、カフエ&レストラン・ショップから見学を始める。

常設展示館には、牧野博士直筆の植物図や写真が紹介され、嬉しい事に椅子が設置され苦労しないで観て廻られた。
牧野富太郎の生涯」の写真、模型やゲーム形式の体験型展示がゆっくり見物出来た。

ショップでお土産を購入し、レストランで心ゆくまでコーヒーを美味しく戴く。
          

          

          

          

             

昼食は、池公園高知オーガーニックマーケットへ、オーガーニックマーケットとは、高知県の有機農業者が新鮮で安全な食材を直接販売、ウイークエンドの土曜日に食育・玄米食の奨めをシンプルで健康的な食品に託して多種多様な種類を販売している。
コーヒーと玄米パンをうららかな気候に恵まれた公園内の椅子に座って戴く、公園内の桜は3分咲き、2~3日後には南国の暖かさに一挙に開花が咲くのでしょう。

13:00南国ICから高知高速道路へ入って帰阪を目指す。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加