好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

終わらない台風被害:ぎくしゃくする日常

2019-09-27 17:43:10 | ひとりごと。
もうすぐ、9月も終わってしまいます
今月は、あちこちから台風15号の被害のことが入ってきて、すっかり気落ちしています。
友人Aさんの親戚の方は、ちょうど去年、館山(今回被害がとても大きかった地域)の古民家を購入し、都内から家族で移住してゆっくりとした里山ライフを過ごされていたそうです。
ところが、今回の台風で屋根が半分飛んでしまい、おうちは半壊。・・・なんということでしょうか。
被害にあった方々が気の毒でたまりません。罹災証明に時間かかりすぎ。もっとなんとかならないの?
屋根修理のサギ。なんでこんなことするんだろう?
千葉県に限っては、農林漁業、観光と、あの3・11のときよりも被害総額は大きいと発表されていました。
なんとか、持ちこたえてくれることを祈るばかりです。なにかできることは・・・ 募金はせっせとしているのですが
どんなことでも、小さなことでも、力になれれば。

気の毒な事件というと、キャンプ地でいまだ行方不明の女の子。かわいそうで・・・
「親が目を離したのが悪い」という、お母さんを責める意見を見聞きしましたが
これはほんとうにやめてあげて。それは正論です。正論ですが、正論は時として人を傷つける。何も言い返せないから。
毎日、涙にくれているに違いないご両親、お母さん、心中いかばかりか。追い打ちをかけるような言葉はやめて。
女の子、水さえ飲めていればなんとか大丈夫だろうとの報道に、一縷の望みを託すばかりです。
一刻も早く、みつかりますように。
例の「スーパーボランティア」の方のことがちらつきましたが、捜索隊が必死で探されている。その力にすがるしかない。
女の子、お水を飲んで、じっとしていてね。きっと助けにきてくれるからね。


テニススクールにて 振り替えで行ったクラスでのこと
・・・男の人が二人、レッスン中にケンカを始めてしまった
片方の人が一方的にもう一人の男性に苦情を言い始めて、どんどんエスカレートしていき、
もう一人の人はプイっとするばかりで完全に無視。またそれが気に食わないらしく、ののしるような言葉を言う。
みなさん怖くって、シーンとしてしまった・・・ みんな下向いてじっとしてる。
たまらず、一人の女性の方が「コーチ・・・」と、コーチに助けを求め、コーチがきてくれて「あとでお話ききますから。」とその場は納めてくれたのですが
ああいう人は初めてだ びっくりした ああいう人というか テニスコートであんなこと。おどろいたし、そのあともう雰囲気悪くなってしまって、レッスンもみなさんどこかぎこちなくて、イヤーな感じが最後まで続いた。
最後、「みなさん、さっきはすいません。」と、どなったほうの男性がみんなに向かって謝ったのですが
もうこんなことがあるとあのクラス怖くていけない。もう行かない。泣きたくなった。


なんだか、どこもかしこもぎくしゃくしてる気がする

増税のこと 8%とか10%とか めんどうくさい いったい誰がこんなこと決めたの?
キャッシュレス決済がどうとか 小さい商売をしているお店はどうなるの?カード使えませんていうお店だってたくさんある。駅前の小さな八百屋さん。お豆腐屋さん。お魚屋さん。お肉屋さん。

いろんなものが、一回り小さくなっている 100グラム入りが85グラムになっていたり 6個入りが5個入りになっていたり そんなことばっかり。
なんだか、日本がどんどん貧乏になっている気がする。
それから大学受験(特に英語)が大変なことになりそうなんだけど。まったく正しい情報が入ってこないというのに(予備校も高校も、正確なことはまだわかりませんという状況)見切り発車をするらしい。どうするの?
振り回されるのはいつも子供たち。

「こうします」「ああします」って、大人の都合でやり方を決めるばかり。うまくいかないことがあると、「反省点として次年度にいかしていきたい」とかって発表したりね。次年度って何?
受験なんて、子どもにとっては、人生一度の勝負の日なのよ!!!!




↓お読みください
室井佑月「尻を叩くべきだろう」千葉の大停電への政府の対応について


千葉のことばっかりでごめんね。でも、どうしても気持ちがそっちに行ってしまうものだから。

みなさん、どうぞお元気で。

(@^^)/~~~
コメント   この記事についてブログを書く
« ごちそうさまでした!「きの... | トップ | 今日から10月☆キャッシュレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと。」カテゴリの最新記事