ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

NY株式、長期金利上昇落ち着きを受けて買い戻されダウは433ドル高、一方、ワクチン接種完了者はマスクなし、人的距離取らずに一部の例外を除きOKとバイデン米大統領発表(学校で教えてくれない経済学)

2021-05-14 11:11:25 | 経済学
ワクチン接種完了者は原則マスク、ソーシアルディスタンス不要との新たな指針を米CDCが13日発表した。米失業保険申請者数が予想の49万件、前の週の50万7,000件から47万3,000件に減少したと米労働省が13日、発表した。米長期金利の指標、10年債利回りが一時、1.707%を付けたが1.656%へ低下したあと利上げ懸念が後退、前の日下げた銘柄が買い戻され、13日、NY株式市場は、ダウは34,021ドル、433ドル、1.29%高、S&P500、4,112,1.22%高、ナスダック、13,124,0.72%高で取引を終えた。恐怖指数VIXは23.13、16.17%低下した。NY外為市場ではドルが売られた。1ドル=109.44円、1ユーロ=132.21円、1英ポンド=153.79円で取引された。

商品市場ではNY原油(WTI)がバレル63.75ドル、3.53%安、北海ブレント、同66.95ドル、3.42%安と売られた。パイプラインへのハッカー攻撃の余波で原油在庫増加が影響した。ガソリン価格が上昇している。NY金はオンス1,827.00ドル、0.23%高、ビットコイン、4万9,303ドル、0.74%安で取引された。テスラのマスクCEOがビットコインでテスラ車購入停止の正式発表後続落、571,69ドル、前日比3.09%安で取引を終えた。ビットコイン使用停止が正式に発表されたあとテスラ株がNY市場で売られた。テスラは3月下旬までビットコインでの支払いを受け入れていた。一方、アリババが13日、206.08ドル、6.28%急落した。180億元(28億ドル)の中国政府による巨額の罰金が経営に追い打ちをかけた。13日、NYダウ採用30銘柄の内29銘柄が値上がりした。前日大幅安のホームデポは325.42ドル、2.66%高でダウを55押し上げたとロイター電は伝えた。

14日朝放送のNHK/BS「キャッチ!世界のトップニュース」で米ABCは「13日、バイデン米大統領はバス、飛行機、病院など公共の場所以外ではワクチン接種を完了した人はマスクなし、ソーシアルディスタンスも必要ない」と発表した。「米国は新型コロナウイルスで歴史的転換を迎えた」と総括した。米ABCは「米国では1億5,200万回のワクチン接種を終えた。成人の58.9%を占める。新たに12~15歳のワクチン接種がはじまる。」と伝えた。

フランスF2は「フランス領、モリシャス島で観光シーズンが始まる。PCR検査証明条件で予約が始まった。モリシャスは年間予算の80%が観光に依存している。」と伝えた。フランスF2は「エベレスト登山隊で13日、20人の新型コロナ感染が確認された。5,000メートルを超えるため重症化しやすい。」と伝えた。シンガポールCNAは「タイの2か所の刑務所のクラスター感染でタイの一日当たりの新型コロナ感染者数は過去最大の4,900人を超えた。4月初めの感染者は100人以下だった。タイの刑務所は反政府デモによる逮捕収監者増加がクラスター感染の引き金となった。タイ政府は刑務所から自宅軟禁に切り替えを始めた。」と伝えた。日本はどうか。初めに結論ありきでワクチン接種率2~3%で五輪開催を強行の構えである。日本ではどこで感染したかわからないと答えた人の数が60%を占めたと当局のアンケート調査で分かった。若者の感染者が増えているのも気がかりだ。(了)

この記事についてブログを書く
« NY株、インフレ、利上げ懸念... | トップ | 変則的な活性鍼でさらに進展... »
最新の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事