ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

変則的な活性鍼でさらに進展してきました

2021-05-14 15:58:15 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



変則的な活性鍼



昨日、このようなことを話す方が来られました。
=========================================
20代の頃から、視力がずっと0.01だったのが0.04になっていた。
コンタクトを新しく作る際に1.0になるよう調節して作っていただいたのですが。後日測定すると1.2に上がっていた事に驚きました。
さらに、普段だと1.2もあると老眼の影響で新聞など小さめの字が見えにくくなるのが、今回はよっぽど小さい字ではないかぎりしっかり見えるようになったのです。
=========================================

また、2週間前に、
「瞼が下がるんです」と言う方が来られましたので、活性鍼の話をして、活性鍼と瞼の挙上に効く鍼をしました。

次に来られた時には、
「先生、あの活性鍼というのはいいですね。瞼が下がらず目がぱっちりです」と言っていました。
18歳ならわかるのですが、70歳を超えています。\(◎o◎)/!

私も毎日のように、頭のあちこちに鍼をして、活性鍼の治療範囲を調べているのですが、

① 視力

② 眼瞼下垂

というのは考えていませんでした。

まだまだ書きたいことはあるのですが、冊子を出版するために校正をしているので、あまり時間を割くことが出来ません。
それにしても、活性鍼はどこまで進んでいくのでしょう。


この分だと、今月もセミナーをしたほうがよさそうな気がしてきました。
きまり次第、このブログに掲載します。

この記事についてブログを書く
« NY株式、長期金利上昇落ち着... | トップ | 米国経済・雇用回復期待からN... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事