私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(5)

2022-12-08 14:16:40 | 日記・エッセイ・コラム

 また、『イサム・ノグチ 幻の原爆慰霊碑』と題するNHK制作のドキュメンタリー番組を自分でコピーしたDVDを、じっくりと、視聴し直し、私にとって大変意味のある事に、はっきりと、気がつきました。それは、NHKという国営の組織の中に、イサム・ノグチの原爆慰霊碑の建立を強く希求する一群の人々が存在するという事です。この明白な事実を初めから認識しなかった私が間抜け者でした。このドキュメンタリーの終わりで、一人の若い米国人を登場させて、「この原爆碑を何処かの地に建立したいと最後まで願い続けたイサム・ノグチの想いは単なる反核の思想を超えるものだった」という意味のことを語らせています。

 今の状況下で、NHKの内部のこの人たちにこれ以上の原爆碑建立の発言を求めるのは酷というものでしょう。これは、まがいもなく、「反核」「反戦」の声ですから。老人ホームの住人の様な、斬られる首など持たない人間たちが、声を上げ、立ち上がるべき場面ではありますまいか。

 イサム・ノグチは日米混血として壮絶で見事な生き様を示してくれました。この人物をもっとよく知りたいものです。優れた伝記を二つ紹介しましょう。先ず、ドウス晶代著『イサム・ノグチ 宿命の越境者』(上、下)(講談社文庫)、合わせて912頁の大冊、始めは単行本として2000年に出版されました。イサム・ノグチの生涯が見事に描き尽くされています。上巻の帯には「父との葛藤、華麗な恋愛遍歴、戦争・・・。「ミケランジェロの再来」と謳われた巨匠の波乱に富んだ生涯を描ききった傑作」と記されています。下巻の65頁には[ベル・タワー(鐘楼)]という作品のことも出ています。これについてイサム・ノグチの「私の大きな関心は戦争で亡くなった人々のために、広島か他のどこかにベル・タワーを設計することでした」という言葉が引いてあります。下巻115-6頁には「イサムは原爆の犠牲者となった広島市民の<永遠の平和の祈念>のシンボルである慰霊碑のデザインを手がけることを、<芸術家としてこれ以上の名誉はない>と思った。彼は大橋欄干デザインでは、五十万円を受け取っていたが、慰霊碑は無償で引き受けた。」とあります。彼はこの仕事を「人類が犯した罪の償いを象徴する仕事」と考えていました。

 もう一冊はドーレ・アシュトン著、笹谷純雄訳『評伝 イサム・ノグチ』(白水社、1995年)です。原著はDORE ASHTON『NOGUCHI  EAST AND WEST』(University of California Press, 1992)。著者アシュトンさんは米国で著名な芸術史教授、近代現代美術の評論家で2017年に88歳で亡くなりました。芸術家としてのイサム・ノグチの生涯に重心を置いた重厚な充実した内容の書物で、私の様なものには読み応えがありすぎるほどです。イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(4)の中で言及した米国のテレビ会社制作の番組『ISAMU NOGUCHI』にも、この女性は何度も出て来ます。イサム・ノグチとは長年にわたって親交がありました。翻訳書では、読者の便宜を図って図版の掲載場所を変えた場所があります。その中の一つ、私が特別の想いを寄せる『おかめ』という作品については、機会を改めてお話ししたいと思います。

 一人の物理学者として、私は、イサム・ノグチの心中にあった“人類が犯した罪”という思いが何であったかを推測し続けています。1935年イサム・ノグチはメキシコ・シティに出かけて、メキシコの壁画家の巨匠ディエゴ・リベラが制作中であった大型壁画の一部の制作を担当しました。その話はドウス晶代の著書上巻の341頁以降に詳しく述べられています。そこには書いてありませんが、前掲のKSPSという米国のテレビ会社制作の番組『ISAMU NOGUCHI』の中で、イサム・ノグチが担当した『メコシコの歴史』あるいは『戦争』とも名付けられた縦幅約2メートル長さ22メートルの壁画の一部分に

             E=mcc (光の速度の2乗、うまく書き入れることが出来ませんでした)

という数式が描き入れてあるのに、私は気が付きました。他でもない、これは質量とエネルギーの等価性を示す有名なアインシュタインの公式で、1905年に導出されました。原子爆弾が放出する巨大なエネルギー説明する式です。盧溝橋事件(1936年)直前の時点で、イサム・ノグチは一体何を考えてこの式を壁画に刻み込んだのでしょうか?芸術家が持つ神秘的予感というものでしょうか?

 ヒロシマ・ナガサキの破壊の惨状を知った時、イサム・ノグチは、人間は入手すべきでなかったものを手に入れてしまったことを嘆いたと伝えられています。

 原子爆弾の産みの親とされるロバート・オッペンハイマーについてはイサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(2)で書きました。彼は「物理学者は罪を知った」という言葉を残して死にました。

 イサム・ノグチの後半生、四国の牟礼で、彼の良き助手、良き同伴者となった石工の和泉正敏さんは「科学がどんどん進歩する中で、人間が忘れてはならないものが、もっと大事なものがあるのではないかと考えて、それを石の中に求めたのではなかったでしょうか」と言っています。死に至るまで、イサム・ノグチが建立を切望し続けた彼の原爆慰霊碑が、究極的に、彼にとって何であったのか?広島市から拒否された1952年から後の30余年間の、原爆慰霊碑に関する数多の発言を辿ると、彼としては、日本でも米国でも、何処でもよいから建立したかったことが痛いほどわかります。それは、人間の、人類の、死と生に関する大きな祈りの石碑ではなかったのではないでしょうか。イサム・ノグチ原爆慰霊碑が、一つの大きな岩石であるこの地球の上で、全人類が、如何に生死を全うすべきかを示す力強い道導として設計されていることだけは確かだと思います。

 建立候補地の第一は、やはり、広島でしょう。全世界が核戦争の脅威に曝されている今、原爆慰霊碑の更新に反対する声を上げるのは悪しき者どもです。故丹下健三を含めて、イサム・ノグチの熱烈な願望と無私の献身を知る人々、今は鬼籍に入った人々の魂は、すべて、この更新に賛意を表するに違いありません。“過ちは繰り返さない”と誓ったのは人間全体であった筈ですから。私は、しかし、長崎も、広島に劣らない、建立の良い候補地だと考えます。その理由は、すでに、ブログ記事イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(3)で述べました。長崎の平和公園には、右手を掲げて空を指差し、左手は掌を広げて水平に伸ばした青銅製の大きな男性裸像があります。右手は原爆を、左手は世界平和の祈念を表しています。これは、日本で誕生した新しいプロメティウスの像です。自らが決して暴君とならない新しいプロメティウスです。また、公園内の「世界平和シンボルゾーン」には世界各地から寄せられた多くのモニュメントが建てられて、破壊と殺戮を繰り返す戦争の愚かさ、平和の尊さを訴えています。この長崎の平和公園はイサム・ノグチ原爆慰霊碑を建立するのに誠にふさわしい場所であります。

 同じブログ記事の中で、第三の候補地として、札幌のモエレ沼公園も挙げました。この三つの候補地に優劣はつけ難いという想いを、私は抱いています。そもそも、札幌のモエレ沼公園の建設をイサム・ノグチに依頼することを思いついた札幌市役所のお役人さんはどんな方々だったのでしょうか。その素晴らしい伝統が今も残っているならば、是非もう一度、声を挙げて頂きたい。この素晴らしい公園の中に、イサム・ノグチの原爆碑を、イサム・ノグチの遺志に背かない形で建立することは可能であることを私は固く信じ、札幌市のお役人と札幌市民の皆さんが進んで声を上げてくださることを念じています。

藤永茂(2022年12月8日、真珠湾攻撃の日)


イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(4)

2022-12-06 10:12:05 | 日記・エッセイ・コラム

 

 NHK制作番組『イサム・ノグチ 幻の原爆慰霊碑』を自分でコピーしたDVDを、また、見てみました。建立勧進の気持ちはいや増すばかりです。残り僅かな私の持ち時間の尽きる前に、せめて建立への運動の立ち上がりだけでも見たいものです。

 イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(3)では民放の番組『イサム・ノグチ:地球を彫刻した男』(ナレーター:木村哲哉と仲代達矢)も紹介しました。その後、KSPSという米国のテレビ会社制作の番組『ISAMU NOGUCHI』とNHKの「日曜美術館」の古い番組『イサム・ノグチのモエレ沼公園』をDVDに移すことが出来ました。以上4つのDVDは、イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(1)の末尾に書きましたように、ご希望であればお送りします。

 札幌のモエレ沼公園はとても素晴らしい公園です。幼い子供から車椅子の老人まで楽しい時間を満喫できるこのタイプの公園としては、比類を絶する、世界に冠たる規模と芸術性を持っています。

 この秋、コロナ規制の緩和もあって、紅葉の京都は内外からの訪問客で溢れました。確かに古都京都の秋は美しい。しかしこの大混雑の中で、どれだけの人々が本当の秋の風情を胸に焼きつけたでしょうか。

 嵐山の渡月橋のあたりの雑踏の模様を見ながら、私は、昔、米国で見たテレビ番組のタイトル「You Were There」を思い出していました。これは一種の歴史ストーリー番組で、過去の名高い事件の現場に立ち会ったような臨場感を視聴者に与える試みでした。「あなたはそこに居た!」というわけです。「京都の秋の嵐山に私は居た!」「I Was There!」 その思い出(証拠写真)のために誰もが、先ずは、スマホを振りかざす。

 私がモエレ沼公園を訪れたのは20年ほども前で、すでに多数の樹木が植えられていました。今では立派な林や森ができていることでしょう。札幌では春に梅と桜が同時期に咲きます。美しく繊細な葉のもみじの木も大きな葉のメープルの木も育ちます。モエレ沼公園を、いわゆる桜の名所、紅葉の名所に仕立てるのは、イサム・ノグチの意図にそぐわないでしょうが、京都府立植物園のように、一種の穴場のような形でモエレ沼公園の春と秋が内外から多数の訪問客を誘致するようになってくれることを私は夢見ています。この公園は一度に一、二万の人々が訪れても、ビクともしません。“密"状態になる心配などありません。

 イサム・ノグチのモエレ沼公園の礼賛に力が入り過ぎて、やや勇み足気味になってしまいましたが、次回にはまた本題のイサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進の話題に戻ります。私は、この札幌のモエレ沼公園を、広島と長崎に並ぶ、原爆碑建立の有力な候補地と考えて居ます。

藤永茂(2022年12月6日)


イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(3)

2022-10-24 19:15:51 | 日記・エッセイ・コラム

 長崎には数多くの原爆慰霊碑があります。爆心地公園の南端に人間の丈二倍を超える高さのアーチ型の赤煉瓦の碑『核廃絶人類不戦』が建っています。その正面には「核廃絶人類不戦」の文字が力強く刻まれ、その上に「外国人の戦争犠牲者追悼」の文字、その下には、英語で

A Memorial to All Foreign War Victims in Nagasaki

May It Be a Token of Men’s Prayer for the Abolition of

Nuclear Weapons and a Pledge Never to Take Arms Again

と刻まれています。

 下部の水平の石面には、次のような「碑文」が刻まれています。

核廃絶人類不戦の碑 建立の由来

 一九三一年九月十八日の柳条溝事件を契機とする日中戦争、一九四一年十二月八日の真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争など、この十五年にわたる戦争によって三二〇万の日本人、数千万のアジアと世界の民衆の尊い生命が奪われた。 この戦争の末期、長崎では数次にわたる米軍の空襲、潜水艦攻撃、そして八月九日の原爆によって、七万余の日本人、数千の朝鮮人、中国人労働者、華僑、留学生、連合国捕虜(イギリス・アメリカ・オーストラリア・オランダ・インドネシア等)が犠牲となった。

 とくに浦上刑務所のあった隣接する丘では、三十二名の中国人、十三名の朝鮮人が日本人受刑者と共に爆死し、また香焼や幸町の捕虜収容所では、被爆前に病気や事故によって数百名の連合国兵士が死亡した。

 私たちは長崎で亡くなったこれら全ての外国人戦争犠牲者、遠くアウシュヴィッツ強制収容所で殉職したコルベ神父らを追悼し、再びこのような惨劇をくり返さぬよう、核兵器廃絶・人類不戦の誓いをこめて、内外から広く浄財を募り、ここにこの碑を建立する。

     一九八一年十二月八日

        太平洋戦争開始四十周年の日に

        外国人戦争犠牲者追悼碑建立委員会

 

私(藤永茂)の願いは、この追悼碑のように遺骨を収容していない原爆慰霊碑も、実際に遺骨を納めてある大小の慰霊碑も、全てをイサム・ノグチが設計した慰霊碑の地下の部分に、何らかの形で再収容することです。出来ない事ではないと思います。

 今、私の手元には、長崎・外国人戦争犠牲者追悼碑建立委員会出版(一九八二年四月十七日)の、『核廃絶人類不戦』と題した182頁の冊子があります。その中の決算報告によると碑の建立費用3,244,416円はすべて寄付金(個人976、団体116)によって賄われました。この冊子の末尾には建立寄金者全ての芳名録が掲載されています。

 このブログシリーズの初回に、私は「核兵器の使用をあげつらう政治家の存在する現世の暗黒を憂いて、イサム・ノグチの魂魄は未だこの世に留まっているに違いありません。」と書きました。イサム・ノグチが上掲の碑文を読めば、心から賛意を表明し、私の建立勧進の志にも賛同してくれるのも、これまた、間違いありません。

 さらに私の夢を続ければ、核廃絶・人類不戦に続いて、地球共生の四文字を付け加えたいと思います。私の思いは、いわゆる、環境保護のスローガンから可成りはみ出ます。彫刻家イサム・ノグチは地球という大自然の一部としての石に極めて強い愛着を持って、生涯、仕事を続けました。地球と共に生きることを彼は望んでいたのです。私は『イサム・ノグチ:地球を彫刻した男』という日本の民放制作のドキュメンタリーを私が個人的にダビングしたビデオとDVDを持っています。なかなか立派な内容で、木村拓哉と仲代達矢がナレーターとして出演していて、彫刻家としてのイサム・ノグチの偉大さがよく描かれています。その中には、イサム・ノグチが、文字通り、“地球を彫刻して”出来た札幌のモレエ沼公園の工事の貴重な記録映像も含まれています。もしご希望の方があればコピーを作ってお送りしようと思っています。

 広島でも、長崎でも、イサム・ノグチの原爆慰霊碑の建立の夢が叶わぬとあれば、札幌市の力で、モレエ沼公園の一部として建立してもらいたいものです。その場合、核廃絶・人類不戦・地球共生と慰霊碑の何処かに刻印すれば、イサム・ノグチも喜んでくれるでしょう。

 

藤永茂(2022年10月24日)


ゴルバチョフは「ヌチドウタカラ」と言い残して死んだ

2022-10-20 22:29:26 | 日記・エッセイ・コラム

 今のひどい世界情勢を目の前にして、悪ふざけの一つでも口にしたくなります。何でこうまで、人間はお互いに痛めつけ合い殺し合うのでしょうか。

 我々人間は、誰しも、皮膚の色の如何を問わず、良い心と悪い心(EVIL)を持っています。しかし、今の全世界を闊歩しているのは、個々の人間の小さなEVILではありません。ほんものの悪魔たちの巨大なRADICAL EVIL です。

 ウクライナ戦争勃発から半年たった2022年8月30日、ミハエル・ゴルバチョフが亡くなりました。彼は私の好きな政治家の一人でした。何しろ、核廃絶を本気でやろうと考えていた人間なのですから。理由は他にもあります。奥さんのライサの尻に敷かれていると世間で噂されても、ニコニコしていたことです。ライサ夫人は急性白血病で、1999年9月20日に亡くなりました。

 ミハエル・ゴルバチョフが亡くなる数年前に制作された彼についてのドキュメンタリーの録画を私は持っていますが、その中で、彼は、ライサ夫人が眠る墓石に並ぶ自分の予定墓所のそばに立って「ここに入るのが楽しみだ」と言っています。

 ゴルバチョフの死を伝えるNHKのモスコワ駐在員は、8月31日朝7時のNHK第三のニュースで、ゴルバチョフの最後の発言の一つとして、「人の命ほど大切なものはない」と言い残したことを伝えましたが、その後は、私が知る限り、日本のメディアでは、この言葉は二度と報道されませんでした。ロシア語で何と言ったかも知りませんが、沖縄語に翻訳すれば「ヌチドウタカラ」になるはずです。

藤永茂(2022年10月20日)


イサム・ノグチ原爆慰霊碑建立の勧進(2)

2022-10-14 18:19:31 | 日記・エッセイ・コラム

 『明日の友』(婦人之友社)という老人向けの雑誌があります。その2015年冬号に「手渡された志」と題する山根基世さんの文章を再読しました。少し書き写させて頂きます:

*********

「恥ずかしいことだと思いました。広島の「原爆供養塔」の存在を知らなかったことを。原爆ドームにも平和記念公園にも、何度も足を運んでいます。それなのに、あの平和記念公園の片隅に7万人もの被爆者の遺骨を納めた原爆供養塔があったことを知りませんでした。・・・」

「その原爆供養塔を1970年ごろから30年近く、脳梗塞で倒れるまで、雨の日も風の日も1日も欠かさず清掃している人がいた。 ・・佐伯敏子さん・・」

「清掃だけではなく、地下の骨箱に遺骨と一緒に入れられた古紙を取り出しては、そこに書きつけられた死者の名前や住所をノートに写しとり、遺骨を遺族の元へ届けてきたといいます。なぜそんなことを・・・」

「佐伯さん自身も被曝し、原爆症の症状に苦しみ、家族親戚21人をも亡くしているのです。しかも原爆投下から1ヶ月も経ってようやく見つかった母親は、焼けただれた頭蓋骨になっていた、彼女はそれに手を触れることも抱くこともできなかったといいます。あの頃の自分の様々な振る舞いを懺悔せずにはいれない思いが、彼女を突き動かしていたことが伺えます。」

*********

 私(藤永茂)には、この佐伯敏子さんという方の原爆被爆者供養のお気持ちについて、何かを賢しらに語る言葉などありません。ただこの記事を数年ぶりに再読して、何とかしてイサム・ノグチ原爆慰霊碑の建立を実現したいという気持ちが一段と強くなりました。

 イサム・ノグチは彼が設計して立派なモデルも制作した原爆慰霊碑を、何処よりもまず広島に建立したかったのでしょうが、NHK制作番組『イサム・ノグチ 幻の原爆慰霊碑』から判断すれば、広島以外の場所でもよいと考えていたと思われます。ヒロシマ・ナガサキの原爆が設計製作されたロスアラモス研究所に建立することも考えていたことはNHK制作番組の中にも出てきます。

 私がロスアラモス研究所で開催された分子計算の小研究会(参加者33名、全員招待)に出席した1980年の頃は所員の総数は7千人程でした。研究会の会場はスタディセンターと呼ばれるモダンな建物の2階に150人ほど収容できるセミナー室、ここで行われる会議には秘密のものもあり、その際には警備員が配置されるとのことでした。

 ワークショップの二日目の朝に初めて気が付いたのですが、センターのドアを入るとすぐの左側にロバート・オッペンハイマーの胸像がありました。暗い色の金属像で、私には、それが沈みきった憂愁の塊のように見えて、思わず足を止めました。ロスアラモス研究所の初代所長ロバート・オッペンハイマーは、その門より入る者を喜び迎えてはいない、幽鬼のような表情でオッペンハイマーは我々に何を告げたいのか、この門が、やがて滅びに至る門である事を告げたいのではないか、と咄嗟に私は思ったのでした。

 ヒロシマ・ナガサキから僅か2ヶ月後の1945年10月16日、ロバート・オッペンハイマーは次の言葉を残してロスアラモスを去りました:

「・・・もし原子爆弾が、新しい武器として、戦い争う世界の兵器庫に加えられることになれば、やがて、人類がロスアラモスとヒロシマの名を呪う時が来るでありましょう。・・・」

 ロスアラモス研究所は、今はロスアラモス国立研究所( Los Alamos National Laboratory)と呼ばれて、ウィキペディアによると、2100棟もの施設が立ち並び、科学者・エンジニア2500名を含む1万人もの所員が勤務しているそうです。この研究所を要として、米国内では、他の所でも大量殺戮を目的とした兵器の研究開発が盛んに行われています。ロバート・オッペンハイマーの霊は、イサム・ノグチの原爆慰霊碑をロスアラモスに建立することに賛成するに違いありませんが、今の米国政府は断固として拒否するでしょう。

 私は長崎にイサム・ノグチの原爆慰霊碑を建立するのが一番良いと考えます。次回にその理由を書きます。

藤永茂(2022年10月14日)