38歳からの百姓志願~実践編。

霊峰・石鎚を仰ぎ、瀬戸内の陽光を望む愛媛県西条市、「有機菜園 藤田家族」無農薬・無化学肥料の野菜と暮らし。

また雨、当地は“山陰”。

2012年10月31日 | 農と暮らしの日記
白菜がどんどん巻いてきている。
しかし。ご覧の通り虫害がかなり目立つ。この畑のはダメかもしれない。昨年と同じくダイコンサルハムシ。取っても取っても出てくる。しかも寒さに強く越冬するようだ。これの次の作も生育中でそちらはまだ少しましだけれど、この先どうなっていくか。大根も同じくかなりやられていて、今年も昨年同様、大根、蕪、白菜、小松菜がかなり出遅れ、全体的にかなり品薄になりそう。
冬の野菜セットには大きな打撃になる。



水曜、昨夕に続いて未明にまた大雨。これも予報にはなく、畑はしっかり湿ってしまった。
やはり当地は「山陰」だ。渚は週末の文化祭の“先取り繰り替え”で休み、午前中のみ部活動。

朝:6時過ぎからごはん。
午前:セット出荷がないので、とりあえず机しごと。明日から11月なので月例の「菜園だより」作りなど。
午後:引き続き机しごと。畑に出て芋の収穫など。
夕方:15時過ぎ、渚と軽トラで市街に出て、加茂川の河原でちょっとひと仕事のあと(なんだそりゃ)レンタルショップへ。CDを何枚か借りて帰る。



いよいよ朝晩かなり冷え込んできた。
平年より気温が低いようだ。みなさまも風邪などにお気をつけください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 木枯らし、冷たい雨も。 | トップ | もう11月、速い速い。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農と暮らしの日記」カテゴリの最新記事