日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



元々、NY子で、撮る映画はほとんどNYマンハッタン(Annie Hall、Manhattan etc...)、地元でずっとジャズライブもやるしといったウディ・アレン。
ところが近年は、イギリス(Match Point 、Scoop 、Cassandra's Dream)、スペイン(Vicky Cristina Barcelona)と、浮気しっぱなし(笑)

そのアレンが、やっとNYに帰ってきた!
その新作は、『人生万歳!』Whatever Works。


その予告編をみた。
それだけでも、彼らしさが十二分に発揮されていて、期待がふくらむ。
タイトルからして、Whatever Worksとすっとぼけてるし。
主人公、狂言回しのラリー・デビッド(写真)がポスターですでにすっとぼけている。

予告編でも存在感ありまくりで、しゃべってる様子だけで十分おかしい。
(さすがに老けすぎたウッディ本人は出てこない)

この人、プライベートでいろいろあって、ずっと不調だった。
(個人的には1997年のEveryone Says I Love You 10年以上... 前作は良かったけどね→2009-02-24アップ)
その彼が、久々にNYでおもしろそうな映画を撮ったとなれば、さっさと観たいところ。

日本公開は来年(アメリカでは既にDVDまで発売済)
すでに新作You Will Meet a Tall Dark Stranger(豪華メンバー!)も待機中で今月公開。
どっちも(笑)待ちきれるかな....

PS 映画の中で、なんと「ユニクロ」が登場するらしい。マジ?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



     


 
編集 編集