体のことをもっと知らねば・・・

 週に一度リハビリに通っていますが、改めて「体のことをもっと知らねば」

 と考えさせられます。

 日常生活上、何気ない行動「歩くこと」「立ったり座ったりすること」が、

 不自由になった時、どの筋肉が弱っているか、どの筋力を鍛えたらよいか、を

 漠然とではなく、「◎◎筋を丈夫にするためには」どんな方法が効率的か、とか、

 どの部分の何んという筋力を強化すれば、例えば「膝」への負担を軽減できるか、など

 ・・・・学ばねばならないことがたくさんあるのですね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

相撲ファンとして

 最近年、大相撲の世界もいろいろなことがありましたね。

 この九州場所では、3横綱が全員休場し、面白さが半減以下?

 でも、途中から「優勝争い」が、俄然、面白くなってきました。

 終盤戦で、高安と貴景勝に絞られてくると、

 私の風呂に入る時間になっても、

 両者の相撲が終わるまで,半分裸で見てました。(笑)

 高安か!貴景勝か!

 優勝決定戦なしできまりましたね。

 「貴景勝 おめでとう!」

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

健康のありがたみ

 「今更」とお思いでしょうが、「健康であることがほどありがたい。」ことはありませんね。

 2年前に大手術をした病院に、数カ月ごとに検査に行きますが、

 今日、行きました。今日は、「血液検査」「レントゲン検査」「超音波検査」です。

 結果が揃ったところで、「主治医の診察」がありました。

 結果:先生「レントゲン検査」「超音波検査」ともに問題なし。私「良かった!

 私「血液検査は?]

 先生「それが、いいんですよ。例えば、タンパクが、基準値内におさまっているし、

 あれだけの手術をしながら、肝臓の値もよいし・・・次は、半年後にCTと血液をみましょう。」

 私「ありがとうございます。」

 ・・・帰途、外の太陽光と暖かさが、本当にありがたく身に沁みました。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

リハビリを開始

 最近、膝痛はじめ、足のムクミ、歩行に問題?など、いろいろのことあり、

 家の近くの「リハビリ・デイサービス」に行くことにしました。

 そこには、さまざまな器具があって、私に合った対応をしてくれます。

 例えば、膝痛には、低温の電気や超音波をあてたり、マッサージをしたり、

 膝の周辺の筋肉を丈夫にするための運動をしたり、で、

 その後は痛みが和らぎました。

 しばらく通ってみることにしました。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

MRIを撮って

 今日、半年ぶりにMRIを撮りました。

 その写真を見ながら先生とのやりとりです。

 先生「今、おいくつでしたっけ。」私の返事を聞いて、

 先生「病気とは関係なく、加齢とともに、この真ん中の骨がやせてきます。」

 私「やせるとどうなるのですか。」

 先生「不安定になるんです。例えば、転びやすくなるとか。」

 私「実は、今朝、庭を掃除していて、転んだんです。」

 先生「そういう体になっているんですから、気を付けてください。」

 私「はい、気をつけます。」

 ・・・・・皆さんも。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

千葉大学医学部附属病院へ

 かなりの雨でしたが、診察の予約をしていましたので千葉大学医学部附属病院へ。

 それにしても、大学の附属病院は混みますね。今日、予約している患者は約2800人。

 みなさん、早く良くなるといいですね。

 ・・・・・

 株式相場は昨日まで5日続伸、米・中貿易摩擦に対する過度な警戒感後退が背景。

 今日も日経平均株価は約200円高。

 いい動きですがいつまで

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

台風の教訓

 今朝も、いつもワンちゃんの散歩をするおじさんに会いました。

 「先日の台風が千葉をそれて良かったですね。」という挨拶でした。ところがいまの気象情報で、

 「台風15号が発生しました。」と。「またか!」と思いましたが、

 過去の多くの大きな台風での教訓を守るべきだということも。因みに:

 ◎現在の気象注意報・警報制度の原型は室戸台風(死者3036人)を契機に作られた。

 ◎洞爺丸台風(死者1761人)のあと、当時の国鉄では安全に対する考え方に大きな転換を。

 ◎1956年以降、気象情報に迅速に対応したした市町村と無視した市町村に死者数がけた違いに差が出た。

 など、など、枚挙にいとまがありません。

 台風を減らすことはできずとも、被害を減らすことは可能です。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

錠剤と粉薬、飲みやすいのは?

 午前中、病院に行きました。

 診察の後、前々回・前回と同じ飲み薬がでましたが、・・・・・

 前々回は、大きな錠剤でしたので、飲みにくく、

 前回は先生に一筆?お願いして、薬局で粉末にしてもらいました。

 飲む1錠は大きくても、1錠を粉末にすると「わずか」で、

 これまた「飲みにくい」量です。

 こじゃだめだと、今日は「砕いてほしい」と、先生に「一筆」書いてもらいました。

 先生は、その通り書いてくれましたが、

 受け取った薬局は、またまた「粉末」に。

 これじゃ「錠剤」でもらって、飲むときに自分でハサミで2~4分の1に砕くしかない・・・(笑)

 こんな経験ありません?

 

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

検査と数値がわかる事典

 これまでにも数多くの検査をしてきました。

 でも、血液検査や尿検査などでは、基準値を大きく外れたときとか、

 医者から注意を受けたときなど以外では、あまり結果を気にすることはありませんでした。

 しかし、最近は知らない、わからないでは、いけないことが多くなりました。

 そこで、しろうと向きに解説した「検査と数値がわかる事典」という本を買いました。

 検査結果をあまり気にするのはよくありませんが、

 知らなすぎるのも良くないと、

 ・・・・・

 でもあまり見ません。(笑)

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蝉時雨

 この暑さ、蝉も朝早くから鳴き始めますね。

 蝉時雨とは、たくさんの蝉が一斉に鳴きたて、まるで時雨が降りつけてきたように、

 大音響で鳴り響くことを言います。

 ところで、蝉の泣く順序?わかります?

 まず、ニイニイゼミ、続いてあぶらぜみにみんみんぜみ、それから

 くまぜみ、ひぐらしの大合唱、夏の終わりには、つくつくぼうしのしんみりした声、

 と、続くようです。

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ