片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

”年会費支払い”手続き、再会の仲間に感涙!

2018-09-25 13:18:04 | 「ボランテイア グループ」

近畿地方は、気圧の谷や湿った空気の影響で雨が降っています。今日の近畿地方は、気圧の谷や湿った空気の影響によりおおむね曇りで、北部では断続的に雨が降るでしょう。中部と南部でも昼過ぎにかけて雨が降る見込みです。(tenki・jp)

オリンピックでの日本選手の活躍などで人気が急上昇している「卓球」。国内の卓球人口は700万人以上ともいわれています。10月には「Tリーグ」というプロリーグも発足し、男女合わせて8チームがリーグ戦で争います。関西では大阪から2つの女子チーム「日本生命レッドエルフ」と「日本ペイントマレッツ」が参加します。(MBSニュース)

昨夜来の雨は時雨模様、午後は雲が広がる天気予報に鼓舞され、「ぷらざこむ1」訪問準備。外出希望を聞いた家人に、買い物近辺場所迄同乗を求められ、9:30分出発。
3連休明けは車多く、逆瀬川駅から中津浜線・県道114号線へ流れる車両は多く、黄色信号は必ず停車励行の安全運転を意識する。
スーパー「万代」へ向かう家内は、消防署前信号で降り、宝塚大橋を渡って国道176号線から売布「ぷらざこむ1」へ至る。

 

身障者専用駐車場、北側非常口から入館、2連休明けの館内は静寂に包まれ、1階活動スペース螺旋階段横のテーブルへ落ち着くまでは、朝の挨拶を掛け合う知人と会うことは無かった。

持参の絵手紙会計収支帳簿を開き、3ケ月記帳抜けの収支を記入、9/25付けで収支概算計算を行う。収入83,022 ー 支出21,122 =61,910を確認、小金庫をロッカーに収めて絵手紙「みそか」の業務を終える。

(公財)プラザ・コム受付ボランティア火曜日当番のN氏から、公立図書館に於ける今年度本屋大賞受賞者候補一覧のアクセス方法を伝授戴く。
読書も時代の流れに遅れないようにアクティブ手法を学び、傘寿の手習いを一歩進める。

11:00 「こむ1会」事務局に当番で会費徴収業務に従事される運営委員の方に、運営管理を行っている3グループの30年度会費を納める。
①「おでかけたい」@50×13人=650円 
②「みそか」@50×16人=800円 
③「宝塚脳卒中友の会」@50×16人=800円 合計2,250円。

疲れを癒すコーヒータイムを含め、久しぶりに出会ったのは、プラザ・コムに居場所を求める後期高齢者ご婦人お2人。
(公財)プラザ・コム受付ボランティアでは、2年半ぶりに旧利用者会のFさん、先方から挨拶がないので半信半疑で時が経つ、席を立つ最後に氏名で呼ばれ、間違いなくFさんと確認。再度(公財)プラザ・コム受付ボランティアに来られたご様子。


飲食コーナーにては、ディケア「絆」、詩吟教室仲間のKさんと3ケ月ぶり再会、ガイドヘルパーさんに導かれ着席で確認。手を握り締められ、社会復帰を喜んでいただき感涙する。

コメント

自分の”性しょう”にあった本だけ読む、のんびり暮らし!

2018-09-24 09:10:01 | 診察・治療・鍼灸

近畿地方は、気圧の谷の影響でおおむね曇りとなっています。今日の近畿地方は、気圧の谷の影響によりおおむね曇りで、夜は北部で雨が降る見込みです。明日の近畿地方は、気圧の谷や湿った空気の影響で、雨が降り、午後はおおむね曇りとなるでしょう。(tenki・jp)

五輪のたびに注目される、もう1つの“対決”がある。日本が誇る2大カメラメーカーのシェア争いだ。望遠レンズの外装が「白」のキヤノンと「黒」のニコンは、4年に1度の世界最大の祭典をターゲットに毎回、技術革新された新機種を投入してきた。そのし烈な戦いは「白黒戦争」とも呼ばれ、長年に及ぶ切磋琢磨(せっさたくま)が画像技術を飛躍的に進歩させた。【取材・首藤正徳、山崎安昭、江口和貴】(日刊スポーツ)

退職年金老人は、図書館へ行くと世情言われているが居場所確保の手段の一つに市立図書館は最適の場所。ソフアーに座って読書の大半は高齢男性者、身障者の身体で分類別に整理整頓された書棚を閲覧する能力に支障あるので「返ってきた本」コーナーから選択するのは自身だけと思っていたが来館者には、館内唯一のゴールデンスポットとなってがいるのが面白い。

私を含む退職年金老人は、流行の新刊小説・時局本を借りるためだけに図書館に通うわけでない。自分の性格にあった古本(旧刊書)を書棚に見出した喜びは大きく正に楽しみは日常生活の中に「有り」を満喫する。

本日の出会い図書は4冊、残念ながら3段目は屈む姿勢維持が極端に衰え、勢い視線は上段に集中する。

 


①実業の日本社 長谷川慶太郎著「ロシア転覆、中国破綻、隆盛日本」。
2015年8月10日初版第1刷、3年前と比べ世界事情は激変しているが当時ロシアの蹉跌は深刻で外貨準備高が大きく減少し経済維持が難しいと報道され、中国の破綻予想は政治・経済の面で取り上げられていた。プロローグには、「ロシア・中国という二つの大国が破綻に向かっていることは事実です」とあった。

 

 

②文芸春秋 村上春樹著 紀行文集「ラオスにいったい何があるというのですか」。
2015年11月25日 第1刷発行、これは旅行記、訪れた世界のいろんな場所について、20年ほどの間に、いくつかの雑誌の為に書いた原稿を一つにまとめたものです。タイトルは、僕が「これからラオスに行く」といった時に、中継地のハノイであるベトナム人から発せられた質問です。

 

③毎日新聞出版 石寒太著「金子兜太のことば」。
2018年5月30日発行、金子兜太さんとの付き合いは、学生時代からの交流であるからもうかれこれ50年を越えてしまった。金子さんは俳人の枠を遥かに超えて、ものの考え方が巨視的でスケールが大きかった。「嘘を言わない」「やると決めたら一途に貫く」「つらいことでも誤ったと気付いたら迅速に謝る」等々。彼が語った対談集や聞き書き等から自分なりに「金子兜太のことば」とした。

④潮出版社 三池善正著 豊臣家最後の姫「天秀尼」 (豊臣秀頼側室の泰姫)の生涯。天秀尼は自らの不幸な生い立ちを無情な宿命とは見ずに、それを自らの使命にかえて弱者の救済に立ち上がった。江戸時代初期に、虐げられた女性の人権を守る寺法を復活、寺法は幕府権力の及ばない特権として幾多の女性を救済したのは事実である。
著者は跡地などの現場を緻密に踏査して執筆する手法に定評がある。

コメント

”美しい音色”はいかにして生み出されるのか・・・11本目の映画!

2018-09-21 13:21:54 | 「映画・演劇」

兵庫県では、21日昼過ぎから22日明け方まで急な強い雨や落雷に注意してください。近畿地方は、前線や湿った空気の影響で、中部や南部では雨の降っている所があります。(tenki・jp)

資源エネルギー庁が20日発表したレギュラーガソリンの店頭価格(18日時点)は、全国平均で前週より60銭高い1リットル当たり153円70銭だった。3週連続の値上がりで、2014年12月8日時点の調査以来3年9カ月ぶりの高値水準。150円を超えるのは17週連続。(フジテレビ系FNN)

退院後、社会復帰一環プランには①ディケア・ディサービス②宝塚福祉コミュニティプラザ③シネ・ピピア映画鑑賞④絆の家「ほっこり庵」⑤趣味の会(絵手紙・日本画・詩吟)、プラザコム訪問への実現。
ぷらざこむ1・
ほっこり庵訪問で②、④を叶え、本日はピピアめふ5階シネピピア映画鑑賞を目指す。

天候は時雨模様、ピピアめふ5階は降雨に関係なく、安心して出掛ける。
アート映画特集から選択したのは、苦難を乗り越え60代で世界に見出された奇跡のピアニスト日活ドキュメント「フジコ・ヘミングの時間」。
10時開場前のロビーは、ご婦人客で賑やかなお喋りに溢れ、フジコ・ヘミングの音色に魅せられた熟女フアンの期待感で熱気が感じられる。

1時間55分の上映時間は、パリ・NY・ブエノスアイレス・ベルリン・東京・京都と年60回ワールドコンサート会場へ案内され、観客スタンディングオベーションと同じ気分で演奏に聴き入る。
10代で将来を嘱望された天才ピアニストは、国籍を、さらに聴力を失い、約束されていた輝かしい未来と決別するが、教師をしながらピアノを弾くことは辞めなかった。
日本人の母とスウェーデン人の父のもとにベルリンで生まれ、戦中戦後の日本で「ガイジン」と差別されながら育ち、波乱に満ちた半生を経て、テレビのドキュメンタリー番組を機にブレイクした時、既に60代。
以後、フジコ・ヘミングは世界を魅了し続けている。

感想
♦日々の生活を過ごし、思索に耽る経験が演奏に響くと語るシーンに平凡な一般人と変わらぬ印象
♦毎日4時間の練習にプロの厳しさと高齢になってもヨーロッパ観衆に愛される因を感じる。
♦ピアノは持ち運びが不可能なので現場に行ってから困ることがあると言いながら古くなった母が使っていた70年前のピアノを修理し東京の自宅に運び込む
♦左耳張力は40パーセント、指揮者の指示に従えず、自分の感情に任せ楽譜を離れ高低を演奏する事もある。
♦「ラ・カンパネラ」の圧巻の演奏シーンには自然に涙が流れ感動・感激に全身が振るいだす。
♦「犬」「猫」との同居で有名なピアニストが留守中の応対に関心、ペットショップに預託するのでなく国内・外共に親しくする音楽関係者が喜んで預かっていて、ベルリンでの愛犬再会シーンに泣かされた。
♦ベジタリアンの彼女は来客に手料理をご馳走し、結構お酒を飲み、煙草を愛煙する姿に長寿する確信を抱く。
♦男優として活躍する弟「ウルフ」が巻末に紹介され、仲の良い二人に家族愛が印象付けられ、ホッと安心する。

 

コメント

元職場仲間4人、宝塚福祉コミュニティプラザ歓談!

2018-09-19 14:45:51 | 「ぷらざこむ 1」

彼岸の入り20日(木)から22日(土)にかけて気温が上昇。真夏のような暑さに。秋分の日23日(日)以降は平年並みに戻るでしょう。21日(金)から22日(土)は東日本や西日本の日本海側を中心に大雨の恐れがあります。(tenki・jp) 

宅配便最大手のヤマト運輸は18日、フルタイム勤務で1年以上在籍している従業員が育児や家族の介護に携わる場合、週休4日を容認する制度を導入したと発表した。家庭の事情に配慮することで、人材流出を防ぐ狙いがある。大手企業で週休4日を認めるのは異例だ。(時事通信) 

宝塚福祉コミュニティプラザ「ぷらざこむ1」にて(公財)プラザ・コムの受付ボランティアとして精励されるU氏、出身私立大学OB会のお世話役に東方西走されるS氏、 派遣された「台湾」現地会社にて経営手段を買われ現役を貫かれるY氏との4人は元職場のランニング仲間。1980年代の第1次マラソンブームには、川西一庫マラソン・三田ハーフマラソン・篠山マラソン等に汗を流し、大流行のゴルフにスコアを競った思い出いっぱいの仲間同志。

台湾からY氏帰国の度に事前連絡を受け、歓談会を設定、今回はプラザ・コムの受付ボランティアとして精励されるU氏の都合を考慮して10時1階活動スペースとする。

9:30分 阪急電車「逆瀬川駅」にS・Y氏を迎え、売布東の町「ぷらざこむ1」へ向かう。 車中談話は好調続き台湾景気について、世界的な景気回復に伴い、輸. 出の成長が持続出来る模様。
半導体先端設備、 輸出への投資拡大、企業利益改善による民間消費成長で、国内経済成長を維持出来るとの見方。
台湾経営者は意志決定が素早く、常に情報アンテナを張り回らし、有利と思う判断はトップが行っていて日本企業が本社に問いあわせを行っている内に先を越されているのが実情と聴く。

U氏からは(公財)プラザ・コムが2019年度改装新築予定の「ぷらざこむ2」の身障者福祉施設の改装案に話が及ぶ。

あるがまま交流活動センター!「あるでこむ」。
施設の理念お互いの人格を尊重し、共に生き、あるがままを認め合う社会を目指す。
施設の役割)
1、 あるがままを認め合い、人と人のつながりをつくる場
2 、スポーツ活動、文化活動、交流活動を通じ、私たち(利用者)のあるがままの力を発揮できる場
3、 宝塚福祉コミュニティプラザ内各施設のつながりができる場
4 、働くよろこび、生きるよろこびを追求する場
5、 施設の運営を私たち(利用者)自身で行う場 

Y氏提案は「カジノ方式」採用のリハビリ施設
デイサービス ・老健施設では、各ゲームに施設内通貨を利用しています。
機能訓練に取り組むことで支給され、ゲームの参加時に必要となります。 当然のことながら換金できるわけではないし、賞品がもらえるわけでもない。ただゲームの得点としてのみ存在しています。
機能訓練に参加することで次のゲーム挑戦権を獲得するのがポイント。
アイデア溢れた「カジノ方式」に関心集中して俄然盛り上がる。

 

 

 

コメント

連休明け”ボランティアの広場”、訪問者少ない活動スペース

2018-09-18 12:56:47 | 「ぷらざこむ 1」

きょうは沖縄から東海までと東北は、晴れるでしょう。一方、寒気を伴った気圧の谷が通過する関東は大気の状態が不安定です。雲が広がりやすく、夕方以降は雨や雷雨がある見込みです。北海道も晴れますが、夜は雷雨の所がある見込みです。沖縄から東海は所々で真夏日となり、関東から東北南部も蒸し暑いでしょう。(tenki・jp)

来年のカレンダー商戦が本格化しています。新しい元号に代わることで業界が対応に苦慮するなか、工夫を凝らしたカレンダーが続々、販売されています。(テレビ朝日系(ANN))

9:30分 ”日曜日~敬老の日”連休明けボランティアの広場「ぷらざこむ1」訪問、(公財)プアラザ・コム西側非常口から入館すると愛犬「Tina」ちゃんが喜んで飛びついてくる。

 

受付ボランティア火曜日当番N氏と互いの愛読書 塩野七生著「ローマ人の物語」(42巻進呈)読後談、ローマ人の物語はイタリア在住の作家塩野七生による歴史小説。
「なぜローマは普遍帝国を実現できたのか」という視点のもと、ローマ建国から西ローマ帝国の滅亡までを描いている。
各時代のエピソードは少なく歴史的事実に添って単行本43冊の長編は、人間の繰り返す戦争の所業が勝者と敗者の立場で著実されている。
1巻から読み始めたN氏は、ロムルス建国以前の神話の世界からペロポネソス戦争を経るまでのローマの興隆をローマの内政や中心人物だけでなく、周辺民族との緊迫した関係や地理も含めて詳しく説明しており、2巻まで読み終えた感想を述べ合う。

 

N氏から、(公財)プラザ・コム30年度(30/8~31/7)の宝塚視力障碍者協会 ロッカー使用料2,000円の未納につき相談され、立て替え支払いを行う。
事務的処理のボランティアを務めている「招き猫倶楽部」との連絡レターボックスに「こむ1会」30年度会費(30/8~31/7)納入要領用紙を挿入。
会費納入(@50円)受付は9月25日(火)11:00~於:「こむ1会」事務局。

1階活動スペース 飲食コーナーにて大休止、東向き扉が解放され心地良い風が館内に流れ、初秋の趣が満ち溢れているが館内利用者は少なく、4人一組のご婦人グループにパソコン研修男女グループ5~6人の利用だけで静寂に包まれている。

コメント

”絆の家”3ケ月ぶり訪問、常連利用者減少傾向!

2018-09-17 13:44:53 | 「ボランテイア グループ」

敬老の日のきょうは、山陰と北陸は雨が降りやすく、雨脚が強まる所もあるでしょう。東北は昼過ぎまで雨雲のかかる所がありますが、晴れ間もありそうです。北海道は晴れますが、局地的に雨や雷雨となるでしょう。九州から関東は太平洋側を中心に晴れて行楽日和の所が多いでしょう。だた、関東は夕方頃、雨や雷雨に注意が必要です。西日本と東日本は真夏日の所があるでしょう。(tenki・jp)

台風21号の影響による関西国際空港の機能不全が、日本経済の中長期的な成長にも影を落とす可能性が出てきた。浸水した滑走路やターミナルビルの一部は運用を再開したが、訪日観光や企業物流の全面復旧は見通せない。関空は旅客数、貨物取扱量がともに国内3位になっており、影響は関西経済にとどまらない。(SankeiBiz) 

12:30分 社会復帰には社会参加することが介護予防ととらえ、3ケ月ぶりに売布東の町「絆の家」ほっこり庵訪問。
敬老の日総務省が公表した後期高齢者(70才以上)20・7%、日本の高齢化率は世界で最も高く、2位のイタリアより4・8%高い。
全ての高齢者は目指すものは「社会参加」、居場所・集いの場・支え合いの場をを求め行きて生きたい。「絆の家」ほっこり庵は居場所・集いの場・支え合いの場として、「パソコン研修」「絵手紙教室」「書道」「認知症カフエ」等ふれあいつどいサークルとして地域の高齢者に愛されて10数年の実績を誇っている。

管理者のN氏と歓談、本日は毎週日曜日開催の「オレンジカフエ」「麻雀サークル」も無く、二人ゆっくり高齢者の取り巻く環境について話し込む。
最近、残念ながら各サークルにて、楽しみは「日常生活の中に在り」と長年足を運んでくれた方が「一人欠け」二人脱落と、どのサークルも縮小気味と伺う。

ショックだったのは、ひと昔前から「絆の家」ほっこり庵のボランティアとして通い詰められたD氏の消息、記憶力が衰えられ、二人暮らしの奥様の介助支援に手数が掛かり、ショートステーィの頻度が高まった結果、要介護者に認定された。

コメント

面会の”老健施設”、明朗活発なスタッフ&利用者の交流!

2018-09-15 13:26:12 | 「ボランテイア グループ」

15日秋雨前線が本州付近に停滞します。この前線に近い東北や北陸、関東や東海は雨の所が多いでしょう。近畿、中国、四国、九州にかけては雲の間から日の差すこともありますが、大気の状態は不安定です。急に強い雨が降ったり、雷雨になる所もあるでしょう。前線から遠い北海道と沖縄は、おおむね晴れる見込みです。ただ、沖縄は台風22号の影響で風がやや強く、波が高いでしょう。(tenki・jp) 

歌手の安室奈美恵さん(40)の引退を16日に控え、出身地の沖縄県は安室さん一色となっている。15日には宜野湾(ぎのわん)市でコンサートが行われることもあり、県内のホテルは予約が取りにくい状態が続く。引退の地・宜野湾では、ファンの間で「聖地」となることを当て込み、安室さんの銅像を建てる計画まで浮上している。(産経新聞)

15年前身体障碍者手帳を交付されてから、安倉南身障者支援センター&リハビリディケアセンター等のご縁で助け合っている仲間の広がりは拡大一方、中でも「日本画講座」「絵手紙教室」「仁川ディサービスセンター」通じてのお付き合いの長いKさんとは長女を交えて助け合いのの身障者仲間同志。

昨日、頂戴したメールに、「体調は如何ですか?西方さんから日本画お休みされていると伺いました。私はステップに居ります。長女の智子も入院しています」と近況報告を受信する。

9:30分 面会手土産に、宝塚ホテルにて「ロールケーキ」購入して介護老人保健施設 ステップハウス宝塚(小浜4 -5-6)へ向かう。
介護老人保健施設ステップハウス宝塚は、高齢化する地域社会の中にあって要介護者等の在宅復帰のため、また在宅生活支援のために包括的なサービスを提供することを目標とする。

所在地は宝塚市立病院の西側、昔ステップハウス宝塚早朝ボランティアとして通い慣れた国道176号線を思い起こしながらゆっくり走り、ステップハウス宝塚駐車場身障者専用に車を停める。

1階エレベーター前のロビー椅子に腰を降ろし、昔に比べ大変身した雰囲気に快く浸る。南側オープン会議室では、ディサービスセンターのリハビリ体操が始まった様子、若い女子スタッフが明朗な大きな声で座ったままの準備体操をリードされる。
椅子に座ったままで背中を後ろに反らせ、元の位置に戻る合理的な体幹維持体操等、座した状態で簡単に出来るアイデア体操が愉しく展開される。

面会要望した受付スタッフが、3階215号室Kさんの様子を調べに行かれた待機の間はリーダーの指導に合わせ追随リハビリに励む。
帰ってこられ、只今部屋で事務所スタッフと話し中ながら待って貰えるなら3階行きを許可していただき一人で乗降する。

3階EV前では、此処もリハビリ体操真っ最中、215号室への通路も塞がれ、致し方なくリハビリ体操へ仲間入り。
隣の車椅子男性が笑顔いっぱいで話しかけられ、Kさんの面会に来たと用件を述べると年齢は?、在住地は?、出身校は?、元職業は?と質問攻めから話がドンドン広がっていく。88才の老紳士は伊孑志在住の元高校英語教師、名門読売カンツリーのメンバーと聞き、有名な桜コース往年のプレーを互いに想い出し、話は尽きない。

此処「ステップハウス」の食事は、関西老健施設の中でも№1、スタッフも明朗で活発にリハビリ生活を飽かさずに導いてくれると非常に素直な感想を聞かせていただく。

スタッフとの話し合いを済ませたKさんとは3階休憩室でお会いする。
入所してから3ケ月経過、老健規則では他施設へ転所しなければならないが一人県営住宅に戻れない家庭事情で、更に3ケ月の施設滞在が認められたと安堵されていた。
唯残念な事に、老健規則では持参のケーキを居住仲間と一緒に食べられないと言われ、致し方無く持ち帰る。
廊下には、リハビリ書道講座の作品展示中、Kさんの豪快な健筆を見出し、頑張っている様子が伺われ安心する。

コメント

本家仏壇詣で”月命日”、奇遇奇縁に感謝!

2018-09-14 13:22:05 | 診察・治療・鍼灸

きょう14日は、北日本付近は高気圧覆われていいます。東北や北海道では晴れ間が広がり、気温がグンと上がっています。一方で、東日本の太平洋側には東から湿った空気が流れ込んでいます。関東や東海では雲が多く、朝から気温の上がり方が鈍くなっています。東京都心や名古屋では朝から2度くらいしか上がっておらず、札幌や青森の気温より低くなっています。(tenki・jp)

6日未明に北海道を襲った最大震度7の地震が、北海道の観光産業に影を落としている。シーズンが本格化する中、訪日外国人客や修学旅行生の予約キャンセルが続出。長引く節電要請も不安材料だ。(朝日新聞デジタル)

真夏日に体調崩し、本家のお盆供養行事に参加出来なかった負い目を自覚しながら9月も中旬、雨降り予想もパラつきの曇り空に本家甲子園のお仏壇詣でに車を県道114号線に乗り入れ、武庫川を南下する。
堤防沿いには、台風21号の暴風になぎ倒された樹木の伐採や倒木が目立ち、阪神間直撃の爪痕に胸が痛む。

本家を一人で守る義姉は、「顔を見てホッ・・・」とすると歓迎してくれ、居間に向かい合って座ると毎回の如く、長兄の想い出話。
昭和20年「国家総動員法」で徴兵の下限が下げられ17歳で6ケ月余りの兵役を体験、敗戦混乱期に学校復帰も叶わず、暗黒の青春時代を過ごす。
この時代、昭和一桁生れは太平洋戦争惨禍に翻弄され、一番貧乏くじを引き、長兄は生きて帰れた事が幸せと諦めていた。
福井県敦賀市の義姉と縁が在って結ばれ、二人の娘も授かり、幸せな家庭生活を築きあげた。舅・姑に良く仕え、特に舅には可愛がられ、晩年は孫娘二人に看取られ大往生を遂げられた。

両親の想い出話に熱中していたところ、義姉から本日は二人の月命日で檀家寺時宗総本山園成院(遊行寺)お上人のお参りがあると伺い、恵まれた吉日に感謝する。

命日・月命日の意味 一般的な「命日」とは、故人が亡くなった月日を指し、別名「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼ばれます。 一方、「月命日」は故人が亡くなった日のみを指す命日です。 命日は1年に1度だけですが、月命日は命日のある月を除いた毎月、つまり1年に11回訪れます。

偶々、月命日にお参りできた喜びに浸りながら、お上人の読経に心が清く洗われる。

コメント

図書カフエ、向かい合う珈琲・出会いの書籍!

2018-09-13 18:33:29 | 「趣味の集い」

あすは、九州から関東の広い範囲に雨雲がかかりそうです。特に、東海から西では、太平洋側を中心に大気の状態が不安定になり、急に雨が強まったり、カミナリの鳴ることもあるでしょう。落雷や、竜巻などの激しい突風に注意が必要です。(tenki・jp)

台風21号による高潮被害で関西国際空港の発着が制限されていることを受け、国土交通省は13日、国内線と国際線の代替受け入れが伊丹空港で1日最大計40便、神戸空港で同30便に決まったと発表した。(時事通信)

 10:00 小林図書カフエにて香り高い珈琲を飲みながら本日出会った 孫崎享著「外務省」を読みながら素晴らしいひと時を過ごす。
今朝の朝日新聞 1面大見出しにプーチン氏 領土先送り示唆「年内に日ロ平和条約を」とあって外務省の見解に関心を持っていたところに偶然出会った 1冊の書籍「外務省」。

セルフサービスガソリンスタンド杖無し給油挑戦、退院後1ケ月運転にも慣れ、杖を突くとカード処理、給油機の維持に邪魔になるので車外へは杖無しで給油動作に成功、自信を回復する。22・77ℓ(@151)3,438カード処理、Tカードは15P、累積利用可能ポイントは117P。

15:00 トヨタカローラ神戸(株)宝塚店にて、愛車「タント」トヨタプロケア10 6ケ月セーフティチェックを受ける。油脂・液類、ブレーキ、ベルト類、タイヤ、ワイパー、エンジン、ライト・ランプ類、下回り等の整備代は7,770円(オイル10ℓ券含む)。費用は要するが身障者にして後期高齢者は、セーフティチェックを受けて慎重な運転の継続可能となる。

~入院日誌~ 
23日目 2018・08・10 
頂戴した退院支援計画書には、
☑ADL低下による退院後の生活様式の再編が必要。
☑排泄に介助を要する。
※問題は自力歩行、院内リハビリで股関節歩行能力が維持されていることが確認されたので帰宅後は室内訓練に励みたい。排便・排尿は入院中毎回自力で行ったので帰宅後も問題ないと思う。問題は衣服の脱着動作、起床時・睡眠時には家内の支援要請は必要と判断する。

コメント

社会復帰!再度「会計」引き受け、楽しみ見出す対話に喜び

2018-09-11 14:41:20 | 「ボランテイア グループ」

秋雨が続いた東北にも、ようやく日差しが戻りました。大陸から高気圧が移動して、日本海側から晴れてきた所が多くなっています。
太平洋側は湿った北東からの風の影響で回復が遅れていますが、あすは太平洋側も含めて、さわやかな秋晴れの所が多くなる見込みです。(tenki・jp) 

今年2月26日から7月31日まで行われた『きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018』の投票結果が11日、発表された。結果は「たけのこ党」が693万1220票を獲得し、「きのこ党」の676万1773票を上回って勝利。同選挙の総選挙委員長を務めた嵐の松本潤は「たけのこ党、やはり強いですね。長く熱い戦いが終わりました」と約38年間にわたる戦いの終止符に胸ををなでおろした。(オリコン)

10:00宝塚福祉コミュニティプラザ ボランティアの広場「ぷらざこむ1」プラザ・コム事務所西非常口から入館、駐車場モニターで見たKさん・N氏が迎えに来ていただき恐縮する。

(公財)理事長O氏・受付ボランティアU氏・こむの事業所スタッフ3人揃って奈良方面へ物件(”あるがこむ”参考物件)視察へ出発される。
受付ボランティア火曜日当番N氏・留守番役に出勤されたI氏と3人は、気の置けない世間話に興ずる。昨年末から年始に掛けて2ケ月弱休まれたI氏は心臓外科手術受診されたと伺い、心臓内科手術を受けた小生と変わらなぬ入院境遇に話が弾む。心臓外科は、「心臓」臓器外科手術と伺い、”心臓内科”心臓カテーテル手術との根本的な差異を知る。

「心臓血管系の疾患」を外科手術で治療するのが心臓外科であり、 メスを使わずに内科的な診療(検査や薬による治療)を行うのが心臓内科(循環器科)と勉強する。6時間要した施術中は「臓器」を一時的に取り出したと知り、自分と比べそのリスクの高さに唖然とする。

担当先生は、「大丈夫!私に任せなさい」と言われたので安心して手術室に入ったと言われ、1ケ月前を振り返って執刀先生の雰囲気・会話で患者の受け取り方の大きな違いを改めて再認識する。

11:00 社協ボランティア活動センター来客用テーブルを借用して絵手紙Vグループ「みそか」の会計について副代表Iさん・会員Mさん・元代表Mさんを招いて会計の今後について話し合う。
高齢者・身障者の皆さんと絵手紙を楽しむVグループは、30年度代表・会計を小生に選出され、4月から新発足。7月に体調崩し、1ケ月余り迷惑を掛けたので副代表Iさん宛てに収支ノート・残金を送付して引継ぎをお願いして今日に至る。

数日前に副代表Iさんから、大阪市に於けるV活動が多忙で全く放置していると伺い、本日の集いとなる。副代表Iさん・会員Mさんの二人は引き受け不可能につき、社会復帰の可能性が見えてきた小生が継続して会計担当と決まる流れで打ち合わせを終える。

~入院日誌~ 
23日目(退院日) 2018・08・10(金)

主治医T先生から退院後服用薬の説明 
1)ネキシウムカプセル⇒逆流性食道炎の治療 2)ビソプロロールフマル⇒慢性心不全の治療 3)アンブロキソール⇒気道や鼻粘液の分泌を高め、鼻汁・痰を出しやすくする。4)カルボシステイン⇒痰の排出しやすくする 5)カンデサルタン⇒慢性心不全治療薬 6)ミヤBM錠⇒腸内の異常発酵や下痢を止める薬 7)デキストロメトルフアン⇒咳を沈める薬 8)バイアスピリン⇒血をかたまりにくくし、血液の流れを良くする薬 9)クロピドグレル⇒血小板の作用を抑えて血液の固まることを抑え経皮的冠動脈形成術が適用される虚血性心疾患を治療する薬。10)ワーフアリン⇒血液がぎょこして血栓ができるのを抑える薬。
10種類に及ぶ薬の多様性を知って改めて今回発症の重篤性を省りみる。

コメント