好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

花咲ける騎士道

2006-08-23 01:06:17 | ひとりごと。
シャーロットランプリング出演:「スイミング・プール」を観た。
う~~ん おもしろい! わかりやすいハリウッド映画も好きだけど、やっぱりひとひねりある仏映画、好きです。
監督は、「8人の女たち」のオゾン監督。
そうそう、あの映画もよかった!好きな女優さん総出演で、音楽もよし、ファッションも楽しめた。
ドヌーブ、ファニーアルダン、エマニュエルアベール、もうたまりません!

そして、今回主演の、シャーロット。ハスキー犬のような澄んだ、薄青い瞳。肉の薄い頬。私、こういう「知性」を感じさせる女優さん、というか女性にはもう惚れ惚れ。それも年上の。
「まぼろし」の中で、シャーロットが演じた大学教授の役もよかった。
スーツもかっこよかった。特に、ブルーのシャツがちょーかっこよくて、「いただいた」と思った。って、何をか、というと「シャツ1枚をかっこよく着こなす」こと。
あれ以来ナラカミチェックが趣味となったのはいうまでもない。
(ナラカミ=ナラカミーチェというシャツ&ブラウス専門店 カッコいいのがたくさんあります)

今回は、ミステリー作家の役だったけれど、この人本当に知性派の役柄がぴったり。
それでいて、オールヌードのシーンもあり。う・・・うつくしい・・・ああ、びっくりした。これで、御年58歳とは・・・鍛錬あるのみ・・・・


で、いろいろと書きましたが、今回のテーマは、「前世」。

なぜ、シャーロットと前世がつながるかというと、まあ、待ちたまえ。

先日行った美容院で読んだ雑誌に、おなじみの前世占い、があったのさ。
生年月日を足したりひいたり、名前をアルファベットに直してそれを数字化したものをどうにかして、出た数字は「7」であった。

そして、「7」のところを見ると、

「貴女の前世は・・・中世の騎士でした!」とのことである。

騎士、ねえ・・・・だからどうだということもないが。内容は、読んだそばから忘れました。癒しの場は「美術館」だそうです。ああそうですか。

なぜ占いが当たるかというと、「あなたは○○でしょう?」と言われた瞬間に、○○なところ、を無意識に探してしまうのだそうだ。
そして、あてはめてしまう。無理やりにでも。誰しもそういう傾向があるそうです。
結果、「やっだ~~当たってるぅ!」と、なるわけだ。

そして、今回の「騎士」。

一瞬、よぎったのが、「フェンシング」。
大学時代のボーイフレンドH君は、フェンシングをやっていた。
私も、かっこいいなとは思ったけど、やるつもりはなくて(というか私の行った大学にフェンシング部はなかった)テニスへ走った。
H君とはその後別れたけど、後日談として加えるならば、
なぜか、気になっていたのか社会人になってから、はじめたのだ、フェンシング。
マスクもウエアも揃えたぞ。全身、白、で、かっこいいぞ!

しかし、結果からいうと3ヶ月でやめてしまいました。ええ。
会社終わったあと通う、というのは割りと無理があり、何しろ疲れて。びっちり個人レッスンで翌日太ももぱんぱんで筋肉痛。
ああそうだった、あの頃は筋肉痛は翌日にきたものだ。いまじゃ、1日おくれ。トホホ・・・

でも、「突き」のタイミングなどは覚えているので、暴漢に襲われても傘など細長い棒状のものがあれば、(そんなものを常備しているわけもないが、)
戦えるかとも思っていたが、まあ、逃げたほうがいいのはわかりきった事実である。


・・・「前世、騎士?・・・だから、フェンシングを好きになったの?やってみたい、と思ったわけ?・・・あの、剣を握った時の感覚・・・ああ、おぼえているわ・・・あの感じ、そう、300年前のフランスで」
なんのこっちゃ、ではあるが、そんなことをちらっと思って、「てへへ・・・」と笑ってしまったよ。おそるべし前世占い。

&「騎士」ってことは、オトコ?男性?♂?   うーん、これはうなずけるわ。

わたし、前世ってものがあるならば、まちがいなくオトコだわ。
そして、その記憶がいまだに残っているわ。なぜならば、「女の人大好き。」
それも、綺麗な人。美人。モニカベルッチ。タイトルだけで「ストリッパー」というビデオ借りたのは夫でなくてこの私。
だけど、脱ぎゃあしない。編みタイツだけ。あんた、もうちっと脱いだら、モニカ?
だってタイトルが。モニカが脱ぐと思えばこそ借りた私の落胆たるや。


それはよしとしても、(ほんとはよくないんだけど、^^;)

綺麗な女の人が好き、というのは本当です。(別に、そっち系のシュミはありませんが)年齢関係なし。シャーロットみたいなヒトが、上司だったら、もう憧れちゃう!
(ここへきてやっと!シャーロットと前世がつながったわけだ・・・シャーロットの前世はたぶん私の上司。騎士だったら上官、とか隊長、かしら。・・・って無理やりだなあ。じゃ、シャーロットも前世はオトコで、騎士ってこと?そういうことにしておこう。)

そしてそして、モニカが中途採用で入ってきたら・・・来るわけないって・・・
絶対お友達になって、一緒にお台場の「大江戸温泉物語」に、行っちゃう!
この際、としまえんでもいい。夏だし。オオ、水着だぜモニカ。周りの視線を独り占めね、モニカ。だめだめ、私だけを見て!って、やっぱりちょっとヘン?

「美人」と、下心なく「お近づき」になれるのが、女の特権でもある、と思います。

そして、そんな美人と一緒におでかけしたり、おしゃべりしたり、ランチを食べたりするの。そう、原宿のバンブーがいいかしら。(まだあるよね?)
それから、下着を買いに行く。キャ~~~ッ(^_^.)
「ねえ、これなんかどう?」「ワイヤーってだめなの」なんて、いいながら、ね。


なんだかほとんど妄想の世界に入ってるね。

コーヒーにレミーマルタン入れて飲んだのよ。で、ちびちび飲みながら見てたのよ。ビデオ。

だからというわけではありませんが、ほとんど酔っ払ってます。

美人のお友達募集ちうです。深層心理を自分で言っちゃうと、ただひと言で終わってしまうような気がします。=「あやかりたい。」です。
あ、私、女性なので安心してください。
でも、前世は「中世の騎士」です。
ダイジョーブ、守ってあげるぜ。この剣で!(だから持ってないって、)
そう、「花咲ける騎士道」まっしぐら、さ!←ジェラールフィリップの映画。リメイクもあります。

それでは、このへんで、グッナイ、ベイビー!
(^^)/~~~

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 半径500メートルの夏 | トップ | チェンジ! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も。 (和)
2006-08-23 05:26:37
モニカ・ベルッチと言えば、私「マレーナ」観ました。

ヤマザキさんは、観られました?

モニカ・ベルッチ、とにかくもう、美しくて、溜息ものでした。

「ストリッパー」で満たされなかった思い、

叶えてくれるような映画かもしれません。



私も、そちらの趣味はありませんが、

夫も認める女の人好きです。

特に綺麗な女の人、頭のいい女の人、大好き。

私も彼女達にあやかれるよう、

日々、自分磨きをしていかなくては・・・
騎士団結成。 (ヤマザキ)
2006-08-23 21:04:57
カズちゃん 暑いですねー そちらはどうですか?

「マレーナ」:はい、観ましたよ~ 私は「マレーナ」でモニカと恋に落ちたのです。こんな綺麗なヒトが世の中に存在する、ということに驚きましたよ。同じ女性として嬉しかった。ほど遠いですが。^^; ほんっとに綺麗でしたよね。さすが「イタリアの宝石」といわれるだけ、あります・・・タメイキ(*^_^*)

しかし、昨夜はずいぶんぶっとんでしまっているなあ、と読み返してみて思っております、ああこっぱずかしい!

こんな私ですが。これからも、どうぞ宜しくね~~

エステも行ってますよ!その節はどうもありがとう。 

カズちゃんもどうぞ、お体を大切にね!

コメントを投稿

ひとりごと。」カテゴリの最新記事