APEC機能不全

 パプアニューギニアで開かれていたAPECが終わるに当たり、

 なんと、首脳宣言の採択が断念されました。

 背景は言うまでもなく、米・中貿易摩擦にあったのです。

 「第一主義のアメリカ」と「大国に成長したて来た中国」の溝が大きかったのです。

 この問題は、日本を含め、世界中に影響大です。

 これからも、折に触れて問題を提起するでしょうね。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

燦々会で

 昨日は、会社(山一證券)での同期会・燦々会がありました。

 私たちは、昭和33年に、山一證券・創業61年目に61人入社しました。

 会社は卒業?しましたが、「燦々会」という会を作り、例会、ゴルフコンペ、文集作成など、

 いろいろの活動をしてきましたが、現在作成中の「燦々会の歩み・第4集(最終号)」をもって・

 解散することにしました。これの出来上がりが来年になったら、

 在籍?61年目となります。

 昨日は、最後の例会(昼食会)を開きました。

 今や80歳代の半ばになりつつある人も多くなりました。

 一人ずつ、近況報告をしてもらいましたが、・・・・やはり?

 趣味を持って、八十路を歩く人の話が、聞かせますね。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

嵐山もみじ祭

 今日、11月の第2日曜日には、

 京都で嵐山もみじ祭が開かれる由。

 渡月橋上流の大堰川に数隻の船が浮かび、

 平安絵巻さながらの貴族装束に身を包んだ人々が、

 船上で狂言や舞い、雅楽演奏などを披露する雅な催しだそうです。

 私の生活からは、およそ縁遠く、想像だにできませんが、

 一度は見たい気もします。(笑)

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日は「立冬」

 立冬とは、冬の気配が山にも里にも感じられてくるころのことで、

 木々の葉が落ち、冷たい風が吹き、冬枯れのようすが目立ってくるのですが、

 今年は、暖かい「立冬」で、夏日さえくるようです。

 旧暦の72候では、初候「山茶(つばき)始めて開く」です。

 「つばき」となっていますが、「山茶花(さざんか)」をさしています。

 もともと中国ではツバキ科の花を総じて山茶というらしく、

 山茶花の花が椿によく似ていたため、

 混同されてその名がつけられたようです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新しいプリンターに

 これまで使っていたプリンターが、どうやら寿命を迎えたらしいので、

 娘に依頼して、新しいものを買ってきてもらいました。

 これまでのものも、新しいものもキャノンの製品ですから、

 操作は基本的には同じ、らしいのですが、

 そこが、機械に弱い?せいでしょうか、

 なかなかスムーズに動いてくれません。(笑)

 やはり、慣れなければダメ?

 歳を考えれば、慣れも限界あり?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

霜降(そうこう)

 今頃を旧暦では「霜降(そうこう)」といって、

 朝夕にぐっと冷え込み、霜が降りるころを指します。

 新暦の10月28日~11月1日ごろは、「霜降・次候・しぐれときどきほどこす」の由。

 ふいに強い雨が降りかかり、見る間に去っては青空が広がる時雨は、晩秋から初冬にかけての空模様ですね。

 芭蕉の「笈の小文」の最初の句、

 「旅人と 我が名呼ばれん 初時雨」  は、

 私の好きな俳句の一つですが、

 旅立つ心の弾みが感じられますね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

その秋を 待たで散りゆく紅葉哉

 相場師・岩本栄之助は大正5年10月22日に自殺を決意。

 家族や店員を松茸狩りに送り出し、人力車を呼んで親せきを歴訪し、

 よそながらこの世の暇乞いをすませ、三越に行き形見の写真を撮り、

 自宅離れの茶室に入りました。

 そこで辞世の句「その秋を 待たで散りゆく紅葉哉」を詠んで

 拳銃で自殺したそうです。

 株の世界には,秋を象徴しての下げはいくつかありますが

 石井久が引用した「一葉落ちて、天下の秋を知る」は中国の古典「文録」から。

 秋と相場の落ち目が合致した時、多くの投資家は

 冷や汗をかいたようです。今は関係ありませんが。(笑)

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

美浜園へ

 秋の好天に誘われて美浜園に行きました。

 美しい庭には、結婚式後の新郎新婦や、七五三祝いの幼子が何組も

 写真撮影をしていました。

 池には美しい鯉がたくさん。

 

 秋錦(酒饅頭)で、お抹茶を頂きました。

 今度は、紅葉の時期に行きたいです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

落葉樹と常緑樹

 冷える日が多くなってきました。ここで、論語。

 「子曰く、歳寒くして、然る後に、松柏の彫(しぼむ)に後(おく)るるを知る。」

 春夏の季節には、樹木はすべて葉を茂らせているので、区別できないが、

 寒くなると、落葉樹の中にまじる常緑樹である松柏の存在が、はじめてわかる。

 (人間も、危険困難な状況になって、はじめて、その本性がはっきりするものである。)

 ・・・・おっしゃる通りです。はい。・・・・(笑)

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

また、三連休・・・

 「毎日が日曜日」の私にとっても、また、「三連休」?と思うほど、

 9月後半からの三連休は多いですね。

 ◎9月15,16,17日の3日間

 ◎9月22、23,24日の3日間

 ◎10月6,7,8日の3日間

 3連休と言っても、土曜日、日曜日が休日であることが前提です。

 そして、振替休日が休日であることです。

 稀に?祝日は休日ですが、振替休日は休日ではない方もいらっしゃるようです。

 ずいぶん難しい?(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ